超ワールドサッカー

C・ロナウドに新たな栄誉!! 2016年のポルトガル最優秀選手に選出!!2017.03.21 08:14 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2016年のポルトガル最優秀選手に選出された。スペイン『アス』が伝えている。

▽C・ロナウドは2015-16シーズンにマドリーで2度目となるチャンピオンズリーグ制覇に貢献。さらに2016年に日本で行われたクラブ・ワールドカップでも優勝に導いた。またポルトガル代表としては、ユーロ2016に参加。決勝戦では負傷の影響で途中交代となるも、自身初となる代表チームでのタイトル獲得に成功している。

▽その活躍が認められ、自身4度目となるバロンドールを受賞するなど偉大な活躍を見せた1年となった。

▽ポルトガルの最優秀選手賞では、マドリーでもチームメートのDFペペと争っていたが、C・ロナウドの受賞が決定。同選手は、次のように感謝の言葉を述べている。

「レアル・マドリーや代表チームの監督、スタッフ、そして選手たちのすべてに感謝したい。2016年はユーロで優勝することができた。僕にとっても嬉しい出来事の1つだ。僕たちは、優勝候補でなくてもタイトルが取れるということを証明したんだ」

▽なお『アス』によれば、年間最優秀監督賞には、ポルトガル代表を率いてユーロ2016優勝に導いたフェルナンド・サントス監督が選出されている。

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウドの2戦連発弾を含む4発で快勝のポルトガルがGS首位通過!《コンフェデレーションズカップ2017》

▽ポルトガル代表は24日、コンフェデレーションズカップ2017グループA最終節でニュージーランド代表と対戦し、4-0で勝利した。この結果、ポルトガルがグループ首位でグループステージ通過を決めた。 ▽第2節終了時点で2位に位置するポルトガル(勝ち点4)と、最下位ニュージーランド(勝ち点0) の一戦。21日に行われたロシア代表戦をエースFWクリスティアーノ・ロナウドの一撃で勝利したポルトガルは、その一戦からスタメンを5人変更。アドリエン・シウバ、アンドレ・ゴメス、W・カルバーリョ、セドリック、ラファエウ・ゲレイロに代えてクアレスマ、エリセウ、モウティーニョ、ダニーロ、N・セメドを起用した。布陣はフラットな[4-4-2]を採用、2トップにはC・ロナウドとアンドレ・シウバを据えた。 ▽試合は立ち上がりからポルトガルがボールを保持するも、積極的なハイプレスを敢行するニュージーランドに苦戦。すると、オープニングシュートはニュージーランドに生まれる。6分、インガムの右クロスをファーサイドで受けたウッドが胸トラップから右足を振り抜いたが、シュートはGKパトリシオがキャッチした。 ▽低調なパフォーマンスが続くポルトガルは24分、CKのセカンドボールを繋ぐと右サイドでボールを受けたクアレスマのクロスをC・ロナウドが頭で合わせが、これはGKマリノビッチがセーブ。直後の26分にも、クアレスマの左クロスからC・ロナウドに決定機が生まれたが、ヘディングシュートはクロスバーに嫌われた。 ▽徐々に攻撃のギアを上げていくポルトガルは、32分にチャンス。左CKの際にボックス内のダニーロがトム・ドイルに倒されてPKを獲得。このPKをC・ロナウドがゴール右に決め、ポルトガルが先制に成功した。 ▽先制点で勢いづくポルトガルは、37分に追加点。左サイドを突破したエリセウがボックス深くまで侵入し折り返しを供給。これを中央に走り込んだベルナルド・シウバが左足でゴールに流し込んだ。 ▽迎えた後半、リードするポルトガルはゴール直後の着地で右足首を痛めたベルナルド・シウバを下げてピッツィを投入。しかし、後半最初の決定機は2点を追うニュージーランドに生まれる。14分、ボックス左から侵入したトム・ドイルが相手GKとDFの間へクロスを供給。逆サイドから走り込んだウッドがスライディングで合わせるも、これはGKパトリシオがファインセーブ。 ▽守護神の好セーブに救われたポルトガルは、直後の60分にチャンス。オーバーラップしたN・セメドの右クロスを相手DFの背後から走り込んだC・ロナウドが頭で合わせたが、これはGKマリノビッチの正面を突いた。 ▽ポルトガルは67分、連戦のC・ロナウドを下げてナニを投入。すると70分、中盤でハイプレスをかけたクアレスマがボール奪取に成功すると、このロストボールを前線で拾ったアンドレ・シウバがゴール右まで持ち込みシュート。これがゴール左隅に突き刺さり、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽さらに試合終盤には、ボックス手前でパスを受けたナニにもゴールが生まれ、ポルトガルが4-0で快勝。同時刻開催のメキシコを得失点差でかわしグループ首位で準決勝進出を決めた。 2017.06.25 02:02 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドはコンフェデのNZ戦を欠場か…サントス監督がエースの温存を示唆

現地時間24日、FIFAコンフェデレーションズカップ、グループAのニュージーランドvsポルトガルが行われる予定になっている。<br><br>この一戦を前に、ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督が会見で、クリスティアーノ・ロナウドを第3戦のニュージーランドで休ませることをほのめかしている。<br><br>「C・ロナウドは誰もがプレーを見たいと思う名手だ。だが、次の試合で彼を起用するかは分からない」<br><br>また、同監督はロシア国内を渡り歩きながら中2日で試合を行うハードスケジュールに対して「移動しながら72時間で選手を回復させることは容易なものではない」と述べ、大会日程について苦言を呈している。<br><br>すでに2敗しているニュージーランドは勝ち上がりが絶望となっている一方、1勝1分けのポルトガルは、引き分け以上で勝ち上がりが確定する。敗れてもロシアvsメキシコの結果次第では準決勝進出が決まる。果たして、主将のC・ロナウドはニュージーランド戦でピッチに登場するのか、サントス監督の采配に注目が集まる。<br><br>提供:goal.com 2017.06.24 17:20 Sat
twitterfacebook
thumb

スペインが3連勝で首位通過! ポルトガルは得失点でグループステージ敗退…《U-21欧州選手権》

▽U-21欧州選手権グループBの最終節が23日に行われた。この結果、U-21スペイン代表が首位で準決勝進出が決定。2位のU-21ポルトガル代表に関しては、3グループの2位の最上位のみ準決勝進出となるため、グループステージ敗退が決定した。 ▽第2節終了時点で2位に位置するポルトガル(勝ち点3)と、最下位U-21マケドニア代表(勝ち点1) の一戦は、4-2でポルトガルが勝利した。 ▽ポルトガルは、0-2で敗戦したスペイン戦から5人を変更。ゴンサロ・グエデス、ブルーノ・フェルナンデス、ジョアン・カルバーリョ、ケヴィン・ロドリゲス、セメドに代えてパシエンシア、ブルマ、メデイロス、フィゲイレド、レボチョがスタメンで起用された。 ▽試合は開始早々の時間帯にポルトガルがスコアを動かす。2分、メデイロスの左CKを中央に走り込んだエドガル・ミゲルが頭で流し込んだ。 ▽幸先良く先制したポルトガルは、その後もきっちり試合をコントロール。すると22分、レボチョの負傷によりスクランブル投入されたK・ロドリゲスのスルーパスに抜け出したブルマがカットインから右足を振り抜く。このシュートにGKシシュコフスキは一歩も動けず、そのままゴール左へと突き刺さった。 ▽リードを広げたポルトガルだったが、マケドニアに一瞬の隙を突かれる。40分、自陣でバルディにセカンドボールを拾われると、ボックス手前からのミドルシュートでゴールネットを揺らされた。 ▽迎えた後半、グループステージ突破へあと2点以上が必要なポルトガルが猛攻をかける。すると57分、右サイドでボールを受けたメデイロスがカットインからゴール前へスルーパスを供給。これに反応したポデンセがダイレクトでゴール左隅に流し込み、追加点。 ▽その後も前掛かりとなって攻め込むポルトガルだったが、80分にマケドニアのロングカウンターを受けると、マルコスキにゴールを許す。再び2点以上が必要となったポルトガルは、後半アディショナルタイム1分にブルマがこの試合2点目のゴールを決めたが、あと一歩及ばず。 ▽ポルトガルは、グループAの2位スロバキアに得失点差で届かず、グループステージ敗退となった。 ▽また、同時刻に行われた首位スペイン(勝ち点6)と、3位U-21セルビア代表(勝ち点1)の一戦は、スペインが1-0で勝利した。 ▽前節のポルトガル戦でグループ首位通過を決めたスペインと、逆転でのグループステージ突破を目指すセルビアの一戦は、立ち上がりからボールを支配するスペインが優勢に試合を進める。 ▽すると38分、スペインはイニャキ・ウィリアムズとのワンツーで右サイドを突破したオドリオソラの折り返しをデニス・スアレスがゴール右隅に流し込み、先制に成功。さらに40分には、セルビアのジュルジェビッチがこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場。スペインが数的優位を得た。 ▽後半に入っても猛攻を続けるスペインだったが、セルビア守備陣の体を張った守りとフィニッシュ精度の欠如により追加点は生まれず。結局、試合は1-0のまま終了。スペインがグループステージ3連勝で2大会ぶりの優勝へ向け、好調を維持している。 ◆グループB最終節 U-21マケドニア 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 U-21ポルトガル</span> 【U-21マケドニア】 バルディ(前40) マルコスキ(後35) 【U-21ポルトガル】 エドガル・ミゲル(前2) ブルマ(前22) ポデンセ(後12) ブルマ(後46) U-21セルビア 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 U-21スペイン</span> 【U-21スペイン】 デニス・スアレス(前38) ◆グループB順位表 勝ち点(得点、失点、得失点) 1.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">スペイン</span> 9(9/1/+8) 2.ポルトガル 6(7/5/+2) 3.セルビア 1(2/5/-3) 4.マケドニア 1(4/11/-7) 2017.06.24 06:16 Sat
twitterfacebook
thumb

「クリスティアーノ・ロナウドは最高」コンフェデ杯で一緒に入場した車イスの女の子が歓喜

▽21日に行われたコンフェデレーションズカップ第2節のロシア代表vsポルトガル代表で、選手入場時に感動的な場面が起きていた。FIFA公式サイトが伝えた。 ▽ポルトガルのキャプテンを務めるクリスティアーノ・ロナウドは、右手で車イスに乗った女の子と手をつなぎピッチへと入場していた。 ▽世界最高の選手であるC・ロナウドと手を繋いで入場したのは、10歳のポリーナ・ハーレディノーバちゃん。「マクドナルド・プログラム」によって、夢にもみない経験が実現した。 ▽C・ロナウドにエスコートされ、GKルイ・パトリシオに車イスを押してもらい入場したハーレディノーバちゃんが夢のような経験についてコメントしている。 「私はこんなに素晴らしい経験ができるなんて思っていなかったの。クリスティアーノ・ロナウドは最高だったわ。彼は私にコートをくれて、幸運のためにキスもしれくれたの。私は信じられない気持ちで、ロシアをサポートしていたの。人生でこんな経験をしたことはないわ」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170623_18_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽「マクドナルド・プログラム」は、コンフェデレーションズカップの成功を支える取り組みの1つで、「子供たちに、サッカーを通じて唯一無二の様々な背景と体験を経験させるもの。今回の感動的な場面は完璧な例である」とFIFAのマーケティングサービスのディレクターが語っている。 ▽コンフェデレーションズカップの「マクドナルド・プログラム」には、350人以上の子供が参加。その半数は、孤児院や養子、低収入の家族から選ばれているとのことだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170623_18_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽なお、22日に行われたドイツ代表vsチリ代表ではドイツ代表のMFユリアン・ドラクスラーが男の子が乗った車イスを押して入場していた。 2017.06.23 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表指揮官、去就に関して沈黙を貫くC・ロナウドを擁護

レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが去就について沈黙を貫いている。フェルナンド・サントス監督はC・ロナウドの判断を支持した。<br><br>ポルトガルは21日、コンフェデレーションズカップ第2戦でロシア代表と対戦し、1-0の勝利を飾った。8分に決勝点を挙げたC・ロナウドはマン・オブ・ザ・マッチに選出され、会見に応じたが、去就に関する質問には回答をせず、会場を後にした。サントス監督は「彼がゲーム以外の話について質問に答えるべきだと思うか? 彼はゲームについて話すためにここにいる。それだけだ」とチームのエースを擁護し以下のように続けた。<br><br>「家族のことやレアル・マドリーのことやその他の何かについて話すわけではない。ゲームについて話すだけだ。関心を持つのは理解できるが、そのことを尊重しなければならない」<br><br>「意地悪で言うわけではない。選手の個人生活を尊重すべきだというだけのことだ。彼と話をして返事を得る機会はこれから十分にあるだろう。彼が質問への回答を避けたのは非常に賢明なことだったと思う」<br><br>ロナウドは試合については「すごく嬉しい。ロシアでポルトガルが勝利を挙げるのは初めてのこと。チームはとても良いプレーをした。相手はホームでの戦いということもあり、サポーターの応援を後押しに、プレッシャーをかけてきた。しかし、僕らのほうが優れていた」と、喜びのコメントを残している。<br><br>なお、ポルトガルは24日、ニュージーランド代表と対戦し、引き分け以上で準決勝へと駒を進めることになっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 16:03 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース