超ワールドサッカー

セルヒオ・ラモス、舌戦を繰り広げるピケとの代表活動は問題なし!?「今は彼を抱きしめるよ」2017.03.21 09:24 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、ライバルであるバルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケとの仲について口を開いた。スペイン『マルカ』が報じてる。

▽マドリーとバルセロナのディフェンスリーダーとして活躍する両選手。ライバル関係にあるチームだけに、お互いに数々の舌戦を繰り広げてきた。

▽最近では2月26日に行われたリーガエスパニョーラ第24節のビジャレアル戦でマドリーが微妙な場面ながらもPKを獲得したことに対してピケがツイッターで「(誤審から)8ポイントの勝ち点差が生まれた」と、マドリーに有利な判定だったとコメントした。

▽これを受けてセルヒオ・ラモスはメディアを通して「ピケのツイートはいつものこと」とコメント。さらに直後に行われたラス・パルマス戦後には「レフェニーについて話すことはない。ツイートもしない」とピケを意識したようなコメントを残している。

▽そんな中で両選手は、ロシア・ワールドカップ欧州予選のイスラエル戦に向けたスペイン代表に招集された。代表チームではコンビを組むだけに、その動向に注目が集まっている。しかしセルヒオ・ラモスは、代表チームでの関係は問題ないことを強調した。

「ピケと僕はお互いに意思を投げつけ合っている。でもここで彼と会うときは抱きしめるつもりさ。そもそもマドリーとバルサはライバル関係にあり、それはもう病気のようなものなんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリー、16歳の逸材ヴィニシウス獲得を公式発表! 移籍金は推定56億円

▽レアル・マドリーは23日、フラメンゴからU-17ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール(16)を完全移籍で獲得することで合意に至ったことを発表した。 ▽マドリーの公式声明によると、ヴィニシウスの移籍は同選手が国際サッカー連盟(FIFA)の定めた国外移籍が認められる満18歳の誕生日を迎えた後の2018年7月となる。また、同選手はマドリーからレンタルという形で2019年7月までフラメンゴに残留する予定となるが、両クラブが同意した場合、それ以前にマドリーに加入するプランもあるようだ。 ▽“次代のネイマール”とも称されるヴィニシウスは2000年7月12日生まれで、左ウイングを主戦場とする右利きの選手。フラメンゴのトップチームでは、5月13日に行われたアトレチコ・ミネイロ戦でデビューを果たしたばかりだが、U-17のカテゴリーでは既にインパクトを残している。U-17ブラジル代表では、2016年に22試合19得点を記録。2017年に入ると、U-17南米チャンピオンシップの9試合で7得点を奪い、得点王と大会MVPを獲得するなど、一躍、注目を集めた。 ▽なお、『ESPN』の伝えるところによれば、マドリーは宿敵バルセロナやマンチェスター・シティなどビッグクラブとの獲得競争を制するため、4500万ユーロ(約56億3000万円)の高額な移籍金をフラメンゴ側に支払う予定だという。 2017.05.24 01:49 Wed
twitterfacebook
thumb

モラタ、優勝を祝う場で退団を示唆する行動...喜びの輪から一人外れる

レアル・マドリーFWアルバロ・モラタは、やはり今夏の移籍に近づいているのかもしれない。<br><br>マドリーはリーガエスパニョーラ最終節でマラガを2-0で破り、5年ぶり33回目の優勝を決めた。その後マドリッドのシレーベス広場でファンと共に喜びを分かち合ったマドリーの選手たちだが、モラタはその席で退団を示唆するような行動を取っている。<br><br>スペイン『クアトロ』の捉えた映像で、モラタは祝賀会の当初こそチームメートと一緒に喜びを表していたものの、終盤になると一人喜びの輪から外れて感慨深げにファンが騒ぐ姿を見つめていた。その異変に気付いたGKキコ・カシージャ、DFダニエル・カルバハル、MFマルコ・アセンシオがモラタに接近し、励ましの言葉をかけていたようだ。<br><br>昨夏ユヴェントスからマドリーに復帰したモラタは、FWカリム・ベンゼマの陰に隠れながら、リーガ26試合に出場して15得点と高い決定力を発揮して優勝に大きく貢献した。だがジネディーヌ・ジダン監督から与えられるプレータイムに納得はしておらず、この夏の移籍が濃厚だとされている。<br><br>提供:goal.com 2017.05.23 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、優勝の要因は“Aチーム”と“Bチーム”の統一...出場機会を分け与えたジダン

レアル・マドリーが優勝を果たした要因は、総合力にあると言えそうだ。スペイン『アス』が伝えている。<br><br>今季、2011-12シーズン以来となるリーガエスパニョーラ制覇を達成したマドリー。最後まで追走した2位バルセロナを勝ち点3差で振り切り、ジネディーヌ・ジダン監督率いるチームは歓喜の瞬間を迎えた。<br><br>33度目のリーガ制覇においては、ジダン監督のマネジメント力が光った。フランス人指揮官はGKルベン・ヤニェス(出場時間ゼロ)、DFファビオ・コエントラン(169分)、FWマリアーノ・ディアス・メヒア(115分)、GKキコ・カシージャ(990分)を除く全選手に、1000分以上のプレータイムを与えたのである。<br><br>ジダン監督は実に20選手に1000分を超える出場時間を分け与えている。これはバルセロナ(18選手)、アトレティコ・マドリー(16選手)を上回り、今季のリーガで最多の数字だ。<br><br>今季AチームとBチームの論争が巻き起こったマドリーだが、ジダン監督はスタメン組とサブ組を統一することでシーズンの長丁場を戦い抜くことに成功している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.23 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ペップ、レアル・マドリーの16歳ヴィニシウス獲得に苦言「これでマーケットの状況を想像してみてくれ」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、レアル・マドリーが大金をはたいて若き才能を手中に収めたことを快く思っていないようだ。<br><br>マドリーはフラメンゴに所属する16歳MFヴィニシウス・ジュニオール獲得を内定させている。その移籍金は、4600万ユーロ(約57億円)。加入時期は同選手が18歳を迎えた後の2018年夏になる見込みだ。<br><br>来季シティで就任2年目を迎えるグアルディオラ監督は、資金潤沢なクラブでどのような補強を行うのか。それは注目の的となっている。だがスペイン人指揮官はマドリーのやり方を引き合いに出し、大型補強に否定的な見解を示した。<br><br>「補強は簡単ではない。レアル・マドリーは16歳の選手を4600万ユーロで買ったばかりだ。これで今日のマーケットを想像してみてくれ。とても難しいだろう」<br><br>「(契約満了する選手が多数いる状況に)そのうちの大半がマンチェスターに残るかもしれないし、そうはならないかもしれない。いずれにせよ、今後数週間で決まってくると思う」<br><br>提供:goal.com 2017.05.23 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーDFペペ、残留を強く希望…しかし、目線はCLへ「クラブは今、それよりも重要なことを迎えている」

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表DFペペ(34)は、クラブへの残留希望を叶えるべく、最後まで待つ意向を示した。スペイン『アス』が報じた。 ▽2017年6月でクラブとの契約が満了となるぺぺだが、未だに契約延長に至っておらず、去就について不透明な状況が続いている。報道によると、新たに2年契約を求めるペペと単年契約を望むマドリーの中で、なかなか折り合いがついていないとのことだ。 ▽そうした中、ペペにはパリ・サンジェルマンやマンチェスター・シティ、インテルなどの複数クラブが獲得に関心を寄せている。それでもペペは、マドリーへの残留を希望しており、チャンピオンズリーグ決勝後に去就が決定することを期待している。 「僕の将来? チャンピオンズリーグの決勝が間近に迫っているのに、そのことについて話すことは失礼なことだよ。クラブは今、そんなことよりも重要なことを迎えているんだ。僕は最後まで待っているよ」 「僕の心の一部は、常にマドリディスタだ。クラブは僕に多くのことを与えてくれた。その恩があるんだ。そして、ファンの皆にもだ。彼らは僕がプレーする時もしない時も愛情を注いでくれているんだ」 「一生懸命プレーすること、僕らの目標達成のために戦うことは彼らのためなんだ」 2017.05.23 16:31 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース