サー・アレックスがオールド・トラフォードのベンチに帰還! キャリック功労試合で1日限りの監督復帰2017.03.21 04:53 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドの伝説の指揮官、サー・アレックス・ファーガソン氏がオールド・トラフォードで再び“赤い悪魔"の指揮を執ることになった。ユナイテッドの公式サイトは20日、同氏が6月4日に行われる元イングランド代表MFマイケル・キャリックのテスティモニアル(功労試合)でマンチェスター・ユナイテッド08チームの監督を務めると発表した。

▽2006年にトッテナムからユナイテッドに加入以降、公式戦446試合に出場するなど、同クラブの栄光を支えてきたキャリック。クラブはキャリックのこれまでの貢献に報いるため、先日に功労試合の開催を行うことを発表していた。

▽そして、マンチェスター・ユナイテッド08チームvsマイケル・キャリック・オールスターイレブンの対戦カードとなる今回の一戦では、2013年に監督業から引退したファーガソン氏が、マンチェスター・ユナイテッド08チームの指揮を執ることになった。

▽ファーガソン氏は、今回の発表を受けて、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「マイケルに功労試合の機会が与えられることについてはうれしく思う。おそらくマンチェスター・ユナイテッドはそれができるイングランドで唯一のクラブだろう。選手はこのクラブで長くプレーしたがるものだ。ここには、少しだけプレーしたらすぐ次のクラブへ行こう、などという腰掛け気分の選手はいない。私の時代にも、ほとんどの選手が10年以上在籍していた。そういった家族的なクラブであるということは、非常に誇れることだ。選手たちにとっても、ここに根を下ろしてがんばっていこうという励みになる」

「(この功労試合で計上した寄付金について)マイケルの考えを読んだ。素晴らしいことだ。自分の成功を、自らが立ち上げたチャリティ団体に寄付するという形で分かち合おうと考えている。大変価値のあることだ」

▽また、ファーガソン氏は自身の率いることになる2007-08シーズンにプレミアリーグ、チャンピオンズリーグの2冠を達成した伝説のチームに関しても言及している。

「欧州カップ戦に勝つことはファンタスティックだ。立派な姿勢で取り組む素晴らしい選手の集まりで、非常に強いチームだった。2008年の決勝戦のときは相当悩んだ。今でも後悔しているくらいだ。私はパク・チソンをメンバーから外した。彼はそれまで非常に素晴らしい働きをしてくれていたのにだ。決勝戦では常にこのような問題に悩まされる」

▽なお、ファーガソン氏が率いるマンチェスター・ユナイテッド08チームと対戦する、マイケル・キャリック・オールスターイレブンの監督は、ウェストハム時代の恩師であるハリ・レドナップ氏が務める。また、同チームではキャリックのイングランド代表の同僚であったスティーブン・ジェラード氏やフランク・ランパード氏など、錚々たるメンバーがプレーする予定だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、ロッベン獲り?

▽バイエルンに所属するオランダ代表MFアリエン・ロッベン(33)にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ユナイテッドは今夏、新たなサイドアタッカーとして、インテルに所属するMFイバン・ペリシッチ獲得に向けた動きが伝えられてきた。しかし、交渉は進んでいない。 ▽そうした状況を受けて、サイドアタッカーの獲得を希望するユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、チェルシー時代の教え子であるロッベンに照準を変更したようだ。 ▽ロッベンとバイエルンの現行契約は今シーズン終了まで。『デイリー・メール』は、バイエルンが若返りを目指していることで、ロッベンの出場機会減少を指摘している。 2017.08.18 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

FIFA最優秀監督候補12名が決定! ジダン、モウリーニョらノミネート

▽国際サッカー連盟(FIFA)は17日、2016-17シーズンにおける男子最優秀監督賞候補12名を発表した。 ▽最終候補3名は、8月21日から9月7日まで行われる投票で選出。10月23日にロンドンで行われる表彰式で、2016-17シーズンの最優秀監督が発表される。 ◆最優秀監督候補 マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス) カルロ・アンチェロッティ(バイエルン) アントニオ・コンテ(チェルシー) ルイス・エンリケ(バルセロナ)※現無所属 ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ) レオナルド・ジャルディム(モナコ) ヨアヒム・レーブ(ドイツ代表) ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・ユナイテッド) マウリシオ・ポチェッティーノ(トッテナム) ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー) チッチ(ブラジル代表) ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー) 2017.08.18 11:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ファン・デル・サール氏がラッシュフォードを絶賛「驚異的なスピードと優れた技術を見せている」

元マンチェスター・ユナイテッドのGKで、現在はアヤックスのCEOを務めるエドウィン・ファン・デル・サール氏は、若手ストライカー、FWマーカス・ラッシュフォードを絶賛した。<br><br>レッド・デビルズ(マンチェスター・Uの愛称)で250試合以上出場し、数々のタイトルをもたらしたファン・デル・サール氏。昨シーズンのUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝では、自身がCEOを務めるアヤックスとマンチェスター・Uが対戦。試合後にラッシュフォードと言葉を交わしていたようだ。<br><br>「私の息子もユナイテッドのアカデミーでプレーしていて、ストックホルムで選手たちが表彰されていたとき、マーカスは『息子さんは元気ですか?』と尋ねてくれたんだ。とても素晴らしい出来事だったね。彼がチームで成功することを願っている」<br><br>ラッシュフォードに期待を寄せる同氏は、さらにこう続ける。<br><br>「彼はルイ・ファン・ハール、ジョゼ・モウリーニョのもとで、驚異的なスピードと優れた技術を見せているね」<br><br>ラッシュフォードと同期のジョー・ファン・デル・サールは現在、ADOデン・ハーグのU-21に所属している。<br><br>提供:goal.com 2017.08.18 08:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ポグバ、今季の目標はプレミアリーグのタイトル奪還「そのために戻ってきた」

マンチェスター・ユナイテッドでプレーするフランス代表MFポール・ポグバは、プレミアリーグのタイトルを獲得するために戻ってきたと語っている。<br><br>ポグバは2012年、ユナイテッドを離れてユベントスへ移籍。そして昨夏、当時では史上最高額となる移籍金で古巣へ帰還した。すでにユナイテッドで、コミュニティーシールド、ヨーロッパリーグ、リーグカップのタイトルを獲得したポグバだが、目標はあくまでもプレミアリーグのタイトルだと強調している。<br><br>「プレミアリーグを獲得するため、自分自身の挑戦のためここに戻ってきたんだ。ここに戻ってこられて嬉しい。イタリアで成長し、僕は真の男になって帰ってきた」<br><br>すでに赤い悪魔の絶対的な主力選手として活躍するポグバは、今シーズンのプレミアリーグ開幕戦でも得点をマーク。4-0の好発進に大きく貢献している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.16 19:11 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルバトフの新天地はインド? 実現すればユナイテッド時代のコーチ&チームメイトと再会

▽かつてトッテナムやマンチェスター・ユナイテッド、フルアムでプレーした元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフ(36)の新天地はインドになることが濃厚なようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽1998年に母国のCSKAソフィアでプロ生活をスタートさせたベルバトフは、2001年1月にレバークーゼンへと移籍。そこでの活躍が認められ、2006年7月にトッテナムへと加入すると、2008年9月から在籍したユナイテッドでは、2度のプレミアリーグ制覇を経験した。2012年8月にはフルアムへと活躍の場を移し、その後はモナコ、PAOKへと移籍。2016年7月にPAOKを退団して以降、現役続行を意欲しながらもフリーの状態が続いている。 ▽これまでミドルズブラやハル・シティなどが関心を寄せていることが伝えられ、プレミアリーグへの復帰が濃厚と見られながらも去就が決まらなかったベルバトフ。しかし、今回伝えられるところによると、インド・スーパーリーグに所属するケーララ・ブラスターズへの加入が近づいているようだ。 ▽現在、ケーララ・ブラスターズには、ユナイテッド時代にコーチを勤めていたレネ・メウレンステーン氏が指揮官を務めている。さらに、今月には、ユナイテッド時代のチームメイトである元イングランド代表DFウェズ・ブラウン(37)も加入。実現すれば当時以来の共演となりそうだ。 2017.08.16 16:45 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース