宇佐美同僚の韓国代表MFク・ジャチョルが2019年6月までアウグスブルクと契約延長2017.03.20 16:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウグスブルクは、韓国代表MFク・ジャチョル(28)との契約延長を発表した。新契約は2019年6月までとなる。

▽2011年に済州ユナイテッドからヴォルフスブルクに加入したク・ジャチョルは、2012年1月にアウグスブルクへとレンタル移籍。2013年6月までアウグスブルクで過ごすと、2014年1月にはヴォルフスルブルクからマインツへ完全移籍した。マインツで1シーズン半を過ごすと、2015年8月に完全移籍でアウグスブルクに加入。主力としてチームを牽引している。

▽ブンデスリーガでは154試合に出場し24得点16アシストを記録。アウグスブルクでは公式戦95試合に出場し19得点12アシストを記録している。今シーズンはブンデスリーガで20試合に出場し2得点3アシストを記録している。

▽また、2008年2月から韓国代表としてもプレーし、通算55試合出場17得点を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

宇佐美貴史がFC東京戦に先発出場! 中島翔哉のFK弾も試合は後半AT弾でアウグスブルクが勝利《トレーニングマッチ》

▽アウグスブルクは18日、FC東京とフレンドリーマッチを行い2-1で勝利した。日本代表FW宇佐美貴史は先発出場したものの、ノーゴールで終わった。 ▽FC東京がアウグスブルクまで遠征して向かてたこの試合。GKには林彰洋が入り、DFは徳永悠平、吉本一謙、丸山祐市、太田宏介、MFは高萩洋次郎、橋本拳人がボランチに入り、右に河野広貴、左に東慶悟を配置。永井謙佑とピーター・ウタカが2トップを組む形となった。 ▽試合は10分、右サイドからのクロスをボックス中央に飛び込んだ宇佐美がヘッド。しかし、これは枠の左に外れていく。FC東京は12分、スルーパスに反応した永井がスピードを発揮するも、GKが飛び出しシュートは打てない。 ▽26分には相手の横パスをカットしたウタカがドリブル突破。しかし、相手DFに上手く対応され、決定機には持ち込めない。その後も背後を狙い続けたFC東京だったが、シュートを打てないまま前半終了。アウグスブルクは何度も決定機を作るが、GK林にセーブされゴールレスのまま前半を終えた。 ▽後半メンバー入れ替えた両チーム。宇佐美は前半のみでピッチを退いた。すると迎えた51分、アウグスブルクはFC東京のミスからボールを奪うと、最後はFWミハエル・グレゴリッチュが流し込み先制する。先制を許したFC東京は63分、ボックス手前中央のやや離れた位置でFKを獲得すると、後半から出場したMF中島翔哉がFKを直接叩き込み、同点に追いつく。 ▽その後は両者ともにスコアを動かすことができず、試合終了かと思われた後半アディショナルタイム1分。左サイドからのFKからクロスを挙げると、DFクリストフ・ヤンカーがボックス内でヘッドで合わせゴール。これが決勝点となり、2-1でアウグスブルクが勝利した。 アウグスブルク 2-1 FC東京 【アウグスブルク】 グレゴリッチュ(後6) ヤンカー(後46) 【FC東京】 中島翔哉(後18) 2017.07.19 13:08 Wed
twitterfacebook
thumb

宇佐美vs吉田が実現か? アウグスブルクがイングランド遠征を発表

▽日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウグスブルクは、プレシーズンでイングランド遠征を行うことを発表した。 ▽アウグスブルクの発表によると、イングランド遠征は7月29日から8月3日にかけて行われるとのこと。イングランドではチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格したミドルズブラと29日に、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと8月2日にテストマッチを行うとしている。 ▽サウサンプトンとの対戦では、宇佐美と吉田による日本人対決も実現する可能性がある。なお、試合は日本時間27時45分からスタートする。 2017.07.14 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

宇佐美にライバル到来! アウグスブルクがオーストリア代表FW&U-20W杯で日本戦出場のベネズエラ人FW獲得

▽アウグスブルクは4日、ハンブルガーSVからオーストリア代表FWミハエル・グレゴリッチュ(23)、カラカスからU-20ベネズエラ代表FWセルヒオ・コルドバ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間はいずれも2022年6月30日までの5年となる。 ▽母国のカプフェンベルガーでキャリアをスタートしたグレゴリッチュは、ホッフェンハイムやボーフムを経て、2015年にハンブルガーSVに完全移籍で加入。193cmの長身に加え、左右のウイングでもプレー可能な機動力を併せ持つ同選手は、昨季リーグ戦30試合に出場し、5ゴール3アシストを記録していた。 ▽一方、母国のカラカスからアウグスブルクに加入することになったコルドバは、右ウイングを主戦場とする188cmの大型アタッカー。先月まで韓国で開催されていたFIFA U-20ワールドカップでは、U-20日本代表戦を含め全試合に出場し、4ゴールを記録。同国史上初の準優勝に大きく貢献していた。 2017.07.05 03:54 Wed
twitterfacebook
thumb

アウグスブルクがダルムシュタットFWヘラーを獲得…左サイドが主戦場

▽アウグスブルクは28日、ダルムシュタットのドイツ人FWマルセル・ヘラー(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。フリートランスファーでの加入となり、契約期間は2年間とのことだ。 ▽ヘラーは、フランクフルトやディナモ・ドレスデン、アレマニア・アーヘンを経て2013年7月からダルムシュタットでプレー。世代別のドイツ代表も経験しているウインガーだ。 ▽今シーズンはブンデスリーガで32試合に出場し3ゴールを記録。左サイドを主戦場としており、来シーズンからトップ下での起用が見込まれる日本代表FW宇佐美貴史との共存も可能となるが、サイドでのポジション争いも起こる可能性がある。 2017.06.29 12:12 Thu
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク退団のアルティントップがスラビア・プラハに完全移籍

▽スラビア・プラハは27日、アウグスブルクを退団した元トルコ代表MFハリル・アルティントップ(34)の獲得を発表した。 ▽アルティントップはカイザースラウテルンやシャルケ、フランクフルトでプレー。2013年にトラブゾンシュポルからアウグスブルクに加入すると、公式戦128試合に出場し、22ゴールを記録。今シーズンはリーグ戦31試合に出場し、6ゴールを挙げていた。 ▽スラビア・プラハは、今シーズンのシノト・リガ(チェコ1部)で2008-09シーズン以来の優勝。来シーズンはチャンピオンズリーグの予選3回戦から出場する。 2017.06.27 22:17 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース