C・ロナウドに新たな栄誉!! 2016年のポルトガル最優秀選手に選出!!2017.03.21 08:14 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2016年のポルトガル最優秀選手に選出された。スペイン『アス』が伝えている。

▽C・ロナウドは2015-16シーズンにマドリーで2度目となるチャンピオンズリーグ制覇に貢献。さらに2016年に日本で行われたクラブ・ワールドカップでも優勝に導いた。またポルトガル代表としては、ユーロ2016に参加。決勝戦では負傷の影響で途中交代となるも、自身初となる代表チームでのタイトル獲得に成功している。

▽その活躍が認められ、自身4度目となるバロンドールを受賞するなど偉大な活躍を見せた1年となった。

▽ポルトガルの最優秀選手賞では、マドリーでもチームメートのDFペペと争っていたが、C・ロナウドの受賞が決定。同選手は、次のように感謝の言葉を述べている。

「レアル・マドリーや代表チームの監督、スタッフ、そして選手たちのすべてに感謝したい。2016年はユーロで優勝することができた。僕にとっても嬉しい出来事の1つだ。僕たちは、優勝候補でなくてもタイトルが取れるということを証明したんだ」

▽なお『アス』によれば、年間最優秀監督賞には、ポルトガル代表を率いてユーロ2016優勝に導いたフェルナンド・サントス監督が選出されている。

コメント

関連ニュース

thumb

エンメチャの2戦連発弾で逃げ切ったイングランドが最多タイとなる10度目の優勝!《U-19欧州選手権》

▽15日にU-19欧州選手権2017決勝のU-19ポルトガル代表vsU-19イングランド代表が行われ、1-2でイングランドが勝利。この結果、イングランドが1993年ぶり10度目の優勝を飾った。 ▽準決勝でU-19オランダ代表に1-0で勝利したポルトガルは、準決勝と同じ先発メンバーを採用。一方、準決勝でU-19チェコ代表に1-0で勝利したイングランドは、準決勝から先発を3人変更。チェコ戦でAT弾を決めたエンメチャ(マンチェスター・シティU-23)やバックリー(マンチェスター・シティU-23)、ドゼル(イプスウィッチ)をスタメンで起用した。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が続く試合は、27分にイングランドが最初のチャンスを迎える。スルーパスでボックス右深くまで侵攻したバックリーの折り返しからボックス内に走り込んだマウント(チェルシーU-23)が右足を振り抜いたが、このシュートはダロト(ポルトB)のブロックに阻まれた。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、イングランドがファーストチャンスで先制する。50分、バイタルエリア中央右寄りでFKを獲得すると、マウントの直接FKがポストを直撃。この跳ね返りに素早く反応したサルマン(アストン・ビラU-23)がこぼれ球を頭で押し込んだ。 ▽先制を許したポルトガルだが、すぐに反撃に転じる。すると57分、左サイドでボールを受けたアブドゥ・コンテ(スポルティングU-19)のクロスがD・スターリング(チェルシーU-23)のオウンゴールを誘い、同点に追いついた。 ▽同点とされたイングランドだが、ショートカウンターから勝ち越しに成功する。68分、中盤でバックリーがパスカットすると、このこぼれ球が前線のマウントへ繋がる。ボックス右まで持ち上がったマウントが相手GKを引き付けラストパス供給。これを逆サイドから走り込んだエンメチャがゴールに流し込んだ。 ▽その後、イングランドはエンメチャやドゼル、バックリーを下げて、ブレルトン(ノッティンガム)やダシルバ(アーセナルU-18)、エドワーズ(トッテナムU-23) を投入し、試合をクローズ。86分にエドゥンがこの試合2枚目のイエローカードで退場処分を受けたが、最後まで逃げ切ったイングランドが最多タイとなる10度目の優勝を飾った。 2017.07.16 03:02 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがU-21ポルトガル代表GKペレイラと2021年まで契約延長

▽マンチェスター・ユナイテッドは8日、U-21ポルトガル代表GKジョエル・ペレイラ(21)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2021年6月30日までとなる。 ▽2012年にユナイテッドのアカデミーに加入したペレイラは、2015年7月にリザーブチームのマンチェスター・ユナイテッドU-23に昇格。その後は、フットボール1(イングランド3部相当)に所属するロッチデールやポルトガルリーグのベレネンセスへレンタル移籍。2017年1月にユナイテッド復帰を果たすと、同月29日に行われたFAカップ4回戦のウィガン戦でトップチームデビューを果たした。 ▽ユナイテッドとの契約延長を果たしたペレイラは、クラブを通じて以下のコメントを残している。 「ここ数年ユナイテッドに在籍しているが、チームに加わった初日から今までに起こった全ての瞬間を楽しめている。昨シーズンからGKとして大きく成長できたと感じているので、今回の契約延長は、マンチェスター・ユナイテッドの選手として成長する上でとても大きい。クラブでは印象に残る瞬間が多いが、その中でもオールド・トラッフォードでのファーストチームデビュー戦は、自分と家族にとって素晴らしい瞬間になった。自分を指導してくれた監督、コーチングチームに御礼を言いたい。そして、今後も長くチームの一員としてプレーしたいと思っている」 ▽また、ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督はペレイラの契約延長について以下のコメントを残している。 「ジョエルは、昨シーズンを通じ日々の練習から大きく成長した。以前も話したことだが、今後も努力し続ければ、次の世代のポルトガル代表で最高のGKになれると確信している。ジョエルを称えたい」 2017.07.09 03:02 Sun
twitterfacebook
thumb

ドラマティックな逆転劇を演じたポルトガルがメキシコを下し大会3位に輝く!!《コンフェデレーションズカップ2017》

▽コンフェデレーションズカップ2017の3位決定戦、ポルトガル代表vsメキシコ代表が2日にスパルタク・スタジアムで行われ、延長戦を2-1で制したポルトガルが今大会3位に輝いた。 ▽先日、双子が誕生したクリスティアーノ・ロナウドの代表離脱が発表されたポルトガルは、準決勝でPK戦の末に敗れたチリ代表戦からスタメンを大幅に変更。準決勝では出場停止だったペペがスタメンに復帰した。一方、準決勝でドイツに1-4で敗れたメキシコは、前線のペラルタやベラ、グアルダードらが先発に起用された。 ▽序盤から攻勢に出るポルトガルは、ナニ、ジェウソン・マルティンスらを中心に両サイドからメキシコゴールを脅かす。すると14分、ボックスに侵入したアンドレ・シウバがマルケスのスライディングタックルを受けて倒されるが、笛は鳴らず。しかし、微妙な判定だったこともあり、今大会で導入されているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)での判断が行われると、判定は覆され、ポルトガルにPKが与えられた。このPKのキッカーを務めたのはアンドレ・シウバ。だが、左隅を狙ったキックはGKオチョアに完全に読まれてしまい、せっかくのチャンスを逸してしまった。 ▽最大のチャンスを逃してしまったポルトガルだが、その後もボールを保持する展開に。対するメキシコはエースのハビエル・エルナンデスがゴールに迫る。31分、ベラの縦パスからボックス中央に侵入したエルナンデスは、トラップでDFを一人かわし、左足でゴール左隅を突いたシュートを放つ。しかし、GKルイ・パトリシオが右手一本で止めるファインセーブを見せ、得点とはならなかった。 ▽無得点で迎えた後半、試合を動かしたのはメキシコだった。54分、エルナンデスが左サイドを深くえぐってあげたクロスがDFネトのオウンゴールを誘い、メキシコがラッキーな形で先制した。 ▽先制を許したポルトガルは59分、ボックス右深くに侵入したジェウソン・マルティンスの折り返しにピッツィが合わせるが、ゴール右に外してしまう。直後の61分には、ボックス左のアンドレ・シウバのクロスを、ファーサイドのモウティーニョが頭で折り返すと、最後はジェウソン・マルティンス。頭で合わせてシュートを狙ったが、PKストップのGKオチョアがまたも立ちはだかり、同点には至らなかった。 ▽その後は拮抗した試合展開が続く。両チームとも前線の選手を入れ替え、ゴールを狙っていく。しかし、終盤になるにつれて、徐々に疲れが見え始める両チーム。猛攻を見せるポルトガルに対して、ゴール前で踏ん張るメキシコだったが、後半アディショナルタイムの91分、一瞬の隙から同点ゴールを決められてしまう。交代で入ったクアレスマの右サイドからのクロスに合わせたのはペペ。パワープレーに出ていたペペが右足を伸ばしてゴールに押し込んだ。 ▽試合はこのまま1-1で90分が終了し、劇的な展開で延長戦に突入した。勝利寸前のところで延長戦に持ち込まれたメキシコは93分、右CKから交代で入ったロサーノが詰めるが、GKに阻まれ勝ち越し弾とはならない。 ▽同点に追いつき勢いのあるポルトガルは延長前半終了間際の104分、ついに逆転に成功する。ボックス内でパスを受けたジェウソン・マルティンスがトラップを浮かして突破を試みると、DFラユンの上げた手に当たりPKの判定。2度目のPKとなったポルトガルは、今度はアドリエン・シウバがきっちり決めて逆転弾となる2点目をもたらした。 ▽迎えた延長後半、1点リードのポルトガルに思わぬアクシデント。すでにイエローカードを一枚受けているN・セメドが相手に向かって足を上げてしまい、2枚目のイエローカードを受け退場に。これで数的有利となったメキシコが有利に試合を運ぶかに思われたが、ヒメネスが足の裏を見せたということでイエローカードの判定。ヒメネスも既に警告を一度受けていたため、これで退場処分。ここにきて10人対10人で試合が進むことになった。 ▽さらに、審判への抗議でメキシコのフアン・カルロス・オソリオ監督が退席になるなど、終盤に荒れた試合だったが、このまま終了。120分に及んだ戦いは、ドラマティックな逆転劇を見せたポルトガルが2-1で競り勝ち、今大会3位に輝いた。 2017.07.02 23:45 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、双子誕生&ポルトガル代表離脱を報告

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは28日、自身のフェイスブック(@Cristiano)を通じて、自身に双子が誕生したことを認め、コンフェデレーションズカップ2017の3位決定戦を控える同代表から離脱することを明かした。 ▽C・ロナウドに関しては今月8日、アメリカ西海岸在住の女性による代理出産で双子が誕生したとの噂が浮上。しかし、本人から正式な発表がなく、今に至っていた。 ▽そのC・ロナウドは、27日に行われたコンフェデレーションズカップ2017準決勝のチリ代表戦に出場。しかし、PK戦の末、ポルトガルはベスト4敗退が決定した。 ▽2010年に生まれた子供を合わせて、今回の双子誕生で一気に3児の父親となるC・ロナウドはフェイスブック上に次のようなコメントを掲載した。 「2人の息子が生まれたけど、いつもどおり、心身ともに代表チームを支えることに集中していた」 「僕らが目指していた目標を達成できなかったのは残念だけど、今後もポルトガルに喜びを与え続けることを約束するよ」 「ポルトガルサッカー連盟の会長と、代表チームのスタッフに感謝したい。絶対に忘れない」 「新たに誕生した子供たちと初めて一緒に居られることができて、とても嬉しいよ」 2017.06.29 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ポルトガル 0-0(PK0-3) チリ《コンフェデレーションズカップ2017》

▽コンフェデレーションズカップ2017準決勝ポルトガルvsチリが28日にカザン・アリーナで行われ、0-0で90分を終了。延長戦でも決着がつかず、PK戦の末に0-3としたチリが決勝へ進出した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ポルトガル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170629_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 R・パトリシオ 6.5 PK戦では止められなかったが、120分間の中で3つファインセーブを見せる DF 21 セドリック 6.0 攻撃参加を果敢に図る。守備面でもサンチェスを止めた 6 フォンテ 5.5 要所を締めた守備を続けた 2 ブルーノ・アウベス 5.5 ペペ不在のディフェンスラインを統率 19 エリセウ 6.0 攻守に質の高いプレーを見せた MF 10 ベルナルド・シウバ 5.5 持ち前のキープ力でタメを作った (→クアレスマ 5.0) アクセントを付けられず。PKも失敗 14 W・カルバーリョ 5.5 バイタルエリアをしっかり監視 23 アドリエン・シウバ 5.5 守備のバランスを保つ (→モウティーニョ 5.0) クアレスマ同様、試合に入れず。PK失敗 15 アンドレ・ゴメス 5.5 リスク管理を考えたポジショニングで攻守のバランスを取る (→ジェウソン・マルティンス -) FW 9 アンドレ・シウバ 5.0 幾つかあった決定機を仕留めたかった (→ナニ 5.0) PK失敗。流れの中でも仕事できず 7 C・ロナウド 5.5 左サイドに流れての仕掛けでシュートに持ち込んだ 監督 サントス 5.5 守備に追われる状況が続き、交代選手もハマらなかった ▽チリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170629_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブラーボ 7.0 7分のアンドレ・シウバの至近距離からのシュートをストップ。PK戦で無双 DF 4 イスラ 6.0 C・ロナウドをうまく封じる (→フエンサリダ -) 17 メデル 6.0 イスラとの連携でロナウドを止める 18 ハラ 6.0 安定感あるプレーぶり 15 ボセジュール 6.0 好クロスで好機演出。守備も及第点以上 MF 10 パブロ・エルナンデス 6.0 攻守のバランスを保った (→F・シルバ -) 8 ビダル 6.0 トップ下の位置でシュートシーンに絡んだ 21 ディアス 6.0 ビルドアップの中心。ボールロストなく前線にボールを配球 20 アランギス 5.5 前半に2つあった決定機を活かしたかった。2番手のキッカーとしてPK成功 FW 11 E・バルガス 5.5 難しい体勢からのシュートでゴールを脅かした (→マルティン・ロドリゲス 5.5) バー直撃のシュートがあった 7 サンチェス 5.5 1本、好スルーパスを供給も良い形でボールを受けられずシュートに持ち込めない状況が多かった 監督 ピッツィ 6.0 内容でポルトガルを上回り、PK戦を制した ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ブラーボ(チリ) ▽満場一致でブラーボを選出。マンチェスター・シティでの不安定なプレーから一転、バルセロナ時代の輝きを取り戻したかのような躍動ぶりだった。 チリ 0-0(PK3-0) ポルトガル 1.ビダル 〇 × クアレスマ 2.アランギス 〇 × モウティーニョ 3.サンチェス 〇 × ナニ 2017.06.29 05:56 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース