アザールがふくらはぎのケガで10~15日の離脱…ベルギー代表指揮官が明かす2017.03.21 06:04 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、ふくらはぎのケガで10~15日の離脱を強いられるようだ。ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督が明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、アザールは19日に行われたプレミアリーグ第29節のストーク・シティ戦の前日練習でふくらはぎを負傷、この影響で同試合を欠場していた。

▽現在、アザールは25日にロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でギリシャ代表を、28日に国際親善試合のロシア代表戦に臨むベルギー代表に招集中だが、マルティネス監督によると、いずれの試合も欠場することになるようだ。

「エデンはストーク戦の前に負傷した。幸い、今回のケガは深刻なものではない」

「ただ、ギリシャ戦では起用できない。チームを引っ張ることができないことは、エデンにとって大きな失望だろう。ただ、我々が良いチームでいるためには全てを受け入れる必要があり、彼の不在は我々にとって良いテストになるはずだ」

▽なお、アザールは今後も代表のメディカルスタッフとチェルシーのメディカルスタッフの下で経過観察を行っていく予定だが、4月1日に予定されるプレミアリーグ第30節のクリスタル・パレス戦には間に合わない可能性があるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

昇格組ブライトン、チェルシーからU-20イングランド代表FWブラウンを獲得!

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは25日、チェルシーからU-20イングランド代表FWイザイア・ブラウン(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽WBAでプロデビューを飾ったブラウンは、2013年にチェルシーに完全移籍で加入。2014-15シーズンには同クラブでプレミアデビューを果たすも、その翌シーズンにはフィテッセ、昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のロザラム、ハダースフィールドへのレンタル移籍を繰り返していた。なお、ハダースフィールドでは公式戦21試合に出場し5ゴールを挙げ、同クラブのプレミアリーグ昇格に貢献していた。 ▽また、セカンドトップを主戦場に2列目の複数ポジションをこなす多彩なアタッカーは、イングランドの世代別代表の常連でもある。 2017.07.26 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

コンテとのタッグを熱望したモラタ、念願のチェルシー移籍に「運命が僕らを結びつけた」

今夏チェルシーに移籍したFWアルバロ・モラタは、アントニオ・コンテ監督の下でプレーすることは&ldquo;運命&rdquo;だったと語っている。<br><br>モラタは先週、レアル・マドリーからチェルシーにクラブ史上最高額の7000万ポンド(約101億円)で移籍。新シーズンから9番をつけてスタンフォード・ブリッジでプレーすることが決まっている。<br><br>2014年にモラタは、当時ユベントスを率いていたコンテ監督の誘いでイタリアに渡ったものの、直後に同指揮官が退団。そのため、モラタはコンテ監督の下でプレーする機会には恵まれなかった。以前、同指揮官の下でのプレーを熱望すると明かしていたスペイン代表FWは、このチャンスを手に入れたことに興奮しているようだ。<br><br>モラタは、クラブの公式サイトで「過去にアントニオが僕の獲得を望んでいたことを知っているし、僕もアントニオの下でプレーしたいと思っていた。そしてついに運命が僕たちを結び付けたと思っている。彼とチェルシーのためにプレーすることを待ちきれない」と移籍した心境を語り、以下のように続けている。<br><br>「彼が2014年にイタリア代表指揮官になってしまった時は失望していた。その後ユベントスで良いシーズンを過ごせたけれど、彼の下でのプレーを強く望んでいた。彼は多くの戦術を採用しているが、そのシステムでどのようにプレーすれば良いか理解している」<br><br>「これは完璧なシチュエーションだ。プレミアリーグでプレーする決断をして、アントニオのチームでプレーできる。今はチームのためにハードワークを続け、得点を挙げ、良いプレーをすることが必要だ。ここには良い選手が多くいて、特別な1年になると信じている。僕たちはレアル・マドリーやバルセロナが相手でも勝利できると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 23:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ミュラーの2Gなど3得点を奪ったバイエルンがチェルシーを下し今大会初勝利!!《ICC2017》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・シンガポールラウンドのチェルシーvsバイエルンが25日にナショナル・スタジアムで行われ、3-2でバイエルンが勝利した。 ▽チェルシーにとって今大会初戦となったこの試合。お馴染みの[3-4-3]の布陣を採用し、GKクルトワ、3バックにはアスピリクエタ、ケイヒル、A・クリステンセンが入った。中盤のウイングバックにはモーゼスとマルコス・アロンソ、セントラルMFはカンテとセスクが務めた。前線にはボガ、ウィリアン、バチュアイが起用された。注目の補強となったモラタはベンチスタート。バカヨコは招集外となった。 ▽一方、中国ラウンドで既にアーセナルとミランと対戦しているバイエルンは、[3-5-2]のフォーメーションを採用。GKシュターケに、ディフェンスラインはフンメルス、ラフィーニャ、フリードルが固めた。中盤の5人はハビ・マルティネス、トリッソ、リベリ、レナト・サンチェス、ハメス・ロドリゲスが並び、2トップにはミュラーとレヴァンドフスキが入った。 ▽試合はここまで全敗のバイエルンがあっさり先制する。6分、ボックス手前右の位置でボールを持ったラフィーニャが、そこから思い切りよくミドルシュートを放つ。相手DFを微妙に掠めたシュートは、左ポストに跳ね返りゴールへ吸い込まれた。 ▽幸先良く先制したバイエルンはその6分後、簡単に2点目をあげる。ドリブルでボックス左に侵入したリベリがファーサイドにクロスを供給。すると、そこにタイミング良く入ってきたミュラーがボレーで合わせネットを揺らした。 ▽圧倒的にバイエルンの流れの中、26分にも追加点が生まれる。ミュラーがハーフウェイライン付近でボールを奪うと、カウンター気味にそのままドリブルでペナルティアーク手前まで運ぶ。チェックが弱いとみるやそこからシュートを選択。うまくコースを突いたシュートは、GKクルトワも触れることができず、前半だけで3点をもぎ取った。 ▽予期せず3失点を喫してしまったチェルシーも前半のうちに1点を返す。前半アディショナルタイムに入った48分、ボックス右深くまで攻め込んだモーゼスがグラウンダーのクロス。このボールにゴール前で誰も触れず、ファーサイドのマルコス・アロンソの下へ。マルコス・アロンソはこれをダイレクトシュート。得意の左足から放たれたシュートは強烈な勢いでネットに突き刺さった。 ▽迎えた後半、均衡した試合展開の中でチェルシーは63分に注目の新戦力モラタをボガに代えて投入。少しずつ流れを引き戻そうとするチェルシーは72分、セスクのロングパスからバチュアイが落とし、最後はウィリアンがシュート。しかし、ミートしきれなかったシュートはゴールの上を越えていった。同じく72分、A・クリステンセンに代わって入ったダビド・ルイスがボックス手前中央からミドルシュートを狙うが、相手に当たり枠を外れる。 ▽試合も終盤に入った85分、チェルシーが1点差に詰め寄る。左CKの場面でキッカーのセスクがクロスを入れると、ゴール前のバチュアイが押し込んで2点目をもたらした。 ▽チェルシーは3点目を狙いに攻勢に出たが、試合はこのまま終了。前半だけで3点を奪ったバイエルンがそのまま逃げ切りに成功し、3-2のスコアで今大会初勝利を収めた。 2017.07.25 22:58 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ファン・ダイク獲得を諦めず!! 今夏の予算を上回るもオファー準備へ

▽チェルシーがサウサンプトンのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(26)の獲得に向けたオファーを準備しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽ファン・ダイクは今夏の移籍市場でリバプール加入に迫っていると言われた。しかしリバプールが、クラブとの交渉を行う以前にファン・ダイクに接触したことを受けてサウサンプトン側が激怒。リバプール側は事態の鎮静化を図るべく、公式声明でファン・ダイクへのアプローチを行わないことを発表した。 ▽ファン・ダイクの去就は落ち着きを見せたかに思われたが、マウリシオ・ペジェグリーノ監督は同選手が移籍を志願していることを公表。現在、サウサンプトンはプレシーズンツアーを行っているが、ファン・ダイクはチームから外れて調整を行っている。 ▽『ミラー』によると、そこに目を受けたチェルシーがファン・ダイク獲得に向けてアプローチを行う準備を進めているという。 ▽チェルシーは今夏の移籍市場で1億5000万ポンド(217億7300万円)と言われている莫大な予算を準備していた。すでにスペイン代表FWアルバロ・モラタ、フランス代表MFティエムエ・バカヨコ、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーを獲得しており、1億2900万ポンド(約186億8600万円)を費やしている。 ▽これまでの報道では、チェルシーは残りの資金でユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロ、インテルのイタリア代表MFアントニオ・カンドレーバのどちらかを獲得したいと考えていたようだ。 ▽しかしファン・ダイクが市場に出ていることを察知したチェルシーは、アレックス・サンドロとカンドレーバの調査を続けながらもファン・ダイク獲得に向けた資金調達を行っているようだ。 ▽なお、ファン・ダイクに対してリバプールは6000万ポンド(約86億9100万円)のオファーを提示したと言われているが、サウサンプトン側はこれを拒否している。そのためチェルシーはそれ以上のオファーが必要となるだろうと言われている。また、ファン・ダイクに関しては以前からマンチェスター・シティも獲得に興味を示しており、今後は争奪戦となる可能性が高い。 2017.07.25 10:43 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル戦で脳震とうのペドロ、骨折が判明も長期離脱は免れる

▽チェルシーのスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスが複数個所の骨折を追っていたようだ。アントニオ・コンテ監督がチェルシー公式サイト上で明らかにした。 ▽ペドロは22日に中国で行われたアーセナルとのプレシーズンマッチに出場。コロンビア代表GKダビド・オスピナと交錯し、途中交代を余儀なくされていた。 ▽当時、イギリス『BBC』が報じたところによればペドロはそのまま病院に搬送された模様。脳震とうと診断され、チェルシーは経過観察のためにロンドンに戻ることを明かしていた。 ▽コンテ監督は24日、ペドロについて最新の状況を報告。新たに骨折が判明したことを明かした。 「思ったよりもひどい状況だ。脳震とうだけだと思っていたが、実際にはヒビが入っていたよ。ただ、マスクを付けることになるが、10日間ほどで復帰できるようだ」 ▽またコンテ監督は、接触したオスピナのプレーについても言及。フットボールでは起こりうるものだったとしている。 「彼を非難することはない。選手だったからこそ分かるが、ああいう衝突は起こりうる。オスピナはボールに行っていた」 2017.07.25 09:10 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース