C・ロナウドに新たな栄誉!! 2016年のポルトガル最優秀選手に選出!!2017.03.21 08:14 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2016年のポルトガル最優秀選手に選出された。スペイン『アス』が伝えている。

▽C・ロナウドは2015-16シーズンにマドリーで2度目となるチャンピオンズリーグ制覇に貢献。さらに2016年に日本で行われたクラブ・ワールドカップでも優勝に導いた。またポルトガル代表としては、ユーロ2016に参加。決勝戦では負傷の影響で途中交代となるも、自身初となる代表チームでのタイトル獲得に成功している。

▽その活躍が認められ、自身4度目となるバロンドールを受賞するなど偉大な活躍を見せた1年となった。

▽ポルトガルの最優秀選手賞では、マドリーでもチームメートのDFペペと争っていたが、C・ロナウドの受賞が決定。同選手は、次のように感謝の言葉を述べている。

「レアル・マドリーや代表チームの監督、スタッフ、そして選手たちのすべてに感謝したい。2016年はユーロで優勝することができた。僕にとっても嬉しい出来事の1つだ。僕たちは、優勝候補でなくてもタイトルが取れるということを証明したんだ」

▽なお『アス』によれば、年間最優秀監督賞には、ポルトガル代表を率いてユーロ2016優勝に導いたフェルナンド・サントス監督が選出されている。

コメント

関連ニュース

thumb

オランダに完敗のポルトガル代表監督、責任を認める「選手を選んだのは私」

ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督は、オランダ代表を相手に完敗した責任を認めた。<br><br>ポルトガル代表は27日、ジュネーブで行われた国際親善試合でオランダ代表と対戦した。ロシア・ワールドカップ出場を逃したオランダ相手に前半だけでまさかの3失点。後半にはジョアン・カンセロが退場となり、反撃ができないまま試合終了を迎えた。<br><br>ヨーロッパ王者として臨んだ一戦でまさかの完敗を喫したポルトガルのサントス監督は、責任を感じていることを明らかにした。<br><br>「もっとよくプレーできたはずだが、敗戦の責任は私にある。選手を選んだのも、相手を分析したのも、ポゼッションを高める戦術を決めたのも私だ。失点したことにより状況は複雑になってしまった。彼らがサイドのスペースを突いてきて、前半は難しいものとなった。全体的な振る舞いは十分なものではなかった。カウンターアタックを仕掛けることができていなかった」<br><br>「ハーフタイムには『後半からは全てにおいて違うチームなれ』と伝えた。そして試合の終盤は相手にスペースを与えなかった。しかし、10人では少し難しかったようだ。我々はゴールを狙い続け、3,4回チャンスを作っていたし、1,2点取れても良かったはずだ」<br><br>提供:goal.com 2018.03.27 22:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーロ王者ポルトガルがクーマン体制2戦目のオランダに惨敗《国際親善試合》

▽国際親善試合、ポルトガル代表vsオランダ代表が26日に行われ、0-3でオランダが快勝した。 ▽3日前に行われたエジプト代表戦をC・ロナウドの追加タイムでの2ゴールにより2-1と逆転勝利したポルトガルは、エジプト戦のスタメンから9選手を変更。C・ロナウドとロランド以外を変更した。 ▽一方、クーマン監督の初陣となったイングランド代表戦を0-1と敗れたオランダは、イングランド戦のスタメンから5選手を変更。デ・フライやストロートマンがベンチスタートとなった。 ▽C・ロナウドとクアレスマが2トップを形成する中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]の布陣で臨んだポルトガルが、バベルとデパイが2トップを形成する[5-3-2]の布陣で臨んだオランダを押し込む入りとなる。 ▽しかし、オランダの守備ブロックの前でボールを回すだけとなっていると、12分にオランダが先制する。右サイドのテテのクロスをボックス右のファン・デ・ベークが合わせたボレーシュートはミートしきれなかったが、ルーズボールをゴール前のデパイが押し込んだ。 ▽その後も拙攻を続けるポルトガルに対し、オランダが32分に突き放す。デ・リフトの右サイドからの高速クロスにバベルが頭で合わせた。ハーフタイムにかけてもチャンスを生み出せなかったポルトガルに対し、オランダが3点目を奪取する。追加タイム2分、FKの流れからファン・ダイクのボレーシュートが決まった。 ▽前半にシュートを打てなかったポルトガルは、後半からアンドレ・シウバとゴンサロ・ゲデスを投入して前がかると、FKからC・ロナウドのヘディグシュートが枠を捉えた。しかし、相手GKシレッセンのファインセーブに阻まれてしまう。 ▽後半は良い入りを見せていたポルトガルだったが、攻勢は長く続かず、61分に退場者を出してしまう。カンセロが2枚目のイエローカードを受け、10人となってしまった。 ▽敗色濃厚のポルトガルはC・ロナウドを下げてモウティーニョを投入。74分にはマリオ・ルイがミドルシュートでGKシレッセンを強襲すれば、89分にはFKからゴンサロ・ゲデスのヘディングシュートが枠を捉えるも、ここもGKシレッセンに阻まれ、0-3のまま惨敗。ユーロ王者が不安を残して3月のテストマッチを終えている。一方、勝利したオランダはクーマン体制2戦目で内容の伴う白星となった。 2018.03.27 05:25 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、ポルトガル代表での得点ペースもレアル・マドリーと変わらず…ここ15試合で20得点

FWクリスティアーノ・ロナウドが止まらない。レアル・マドリーで1試合1得点以上のペースを貫いている同選手だが、ポルトガル代表でも同様のペースでゴールを記録している。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>23日の国際親善試合エジプト戦では2得点を決めてチームの2&minus;1の勝利に貢献したC・ロナウド。これでポルトガル代表での通算得点数は141試合81得点となったが、ここ最近に一気にペースを上げている。EURO2016以降、C・ロナウドはポルトガル代表の21試合中15試合に出場し、20得点を記録しているのである。<br><br>今季序盤、レアル・マドリーでは不調が騒がれたC・ロナウドだが、今年1月以降のレアル・マドリーとポルトガル代表の14試合では23得点を記録と、まさにオンファイア状態となっている。2月に33歳となった同選手だが、その勢いは衰えているどころか、増しているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.03.25 22:40 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが歴代代表得点ランクで“釜本超え”!

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)が日本のレジェンドを超えた。フランス『レキップ』が取り上げている。 ▽C・ロナウドは、23日に行われたエジプト代表との国際親善試合(2-1でポルトガルが勝利)に出場。1点を追う後半アディショナルタイムに2ゴールを決め、チームを起死回生の逆転劇に導いた。 ▽これにより、C・ロナウドは代表通算得点数を81ゴールに。日本サッカー史上最高のストライカーとして語り継がれる元同国代表FWの釜本邦茂氏を上回り、歴代代表通算得点ランキング3位に浮上した。 ▽C・ロナウドは、2003年にポルトガル代表デビューを飾ると、これまで148試合のキャップ数を記録。フランスで行われたユーロ2016でポルトガルの初となる欧州制覇および主要国際大会の初タイトル獲得に貢献した。 ◆歴代代表通算得点ランキング 【109】 アリ・ダエイ(イラン) 【84】 フェレンツ・プスカシュ(ハンガリー) 【81】 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル) 【80】 釜本邦茂(日本) 2018.03.24 08:35 Sat
twitterfacebook
thumb

CR7が後半AT弾×2! ポルトガル、サラー弾のエジプトに逆転劇《国際親善試合》

▽23日に行われた国際親善試合のポルトガル代表vsエジプト代表は、2-1でポルトガルが勝利した。 ▽C・ロナウドとサラーという現フットボール界を彩るスタープレーヤーがピッチで共演した試合は56分に動く。ボックス中央に差し掛かるところでボールを収めたサラーが一度味方にパス。リターンに反応したサラーが左足ダイレクトのシュートをゴール左隅に決め、エジプトが先制した。 ▽リードを許したポルトガルは、なかなかゴールを奪えぬまま後半アディショナルタイムへ。敗色ムードが漂う中、C・ロナウドが輝く。同2分、左サイドからのセンタリングに頭で合わせると、続く同4分にも右サイドで得たFKからヘディング。エースの活躍により、ポルトガルが劇的勝利を収めた。 ポルトガル 2-1 エジプト 【ポルトガル】 C・ロナウド(後45+2) C・ロナウド(後45+4) 【エジプト】 サラー(後11) 2018.03.24 08:05 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース