サー・アレックスがオールド・トラフォードのベンチに帰還! キャリック功労試合で1日限りの監督復帰2017.03.21 04:53 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドの伝説の指揮官、サー・アレックス・ファーガソン氏がオールド・トラフォードで再び“赤い悪魔"の指揮を執ることになった。ユナイテッドの公式サイトは20日、同氏が6月4日に行われる元イングランド代表MFマイケル・キャリックのテスティモニアル(功労試合)でマンチェスター・ユナイテッド08チームの監督を務めると発表した。

▽2006年にトッテナムからユナイテッドに加入以降、公式戦446試合に出場するなど、同クラブの栄光を支えてきたキャリック。クラブはキャリックのこれまでの貢献に報いるため、先日に功労試合の開催を行うことを発表していた。

▽そして、マンチェスター・ユナイテッド08チームvsマイケル・キャリック・オールスターイレブンの対戦カードとなる今回の一戦では、2013年に監督業から引退したファーガソン氏が、マンチェスター・ユナイテッド08チームの指揮を執ることになった。

▽ファーガソン氏は、今回の発表を受けて、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「マイケルに功労試合の機会が与えられることについてはうれしく思う。おそらくマンチェスター・ユナイテッドはそれができるイングランドで唯一のクラブだろう。選手はこのクラブで長くプレーしたがるものだ。ここには、少しだけプレーしたらすぐ次のクラブへ行こう、などという腰掛け気分の選手はいない。私の時代にも、ほとんどの選手が10年以上在籍していた。そういった家族的なクラブであるということは、非常に誇れることだ。選手たちにとっても、ここに根を下ろしてがんばっていこうという励みになる」

「(この功労試合で計上した寄付金について)マイケルの考えを読んだ。素晴らしいことだ。自分の成功を、自らが立ち上げたチャリティ団体に寄付するという形で分かち合おうと考えている。大変価値のあることだ」

▽また、ファーガソン氏は自身の率いることになる2007-08シーズンにプレミアリーグ、チャンピオンズリーグの2冠を達成した伝説のチームに関しても言及している。

「欧州カップ戦に勝つことはファンタスティックだ。立派な姿勢で取り組む素晴らしい選手の集まりで、非常に強いチームだった。2008年の決勝戦のときは相当悩んだ。今でも後悔しているくらいだ。私はパク・チソンをメンバーから外した。彼はそれまで非常に素晴らしい働きをしてくれていたのにだ。決勝戦では常にこのような問題に悩まされる」

▽なお、ファーガソン氏が率いるマンチェスター・ユナイテッド08チームと対戦する、マイケル・キャリック・オールスターイレブンの監督は、ウェストハム時代の恩師であるハリ・レドナップ氏が務める。また、同チームではキャリックのイングランド代表の同僚であったスティーブン・ジェラード氏やフランク・ランパード氏など、錚々たるメンバーがプレーする予定だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド移籍のサンチェス、アーセナルに感謝のメッセージ「ガナーズ全てをありがとう!」

▽マンチェスター・ユナイテッドに移籍したチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)が、アーセナルに感謝の言葉を送った。 ▽2006年に加入したウディネーゼでヨーロッパでのキャリアをスタートしたサンチェスは、バルセロナでの成功を経て2014年にアーセナルに加入。同クラブでは公式戦166試合に出場し、80ゴール46アシストを記録するなど絶対的な主力として活躍。2度のFAカップ制覇にも貢献した。しかし、今季終了までとなっていた現行契約の延長を固辞した末、22日にユナイテッドへの移籍が発表された。 ▽アーセナルを退団したサンチェスは、自身のインスタグラム(alexis_officia1)を更新。約3年半プレーした同クラブ、自身を支えてくれた全ての人に感謝を告げ、「彼らがいなければ何も成し遂げることはできなかった」とメッセージを送った。 「テクニカルスタッフ、メディカルチーム、クラブで多くの素晴らしい時を分かち合えたチームメイト、陰で支えてくれた人たちに感謝を伝えたい。毎日食事を準備してくれたり、シューズを綺麗に保ち、芝生を最高の状態に保ってくれた。彼らがいなければ何も成し遂げることはできなかった。僕らが良くなるために毎日助けてくれた。本当にありがとう」 「僕は最後までチームに貢献したいと思っていて、監督には最後までチームに残してくれるようお願いしていた。そして、100%の全力を尽くしたと言わなくてはいけなかった」 「ガナーズ全てをありがとう! 僕らが達成してきたこと、素晴らしい瞬間をクラブ、ファンに捧げたい。彼らの存在が最も重要だった。いつもAlexis Sanchez Babyを歌ってくれてありがとう!」 2018.01.23 09:48 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、サンチェスとのトレードでムヒタリアンを獲得! 「アーセナルでプレーは僕の長年の夢」

▽アーセナルは22日、マンチェスター・ユナイテッドからアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は長期とのみ記載されている。 ▽チリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)との等価トレードでアーセナルに加入したムヒタリアンは、クラブの公式サイトで移籍の喜びを語った。 「今回アーセナルとの契約を結ぶことができてとても嬉しいよ。アーセナルでプレーすることは僕の長年の夢だったんだ。僕はここでクラブの歴史に名を刻めるように最善を尽くすよ」 ▽また、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、ムヒタリアンについて以下のように語っている。 「ムヒタリアンは非常に完璧な選手だ。彼は多くのチャンスを演出するだけでなく、守備でも献身的なプレーでチームに貢献できる。私は彼がプレーヤーとして素質をすべて兼ね備えていると思っているよ」 ▽2013年にシャフタールからドルトムント入りしたムヒタリアンは、その後の3シーズンで公式戦140試合に出場。特に2015-16シーズンはハイパフォーマンスを披露し、出場52試合で23ゴール32アシストの記録した。この活躍が認められて2016年7月にユナイテッドに加入。しかし、ユナイテッドでは一貫性のあるパフォーマンスを発揮できず、ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得ることができていない状況だった。 2018.01.23 03:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、サンチェス獲得を公式発表! ムヒタリアンがアーセナル移籍で今世紀最大のトレード実現!

▽マンチェスター・ユナイテッドは22日、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)の加入を発表した。なお、サンチェス獲得の対価としてアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(29)のアーセナル移籍も併せて伝えている。 ▽なお、イギリス『デイリー・ミラー』など複数メディアが伝えるところによれば、サンチェスの背番号はユナイテッドのスーパースター伝統の「7番」となり、週給は40万ポンド(約6100万円)以上を受け取るようだ。 ▽ユナイテッドとの4年半契約にサインしたサンチェスはクラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「世界一のクラブに加入することができて本当に興奮しているよ。僕はアーセナルで素晴らしい3年半を過ごすことができた。そして、素晴らしいクラブとファンの存在によってポジティブな思い出を残しているよ」 「ただ、この歴史的なスタジアムとジョゼ・モウリーニョの下で働けるチャンスを逃すことはできなかった。同様にユナイテッドのトップチームでプレーする最初のチリ人プレーヤーになれることを誇りに思うよ」 「クラブが僕をこのクラブに連れて来たいと考えた理由を、全世界のファンに示せることを願っている」 ▽また、サンチェス獲得に成功したジョゼ・モウリーニョ監督は以下のようなコメントを残している。 「アレクシスは世界で最も優れたアタッカーの1人であり、彼の存在は我々の若く才能に溢れたアタッキングユニットを完璧なものにしてくれるはずだ」 「彼はマンチェスター・ユナイテッドのプレーヤーたちに、野心や勢い、強いパーソナリティ、クオリティをもたらしてくれるはずだ。さらにチームの強化やクラブに対するサポーターの誇りや特別感を強める存在になるだろう」 ▽また、モウリーニョ監督はサンチェスに代わってチームを去ったムヒタリアンに関して、「ヘンリクが成功と幸せを掴むことを願っている。きっと彼はうまくやるはずだ。同様に彼は我々のヨーロッパリーグ初制覇に貢献した忘れられないプレーヤーだ」 ▽2006年に加入したウディネーゼでヨーロッパでのキャリアをスタートしたサンチェスは、バルセロナでの成功を経て2014年にアーセナルに加入。同クラブでは公式戦166試合に出場し、80ゴール46アシストを記録するなど絶対的な主力として活躍。しかし、今季終了までとなっていた現行契約の延長を固辞した同選手は、プレミアリーグのライバル、ユナイテッドを新天地に選んだ。 2018.01.23 03:34 Tue
twitterfacebook
thumb

サンチェス、ユナイテッド伝統の7番着用か まもなく大型移籍実現へ

▽イギリス『デイリー・メール』は21日、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)のマンチェスター・ユナイテッド移籍に向けた動きを報じた。 ▽今冬、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(29)とのトレードでアーセナルからユナイテッドに活躍の場を移す公算が高まるサンチェス。21日にプライベートジェットでマンチェスターに向かったとの報道が飛び交っている。 ▽そのサンチェスはメディカル受診後、週給35万ポンド(約5300万円)+肖像権料10万ポンド(約1500万円)+ボーナス14万4000ポンド(約2200万円)の大型契約にサイン。あとは労働許可書の発行を待つのみで、22日にも発表されるという。 ▽なお、同日午後には、クラブオフィシャルの写真撮影に臨んだ様子。『デイリー・メール』は、ユナイテッドの伝統的な背番号である7番のユニフォームを着たチリ人ストライカーの姿を画像で紹介している。 ▽一方、アーセナル入りが有力視されるムヒタリアンにおいても、メディカルチェックが完了した模様。アーセナルは22日、ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンとの交渉を予定しているようだ。 2018.01.22 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ、ミラン、ローマ、バレンシア…ダルミアン争奪戦が激化か

▽マンチェスター・ユナイテッドでポジションを失っているイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(28)だが、同選手を求めるクラブは少なくないようだ。 ▽2015年の夏にトリノからユナイテッド入りしたダルミアンは、移籍初年度こそリーグ戦28試合に出場したが、昨シーズンはリーグ戦の出場が18試合に減少。左右のサイドバックをこなせるユーティリティ性が売りでもあるが、右サイドではDFアントニオ・バレンシア、左サイドではDFルーク・ショー、MFアシュリー・ヤングらからポジションを奪うことができず、いずれのポジションでも序列が下がっており、今シーズンのリーグ戦先発は2試合にとどまっている。 ▽そのダルミアンに関しては、ミランとバレンシアが獲得を狙っているようだが、現時点でオファーは提示していない模様。さらにユベントスも同選手の獲得に持っており、最近になってローマも関心を示しているとのことだ。ローマはレンタル移籍での獲得の望んでいるという。 ▽それぞれリーグの強豪だが、ダルミアンは移籍により再起を図ることになるのだろうか。 2018.01.21 17:14 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース