メッシ2発などでバルセロナが10人のバレンシアとの打ち合い制す《リーガエスパニョーラ》2017.03.20 06:36 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節バルセロナvsバレンシアが19日にカンプ・ノウで行われ、4-2でバルセロナが勝利した。

▽前節デポルティボ戦を1-2とまさかの敗戦を喫した2位バルセロナ(勝ち点60)は、リーグ20戦ぶりとなる今季3敗目を喫し、暫定首位の座から陥落。そのバルセロナはデポルティボ戦のスタメンから5選手を変更。ネイマールやイニエスタ、ユムティティにラキティッチといった主力がスタメンに戻った。

▽メスタージャでの前回対戦で物議を醸した13位バレンシア(勝ち点30)に対し、ここ最近採用し続けている攻撃時に[3-5-2]となる布陣で臨んだバルセロナが立ち上がりから攻勢に出ると8分、ロングフィードを受けたスアレスがボックス左へ侵入。ゴール至近距離からシュートを放ったが、やや威力を欠いてGKジエゴ・アウベスにセーブされた。

▽その後もバルセロナがバレンシアを自陣に張り付けると、15分に決定機。スルーパスを受けたスアレスがボックス左で仕掛けてDFをかわしラストパス。だが、メッシのシュートはゴールライン前のDFにカットされた。

▽序盤のバルセロナの猛攻を凌いだバレンシアは19分にソレールがボレーシュートでGKテア・シュテーゲンを強襲すると、28分にはロングボールに抜け出したムニルがGKテア・シュテーゲンと一対一となる決定機を迎える。これは防がれるも、直後の右CKからマンガラが打点の高いヘディングシュートを流し込んでバレンシアが先制した。

▽それでも35分、ネイマールのスローインを受けたスアレスがボックス左に侵入してそのままゴール右隅へシュートを流し込み、試合を振り出しに戻した。さらに44分、スルーパスに反応してボックス内に侵入したスアレスがマンガラと入れ替わったところで倒されPKを獲得。2枚目のイエローカードを受けたマンガラは退場となった。このPKをメッシがゴール正面へ豪快に蹴り込み、2-1と逆転した。

▽しかし追加タイム1分、ガヤがディフェンスライン背後を突いてクロスを送ると、ゴール正面のムニルが流し込んで2-2とし、前半を終えた。

▽迎えた後半、一方的に押し込んだバルセロナは52分に決定機を演出する。メッシのスルーパスを受けたボックス左のネイマールが狙いすましてシュート。しかし、GKジエゴ・アウベスのセーブに阻まれた。それでも直後、ボックス右でマスチェラーノのパスを受けたメッシが右足で豪快にネットを揺らし、勝ち越しに成功する。

▽57分には再びムニルにディフェンスライン背後を取られて独走を許しかけるもピケが対応。失点を逃れると、引き続き10人のバレンシアを攻め立て、72分にはメッシがGKを強襲するシュートを浴びせた。

▽終盤にかけてネイマールに再三決定機が訪れたバルセロナは、89分に勝負を決定付ける。ネイマールが左サイドを突破して丁寧に折り返したボールを、アンドレ・ゴメスが蹴り込んだ。アンドレ・ゴメスの古巣に対する移籍後初ゴールで4-2としたバルセロナが勝利し、首位レアル・マドリーを暫定2ポイント差で追走している。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナ指揮官がCL16強で対戦するチェルシーに言及…警戒する選手とは?

現地時間11日、チャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が行われ、バルセロナはチェルシーと激突することが決定した。<br><br>バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、チェルシーと戦うことを受けてコメントを発している。<br><br>「私たちにとっては楽な戦いにはならない。チェルシーはプレミアリーグのディフェンディングチャンピオンだ。難しい試合になるだろうが、戦うことを楽しみにしている」<br><br>チェルシー戦に意気込みを示したうえでバルベルデは「今シーズンからチェルシーに(アルバロ)モラタが加わったことで、チェルシー攻撃陣はより強力になった。もちろん(エデン)アザールも決定的な仕事をやってのける選手だ」と続け、チェルシーのアタッカー陣に警戒心を示した。<br><br>バルベルデはアスレティック・ビルバオを率いていた16-17シーズン、レアル・マドリー在籍時のモラタからゴールを奪われている。プレミアリーグでもここまで9ゴールを決めているスペイン代表FWが脅威の存在になると見ているようだ。<br><br>チャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦、バルセロナvsチェルシーは第1戦が2018年2月20日、第2戦は3月14日に行われる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.12 07:24 Tue
twitterfacebook
thumb

デンベレが全体練習に合流! 自身はクラシコでの復帰を望んでいるが…

▽バルセロナに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレが復帰に近づいているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場でドルトムントから移籍金1億500万ユーロ(当時のレートで約139億9200万円)にボーナスを加えた金額でバルセロナに加入したO・デンベレ。退団したブラジル代表FWネイマールに変わる存在として期待されたが、9月16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のヘタフェ戦で負傷し、大腿二頭筋の腱断裂により手術を行い、現在まで復帰できていない。 ▽伝えられるところによると、デンベレは先週の水曜日に全体練習に合流。同選手自身も23日に行われるリーガエスパニョーラ第17節のレアル・マドリーとのクラシコでの復帰を望んでいるようだ。しかし、指揮官であるエルネスト・バルベルデ監督は9日のビジャレアル戦の前日会見では「リスクを冒したくない」と復帰に慎重な姿勢を示している。 2017.12.11 12:09 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシが元西ドイツ代表FWゲルト・ミュラー氏の欧州主要リーグ最多得点記録に並ぶ

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、ビジャレアル戦である記録に並んだ。 ▽バルセロナは10日、リーガエスパニョーラ第15節のビジャレアルのホームに乗り込んだ。この日先発したメッシは1-0でリードして迎えた83分、敵陣中央でパスカットしたセルヒオ・ブスケッツのパスをボックス手前で受けて相手DF2人の間をかわしてボックス内へと侵攻。左足でゴール右へと突き刺してチームの3試合ぶり白星に貢献した。 ▽メッシはこの日のゴールで元西ドイツ代表FWゲルト・ミュラー氏が持つ欧州主要リーグ最多得点記録である525ゴール目に並んだ。なお、メッシは2012年に1年間で91ゴールを記録し、40年間にわたって最多を誇っていたミュラー氏の81ゴールという年間最多ゴール数を塗り替えている。 ▽また、バルセロナ公式サイトは、メッシの次の目標として1クラブでのキャリア通算得点記録を紹介。メッシの上には534得点のオーストリア代表などで活躍したFWヨーゼフ・ビカン氏、643得点の元ブラジル代表FWペレ氏がいる。 2017.12.11 10:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル戦先制点のL・スアレス「勝ち点3を加える重圧があった」

10日のリーガエスパニョーラ第15節、首位バルセロナは敵地ラ・セラミカでのビジャレアル戦を2-0で制した。この試合の先制点を記録したFWルイス・スアレスは、2位バレンシア、3位アトレティコ・マドリー、4位レアル・マドリーら上位陣が軒並み勝利を収めた状況で、勝ち点3を獲得する必要性があったことを強調している。<br><br>ウルグアイ代表FWは、スペイン『モビスタール・プルス』とのインタビューで次のようにコメントした。<br><br>「プレッシャーがかかっている状況と自覚していた。ライバルたちが勝利していたからね。だから良い試合を演じて、勝ち点3を加える必要があった」<br><br>また試合自体については、次のように振り返っている。<br><br>「前半の僕たちはそこまでソリッドではなかった。ビジャレアルはとても良いプレーを見せていたが、だけどハーフタイム後に僕たちは違う形でプレーに臨んだ」<br><br>「このピッチで対戦するビジャレアルは、いつだって難しい相手だ。前半は確かに均衡していたが、でも(後半にビジャレアルのラバが)退場して、パコ(・アルカセル)が入ったことでうまくいくようになった。アルカセルは、チームにとって重要な存在であることを今一度示したね」<br><br>L・スアレスは一方で、この試合の2点目を決めたFWリオネル・メッシにも言及。メッシにとって今回のゴールはバルセロナで記録した通算525得点目となり、ゲルト・ミュラー氏がバイエルン・ミュンヘンで達成した一クラブにおける最多得点記録に並んだ。<br><br>「メッシの凄さは数字が物語っている。彼がバルサのために成し遂げていることが、さらに誇り高いものとなるね」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 09:37 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ビジャレアル 0-2 バルセロナ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第15節、ビジャレアルvsバルセロナが10日に行われ、2-0でバルセロナが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ビジャレアル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171211_10_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 アセンホ 6.0 リーガ復帰戦での再三セーブは報われず。結果的には2失点 DF 2 ガスパール 5.5 良いクロスを供給も後半はジョルディ・アルバに完敗 3 A・ゴンサレス 5.0 2失点目の場面は不運だったがシュートコースを狭めたかった 6 ビクトル・ルイス 4.5 1失点目に関与し、2失点目ではメッシにアシスト 11 ジャウメ 5.5 積極的な上がりから好クロス、守備ではメッシを止める場面も MF 16 ロドリゴ・エルナンデス 6.0 危険なカウンターの場面でメッシからボールをカット 4 R・セメド 6.5 中央で相手の縦パスを簡単に入れさせず (→カスティジェホ 5.5) サイドで時間を作る場面もあったが大勢に影響は与えられず 14 トリゲロス 6.0 ボール奪取後は素早く危険なエリアに配給 FW 28 アントリン 5.0 軽快なドリブルでブスケッツに手を焼かせたが、後半は危ないプレーで退場 17 バカンブ 6.0 前線で常に起点に 20 ロベルト・ソリアーノ 6.0 攻撃のキーマンとして随所で危険なプレー (→ルカビナ 5.0) 持ち味を発揮できず 監督 カジェハ 5.5 アントリン退場後はゲームプランを変更して対応したが、再び不用意な失点を喫して終戦。入り方は良かったが結果的には敗北しチームは3連敗に ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171211_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 テア・シュテーゲン 6.5 ビッグセーブを数本披露して完封勝利に貢献 DF 20 セルジ・ロベルト 6.0 中央に絞った際にやや狙われる場面も 3 ピケ 6.0 苦しい対応を迫られる場面もあったが上手く対応 25 ヴェルメーレン 5.5 飛び込んでくる相手を見失う場面が散見 18 ジョルディ・アルバ 6.5 サイドで持ち味発揮しアシスト級のクロスを連発 MF 4 ラキティッチ 6.5 ボールを散らして繋ぎをスムーズに 15 パウリーニョ 6.0 上下に動き幾度かチャンスメイク (→A・ビダル 5.5) 1人少ない相手に無難なプレー 5 ブスケッツ 6.0 前半は守備でファウルを犯すシーンが多く見られたが、押し込み始めてからは良い縦パスを連発 (→アンドレ・ゴメス -) 6 デニス・スアレス 6.0 ジョルディ・アルバとの連係面でややぎこちなさも (→アルカセル 6.5) クロス時には危険なゾーンに。先制点をアシスト FW 10 メッシ 6.5 相手のミスから得点も普段なら外さないシュートを外していた 9 スアレス 6.5 消えていたが重要な場面で先制点をマーク 監督 バルベルデ 6.5 ブスケッツにかかる守備の負担の大きさが気がかりも、後半はサイドの選手を中央に絞らせ改善。きっちりと3試合ぶりに勝利。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! スアレス(バルセロナ) ▽シュートを外すシーンも見受けられたが、アルカセルとの素晴らしいワンツーで貴重な先制点をマーク。試合の行方を大きく決定付けた。 ビジャレアル 0-2 バルセロナ 【バルセロナ】 スアレス(後27) メッシ(後38) 2017.12.11 06:42 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース