セルヒオ・ラモス、舌戦を繰り広げるピケとの代表活動は問題なし!?「今は彼を抱きしめるよ」2017.03.21 09:24 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、ライバルであるバルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケとの仲について口を開いた。スペイン『マルカ』が報じてる。

▽マドリーとバルセロナのディフェンスリーダーとして活躍する両選手。ライバル関係にあるチームだけに、お互いに数々の舌戦を繰り広げてきた。

▽最近では2月26日に行われたリーガエスパニョーラ第24節のビジャレアル戦でマドリーが微妙な場面ながらもPKを獲得したことに対してピケがツイッターで「(誤審から)8ポイントの勝ち点差が生まれた」と、マドリーに有利な判定だったとコメントした。

▽これを受けてセルヒオ・ラモスはメディアを通して「ピケのツイートはいつものこと」とコメント。さらに直後に行われたラス・パルマス戦後には「レフェニーについて話すことはない。ツイートもしない」とピケを意識したようなコメントを残している。

▽そんな中で両選手は、ロシア・ワールドカップ欧州予選のイスラエル戦に向けたスペイン代表に招集された。代表チームではコンビを組むだけに、その動向に注目が集まっている。しかしセルヒオ・ラモスは、代表チームでの関係は問題ないことを強調した。

「ピケと僕はお互いに意思を投げつけ合っている。でもここで彼と会うときは抱きしめるつもりさ。そもそもマドリーとバルサはライバル関係にあり、それはもう病気のようなものなんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリーがムバッペ獲得でモナコと基本合意報道、移籍金は史上最高額の234億円

▽スペイン『マルカ』は25日、レアル・マドリーがモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)の獲得がクラブ間合意に達したと報じている。 ▽年俸は700万ユーロ(約9億1000万円)の6年契約で、移籍金は史上最高額の1億8000万ユーロ(約234億5000万円)。この移籍金は昨夏にマンチェスター・ユナイテッドがフランス代表MFポール・ポグバに投じた1億500万ユーロを大幅に更新する額となっている。ただ、モナコはフランス『Nice Matin』で合意はしていないと主張している。 ▽2013年からモナコでプレーするムバッペは、2015年12月にプロデビュー。爆発的なスピードと圧倒的なスキルを武器に、2016-17シーズンはモナコで公式戦44試合26ゴール14アシストを記録し、チャンピオンズリーグではベスト4、リーグ・アンでは17シーズンぶりの優勝に導いていた。 ▽一躍ブレイクを果たした18歳の超新星には、レアル・マドリーの他、アーセナルやパリ・サンジェルマンなど、錚々たるビッグクラブが獲得に関心を示していた。 2017.07.25 22:56 Tue
twitterfacebook
thumb

アディダスが、ユナイテッドやマドリーら強豪クラブのファンがデザインした3rdユニを発表!

▽アディダスは24日、インターナショナルクラブ6チーム(バイエルン、レアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、ミラン、フラメンゴ)のファンによるデザインの2017/18 シーズン3rd ユニフォームを発表した。 ▽アディダスの「Football Creator Studio」デジタルプラットフォームを使って作られたこれらの新ユニフォームは、世界中のフットボールファンのクリエイティビティの集大成となっている。 ▽またアディダスでは、昨年「Football Creator Studio」において、すべてのフットボールファンに上記6クラブの3rd ユニフォームデザインを募集した。ファンにとって、クリエイティビティを表現できる絶好の機会であったこのキャンペーンは、すべてのユニフォーム案をファン投票にかけ、上位100 モデルに絞り込んだ後、各クラブのキープレイヤーが勝者を選ぶというスキーム。今回選ばれた6 クラブチームのユニフォームは、2017/18 シーズン中にピッチで見ることができる。 ▽なお、これらの新3rdユニフォームは、現在アディダスオンラインショップまたは各クラブの公式ストアから限定で先行発売中となっている。 ※一部クラブは発売日が異なる。 ※CRフラメンゴは日本未展開。 ※一般発売日は2017年7月28日(金)より開始。– ◆バイエルン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170725_7_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽バイエルン・ミュンヘンのクラシックな要素とモダンな要素を融合。ホワイトベースで、前身には、細長い赤のストライプが上から下へとフェードアウトするようにあしらわれている。純白の袖はクリーンさを表現した。 ◆レアル・マドリー<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170725_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ブルーグリーンをベースに、ブラックのストライプを肩に施し、クラブの象徴となるエンブレムはホワイトでクラブカラーを表現。現代のデジタルデザインからインスピレーションを受け、正方形を対角線上に散らした前面のグラフィックは、現ヨーロッパ王者の破壊的な本質を表している。 ◆マンチェスター・ユナイテッド<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170725_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽チームとファンの強い絆がテーマ。ライトグレーベースで、前身には本拠地オールドトラフォードスタジアムの外に建つ有名な「ホーリー・トリニティ(聖なる三位一体)」像のシルエットがデザインされている。クラブを象徴するボビー・チャールトン、ジョージ・ベスト、デニス・ローは、マンチェスター・ユナイテッドの黄金期であり、マンチェスター・ユナイテッド独自の歴史からインスピレーションを受けている。 ◆ユベントス<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170725_7_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ピッチの上でも外でも常に進化し続けるこのクラブにマッチした、過去と未来を表現。ミリタリーグリーンベースの胸部に、ユベントスの象徴的な黒と白のストライプを入れることで過去を表現。そこに新しくなったクラブのロゴ(「Black and White and More」という新しいブランドアイデンティティの一部)を組み合わせることで、クラブの未来を意味している。 ◆ミラン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170725_7_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽クラブを象徴する赤と黒を斬新なグラフィックデザインで表現したクラシックとモダンが融合。オールブラックの中に、明るい赤のグラフィックが入ったデザインは、ミランにとって新たなデザイン。 ◆フラメンゴ ▽フラメンゴのエネルギッシュでクリエイティブなプレイスタイルを称え、明るいイエローベースにブルーのグラフィックが入った新しいデザイン。袖部分の青いグラフィックは現代のCRフラメンゴならではのスタイルを表現し、このクラブ史上最もクリエイティブなユニフォームとなっている。 【商品情報】 ●マンチェスター・ユナイテッド3rdユニ 2017年7月25日(アディダスオンラインショップ先行販売) 9,990円+税 ⇒オンラインストアは<a href="https://goo.gl/ERTUJi">こちら</a>!! ●ユベントス3rdユニ 2017年7月21日(アディダスオンラインショップ先行販売) 9,990円+税 ⇒オンラインストアは<a href="https://goo.gl/CNtkUa">こちら</a>!! ●ミラン3rdユニ 発売日未定 9,990円+税 ⇒オンラインストアは<a href="https://goo.gl/DYBy5P">こちら</a>!! ●バイエルン3rdユニ 2017年7月21日(アディダスオンラインショップ先行販売) 9,990円+税 ⇒オンラインストアは<a href="https://goo.gl/CYD5qx">こちら</a>!! ●レアル・マドリー3rdユニ 2017年7月21日(アディダスオンラインショップ先行販売) 9,990円+税 ⇒オンラインストアは<a href="https://goo.gl/hRHEqi">こちら</a>!! 2017.07.25 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョからベイルへ…「君が話をしてくれないと獲得できない」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、レアル・マドリーMFガレス・ベイルに対して意味深な言葉を伝えていた。<br><br>その言葉が口にされたのは、23日のインターナショナルチャンピオンズカップ、レアル・マドリー対ユナイテッド(1-1、PK戦でユナイテッドが勝利)の試合前。モウリーニョ監督は古巣レアル・マドリーの選手たちと挨拶を交わしていったが、スペイン『クアトロ』のテレビカメラが、ベイルと抱擁した際に発せられた言葉を収めていた。<br><br>「君が話をしてくれないと、君を買うことはできない」<br><br>ユナイテッドがベイル獲得を狙っていることは常々報じられてきたが、選手本人はレアル・マドリーでプレーし続ける意欲を公言している。モウリーニョ監督本人も、先に「ベイルがマドリー退団を希望しているとは思わない」と発言し、獲得が不可能であることを強調していた。<br><br>その矢先に発せられたこの言葉は、果たして冗談なのだろうか。それともベイルが裏ではマンチェスター・ユナイテッド移籍を希望しており、レアル・マドリー退団の意思を示すべきと促すものだったのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 10:03 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ退団が噂されるネイマールにマドリーMFカゼミロ「マドリーに歓迎するよ」

▽レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが、去就が注目を集めているバルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)についてコメントした。スペイン『アス』が報じている。 ▽ネイマールは今夏に移籍市場でパリ・サンジェルマンへの移籍が噂されている。バルセロナ側は移籍を否定しているが、連日、パリ・サンジェルマン行きに迫っていると報じられるなどその去就が注目を集めている。 ▽ライバルチームのエースについて、ブラジル代表のチームメートであるカゼミロは「彼の将来は彼自身が決めるもの。彼がマドリーでプレーすることになれば歓迎するさ」と語り次のように続けた。 「どんな決断を下したとしても、彼にとって最高の選択であるように願うよ。彼は偉大な選手であり、個人的に彼をリスペクトしている。そして彼は何をすべきか理解しているし、そのために今は準備をしているのだろう」 「仮に彼がバルサを退団しても、彼の幸運を祈る気持ちは変わらない。逆にバルサに残ったとしてもその気持ちは同じだ」 2017.07.25 09:22 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーの背番号10を背負うモドリッチ「別に数字がプレーするわけじゃない」

今季よりレアル・マドリーの背番号10を背負うMFルカ・モドリッチだが、同番号を付けることに満足感を得ている様子だ。<br><br>レアル・マドリー加入以降、19番のユニフォームを着続けていたモドリッチだが、今夏MFハメス・ロドリゲスがバイエルンにレンタル移籍したことにより、同選手が付けていた10番を引き継いだ。<br><br>モドリッチはレアル・マドリーの公式チャンネル『レアル・マドリーTV』で、10番を付ける感想を次のように述べている。<br><br>「誰がこの番号を付けてきたか考えてみなよ。本当に偉大な選手たちばかりだ。19番から変えようとは考えていなかった。だけどその機会が訪れて、良いなと思ったんだ」<br><br>「10番は好きな番号だ。クロアチアでも、ディナモ・ザグレブで付けていた。だけど、別に背番号がプレーするわけじゃないんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.24 23:42 Mon
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース