ミュラーの今季2ゴール目で逃げ切ったバイエルンが公式戦6連勝!《ブンデスリーガ》2017.03.20 03:32 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第25節のボルシアMGvsバイエルンが19日に行われ、0-1でバイエルンが勝利した。

▽リーグ戦3連勝中の首位バイエルン(勝ち点59)が、9位ボルシアMG(勝ち点35)の本拠地シュタディオン・イム・ボルシア・パルクに乗り込んだ一戦。2位に勝ち点10の差をつけ首位を独走するバイエルンは、前節のフランクフルト戦(3-0)からスタメン2選手変更。前節に負傷したドグラス・コスタと出場停止のビダルに代えて、リベリとシャビ・アロンソが起用された。

▽一方、ボルシアMGは3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのシャルケ戦を2戦連続ドローとなる2-2で終えるも、アウェイゴール差で準々決勝進出を逃した。失意の中、絶対王者のバイエルン戦に向けヘッキング監督はスタメン3選手変更。ドルミッチとダフード、ジョンソンに代えてストロブル、J・ホフマン、エルベディをスタメンに並べた。

▽戦前の予想通り序盤からボールを支配するバイエルンに対し、自陣からのカウンターを狙うボルシアMGという構図で試合が進む。すると最初の決定機はボルシアMGが作り出す。5分、右CKの混戦から最後はゴール右でボールを拾ったヤンチュケがゴールに迫ったが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。

▽対するバイエルンは18分、ミュラーのサイドチェンジをボックス左で受けたリベリのクロスをレヴァンドフスキが頭で合わせたが、これは枠の上に外れた。さらに24分には、中盤でボール奪取したリベリがカウンターを仕掛けると、スルーパスでゴール左まで侵攻したレヴァンドフスキがシュート。しかし、これはGKゾンマーの好セーブに防がれた。

▽その後も両サイドを起点とした攻撃で相手陣内に攻め込むバイエルンは43分、右サイドでボールを受けたロッベンが強引なカットインから左足を振り抜くと、ボールは左ポストを直撃。さらにこぼれ球をゴール前のレヴァンドフスキがダイビングヘッドで押し込んだが、再びGKゾンマーのファインセーブに阻まれた。

▽ゴールレスで迎えた後半、先にゴールをこじ開けたのはバイエルン。63分、左サイドでボールを受けたチアゴがバイタルエリア左まで切り込み、ゴール前に浮き球のパスを供給。すると、これに反応したミュラーがワントラップから左足でゴールネットを揺らした。

▽先制を許したボルシアMGは、64分にヘアマンを下げて負傷明けのトルガン・アザールと投入。すると75分、ボックス右から仕掛けたアザールがシュート。これがフンメルスのブロックでこぼれると、素早く反応したアザールが再びシュートを放ったが、GKノイアーが正面でセーブした。

▽その後、78分にシャビ・アロンソ、85分にロッベンを下げて、フレッシュなキミッヒとレナト・サンチェスを投入して逃げ切りを図るバイエルンは、試合終盤の相手のパワープレーを危なげなく跳ね返し続け、敵地で1-0の勝利。ミュラーの今季2点目で公式戦6連勝を飾ったバイエルンは、前日に行われた試合で敗戦した2位ライプツィヒとの勝ち点差を『13』に広げた。

コメント

関連ニュース

thumb

過去に受けたオファーを明かすリベリ「すべてのビッグクラブが僕をほしがっていた」

元フランス代表MFフランク・リベリはバイエルンから移籍しなかったことを後悔していないようだ。ドイツ誌『キッカー』とのインタビューで、過去に多くのビッグクラブからオファーが届きながらもりを入れてきたことを明かしている。<br><br>2007年夏にマルセイユから加入したバイエルンで、現在10シーズン目を過ごしているリベリは、現メンバーの所属年数においてはDFフィリップ・ラームに次ぐクラブキャリアを送っている。しかし選手本人の話によれば、加入から1~2年後にバイエルンを離れる可能性があったという。<br><br>「2008~2009年だったかな。すべてのビッグクラブが僕のことをほしがっていたね。ユベントス、インテル、ミラン、バルサ、レアル、チェルシー、マンチェスター&hellip;。もちろん当時は移籍を考えさせられたが、今はウリ・ヘーネス(会長)やカール=ハインツ・ルンメニゲ(CEO)に感謝しかない。彼らとたくさん話し合ったからね。僕は10年間ここにいるけど、すべてを勝ち取ってきた。家族も元気だし、僕は幸せだよ」<br><br>4月7日に34歳の誕生日を控えるリベリだが、バイエルンとの現行契約は2018年まで。今後の去就については、このように語った。<br><br>「ずっと言ってきたが、バイエルンは僕のヨーロッパでの最後のクラブだ。34~35歳にもなれば他の選手のために場所を空けなければいけないかもしれないが、それもフットボール。そうすれば中国やドバイ、カタールやアメリカもオプションになる。まだサッカーを続けたければ、そうしない理由がない」<br><br>リベリは現役生活を終えた後に、ミュンヘンで生活を続けることも考えているようだ。バイエルンでどのような役割を務めたいかと質問されると、「まったく分からないよ(笑)。ウリ(・ヘーネス)やカッレ(・ルンメニゲ)に、クラブに僕の居場所を用意してくれるのか聞いてくれ」と返答。<br><br>また監督業については「自分の専門分野じゃないからね。ただ子供のコーチはやるかもしれない。そういうことは楽しめるし、子供たちは笑顔を見せてくれる」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.27 21:42 Mon
twitterfacebook
thumb

青年監督ナーゲルスマンは将来的にバイエルンへ?ヘーネス会長が言及

バイエルン・ミュンヘンのウリ・ヘーネス会長が、ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督についてコメントを残した。『シュポルト1』が報じている。<br><br>ナーゲルスマン監督は2015-16シーズン途中、ブンデスリーガ史上最年少監督としてホッフェンハイムの指揮官に就任した。すると下位に低迷するチームを立て直し、ブンデスリーガ残留を達成。今シーズンは第25節を終えた時点で4位とチームを上位に導いている。<br><br>バイエルンの女子チームは23日、女子チャンピオンズリーグ準決勝でパリ・サンジェルマンと対戦した。観戦に訪れたヘーネス会長はナーゲルスマン監督について「彼は将来確実にバイエルンの監督候補として名前が挙がる存在となるだろう」とすでに注目していることを明かした。<br><br>ナーゲルスマン監督も試合観戦にミュンヘンを訪れていたが、ヘーネス会長は「話し合いを行うならば大っぴらには行わない」とナーゲルスマン監督と将来についての話し合いを行っていないと明かした。<br>提供:goal.com 2017.03.25 21:28 Sat
twitterfacebook
thumb

CLレアル戦に自信を見せるレヴァンドフスキ「全タイトルが獲得可能だ」

ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、バイエルンがレアル・マドリーに勝るとも劣らないクラブだと考えている。<br><br>「大きな成功を掴む上で、バイエルンはレアルと同じくらいチャンスがあるクラブだ。僕にとって、バイエルンは目標としてきたクラブだよ。今シーズンを見ればわかるが、全タイトルが獲得可能だね」<br><br>バイエルンはチャンピオンズリーグ準々決勝でレアルと対戦する。CLに関してレヴァンドフスキは「大きなモチベーションだ。CLで優勝するためにベストを尽くしている。ほとんどの選手にケガが無く、調子が良いのが僕らの強みだ」<br><br>レヴァンドフスキはまず26日、ポーランド代表としてW杯欧州予選でモンテネグロと戦う。シーズン終盤戦に向けて勢いを付ける活躍が期待される。<br><br>提供:goal.com 2017.03.23 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

チアゴ、バイエルンに骨を埋める覚悟?バルセロナへの復帰は考えず

バイエルンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラは、古巣復帰を考えず、契約延長への道を進んでいるようだ。スペインのラジオ局『カデナ・セール』が報じた。<br><br>先日、バルセロナがチアゴの復帰を画策していると伝えられた。カンテラで育ったチアゴにとって古巣への復帰は念願かと思われたが、本人はバイエルンとの契約延長を希望しているようだ。<br><br>報道によると、チアゴは個人的にバルセロナに対して「ミュンヘンに残る」と伝え、バイエルンと新契約の話し合いを待っているところだという。チアゴの現行契約は2019年までとなっているが、2021年までの延長を望んでいると伝えられている。<br><br>かつてシャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタの後継者として期待された天才・チアゴ。しかし、ドイツに渡り、世界有数のクラブでタクトを振るう日々に十分満足しているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 18:48 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンのドグラス・コスタ、ヒザ手術で今季絶望の可能性…CLレアル戦は欠場へ

バイエルンに所属するブラジル代表MFドグラス・コスタの負傷が長引くかもしれない。『シュポルト1』が報じている。<br><br>ドグラス・コスタは今シーズン、ここまで公式戦27試合に出場し、7得点9アシストの活躍を見せている。しかし、17日の練習中に左ヒザを痛めてチームを離脱。ボルシアMG戦を欠場し、ブラジル代表への帯同を辞退することになった。<br><br>当初は軽傷と報じられていたが、コスタは膝の手術を行うことになる可能性があるようだ。手術が行われた場合、今季の試合出場の可能性は無いと見られている。しかし、診断の結果によっては保存療法も考えられるという。<br><br>バイエルンは代表ウィークが明けると連戦に入る。連戦中にはボルシア・ドルトムントやレアル・マドリーといった強豪チームとの対戦も控える厳しい日程だ。ドグラス・コスタが手術を行うかどうかの診断は、週明けに下される見込みとなっているが、バイエルンに吉報は届くのだろうか。<br><br<br>提供:goal.com 2017.03.22 16:58 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース