ネイマール、プレミアでのプレーに前向き? 「ペップやモウリーニョ率いるチームは誰もがプレーしたい」2017.03.21 06:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール(25)は、将来的にプレミアリーグでのプレーを希望しているようだ。同選手がイギリス『サン』のインタビューで語った。

▽今シーズンのバルセロナでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスに勝るとも劣らない輝きを披露しているネイマール。その世界的メガクラックには、先月に2億ユーロ(約240億円)の契約解除金を満額支払う準備を進めていると報じられたマンチェスター・ユナイテッドなど、プレミアリーグのビッグクラブが獲得に関心を示している。

▽そして、今後の去就に注目が集まるネイマールは、プレミアリーグでのプレーに関心があることを素直に認めている。

「プレミアリーグは、僕を驚かせるリーグだ。それに、プレースタイルや所属しているチームも気に入っているんだ。そして、ハッキリしたことはわからないけど、そこでプレーしたいという気持ちはあるよ」

「個人的にマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、リバプールといったクラブに敬意を抱いているよ。彼らは常に覇権を争ってきた」

「そして、プレミアリーグにはモウリーニョやグアルディオラといった優れた多くの監督がいる。彼らはどんなプレーヤーもその下でプレーしたいと思わせる監督たちだよ」

「同様にプレミアリーグにおいては、どのチームが勝つか、どこがチャンピオンになるか、決して想像できない。それは常にサプライズを提供してくれる。レスターはその最も良い見本だね」

「彼らは昨年素晴らしいシーズンを過ごしたし、プレミアリーグのチャンピオンだった。だから、仮に僕らがチャンピオンズリーグで対戦することになれば、敬意を表す必要があると思っているよ」

▽現在、バルセロナと2021年までの契約を結んでいるネイマールだが、今後数年以内にプレミアリーグでプレーする可能性も十分にありそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナが契約違反でネイマールを訴える! 12億円の賠償求める

▽バルセロナは22日、パリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したブラジル代表FWネイマール(25)に対して、契約違反を理由に訴訟を起こすことを発表した。クラブ公式サイトで声明文を発表した。 ▽バルセロナは今月11日、王立スペインサッカー連盟とバルセロナの社会裁判所に対して、クラブとの契約違反を起こしたネイマールを相手取って訴訟の申し立てを行った。そして、現在はフランスサッカー連盟と国際サッカー連盟(FIFA)がその申し立てを引き継ぐ形になったという。 ▽バルセロナは今回の訴訟で、昨年の契約延長サイン時、ネイマール側に支払った契約延長ボーナスの返還を求めるとともに、賠償金として850万ユーロ(約11億円)を要求。さらに、返還の遅れを理由に追加で10パーセント(約1億円)を支払うように要求しているという。また、ネイマール自身が支払い不可能な場合に備えて、PSG側に前述の金額を肩代わりするように求めている。 ▽また、バルセロナは2021年までの契約延長にサインしながらも、その数カ月後に一方的な契約の打ち切りを行ったネイマールに対して、クラブの利益を守るために今回の訴訟に踏み切ったと説明。さらに、今回の訴訟は管轄機関の下、適切な手続きの後、プレーヤー側との弁証法的な論争なしに行われると伝えている。 ▽今夏、2億2200万ユーロ(約287億円)といわれる巨額の契約解除金を支払ったPSGに電撃移籍を果たしたネイマールだが、移籍後に契約延長ボーナスとして設定されていた2600万ユーロ(約33億4000万円)を支払わない意向を発表したバルセロナを痛烈に批判。FIFAへの訴えも辞さない覚悟を示していたが、電撃移籍に加えて、契約延長ボーナスの支払いを求める強気な姿勢が古巣の逆鱗に触れた格好となった。 2017.08.23 00:23 Wed
twitterfacebook
thumb

O・デンベレ、ドルトムントを無視

▽ドルトムントのフランス代表MFウスマーヌ・デンベレ(20)が、クラブからの呼びかけを無視しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽今夏、バルセロナからの熱視線を浴びるO・デンベレ。バルセロナ移籍を叶えたい同選手だが、1億5000万ユーロ(約193億円)を求めるドルトムントが1億3000万ユーロ(約167億円)のオファーも拒み、ここまで移籍は実現していない。 ▽『マルカ』によれば、O・デンベレの代理人を務めるムサ・シッソコ氏が同選手に入れ知恵したようだ。ムサ・シッソコ氏は、ドルトムントから連絡がかかってくるO・デンベレに携帯電話を遮断させ、練習場に近づかないように指示したとのことだ。 ▽一方で、これ以上事を荒げるようであれば、周囲からのイメージを悪くし、同選手が熱望するバルセロナ移籍も上手くいかないのではないかと、同メディアは推測している。果たしてO・デンベレの移籍問題はどのような決着をみるのだろうか。 2017.08.22 16:29 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、コウチーニョ獲得から撤退へ

▽バルセロナは、リバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)から手を引くようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今夏、パリ・サンジェルマンに契約解除金2億2200万ユーロ(約285億円)でFWネイマールを引き抜かれたバルセロナは、その後釜としてコウチーニョの獲得を目指していることが伝えられてきた。報道によれば、バルセロナはこれまで3度にわたってリバプールにオファーを提示。しかし、そのいずれも拒絶されている。 ▽『スカイ・スポーツ』のジャーナリストであるギジェム・バラゲ氏によれば、3度目のオファーは1億1800万ポンド(約166億円)もの高額だった模様だが、リバプールはこれを拒否し売却不可能であることを主張しているようだ。 ▽バラグ氏は、「リバプールを信用するならバルセロナはコウチーニョを獲得できない。他のターゲット獲得に動かないといけない」と主張。「最終オファーの返答期限は日曜日の午後7時だった。受け入れられていなければバルサは撤退するだろう」とし、バルセロナがコウチーニョ獲得交渉から手を引く見込みとの見解を示した。 2017.08.22 11:08 Tue
twitterfacebook
thumb

ディーニュの勇気ある行動!! バルセロナのテロ事件を受けて現場でケガ人の応急手当実施

▽バルセロナのフランス代表DFリュカ・ディーニュが、正義感の強さを見せて各国メディアで話題となっている。スペイン『マルカ』などが報じた。 ▽今月17日、スペイン北東部バルセロナとカンブリスの2都市で連続テロ事件が発生。15名がなくなり、100人以上が負傷したとされており、最新の情報では実行犯は射殺されたと報じられている。 ▽『マルカ』によると、ディーニュは事件が発生した近くにあるカタルーニャ広場の傍に自宅があるようで、事件時も現場の近くにいた模様。テロ発生後、ディーニュは現場に駆け付け、負傷者に応急処置を行ったようだ。 ▽事件後と言うこともありテロの再発も懸念される中だったが、ディーニュは救急隊が駆け付けるまで救護活動を実施していたようだ。 ▽なお、レアル・マドリー寄りとされる『マルカ』は「あの日の午後、この街に多くのヒーローが現れた。ディーニュもその一人だった」と、ディーニュの勇気ある行動を称えた。 2017.08.22 10:12 Tue
twitterfacebook
thumb

生きる伝説イニエスタ、バルサ退団の可能性を示唆

▽バルセロナのレジェンドであるスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(33)がクラブ退団の可能性を示唆した。スペイン『エル・パイス』のインタビュー内で明かした。 ▽バルセロナユース出身のイニエスタは、2002年のトップチームデビューからバルセロナ一筋で活躍。これまでに8度のリーガエスパニョーラ、4度のチャンピオンズリーグ獲得などに主力として貢献してきた。しかし、昨シーズンはレギュラーを確保した2004-05シーズン以降でリーグ戦出場が最も少なく、23試合となっており、スポーツ面での絶対的な存在ではなくなりつつある。 ▽イニエスタは、『エル・パイス』のインタビュー内で今シーズン限りとなっている契約に関して、新契約のサインが未定であることを明かし、自身の将来について考慮していると述べた。 「正直、まだ契約を更新していないんだ。3年前には決して想像できなかったシナリオもあり、僕自身も経験のない様々な感情を感じてきた。普通のことだけどね。以前には考えもしなかった将来について考えるようになったとも言える」 ▽生え抜きのMFチャビ・エルナンデスがクラブを去り、次代のクラブの顔となるはずだったFWネイマールも今夏に引き抜かれたバルセロナ。仮に主将のイニエスタが今夏に退団することになれば、ファンにとっては非常に残念なニュースとなってしまうだろう。 2017.08.21 20:37 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース