アザールがふくらはぎのケガで10~15日の離脱…ベルギー代表指揮官が明かす2017.03.21 06:04 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、ふくらはぎのケガで10~15日の離脱を強いられるようだ。ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督が明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、アザールは19日に行われたプレミアリーグ第29節のストーク・シティ戦の前日練習でふくらはぎを負傷、この影響で同試合を欠場していた。

▽現在、アザールは25日にロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でギリシャ代表を、28日に国際親善試合のロシア代表戦に臨むベルギー代表に招集中だが、マルティネス監督によると、いずれの試合も欠場することになるようだ。

「エデンはストーク戦の前に負傷した。幸い、今回のケガは深刻なものではない」

「ただ、ギリシャ戦では起用できない。チームを引っ張ることができないことは、エデンにとって大きな失望だろう。ただ、我々が良いチームでいるためには全てを受け入れる必要があり、彼の不在は我々にとって良いテストになるはずだ」

▽なお、アザールは今後も代表のメディカルスタッフとチェルシーのメディカルスタッフの下で経過観察を行っていく予定だが、4月1日に予定されるプレミアリーグ第30節のクリスタル・パレス戦には間に合わない可能性があるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

EFLカップ4回戦の対戦カードが決定!! 前回王者のユナイテッドはスウォンジーと対戦!!《EFLカップ》

▽20日にEFLカップ3回戦の全日程が終了し、4回戦の対戦カードが決定した。 ▽前回王者のユナイテッドは3回戦でバートンと対戦し4-1と快勝して4回戦進出が決定。その4回戦では、レディングに2-0で勝利したスウォンジーとの対戦となる。 ▽その他、昨季のプレミアリーグ王者であるチェルシーは、今夏に大型補強を行ったエバートンと対戦。その他のプレミアリーグ勢同士の対戦はトッテナムとウェストハムの一戦となっている。 ▽EFLカップ4回戦は10月23日に開催予定となっている。その他の対戦カードは以下の通り。 ◆EFLカップ4回戦 トッテナム vs ウェストハム ブリストル vs クリスタル・パレス スウォンジー vs マンチェスター・ユナイテッド アーセナル vs ノリッジ チェルシー vs エバートン マンチェスター・シティ vs ウォルバーハンプトン レスター・シティ vs リーズ ボーンマス vs ミドルズブラ 2017.09.21 08:35 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルが3部相手に辛勝! チェルシーはバチュアイ3発で2部相手に快勝! ロンドン勢が順当に4回戦へ《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)3回戦、アーセナルvsドンカスター・ローバーズが20日に行われ、1-0で勝利したアーセナルが4回戦進出を決めた。 ▽前節、チェルシーとの壮絶な“ビッグロンドン・ダービー”をゴールレスドローで終えたアーセナルは、今季のEFLカップ初戦となるリーグ1(イングランド3部)所属のドンカスター戦に向けてダービーからスタメン全員を変更。GKオスピナやサンチェス、ジルー、ウィルシャー、ウォルコットらと共に17歳の逸材MFネルソンがトップチームデビューを飾った。 ▽立ち上がりにウォルコットの一対一、ジルーの豪快なクロスバー直撃のバイシクルシュートなど、格下相手に押し込むアーセナルだが、粘り強い相手の守備を崩し切れない。 ▽それでも、攻勢を続けるホームチームは25分、バイタルエリア左でボールを持ったサンチェスから絶妙なフィードがボックス右に走り込むウォルコットに通ると、ウォルコットはGKとの一対一を冷静に制した。 ▽前半を1点リードで終えたアーセナルは、後半立ち上がりにチャンバースに代えて若手DFダ・シルバを投入し、ネルソンに続いてデビューさせる。だが、前半に引き続き最後の場面で決め切れないアーセナルは、なかなか試合を決定付ける追加点を奪えない。 ▽逆に、前がかりなところを相手のカウンターで突かれるが、ダ・シルバが快足を活かしたカバーリングで防ぐなど、失点を許さない。 ▽その後、イウォビ、ウィルロックをピッチに送り出して試合を締めにかかるアーセナルだが、試合終盤にかけてはなりふり構わずに仕掛けてくる相手の攻撃に晒される。後半アディショナルタイムにはセットプレーからクロスバー直撃のヘディングシュートを許すなど、最後までバタついたホームチームだが、何とか1-0で逃げ切った。3部相手に辛勝のアーセナルが4回戦進出を決めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170921_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、同日行われたチェルシーvsノッティンガム・フォレストは、5-1で勝利したチェルシーが4回戦進出を決めた。 ▽前節、アーセナルとのダービーを引き分け公式戦の連勝が4試合でストップしたチェルシーは、チャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム戦に向けてその試合からケイヒルとセスクを除く9人を変更。アザールが今季初先発を飾ったほか、GKカバジェロがデビューを飾り、ケネディやムソンダがリュディガー、ザッパコスタの新加入選手と共にピッチに立った。 ▽立ち上がりから相手を押し込むチェルシーは12分、右サイドを攻め上がったリュディガーからのクロスをボックス左に走り込んだケネディが冷静なトラップからニアに蹴り込み、早々にゴールをこじ開ける。 ▽これで完全に勢いづいたチェルシーは18分、ボックス手前中央のアザールの縦パスに抜け出したバチュアイが冷静に蹴り込み、追加点を奪取。さらに前半終了間際の40分にはボックス右でセスクから短いパスを受けたムソンダがファーポストに低い弾道の強烈なシュートを突き刺し、前半のうちに試合を決めた。 ▽後半に入っても攻撃の手を緩めないチェルシーは52分、セスクのロングフィードに抜け出したアザールがそのままボックス内に持ち込みGKとDFを引き付けてフリーのバチュアイにプレゼントパス。これをバチュアイが難なく流し込む。 ▽その後、アンパドゥ、クラーク・ソルター、スターリングと期待の若手をトップチームデビューさせたチェルシーは、85分にはケネディのシュートの跳ね返りをバチュアイが泥臭く押し込んでハットトリック達成。試合終了間際にはノッティンガムに一矢報いるゴールを許すも、5-1の大勝で4回戦進出を決めた。 2017.09.21 06:56 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: チェルシー 0-0 アーセナル《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第5節、チェルシーvsアーセナルが17日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-0で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170917_32_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 6.0 17分のラカゼットのゴール至近距離からのシュートを止めた DF 28 アスピリクエタ 6.0 ミスのないポジショニングでピンチの芽を摘む 30 D・ルイス 5.5 ラカゼットをしっかり監視も終盤に不用意な退場 24 ケイヒル 6.0 出場停止明け。セーフティーなプレーを続けた MF 15 モーゼス 5.5 コラシナツにやや押される 4 セスク 5.5 高精度パスで1度決定機演出 7 カンテ 6.0 ボールホルダーへの鋭い寄せは健在 3 マルコス・アロンソ 5.5 ベジェリンとのスペイン人マッチアップでやや劣勢だった FW 22 ウィリアン 5.0 チャンスを作れず (→アザール 6.0) 1度、らしいドリブルシュートを見せた 9 モラタ 5.5 ボールをよく受けていたが、ムスタフィの密着マークに苦戦して起点になれず (→A・クリステンセン -) 11 ペドロ 5.5 21分のGKとの一対一を決めたかった。負傷により前半のみのプレー (→バカヨコ 5.5) 特に目立った働きはなし 監督 コンテ 5.5 内容では劣勢。勝ち点1でも仕方なし ▽アーセナル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170917_33_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 33 チェフ 6.0 21分のペドロとの一対一を止める DF 6 コシエルニー 6.5 右センターバックでもいつも通りの安定感 20 ムスタフィ 6.5 いつもの右ではなくセンターで安定した出来。モラタを封じた 18 モンレアル 5.0 やや雑なプレーが目立った MF 24 ベジェリン 6.0 前半に2度好機を演出 8 ラムジー 6.0 41分に持ち味の前線への絡みで決定機を演出 29 ジャカ 6.0 持ち味のミドルシュートでゴールに迫る。守備面も及第点 31 コラシナツ 6.0 ダイナミックな動きで主導権を握る FW 17 イウォビ 5.5 もう少しバイタルエリアでボールに絡みたい (→エルネニー -) 9 ラカゼット 5.0 1度決定機に絡んだが、ダビド・ルイスに消された (→サンチェス 5.5) まだまだ本調子ではないものの、一定の存在感 23 ウェルベック 5.0 16分のヘディングシュートは決めたかった (→ジルー 5.0) 特に目立ったプレーはなし 監督 ヴェンゲル 6.0 ソリッドな守備でチェルシー相手に優勢だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ムスタフィ(アーセナル) ▽3バックの中央で守備の要となった。マッチアップしたモラタにほぼ仕事をさせず、無失点ドローに貢献。 チェルシー 0-0 アーセナル 2017.09.17 23:28 Sun
twitterfacebook
thumb

白熱のビッグロンドン・ダービーは譲らずゴールレスドロー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第5節、チェルシーvsアーセナルが17日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-0で引き分けた。 ▽前節レスター・シティ戦を2-1と勝利して3連勝としたチェルシーは、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のカラバフ戦を6-0と大勝。好調なチームはカラバフ戦のスタメンから4選手を変更。モラタやダビド・ルイス、モーゼスに出場停止明けのケイヒルが先発に戻った。 ▽対するアーセナルは前節のボーンマス戦を3-0と勝利し、連敗を2で止めた。そして、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のケルン戦では3-1と逆転勝利。そのケルン戦のスタメンから大幅に7選手を変更。コシエルニーやラカゼット、GKチェフらが先発に戻った一方、サンチェスがベンチスタートとなってエジルが負傷欠場となった。 ▽共にインテンシティ高く入ったダービー。互いに受け身に回らずほぼ互角の攻防で立ち上がった中、最初に決定機を迎えたのはアーセナルだった。16分、ベジェリンの右クロスからウェルベックがヘディングシュート。しかし、枠の左に外れた。続く17分にもボックス右深くまでえぐったベジェリンの折り返したクロスをラカゼットが合わせるも、シュートはGKクルトワの好セーブに阻まれた。 ▽その後、コラシナツのミドルシュートでGKクルトワを強襲されたチェルシーだったが、21分に最初の決定機。セスクのスルーパスに抜け出したペドロがGKチェフと一対一に。しかし、シュートは止められてしまった。 ▽前半半ば以降も主導権争いが続く中、アーセナルは32分にジャカのミドルシュートでチェルシーゴールに迫ると、敵陣でのプレー時間を増やしていく。すると、41分に決定機。ラムジーがドリブルで持ち上がってボックス内に侵入し、右ポスト直撃のシュートを浴びせた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、チェルシーは負傷したペドロに代えてバカヨコをセンターハーフに投入。セスクをシャドーの位置に上げた。そのチェルシーは47分にウィリアンが枠内シュートを浴びせるも、前半同様に主導権争いが続いた。 ▽互角の攻防で推移する中、66分にアーセナルが動く。ラカゼットに代えてサンチェスを投入した。対するチェルシーもウィリアンに代えてアザールを投入し、勝負に出た。 ▽すると75分、アーセナルはFKからムスタフィがヘディングでネットを揺らすもオフサイドに阻まれてノーゴールに。対するチェルシーは79分に決定機。アザールがドリブルで切れ込み、ボックス手前左から右足を振り抜く。しかし、枠を捉えていたシュートはGKチェフにキャッチされた。 ▽終盤にかけても拮抗した攻防が続く中、87分にチェルシーにアクシデント。D・ルイスの持ち上がりが大きくなり、コラシナツを足ごとスパイクしてしまった。10人となったチェルシーはモラタを下げてA・クリステンセンを投入。引き分けで良しとすると、そのまま白熱のダービーはゴールレス決着となって勝ち点1を分け合った。 2017.09.17 23:27 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルとのダービーに意気込むバカヨコ、「負けられない重要な試合」

▽チェルシーは17日、スタンフォード・ブリッジで行われるプレミアリーグ第5節でアーセナルとのビッグロンドン・ダービーに臨む。フランス代表MFティエムエ・バカヨコは、先日のトッテナム戦に続くダービーマッチ勝利に向けて意気込みを見せた。クラブ公式が伝えている。 ▽バカヨコは、シーズン直前のFAコミュニティー・シールドで敗れたアーセナルとの再戦に向けて以下のようなコメントを残している。 「クラブ間のライバル意識はアーセナルよりもトッテナムの方が強いと思う。トッテナム戦では勝利を収めてファンを笑顔にできた。チームにとっては大きなことだったね」 「今はアーセナルとの対戦を心待ちにしていているよ。トッテナムほどのライバル関係はないけど、これも負けられない重要な試合だ。だからこそ、チームは正しい結果を残せるよう、ピッチで努力しなければいけない」 ▽また、今夏モナコから加入したばかりのバカヨコだが、ダービーの重要性を十分に理解しているようだ。 「ダービーマッチはファンにとって大きな意味を持つ。チームの関係者も目の色が変わるし、これがまさにロンドンに住むということなんだ」 「だけどプレーヤーは試合に集中するだけだ。ここまでは良い形でスタートを切れたし、今回はホームでの試合だ。負けるわけにはいかないし、ピッチの上のことだけを考えているよ」 2017.09.17 17:34 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース