アトレティコ、ヴルサリコの左ヒザ前十字じん帯部分断裂を発表2017.03.20 19:40 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーは20日、クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコの負傷状況を発表した。

▽ヴルサリコは、19日に行われたリーガエスパニョーラ第28節のセビージャ戦に先発。しかし、開始早々に負傷交代を余儀なくされていた。

▽クラブによれば、ヴルサリコはマドリッド市内の病院でMRI検査を受診。その結果、左ヒザ前十字じん帯の部分断裂と捻挫が確認された。

▽これにより、ヴルサリコはロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むクロアチア代表の招集辞退が確実だ。なお、全治に関しては後日の精密検査で判明するという。

コメント

関連ニュース

thumb

守護神オブラクのPKストップにエース2点演出のアトレティコがビルバオ撃破!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節、ビルバオvsアトレティコ・マドリーが20日にサン・マメス・バリアで行われ、アウェイのアトレティコが2-1で勝利した。 ▽前節、今季4戦目で初のホームゲームとなったアトレティコは、ワンダ・メトロポリターノでのマラガとの初陣をエースFWグリーズマンのゴールでしぶとく勝ち切り、新ホームで幸先の良いスタートを切った。その勢いに乗って連勝を目指す今節は、前節今季初黒星を喫したビルバオとのタフなアウェイゲームに臨んだ。前節からはリュカ、フアンフラン、ガビに代えてホセ・ヒメネス、サビッチ、ガイタンを起用。2トップは引き続きコレアとグリーズマンのコンビとなった。 ▽立ち上がりからインテンシティの高いプレーを見せるホームのビルバオが主導権を握ると、レクエや古巣対戦のラウール・ガルシアがGKオブラクを脅かす。さらに26分にはアドゥリスが際どい枠内シュートを放つが、先制点には至らず。 ▽一方、守勢が続くアトレティコは、30分を過ぎてようやく攻撃の形を作り始めると、35分にはボックス左へ抜け出したガイタンが右ポスト直撃のシュートを放つと、その後もグリーズマンが続けて決定機に顔を出す。 ▽一進一退の攻防が続く中、40分に試合が動く。ボックス付近で仕掛けたアドゥリスがDFフィリペ・ルイスと交錯すると、やや厳しい判定ながらビルバオにPKが与えられる。これをアドゥリスがゴール左へ狙うが、GKオブラクが完璧な読みで弾き出し、前半はゴールレスで終了した。 ▽守護神オブラクの圧巻のPKストップで難を逃れたアトレティコは、ややショックが残るビルバオを後半立ち上がりから押し込むと、55分に先制点を奪う。バイタルエリア中央のグリーズマンからボックス右に走り込むコケにスルーパスが通ると、コケからの折り返しをゴール前に飛び込んだコレアがワンタッチで流し込んだ。 ▽失点直後にイニャキ・ウィリアムズ、ベニャトを投入して攻勢を強めるビルバオに対して、完全に流れを掴んだアトレティコはグリーズマンがオフサイドにかかったものの、あわや追加点という場面を作るなど、畳みかける攻めを見せる。 ▽その後、カラスコを投入して攻勢を強めるアトレティコは73分、グリーズマンからの絶妙なフィードに反応したカラスコがボックス右で巧みなファーストタッチでGKをつり出し、最後はゴール右隅に流し込み、貴重な2点目を奪った。 ▽2点リードで逃げ切りを図るアトレティコは、ガビと負傷したフィリペ・ルイスに代えてリュカを投入。試合終了間際にはゴール前の混戦からラウール・ガルシアに恩返し弾を許すも、敵地で2-1の勝利。敵地で難敵ビルバオを破ったアトレティコが、今季初の連勝を飾った。 2017.09.21 06:06 Thu
twitterfacebook
thumb

来シーズンのCL決勝はアトレティコ新本拠地ワンダ・メトロポリターノに決定

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝の会場が、アトレティコ・マドリーの新ホームスタジアムのワンダ・メトロポリターノ(スペイン)に決定したようだ。スペイン『マルカ』、『アス』が伝えている。 ▽『マルカ』の伝えるところによれば、昨シーズン限りでビセンテ・カルデロンを離れて今季からワンダ・メトロポリターノに本拠地を移したアトレティコは、来シーズンのCL決勝の開催地として立候補し、今回欧州サッカー連盟(UEFA)が正式に同スタジアムに決定したという。 ▽なお、2018-19シーズンのヨーロッパリーグ(EL)決勝の会場は、アゼルバイジャンにあるバクー・オリンピックスタジアムとなるようだ。 2017.09.21 01:22 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティが大激怒!! あのレジェンドの記念プレートをめちゃくちゃにする

▽盛大なイベントが行われたワンダ・メトロポリターノのこけら落としだったが、アトレティ(アトレティコ・マドリーのサポーター)たちにとっては絶対に許せない“事件”が起きていたようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽アトレティコ・マドリーは昨シーズン限りで、約50年以上にわたりホームスタジアムとして使用してきたビセンテ・カルデロンに別れを告げ、今シーズンからワンダ・メトロポリターノに拠点を移した。 ▽今月16日、ついに新スタジアムのこけら落としが行われ、およそ12時間にも及ぶイベントを開催。迎えたリーガエスパニョーラ第4節のマラガ戦では1-0で勝利して、新たな船出を飾っている。 ▽しかしこの盛大なイベントの裏側で、アトレティたちが激怒する事件が発生したという。それは、スタジアムの西側に設置された、“ウォーク・オブ・レジェンド”で起きたようだ。 ▽アトレティコは、クラブで100試合以上に出場した159名にのぼる過去の選手たちを紹介した記念プレートをスタジアムの道に埋め込んでいる。その中の一枚に1981年から1985年までアトレティコで活躍したウーゴ・サンチェス氏のプレートもあったようだ。 ▽しかしウーゴ・サンチェス氏と言えば、アトレティコからレアル・マドリーへ移籍し、4度のピチーチ(得点王)を獲得するなどライバルチームで活躍した、いわば“敵”のような存在。アトレティコで100試合以上に出場したとはいえ、新スタジアムの道にウーゴ・サンチェス氏のプレートが刻まれていることが気に食わなかったようで、アトレティたちはこのプレートにごみを投げつけ、踏みつけ、クラブのステッカーを張り付けるなどやりたい放題。そのため、ウーゴ・サンチェス氏のプレートだけが、かなり年季の入った姿に変わり果てたようだ。 2017.09.19 09:52 Tue
twitterfacebook
thumb

ワンダ・メトロポリターノ初ゴールを奪ったグリーズマン「最高のスタジアム」

▽アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、新スタジアムでの初ゴールに喜びを示した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽アトレティコは16日、リーガエスパニョーラ第4節でマラガと対戦。新スタジアムであるワンダ・メトロポリターノのこけら落としとなった。数々のイベントが行われて迎えた一戦では、前半こそゴールレスで終えるも61分にグリーズマンのボレーシュートが決まり試合が動く。これが決勝点となり、1-0でアトレティコが、新スタジアム初戦を白星で飾った。 ▽試合後、グリーズマンはワンダ・メトロポリターノでの印象を口にしている。 「木曜日にここで練習したのだけれど、その時は12番目の戦士であるファンがいなかった。今日は本当に最高の気分で試合をできたね。素晴らしい、最高のスタジアムであり、これが僕たちの新しい家だ」 ▽なお、アトレティコは次節はビルバオとのアウェイゲームに臨み、第6節では再びワンダ・メトロポリターノに戻り、セビージャを迎える。 2017.09.17 11:22 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコがグリーズマン弾で新スタジアムのこけら落としを白星で飾る《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは16日、リーガエスパニョーラ第4節でマラガを新スタジアムのワンダ・メトロポリターノに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節バレンシア戦では決め手を欠いてゴールレスドローに終わったアトレティコは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のローマ戦もゴールレスドローに終わった。そのローマ戦のスタメンから2選手を変更。ビエットとサビッチに代えてコレアとリュカを起用した。 ▽グリーズマンとコレアが2トップを形成するフラットな[4-4-2]で臨んだアトレティコが、[4-5]の守備ブロックを形成するマラガ相手に押し込んでいく展開となる。 ▽しかし、スペースを消すマラガの守備網を攻略できず、なかなかシュートシーンを生み出せない。すると37分に大ピンチ。カウンターを受け、ボックス左への侵入を許したボルハにシュートされたが、GKオブラクがファインセーブで防いだ。結局、枠内シュート1本に抑え込まれたアトレティイコは前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半からトーマスに代えてカラスコを左サイドに投入したアトレティコは、48分にそのカラスコがドリブルシュートに持ち込む。 ▽続く51分にはサウールがミドルシュートでGKを強襲してゴールに近づいていくと、61分に均衡を破った。右サイドからのコレアのクロスに反応したグリーズマンが右足ボレーでゴール右に流し込んだ。 ▽その後はマラガをいなし時間を消化。90分のD・ロランの枠内シュートをGKオブラクが好守で防いだアトレティコが1点のリードを守り切って新スタジアム初戦を白星で飾っている。 2017.09.17 05:55 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース