サー・アレックスがオールド・トラフォードのベンチに帰還! キャリック功労試合で1日限りの監督復帰2017.03.21 04:53 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドの伝説の指揮官、サー・アレックス・ファーガソン氏がオールド・トラフォードで再び“赤い悪魔"の指揮を執ることになった。ユナイテッドの公式サイトは20日、同氏が6月4日に行われる元イングランド代表MFマイケル・キャリックのテスティモニアル(功労試合)でマンチェスター・ユナイテッド08チームの監督を務めると発表した。

▽2006年にトッテナムからユナイテッドに加入以降、公式戦446試合に出場するなど、同クラブの栄光を支えてきたキャリック。クラブはキャリックのこれまでの貢献に報いるため、先日に功労試合の開催を行うことを発表していた。

▽そして、マンチェスター・ユナイテッド08チームvsマイケル・キャリック・オールスターイレブンの対戦カードとなる今回の一戦では、2013年に監督業から引退したファーガソン氏が、マンチェスター・ユナイテッド08チームの指揮を執ることになった。

▽ファーガソン氏は、今回の発表を受けて、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「マイケルに功労試合の機会が与えられることについてはうれしく思う。おそらくマンチェスター・ユナイテッドはそれができるイングランドで唯一のクラブだろう。選手はこのクラブで長くプレーしたがるものだ。ここには、少しだけプレーしたらすぐ次のクラブへ行こう、などという腰掛け気分の選手はいない。私の時代にも、ほとんどの選手が10年以上在籍していた。そういった家族的なクラブであるということは、非常に誇れることだ。選手たちにとっても、ここに根を下ろしてがんばっていこうという励みになる」

「(この功労試合で計上した寄付金について)マイケルの考えを読んだ。素晴らしいことだ。自分の成功を、自らが立ち上げたチャリティ団体に寄付するという形で分かち合おうと考えている。大変価値のあることだ」

▽また、ファーガソン氏は自身の率いることになる2007-08シーズンにプレミアリーグ、チャンピオンズリーグの2冠を達成した伝説のチームに関しても言及している。

「欧州カップ戦に勝つことはファンタスティックだ。立派な姿勢で取り組む素晴らしい選手の集まりで、非常に強いチームだった。2008年の決勝戦のときは相当悩んだ。今でも後悔しているくらいだ。私はパク・チソンをメンバーから外した。彼はそれまで非常に素晴らしい働きをしてくれていたのにだ。決勝戦では常にこのような問題に悩まされる」

▽なお、ファーガソン氏が率いるマンチェスター・ユナイテッド08チームと対戦する、マイケル・キャリック・オールスターイレブンの監督は、ウェストハム時代の恩師であるハリ・レドナップ氏が務める。また、同チームではキャリックのイングランド代表の同僚であったスティーブン・ジェラード氏やフランク・ランパード氏など、錚々たるメンバーがプレーする予定だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド守護神デ・ヘア、自己最多の無失点試合数をマーク

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)が自己新記録を達成した。『Opta(@OptaJoe)』が伝えている。 ▽デ・ヘアは、18日に行われたプレミアリーグ第35節のボーンマス戦に先発。無失点に抑え込み、チームの勝利に貢献した。これにより、今シーズンの公式戦無失点試合数は21試合に。2015-16シーズンの20試合を上回る自己最多記録を打ち立てた。 ▽デ・ヘアは2011年夏からユナイテッドでプレー。今シーズンも公式戦41試合の出場を誇り、イングランドプロサッカー選手協会(PFA)年間最優秀選手賞候補6名にノミネートされている。 2018.04.21 13:10 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、宿敵ヴェンゲルに賛辞「ヴェンゲルを尊敬している」「フットボール界から去ってもらいたくはない」

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督の退任を受けてコメントした。 ▽ヴェンゲル監督は1996年にアーセナルの指揮官に就任。長きに渡る指導の中では数多くの優秀な選手を育て上げ、2003-04シーズンにはプレミアリーグ史上初の無敗優勝を成し遂げた。これまでプレミアリーグ3回、FA杯7回、コミュニティ・シールド6回の優勝を達成。しかし、近年は成績が低迷し、退任が噂されていた中、20日に今シーズン終了後の退任を発表。22年間の指揮に終止符を打った。 ▽プレミアリーグで共に激しい戦いを繰り広げ、時にはヴェンゲル監督に対して激しい口撃もしてきたモウリーニョ監督は、今回の退任に対して「フットボール界から去ってもらいたくはない」「ヴェンゲル氏を尊敬している」とコメントした。 「私は常に、対戦相手の幸運を願っている。もし彼が今回の決断に納得しているのなら、今後の人生における次のチャプターを楽しみにしているのなら、私も嬉しい。もし彼が悲しみを感じているのなら、私も悲しく思う」 「言うならば、アーセナルはサー・アレックスの時代にクラブの最大のライバルだったチームだ。クラブとして、ミスター・ヴェンゲルに相応しいリスペクトの念を示す」 「繰り返しになるが、彼が決断に満足しているのなら、私も嬉しい。彼にはフットボール界から去ってもらいたくはない」 「(ヴェンゲル監督に対して厳しい言葉をぶつけたこともあったが)後悔云々の話ではない。その質問は、我々と同じサイドにいない人間が頻繁に聞く類のものだ。監督でも選手でもなければ、我々が互いをリスペクトしている形を理解できない。尊敬し合えているように見えなくても、我々は尊敬し合っている」 「選手は互いに攻撃的な行動、暴言によってイエローカードやレッドカードを受ける。それは監督にも当てはまる。ただ、問題を抱えていたような間柄の方が、最終的にはリスペクトし合うと思う」 「過去のことは過去のこと。大事なのは、私がヴェンゲル氏を尊敬していること。私はプロとしての姿勢、キャリアをリスペクトする。常に言っていることだ。記憶は長続きしないが、真のフットボール人は忘れない。私が忘れることもない」 2018.04.21 09:57 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ「セーザルなら片腕でカシージャス以上」

▽フラメンゴの元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルが、ジョゼ・モウリーニョ監督の辛辣なジョークを回想した。ブラジル『Selecao Sportv』のインタビューを基にスペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2005年から2012年までインテルで活躍したジュリオ・セーザルは、2009-10シーズンにはモウリーニョ監督(現マンチェスター・ユナイテッド)の下で正守護神として活躍し、チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリアの主要大会3冠に貢献した。 ▽エピソードの舞台となるのは、モウリーニョ監督がレアル・マドリーで指揮を執っていた2013年のコンフェデレーションズカップ。ブラジル代表としてスペイン代表と決勝で対戦したジュリオ・セーザルは、3-0で勝利して大会ベストGK賞に輝き、試合後には当時マドリーに所属していた元スペイン代表GKイケル・カシージャス(現ポルト)とシャツを交換した。 ▽ジュリオ・セーザルは、“カシージャスの全ての功績に敬意を表す”ために同選手のユニフォームを着用。しかし、この行動が当時マドリーでカシージャスとの確執が報じられていたモウリーニョ監督の琴線に触れたようだ。 「ドレッシングルームに戻った時、モウリーニョから僕の携帯電話に送られたメッセージを開いたんだ」 「『お前はイカれてる。カシージャスがお前のユニフォームを着るべきなんだよ、お前じゃない』と書かれていたよ。おまけに、僕なら腕1本でカシージャスより止められるとも言われたね」 「イケル(・カシージャス)がドレッシングルームを訪れたから、モウリーニョと話し合うべきだと言ったよ。難しいことだけど、直視しないとね」 ▽モウリーニョ監督との親交を保ちつつ、カシージャスにもアドバイスを送ったジュリオ・セーザル。人間関係においても、その守備範囲は相当なものだ。 2018.04.20 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ポグバ放出なら最大211億円要求か

▽イギリス『デイリー・メール』は、マンチェスター・ユナイテッドが今夏、フランス代表MFポール・ポグバ(25)を放出することになった場合、獲得希望クラブに対して高額な移籍金を求めていると報じた。 ▽2016年夏に当時の世界最高額8900万ポンドでユナイテッドに復帰したポグバは、ジョゼ・モウリーニョとの冷え切った関係が取り沙汰されている。その中、18日に行われたプレミアリーグ第35節のボーンマス戦で後半途中に交代を命じられた際、モウリーニョ監督と言葉も握手も交わすことなくドレッシングルームへ。メディアからより注目を集めている。 ▽そういったポルトガル人監督との軋轢から今シーズン終了後の補強に向けた資金捻出のための放出候補に挙がっているポグバだが、ユナイテッド上層部は売却に難色を示している模様。ただ、手放すことになった場合として、獲得時の移籍金をはるかに上回る1億2000〜1億4000万ポンド(約181億3000〜211億5000万円)を要求するという。 ▽これが事実であれば、獲得に動けるクラブは世界中でも限られてくる。パリ・サンジェルマンやレアル・マドリー、バルセロナ、マンチェスター・シティ、チェルシーといったクラブの資金力であれば獲得に動けるとみられているが、果たして…。 2018.04.20 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、最下位相手に敗戦したチームの不安定さを嘆く「だから優勝できない」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、下位チーム相手からの取りこぼしの多さがマンチェスター・シティとの差につながっていると語った。<br><br>ユナイテッドは14日、本拠地オールド・トラフォードにてプレミアリーグ第33節でWBAと対戦。リーグ最下位に沈む相手に0-1でまさかの敗戦を喫し、ライバルであるシティの優勝が決まった。<br><br>18日に行われたボーンマス戦では2-0の勝利を収めたものの、試合後の記者会見で指揮官が語ったのは前節の敗戦についてだった。<br><br>「我々は不安定だと思う。気持ちの面で不安定なことが多い。トップ5のチーム相手にはポイントを失っていない。シティとは1勝1敗。スパーズとも1勝1敗。チェルシーとも1勝1敗。リバプールとは1勝1分。アーセナルには1勝しており、もう1試合残っている」<br><br>「しかし、3ポイントを昇格組から奪われた。ハダーズフィールド・タウンには敗れ、ニューカッスルにも敗れた。さらにおそらく降格するであろうチーム、残留争いをしているチームからポイントを失った。WBAに3ポイントを奪われ、2ポイントを他の降格争いをしているチームに奪われた。ストーク(・シティ)、サウサンプトンだ。我々は安定性を欠いていたと思う。そして代償を払うことになった」<br><br>モウリーニョは、この下位チーム相手に対する成績こそが優勝を決めたシティとの大きな差であると語った。<br><br>「我々のトップ4は安泰だと思う。2位で終える大きな可能性がある。すでに昨季よりも多くの勝ち点を積み上げており、得点もより多く、失点もより少なくなっている。それでももっとよくできたはずだ。『優勝できた』とは言わない。それはマンチェスター・シティが我々より優れているからだ。勝ち点の差がそれを示している。我々は心構えの面でより安定している必要がある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 19:50 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース