超ワールドサッカー

ネイマール、プレミアでのプレーに前向き? 「ペップやモウリーニョ率いるチームは誰もがプレーしたい」2017.03.21 06:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール(25)は、将来的にプレミアリーグでのプレーを希望しているようだ。同選手がイギリス『サン』のインタビューで語った。

▽今シーズンのバルセロナでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスに勝るとも劣らない輝きを披露しているネイマール。その世界的メガクラックには、先月に2億ユーロ(約240億円)の契約解除金を満額支払う準備を進めていると報じられたマンチェスター・ユナイテッドなど、プレミアリーグのビッグクラブが獲得に関心を示している。

▽そして、今後の去就に注目が集まるネイマールは、プレミアリーグでのプレーに関心があることを素直に認めている。

「プレミアリーグは、僕を驚かせるリーグだ。それに、プレースタイルや所属しているチームも気に入っているんだ。そして、ハッキリしたことはわからないけど、そこでプレーしたいという気持ちはあるよ」

「個人的にマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、リバプールといったクラブに敬意を抱いているよ。彼らは常に覇権を争ってきた」

「そして、プレミアリーグにはモウリーニョやグアルディオラといった優れた多くの監督がいる。彼らはどんなプレーヤーもその下でプレーしたいと思わせる監督たちだよ」

「同様にプレミアリーグにおいては、どのチームが勝つか、どこがチャンピオンになるか、決して想像できない。それは常にサプライズを提供してくれる。レスターはその最も良い見本だね」

「彼らは昨年素晴らしいシーズンを過ごしたし、プレミアリーグのチャンピオンだった。だから、仮に僕らがチャンピオンズリーグで対戦することになれば、敬意を表す必要があると思っているよ」

▽現在、バルセロナと2021年までの契約を結んでいるネイマールだが、今後数年以内にプレミアリーグでプレーする可能性も十分にありそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

イニエスタ、そ径部のケガでダービー欠場か

▽バルセロナは29日、敵地コルネジャで行われるリーガエスパニョーラ第35節でエスパニョールとの“バルセロナ・ダービー”に臨む。だが、キャプテンのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタがこの一戦を欠場する可能性があるようだ。同クラブの公式サイトが伝えている。 ▽前節、オサスナに7-1の大勝を収め暫定首位の座をキープしたバルセロナは、リーガ3連覇に向けて残り4試合での全勝が求められる。その残り試合で最大の関門と目されるのが、難所コルネジャで行われる今回のダービーだ。 ▽だが、ダービーの前日会見に出席したルイス・エンリケ監督は、そ径部の痛みで前日練習を欠席したイニエスタの出場が微妙であることを明かしている。 「彼をチームに含めることができるかどうか、明日まで様子をみなければいけない」 ▽その一方で、同指揮官は3試合の出場停止が明けるブラジル代表FWネイマールについては、「準備はできている」と出場にゴーサインを出した。 ▽また、ルイス・エンリケ監督は、シーズン終盤においてすべての試合が重要であると語った一方、やはりダービーは「特別な試合」と、敵地でのエスパニョール撃破に意気込んでいる。 「明日の試合はダービーだ。どれほど難しい試合になるか、我々は分かっている。すべてのアウェイゲームが難しい。特にエスパニョールはね。しかし、我々は自分たちのクオリティーを使って相手を攻略したい」 「ダービーは特別な試合だ。今はシーズン終盤で全試合が重要だ。我々は勝ち点3を必要としている。それがダービーであることはプラスアルファだね」 2017.04.29 02:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第35節プレビュー】今季順位争いで重要度増す2つのダービー

▽ミッドウィークに行われた第34節では、豊富な選手層を武器に激戦となった“エル・クラシコ”から中2日の過密日程を制した首位バルセロナと2位レアル・マドリーの2強が揃って勝利し、優勝争いは激しさを増す。また、好調の3位アトレティコ・マドリーが5位ビジャレアルとの上位対決に敗れ、同節勝利した4位セビージャと勝ち点で並ばれた。そのほか、ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いでは6位ビルバオ、7位ソシエダのバスク2強に後れを取った8位エイバルの逆転が厳しくなった。 ▽クラシコから中2日のオサスナ戦をFWメッシ、MFアンドレ・ゴメス、FWパコ・アルカセルのドブレテに加え、MFマスチェラーノの移籍後初ゴールで大勝したバルセロナ(勝ち点78)は、一部主力を温存しつつ暫定首位キープに成功。迎えた今節は、9位エスパニョール(勝ち点50)との“バルセロナ・ダービー”に臨む。今回は難所コルネジャでの難しいダービーとなるが、3連覇を目指すバルセロナにとってダービーでの勝ち点3獲得は必須だ。幸い、3試合の出場停止明けが明けるFWネイマール、オサスナ戦で温存されたFWスアレス、MFイニエスタ、後半半ばに途中交代でピッチを退いたFWメッシが休養十分で臨める点は大きなアドバンテージだ。対するエスパニョールは、既に勝ち点50を獲得して残留を決めたうえ、EL出場権獲得の可能性は低く、ダービー勝利というモチベーション以外にこの試合へ懸けるものがない。また、直近のリーグ戦5試合で複数得点がなく得点力不足に陥っており、この試合でも守備的なゲームプランの採用が濃厚だ。バルセロナとしては休養十分の“MSN”の爆発がダービー勝利のカギを握るはずだ。 ▽ダービーでのバルセロナの取りこぼしを期待しつつ首位再浮上のチャンスを窺う2位レアル・マドリー(勝ち点78)は、複数の主力を温存したデポルティボ戦を6-1の大勝で飾り、クラシコからのバウンスバックに成功。迎える今節は、12位バレンシア(勝ち点40)をホームで迎え撃つ。今節に向けてはデポルティボ戦で温存したエースFWクリスティアーノ・ロナウド、FWベンゼマに加え、クラシコで退場し、追加処分も噂されたDFセルヒオ・ラモスも1試合の停止で済んだため、この試合での復帰が濃厚だ。また、対戦相手のバレンシアは前回対戦で1-2の敗戦を喫したタフな相手だが、直近2試合で連敗を喫しているうえ、その2試合で合計5失点を喫しており、レアル・マドリーの攻撃力であれば、十分に攻略は可能だ。その一方で懸念材料は、来週ミッドウィークにアトレティコとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグを控えている点だ。仮に、CLに気持ちが傾けば、FWザザやFWナニなど質の高いタレントを擁するバレンシアに苦杯を舐める可能性は十分にある。 ▽レアル・マドリーと同様のジレンマを抱えているのが、前節公式戦の無敗記録が12試合でストップした3位アトレティコ(勝ち点68)。ビジャレアルとの堅守対決を落としたことで、CLストレートインを争うセビージャに勝ち点で並ばれ、取りこぼしが許されない状況だ。その一方で、宿敵と同様に悲願のCL制覇に向けて来週ミッドウィークに重要な初戦を控えており、できれば一部主力を温存したいところ。右サイドバックやMFカラスコなど、負傷者に悩まされているシメオネ監督は、13位ラス・パルマスとのアウェイゲームでいかなるメンバーをピッチに送り出すか。 ▽一時の不調を脱した感のある4位セビージャ(勝ち点68)は直近4試合を3勝1分けの好成績で終え、一時は絶望と見られたCLストレートインに向けてアトレティコを猛追。ただ、残り試合でソシエダ、レアル・マドリーとの対戦を残しており、依然として厳しい立場に立たされているのも事実だ。勝ち点3奪取が求められる今節は、14位マラガとのアンダルシア自治州ダービーに臨む。前回対戦では4-1で圧勝している相手だが、直近5試合で4勝1敗と好調を継続するマラガは、バルセロナを破るなど、侮れない存在。一度乗ったら止められない守護神カメニ、直近5試合で5ゴール中のFWサンドロ・ラミレスという攻守の軸に仕事をさせない展開に持って行きたい。 ▽5位ビジャレアル(勝ち点60)、6位ビルバオ(勝ち点59)、7位ソシエダ(勝ち点58)の熾烈なEL出場権争いでは、ビルバオがEL準決勝1stレグ、マンチェスター・ユナイテッド戦を控える11位セルタとの比較的楽な試合を戦う一方、ビジャレアルは18位スポルティング・ヒホン(勝ち点24)、ソシエダが19位グラナダ(勝ち点20)と、前節降格が決定したオサスナに続き残り2枠となった降格の危機を迎える崖っぷちの2チームとの難しい対戦を控える。とりわけ、今節での勝利が最低条件のグラナダは決死の覚悟で臨むはずだ。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第35節》 ▽4/28(金) 《27:45》 ビジャレアル vs スポルティング・ヒホン ▽4/29(土) 《20:00》 ソシエダ vs グラナダ 《23:15》 レアル・マドリー vs バレンシア 《25:30》 ラス・パルマス vs アトレティコ・マドリー 《27:45》 エスパニョール vs バルセロナ ▽4/30(日) 《19:00》 オサスナ vs デポルティボ 《23:15》 ベティス vs アラベス 《25:30》 エイバル vs レガネス 《27:45》 セルタ vs ビルバオ ▽5/1(月) 《28:00》 マラガ vs セビージャ</div> 2017.04.28 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシが唯一ユニフォーム交換を求めた人物とは?

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが今までユニフォーム交換を求めたのは一度だけのようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽サッカー界では試合終了後、互いの健闘を称え合い、選手同士がユニフォームを交換する慣習がある。必ずというわけではないが、選手たちがピッチなどでユニフォームを交換する光景を見る機会は少なくない。 ▽しかし、バルセロナのエースであるメッシはキャリアを通じて、自身から1度だけユニフォーム交換を願い出たことがあるという。その人物について次のように明かした。 「僕はユニフォーム交換を頼まないんだ。アルゼンチンの選手がいるなら、その選手と交換する。そうでなければ、交換を頼まれた選手とする。それがなければ、交換する人を探さないし、お願いもしないよ」 「ただ、一度だけお願いしたことがあるんだ。(ジネディーヌ・)ジダンだよ」 2017.04.28 18:26 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、コロンビアの新星D・サンチェスを今夏獲得か

▽バルセロナがアヤックスのコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(20)の獲得に動いているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽2014年にアトレティコ・ナシオナルでプロデビューしたばかりのD・サンチェスは今シーズン、同クラブからアヤックスに加入した。移籍初年度ながらも、今季のエールディビジで31試合に出場し、センターバックながら5得点2アシストを記録するなど、急速に評価を高めている。 ▽そんな同選手を、500万ユーロ(現在のレートで約6億円)程度で獲得したアヤックス。『Cadena SER』によると、アヤックスはD・サンチェスに対して、2500万ユーロ(約30億円)の移籍金を設定したとみられている。 ▽伝えられるところによれば、バルセロナは今季終了後にクラブを去る可能性があるとみられる元フランス代表DFジェレミー・マテューの後釜として、同選手に注目しているようだ。 ▽昨夏にもD・サンチェスに関心を持っていたとされているバルセロナは、今夏こそ獲得を実現させようとしているもようで、アヤックスを納得させる移籍金を用意して、引き入れを目指すようだ。 2017.04.27 22:54 Thu
twitterfacebook
thumb

マスチェラーノにPKを譲ったのはピケ...ラキティッチが「“会長”の言ったことだから」と明かす

PKによりバルセロナ移籍後7年でついに初得点を記録したアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノだが、その背景にはある選手の助言があったようだ。MFイヴァン・ラキティッチが明かしている。<br><br>マスチェラーノは26日のリーガエスパニョーラ第34節オサスナ戦(7-1)で、PKを沈めてチームの6点目を記録。同選手にとっては、うれしい移籍後初得点となった。<br><br>MFデニス・スアレスがペナルティエリア内でオサスナDFに倒されPKが宣告された際に、真っ先にマスチェラーノにキッカーを務めさせるように進言したのはDFジェラール・ピケだったという。ラキティッチが打ち明けている。<br><br>「僕はあのPKを蹴りたかったんだ。でも、ジェラールが僕にマスチェラーノに譲るようにと言ってきた。僕らの&ldquo;会長&rdquo;が言うことだからね、尊重しなければいけない(笑) スタジアムの全員がそれを望んでいたわけだから、彼の言っていることは正しかったよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 22:29 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース