アトレティコがセビージャとの上位対決に完勝! グリーズマンが圧巻直接FK含む全ゴール演出!《リーガエスパニョーラ》2017.03.20 02:23 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが19日にビセンテ・カルデロンで行われ、ホームのアトレティコが3-1で勝利した。

▽4位アトレティコ(勝ち点52)と3位セビージャ(勝ち点57)による上位対決。この上位対決をホームで戦うアトレティコは、15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)レバークーゼン戦をゴールレスドローで終えるも、1stレグのアドバンテージをきっちり生かして4年連続のベスト8進出を果たした。敵地での前回対戦で0-1の敗戦を喫したセビージャとのリターンマッチに向けては、レバークーゼン戦から先発3人を変更。出場停止明けのガビとフィリペ・ルイス、負傷明けのガメイロが復帰した。

▽一方、ナスリの退場やエンゾンジのPK失敗が響き、14日に行われたCLレスター戦に敗れたセビージャは、クラブ史上初のベスト8進出を逃した。心身ともに疲労を抱えるチームは、その試合から中4日でアトレティコとのビッグマッチに臨んだ。直近の公式戦3試合未勝利と、今季最大の不振に苦しむサンパオリ監督率いるチームは、レスター戦から先発2人を変更。パレハとイボーラに代えて、ラングレとマリアーノを起用し、[5-4-1]の布陣を採用した。

▽注目の上位対決は、開始直後にいきなりアクシデントが起こる。接触プレーのない場面で足を負傷したヴルサリコがプレー続行不可能となり、開始2分にフアンフランとの交代を強いられた。

▽キックオフ直後に交代枠を切ることになったアトレティコだったが、ホームサポーターの歓声を後押しに立ち上がりから相手を押し込む。13分にはカラスコのフィードに抜け出したガメイロがGKの前目のポジションを確認し、意表を突いたロングループシュートを放つ。だが、これはGKセルヒオ・リコが何とか触り、ボールはクロスバーを叩いた。

▽守護神のビッグセーブで失点を免れたものの、左ウイングバックにサラビア、ボランチにエスクデロ、1トップにナスリを据えるなど、本来のポジションとは別のポジションに選手を配置する奇策がハマらないセビージャは、各ポジションのウィークポイントばかりが目につき、なかなか流れを作れない。この状況を受けてサンパオリ監督は、前半半ばに選手たちのポジションを適材適所に配置し直す。すると、この変更をキッカケに押し返し始める。

▽一方、ガメイロの決定機以降、なかなかチャンスを作れずにいたアトレティコだったが、ビッグマッチで真価を発揮する闘将が得意のセットプレーからスコアを動かす。37分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのグリーズマンがファーサイドに浮き球のボールを入れる。これに反応したゴディンが豪快なヘディングで流し込んだ。

▽アトレティコの1点リードで折り返した後半、先に動きを見せたのはセビージャ。DFラングレを下げてFWヨベティッチをハーフタイム明けに投入し、アンカーにエンゾンジを配した[4-1-4-1]にシステムを変更した。

▽ここから攻勢に出たいセビージャだったが、組織的なプレスに加え、球際で強さを見せるアトレティコに前半以上に苦戦。中盤でボールを失っては相手の高速カウンターの餌食に遭い、後半立ち上がりにはカラスコ、グリーズマンに続けて決定機を許した。50分には左サイドのエスクデロからのクロスをサラビアがバックヒールで合わせるが、GK正面を突いた。

▽さらに、60分にはガメイロにドリブルで中央突破を許し、ボックス手前の危険なエリアでDFメルカドが痛恨のファウルを犯してしまう。すると、このFKからアトレティコに追加点が生まれる。ボックス手前やや右の位置で得たFKの場面でキッカーのグリーズマンが左足を振り抜くと、鋭いシュートがゴール右上隅のクロスバー内側を叩きゴールネットに吸い込まれた。

▽この追加点で勝利を大きく引き寄せたアトレティコは、得点直後の63分にガメイロを下げて、脳震とうから実戦復帰のトーレスが投入され、ビセンテ・カルデロンをさらに沸かせる。一方、流れを変えたいセビージャは65分にサラビア、イェデルを下げて、イボーラとコレアを同時投入した。

▽その後もアトレティコペースで試合が進む中、77分に試合を決定付ける3点目が生まれる。ショートカウンターから右サイドを持ち上がったグリーズマンのスルーパスに抜け出したフアンフランがボックス右ライン際でクロス。これをGKセルヒオ・リコが弾いたボールがゴール前でドフリーのコケの足元に転がり、コケは難なく流し込んだ。

▽敗色濃厚も意地を見せたいセビージャは、85分に左サイドを単騎突破で崩したコレアがボックス左に持ち込んで右足のシュートをゴール右隅に流し込み、一矢を報いた。だが、その後はトーレスに幾度も決定機が訪れるなど、お祭りムードの試合を3-1のままきっちり締めくくったアトレティコがホームで完勝。注目の上位対決を制したアトレティコが、リーグ戦3連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

セレソ会長、ジエゴ・コスタのアトレティコユニ姿に「いろいろなパジャマがあるからね(笑)」

アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長は、獲得が噂されるチェルシーFWジエゴ・コスタについて、「偉大な選手」だと形容しながらも、それ以上の言及を避けている。先日スペイン代表MFビトロの獲得を決定(FIFAの選手登録禁止処分が明ける1月までラス・パルマスへレンタル)したアトレティコ。ディエゴ・シメオネ監督は今夏の移籍市場においてビトロとD・コスタの獲得をクラブに要望し続けてきた。<br><br>ビトロを確保し、残すはD・コスタの再獲得を決めるのみである。D・コスタ自身もチェルシーでアントニオ・コンテ監督の構想外となり、移籍を志願している。数日前には、アトレティコのユニフォームを着用している姿をソーシャルメディアに上げて話題を呼んだ。<br><br>セレソ会長は、D・コスタのユニフォーム姿について聞かれ、「いろいろな種類のパジャマがあるからね(笑)」と質問をかわしている。「彼は偉大な選手だ。けど今はチェルシーの選手。だから彼とは契約できない。それはみんな分かっているだろう」としながら、ユーモアを交えて復帰を示唆している。<br><br>「ジエゴ・コスタはマドリッドに長く住んでいた。1年間イギリスに行って、英語を学んだ。いつかはスペインに戻ってくるさ...バケーションなんかでね(笑)」<br><br>「アトレティコはスペインにあるクラブだ。ここは観光をするためには最高の場所だろう。英語だって学べる。それにお金があれば、マドリッドはすごく楽しめるところだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.20 01:37 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ジエゴ・コスタ確保を急ぐ...チェルシーはスペイン代表FWをまだ市場に出さず

アトレティコ・マドリーは、できる限り早くチェルシーFWジエゴ・コスタを確保したいと考えているようだ。<br><br>ディエゴ・シメオネ監督の要望によって、アトレティコがD・コスタ獲得を目指しているのは周知の事実になりつつある。だがアトレティコはチェルシーがスペイン代表FWを譲渡可能な選手として市場に出すまで、本格的には動かないとみられている。<br><br>D・コスタはチェルシーに自身を市場に出すよう求めてきた。アントニオ・コンテ監督から構想外であると伝えられたことを公言し、さらにプレシーズン合流不参加許可をクラブから得て、移籍の意思を頑なに示している。<br><br>チェルシーは、自チームのストライカー補強にプライオリティを置いている。その補強を敢行してから、D・コスタの移籍を容認するつもりだという。昨夏は移籍金6000万ユーロ(約77億円)のオファーにも応じなかったチェルシーだが、今夏はそれほど高額な移籍金を要求しないと予想されている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.18 23:08 Tue
twitterfacebook
thumb

叶えられたシメオネの願望、アトレティコは獲得したビトロの契約解除金を195億円に設定

アトレティコ・マドリーは12日、スペイン代表MFビトロの獲得を発表した。アトレティコでの同選手の契約解除金は非常に高額なものとなっている。<br><br>ビトロの獲得は、今夏アトレティコにとって至上命題となっていた。ディエゴ・シメオネ監督がスペイン代表アタッカーの獲得を熱望していたためだ。<br><br>ビトロは12日にスペインプロリーグ機構のオフィスを訪れ、自ら契約解除金を支払ってセビージャとの契約を解消した。アトレティコはフリーとなったビトロを獲得し、ラス・パルマスへの半年レンタルを決め、同選手に1億5000万ユーロ(約195億円)に設定。これはMFコケ、サウール・ニゲスに並ぶ額である。<br><br>同じ日にラス・パルマス入りしたビトロは、「この可能性が出てきたときに、自分の夢だと思った。生涯愛する地元のチームで、1部の舞台でプレーすることは、ずっとやりたかったことだった。幸せだよ。タフな数日間だったけれど、最後はこの決断を下した」と語り、新天地での活躍に意気込みを示している。<br><br>なお、ラス・パルマスは今回の移籍でビトロの保有権を12,5%を保有することとなっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.13 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ会長、ビトロのアトレティコ移籍に憤り「彼はより多くのお金を稼ぐために我々を利用した」

▽12日にアトレティコ・マドリーへの移籍を発表したスペイン代表FWビトロ(27)。先日、セビージャのホセ・カストロ会長が、記者会見でビトロとの契約延長を公言していたにもかかわらず、電撃移籍を果たしたビトロに怒りをあらわにしている。 ▽2013-14シーズンにラス・パルマスからセビージャに加入したビトロは、ここまで公式戦177試合に出場し、28ゴール45アシストを記録。ウインガーとしてセビージャの攻撃を支えてきた同選手は、カストロ会長が自ら、契約延長を公言していた。しかし、一転してビトロのアトレティコ移籍が電撃発表。急転直下のこの移籍騒動に、同会長は怒りの言葉を並べた。 「人を信じることができないのならば...できることは何もないよ。我々は全てを与えてきた。私は憤りを覚えている。彼はアトレティコでより多くを稼ぐためにセビージャを利用したんだ」 「彼はセビージャに戻る気はなかった。彼は私にアトレティコからの分割払いでの契約解除金を受け入れてほしかったようだ。私は不可能だと言ったよ」 「私は副会長とも、アトレティコのオファー額(給与)に近づける可能性について話していた。その時ビトロは私に完全に満足していると言ったんだ」 「彼は私にメッセージを送って、(契約延長に)合意すると伝えてきた。我々は文書を用意して、契約合意にまで至っていたんだ」 2017.07.13 15:31 Thu
twitterfacebook
thumb

契約延長が一転、ビトロがアトレティコに完全移籍…2017年は古巣ラス・パルマスにレンタル

▽アトレティコ・マドリーは12日、セビージャのスペイン代表MFビトロ(27)の獲得で合意したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年間。なお、現在アトレティコ・マドリーは選手登録禁止処分を下されているため、2017年12月31日までラス・パルマスでプレーすることとなる。 ▽ビトロはラス・パルマスの下部組織出身で、2010年7月にトップチーム昇格。トップチームでの結果を残すと、2013年7月にセビージャへと完全移籍。これまで公式戦177試合に出場し、28ゴール45アシストを記録。卓越したドリブルセンスとスタミナを武器に、サイドのスペシャリストとしてヨーロッパリーグ3連覇に貢献していた。 ▽10日にアルゼンチン代表MFエベル・バネガと同MFグイド・ピサーロのお披露目会見に出席したセビージャのホセ・カストロ会長がビトロとの契約延長を公言。しかし、一転してアトレティコへの移籍が決定した。 ▽なお、ビトロの契約解除金は4000万ユーロ(約52億円)に設定されており、アトレティコは当初のオファー額で獲得したと見られている。 2017.07.12 21:52 Wed
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース