アザールがふくらはぎのケガで10~15日の離脱…ベルギー代表指揮官が明かす2017.03.21 06:04 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、ふくらはぎのケガで10~15日の離脱を強いられるようだ。ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督が明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、アザールは19日に行われたプレミアリーグ第29節のストーク・シティ戦の前日練習でふくらはぎを負傷、この影響で同試合を欠場していた。

▽現在、アザールは25日にロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でギリシャ代表を、28日に国際親善試合のロシア代表戦に臨むベルギー代表に招集中だが、マルティネス監督によると、いずれの試合も欠場することになるようだ。

「エデンはストーク戦の前に負傷した。幸い、今回のケガは深刻なものではない」

「ただ、ギリシャ戦では起用できない。チームを引っ張ることができないことは、エデンにとって大きな失望だろう。ただ、我々が良いチームでいるためには全てを受け入れる必要があり、彼の不在は我々にとって良いテストになるはずだ」

▽なお、アザールは今後も代表のメディカルスタッフとチェルシーのメディカルスタッフの下で経過観察を行っていく予定だが、4月1日に予定されるプレミアリーグ第30節のクリスタル・パレス戦には間に合わない可能性があるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

マドリーは憧れだけど…、アザール「今も心は青一色」

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(26)がスタンフォード・ブリッジのファンに忠誠を誓った。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽「ジダンの下でプレーするのが夢」など、以前から将来的なレアル・マドリー移籍を連想させるコメントでファンの不安を駆り立ててきたアザール。レアル・マドリー側もアザールに関心を寄せているとされ、今後の動きに注目が集まっている。 ▽しかし、フランス『Canal+』のインタビューに応じたアザールは、レアル・マドリー行きについて次のように言及。改めてレアル・マドリーに対する憧れを明かしたものの、「今も心は青一色」と現状に満足感を示している 。 「ずっとこのクラブとうまくやってきて、まだ契約が2年ある。僕の中に去りたい願望が芽生えてきたらそうするけど、今も心は青一色さ」 「確かにレアル・マドリーは憧れだけど、今の僕はチェルシーの選手。毎年のように僕の話が飛び交っているけど、僕はここにいる」 2017.11.23 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

グループ突破の喜びよりも…コンテは不平等な日程を批判「他の監督にも声を上げてもらいたい」

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、プレミアリーグの日程へ苦言を呈した。<br><br>22日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節でチェルシーは敵地でカラバフと対戦。21分にアザールがPKを決め先制すると、その後ウィリアンが2ゴールを挙げるなど、敵地で4-0の勝利を飾った。この結果、チェルシーはグループ2位以上を確定させ、決勝トーナメント進出を決めている。<br><br>試合後、コンテ監督は「チームは良いプレーを見せてくれた。選手たちは困難な状況でも常に全力で戦っているので、彼らのコーチを務められてととも幸せだ。我々は本当に良いチームだ」と敵地での大勝に満足を示した。<br><br>ローマやアトレティコ・マドリーと同居する厳しいグループを勝ち抜いたコンテ監督だが、その喜びよりも不公平な日程への不満が強いようだ。カラバフ戦の前から日程が平等ではないと口にしていた同指揮官だが、試合後も「誰もが知っているようにイングランドリーグでこのような良くないことが起きるのは2回目だ」と苦言を呈している。<br><br>コンテ監督のいう&ldquo;1度目&rdquo;は、9月30日のマンチェスター・シティ戦。アウェイでのアトレティコ戦の後、中2日でビッグマッチに挑んだチェルシーだが、一方のシティは、ホームでのシャフタール・ドネツク戦の後、中3日で試合に臨んだ。結果は、マンチェスター・Cが1-0で勝利している。<br><br>そして、チェルシーはこのカラバフ戦後、中2日で敵地でのリバプール戦に臨む。この試合も前回と同様に、相手よりも短い準備期間かつ長距離移動の後にビッグマッチを迎えることは不公平だと、コンテ監督は主張している。<br><br>「6チームによるタイトル争いが繰り広げられている。1カ月半の間にこのようなことが起きるのは適切ではない。この後、我々は5時間半の移動を経て、1日の休養後にリヴァプール戦の準備を始める。これはマンチェスター・C戦と同様にビッグゲームだ。言い訳や文句を言うつもりはないが、これが現実だ」<br><br>さらに、「他の監督にも声を上げてもらいたい。それにメディアもこのことをもっと強調すれば良いと思う。これは明らかにおかしなことだ」と今後も不平等な日程が続く限り、平等なスケジュールを求めて訴え続けたいと話している。<br><br>提供:goal.com 2017.11.23 08:40 Thu
twitterfacebook
thumb

PK2発とウィリアン2Gでチェルシーがカラバフをアウェイで粉砕!決勝T進出へ《CL》

▽チェルシーは22日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第5節でカラバフとアウェイで対戦し、4-0で勝利した。この結果チェルシーの決勝トーナメント進出が決定した。 ▽勝てばグループステージ突破が決まる2位のチェルシーは前節のローマ戦では0-3と完敗。だが、その後のプレミアリーグでは強敵マンチェスター・ユナイテッドを撃破し、翌節のWBA戦も4-0で快勝した。ローマでの敗戦を乗り越えたブルーズは今節、自力での決勝トーナメント進出に向けて直近のWBA戦から4選手を変更。ここ2戦出番がなかったD・ルイスが先発復帰したほか、リュディガー、ペドロ、ウィリアンがスタメンで起用された。 ▽ファーストシュートはチェルシー。ペドロのパスを受けたセスクがボックス手前からグラウンダーのシュートで狙ったがGKの正面。守備でもキャプテンマークを巻いたアスピリクエタが沈着な守りを見せ未然にピンチを防ぐ。 ▽だが、ザッパコスタがボックス手前でボールを奪われると、マダトフにシュートを放たれる。ここはアスピリクエタがスライディングでブロック。さらにその直後の14分、カラバフの巧みなパス回しからマダトフにクロスバー直撃のシュートを浴びせられる。 ▽6-0で大勝した第1節の時のような展開を見せられないチェルシーは18分のウィリアンのシュートもアザールの背中に当たってしまいなかなかチャンスを作れない。そんな中迎えた20分、アザールのスルーパスに抜け出したウィリアンがボックス内でサジゴフに倒されPKを獲得。さらにサジゴフは一発退場になってしまった。 ▽厳しい判定だったが、アザールがこのPKを決めてチェルシーが先制、やや劣勢のムードから幸運な形でアウェイのチェルシーがリードを奪った。30分にはアスピリクエタのクロスからアザールがヘディングシュートを放つが、GKシェヒッチが難なくキャッチ。 ▽36分、チェルシーは追加点を挙げる。セスク起点のパスをゴール前でペドロ、ウィリアン、アザールと縦に繋ぎ、アザールのヒールでの折り返しを受けたウィリアンがゴール右に流し込んで2点目を挙げた。 ▽迎えた後半、カンテの縦パスを受けたアザールがボックス左からファーサイドを狙ったシュートでチャンスを迎えるがGKシェヒッチのファインセーブに阻まれゴールには至らない。64分のこのシュートまでほとんどシュートらしいシュートが打てていなかったチェルシーは直後にアザールを下げてモラタを投入。攻撃的な姿勢を強めた。 ▽モラタは投入直後の68分に、リュディガーのパスから絶好機を迎えるが、丁寧にゴールを狙ったシュートは左に逸れてしまった。すると72分、相手のクリアボールを拾ったウィリアンがドリブルでペナルティエリアに侵攻すると、カラバフ選手が袖を引っ張ったとしてチェルシーが2度目のPKを獲得。今度はこれをセスクが沈めて、欲しかった3点目を奪った。 ▽試合を決定づけたチェルシーは75分に、カンテを下げてドリンクウォーターを起用し主力の温存に努めた。85分にもウィリアンが単騎突破から見事なミドルシュートを決めて4点目を追加し試合終了。敵地で4-0で快勝したチェルシーが一足先にグループステージ突破を決めた。 2017.11.23 03:50 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ「イングランドは日程を見直す必要がある」過密で不平等なスケジュールに苦言

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、プレミアリーグの日程を見直すべきと考えているようだ。<br><br>昨シーズンのプレミアリーグ王者のチェルシーは、22日にチャンピオンズリーグのカラバフと対戦した後、中2日で敵地で行われるリバプールとのビッグマッチを控える。2012年5月にチェルシーがビッグイヤーを獲得したのを最後にイングランドのクラブがファイナルにすら辿り着いていない原因は日程によるものだとコンテ監督は感じているようだ。<br><br>カラバフ戦前の会見で、コンテ監督は「我々は3試合おきに試合を戦っているから、ローテーションを使うのが妥当だ。だから両方の試合でベストの決断を下さなければならない。私は全選手を信頼し、自分の判断は間違いないと思っている」とチャンピオンズリーグとプレミアリーグで選手を入れ替えることを認めた。<br><br>続けて「チェルシーだけのことではない。チャンピオンズリーグに出場しているチームにも言えることだ。イングランドはこの過密すぎる日程を理解し、見直すように努力する必要があると思う」とスケジュールを変更するよう訴えかけている。<br><br>また、勝利すれば決勝トーナメント進出が決定するカラバフ戦について「非常に重要な一戦だ。(最終節の)アトレティコ・マドリー戦を前に突破を決めてしまいたい」と意気込みを語った。<br><br>さらに、週末のビッグマッチに向けて「土曜日にリヴァプールと対戦する。しかし、彼らは今日(21日)に試合があって我々は明日(22日)だ。このようなシチュエーションはマンチェスター・シティ戦以来2回目で、休んだり回復したりする時間もない」と日程が不平等だと苦言。<br><br>「このような状況ではマンチェスター・シティをとらえることはかなり困難だ。結果に対して言い訳するつもりはないが、これが現実だ」と早くもプレミアリーグ連覇に白旗を振っている。<br><br>提供:goal.com 2017.11.22 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

パストーレ、どこに行く? セビージャも獲得レースに名乗り

▽パリ・サンジェルマン(PSG)で将来が不透明な状況に陥るアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(28)にリーガエスパニョーラ挑戦の可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽2011年にパレルモからPSG入りしたパストーレ。だが、近年は度重なる故障や、ブラジル代表FWネイマールら有力なタレントの加入に伴い、定期的な出場機会を確保できず、PSGの放出リストに名が挙がっているとみられている。 ▽そのアルゼンチンのファンタジスタを巡っては現在、バレルモ時代に慣れ親しんだセリエAのユベントスやインテルの興味が伝えられるほか、プレミアリーグのチェルシーやリバプールも後に続いているという。 ▽だが、その獲得レースにリーガエスパニョーラからもセビージャが参戦の意向を示している模様。伝えられるところによれば、セビージャは2000万ユーロ(26億3000万円)で獲得できると自信を深めているようだ。 2017.11.22 13:25 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース