アトレティコがセビージャとの上位対決に完勝! グリーズマンが圧巻直接FK含む全ゴール演出!《リーガエスパニョーラ》2017.03.20 02:23 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが19日にビセンテ・カルデロンで行われ、ホームのアトレティコが3-1で勝利した。

▽4位アトレティコ(勝ち点52)と3位セビージャ(勝ち点57)による上位対決。この上位対決をホームで戦うアトレティコは、15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)レバークーゼン戦をゴールレスドローで終えるも、1stレグのアドバンテージをきっちり生かして4年連続のベスト8進出を果たした。敵地での前回対戦で0-1の敗戦を喫したセビージャとのリターンマッチに向けては、レバークーゼン戦から先発3人を変更。出場停止明けのガビとフィリペ・ルイス、負傷明けのガメイロが復帰した。

▽一方、ナスリの退場やエンゾンジのPK失敗が響き、14日に行われたCLレスター戦に敗れたセビージャは、クラブ史上初のベスト8進出を逃した。心身ともに疲労を抱えるチームは、その試合から中4日でアトレティコとのビッグマッチに臨んだ。直近の公式戦3試合未勝利と、今季最大の不振に苦しむサンパオリ監督率いるチームは、レスター戦から先発2人を変更。パレハとイボーラに代えて、ラングレとマリアーノを起用し、[5-4-1]の布陣を採用した。

▽注目の上位対決は、開始直後にいきなりアクシデントが起こる。接触プレーのない場面で足を負傷したヴルサリコがプレー続行不可能となり、開始2分にフアンフランとの交代を強いられた。

▽キックオフ直後に交代枠を切ることになったアトレティコだったが、ホームサポーターの歓声を後押しに立ち上がりから相手を押し込む。13分にはカラスコのフィードに抜け出したガメイロがGKの前目のポジションを確認し、意表を突いたロングループシュートを放つ。だが、これはGKセルヒオ・リコが何とか触り、ボールはクロスバーを叩いた。

▽守護神のビッグセーブで失点を免れたものの、左ウイングバックにサラビア、ボランチにエスクデロ、1トップにナスリを据えるなど、本来のポジションとは別のポジションに選手を配置する奇策がハマらないセビージャは、各ポジションのウィークポイントばかりが目につき、なかなか流れを作れない。この状況を受けてサンパオリ監督は、前半半ばに選手たちのポジションを適材適所に配置し直す。すると、この変更をキッカケに押し返し始める。

▽一方、ガメイロの決定機以降、なかなかチャンスを作れずにいたアトレティコだったが、ビッグマッチで真価を発揮する闘将が得意のセットプレーからスコアを動かす。37分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのグリーズマンがファーサイドに浮き球のボールを入れる。これに反応したゴディンが豪快なヘディングで流し込んだ。

▽アトレティコの1点リードで折り返した後半、先に動きを見せたのはセビージャ。DFラングレを下げてFWヨベティッチをハーフタイム明けに投入し、アンカーにエンゾンジを配した[4-1-4-1]にシステムを変更した。

▽ここから攻勢に出たいセビージャだったが、組織的なプレスに加え、球際で強さを見せるアトレティコに前半以上に苦戦。中盤でボールを失っては相手の高速カウンターの餌食に遭い、後半立ち上がりにはカラスコ、グリーズマンに続けて決定機を許した。50分には左サイドのエスクデロからのクロスをサラビアがバックヒールで合わせるが、GK正面を突いた。

▽さらに、60分にはガメイロにドリブルで中央突破を許し、ボックス手前の危険なエリアでDFメルカドが痛恨のファウルを犯してしまう。すると、このFKからアトレティコに追加点が生まれる。ボックス手前やや右の位置で得たFKの場面でキッカーのグリーズマンが左足を振り抜くと、鋭いシュートがゴール右上隅のクロスバー内側を叩きゴールネットに吸い込まれた。

▽この追加点で勝利を大きく引き寄せたアトレティコは、得点直後の63分にガメイロを下げて、脳震とうから実戦復帰のトーレスが投入され、ビセンテ・カルデロンをさらに沸かせる。一方、流れを変えたいセビージャは65分にサラビア、イェデルを下げて、イボーラとコレアを同時投入した。

▽その後もアトレティコペースで試合が進む中、77分に試合を決定付ける3点目が生まれる。ショートカウンターから右サイドを持ち上がったグリーズマンのスルーパスに抜け出したフアンフランがボックス右ライン際でクロス。これをGKセルヒオ・リコが弾いたボールがゴール前でドフリーのコケの足元に転がり、コケは難なく流し込んだ。

▽敗色濃厚も意地を見せたいセビージャは、85分に左サイドを単騎突破で崩したコレアがボックス左に持ち込んで右足のシュートをゴール右隅に流し込み、一矢を報いた。だが、その後はトーレスに幾度も決定機が訪れるなど、お祭りムードの試合を3-1のままきっちり締めくくったアトレティコがホームで完勝。注目の上位対決を制したアトレティコが、リーグ戦3連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコFWガメイロが感じる強さの秘密…シメオネという存在の大きさ語る

アトレティコ・マドリーに所属するFWケビン・ガメイロは、ディエゴ・シメオネ監督がクラブを今のレベルに引き上げたと考えているようだ。『Goal』で語ってくれている。<br><br>ガメイロは昨夏セビージャから移籍し、アトレティコに加入した。2016-17シーズン、公式戦39試合に出場し、14得点7アシストの活躍を見せている。加入1年目からチームの主力として活躍するガメイロだが、過去数シーズンに渡るクラブの躍進の秘密は、シメオネ監督の情熱とハードワークによるものだと明かした。<br><br>「シメオネは勝者のメンタリティーを教えてくれた。彼は情熱家だ。そして毎試合前、僕らの闘志に火を灯してくれるんだ。彼はサッカーに生きている。食事の時も寝る時もサッカーのことを考えている。彼はアトレティコに来て、偉大なことを成し遂げてきた。クラブを高いレベルに導いたことに尊敬の念を抱いているよ。長きに渡ってクラブを率いて欲しい」<br><br>アトレティコは今季、チャンピオンズリーグで準々決勝進出を決めた。しかし、リーグ戦では1位のレアル・マドリーと勝ち点差が「10」と優勝争いからは後れを取っている。シーズン終盤の猛追が求められるが、まずは4月1日に敵地でマラガと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2017.03.29 14:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ガメイロ「グリーズマンは共にプレーした中で最高の選手ではない」その理由とは?

アトレティコ・マドリーに所属するFWケビン・ガメイロはチームメートのアントワーヌ・グリーズマンが、まだズラタン・イブラヒモビッチの域には到達していないと思っている。しかし同時に、いずれバロンドールを取る選手になると考えている。<br><br>「今まで一緒にプレーしてきた中で最高の選手として、グリーズマンの名前を挙げることはできない。なぜならば僕はズラタン・イブラヒモビッチやデイビッド・ベッカムなど、パリ・サンジェルマンで多くの素晴らしい選手たちとプレーしてきたからね。それでも、アントワーヌは、昨年バロンドールで3位だったし、いつか同賞に輝いて欲しいと思っているよ。彼はとても素晴らしいクオリティを持っているし、まだまだ成長すると思う」<br><br>また、ガメイロはフランス代表チームについて「この世代はオフェンスにもディフェンスにも良い選手がそろっている。とても良いことだし、将来が楽しみだよ」と現在の状況を分析した。<br><br>フランス代表は28日、スペインとの親善試合で0-2の敗戦を喫した。グリーズマンもビデオ判定によってゴールが取り消されるなど、得点を挙げることができなかった。グリーズマンのバロンドールへの道はクラブに帰ってから再び始まる。アトレティコは4月1日、敵地でマラガと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2017.03.29 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

DAZNが4月1日からリーガを放映! 毎節注目5試合をライブ放映

▽ブンデスリーガやJリーグ全試合を放送するスポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は、4月1日(土)からラ・リーガ サンタンデール(リーガ・エスパニョーラ)を2019-2020シーズンまで放送することを発表した。毎節5試合以内の注目試合をライブ放映する。 ▽レアル・マドリーやバルセロナなど、世界最高峰のリーグとしても知られるリーガ・エスパニョーラ。今シーズンは首位争いも白熱し、シーズン終盤に向けて注目が高まっている。 ▽「DAZN」では、これまでコパ・デル・レイを放送していたが、リーグ戦であるリーガ・エスパニョーラの放映も決定。ブンデスリーガ、セリエA、リーグ・アン、Jリーグ(J1・J2・J3)などに続いて、サッカー中継を楽しめる事となった。 ▽なお、4月1日、2日に予定されているリーガエスパニョーラ第29節では、ビジャレアルvsエイバルやマラガvsアトレティコ・マドリー、セビージャvsスポルティング・ヒホン、レアル・マドリーvsアラベス、グラナダvsバルセロナの5試合を放映する。 ◆放映スケジュール ▽4月1日(土) 《20:00》 ビジャレアル vs エイバル ※日本語実況解説 《27:45》 マラガ vs アトレティコ・マドリー ※日本語実況解説 ▽4月2日(日) 《19:00》 セビージャ vs スポルティング・ヒホン ※日本語実況 《23:15》 レアル・マドリー vs アラベス ※日本語実況解説+DAZN独自のリプレイ映像 《27:45》 グラナダ vs バルセロナ ※日本語実況解説 2017.03.28 12:02 Tue
twitterfacebook
thumb

選手登録禁止処分を科されるアトレティコだが…レンタル組の復帰確定者はテオ・エルナンデスのみ

FIFAによって選手登録禁止処分を科され、今夏に選手を補強できるか不透明なアトレティコ・マドリーだが、頼みのレンタル組は芳しい結果を挙げられていないようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>スポーツ仲裁裁判所(CAS)にFIFAによる処分の不当を訴えるアトレティコ。CASの判決は4月24日に下されるが、処分が解除されない場合にはレンタル組を戻す以外に陣容を厚くする術はなくなる。しかしながら、今季のレンタル組の調子は芳しくなく、『マルカ』によれば復帰が確定しているのは一選手のみであるという。<br><br>レンタル組で唯一合格と言える成果を挙げているのは、アラベスで存在感を放つ左サイドバック、DFテオ・エルナンデスのみで、同選手を復帰させることは確定している模様。またテネリフェFWアマス、ポルトFWディオゴ・ジョッタにも復帰の可能性があるが、補強禁止処分が解かれず、チームの陣容が不足する場合に戦力に加えることを考慮するようだ。<br><br>そのほかセビージャFWルシアーノ・ビエット、同MFマティアス・クラネビッテル、ビジャレアルFWサントス・ボレ、バレンシアDFギリェルメ・シケイラらについては、それぞれのクラブで満足な出場機会を確保していないため、アトレティコは失望を覚えている様子。復帰させる可能性は限りなく低いとみられる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.27 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ガメイロがアトレティコ退団を希望…中国から年俸24億円の破格オファー届く

アトレティコ・マドリーFWケヴィン・ガメイロが、中国への移籍を希望しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>『マルカ』によれば、ガメイロは中国のクラブから年俸2000万ユーロ(約24億円)ともされる破格のオファーを受け取ったという。ガメイロはその魅力に抗いきれず、アトレティコに自身の売却を検討するよう求めたようだ。<br><br>これを受けたアトレティコはリヨンFWアレクサンドル・ラカゼットなど、すでにガメイロの後釜獲得に動いている様子。ただし、問題はFIFAから科された選手登録禁止処分となる。アトレティコはスポーツ仲裁裁判所(CAS)によって今夏の補強が認められなければ、次の冬の移籍市場までチームに留まるよう、ガメイロを説得する方針とみられる。<br><br>なおアトレティコがガメイロを中国のクラブに売却する場合、少なくとも後釜となる選手の移籍金額を求めるようだ。ラカゼットであれば、移籍金は4000万ユーロとされている。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.26 10:03 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース