メッシ2発などでバルセロナが10人のバレンシアとの打ち合い制す《リーガエスパニョーラ》2017.03.20 06:36 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節バルセロナvsバレンシアが19日にカンプ・ノウで行われ、4-2でバルセロナが勝利した。

▽前節デポルティボ戦を1-2とまさかの敗戦を喫した2位バルセロナ(勝ち点60)は、リーグ20戦ぶりとなる今季3敗目を喫し、暫定首位の座から陥落。そのバルセロナはデポルティボ戦のスタメンから5選手を変更。ネイマールやイニエスタ、ユムティティにラキティッチといった主力がスタメンに戻った。

▽メスタージャでの前回対戦で物議を醸した13位バレンシア(勝ち点30)に対し、ここ最近採用し続けている攻撃時に[3-5-2]となる布陣で臨んだバルセロナが立ち上がりから攻勢に出ると8分、ロングフィードを受けたスアレスがボックス左へ侵入。ゴール至近距離からシュートを放ったが、やや威力を欠いてGKジエゴ・アウベスにセーブされた。

▽その後もバルセロナがバレンシアを自陣に張り付けると、15分に決定機。スルーパスを受けたスアレスがボックス左で仕掛けてDFをかわしラストパス。だが、メッシのシュートはゴールライン前のDFにカットされた。

▽序盤のバルセロナの猛攻を凌いだバレンシアは19分にソレールがボレーシュートでGKテア・シュテーゲンを強襲すると、28分にはロングボールに抜け出したムニルがGKテア・シュテーゲンと一対一となる決定機を迎える。これは防がれるも、直後の右CKからマンガラが打点の高いヘディングシュートを流し込んでバレンシアが先制した。

▽それでも35分、ネイマールのスローインを受けたスアレスがボックス左に侵入してそのままゴール右隅へシュートを流し込み、試合を振り出しに戻した。さらに44分、スルーパスに反応してボックス内に侵入したスアレスがマンガラと入れ替わったところで倒されPKを獲得。2枚目のイエローカードを受けたマンガラは退場となった。このPKをメッシがゴール正面へ豪快に蹴り込み、2-1と逆転した。

▽しかし追加タイム1分、ガヤがディフェンスライン背後を突いてクロスを送ると、ゴール正面のムニルが流し込んで2-2とし、前半を終えた。

▽迎えた後半、一方的に押し込んだバルセロナは52分に決定機を演出する。メッシのスルーパスを受けたボックス左のネイマールが狙いすましてシュート。しかし、GKジエゴ・アウベスのセーブに阻まれた。それでも直後、ボックス右でマスチェラーノのパスを受けたメッシが右足で豪快にネットを揺らし、勝ち越しに成功する。

▽57分には再びムニルにディフェンスライン背後を取られて独走を許しかけるもピケが対応。失点を逃れると、引き続き10人のバレンシアを攻め立て、72分にはメッシがGKを強襲するシュートを浴びせた。

▽終盤にかけてネイマールに再三決定機が訪れたバルセロナは、89分に勝負を決定付ける。ネイマールが左サイドを突破して丁寧に折り返したボールを、アンドレ・ゴメスが蹴り込んだ。アンドレ・ゴメスの古巣に対する移籍後初ゴールで4-2としたバルセロナが勝利し、首位レアル・マドリーを暫定2ポイント差で追走している。

コメント

関連ニュース

thumb

メッシがサラー獲得をクラブに進言! 今夏最大のビッグディールなるか

▽バルセロナがリバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(25)獲得に動き出したようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)の獲得に動いていたバルセロナだが、グリーズマンは先日にアトレティコ残留を明言し、最終的に獲得交渉は空振りに終わった。 ▽この状況を受けてクラブは同選手に代わる補強選手として同じレフティのサラーをリストアップ。『ミラー』はスペイン方面からの情報として、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが今夏の移籍市場でサラーを獲得するよう、クラブに進言していると伝えた。 ▽また、先日にはバルセロナがすでにサラーの代理人とコンタクトを取っているとの報道も出ており、今後移籍に向けた交渉が本格的にスタートする模様だ。 ▽なお、イギリスの大手ブックメイカー『Ladbrokes』の関係者は先日、「今夏、サラーがリバプールを離れる場合、レアル・マドリーとバルセロナの一騎打ちになるはずだ。そして、勝者はバルセロナになる可能性が高い」と、今後の見通しに関して語っていた。 ▽昨夏、ローマからリバプールに加入し1年目でプレミアリーグの個人タイトルを総なめにしたサラーの移籍金に関しては最低1億ポンド(約147億円)が必要となる模様だ。 2018.06.17 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

今夏の去就が注目されたグリーズマンがアトレティコ残留を明言! 「僕はアトレティコに留まることを決めた」

▽フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)は14日、スペインの放送局『Cero』のミニドキュメンタリー『Movistar+』にて、来季もアトレティコ・マドリーに残留することを明言した。 ▽2022年までアトレティコ・マドリーとの契約を残しているグリーズマン。だが、事前の報道でマンチェスター・ユナイテッドの関心も取り沙汰される中で、今夏のバルセロナ移籍が有力的な情勢として、去就に注目が集まっていた。 ▽以前からロシア・ワールドカップを目途に去就を決定すると明かしていたグリーズマンは、14日に自身のツイッターで「14日の21時15分(日本時間:15日4時15分)に自身の去就について語るビデオが公開される」と発表していた。 ▽今回公開されたビデオでグリーズマンは、「僕はアトレティコに留まることを決めた。もう我慢することはない。僕はアトレティコに残留すると多くの人に伝えたいね」と、残留を明言した。 2018.06.15 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ラキティッチもスペイン代表の解任劇に衝撃「レアルはよくやったが…」

クロアチア代表が記者会見を開き、MFイヴァン・ラキティッチがスペイン代表に起きた解任劇などについて語った。<br><br>ラキティッチは先日、スペイン『マルカ』によってロシア・ワールドカップを最後にクロアチア代表から引退すると伝えられた。しかし、ラキティッチはチームに集中すべきとコメントしている。<br><br>「それについては今話したくない。W杯の後に続けるかどうかではなく、重要なのは代表チームだ。11年間ここにいて多くのことを経験してきた。今後は家族とサッカー協会の人々と相談をして決断を下すだろう。ただ、一番は僕ではなく代表だよ」<br><br>また、ラキティッチが普段プレーしているスペインでは前代未聞の解任劇が。W杯開幕前日にしてジュレン・ロペテギ監督が更迭されている。ラキティッチも大きな衝撃を受けたと明かした。<br><br>「他の全員と同じようにショックを受けたよ。レアルは素晴らしいことをしたが、スペインのサッカー連盟の会長は発表の5分前まで知らなかったようだね。同僚である(アンドレス)イニエスタができるだけ早く通常の状態に戻ることを望んでいるよ。彼らの幸運を祈っている。クロアチア、スイスと並んで、スペインは僕の国だからね」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.15 00:49 Fri
twitterfacebook
thumb

「もしそうなればハッピーだ」ラキティッチ、C・ロナウドのマドリー退団の噂に言及

▽バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、宿敵レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの退団の噂に言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽長らくフットボール界におけるトップに君臨するC・ロナウドには、これまでパリ・サンジェルマン(PSG)のほか、古巣であるユナイテッドが連れ戻しを計画していることが伝えられていた。15得点で6大会連続の得点王に輝き、チームの3連覇に大きく貢献したチャンピオンズリーグ(CL)の決勝後、「レアル・マドリーに居られて本当に良かった。いつも僕に寄り添ってくれるファンに対して、近日中に返事を届けたい」という発言をきっかに今シーズン限りでの退団の見込みが強まっている。 ▽さらに最近ではレアル・マドリーの会長を務めるフロレンティーノ・ペレス氏が、C・ロナウドの代理人と新契約を議題に会談をしたものの、C・ロナウド側の要求を満たしていなかったことから溝が埋まらず、退団がより現実味を帯びてきているようだ。 ▽そんな中、宿敵との一戦で常に苦しめられてきたバルセロナのラキティッチは、この噂について口を開いた。 「彼が(レアル・マドリー)を退団することはとても信じがたいことだ。しかし、フットボールでは物事が素早く変わる。もしそうなれば、僕は嘘をつくことはない。ハッピーだ」 2018.06.13 09:22 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサのスペイン代表MFデウロフェウがワトフォードに完全移籍

▽ワトフォードは11日、バルセロナのスペイン代表MFジェラール・デウロフェウ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約は2023年6月30日までの5年契約となる。 ▽今年1月からレンタル移籍でワトフォードに加入していたデウロフェウ。ケガの影響もありプレミアリーグでの出場は7試合にとどまったものの、第26節のチェルシー戦では1ゴール1アシストを記録し、4-1の勝利に貢献していた。 ▽デウロフェウは以前にも「バルセロナに戻る気はない。ハビ・グラシア(監督)はワトフォードで僕を必要としてくれている」と語っていた。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、移籍金は1150万ポンド(約17億円)程のようだ。 2018.06.11 20:59 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース