“気まぐれの天才”の息子・ジャスティンが17歳でプロ初ゴールを記録…アヤックスで同じ道を歩む2017.03.20 17:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてオランダ代表を支え、アヤックやバルセロナなどでゴールを量産し、“気まぐれの天才”とも呼ばれたストライカー、パトリック・クライファート氏の息子であるジャスティン・クライファート(17)がプロ初ゴールを記録した。

▽19日に行われたエールディビジ第27節のエクセルシオールvsアヤックで、アヤックスの右ウイングとして先発出場したジャスティン・クライフートは1-0とリードを許して迎えた32分、左サイドからのグラウンダーのクロスを蹴り込んで同点ゴールを記録した。これがプロキャリアの初ゴールとなった。

▽アヤックスのアカデミー出身のジャスティン・クライファートは、今年1月にU-19からトップチームに昇格。公式戦11試合目の出場にして初ゴールを記録し、チームに勝ち点1をもたらせた。

▽父のパトリックも同じくアヤックスの下部組織出身で、トップチームでは3シーズンプレー。エールディビジでは70試合に出場し39得点を記録。1994-95シーズンには、GKエドウィン・ファン・デル・サール、MFクラレンス・セードルフ、MFエドガー・ダービッツら下部組織出身の同僚とともに、チャンピオンズリーグも制覇した。

▽偉大な父親の背中を追うようにアヤックスでキャリアをスタートさせたジャスティン・クライファート。この先の活躍にも注目が集まる。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナ、コロンビアの新星D・サンチェスを今夏獲得か

▽バルセロナがアヤックスのコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(20)の獲得に動いているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽2014年にアトレティコ・ナシオナルでプロデビューしたばかりのD・サンチェスは今シーズン、同クラブからアヤックスに加入した。移籍初年度ながらも、今季のエールディビジで31試合に出場し、センターバックながら5得点2アシストを記録するなど、急速に評価を高めている。 ▽そんな同選手を、500万ユーロ(現在のレートで約6億円)程度で獲得したアヤックス。『Cadena SER』によると、アヤックスはD・サンチェスに対して、2500万ユーロ(約30億円)の移籍金を設定したとみられている。 ▽伝えられるところによれば、バルセロナは今季終了後にクラブを去る可能性があるとみられる元フランス代表DFジェレミー・マテューの後釜として、同選手に注目しているようだ。 ▽昨夏にもD・サンチェスに関心を持っていたとされているバルセロナは、今夏こそ獲得を実現させようとしているもようで、アヤックスを納得させる移籍金を用意して、引き入れを目指すようだ。 2017.04.27 22:54 Thu
twitterfacebook
thumb

アヤックスの本拠地が「ヨハン・クライフ・アレナ」に名称変更へ

▽アヤックスは26日、ホームスタジアムであるアムステルダム・アレナの名称を、「ヨハン・クライフ・アレナ」に変更することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽アヤックスはクライフ氏の誕生日である4月25日にクラブで理事会を開き、ホームタウンであり、クライフ氏の故郷であるアムステルダム市の市長やスポーツ振興団体と名称変更で合意に達したと発表した。また、スタジアムだけでなく、アムステルダム市内の通りや広場、橋などにもクライフ氏の名前をつけることとなるようだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170427_23_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽1947年4月25日にオランダのアムステルダムで誕生したクライフ氏は、16歳でアヤックスのトップチームデビュー。卓越したテクニックと戦術眼、創造性を兼ね備えたプレーですぐに頭角を現した同氏は、アヤックスの数々のタイトル獲得に貢献。その後、バルセロナでキャリア全盛期を過ごした同氏は、アメリカの北米サッカーリーグ(NASL)などでプレーした後、母国のフェイエノールトで現役を退いた。 ▽また、オランダ代表ではリヌス・ミケルス監督の下、『トータルフットボール』の体現者として、1974年の西ドイツ・ワールドカップ準優勝に貢献。個人としては3度のバロンドール(現FIFAバロンドール)を獲得するなど、獲得可能な個人タイトルを総なめにした。 ▽指導者としては、古巣のアヤックスやバルセロナ、カタルーニャ選抜を指揮し、バルセロナ時代には国内リーグ4連覇を達成した“ドリームチーム”を率い、選手時代も含めこんにちのバルセロナの礎を築いた。ここ数年は古巣アヤックスのテクニカル・アドバイザーを務めていた。 ▽その後もサッカー界のご意見番として歯に衣着せぬ発言で多くの話題を振りまいたクライフ氏だったが、現役時代からの喫煙の影響で2015年10月に肺がんを患っていることを公表。そして、2016年3月24日に惜しまれながらこの世を去った。 ▽アヤックスは今回の名称変更について「ヨハン・クライフ・アレナが世界中のフットボールプレーヤーにとって、クライフをインスピレーションするキッカケになることを確信している」と声明を発表。アヤックスだけでなく、サッカー界における“レジェンド”への敬意を表していることを明かした。 2017.04.27 12:48 Thu
twitterfacebook
thumb

EL準決勝の対戦カードが決定!! 優勝候補のユナイテッドはセルタと対戦!!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準決勝の対戦カード抽選会が21日にスイスのニヨンで行われた。 ▽優勝候補の筆頭であるマンチェスター・ユナイテッドはセルタと対戦。もう1つのカードはアヤックスvsリヨンとなった。 ▽なお、準決勝1stレグは5月4日(木)に実施され、2ndレグは11日(木)に行われる。対戦カードの左側のチームが1stレグをホームで実施。さらにアヤックスvsリヨンの勝利チームが、5月24日(水)にストックホルムのフレズ・アリーナで行われる決勝戦で名目上のホームチームとなる。 ▽今回決定した対戦カードは以下の通り。 ◆準決勝対戦カード※左側が1stレグをホームで戦う アヤックス(オランダ)vsリヨン(フランス) セルタ(スペイン)vsマンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 2017.04.21 20:18 Fri
twitterfacebook
thumb

10人のアヤックスが延長戦の2Gでシャルケとの死闘を制し25年ぶり4強《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのシャルケvsアヤックスが20日に行われ、3-2でシャルケが勝利した。しかし、2戦合計スコア3-4でアヤックスがベスト4へ進出している。シャルケのDF内田篤人はベンチ入りしなかった。 ▽1週間前にアヤックスのホームで行われた1stレグではアヤックスがスコア以上の内容で2-0と快勝したこのカード。 ▽開始40秒にコラシナクの左クロスからゴレツカがボレーでゴールに迫ったシャルケが良い入りを見せると、続く2分にはマイヤーのコントロールシュートが右ポストを直撃した。 ▽徐々にポゼッションを取り戻したアヤックスは、13分にジイェフの直接FKがGKを強襲。さらに24分には左CKの流れからフィールヘーフェルのオーバーヘッドキックで枠内シュートをマークした。 ▽序盤の勢いを失いつつあったシャルケは、35分にゴレツカの右クロスをマイヤーが合わせるも枠の上に外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始2分、シェーネの直接FKでゴールに迫ったアヤックスだったが、GKフェールマンの好守に阻まれる。続く51分にはトラオレが枠内シュートを浴びせるも、53分にシャルケが先制した。ブルクシュタラーのパスを受けたボックス右のゴレツカがゴール左へシュートを流し込んだ。 ▽あと1点で延長戦へもつれ込めるシャルケはフンテラールを投入。すると56分、コラシナクの左クロスをヘヴェデスがスルーした後方のブルクシュタラーが確実に流し込んで2戦合計スコアを2-2のタイに戻した。 ▽直後、ジイェフのシュートでゴールに迫ったアヤックスに対し、シャルケは63分にFKからヘヴェデスがヘディングシュートでゴールに近づく。オープンな攻防が続く中、80分にベンタレブの突破を止めたフェルトマンに2枚目のイエローカードが提示されて、シャルケが数的優位となった。 ▽そのシャルケは後半終了間際、右クロスに合わせたヘヴェデスのダイレクトシュートはGKの好守に阻まれ、延長戦へもつれ込んだ。 ▽迎えた延長戦、シャルケがボールを保持する展開となる中、同前半9分にガイスのミドルシュートでゴールに迫ると、同11分にゴールが生まれる。ボックス左ゴールライン際まで侵入したコラシナクのクロスをファーサイドのカリジウリがヘディングで押し込んだ。 ▽それでもアヤックスは延長後半5分、フィールヘーフェルのミドルシュートはGKフェールマンのビッグセーブに阻まれるも、直後のスローインからフィールヘーフェルがボックス内へ侵攻。ナスタシッチのクリアボールをフィールヘーフェルが身体に当ててゴールへ押し込み、アヤックスに値千金のアウェイゴールが生まれた。 ▽さらに試合終了間際にもユーネスのゴールが決まったアヤックスが前身のUEAFカップを優勝した1991-92シーズン以来となる25年ぶりのベスト4進出を果たしている。 2017.04.21 07:09 Fri
twitterfacebook
thumb

小林祐希がフル出場もヘーレンフェーンが強豪アヤックスに5発大敗…《エールディビジ》

▽ヘーレンフェーンは16日、エールディビジ第31節でアヤックスと対戦し、1-5で敗戦した。日本代表MF小林祐希はフル出場を果たしている。 ▽直近のリーグ戦5試合で1勝4敗と調子の上がらない8位ヘーレンフェーン(勝ち点40)が、ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのシャルケ戦(2-0)を行った2位アヤックス(勝ち点72)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽小林をアンカーのポジションに配置した[4-3-3]で試合に臨んだヘーレンフェーンは、9分にロングカウンターからファーストチャンスをモノにする。自陣バイタルエリアでボールを受けたサム・ラーションがドリブルで中央を切り裂くと、相手ボックス手前まで持ち上がりラストパスを供給。このパスをボックス内に駆け上がったグーチャンネジャードがダイレクトでゴール右隅に流し込んだ。 ▽先制弾で勢いづきたいヘーレンフェーンだったが、地力に勝るアヤックスの反撃に遭うと24分に同点弾を許す。ジイェフの左CKをボックス中央のD・サンチェスがフリック。このボールをゴール前のフィールヘーフェルに押し込まれた。 ▽同点に追いついたアヤックスは32分、デ・リフトのスルーパスでボックス左深くまで侵攻したドルベアの折り返しを、ゴール前に駆け上がったデ・リフトがワンタッチで流し込み、逆転に成功。さらに前半終盤の42分にも、ネレスとのパス交換でゴール前に侵入したクラーセンが追加点を奪った。 ▽後半に入ってもアヤックスに対し、防戦一方となるヘーレンフェーンは、67分にボックス内でトアスビーがファウルを犯してPKを献上。このPKをドルベアに決められると、83分にもユーネスのスルーパスに抜け出したネレスにゴールネットを揺らされた。 ▽結局、試合はそのまま終了。先制したヘーレンフェーンだったが、強豪アヤックスの猛攻の前に大量5失点を喫し、ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ圏内が遠のくリーグ戦連敗となった。 2017.04.17 02:06 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース