C・ロナウドに新たな栄誉!! 2016年のポルトガル最優秀選手に選出!!2017.03.21 08:14 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2016年のポルトガル最優秀選手に選出された。スペイン『アス』が伝えている。

▽C・ロナウドは2015-16シーズンにマドリーで2度目となるチャンピオンズリーグ制覇に貢献。さらに2016年に日本で行われたクラブ・ワールドカップでも優勝に導いた。またポルトガル代表としては、ユーロ2016に参加。決勝戦では負傷の影響で途中交代となるも、自身初となる代表チームでのタイトル獲得に成功している。

▽その活躍が認められ、自身4度目となるバロンドールを受賞するなど偉大な活躍を見せた1年となった。

▽ポルトガルの最優秀選手賞では、マドリーでもチームメートのDFペペと争っていたが、C・ロナウドの受賞が決定。同選手は、次のように感謝の言葉を述べている。

「レアル・マドリーや代表チームの監督、スタッフ、そして選手たちのすべてに感謝したい。2016年はユーロで優勝することができた。僕にとっても嬉しい出来事の1つだ。僕たちは、優勝候補でなくてもタイトルが取れるということを証明したんだ」

▽なお『アス』によれば、年間最優秀監督賞には、ポルトガル代表を率いてユーロ2016優勝に導いたフェルナンド・サントス監督が選出されている。

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウドの2発などで完勝のポルトガルが首位スイスを追走!《ロシアW杯欧州予選》

▽ポルトガル代表は25日、ロシア・ワールドカップ(W杯) 欧州予選第5節でハンガリーと対戦し、3-0で勝利した。 ▽グループBで2位のポルトガル(勝ち点9)が、ホームのエスタディオ・ダ・ルスに3位ハンガリー(勝ち点7)を迎えた一戦。首位スイス追走のためにもポイントロスを避けたいポルトガルは、C・ロナウドやペペ、クアレスマ、アンドレ・ゴメスなど主力をスタメンに起用した。 ▽3トップにクアレスマ、アンドレ・シウバ、C・ロナウドを並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだポルトガルは、立ち上がりから攻勢に出る。12分、バイタルエリア中央左寄りの位置でアンドレ・シウバがヴィニシウスに倒されFKを獲得。このFKをC・ロナウドが直接狙うも、壁に当たったボールはわずかに枠の左上に外れた。 ▽高いボール支配率で敵陣に攻め込むポルトガルは20分、自身の上げたクロスのこぼれ球を再び拾ったクアレスマがボックス左からクロスを供給。これをファーサイドのC・ロナウドがドンピシャのヘッドで合わせるが、ボールはゴール左に逸れた。 ▽その後も主導権を握るポルトガルは32分にスコアを動かす。ドリブルで持ち上がったC・ロナウドのパスをオーバーラップしたラファエウ・ゲレイロがボックス左からダイレクトで折り返すと、ゴール前のアンドレ・ゴメスがワンタッチで流し込んだ。 ▽先制弾で勢いづくポルトガルは36分、最終ラインからのロングフィードをアンドレ・ゴメスがヒールで落とすと、ボックス左手前に走り込んだC・ロナウドがシュート。これがゴール左隅に突き刺さり、追加点を奪った。 ▽ポルトガルの2点リードで迎えた後半、ハンガリーはA・ラングを下げて攻撃的なロブレンチチュを投入し、攻撃の立て直しを図る。しかし、後半も試合の主導権を握ったのはポルトガルだった。 ▽65分、クアレスマがボックス左隅手前でロブレンチチュに倒され、FKを獲得。このFKをC・ロナウドが直接狙うと、ボールは右ポストに当たりそのままゴールに吸い込まれた。 ▽試合を決定付ける3点目を奪ったポルトガルは、その後ベルナルド・シウバやモウティーニョ、ピッツィを投入し、試合をクローズ。上位を争うハンガリーを無失点に抑えて首位スイスの追走に成功した。 2017.03.26 06:36 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドやクアレスマ、ペペらが招集! ポルトガル代表メンバー25名が発表《ロシアW杯欧州予選》

▽ポルトガルサッカー連盟(FPF)は16日、今月に行われる2018年ロシア・ワールドカップ欧州予選と国際親善試合に臨むポルトガル代表メンバー25名を発表した。 ▽今回のメンバーには、FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)やFWリカルド・クアレスマ(ベジクタシュ)、MFレナト・サンチェス(バイエルン)、DFペペ(レアル・マドリー)ら主力が順当に選出された。その一方で、負傷を抱えるFWナニ(バレンシア)は招集外となっている。 ▽欧州予選のグループBでスイス代表に次ぐ2位に位置するポルトガルは、25日に欧州予選で3位ハンガリーと戦い、28日にスウェーデン代表との国際親善試合を行う。今回発表されたポルトガル代表メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆ポルトガル代表メンバー25名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ルイ・パトリシオ</span>(スポルティング・リスボン) <span style="font-weight:700;">アントニー・ロペス</span>(リヨン/フランス) <span style="font-weight:700;">ジョゼ・マラフォナ</span>(ブラガ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ペペ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">ブルーノ・アウベス</span>(カリアリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">セドリック</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョゼ・フォンテ</span>(ウェストハム/イングランド) <span style="font-weight:700;">ラファエウ・ゲレイロ</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ジョアン・カンセロ</span>(バレンシア/スペイン) <span style="font-weight:700;">エリゼウ</span>(ベンフィカ) <span style="font-weight:700;">ネウソン・セメド</span>(ベンフィカ) <span style="font-weight:700;">ルイス・ネト</span>(ゼニト/ロシア) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ウィリアム・カルバーリョ</span>(スポルティング・リスボン) <span style="font-weight:700;">ピッツィ</span>(ベンフィカ) <span style="font-weight:700;">ジョアン・マリオ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ダニーロ・ペレイラ</span>(ポルト) <span style="font-weight:700;">ジョアン・モウティーニョ</span>(モナコ/フランス) <span style="font-weight:700;">レナト・サンチェス</span>(バイエルン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンドレ・ゴメス</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">クリスティアーノ・ロナウド</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">アンドレ・シウバ</span>(ポルト) <span style="font-weight:700;">リカルド・クアレスマ</span>(ベジクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">エデル</span>(リール/フランス) <span style="font-weight:700;">ベルナルド・シウバ</span>(モナコ/フランス) <span style="font-weight:700;">ジェウソン・マルティンス</span>(スポルティング・リスボン) 2017.03.17 00:21 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが2016年度の「バロンドール」受賞! CL&ユーロ制覇で通算4度目の快挙!

▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。なお、2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年ぶり4度目の受賞となった。 ▽C・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録しており、受賞者に相応しい成績を残していた。 ▽C・ロナウドは今回の受賞によって、歴代最多5回の受賞を誇るバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの記録に迫っている。 ▽なお、現在FIFA・クラブ・ワールドカップ2016に出場するため、来日しているC・ロナウドは、先週にマドリッドで受賞の知らせを聞き、既に『フランス・フットボール』の受賞インタビューを受けていた。受賞式は、来年1月に同誌の本社があるフランスのパリで行われる予定だ。 ▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、今年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止され、さらに昨年は年を跨いでいた発表も年内の12月12日に発表されるレギュレーションとなった。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリストのみに回帰している。 2016.12.13 04:19 Tue
twitterfacebook
thumb

FIFA新設の男子最優秀監督賞最終候補3名が発表! ラニエリ、フェルナンド・サントス、ジダンが選出

▽国際サッカー連盟(FIFA)は2日、今年度より新設されたFIFA最優秀監督賞の最終候補3名にレスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督、ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督を選出した。 ▽先月初めに発表された23名の候補者から、全世界200以上のメディア、FIFA加盟国の代表監督とキャプテン、ファンの投票によって、最終候補3人に選出されたのは、日本代表FW岡崎慎司も所属するレスターに奇跡のプレミアリーグ初優勝をもたらしたラニエリ監督、ユーロ2016でポルトガル代表に初優勝をもたらしたサントス監督、途中就任ながらレアル・マドリーに通算11度目のチャンピオンズリーグ優勝をもたらしたジダン監督となった。 ▽また、同日発表されたFIFA女子最優秀監督賞には、リオデジャネイロ五輪で優勝を逃したものの、アメリカ女子代表で安定した成績を収めたジル・エリス監督、そのリオ五輪を制したドイツ女子代表を率いていたシルビア・ネイド監督(現在は退任)、同大会でスウェーデン女子代表に準優勝をもたらしたピア・スンドハーゲ監督の3人が最終候補に選出された。 ▽ファン投票によるプスカシュ賞(最優秀ゴール賞)には、コリンチャンスに所属するブラジル人MFマルロンのアクロバティックゴール、ベネズエラ女子代表MFダニウスカ・ロドリゲスのビューティフルボレー、マーレシア人として初のプスカシュ賞ノミネートとなったペナンFAのマレーシア代表FWモハド・ファイズ・サブリの無回転FKが最終候補に選出されている。 ◆3つのスーパーゴールをチェック! https://youtu.be/snJRLqVuZ9g ▽なお、各賞の受賞者は、来年1月9日にスイスのチューリッヒで行われる表彰式で発表される。 <span style="font-weight:700;">◆FIFA男子最優秀監督賞最終候補者3名</span> <span style="font-weight:700;">クラウディオ・ラニエリ</span>(レスター・シティ/イタリア) <span style="font-weight:700;">フェルナンド・サントス</span>(ポルトガル/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">ジネディーヌ・ジダン</span>(レアル・マドリー/フランス) <span style="font-weight:700;">◆FIFA女子最優秀監督賞最終候補者3名</span> <span style="font-weight:700;">ジル・エリス</span>(アメリカ/アメリカ) <span style="font-weight:700;">シルビア・ネイド</span>(ドイツ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ピア・スンドハーゲ</span>(スウェーデン/スウェーデン) <span style="font-weight:700;">◆プスカシュ賞</span> <span style="font-weight:700;">マルロン</span>(コリンチャンス/ブラジル) <span style="font-weight:700;">ダニウスカ・ロドリゲス</span>(ベネズエラ女子/ベネズエラ) <span style="font-weight:700;">モハド・ファイズ・サブリ</span>(ペナンFA/マレーシア) 2016.12.03 01:16 Sat
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表、ユーロ優勝直後にC・ロナウドが行った感動的スピーチを公開 「息子に誓って言える。人生で最も幸せな日」

ポルトガルサッカー連盟が18日、同代表チームのユーロ2016優勝直後に、FWクリスティアーノ・ロナウドが行ったスピーチの映像を公開した。<br><br>今夏にユーロ初優勝を果たしたポルトガル代表だが、それはこれまで数々の栄冠を手にしてきたC・ロナウドにとっても、格別な出来事だったようだ。<br><br>ポルトガルサッカー連盟はこのほど、ユーロ決勝フランス戦直後のロッカールームで、C・ロナウドがコーチ陣、選手たちを前にして行ったスピーチを公開。上半身裸のC・ロナウドは、感極まった様子で次のように語っている。<br><br>「まず、ここにいるこの男(フェルナンド・サントス監督)に感謝をしたい。彼がいなければ、何も達成することはできなかっただろう。次に全選手とコーチ陣、この優勝にかかわったすべての人たちに感謝をするよ。ポルトガルの優勝なんて誰も信じていなかったけど、僕たちはやり遂げたんだ」<br><br>「人生で最も幸せな一日だ。個人タイトルやチャンピオンズリーグでもなく、この瞬間こそ人生で最も幸せなんだよ。3~4回泣いてしまって、兄弟から落ち着けと言われたが、『ウーゴ、そんなことは無理だよ』と答えた。本当に、心の底から、自分の息子に誓って言える。人生で最も幸せな日だ。うれしくて、うれしくて、うれしくて、うれしくて&hellip;、そう100回繰り返すことができる。これこそが僕に欠けていたトロフィーで、本当に皆のおかげだよ。僕たちは初のユーロ優勝で、ポルトガルの歴史の仲間入りを果たしたんだ」<br><br>スピーチを終えたC・ロナウドは、全員から喝采を浴びていた。<br><br><br>提供:goal.com 2016.11.19 21:55 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース