アザールがふくらはぎのケガで10~15日の離脱…ベルギー代表指揮官が明かす2017.03.21 06:04 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、ふくらはぎのケガで10~15日の離脱を強いられるようだ。ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督が明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、アザールは19日に行われたプレミアリーグ第29節のストーク・シティ戦の前日練習でふくらはぎを負傷、この影響で同試合を欠場していた。

▽現在、アザールは25日にロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でギリシャ代表を、28日に国際親善試合のロシア代表戦に臨むベルギー代表に招集中だが、マルティネス監督によると、いずれの試合も欠場することになるようだ。

「エデンはストーク戦の前に負傷した。幸い、今回のケガは深刻なものではない」

「ただ、ギリシャ戦では起用できない。チームを引っ張ることができないことは、エデンにとって大きな失望だろう。ただ、我々が良いチームでいるためには全てを受け入れる必要があり、彼の不在は我々にとって良いテストになるはずだ」

▽なお、アザールは今後も代表のメディカルスタッフとチェルシーのメディカルスタッフの下で経過観察を行っていく予定だが、4月1日に予定されるプレミアリーグ第30節のクリスタル・パレス戦には間に合わない可能性があるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトで3戦5発バチュアイ、チェルシーでの苦境に言及「ゴール、ベンチ、ゴール、ベンチ…」

ベルギー代表FWのミヒ―・バチュアイはドルトムントに加入してからの公式戦3試合で5ゴールを挙げている。申し分ない決定力を示すストライカーは、ベルギー『スポルツァ』で、所属元のチェルシーでの苦しい状況について言及した。<br><br>2016年夏にマルセイユからチェルシーへと渡ったバチュアイはイングランドでは53試合に出場し19ゴールをマーク。だが、プレミアリーグでは1年半で出場した32試合(7ゴール)のうち先発は4試合とアントニオ・コンテ監督の信頼を勝ち取ることができなかった。<br><br>そして、この冬に買い取りオプションなしのレンタルといった格好でドルトムントに送り出されたバチュアイは、新天地ではチームの3連勝に大きく貢献。2ゴールで逆転勝利(3-2)の立役者となった15日のアタランタ戦後、『スポルツァ』に対して次のようなコメントを残した。<br><br>「チェルシーでは良い日々を過ごせなかったね。ここではチームメイトやファンたちに好感触を得ている。素晴らしい形で迎えられたね。ドルトムントで自信を加えるのは良いことだと思う」<br><br>「ベンチに座り、(出場して)ゴールを決め、ベンチに座り、またゴールを決めても最終的にはベンチに座るのはとても難しい。若い選手は成長するために、たくさんプレーすることが必要なのでね。ここではみんなに信頼され、完璧だよ」<br><br>「コンテ監督はアタランタ戦でのプレーを見たと思うか」と問われると笑いながら「分からないよ」と返すバチュアイ。「彼らはプレミアリーグに集中しており、来週にはチャンピオンズリーグでの(バルセロナとの)大事な試合に臨む。彼らにとってうまくいくことを祈っているよ」と恨み節を口にすることはなかった。<br><br>大きな目標はベルギー代表としてのロシア・ワールドカップ(W杯)への出場となる24歳のFWだが、「赤い悪魔(ベルギー代表チームの愛称)にはたくさんの優れたアタッカーがいるのでね。僕を含めて、誰もがW杯に出たがっている。なので、(ロベルト・マルティネス)監督にアピールしなければね」と意気込みを示している。<br><br>ドルトムントで最高な形のスタートを切ったバチュアイ。ゴールを決める度、完全移籍での獲得に向けた交渉は難しくなると考えられるが、現時点においてはドルトムントにとっても選手にとってもウィン・ウィンの関係と言えるだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 23:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ戦を控えるチェルシー、撃破経験のある控えGKが明かす秘策とは…

20日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでバルセロナとの対戦を控えるチェルシー。GKウィリー・カバジェロは、ラ・リーガでプレー経験がある選手が多くいることがバルセロナ攻略に有利に働くと明かした。<br><br>16日に行われたFAカップ5回戦ハル・シティ戦でPKを止めるなどの活躍をしたカバジェロ。バルセロナ戦ではベンチスタートが有力だが、マンチェスター・シティ所属時にはバルセロナに勝利した経験のあるベテランGKは試合後に次のように語った。<br><br>「メッシは予想不可能だ。テレビで試合を見ているとコメンテーターは『彼はこうするだろう』と言うかもしれない。しかし、彼は人が思うよりも早く、上手く、より予測不能にプレーするんだ。彼をコントロールするのは非常に大変だと思うよ。それはゴールキーパーだけの話ではない。チーム全体の話だ。どのようにプレーするかを決めるのは監督だけどね。でもバルセロナでプレー経験のあるペドロ(ロドリゲス)、セスク(ファブレガス)がいるから、彼らのスタイルについては多くを話し合う必要はないだろう」<br><br>「ラ・リーガでプレー経験のある選手はバルセロナについて十分過ぎるほど知っている。選手や監督が入れ替わるというのは関係ないんだ。彼らのスタイルは常に同じだ。それは彼らを攻略する方法も同じだと言うことだ。火曜日はベンチにいることになるだろうけど、バルセロナを倒す方法を伝えることはできると思うよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 20:24 Sat
twitterfacebook
thumb

ケイヒル「胸が張り裂けるような思い」メイソンの引退を受け心境を吐露

チェルシーのDFガリー・ケイヒルは、頭蓋骨骨折の影響で早期引退を余儀なくされたライアン・メイソンに向けてメッセージを綴った。<br><br>昨年1月のチェルシー対ハル・シティ戦でケイヒルと衝突したメイソンは頭蓋骨骨折の重傷を負う。その後、13カ月に渡り復帰を目指してトレーニングに励んできたメイソンだったが、13日に現役から退くことを決意。16日に行われたFAカップ5回戦でメイソンの古巣ハル・シティと対戦したケイヒルは、マッチプログラムで胸の内を綴っている。<br><br>「今週にライアン・メイソンがプロフットボーラーとしてのキャリアを終えたことを聞いて大きなショックを受けている。若くして引退を決意することは想像できないほどのことだ。このニュースを耳にした時は胸が張り裂けるような思いだった」<br><br>「ライアンはとても良いヤツで、イングランド代表で一緒にトレーニングを積んだ仲だ。浮いたボールの競り合いでは度々起きることだが、まさかこのような結末を迎えるとは予想だにしなかった。想像以上に重大なことが起きてしまった結果で、健康を考えた上で最善の決断だったと思う」<br><br>「ライアンと彼の家族のこれからのことを祈っている。人生で一番重要なことは健康で、次にどのような道に進もうと彼なら必ず成功できると僕は信じている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 15:28 Sat
twitterfacebook
thumb

世界トップGKクルトワの鬼練習公開! 超反応はこうやって養う

▽チェルシーが、正守護神であるベルギー代表GKティボー・クルトワの練習動画をクラブツイッターで公開した。 ▽若くしてその才能が高く評価されていたクルトワは、2011年のチェルシー移籍後に加入したアトレティコ・マドリーでの活躍で世界トップGKに。2014-15シーズンにチェルシー復帰後も正守護神としてプレーし続けており、25歳ながら世界屈指のGKと認知されている。 ▽そのクルトワが行っている“特別な練習”が公開された。それは高速で飛んでくるピンポン球をキャッチし続けるシンプルなもの。しかし、よく見るとクルトワの足もとには3つの箱があり、どうやら飛んでくる卓球の球の色に応じて素早く箱に入れているようだ。 ▽色を判断して瞬時に箱に入れて次のボールを再び処理しなければならないため、レスポンスだけでなく頭の回転力も必要になるトレーニング。近代フットボールではボール処理後の反撃の起点としてのパス出しの役割もGKは担う必要があるため、このようなトレーニングが能力向上に役立つかもしれない。 ▽GKとしてプレーしている方や指導者の方など、興味のある方はのぞいてみてほしい。 2018.02.17 15:26 Sat
twitterfacebook
thumb

主力温存もジルーの移籍後初弾やウィリアンの2発でチェルシー快勝! バルサ戦に弾み《FAカップ》

▽チェルシーは16日、FAカップ5回戦でハル・シティを本拠地スタンフォード・ブリッジに迎え、4-0で快勝した。 ▽4回戦でニューカッスルに3-0と快勝したチェルシーは、直近のプレミアリーグ第27節WBA戦を3-0と快勝し、リーグ戦での連敗を2で止めた。悪い流れを断ち切った中、4日後にバルセロナとのチャンピオンズリーグを控えるチェルシーは、アザールやGKクルトワ、カンテにアスピリクエタといった主力を招集外とした。 ▽チャンピオンシップで21位に沈むハルに対し、ジルーを最前線にウィリアンとペドロをシャドーに配し、左サイドに移籍後初先発となるエメルソン・パルミエリを起用したチェルシーは、開始2分に先制する。ジルーが敵陣でボールを奪ってルーズとなると、これを拾ったウィリアンが侵攻。ボックス手前右から左足でゴール左へシュートを蹴り込んだ。 ▽続く8分、ショートコーナーからセスクがGKを強襲するシュートを浴びせると、14分にもジルーがボレーシュートを浴びせて追加点に迫っていく。すると27分、セスクのダイレクトスルーパスに反応したペドロがディフェンスライン裏を取って独走。GKとの一対一を制して追加点を奪った。 ▽さらに32分、ジルーが敵陣でボールを奪ってルーズとなると、これをウィリアンが拾い、ボックス手前からミドルシュート。このシュートがゴール右に決まって3-0とした。 ▽そして42分、この冬に加入した2選手によってゴールが生まれる。左サイドをエメルソン・パルミエリが突破してゴールライン際からマイナスに折り返すと、ニアのジルーがダイレクトで合わせてネットを揺らした。 ▽後半からペドロをお役御免としてハドソン=オドイを投入したチェルシーは、開始4分にセスクがPKを献上してしまう。しかし、キッカーのメイラーのシュートをGKカバジェロが完璧に読み切ってセーブし、失点を許さない。 ▽余裕のチェルシーはセスクも下げて若手MFのカイル・スコットを投入。さらにジルーも下げてモラタを投入した。終盤、ドリンクウォーターやウィリアンのミドルシュートで5点目に迫ったチェルシーが危なげなく試合をクローズ。準々決勝に進出し、バルセロナ戦に弾みを付けている。 2018.02.17 06:58 Sat
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース