ルイス・エンリケ後任を探すバルサ、アッレグリに年俸10億円の3年契約提示か!?2017.03.21 10:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ルイス・エンリケ監督の後任探しに奔走するバルセロナが、ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督の引き抜きを画策しているかもしれない。スペイン『アス』が伝えている。

▽ルイス・エンリケ監督は今月1日に行われたリーガエスパニョーラ第25節のスポルティング・ヒホン戦後の記者会見で今シーズン限りでの退任を発表した。

▽新監督の候補にはトッテナムのマウリッシオ・ポチェッティーノ監督、エバートンのロナルド・クーマン監督、セビージャのホルヘ・サンパオリ監督、ビルバオのエルネスト・バルベルデ監督らとともに、アッレグリ監督の名前も挙がっている。

▽『アス』によると、バルセロナ側はアッレグリ監督に対してすでに条件を提示している模様。年俸800万ユーロ(約9億6700万円)の3年契約でオファーしているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

「メッシは最高の選手」レアルファンのリーガ会長もクラシコの決勝点に脱帽

リーガエスパニョーラのハビエル・テバス会長が、現地時間23日に行われたレアル・マドリー対バルセロナのクラシコについて言及した。同会長はレアルのファンとして知られるが、決勝ゴールを決めたリオネル・メッシについて手放しで称賛している。ラジオ局『COPE』の取材で明かした。<br><br>「マドリーのファンとしてちょっと不満に思う結末だった。ただし、(優勝争いが激しくなったことで)ラ・リーガにとっては良いことだと思っている。あのフィニッシュを見ると、メッシはいつもながら最高の選手だと言わざるを得ないね」<br><br>また、テバス会長はセルヒオ・ラモスとジェラール・ピケがSNSやピッチ上で、激しい舌戦を繰り広げていることについて「S・ラモスとピケの争いは、あくまでサッカー界にありがちな戦いの一つに過ぎないよ。彼らには多くのプレッシャーがあり、それを互いにぶつけ合う場面があるだけのこと。実際、スペイン代表に行ったら彼らはケンカで揉めている、なんてことはないだろう? ただ、あの二人のやり取りは単純に面白いと思うよ。ピケは楽しく、S・ラモスは激しく感情的に意見を述べるからね」と、理解を示した。<br><br>クラシコではバルセロナが3-2の勝利を収めたことにより、首位バルセロナと2位レアルは勝ち点75で並んでいる。レアルは暫定2位ながら、リーグ戦の試合消化数が1試合少ない状況で、最終節までラ・リーガは激しいタイトル争いが展開されることになりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.04.25 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、メッシ希望のディ・マリア獲得に107億円オファー?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)にスペイン復帰の可能性が浮上した。スペイン『Don Balon』によれば、バルセロナが獲得を狙っているようだ。 ▽伝えられるところによれば、バルセロナは今夏、元レアル・マドリーのアルゼンチン人アタッカー獲得に挑戦。移籍金9000万ユーロ(約107億5000万円)のオファーを用意し、ビッグディール成立を目指すという。 ▽どうやら、バルセロナ上層部は先のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでPSGと対戦した際、ディ・マリアのプレーぶりに感銘。9000万ユーロという高額な移籍金を支払ってでも獲得する価値があると評価しているようだ。 ▽また、この移籍を巡っては、代表でディ・マリアとチームメートであるFWリオネル・メッシの希望が絡んでいる模様。クラブ上層部もエースの要望に沿うべく、ディ・マリア獲得へ本腰を入れる意向を示しているとのことだ。 ▽ディ・マリアは、2014年夏にレアル・マドリーからマンチェスター・ユナイテッドに移籍。2015年夏からPSGでプレーしている。元レアル・マドリー選手がバルセロナ移籍となれば議論を呼びそうだが、メッシの願いは叶うのだろうか。 2017.04.25 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

エル・クラシコで劇的弾含む2発のメッシ「重要な一歩を踏み出せた」

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、劇的勝利で幕を閉じた先のエル・クラシコを振り返った。 ▽メッシは、23日に敵地サンチャゴ・ベルナベウで行われたリーガエスパニョーラ第33節のレアル・マドリー戦(3-2でバルセロナが勝利)で33分に同点弾と後半アディショナルタイムに決勝弾の2ゴールをマーク。逆転勝利のバルセロナは、レアル・マドリーよりも1試合消化試合数が1試合多いものの、勝ち点75で並び、逆転でのリーガ制覇に望みを繋いだ。 ▽エル・クラシコでの劇的勝利の立役者であるメッシは24日、自身のフェイスブックを更新。劇的な幕切れとなったエル・クラシコを次のように回想した。 「僕らはリーガのタイトル争いを続けるためにベルナベウに乗り込んだ。まだ先は長いけど、重要な一歩を踏み出せた喜びと共に帰ってくることができたよ」 2017.04.25 10:50 Tue
twitterfacebook
thumb

クラシコでL・スアレスとやり合ったカルバハル「ほら、CLは家で見るんだな」

23日のリーガエスパニョーラ第33節レアル・マドリーvsバルセロナ(2&minus;3)の試合中、DFダニエル・カルバハルとFWルイス・スアレスが火花を散らしていた。スペイン『モビスタール・プルス』の番組&ldquo;ディア・デスプエス&rdquo;のテレビカメラが、その様子をおさえていた。<br><br>接触プレーをきっかけに一触即発となり、エルナンデス・エルナンデス主審が仲裁に入るなど、険悪な雰囲気にあったカルバハルとL・スアレス。そして77分にDFセルヒオ・ラモスが退場となった際、カルバハルはL・スアレスに近寄って、次のように言葉を浴びせている。<br><br>「準々決勝、結局3&minus;0だったな。ほら、コパ・デル・レイに備えて家で休んでいろよ。準々決勝は3&minus;0だ。チャンピオンズは家で見るんだな」<br><br>この3&minus;0はもちろん、バルセロナが敗退したチャンピオンズリーグ準々決勝ユヴェントス戦のスコアである。L・スアレスはこの言葉に怒り心頭の様子だったが、MFイヴァン・ラキティッチが間に入ったために事なきを得ている。<br><br>なおこのクラシコの結果、バルセロナはレアル・マドリー(1試合未消化)と勝ち点75で並び、得失点差で暫定首位に浮上。この試合で敗戦すれば、優勝の可能性が残されるのは決勝まで進出したコパ・デル・レイだけになるとも言われていたが、リーガとの二冠の可能性をしっかりと残している。<br><br>提供:goal.com 2017.04.25 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

カペッロ「メッシを傷つけようとしている」レアル・マドリーのメッシ対策を批判

現地時間23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第33節、レアル・マドリーvsバルセロナは、2-3でアウェイのバルセロナが勝利。後半アディショナルタイムにリオネル・メッシが劇的な決勝ゴールを決めるという、幕切れとなった。<br><br>この試合で現地メディア『FOXスポーツイタリア』で解説をしていた、元レアル・マドリーの監督であるファビオ・カペッロが、かつての教え子であるセルヒオ・ラモスの退場、そして相手のエースであるメッシを止めるための古巣の手法が荒っぽいと苦言を呈した。<br><br>「(サンティアゴ)ベルナベウでのクラシコでは、いつもマドリーの選手たちがメッシを傷つけようとしている。退場が妥当だと思えるシーンが目立つんだ」<br><br>カペッロはS・ラモスの退場処分を受けた際には「あの危険なチャレンジを見てくれよ。犯罪をやっているようなもの! 明確なファウルであり、退場は正しいジャッジだ」と語り、S・ラモスの激しいタックルに批判の姿勢を見せた。S・ラモスは伝統の一戦&ldquo;クラシコ&rdquo;における通算5度目の退場処分を受けている。<br><br>カゼミロが試合序盤から何度もメッシをハードマークで倒し、マルセロはひじでメッシを流血させるなど、退場処分を受けたS・ラモスも含めてレアル・マドリーの選手たちはメッシを封じるために荒いプレーを展開した。カペッロにとってレアル・マドリーの選手たちが披露した&ldquo;メッシ対策&rdquo;はやりすぎだったと見ているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.25 05:56 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース