ルイス・エンリケ後任を探すバルサ、アッレグリに年俸10億円の3年契約提示か!?2017.03.21 10:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ルイス・エンリケ監督の後任探しに奔走するバルセロナが、ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督の引き抜きを画策しているかもしれない。スペイン『アス』が伝えている。

▽ルイス・エンリケ監督は今月1日に行われたリーガエスパニョーラ第25節のスポルティング・ヒホン戦後の記者会見で今シーズン限りでの退任を発表した。

▽新監督の候補にはトッテナムのマウリッシオ・ポチェッティーノ監督、エバートンのロナルド・クーマン監督、セビージャのホルヘ・サンパオリ監督、ビルバオのエルネスト・バルベルデ監督らとともに、アッレグリ監督の名前も挙がっている。

▽『アス』によると、バルセロナ側はアッレグリ監督に対してすでに条件を提示している模様。年俸800万ユーロ(約9億6700万円)の3年契約でオファーしているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ公式ツイッターがPSGのディ・マリア獲得を“公式発表”も…乗っ取られていたことが判明

▽バルセロナがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)の獲得を公式ツイッターで発表したが、それが“乗っ取り"による偽発表だったことが分かった。イギリス『テレグラフ』など複数メディアが報じている。 ▽23日、バルセロナの公式ツイッターにて「アンヘル・ディ・マリア、ようこそバルセロナ」とのツイートが投稿させた。しかし、数分後にバルセロナの公式ツイッターにて乗っ取りグループがツイートしたことで、偽情報であることが判明した。 ▽乗っ取りグループは、『OurMine』と名乗っており、『テレグラフ』によれば、これまでに『Netflix』『Marvel』『WWE』といったアカウントを乗っ取ってきたとのことだ。 ▽その後、バルセロナは公式ツイッターを復旧させて、「我々のアカウントは乗っ取られていました。早急に問題を解決します」とツイート。偽情報の投稿は削除されている。 2017.08.23 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサFWムニルが退団を希望か…新天地はローマ? クリスタル・パレス?

▽バルセロナのU-21スペイン代表FWムニル・エル・ハダディ(21)が退団を希望しているようだ。『フットボール・イタリア』が複数のメディアをもとに伝えている。 ▽伝えられるところによれば、退団を希望しているムニルはローマへのレンタル移籍を希望しているようだ。だがバルセロナには、クリスタル・パレスや、デポルティボ、アラベス、サンプドリアといったクラブからもオファーが届いていると言われている。 ▽中でもクリスタル・パレスは、バルセロナが求める金額を満額支払う用意がある模様。しかし、ムニルはローマ移籍にしか興味が無いようで、その他のクラブからのオファーは拒否しているという。 ▽バルセロナのカンテラ出身のムニルは、昨シーズンはバレンシアにレンタル移籍。得意の右ウイングを主戦上に公式戦36試合に出場し、6ゴール3アシストを記録した。 2017.08.23 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

やっぱり諦めない! バルサ、コウチーニョ獲得に向け4度目194億円オファーへ

▽バルセロナは、リバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)獲得に向けて4度目のオファーを提示するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今夏、パリ・サンジェルマンに契約解除金2億2200万ユーロ(約286億円)でFWネイマールを引き抜かれたバルセロナは、その後釜としてコウチーニョの獲得を目指していることが伝えられてきた。先日には、3度目のオファーを退けられたバルセロナがコウチーニョ獲得から撤退する見込みであることが伝えられていたが、同クラブは4度目のオファーを提示するようだ。 ▽『スカイ・スポーツ』によれば、バルセロナは基本金1億100万ポンド(約142億円)+ボーナス3700万ポンド(約52億円)で4度目となるオファーを提示。ボーナス部分はチャンピオンズリーグの出場試合に関連するものとみられており、条件クリアは困難なものではないと伝えられている。 ▽バルセロナの4度目の破格オファーは、頑なに放出を拒絶しているリバプールを納得させることができるのだろうか。 2017.08.23 09:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベ、バルサで燻るアンドレ・ゴメスのレンタル獲得に興味!! 昨夏も獲得に動きあり

▽ユベントスが、バルセロナのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(24)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 ▽アンドレ・ゴメスは、2016-17シーズンにバレンシアからバルセロナに移籍。その移籍金は3500万ユーロから最大で5500万ユーロ(現在のレートで約45億1000万から70億8500万円)になると言われているが、加入初年度は公式戦47試合3ゴールをマークしながらも途中出場が多く消化不良の1シーズンとなった。 ▽『トゥットスポルト』によると、バルセロナで満足な出場機会を得られていないアンドレ・ゴメスに対して、ユベントスがレンタルでの獲得に興味を示しているようだ。ユベントスは昨夏にもアンドレ・ゴメス獲得に挑戦していたが、破談に終わりバルセロナに移籍した経緯がある。 2017.08.23 09:39 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ獲得が噂されるシティ、ペップは3億ユーロの支払いに「支払えるのならば…」

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、かつての教え子であるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(30)を獲得する可能性について言及している。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽今月20日、『Yahoo Sport』はマンチェスター・シティがメッシ獲得に向けて、バルセロナとの契約解除金である3億ユーロ(約387億2600万)を準備していると報じた。今夏にはパリ・サンジェルマン(PSG)がバルセロナからブラジル代表FWネイマールを引き抜くために2億2200万ユーロ(約286億5700万円)の契約解除金を支払っており、一部では3億ユーロですら移籍を止める手立てにはならないと言われている。 ▽メッシ獲得に向けては以前からシティが強い興味を持っていると噂されており、さらに資金力の面からも不可能ではないと考えられている。しかしグアルディオラ監督は、3億ユーロを費やすことは可能か、との質問について次のように応えた。 「私は何が起こっているかわからない。ただ、お金を持っている人がいて、その金額を支払えるのならば、そうする人もいるかもしれない。1つ言えることは、そういったことが起こる可能性はあるが、誰にもわらないということだ」 ▽なお、グアルディオラ監督はバルセロナの指揮官に就任した2008年からの4シーズンに渡ってメッシを指導。2008-09シーズンにはリーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、コパ・デル・レイの3冠を達成し、14個ものメジャータイトルを獲得した。 ▽また、メッシについてはバルセロナとの契約延長が噂されている。バルセロナのジョルディ・メストレ副会長は、メッシの契約延長について「契約更新は200%確実」とコメントしているが、現在までに正式な発表はされていない。さらに、同副会長はネイマールに移籍の噂が囁かれていたころに「200%残留」と発言していたが、実際はブラジルの至宝を引き抜かれている。 2017.08.23 08:57 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース