宇佐美同僚の韓国代表MFク・ジャチョルが2019年6月までアウグスブルクと契約延長2017.03.20 16:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウグスブルクは、韓国代表MFク・ジャチョル(28)との契約延長を発表した。新契約は2019年6月までとなる。

▽2011年に済州ユナイテッドからヴォルフスブルクに加入したク・ジャチョルは、2012年1月にアウグスブルクへとレンタル移籍。2013年6月までアウグスブルクで過ごすと、2014年1月にはヴォルフスルブルクからマインツへ完全移籍した。マインツで1シーズン半を過ごすと、2015年8月に完全移籍でアウグスブルクに加入。主力としてチームを牽引している。

▽ブンデスリーガでは154試合に出場し24得点16アシストを記録。アウグスブルクでは公式戦95試合に出場し19得点12アシストを記録している。今シーズンはブンデスリーガで20試合に出場し2得点3アシストを記録している。

▽また、2008年2月から韓国代表としてもプレーし、通算55試合出場17得点を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

長谷部ボランチでフル出場のフランクフルト、アウグスブルクに惜敗《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは16日、ブンデスリーガ第4節でアウグスブルクをホームに迎え、1-2で敗れた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽前節ボルシアMG戦をヒザ痛で欠場した長谷部が[3-6-1]のボランチで先発となった一戦。 ▽立ち上がりからポゼッションしたフランクフルトは、8分にガチノビッチが枠内シュートを浴びせると、最前線のアラーが起点となってアウグスブルクを押し込んでいく。すると、17分には長谷部が前線に絡んでシュートを浴びせた。 ▽しかし20分、アウグスブルクに先制される。右サイド高い位置からのマックスの左足から放たれた鋭いFKがそのままゴール左サイドネットに吸い込まれた。 ▽その後はカウンターを狙うアウグスブルクにペースを握られ、フランクフルトはポゼッションするものの、決定機を生み出せないまま前半を終えた。 ▽迎えた後半からDFのサルセドに代えてアタッカーのレビッチを投入したフランクフルトが、引き続き敵陣でのプレーを続けていく。59分には右クロスを受けたボックス中央のアラーがシュートに持ち込んだが、枠の左に外れてしまった。 ▽その後は何度かカウンターを浴びるピンチを迎えたフンクフルトが76分に失点する。ボックス手前左からカイウビーが意表を突いたコントロールシュートを放つと、ボールはゴール右上に吸い込まれた。 ▽2点差とされたフランクフルトは、80分にヨビッチが右CKからヘディングシュートで1点差に詰め寄ると、終盤にかけても攻め立てたが、同点ゴールを奪うには至らず。今季2敗目を喫している。 2017.09.17 02:42 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫フル出場もアウグスブルクに完敗でケルン開幕3連敗《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第3節、アウグスブルクvsケルンが9日に行われ、0-3で完敗した。ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。 開幕2連敗と苦しいスタートとなったケルンは、代表戦に合流していた大迫がフラットな[4-4-2]の2トップの一角で先発となった。 ▽試合はケルンがボールを保持する展開となるも、22分に先制される。マックスの左クロスからフィンボガソンにヘディングで決められた。 ▽さらに32分、ヘクターがボックス内に侵入したヘラーを倒し、PKを献上。これをフィンボガソンに決められ、リードを広げられてしまう。 ▽0-2で迎えた後半もケルンがボールを保持。しかし、チャンスを生み出すことはできない。そこで72分、アタッカーのギラシーの投入によって大迫がボランチに下がった。 ▽それでも好機を生み出せずにいると、追加タイム4分にフィンボガソンにハットトリックとなるゴールを決められて終戦。開幕3連敗で最下位に沈んでいる。 2017.09.10 05:25 Sun
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、1860ミュンヘンからU-18ドイツ代表DFキリアン・ジェイコブを獲得

▽アウグスブルクは30日、1860ミュンヘンからU-18ドイツ代表DFキリアン・ジェイコブ(19)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの5年間で、背番号は25を着用する。 ▽アウグスブルクへの移籍が決まったジェイコブは、クラブの公式サイトで以下のようにコメント。 「アウグスブルクでトップリーグへの第一歩を踏み出せてうれしいよ。近年、アウグスブルクは多くの若い選手を獲得し、育て、ブンデスリーガで実績を残してきた。だから僕もここへの移籍を決めたんだ」 ▽1860ミュンヘンの下部組織出身のジェイコブは、2016年7月にセカンドチームの1860ミュンヘンⅡに昇格。昨シーズンは公式戦32試合に出場し7ゴール3アシストを記録していた。 2017.08.31 00:58 Thu
twitterfacebook
thumb

アウグスブルクFW宇佐美貴史が2部のデュッセルドルフ移籍へ…メディカルチェック受診と報道

▽アウグスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史が、ブンデスリーガ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフへ移籍するようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 ▽宇佐美は、2011年7月にガンバ大阪からバイエルンへとレンタル移籍。その後ホッフェンハイムへと移籍するも、結果を残すことができずに2013年6月にG大阪へと復帰。Jリーグに復帰すると、当時J2のG大阪をJ1昇格に導くと、2014年には国内3冠達成に貢献。2016年7月にアウグスブルクへと移籍し、2度目のブンデスリーガ挑戦を果たした。 ▽しかし、アウグスブルクではチーム戦術の影響もあり満足した出場機会を得られず。ブンデスリーガで11試合の出場に終わっていた。また、今シーズンはサイドではなく中央でのプレート意気込んでいたが、ここまで出場機会はなかった。 ▽『ビルト』によると、宇佐美は30日にメディカルチェックを受けるためにデュッセルドルフへと訪れるとのことだ。詳細は明らかにされていないが、移籍市場閉鎖の直前に滑り込み移籍をすることになるようだ。 2017.08.30 19:53 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがアウグスブルクからパラグアイ代表FWボバディージャ獲得! 5年ぶりの古巣復帰に

▽ボルシアMGは17日、アウグスブルクからパラグアイ代表FWラウール・ボバディージャ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。 ▽パラグアイ人両親の下、アルゼンチンで生まれ育ったボバディージャは、これまでグラスホッパーやヤング・ボーイズ、バーゼルといったスイスのクラブで活躍。2013年に加入したアウグスブルクでは、ここまでリーグ戦94試合に出し、21ゴール10アシストを記録していた。 ▽本職のセンターフォワードに加え、左右のウイングでもプレー可能なボバディージャは、分厚い筋肉を身に纏い、181cmという数字以上の存在感を誇り、決定力に課題はあるものの、推進力やチャンスメークの部分で頼りになる存在だ。 ▽なお、ボルシアMGには2009年夏から2012年冬まで在籍しており、5年ぶりの古巣復帰となった。 2017.08.18 00:45 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース