アトレティコがセビージャとの上位対決に完勝! グリーズマンが圧巻直接FK含む全ゴール演出!《リーガエスパニョーラ》2017.03.20 02:23 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが19日にビセンテ・カルデロンで行われ、ホームのアトレティコが3-1で勝利した。

▽4位アトレティコ(勝ち点52)と3位セビージャ(勝ち点57)による上位対決。この上位対決をホームで戦うアトレティコは、15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)レバークーゼン戦をゴールレスドローで終えるも、1stレグのアドバンテージをきっちり生かして4年連続のベスト8進出を果たした。敵地での前回対戦で0-1の敗戦を喫したセビージャとのリターンマッチに向けては、レバークーゼン戦から先発3人を変更。出場停止明けのガビとフィリペ・ルイス、負傷明けのガメイロが復帰した。

▽一方、ナスリの退場やエンゾンジのPK失敗が響き、14日に行われたCLレスター戦に敗れたセビージャは、クラブ史上初のベスト8進出を逃した。心身ともに疲労を抱えるチームは、その試合から中4日でアトレティコとのビッグマッチに臨んだ。直近の公式戦3試合未勝利と、今季最大の不振に苦しむサンパオリ監督率いるチームは、レスター戦から先発2人を変更。パレハとイボーラに代えて、ラングレとマリアーノを起用し、[5-4-1]の布陣を採用した。

▽注目の上位対決は、開始直後にいきなりアクシデントが起こる。接触プレーのない場面で足を負傷したヴルサリコがプレー続行不可能となり、開始2分にフアンフランとの交代を強いられた。

▽キックオフ直後に交代枠を切ることになったアトレティコだったが、ホームサポーターの歓声を後押しに立ち上がりから相手を押し込む。13分にはカラスコのフィードに抜け出したガメイロがGKの前目のポジションを確認し、意表を突いたロングループシュートを放つ。だが、これはGKセルヒオ・リコが何とか触り、ボールはクロスバーを叩いた。

▽守護神のビッグセーブで失点を免れたものの、左ウイングバックにサラビア、ボランチにエスクデロ、1トップにナスリを据えるなど、本来のポジションとは別のポジションに選手を配置する奇策がハマらないセビージャは、各ポジションのウィークポイントばかりが目につき、なかなか流れを作れない。この状況を受けてサンパオリ監督は、前半半ばに選手たちのポジションを適材適所に配置し直す。すると、この変更をキッカケに押し返し始める。

▽一方、ガメイロの決定機以降、なかなかチャンスを作れずにいたアトレティコだったが、ビッグマッチで真価を発揮する闘将が得意のセットプレーからスコアを動かす。37分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのグリーズマンがファーサイドに浮き球のボールを入れる。これに反応したゴディンが豪快なヘディングで流し込んだ。

▽アトレティコの1点リードで折り返した後半、先に動きを見せたのはセビージャ。DFラングレを下げてFWヨベティッチをハーフタイム明けに投入し、アンカーにエンゾンジを配した[4-1-4-1]にシステムを変更した。

▽ここから攻勢に出たいセビージャだったが、組織的なプレスに加え、球際で強さを見せるアトレティコに前半以上に苦戦。中盤でボールを失っては相手の高速カウンターの餌食に遭い、後半立ち上がりにはカラスコ、グリーズマンに続けて決定機を許した。50分には左サイドのエスクデロからのクロスをサラビアがバックヒールで合わせるが、GK正面を突いた。

▽さらに、60分にはガメイロにドリブルで中央突破を許し、ボックス手前の危険なエリアでDFメルカドが痛恨のファウルを犯してしまう。すると、このFKからアトレティコに追加点が生まれる。ボックス手前やや右の位置で得たFKの場面でキッカーのグリーズマンが左足を振り抜くと、鋭いシュートがゴール右上隅のクロスバー内側を叩きゴールネットに吸い込まれた。

▽この追加点で勝利を大きく引き寄せたアトレティコは、得点直後の63分にガメイロを下げて、脳震とうから実戦復帰のトーレスが投入され、ビセンテ・カルデロンをさらに沸かせる。一方、流れを変えたいセビージャは65分にサラビア、イェデルを下げて、イボーラとコレアを同時投入した。

▽その後もアトレティコペースで試合が進む中、77分に試合を決定付ける3点目が生まれる。ショートカウンターから右サイドを持ち上がったグリーズマンのスルーパスに抜け出したフアンフランがボックス右ライン際でクロス。これをGKセルヒオ・リコが弾いたボールがゴール前でドフリーのコケの足元に転がり、コケは難なく流し込んだ。

▽敗色濃厚も意地を見せたいセビージャは、85分に左サイドを単騎突破で崩したコレアがボックス左に持ち込んで右足のシュートをゴール右隅に流し込み、一矢を報いた。だが、その後はトーレスに幾度も決定機が訪れるなど、お祭りムードの試合を3-1のままきっちり締めくくったアトレティコがホームで完勝。注目の上位対決を制したアトレティコが、リーグ戦3連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

イスコ、マドリーダービーの主審に「君はとても酷い」

レアル・マドリーMFイスコが、18日のリーガエスパニョーラ第12節アトレティコ・マドリー戦で主審に対して侮辱するような言葉を口にしていた模様だ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>イスコはこの試合をレフェリングしたフェルナンデス・ボルバラン主審が、アトレティコの選手たちが仕掛けるタックルに対してファウルを取らなかったことに不満を抱えていた様子。そしてロングボールを肩でトラップした際にハンドを取られ、憤りの言葉を発したようだ。<br><br>イスコはその際、ボルバラン主審に対して右手で肩を指しながら抗議。そして「君はとても酷い」という言葉を口にしたと見られる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.20 00:39 Mon
twitterfacebook
thumb

鼻骨骨折のS・ラモス「レアル・マドリーのためならば何度だって血を流す」

18日のリーガエスパニョーラ第12節アトレティコ・マドリー戦で鼻骨を骨折したレアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスが、ファンにメッセージを送っている。<br><br>S・ラモスはアトレティコ戦の前半、DFリュカ・エルナンデスの蹴り上げた足が顔に当たり、鼻から出血。ハーフタイムにDFナチョと交代していた。翌日にレアル・マドリーは、同選手が鼻骨を骨折していたことを発表している。<br><br>S・ラモスはレアル・マドリーが容態を発表した後に、自身の『ツイッター』アカウントを更新。心配していたファンに感謝を告げた。<br><br>「このエンブレム、このユニフォームのためならば何度だって血を流す。愛情と支持を表明してくれた皆に感謝を。すぐに戻る」<br><br>レアル・マドリー主将は、次節以降フェイスガードを着用して試合に臨む見込みだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.20 00:03 Mon
twitterfacebook
thumb

カルバハル、ダービーのドローに「憤りを感じる。勝ち点2を逃した」

18日のリーガエスパニョーラ第12節、レアル・マドリーは敵地ワンダ・メトロポリターノでのアトレティコ・マドリー戦をスコアレスドローで終えた。DFダニ・カルバハルは試合後、自チームが勝利に値したとの見解を示している。<br><br>「憤りを感じるよ。勝利できなかった、勝ち点2を落としたわけだからね。アトレティコは守備を強みとするチームで、彼らも僕たちもチャンスを手にしていた。最後には疲労が試合を壊したが、僕たちは1-0とすることができなかった」<br><br>これで首位バルセロナとの勝ち点差は10に広がったが、カルバハルは逆転優勝をあきらめていない。<br><br>「意識すべき差ではある。が、チームがすべてを出し尽くしてプレーすれば、差を縮めていけるはずだ」<br><br>カルバハルにとってこのダービーは、心膜炎から復帰後、初の試合となった。<br><br>「良い調子だよ。早く復帰したかったし、ピッチに立てる喜びをかみしめている」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.19 23:33 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン、グリーズマンに“3度目の正直"なるか…SDは含み持たせる

バイエルンにとってアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、現実的に選択肢となっているようだ。<br><br>ドイツ『スカイ』が先日、バイエルンが契約解除金1億ユーロ(約132億円)を支払い、グリーズマン獲得に動く準備があると伝えた。過去にバイエルンは2度グリーズマンの獲得に乗り出したが、当時の強化部長であったミヒャエル・レシュケ(現シュトゥットガルト)が大金を支払うことを拒み、移籍は実現しなかった。<br><br>バルセロナやマンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブへの移籍がうわさされるグリーズマン。現バイエルンのSD(スポーツディレクター)であるハサン・サリハミジッチは3度目の動きについて「まだない」としながらも、「考える時間はたっぷりある」と含みを持たしている。<br><br>なお、グリーズマンは今シーズン不調に陥り、わずか3ゴールにとどまっている。<br><br>提供:goal.com 2017.11.19 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

フアンフラン、シメオネ同様にグリーズマンを擁護「彼と命をともにしている」

18日のリーガエスパニョーラ第12節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのレアル・マドリー戦をスコアレスドローで終えた。これで首位バルセロナとの勝ち点差は10に広がったが、DFフアンフランはタイトルレースの決着はついていないことを強調する。<br><br>試合後、会見場に姿を現したアトレティコの右サイドバックは、次のようにコメントした。<br><br>「リーガはまだ先が長い。バルサはリーグ戦を素晴らしいものとしているが、それでも、いつかつまずかなければならない」<br><br>フアンフランは一方で、不調を引きずり、移籍願望もちらつかせるような発言もしているFWアントワーヌ・グリーズマンにも言及。「家族は死んでも守り抜く」と話したディエゴ・シメオネ監督と同様に、フランス代表FWを擁護している。<br><br>「僕たちは彼と命をともにしている。ロッカルーム内に疑いはない。一度ゴールを決めれば、次々と決まるはずだ。僕たち全員で彼を助けていかなくてはならない。問題は彼だけにあるわけじゃない。チームメートについて悪く言うことなど絶対にないし、アトレティコにこれだけの結果をもたらしてくれたアントワーヌについて何かを口にするなど、もってのほかだよ&hellip;&hellip;」<br><br>「最終的には、結果が物を言う。もし、引き分け続けているここ最近の試合で勝利を収めていたら、また違うことが話されていたはずだ。彼の表情からは感じるものがある。次のローマ戦、真っ向から戦いに臨んでいくはずだ」<br><br>またアトレティコの今季のパフォーマンスについては、次のように語った。<br><br>「最高の守備こそが最高の攻撃、それこそが僕たちの哲学だ。そのアイデンティティーによって、これまでタイトルを勝ち取ってきたんだよ。前線のパフォーマンスについては改善しなければならないけど、それはトップにいる選手たちだけでなく、全員で良くしていかなくては。ゴール前でより明確なプレーを見せられれば、すべてが変わるはずだ。ファンは落ち着くことができる。彼らは僕たちが命を懸けていることを知っているし、そうやってピッチの上に立つならば、値すべき褒賞がなければね」<br><br>「監督はいつだって、勝利のために必要なことを準備している。問題は、ボールが枠に入らないことだ。君たち(報道陣)はエキスパートであり、コレアかケヴィン(ガメイロ)のゴールが決まっていれば、チームのソリッドな部分が強調されていたと知っているはずだ。僕たちに必要なのは得点であり、それがここまでの歴史に終止符を打つものとなる」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.19 22:06 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース