アザールがふくらはぎのケガで10~15日の離脱…ベルギー代表指揮官が明かす2017.03.21 06:04 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、ふくらはぎのケガで10~15日の離脱を強いられるようだ。ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督が明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、アザールは19日に行われたプレミアリーグ第29節のストーク・シティ戦の前日練習でふくらはぎを負傷、この影響で同試合を欠場していた。

▽現在、アザールは25日にロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でギリシャ代表を、28日に国際親善試合のロシア代表戦に臨むベルギー代表に招集中だが、マルティネス監督によると、いずれの試合も欠場することになるようだ。

「エデンはストーク戦の前に負傷した。幸い、今回のケガは深刻なものではない」

「ただ、ギリシャ戦では起用できない。チームを引っ張ることができないことは、エデンにとって大きな失望だろう。ただ、我々が良いチームでいるためには全てを受け入れる必要があり、彼の不在は我々にとって良いテストになるはずだ」

▽なお、アザールは今後も代表のメディカルスタッフとチェルシーのメディカルスタッフの下で経過観察を行っていく予定だが、4月1日に予定されるプレミアリーグ第30節のクリスタル・パレス戦には間に合わない可能性があるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月20日は、8年前“幻のゴール”で判定に泣かされた世界屈指のセンターハーフ

◆フランク・ランパード 【Profile】 国籍:イングランド 現役時代所属チーム:ウェストハム、チェルシー、マンチェスター・シティ etc 誕生日:1978年6月20日 ポジション:MF 身長:184㎝ 体重:88㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月20日は、元イングランド代表のMFフランク・ランパード氏だ。 ▽1995年にウェストハムでプロキャリアをスタートさせたランパード氏は、スウォンジー・シティへのレンタル移籍を経験しながら成長。1999年にはイングランド代表に初招集された。2001年にチェルシーへ移籍すると、すぐさまレギュラーの座を獲得。世界屈指のセンターハーフとして3度のプレミア制覇、チャンピオンズリーグ優勝に貢献した。チェルシーの黄金期を築いた同氏は、マンチェスター・シティとニューヨーク・シティでプレーした後、2017年2月に現役を引退。新シーズンからはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属するダービー・カウンティの監督を務めることが決定している。 ▽ランパード氏は、現在行われているW杯にドイツ大会から3度出場。その中でも印象に強い出来事の一つが2010年に行われた南アフリカW杯での“幻のゴール"だろう。決勝トーナメント1回戦のドイツ戦、1点リードされて迎えた前半38分にランパード氏の放ったボックス手前からのシュートがバーに直撃。そのままボールは下に落ち、ゴールラインを越えたかに見えたが、ゴールが認められず。結局イングランドは1-4で敗れた。 ▽不運に見舞われたランパード氏は「4万人(の観客)がゴールだと分かり、それが分からなかった人が2人いた」と主審と副審を遠回しに批判し、科学的に判断するための「ゴールライン・テクノロジー(GLT)」導入に賛同した。その出来事から4年後、ブラジル大会で初めてGLTが導入。そして今大会では、スタジアム外で常に数台のモニターで試合を監視するリプレーオペレーター4人と、主審がモニターで映像を観ながらプレーを確認できる「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」を初導入。今大会ではすでに両システムが活躍し、誤審の減少や判定の精度向上に役立っている。きっと今大会であればランパード氏のあのシュートはゴールと認められていただろう。しかし、あの不運がなければ、現在GLTもVARも使われていなかったかもしれない…。 ※誕生日が同じ主な著名人 ハビエル・パストーレ(サッカー選手/パリ・サンジェルマン) アスミル・ベゴビッチ(サッカー選手/チェルシー) 椎橋慧也(サッカー選手/ベガルタ仙台) 富田晋伍(サッカー選手/ベガルタ仙台) 本山雅志(サッカー選手/ギラヴァンツ北九州) 内村莉彩(アイドル/SUPER☆GiRLS) 水野由結(アイドル/元さくら学院・BABYMETAL) May J.(歌手) 相武紗季(女優) 鬼龍院翔(ミュージシャン/ゴールデンボンバー) 2018.06.20 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、“モウの教え子”ウィリアン獲得へ約87億円を準備か

▽マンチェスター・ユナイテッドがチェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアン(29)の獲得に向け、オファーを提示する準備を進めているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽右ウイングの獲得を目指すユナイテッドは現在、ジョゼ・モウリーニョ監督の教え子であるウィリアンを最優先候補として獲得を熱望。5月には同選手の代理人と事前交渉を行ったことがイギリスメディアによって伝えられている。 ▽今回『デイリー・メール』が伝えるところによると、ユナイテッドは今夏での獲得に向けて6000万ポンド(約87億9000万円)を提示する準備を進めている模様。2020年までチェルシーとの契約を残しているウィリアンに対して長らく関心を抱いてきたユナイテッドだが、2015-16シーズン以来のモウリーニョ監督との再タッグは実現するのだろうか…。 2018.06.18 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

PSG、フランス代表MFカンテ獲得に123億円準備か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)獲得を画策しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽伝えられているところでは、PSGはカンテ獲得に9000万ポンド(約123億円)を準備。昨年の夏にバルセロナからブラジル代表FWネイマールを2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億円)で獲得したPSGは、プレミアリーグで一貫してハイレベルなパフォーマンスを続けるカンテを“銀河系軍団”の一員に迎えたいと考えているという。 ▽また、5月初めにもフランス『beIN Sports』のテレビ番組に出演したPSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペが、「PSGに加えたい選手は? 」という問いに「カンテのようなプレーヤーを連れて来られれば最高」と返答。ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む代表チームの同僚としてのみでなく、クラブレベルでの競演を希望していた。 ▽また、ビッグオファーを連発しているPSGが悩まされていたファイナンシャル・フェアプレー(FFP)についても、欧州サッカー連盟(UEFA)が13日に処分内容を開示。PSGは監視こそ継続されるものの、処分そのものは下されないことが明らかにされていた。 ▽2015-16シーズンにレスターの奇跡の優勝の立役者となり、2016-17シーズンには移籍先のチェルシーでプレミアリーグ優勝の原動力となったカンテ。チェルシー移籍のタイミングでPSGからの誘いを固辞したことが報じられていたが、5位でフィニッシュしチャンピオンズリーグ(CL)出場権を失った2017-18シーズンを振り返り、心変わりをすることはあるのだろうか。 2018.06.17 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、グリーリッシュ獲得に関心か

▽トッテナムがアストン・ビラに所属するイングランド人MFジャック・グリーリッシュ(22)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽アストン・ビラのアカデミー出身である攻撃的MFのグリーリッシュは、16歳でトップチーム昇格を果たした将来を嘱望されるタレント。ピッチ外での問題行為が目立つ一方、ピッチ内では卓越したテクニックと創造性を発揮するイングランドでは珍しいファンタジスタタイプのチャンスメーカーだ。今季は腎臓の問題でシーズン序盤戦を棒に振るも、チャンピオンシップ(イングランド2部)で27試合に出場し3ゴール5アシストを記録した。 ▽なお、クラブ売却が伝えられるビラの窮状を察知したトッテナムは、ビラが3000万ポンド(約44億3000万円)を望んでいるグリーリッシュに対して、1500万ポンド(約22億1500万円)のオファーを掲示したようだ。 ▽ただ、グリーリッシュに関してはチェルシーも関心を示しており、より好条件のオファーと共に来シーズンはレンタルという形でビラに残留させるという魅力的な提案で逸材確保を目指しているようだ。 2018.06.14 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

二転三転するチェルシー監督人事…コンテ残留の可能性も?

▽チェルシーは来季の指揮官探しに迷走しているようだ。 ▽2017-18シーズンの成績不振やクラブ上層部との関係悪化から、アントニオ・コンテ監督の退任が確実視されてきた。これまでその代役として、元バルセロナ監督のルイス・エンリケ氏やチェルシーOBでもあるフルアムのスラビシャ・ヨカノビッチ監督、ナポリのマウリツィオ・サッリ前監督といった名前が挙がっていた。最近では元パリ・サンジェルマン指揮官ローラン・ブラン氏も候補に浮上するなど、一向にまとまる気配を見せていなかった。 ▽そんな中、今回『カルチョメルカート』が伝えるところによると、最も現実性に乏しかったコンテ監督の残留という選択肢がここにきて可能性を高めてきているようだ。チェルシーはコンテ監督を解任する際、多額の違約金を支払うことを渋っている模様。同様に、ロマン・アブラモビッチオーナーの第一候補としてみられているサッリ氏に関しても、ナポリとの契約が残っているため解除金を支払わなければならず、ここまで監督人事が長引いている原因になっているようだ。 ▽それでも、やはり優先されるのはサッリ氏就任のようで、ジャーナリストのマッテオ・ペドロシ氏によると、近いうちにチェルシーとサッリ氏が合意に至るところまできているという。そして、就任の際には、ユベントスのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン、ナポリのアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイ、同ポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ、同セネガル代表DFカリドゥ・クリバリら愛弟子たちの獲得を要求するようだ。 2018.06.11 13:40 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース