宇佐美同僚の韓国代表MFク・ジャチョルが2019年6月までアウグスブルクと契約延長2017.03.20 16:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウグスブルクは、韓国代表MFク・ジャチョル(28)との契約延長を発表した。新契約は2019年6月までとなる。

▽2011年に済州ユナイテッドからヴォルフスブルクに加入したク・ジャチョルは、2012年1月にアウグスブルクへとレンタル移籍。2013年6月までアウグスブルクで過ごすと、2014年1月にはヴォルフスルブルクからマインツへ完全移籍した。マインツで1シーズン半を過ごすと、2015年8月に完全移籍でアウグスブルクに加入。主力としてチームを牽引している。

▽ブンデスリーガでは154試合に出場し24得点16アシストを記録。アウグスブルクでは公式戦95試合に出場し19得点12アシストを記録している。今シーズンはブンデスリーガで20試合に出場し2得点3アシストを記録している。

▽また、2008年2月から韓国代表としてもプレーし、通算55試合出場17得点を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

日本代表FW浅野拓磨にライバル出現! シュツットガルトに昨季8G9Aのウインガーが加入

▽シュツットガルトは18日、アウグスブルクからドイツ人MFエリック・トミー(23)を獲得したことを発表した。契約は2020年6月30日まで。 ▽アウグスブルクの下部組織出身のトミー。昨シーズンはドイツ3部リーグに所属するSSVヤーン・レーゲンスブルクにレンタル移籍し、公式戦40試合で8ゴール9アシストの活躍をみせた。アウグスブルクに復帰した今シーズンは、ここまでリーグ戦6試合に出場していた。 ▽トミーはシュツットガルトの公式サイトで「アウグスブルクでは素晴らしい時間を過ごすことが出来た。ここまで僕の成長を支えてくれた人たちにお礼を言いたい」とコメント。さらに、「僕にとって、シュツットガルトへの移籍は次のステップに進める新しい環境での偉大なチャンレンジだ。すでに待ち遠しいよ。早くチームに溶け込んで力になれるといいね」と意気込みも語った。 2018.01.19 13:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ストーク・シティ、アウグスブルクからギリシャ代表DFをシーズン終了までのレンタルで獲得

▽ストーク・シティは18日、アウグスブルクからギリシャ代表DFコスタス・スタフィリディス(24)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は今季終了までとなる。 ▽母国ギリシャの強豪PAOKでプロデビューしたスタフィリディスは、2012年の夏にレバークーゼンへ完全移籍で加入したもののレギュラーに定着できず、その後は古巣PAOKやフルアムへのレンタルを経験。 ▽2015年の夏に加入したアウグスブルクでは、在籍2年半で公式戦47試合に出場し5ゴール3アシストをマーク。今季はケガに悩まされ、ここまでリーグ戦2試合の出場にとどまっていた。 ▽また、U-17から各年代のギリシャ代表に選出されてきたスタフィリディスは、2012年9月にA代表デビューを飾ると、これまで22キャップを記録している。 2018.01.19 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

伊藤途中出場のHSV、降格圏抜け出せず厳しい3連敗《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは13日、ブンデスリーガ第18節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。HSVのDF酒井高徳はベンチ入りも出場機会はなく、FW伊藤達哉は74分から出場している。 ▽前節ボルシアMG戦を1-3と完敗して2連敗となった17位HSV(勝ち点15)は、酒井高と伊藤がベンチスタートとなった。 ▽9位アウグスブルク(勝ち点24)に対し、立ち上がりから一進一退の攻防を強いられたHSVは、なかなか決定的なシュートに持ち込むことはできない。 ▽そんな中32分、アウグスブルクのグレゴリッチュに強烈なボレーシュートでオンターゲットを記録される。そして前半終了間際、ク・ジャチョルのヘディングシュートで失点し、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半も思うように攻撃を仕掛けられず苦戦したHSVは、74分に伊藤を右サイドに投入。しかし、見せ場を作れず、チームは0-1のまま敗戦。厳しい3連敗となっている。 2018.01.14 06:29 Sun
twitterfacebook
thumb

今季10Aを記録するアウグスブルクDFマックスにプレミアの強豪がこぞって注目

▽アウグスブルクに所属するドイツ人DFフィリップ・マックス(24)が、イングランドの強豪クラブから注視されているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 ▽『キッカー』によると、2022年までアウグスブルクとの契約を残すマックスには、マンチェスターの両クラブやチェルシーなどプレミアの強豪クラブが獲得に興味を示しており、昨年12月には各クラブのスカウトがマックスの視察に訪れていたという。 ▽ユース時代に1860ミュンヘン、バイエルン、シャルケと渡り歩いたマックスは、2014年3月にシャルケでトップチームデビュー。翌年にカールスルーエに移籍すると、左サイドバックとしてリーグ戦22試合に出場。主力としてクラブの昇格プレーオフ進出に貢献した。 ▽カールスルーエでの活躍が認められ、2015年8月にアウグスブルクに加入するも、今季開幕までは2シーズンで公式戦53試合に出場し1ゴール3アシストと目立った活躍を見せていなかった。しかし、今季はリーグ戦17試合の出場で1ゴール10アシストをマークしており、第17節終了時点でブンデスリーガのアシストランキングトップに立っている。 2018.01.03 01:34 Wed
twitterfacebook
thumb

メンディ代役探しのペップ、アウグスブルク左SBに関心か

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が来年1月の移籍市場で左サイドバックの補強を画策しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽その候補に名前が挙がったのが、アウグスブルクに所属するドイツ人DFフィリップ・マックス(24)だ。シャルケ育成機間出身のドイツ人左サイドバックは、カールスルーエを経て、2015年夏からアウグスブルクでプレー。高い攻撃性能を武器とし、今シーズンはここまで出場したブンデスリーガ17試合でランキングトップの10アシストをマークしている。 ▽売り出し中のマックスに対しては、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、エバートンも関心を寄せているとみられるが、負傷離脱が続いているDFバンジャマン・メンディの代役探しに奔走するシティも動向を注視。シティのスカウトマンは16日に行われたブンデスリーガ第17節のフライブルク戦でマックスを視察したという。 ▽また、グアルディオラ監督は来年1月の移籍市場で、負傷離脱中のDFヴァンサン・コンパニに代わるセンターバック獲得も視野。現時点で、レアル・ソシエダのDFイニゴ・マルティネス、エスパニョールのDFアーロン・マルティン、サウサンプトンのDFヴィルヒル・ファン・ダイク、セビージャのDFクレマン・ラングレをリストアップしている模様だ。 2017.12.17 19:05 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース