ルイス・エンリケ後任を探すバルサ、アッレグリに年俸10億円の3年契約提示か!?2017.03.21 10:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ルイス・エンリケ監督の後任探しに奔走するバルセロナが、ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督の引き抜きを画策しているかもしれない。スペイン『アス』が伝えている。

▽ルイス・エンリケ監督は今月1日に行われたリーガエスパニョーラ第25節のスポルティング・ヒホン戦後の記者会見で今シーズン限りでの退任を発表した。

▽新監督の候補にはトッテナムのマウリッシオ・ポチェッティーノ監督、エバートンのロナルド・クーマン監督、セビージャのホルヘ・サンパオリ監督、ビルバオのエルネスト・バルベルデ監督らとともに、アッレグリ監督の名前も挙がっている。

▽『アス』によると、バルセロナ側はアッレグリ監督に対してすでに条件を提示している模様。年俸800万ユーロ(約9億6700万円)の3年契約でオファーしているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

グアルディオラ、去就注目の教え子イニエスタを絶賛「彼との友人関係は喜び」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、今季限りでのバルセロナ退団が決定的となったかつての同僚で教え子であるスペイン代表MFアンドレス・イニエスタを称賛している。 ▽バルセロナは21日、コパ・デル・レイ決勝でセビージャと対戦。今季限りでバルセロナを退団し、中国移籍が濃厚とされているイニエスタは先発出場を果たし、試合を通して好パフォーマンスを見せた。 ▽同試合後、イニエスタは「僕の去就については、今週発表する。それよりも今日のような日が幸せにさせる。僕はキャリアを通じて多くの人々に特別な感情を抱いているよ」 と、自身の去就に関して語っていた。 ▽2008年から2012年までイニエスタを指導し、3度のリーガエスパニョーラ制覇、2度のコパ・デル・レイ制覇、2度のチャンピオンズリーグ制覇など多くのタイトルを分かち合ったグアルディオラ監督は海外版『goal.com』でその教え子に関して語っている。 「私は彼に関する一連の報道が事実かどうかわからない。したがって、バルセロナに留まるのか、それとも去るのか、彼の決断を待ちたいと思っている」 「もちろん、私としては彼が最善の選択をすることを願っている。私にとって彼との友人関係は喜びだ。我々は共にプレーし、かつて指導者として彼を指導することもできた」 「この15年間にわたってバルセロナとスペインフットボールに彼が残してきた功績は計り知れないものだ。彼は本物のマスタークラスであり、トッププレーヤーだ」 「彼はフットボールというゲームを最も理解しているプレーヤーの1人なんだ。彼以上のプレーヤーを見つけることは決して簡単なことではない」 「彼は小さな子供たちにとってどのようにプレーすべきか、どうやってボールをコントロールすべきかを示してくれる最高のお手本だ」 2018.04.22 17:16 Sun
twitterfacebook
thumb

コパ決勝で涙を浮かべたバルサ退団濃厚のイニエスタ「僕の去就については、今週発表する」

▽バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、コパ・デル・レイ優勝への喜びと自身の去就についてコメントしている。スペイン『アス』が伝えた。 ▽バルセロナは21日、コパ・デル・レイ決勝でセビージャと対戦。今季限りでバルセロナを退団し、中国移籍が濃厚とされているイニエスタは先発出場を果たし、試合を通して好パフォーマンスを見せた。52分にはメッシとのワンツーからボックス右に侵攻すると、GKをかわして角度のないところからゴールネットを揺らした。その後、イニエスタは88分に途中交代。両サポーターからは拍手が送られ、イニエスタは涙を浮かべながらピッチを後に。バルセロナは5-0で大勝して4年連続の優勝を果たした。 ▽イニエスタは試合後、自身6度目となるコパ・デル・レイ制覇に歓喜。また、自身の去就については「今週発表する」と明かした。 「全ての面で、チームとしても個人としても素晴らしい夜だ。あとはリーガのタイトルも取れたらいいね。良い終わり方をするためにもね」 「僕らはこのようなゲームをしなくてはいけないと思っていた。勇敢に戦うことができ、セビージャに可能性を与えなかった。チームもファンもパーフェクトに値する」 「多くの感情が生まれた日だった。とても幸せだよ」 「僕の去就については、今週発表する。それよりも今日のような日が幸せにさせる。僕はキャリアを通じて多くの人々に特別な感情を抱いているよ」 2018.04.22 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー寄りスペイン紙『辞めないでイニエスタ! 』『完璧なパフォーマンス』

▽レアル・マドリー寄りで知られるスペイン『マルカ』が、今シーズン限りでの中国移籍が濃厚とみられているバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(33)を引き留めている。 ▽これまでバルセロナ一筋を貫き、FWリオネル・メッシ、MFチャビ・エルナンデス(現アル・サッド)らとともに同クラブの最高傑作と称されるイニエスタ。公式戦通算600試合以上に出場し、チャンピオンズリーグ4回、リーガエスパニョーラ8回の優勝を含む数々の栄光をバルセロナにもたらしてきた。 ▽21日には、コパ・デル・レイ決勝セビージャ戦に先発出場して1ゴールを記録。5-0での勝利に大きく貢献し、クラブに4連覇の偉業をもたらした。また、攻撃をけん引する圧巻のプレーに対して、88分に交代で退く際にはセビージャファンを含むスタジアム全体が大きく拍手。ベンチでは感極まった同選手が涙するようなシーンもみられた。 ▽バルセロナで通算31回目の戴冠を果たしたイニエスタ。かねてよりコパ・デル・レイ決勝終了後に中国への移籍が発表されるあろうと報じられており、バルセロナ退団を惜しむ『マルカ』は試合終了直後に『絶対に辞めないでイニエスタ!』と題した記事を掲載した。 ▽記事の中では、イニエスタがコパ決勝で自身のキャリアを象徴する完璧なパフォーマンスを披露したと評価。信じられないほど素晴らしいゴールを決めた、と手放しで称賛している。 2018.04.22 08:20 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:セビージャ 0-5 バルセロナ《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ決勝のセビージャvsバルセロナが21日にワンダ・メトロポリターノで行われ、5-0で勝利したバルセロナが4連覇を達成し通算30回目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180422_10_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 ソリア 5.0 幾度か好守を披露も守備陣の援護なく撃沈 DF 16 ヘスス・ナバス 5.5 攻撃面で好プレーも守備面ではイニエスタ&ジョルディ・アルバに完敗 25 メルカド 4.5 幾度となくスアレスのマークを外し失点の最大の要因に 5 ラングレ 5.0 スピード勝負に持ち込まれる前に止めたかったが… 18 エスクデロ 5.0 中央にエンゾンジが下りた際のマークの受け渡しに難 MF 11 コレア 5.0 千載一遇のチャンスで空振り (→ サンドロ・ラミレス 5.5) 前線を活性化も時すでに遅し 15 エンゾンジ 5.0 メッシを見失い3失点目に関与 22 フランコ・バスケス 5.5 前線でチャンスを作ったが、ボールを引き出す動きはできず (→ ノリート -) 10 バネガ 5.5 攻守に奮闘も及ばず 17 サラビア 5.5 的確な判断で好機に絡むも大勢に影響は与えられなかった (→ ラユン -) FW 20 ムリエル 5.0 相手の強固なディフェンダーに苦められた 監督 モンテッラ 5.0 ベストメンバーで臨んだが前半中に勝負が決することに。大会5得点でトップに立っていたイェデル起用のタイミングを逃した ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180422_10_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 シレッセン 6.5 見事なフィードで先制点の起点に DF 20 セルジ・ロベルト 6.0 ラキティッチの横にポジションを取りつつボール保持に寄与 3 ピケ 6.5 リーグでのプレーとは一味違った集中した守備を披露 23 ユムティティ 6.5 ムリエルのスピードを封じ込めた 18 ジョルディ・アルバ 6.5 引くべき場面と上がるべき場面を見極めてアシストも記録 MF 14 コウチーニョ 6.5 先制点をアシストし、自身が獲得したPKで得点。デコイになる動きも目立った (→ デンベレ -) 4 ラキティッチ 6.5 最終ラインと前線の繋ぎに徹して試合をオーガナイズ 5 ブスケッツ 6.5 イニエスタの空けた中盤左のスペースまで完璧にカバーし相乗効果を生む (→ パウリ―ニョ -) 8 イニエスタ 7.0 序盤から精力的に攻撃に絡み、自らの性能を発揮 (→ デニス・スアレス -) FW 10 メッシ 6.5 らしいプレーでセビージャのディフェンスラインを破壊 9 スアレス 7.5 精力的なプレスで自ら始点となり、自ら決め切る 監督 バルベルデ 7.0 直近のリーグ戦から大きくターンオーバーし、完全なモチベーションを持ってこの決勝へ。勝負が決した後も抜かりなく締める采配 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ルイス・スアレス(バルセロナ) ▽90分間休みなくプレスを怠らず、マークを掻い潜り続け、2得点を記録。素晴らしい貢献度でチームを勝利に導いた セビージャ 0-5 バルセロナ 【バルセロナ】 スアレス(前14) メッシ(前31) スアレス(前40) イニエスタ(後7) コウチーニョ(後24[PK]) 2018.04.22 06:36 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナが4連覇達成で通算30回目の優勝! スアレス&メッシ&コウチーニョにイニエスタ弾で大爆発!《コパ・デル・レイ》

▽21日、コパ・デル・レイ決勝のセビージャvsバルセロナがワンダ・メトロポリターノで行われ、5-0でバルセロナが勝利。この結果、バルセロナが4連覇を達成し通算30回目となる優勝を果たした。 ▽準々決勝でアトレティコ・マドリーを、準決勝でレガネスを下して勝ち上がってきたセビージャは、0-0で引き分けた直近のリーガエスパニョーラ第33節デポルティボ戦からスタメンを6名変更。ラユン、カリーソ、ガイス、ピサーロ、カルロス・フェルナンデス、サンドロ・ラミレスに代えて、ラングレ、エスクデロ、エンゾンジ、サラビア、フランコ・バスケス、ムリエルを起用した。 ▽準々決勝でエスパニョールを、準決勝でバレンシアを下して勝ち上がった3連覇中の王者バルセロナは、2-2で引き分けた直近のリーガ第33節セルタ戦からコウチーニョ以外のスタメン10名を変更。GKにシレッセン、最終ラインに右からセルジ・ロベルト、ピケ、ユムティティ、ジョルディ・アルバ、中盤にコウチーニョ、ラキティッチ、ブスケッツ、イニエスタ、2トップにメッシ、スアレスが入った。 ▽高いテンションで試合に入ったバルセロナが、序盤から主導権を握って試合を進行する。8分、フランコ・バスケスが自陣でバックパスを送ると、最前線のスアレスがディフェンスラインの背後からプレスをかけてボールを奪う。バネガが素早くカバーに入り事なきを得たが、ボックス手前右の危険なゾーンでFKを与えてしまう。 ▽直後のFKでキッカーを務めるのはメッシ。すると、左足から放たれたシュートがゴール右上隅を捉える。しかし、GKソリアが好守を披露してボールを弾き出した。 ▽セビージャが危機を脱したのも束の間、14分にもバルセロナがチャンスを作り出す。GKシレッセンの高い精度のゴールキックが、右サイドを駆け上がるコウチーニョにそのまま渡る。ボックス右まで侵攻したコウチーニョがGKソリアを引き付けて中央に折り返すと、スアレスが難なく蹴り込んで先制点とした。 ▽反撃に出るセビージャは16分に鋭いカウンターを繰り出す。メルカドが低い位置でボールを奪うと、バネガを経由して右サイドをオーバーラップするヘスス・ナバスにボールが渡る。しかし、ヘスス・ナバスのアーリークロスに反応したムリエルのヘディングシュートは、枠を捉えなかった。 ▽さらに23分、ボックス手前右でボールを持ったヘスス・ナバスが、縦に突破を図る。そのまま対面のジョルディ・アルバの股を抜くグラウンダーのクロスを供給したが、ボックス内に飛び込むエンゾンジにはわずかに合わない。 ▽ややセビージャの攻撃がうまく行き始めていた28分、バルセロナが再びGKソリアをヒヤリとさせる。ボックス手前でボールを持ったイニエスタが、左足でミドルシュートを狙う。シュートはバーに阻まれたが、セビージャゴールを脅かした。 ▽31分、セビージャ陣内中央でボールを持ったメッシが、イニエスタに縦パスを入れる。イニエスタとうまく連係してボックス左に侵攻したジョルディ・アルバが、ボックス左からヒールで中央に折り返す。エンゾンジのマークを外したメッシが左足で合わせ、追加点とした。 ▽さらに40分、最終ラインからのパスを前線で収めたスアレスが、後方のメッシに預けてディフェンスラインの裏に駆け上がる。メッシは右サイドでフリーになっているコウチーニョに身体を向けつつ、中央へのスルーパスを選択。これがスアレスに渡り、さらにセビージャを突き放した。 ▽バルセロナが3点のリードを得たところで試合は折り返しに。モンテッラ監督はハーフタイム中にコレアに代えてサンドロ・ラミレスを起用し、巻き返しを図っていく。 ▽すると49分、バルセロナ陣内中央でボールを持ったサンドロ・ラミレスが、左サイドのサラビアにボールを渡す。サラビアが素早く中央に折り返すと、ボックス手前中央のフランコ・バスケスが左足で合わせたが、シュートはジョルディ・アルバにブロックされた。 ▽52分、バルセロナがまたしても決定機を作り出す。セビージャ陣内でスアレスがバネガの後ろからプレスをかけ、ボールを奪い切る。スアレスからのパスを受けたイニエスタが、メッシとのワンツーでボックス右に侵攻。中央にコウチーニョが走り込んでいたが、イニエスタは自らシュートを狙い、角度のないところから決め切った。 ▽さらに55分、バルセロナはセビージャ陣内やや左の位置でFKを獲得。キッカーのメッシが合わせるボールを入れると、スアレスのヘディングシュートが枠を捉える。しかし、GKソリアが弾き出し、こぼれ球に詰めたDFユムティティのシュートもファインセーブで阻んだ。 ▽64分、前戦でボールを持ったサンドロ・ラミレスが、独力でボックス左に侵攻。しかし、GKシレッセンと一対一の状況で放ったシュートはセーブされ、得点に繋げることができない。 ▽69分、ラングレがボックス内でハンドを犯したとして、バルセロナがPKを獲得。キッカーのコウチーニョが冷静にGKソリアの逆を突き、リードを5点に広げた。 ▽大量リードを得ているバルセロナは、76分にブスケッツに代えてパウリ―ニョを投入する。ややハードな守備が目立つようになった中盤に、力強いプレーを得意とするカードをチョイスしていく。さらに、82分にコウチーニョに代えてデンベレを投入すると、セビージャはサラビアに代えて左サイドバックのラユンを送り出し、ヘスス・ナバスを一列挙げる采配を行った。 ▽しかし、モンテッラ監督の采配も虚しく、大勢に影響は与えることはできず。セビージャは一矢報いることもできずに、0-5のスコアで試合終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、バルセロナが1930年~1933年のビルバオ以来、85年ぶりとなる4連覇を達成し、通算優勝回数を30回にまで伸ばした。セビージャは、延長戦の末0-2で敗れた2016年のコパ・デル・レイ決勝の借りを返すことは叶わず、屈辱の大敗を喫することとなった。 2018.04.22 06:35 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース