超ワールドサッカー

ルイス・エンリケ後任を探すバルサ、アッレグリに年俸10億円の3年契約提示か!?2017.03.21 10:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ルイス・エンリケ監督の後任探しに奔走するバルセロナが、ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督の引き抜きを画策しているかもしれない。スペイン『アス』が伝えている。

▽ルイス・エンリケ監督は今月1日に行われたリーガエスパニョーラ第25節のスポルティング・ヒホン戦後の記者会見で今シーズン限りでの退任を発表した。

▽新監督の候補にはトッテナムのマウリッシオ・ポチェッティーノ監督、エバートンのロナルド・クーマン監督、セビージャのホルヘ・サンパオリ監督、ビルバオのエルネスト・バルベルデ監督らとともに、アッレグリ監督の名前も挙がっている。

▽『アス』によると、バルセロナ側はアッレグリ監督に対してすでに条件を提示している模様。年俸800万ユーロ(約9億6700万円)の3年契約でオファーしているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

メッシが30歳に…驚異的な記録

▽6月24日、バルセロナに所属するフットボール界のレジェンド、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが30歳の誕生日を迎えた。様々なメディアがメッシの素晴らしい記録を伝えている。 ▽『FourFourTwo』は、メッシが349得点でリーガエスパニョーラの歴代最多得点者であることや、507得点でバルセロナ史上最多得点者であることなどを紹介。また、バルセロナとレアル・マドリーの伝統の一戦、“エル・クラシコ”で史上最多の23得点を挙げていることなどや、以下のような得点データを伝えている。 バルセロナでの出場試合数…583試合 出場時間…46985分 勝利数…413試合 引き分け数…103試合 敗戦数…67試合 ゴール数…507得点 左足でのゴール…408得点 右足でのゴール…75得点 ヘディングでのゴール…22得点 そのほか…2得点 アシスト数…193 ▽バルセロナユース出身のメッシは、17歳時の2004年にトップチームデビュー。その後、13シーズンの在籍期間中、8度のリーグ優勝と4度のチャンピオンズリーグ制覇、3度のクラブ・ワールドカップを戴冠した。また、バロンドールはフットボール史上最多となる5度の獲得を成し遂げている。アルゼンチン代表としては118試合に出場して58得点を記録している。 2017.06.24 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ネイマール、妹の元カレのバルセロナ加入に 「両手を広げて彼を歓迎」

▽バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが、実の妹であるラファエラさんの元カレとチームメートになることを歓迎した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽事前の報道によれば、バルセロナはサントスに所属するブラジル代表MFルーカス・リマで合意。来年1月にフリートランスファーで加入するとみられている。 ▽ネイマールは、自身の父が代理人を務めているなど公私を含めて様々な形で縁深いルーカス・リマについて、次のようにコメントした。 「彼は僕の大事な友人。彼にバルセロナ移籍を勧めているんだ。全てがうまくいくことを願いよ。僕らは両手を広げて彼を歓迎する」 2017.06.24 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ、ユナイテッド、ユーベがマルキーニョスに関心

▽パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表DFマルキーニョス(23)の争奪戦が繰り広げられているようだ。ブラジル『GloboEsporte』が報じた。 ▽23歳ながらも世界有数のセンターバックとして評価されているマルキーニョス。『GloboEsporte』によれば、このセレソンに対してマンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、バルセロナが獲得に関心を示しているとのことだ。 ▽マルキーニョス獲得に向けて最も高い移籍金を提示しているのがユナイテッドで、7000万ユーロ(約87億円)。最も低い提示額は4000万~4500万ユーロ(約50億~56億円)のバルセロナだとのことだ。 ▽2019年までPSGとの契約を残すマルキーニョス自身は、バルセロナ移籍の夢があると伝えられている。しかし、2018年にロシア・ワールドカップが行われることもあり、もう1シーズンはPSGに残留するとみられている。 2017.06.24 10:28 Sat
twitterfacebook
thumb

脱税容疑で懲役21カ月のメッシが過料3000万円で収監回避か

▽スペイン『マルカ』は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに脱税の容疑で科されていた懲役刑が、過料の支払いによって回避される見込みだと報じた。 ▽以前より、スペイン複数メディアから410万ユーロ(現在のレートで約5億900万円)の脱税の容疑を報じられていたリオネル・メッシと実父のホルヘ氏。先月24日に、スペイン最高裁判所への上訴が棄却され、リオネル・メッシには21カ月の懲役刑と130万ユーロ(約1億6100万円)の罰金、父ホルヘ氏にも15カ月の懲役刑に加え、息子と同額の罰金が科されていた。 ▽上記の懲役刑でも、スペインの法律の下ではあまりにも短い期間の裁定だと報じられていたが、今となっては収監そのものが立ち消えになる線も浮上している。スペイン『エルムンド』によれば、リオネル・メッシは25万2000ユーロ(約3128万円)、父ホルヘ氏は18万ユーロ(約2234万円)を過料として支払うことで、懲役を回避できるとのことだ。 ▽この判断は、2015年10月に同じく脱税の容疑で1年間の懲役刑を科されていた、同バルセロナのアルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノが、当時2万1000ユーロ(現在のレートで約261万円)を支払うことで収監を免れた、という前例に準拠しているとも『エルムンド』が伝えている。 2017.06.23 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

スペイン代表キャップ1のムニルがモロッコ代表へ鞍替えか

▽バルセロナのスペイン人FWムニル・エル・ハダディ(21)が、モロッコ代表を選択する可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽2014年9月8日、スペイン代表としてマケドニア代表との親善試合に、当時19歳でデビューを果たしていたムニル。だが、A代表での出場はこの1試合のみに留まり、国別代表での出場はU-21スペイン代表に限定された。そこで、父親の母国であるモロッコのサッカー協会が、FIFA(国際サッカー連盟)へムニル登録の許可を要請した。 ▽ムニルはスペイン代表でのキャップを記録しているので、原則的にはA代表を鞍替えすることは認められない。しかし、スペイン代表デビュー以前からモロッコとの二重国籍を保持していたため、FIFAへ正式な嘆願書を送付することで、例外的に変更が認められる可能性があるという。 ▽スペイン代表は過去に、マインツFWボージャン・クルキッチを1試合のみ招集。セルビア代表への流出を防ぐなどしており、今回の件でも阻止を図ることが予想される。しかし、ムニルは既に嘆願書へのサインを済ませているとのことで、モロッコ側は自信を見せているようだ。 2017.06.23 17:26 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース