宇佐美同僚の韓国代表MFク・ジャチョルが2019年6月までアウグスブルクと契約延長2017.03.20 16:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウグスブルクは、韓国代表MFク・ジャチョル(28)との契約延長を発表した。新契約は2019年6月までとなる。

▽2011年に済州ユナイテッドからヴォルフスブルクに加入したク・ジャチョルは、2012年1月にアウグスブルクへとレンタル移籍。2013年6月までアウグスブルクで過ごすと、2014年1月にはヴォルフスルブルクからマインツへ完全移籍した。マインツで1シーズン半を過ごすと、2015年8月に完全移籍でアウグスブルクに加入。主力としてチームを牽引している。

▽ブンデスリーガでは154試合に出場し24得点16アシストを記録。アウグスブルクでは公式戦95試合に出場し19得点12アシストを記録している。今シーズンはブンデスリーガで20試合に出場し2得点3アシストを記録している。

▽また、2008年2月から韓国代表としてもプレーし、通算55試合出場17得点を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

武藤途中出場のマインツは敵地で連勝ならず… 勝利のアウグスブルクは1部残留を決める《ブンデスリーガ》

▽FW武藤嘉紀の所属するマインツは22日、ブンデスリーガ第31節でアウグスブルクと対戦し、0-2で敗戦した。武藤は79分からプレーしている。 ▽前節のフライブルク戦で7試合ぶりに勝ち点3を獲得した15位マインツ(勝ち点30)が、11位アウグスブルク(勝ち点37)のホームに乗り込んだ一戦。太ももの負傷で3試合ベンチ外だったマインツの武藤はベンチスタートとなった。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防が展開される中、先にチャンスを迎えたのはホームチームだった。29分、リヒターのパスをボックス中央手前で受けたフィンボガソンが相手DFを引き付け、ノールックでボックス左にパス。これを受けたグレゴリッチュがプレスに来た相手DFを冷静にかわし、ゴール右隅にシュートを流しこんだ。 ▽先制点で勢いづくアウグスブルクは、32分にもヒンテレッガーのロングフィードを右サイドのスペースで受けたシュミットが折り返しを供給すると、ニアサイドに走り込んだリヒターがヒールシュートで合わせたが、これはGKアトラーが好セーブで凌いだ。 ▽迎えた後半も、先にチャンスを迎えたのはアウグスブルクだった。50分、ドリブルで持ち上がったリヒターのラストパスを受けたボックス中央で受けたフィンボガソンが飛び出したGKをチップキックでかわすも、これは守備に戻ったラツァにクリアされた。 ▽反撃に出たいマインツは53分、ペナルティアーク左でボールを受けたセルダーが強烈なミドルシュートでアウグスブルクゴールに迫るも、これは枠の左に外れる。同点ゴールを狙うマインツは、51分にウジャー、68分にマキシム、79分に武藤と攻撃的な選手を投入した。 ▽すると88分、中盤でボールを受けたガバミンがロングボールをゴール前に供給。これを武藤はヘディングで合わせたが、ボールはGKヒッツのセーブに防がれた。 ▽その後も前がかりになってゴールを目指すマインツだったが、後半アディショナルタイムにロングカウンターからフィンボガソンにダメ押し弾を決められてしまい万事休す。 ▽その直後に試合はタイムアップを迎え、マインツは0-2で敗戦。一方、5試合ぶりの勝利を飾ったアウグスブルクは、勝ち点を40に伸ばし、1部残留を決めた。 2018.04.23 00:45 Mon
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史、来季はどこへ?アウクスブルク元SD「選手側との話し合いにオープン」

レンタルでアウクスブルクからフォルトゥナ・デュッセルドルフに送り出されている日本代表FW宇佐美貴史は、今夏以降はどこでプレーすることになるのだろうか。所属元クラブのシュテファン・ロイターSD(スポーツディレクター)は、レンタル中の選手たちについて「選手側との話し合いにはオープン」であると語っている。<br><br>30名以上のメンバーを抱えていたアウクスブルクだが、昨夏と今年1月の移籍市場で宇佐美やDFコンスタティノス・スタフィリディス(&rarr;ストーク・シティ)、MFモリッツ・ライトナー(&rarr;ノリッジ・シティ)やチ・ドンウォン(&rarr;ダルムシュタット)を含む合計6人の選手たちをレンタルで送り出している。そのほとんどが今夏に所属元に戻ってくる予定となっており、宇佐美もその1人だ。<br><br>では、アウクスブルクはそんなプレーヤーたちを今後の構想に含める考えなのだろうか。地元紙『アウクスブルガー・アルゲマイネ』が伝えたロイターSDのコメントによれば、クラブとしてはそれぞれと意思確認をしたいとのこと。「全員にとって、有意義でなければいけない」と強調しつつ、「1人の選手が他でプレーすることが自分にとってベストと判断すれば、我々は基本、選手側との話し合いにはオープンだ」と今夏の移籍を容認することも考えられるという。<br><br>レンタルにあたっての目的は、選手が十分な出場機会を得られる環境に置かれること。ロイターSDは「数人においては、うまくいっているようだね」と語り、デュッセルドルフでここまで公式戦25試合に出場し、7ゴールをマークした宇佐美をその成功例に挙げた。また、レンタル中の選手たちとは常にコンタクトを取っているというマヌエル・バウム監督は「最善の決断を試みる」と明かし、今後最終的な話し合いに入ることを示唆したようだ。<br><br>ブンデスリーガ2部は来月13日に全日程が終了。原口元気も期限付きで加わり、デュッセルドルフでついに本領を発揮しつつある宇佐美だが、その時点まで所属元に自身の希望を伝えることになるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.17 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

アウグスブルクに逆転勝利のバイエルン、6連覇決定《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは7日、ブンデスリーガ第29節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、4-1で勝利した。この結果、バイエルンの6連覇が決定している。 ▽前節ドルトムントとのデア・クラシカーを6-0で圧勝した首位バイエルン(勝ち点69)は、勝利すれば6連覇が決まる中、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のセビージャ戦を敵地で2-1と逆転勝利し、ベスト4進出に前進した。良い流れが続くバイエルンはセビージャ戦のスタメンから8選手を変更。キミッヒ、J・ボアテング、ベルナトのみ引き続きスタメンとなった。 ▽10位アウグスブルク(勝ち点36)に対し、バイエルンは3トップに右からロッベン、ワグナー、ベルナトと並べ、中盤アンカーにルディ、両インサイドにハメス・ロドリゲスとトリッソを配す[4-3-3]で臨んだ。しかし、積極的な入りを見せてきたアウグスブルクに押し込まれる立ち上がりを強いられる。 ▽そして、思うように攻撃を組み立てられないバイエルンは、18分に失点する。J・ボアテングのボールロストからコルドバにシュートを打たれると、GKウルライヒの弾いたルーズボールがジューレの頭に当たってゴールに吸い込まれた。 ▽最前線のワグナーが起点となれず、シュートチャンスすら作れずにいたバイエルンだったが、32分に試合を振り出しに戻した。右サイドからのキミッヒのクロスにフリーとなっていたトリッソが頭で押し込んだ。 ▽続く35分にキミッヒのヘディングシュートでゴールに迫ったバイエルンは、38分に逆転する。キミッヒが右サイドを突破してグラウンダーのクロスを送り、ベルナトのヒールでの落としを受けたボックス左のハメス・ロドリゲスが確実にシュートを蹴り込んだ。 ▽44分にもトリッソがGKを強襲するシュートを浴びせたバイエルンが、1点をリードして前半を終えた。 ▽迎えた後半、押し込み続けたバイエルンは、62分に突き放す。FKの流れからハメス・ロドリゲスが落としたボールを、ボックス右のロッベンが蹴り込んだ。 ▽ハメス・ロドリゲスをお役御免としたバイエルンは、ロッベンの直接FKなどで3点目に迫った中、終盤にかけてベルナトとロッベンを下げ、リベリとミュラーを投入。試合を締めにかかると、87分にダメを押した。左CKからワグナーがヘディングシュートを流し込んだ。 ▽このまま4-1で逆転勝利したバイエルンが5試合を残してブンデスリーガ6連覇を決めている。 2018.04.08 00:33 Sun
twitterfacebook
thumb

香川欠場のドルトムントがホームで痛恨ドロー…2位死守も3位シャルケとの勝ち点差が“1”に縮まる《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは26日、ブンデスリーガ第24節でアウグスブルクと対戦し、1-1の引き分けに終わった。なお、ドルトムントのMF香川真司はケガの影響でベンチ外となった。 ▽リーグ戦3連勝中の2位ドルトムント(勝ち点40)が、本拠地シグナル・イドゥナ・パルクに8位アウグスブルク(勝ち点31)を迎えた一戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのアタランタ戦を2戦合計4-3で制し、ベスト16進出を決めたドルトムントは、その試合から先発を4人変更。1トップにバチュアイを配置した[4-2-3-1]の布陣を採用し、2列目は右からゲッツェ、ロイス、シュールレと並べた。 ▽試合序盤はボールが落ち着かず、攻守が激しく入れ替わる展開が続く。そんな中16分、ドルトムントがファーストチャンスをモノにする。自陣でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、中盤から持ち上がったゲッツェのパスをボックス右で受けたシュールレがダイレクトクロス。これはヒンテレッガーのスライディングブロックに弾かれたが、こぼれ球をロイスが流し込んだ。 ▽先制点で勢いに乗りたいドルトムントだったが、アウグスブルクの鋭い出足を前になかなかチャンスを作り出せない。対するアウグスブルクは43分、バイタルエリア中央左でグレゴリッチュが倒されてFKを獲得。シュミットの直接FKがゴール左隅を捉えるも、これはGKビュルキの好セーブに防がれた。 ▽後半もボールを保持するドルトムントに対して、アウグスブルクは少ない手数でカウンターを狙うといった構図で試合が推移。すると56分、アウグスブルクはマックスの左クロスからゴール前に抜け出したシュミットが頭で合わせたが、これは枠の上に外れた。 ▽膠着状態が続いたが、73分にスコアが動く。シュミットの左CKをゴール前に抜け出したダンソがヘディングシュート。一度はGKビュルキに弾かれるも、こぼれ球を再びダンソが押し込み、アウグスブルクが試合を振り出しに戻した。 ▽同点ゴールを許したドルトムントは、77分にロイスを下げてプリシッチを投入。その後、何度も相手陣内に攻め入るドルトムントだったが、アウグスブルクの粘り強い守備を崩せず。 ▽結局、このまま試合は終了。リーグ4連勝を逃したドルトムントは、2位をキープするも3位シャルケとの勝ち点差が“1”に縮まった。 2018.02.27 06:31 Tue
twitterfacebook
thumb

快勝のライプツィヒが2連勝で暫定2位浮上《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは9日、ブンデスリーガ第22節でアウグスブルクをホームに迎え、2-0で快勝した。 ▽前節ボルシアMG戦をルックマンのデビュー弾で競り勝った3位ライプツィヒ(勝ち点35)が、7位アウグスブルク(勝ち点31)をホームに迎えた一戦。 ▽2トップにヴェルナーとY・ポウルセン、右サイドにN・ケイタを配置したライプツィヒは、2トップにボールを入れて打開を図っていく。すると16分、ヴェルナーがGKを強襲するシュートを浴びせると、直後のCKの流れから先制した。Y・ポウルセンのバイシクルシュートはGKにセーブされたが、ルーズボールをゴールエリア左のウパメカーノがボレーで押し込んだ。 ▽その後もアウグスブルクに攻め手を与えず、2トップの推進力を生かして主導権を握るライプツィヒが1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、徐々に圧力を強めて追加点に迫っていったライプツィヒは、ブルマが際どいミドルシュートを浴びせる。そして、68分のバイアーのミドルシュートをGKグラーチが好守で阻止すると、70分に突き放した。ボックス手前左で得たFKをN・ケイタが直接狙うと、ボールは壁に当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。 ▽勝負を決定付けたライプツィヒは、79分にボックス手前左で得たFKをカンプルが直接狙い、シュートはバーを直撃。3点目こそ奪えなかったが、アウグスブルクを寄せ付けずに快勝し、2連勝で暫定2位に浮上している。 2018.02.10 06:33 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース