サー・アレックスがオールド・トラフォードのベンチに帰還! キャリック功労試合で1日限りの監督復帰2017.03.21 04:53 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドの伝説の指揮官、サー・アレックス・ファーガソン氏がオールド・トラフォードで再び“赤い悪魔"の指揮を執ることになった。ユナイテッドの公式サイトは20日、同氏が6月4日に行われる元イングランド代表MFマイケル・キャリックのテスティモニアル(功労試合)でマンチェスター・ユナイテッド08チームの監督を務めると発表した。

▽2006年にトッテナムからユナイテッドに加入以降、公式戦446試合に出場するなど、同クラブの栄光を支えてきたキャリック。クラブはキャリックのこれまでの貢献に報いるため、先日に功労試合の開催を行うことを発表していた。

▽そして、マンチェスター・ユナイテッド08チームvsマイケル・キャリック・オールスターイレブンの対戦カードとなる今回の一戦では、2013年に監督業から引退したファーガソン氏が、マンチェスター・ユナイテッド08チームの指揮を執ることになった。

▽ファーガソン氏は、今回の発表を受けて、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「マイケルに功労試合の機会が与えられることについてはうれしく思う。おそらくマンチェスター・ユナイテッドはそれができるイングランドで唯一のクラブだろう。選手はこのクラブで長くプレーしたがるものだ。ここには、少しだけプレーしたらすぐ次のクラブへ行こう、などという腰掛け気分の選手はいない。私の時代にも、ほとんどの選手が10年以上在籍していた。そういった家族的なクラブであるということは、非常に誇れることだ。選手たちにとっても、ここに根を下ろしてがんばっていこうという励みになる」

「(この功労試合で計上した寄付金について)マイケルの考えを読んだ。素晴らしいことだ。自分の成功を、自らが立ち上げたチャリティ団体に寄付するという形で分かち合おうと考えている。大変価値のあることだ」

▽また、ファーガソン氏は自身の率いることになる2007-08シーズンにプレミアリーグ、チャンピオンズリーグの2冠を達成した伝説のチームに関しても言及している。

「欧州カップ戦に勝つことはファンタスティックだ。立派な姿勢で取り組む素晴らしい選手の集まりで、非常に強いチームだった。2008年の決勝戦のときは相当悩んだ。今でも後悔しているくらいだ。私はパク・チソンをメンバーから外した。彼はそれまで非常に素晴らしい働きをしてくれていたのにだ。決勝戦では常にこのような問題に悩まされる」

▽なお、ファーガソン氏が率いるマンチェスター・ユナイテッド08チームと対戦する、マイケル・キャリック・オールスターイレブンの監督は、ウェストハム時代の恩師であるハリ・レドナップ氏が務める。また、同チームではキャリックのイングランド代表の同僚であったスティーブン・ジェラード氏やフランク・ランパード氏など、錚々たるメンバーがプレーする予定だ。

コメント

関連ニュース

thumb

契約延長は白紙か…負傷のイブラにマンチェスター・Uは見切りと英紙予想

21日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝のアンデルレヒト戦でマンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチが負傷した。試合後にメディカルチェックを受けた結果、じん帯の損傷が確認された。<br><br>イブラヒモビッチは復帰に向けて意気込みを示しているが、ケガの状態は当初の診断よりも深刻で、今シーズン中の復帰は絶望的と見られている。さらには、来シーズンの序盤戦も欠場が予想されている。<br><br>イギリス紙『ミラー』は、マンチェスター・Uは即戦力となる他のFWに興味を示しており、今シーズン限りの契約となっているイブラヒモビッチとは新たに契約を結ばないのでは、と今後の展望を報じている。<br><br>イブラヒモビッチは昨夏、パリ・サンジェルマンから加入したばかり。当時34歳でのプレミアリーグ初挑戦には不安視する声もあったが、これまで幾多のビッグクラブで示してきた得点力をユナイテッドでも披露し、ここまでリーグ戦28試合17ゴールを記録。ヨーロッパリーグでも11試合で5ゴールを決め、ユナイテッド最大の得点源として実力を発揮していた。<br><br>しかし、ユナイテッドとの契約は1年限りで、ここまで延長契約を結んでいない。ここにきて長期離脱が確実となったことで、チームは35歳のイブラヒモビッチに見切りを付ける可能性が高まっている。イブラヒモビッチ本人は大ケガが判明した後に現役を退くつもりはないことを強調。しかし、来シーズンの契約については白紙のままで、『ミラー』はMLSのチームと契約を締結する可能性が高いと分析している。<br><br>果たして、マンチェスター・Uはここまでチームに貢献してくれたイブラヒモビッチと新契約を結ばず見限ってしまうのか、今後もその動向に注目が集まる。<br><br>提供:goal.com 2017.04.25 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷離脱中のマタに5月上旬復帰の可能性…ケガ人続出のユナイテッドに朗報!?

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFのフアン・マタは鼠径部の手術を行い、長期離脱中となっていた。しかし、本人がブログで回復の具合が順調で、今シーズン中に復帰できる可能性が高まっていることを明かした。<br><br>マタは自身のブログで「この負傷による離脱は僕にとって長く感じるものだ。だけど、回復具合は良好で、もうしばらくしたらチームに戻ることができるはず」と語っている。「僕は一刻も早くピッチに戻りたいと願っている。チームが僕をいつも助けてくれたように、僕もチームのためになれることを証明したいんだ」と続け、早期復帰に向けて意気込みを示した。<br><br>マンチェスター・Uはリーグ戦で上位争いを展開しているうえに、ヨーロッパリーグではベスト4進出を果たし、終盤戦に向けて過密日程を強いられることが確実となっている。その一方でヨーロッパリーグのラウンド8、アンデルレヒト戦ではズラタン・イブラヒモヴィッチ、マルコス・ロホが負傷し、今季中の復帰が絶望視されている。<br><br>マタの合流は早くて5月上旬になると見られるが、ケガ人が続出しているマンチェスター・Uにとって、マタの戦列復帰は朗報と言えそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.04.25 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

グリーズマン狙うユナイテッド、アトレティコと金銭面で合意か

▽マンチェスター・ユナイテッドは、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)の移籍に関して、アトレティコ・マドリーと金銭面で折り合いをつけたのかもしれない。元国際サッカー連盟(FIFA)公認代理人のヴィンセント・ロドリゲス氏が証言したと、イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽アトレティコ・マドリーとの契約にバイアウト条項金として8400万ポンド(約117億8000万円)が設定されているグリーズマン。レアル・マドリーやパリ・サンジェルマンも関心を寄せているとの憶測が取り沙汰されているが、証言によれば、アトレティコ・マドリーとユナイテッドはすでに金銭面で合意に達しているという。 ▽しかしながら、『デイリー・ミラー』は、ユナイテッドがプレミアリーグでのトップ4入り、あるいはヨーロッパリーグ優勝で手にすることができる来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権の取得がグリーズマン移籍を実現させる鍵になると締めくくっている。 ▽グリーズマンは、2014年夏にソシエダからアトレティコ・マドリーに移籍。在籍3年目の今シーズンも絶対的エースとしてチームに君臨し、22日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のエスパニョール戦でリーグ通算100ゴールを達成している。 2017.04.25 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバ、イブラ&ロホに続き負傷離脱か…マンチェスター・ダービー欠場の可能生

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバに負傷に再離脱の可能性が浮上した。イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 ▽先月負ったハムストリングのケガから復帰したポグバは、23日に行われたプレミアリーグ第34節のバーンリー戦(2-0)に先発。しかし、試合終盤に負傷でプレーに戻れず、MFマイケル・キャリックとの交代を余儀なくされていた。 ▽伝えられるところによれば、ポグバはケガの程度こそわかっていないものの、ハムストリングに違和感を覚えた模様。すでにFWズラタン・イブラヒモビッチら主力数名を故障で欠くジョゼ・モウリーニョ監督は試合後、ポグバの状態について次のように言及した。 「ケガなのか、疲労の蓄積なのかは定かではない。しかし、言えるのは彼が木曜日の試合(27日に行われる第26節延期分のマンチェスター・シティ戦)でプレーできないのであれば、他の誰かがプレーするということ。我々に泣いている暇はない」 ▽ユナイテッドは現在、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位シティに1ポイント差の5位に位置。そのため、27日に迎えるシティとのダービーマッチは、CL出場権の行方を懸けた大一番となる。 2017.04.24 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラ、取り巻く引退報道を一蹴…「いつ辞めるかは俺が決める」「諦めは選択肢にない」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(35)が重傷による現役引退の可能性を否定した。 ▽イブラヒモビッチは、20日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のアンデルレヒト戦で右ヒザを負傷。後日、クラブ側から「深刻なケガ」であることが明らかにされ、その影響で現役引退の可能性も取り沙汰されていた。 ▽しかし、イブラヒモビッチは24日に自身のインスタグラム(@iamzlatanibrahimovic)を通じて引退の噂を否定。「より強くなって戻ってくる」と復活を誓った。 「まず初めに、全てのサポートと愛情をありがとう。ケガに関するニュースはない。俺はしばらくフットボールから遠ざかる。より強くなって戻ってくる。これまでの全てのことと同じように乗り越えていく。当分は片足でプレーすることになるが、少しの問題にもならない。確かなこととして1つ、いつ辞めるかは俺が決める。それ以上はない。諦めは選択肢にない。また会おう」 2017.04.24 12:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース