ミュラーの今季2ゴール目で逃げ切ったバイエルンが公式戦6連勝!《ブンデスリーガ》2017.03.20 03:32 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第25節のボルシアMGvsバイエルンが19日に行われ、0-1でバイエルンが勝利した。

▽リーグ戦3連勝中の首位バイエルン(勝ち点59)が、9位ボルシアMG(勝ち点35)の本拠地シュタディオン・イム・ボルシア・パルクに乗り込んだ一戦。2位に勝ち点10の差をつけ首位を独走するバイエルンは、前節のフランクフルト戦(3-0)からスタメン2選手変更。前節に負傷したドグラス・コスタと出場停止のビダルに代えて、リベリとシャビ・アロンソが起用された。

▽一方、ボルシアMGは3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのシャルケ戦を2戦連続ドローとなる2-2で終えるも、アウェイゴール差で準々決勝進出を逃した。失意の中、絶対王者のバイエルン戦に向けヘッキング監督はスタメン3選手変更。ドルミッチとダフード、ジョンソンに代えてストロブル、J・ホフマン、エルベディをスタメンに並べた。

▽戦前の予想通り序盤からボールを支配するバイエルンに対し、自陣からのカウンターを狙うボルシアMGという構図で試合が進む。すると最初の決定機はボルシアMGが作り出す。5分、右CKの混戦から最後はゴール右でボールを拾ったヤンチュケがゴールに迫ったが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。

▽対するバイエルンは18分、ミュラーのサイドチェンジをボックス左で受けたリベリのクロスをレヴァンドフスキが頭で合わせたが、これは枠の上に外れた。さらに24分には、中盤でボール奪取したリベリがカウンターを仕掛けると、スルーパスでゴール左まで侵攻したレヴァンドフスキがシュート。しかし、これはGKゾンマーの好セーブに防がれた。

▽その後も両サイドを起点とした攻撃で相手陣内に攻め込むバイエルンは43分、右サイドでボールを受けたロッベンが強引なカットインから左足を振り抜くと、ボールは左ポストを直撃。さらにこぼれ球をゴール前のレヴァンドフスキがダイビングヘッドで押し込んだが、再びGKゾンマーのファインセーブに阻まれた。

▽ゴールレスで迎えた後半、先にゴールをこじ開けたのはバイエルン。63分、左サイドでボールを受けたチアゴがバイタルエリア左まで切り込み、ゴール前に浮き球のパスを供給。すると、これに反応したミュラーがワントラップから左足でゴールネットを揺らした。

▽先制を許したボルシアMGは、64分にヘアマンを下げて負傷明けのトルガン・アザールと投入。すると75分、ボックス右から仕掛けたアザールがシュート。これがフンメルスのブロックでこぼれると、素早く反応したアザールが再びシュートを放ったが、GKノイアーが正面でセーブした。

▽その後、78分にシャビ・アロンソ、85分にロッベンを下げて、フレッシュなキミッヒとレナト・サンチェスを投入して逃げ切りを図るバイエルンは、試合終盤の相手のパワープレーを危なげなく跳ね返し続け、敵地で1-0の勝利。ミュラーの今季2点目で公式戦6連勝を飾ったバイエルンは、前日に行われた試合で敗戦した2位ライプツィヒとの勝ち点差を『13』に広げた。

コメント

関連ニュース

thumb

ハメスの本領はまだまだ?元バイエルンSD「制限されている」「スピードに欠ける」

バイエルンに加入したMFハメス・ロドリゲスはまだ本領発揮とはいっていないようだ。バイエルンの元スポーツ・ディレクターのマティアス・ザマー氏が『ユーロスポーツ』で語っている。<br><br>バイエルンは19日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)中国ラウンドでアーセナルと対戦。先発出場したハメスはいくつかチャンスを得たものの、加入後初ゴールを挙げることはできず、チームもPK戦の末に敗れた。<br><br>ザマー氏は「ハメスはまだ&ldquo;制限&rdquo;されている」と語ってこのように続けている。<br><br>「彼のバラエティに富んだプレーは見ていて面白いが、本当の姿は見られていない。ウィングでプレーするにはスピードが欠けている。ウィングから中央に移り、多くの創造性を発揮していた」<br><br>なお、バイエルンは22日、ミランと対戦する。ハメスの初ゴールは見られるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.20 16:54 Thu
twitterfacebook
thumb

ノイアーがバイエルンの新キャプテンに…ラームは後継者にメッセージ

バイエルンの新たなキャプテンはドイツ代表GKマヌエル・ノイアーに決まったようだ。カール・ハインツ・ルンメニゲCEOが言及している。<br><br>バイエルンは昨シーズンまでフィリップ・ラームが主将を務めていたが、同選手は昨季で引退。誰が後継者となるのか注目が集まっていたが、ルンメニゲ氏はドイツ紙『tz』でノイアーに決定したことを明らかにしている。<br><br>「ナンバーワンはノイアーとなる。彼がフィリップ・ラームのアームバンドを受け継ぐ。代表チームでもよくやっているからね」<br><br>また、この決定を受け、ラームは自身のツイッターを更新。「バイエルンはノイアーという新たなキャプテンを得た。素晴らしい成功と多くのトロフィーを願っているよ、マヌ」と元同僚に温かいメッセージを送った。<br><br>なお、現在ノイアーはケガで離脱中のため、アジアツアーではトーマス・ミュラーが主将を務めている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.20 16:42 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ハメス加入でミュラー放出の可能性?4クラブが独代表FWを巡って争奪戦か

バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーは退団する可能性があるのだろうか。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』によると、欧州4クラブが同選手の獲得に興味を抱いているという。<br><br>現在27歳のミュラーは2000年にバイエルンの下部組織に加入し、2009年にはトップチームに昇格。以降、公式戦395試合に出場し、161ゴールを記録。現シカゴ・ファイアーのMFバスティアン・シュバインシュタイガー、昨シーズン限りで現役を引退したフィリップ・ラームらと並び&ldquo;バイエルンの顔&rdquo;である同選手を巡って以前にもマンチェスター・ユナイテッドからの興味などが伝えられることはあったものの、バイエルン一筋のキャリアを送るだろう、と見られてきた。<br><br>しかし、以前は常に安定したパフォーマンスで相手ゴールを脅かしてきたミュラーは2016-17シーズンはリーグ戦において5ゴールにとどまり、キャリアで初めて伸び悩む様子を見せている。カルロ・アンチェロッティ監督の下では攻撃的各ポジションにおいて絶対的な地位を失いつつあり、今後に向けて不安を残すシーズンを過ごした。<br><br>そして、バイエルンはレアル・マドリーからコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスといったとりわけミュラーとのポジション争いが予想されるスター選手を買い取りオプション付きの2年レンタルで獲得。『シュポルト・ビルト』曰く、そのためチェルシー、アーセナル、リヴァプール、ユヴェントスがミュラーの現状を注視するようになり、獲得に成功する可能性をより楽観視しているとの見解が述べられている。<br><br>現在中国で行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)の前日会見でアンチェロッティ監督はハメスについて「彼を誰かの代わりにするために獲得したわけではない。加えるためにとったんだ」とチーム力を高めるための補強であることを強調。また、カール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)も「トーマスはバイエルンに完璧にフィットしているので今でも&ldquo;非売品&rdquo;だ。この件について論じることはない」と同選手の退団の可能性を一蹴した。<br><br>その一方で、同CEOは「トーマスも我々も、昨シーズンに対する評価において意見が一致している。良いシーズンではなかった。だが、それに関しては問題はない。トーマス自身ももう少し良いパフォーマンスを出さなければいけないことを分かっているはずなのでね」と付け加え、ミュラーでもバイエルンにとってもはや絶対的な存在ではない考えを示している。同選手は新シーズン、プレーを通じて移籍報道を静められることができるかどうかに注目したいところだ。<br>提供:goal.com 2017.07.20 01:01 Thu
twitterfacebook
thumb

土壇場弾のアーセナルがPK戦の末にバイエルンを撃破!!《ICC2017》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・中国ラウンドのバイエルンvsアーセナルが19日に上海スタジアムで行われた。1-1でPK戦にもつれ込んだ試合は、アーセナルが3-2で制し勝利を収めた。 ▽大会2戦目となった一戦。[4-1-4-1]の布陣で挑むバイエルンは、GKシュターケ、4バックにフンメルス、ラフィーニャ、ベルナト、アラバ、中盤の5人はハビ・マルティネス、リベリ、トリッソ、ミュラー、そしてレアル・マドリーから新加入のハメス・ロドリゲスが並び、1トップにはレヴァンドフスキが入った。 ▽一方、[3-4-3]のフォーメーションを敷くアーセナルは、GKチェフ、3バックには、エルネニー、ビエリク、モンレアルが並び、中盤はコラシナツ、ナイルズ、ジャカ、コクランの4人。前線にはエジル、ウェルベック、注目のラカゼットが起用された。 ▽立ち上がりはかたい入りを見せた両チーム。そんな中9分、敵陣中央の左サイドから、ミュラーがドリブル突破を見せると、ボックス内でナイルズに倒されPKを獲得。このPKをレヴァンドフスキがきっちり決めて、バイエルンが早い時間帯に先制した。 ▽先制を許したアーセナルも12分、左サイドのウェルベックのクロスから、ゴール前のエジルが左足ボレーで合わせるが、GKシュターケにセーブされる。21分には、バイエルンが決定機。ゴール前へのロングボールをレヴァンドフスキが頭で落とすと、これをトリッソが流し込むも、オフサイドの判定。追加点とはならなかった。 ▽1分間のインターバルを挟んだ後の32分、ボックス手前のエジルから、ボックスに侵入したラカゼットに絶妙なスルーパス。GKとの一対一を迎えたが、GKシュターケの好セーブに遭い、アーセナルは同点に追いつくことは出来ない。 ▽GKシュターケに負けじと、今度はGKチェフが魅せる。38分、ボックス手前左からのミュラーがシュートを放つ。このシュートがモンレアルに当たり軌道が変化したが、鋭い反応でこのボールを搔き出す。続く39分と41分にも、ミュラー、ハメス・ロドリゲスの至近距離からのシュートをチェフがブロック。ガナーズの守護神がその実力を見せつけた。 ▽迎えた後半、両チームとも次々と選手を投入し、若手や新加入選手らを起用する。57分には交代で入ったレナト・サンチェスがボックス外からシュートを放つがDFにブロックされる。60分のアラバのボックス手前中央からのFKもGKチェフがセーブ。その後はバイエルンがボールを保持する展開が続き幾度となくゴール前まで攻め込むが、アーセナルも粘り強い守りを見せ、ゴールを死守する。 ▽このまま終わるかに思われたが、後半アディショナルタイム4分、カウンターからイウォビが左サイドのラムジーに展開。パスを出したイウォビがゴール前に走り込むと、ラムジーのクロスを頭で合わせ、土壇場で同点に追いついた。 ▽1-1で90分を終えた試合は延長戦を行わずにPK戦に突入。両チーム共に1人ずつ外して迎えた4人目は、先攻のバイエルのキッカーを務めたレナト・サンチェスがクロスバーを叩いてしまい失敗してしまう。後攻のアーセナルはイウォビがきっちり決め、迎えたバイエルンの5人目のキッカーはベルナト。これをGKマルティネスが見事に止め、土壇場で追いついたアーセナルがPK戦の末バイエルンを退けた。 バイエルン 1-1(2-3) アーセナル 【バイエルン】 レヴァンドフスキ(前9)【PK】 【アーセナル】 イウォビ(後49) 2017.07.19 23:22 Wed
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ、ハメスがミュラーの代役であることを否定「プレーできる保証はない」

バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ監督は、新加入のMFハメス・ロドリゲスはトーマス・ミュラーの代替選手ではないと主張している。<br><br>先日、バイエルンはレアル・マドリーから2年のレンタルでハメスを獲得した。かつてハメスはアンチェロッティ監督率いるレアル・マドリーで10番を背負い躍動。レアルの中心選手として活躍した。一方で、昨シーズンアンチェロッティ政権1年目となったバイエルンで、ミュラーは29試合に出場しながらわずか5ゴールに終わり、不振に喘いだ。<br><br>しかし、アンチェロッティ監督は中国で行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)の前日会見でハメスはミュラーの代わりではないと強調している。<br><br>「そういう考え方をするなら、チアゴ・アルカンタラの代わりにはなるかもしれない。また左右でもプレーできるので、アリエン(・ロッベン)やフランク(・リベリ)の代わりにもなりうる。中盤としてもプレーできるので、(コランタン・)トリッソやアルトゥーロ(・ビダル)の代わりもできる。しかし、彼を誰かの代わりにするために獲得したわけではない。加えるためにとったんだ」<br><br>「彼は素晴らしい選手だ。クオリティも人間性もよく知っている。我々を助けることができると思う。ハメスは自分がプレーすべきかどうかも自分でわかる。他の選手と同じようにベンチに行くことだってあるだろう。競争はチームにとって良いことだ。プレーできる保証はない。その価値があればプレーするし、そうじゃなければベンチに行くだけだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.19 16:03 Wed
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース