超ワールドサッカー

宇佐美同僚の韓国代表MFク・ジャチョルが2019年6月までアウグスブルクと契約延長2017.03.20 16:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウグスブルクは、韓国代表MFク・ジャチョル(28)との契約延長を発表した。新契約は2019年6月までとなる。

▽2011年に済州ユナイテッドからヴォルフスブルクに加入したク・ジャチョルは、2012年1月にアウグスブルクへとレンタル移籍。2013年6月までアウグスブルクで過ごすと、2014年1月にはヴォルフスルブルクからマインツへ完全移籍した。マインツで1シーズン半を過ごすと、2015年8月に完全移籍でアウグスブルクに加入。主力としてチームを牽引している。

▽ブンデスリーガでは154試合に出場し24得点16アシストを記録。アウグスブルクでは公式戦95試合に出場し19得点12アシストを記録している。今シーズンはブンデスリーガで20試合に出場し2得点3アシストを記録している。

▽また、2008年2月から韓国代表としてもプレーし、通算55試合出場17得点を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

ホッフェンハイム、アウグスブルクにゴールレスドローもクラブ最高位の4位フィニッシュ《ブンデスリーガ》

▽ホッフェンハイムは20日、ブンデスリーガ最終節でアウグスブルクをホームに迎え、0-0に終わった。アウグスブルクのFW宇佐美貴史はベンチ入りしなかった。 ▽前節ブレーメン戦を5-3と大勝した4位ホッフェンハイム(勝ち点61)は、ドルトムントに勝ち点で並んだ。チャンピオンズリーグ(CL)・ストレートインのできる3位ドルトムントとの得失点差が4あることから勝利した上でドルトムントの躓きを待ちたいところだった。 ▽引き分けで残留をほぼ確定できる14位アウグブルク(勝ち点37)に対し、ホッフェンハイムは開始2分にワグナーのミドルシュートで牽制。その後も一方的に敵陣で試合を運ぶと、23分にデミルバイのループシュートでゴールに迫ったが、枠の上に外れた。 ▽ハーフタイムにかけてギアを上げ直したホッフェンハイムは40分にツバーのミドルシュートがGKを強襲すると、43分にはクラマリッチが直接FKで枠を捉えるも、GKの守備範囲に飛んでゴールを奪えず前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半も敵陣で試合を進めたホッフェンハイムだったが、攻めあぐねる状況が続く。そこでナーゲルスマン監督は65分にウートとデミルバイに代えてアミリとシュベクラーを投入。すると68分、クラマリッチの放ったミドルシュートが左ポストを直撃した。 ▽その後も攻め立てるホッフェンハイムは77分にFKからワグナーがヘディングシュートで狙うも、枠を捉えきれない。そして86分のビチャクチッチのヘディングシュートはゴールライン上のDFに頭でクリアされてゴールを割れず、0-0で終了。クラブ最高位となる4位でのシーズンフィニッシュとなり、来季のCLプレーオフ出場が決まった。 2017.05.21 01:22 Sun
twitterfacebook
thumb

香川同点弾アシストのドルトムント、3位死守も残留争うアウグスブルクにドロー止まり《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第33節、アウグスブルクvsドルトムントが13日に行われ、1-1で引き分けた。アウグスブルクのMF宇佐美貴史はベンチ入りせず、ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。 ▽前節はチャンピオンズリーグ(CL)・ストレートインを争うホッフェンハイムにロイスのオフサイドゴールが認められ、辛くも競り勝ったドルトムント(勝ち点60)は3位に再浮上。ホッフェンハイムに2ポイント差を付けた中、前節先発落ちした香川がスタメンに復帰した。 ▽残留プレーオフに回らなければならない16位ハンブルガーSVに2ポイント差の13位アウグスブルク(勝ち点36)に対し、香川が[3-1-4-2]の左インサイドMFに入ったドルトムントが立ち上がりからポゼッションしていく。 ▽しかし17分、最初に決定機を演出したのは守備に徹していたアウグスブルク。マックスの左クロスをファーサイドに走り込んだフィンボガソンが合わせるも、枠を捉えていたシュートはGKビュルキのファインセーブに阻まれた。 ▽すると、ひやりとしたドルトムントにアクシデント。ヴァイグルがスライディングタックルを仕掛けた際に右ヒザを負傷し、23分にドゥルムとの交代を強いられた。 ▽そして30分、GKのロングボールを受けたマックスがボックス左からシュート。これはGKビュルキに弾かれるも、ルーズボールをフィンボガソンが押し込んでアウグスブルクが先制する。 ▽それでも32分、ペナルティアーク中央から香川が放ったミドルシュートをゴール前のオーバメヤンがコースを変えてネットを揺らし、ドルトムントが試合を振り出しに戻した。 ▽その後、ハーフタイムにかけても押し込んだドルトムントは、追加タイム2分に逆転のチャンス。O・デンベレがボックス右でDFをかわして上げた完璧なクロスをオーバメヤンがヘディングシュート。しかし、枠の右に外して前半を1-1で終えた。 ▽迎えた後半もドルトムントがポゼッションする流れが続く中、56分にオーバメヤンがミドルシュートでゴールに近づくと、61分に決定機。ボックス手前左の香川のフィードをオーバメヤンがヘッド。しかし、枠の左隅を捉えたシュートはGKの好守に阻止された。 ▽攻めあぐねるドルトムントは80分にラファエウ・ゲレイロに代えてプリシッチを投入。すると直後、ギンターのフィードをボックス右の香川がヘディングで合わせたシュートが枠の左を捉えるも、GKルセの好守に阻まれる。 ▽83分には香川のパスをボックス左で受けたロイスが際どいシュートを浴びせたドルトムントだったが、終盤にかけては決定機を生み出せずに1-1でタイムアップ。ブレーメンに勝利した4位ホッフェンハイムに勝ち点で並ばれた中、最終節ブレーメン戦に臨むこととなった。 2017.05.14 00:40 Sun
twitterfacebook
thumb

「ドルトムントCEOの発言は“計算済み”」トゥヘル解任報道に関して持論を語るOB

かつてボルシア・ドルトムントでプレーした元ドイツ代表DFのクリストフ・メッツェルダー氏は、ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)のトーマス・トゥヘル監督に対する発言は計算されたものだと考えるようだ。ドイツ紙『ライニシェ・ポスト』が伝えている。<br><br>先月のバス爆破事件で、トゥヘル監督は試合がその翌日に開催される決断に「意見をすることができなかった」と語り、UEFAを強く批判していた。それに対し、ヴァツケCEOは先週に公開されたインタビューで、監督や選手たちは実際には意見を問われていたことを明かし、両者の間に確執が生まれていることをうかがわせた。<br><br>同CEOはそのインタビューで、翌日開催を批判したことに対して戸惑ったかと聞かれると、「部分的に」と返答。さらにこの件で自身と監督との間で意見の食い違いがあったことを、「それは確かだ、イエス」と認めている。それらの発言が国内で大きな波紋を呼んだ。全国紙『ズュートドイチェ・ツァイトゥング』では同監督に対する選手やスタッフによる批判の言葉が引用されるなど、各メディアではもはや今夏以降の続投の可能性がないという見解が述べられている。<br><br>一方で、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は「(インタビュー公開の)タイミングは計算されたものではまったくない」と強調しつつ、「一言だけでこれほどの騒ぎに発展したことには驚いている」とクラブ側のトゥヘル監督の立場を意図的に弱めたことを否定している。また同監督の代理人を務めるオラフ・マインキング氏は「『これほどの反響を呼び起こすつもりではなかった』と伝えられた」とも明かしている。<br><br>だがメッツェルダー氏は「両者の関係に問題があるのは確か。引き金となったのは感情的になった状況でのテレビインタビューではなく、(クラブ側が)確認し、公開の許可が下された印刷されたものだからね。ハンス=ヨアヒム・ヴァツケはその言い方が反応を招くことはわかっていたはず。そう考えると、これは作戦の一部だったことになる」とコメント。また、ここ数日やや協調的な姿勢が示されていることについては「今、公に出されている声明は何も信じられないよ」と続けた。<br><br>トゥヘル監督が来シーズンもドルトムントを率いる可能性については「まずスポーツ面における結果を見なければいけない。ドルトムントが来季チャンピオンズリーグ本選への出場権を得て、DFBポカールも優勝するとなれば、そのような決断を下すことを公に売り込むのは無理ではないかもしれないが、難しいのは確かだね。だがとりわけ、どんな選択肢があるのか考えなければならない。(ユルゲン・)クロップ、そしてトゥヘルの後を継ぐ人を見つけるのは極めて難しいからね」と話した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.12 19:10 Fri
twitterfacebook
thumb

宇佐美欠場のアウグスブルクが酒井フル出場のHSVに4発快勝! 残留を争う直接対決を制し13位に浮上!!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第31節のアウグスブルクvsハンブルガーSV(HSV)が4月30日に行われ、4-0でアウグスブルクが勝利した。アウグスブルクの宇佐美はベンチ外。HSVの酒井高はフル出場した。 ▽前節フランクフルトに完敗した16位アウグスブルク(勝ち点32)が、本拠地インパルス・アレーナに15位のHSV(勝ち点33)を迎えた。ブンデスリーガ残留を争う両チームの一戦は、立ち上がりから一進一退の攻防を展開される。そんな中、先に試合を動かしたのはアウグスブルク。 ▽28分、右サイドを突破したシュミットの折り返しを中央に走り込んだハリル・アルティントップが右足で流し込んだ。 ▽先制して勢いづくアウグスブルクは、42分にもフィンボガソンのパスでボックス左に侵入したマックスがゴール左まで持ち込みラストパスを供給。これを逆サイドから走り込んだハリル・アルティントップがワンタッチでゴールに沈めた。 ▽アウグスブルクの2点リードで迎えた後半、HSVはグレゴリッチュとワラセを下げてラソッガとG・ユングを投入する2枚替えを敢行。しかし、後半も主導権を握ったのはアウグスブルク。 ▽76分、右サイドでボールを受けたフィンボガソンがクロスを放り込むと、ボックス左に駆け上がったマックスがワントラップから左足のシュートをゴールに突き刺した。 ▽さらに85分には、自陣からのロングフィードをマックスが頭でつなぐと、相手DFの裏に抜け出した途中出場のボバディージャが相手GKとの一対一を冷静に制し、試合を決定付ける4点目を奪った。 ▽その後、アウグスブルクはチ・ドンウォンやブラッカーを投入し危なげなく試合をクローズ。残留を争うチーム同士の直接対決を制したアウグスブルクが13位に浮上。一方、敵地で完敗を喫したHSVは昇格降格プレーオフ圏内の16位に後退した。 2017.05.01 02:09 Mon
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第31節プレビュー】宇佐美アウグスvs酒井高HSVによる残留争い

▽前節は首位バイエルンが引き分けて2戦連続ドローとなったものの、2位ライプツィヒも引き分け、残り4試合となった中、8ポイント差が維持された。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではホッフェンハイム(勝ち点55)が引き分けてプレーオフに回らなければならない4位に後退し、勝利したドルトムント(勝ち点56)がストレートインの3位に浮上している。迎える第31節は宇佐美の16位アウグスブルク(勝ち点32)と酒井高の15位ハンブルガーSV(勝ち点33)による残留争いが行われる。 ▽前節フランクフルト戦では2試合連続スタメンとなったものの、ケルン戦に続き守備に追われて攻撃面で存在感を発揮できなかった宇佐美。57分に交代となった宇佐美に対して、現地メディアは厳しい評価を与えた。チームも終盤に3失点を喫して敗れており、残留プレーオフに回らなければならない16位から抜け出せずにいる。1ポイント差で追う15位HSVとのシックスポインターとなるが、宇佐美はベンチスタート予想。途中出場からチームに勝ち点3をもたらす働きが期待される。 ▽一方、最下位ダルムシュタットに足をすくわれたHSVは、痛恨の2連敗で15位に後退。酒井高は味方のパスを受けられず、失点に絡むミスを犯したことで低評価が与えられたが、この大一番で名誉挽回としたい。ボランチの位置での先発が予想される中、まずは守備面でチームに安定感をもたらしたいところだ。 ▽今節はもう一試合日本代表対決が行われ、CL出場を目指す香川のドルトムントと、EL出場を目指す大迫のケルンが対戦する。ボルシアMG戦で出場機会のなかった香川だが、チームは3-2と競り勝ち、3位に浮上した。そして、水曜日に行われたバイエルンとのDFBポカール準決勝でも出場機会がなかった中、チームは決勝進出を果たした。ロイスの復帰によってベンチを温める機会が増えたが、途中出場から好機を生み出せるか。 ▽一方、ホッフェンハイム相手に勝利を目前としながらも大迫のボールロストによって引き分けに持ち込まれたケルンは、EL出場権の得られる7位ブレーメンを1ポイント差で追う。負傷後、ここ2試合スタメンとなっている大迫だが、決定機逸や失点関与などパフォーマンスは芳しくない。良いシーズンで終えるためにも、負傷前のパフォーマンスを取り戻したい。 ▽マインツに2-2で引き分け、DFBポカール決勝進出を逃した首位バイエルン(勝ち点70)は、残留を争っている14位ヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、2位ライプツィヒは降格圏に沈む17位インゴルシュタットとのホーム戦を戦う。そして、4位に後退したホッフェンハイムはDFBポカール決勝に進出したフランクフルトと対戦し、バイエルン戦でPKを獲得した武藤のマインツはDFBポカール決勝でPK戦にまでもつれ込みながらフランクフルトに敗れたボルシアMG戦を戦う。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第31節 ▽4/28(金) 《27:30》 レバークーゼン vs シャルケ ▽4/29(土) 《22:30》 ライプツィヒ vs インゴルシュタット マインツ vs ボルシアMG ダルムシュタット vs フライブルク ブレーメン vs ヘルタ・ベルリン ドルトムント vs ケルン 《25:30》 ヴォルフスブルク vs バイエルン ▽4/30(日) 《22:30》 アウグスブルク vs ハンブルガーSV 《24:30》 ホッフェンハイム vs フランクフルト 2017.04.28 18:00 Fri
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース