アトレティコがセビージャとの上位対決に完勝! グリーズマンが圧巻直接FK含む全ゴール演出!《リーガエスパニョーラ》2017.03.20 02:23 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが19日にビセンテ・カルデロンで行われ、ホームのアトレティコが3-1で勝利した。

▽4位アトレティコ(勝ち点52)と3位セビージャ(勝ち点57)による上位対決。この上位対決をホームで戦うアトレティコは、15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)レバークーゼン戦をゴールレスドローで終えるも、1stレグのアドバンテージをきっちり生かして4年連続のベスト8進出を果たした。敵地での前回対戦で0-1の敗戦を喫したセビージャとのリターンマッチに向けては、レバークーゼン戦から先発3人を変更。出場停止明けのガビとフィリペ・ルイス、負傷明けのガメイロが復帰した。

▽一方、ナスリの退場やエンゾンジのPK失敗が響き、14日に行われたCLレスター戦に敗れたセビージャは、クラブ史上初のベスト8進出を逃した。心身ともに疲労を抱えるチームは、その試合から中4日でアトレティコとのビッグマッチに臨んだ。直近の公式戦3試合未勝利と、今季最大の不振に苦しむサンパオリ監督率いるチームは、レスター戦から先発2人を変更。パレハとイボーラに代えて、ラングレとマリアーノを起用し、[5-4-1]の布陣を採用した。

▽注目の上位対決は、開始直後にいきなりアクシデントが起こる。接触プレーのない場面で足を負傷したヴルサリコがプレー続行不可能となり、開始2分にフアンフランとの交代を強いられた。

▽キックオフ直後に交代枠を切ることになったアトレティコだったが、ホームサポーターの歓声を後押しに立ち上がりから相手を押し込む。13分にはカラスコのフィードに抜け出したガメイロがGKの前目のポジションを確認し、意表を突いたロングループシュートを放つ。だが、これはGKセルヒオ・リコが何とか触り、ボールはクロスバーを叩いた。

▽守護神のビッグセーブで失点を免れたものの、左ウイングバックにサラビア、ボランチにエスクデロ、1トップにナスリを据えるなど、本来のポジションとは別のポジションに選手を配置する奇策がハマらないセビージャは、各ポジションのウィークポイントばかりが目につき、なかなか流れを作れない。この状況を受けてサンパオリ監督は、前半半ばに選手たちのポジションを適材適所に配置し直す。すると、この変更をキッカケに押し返し始める。

▽一方、ガメイロの決定機以降、なかなかチャンスを作れずにいたアトレティコだったが、ビッグマッチで真価を発揮する闘将が得意のセットプレーからスコアを動かす。37分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのグリーズマンがファーサイドに浮き球のボールを入れる。これに反応したゴディンが豪快なヘディングで流し込んだ。

▽アトレティコの1点リードで折り返した後半、先に動きを見せたのはセビージャ。DFラングレを下げてFWヨベティッチをハーフタイム明けに投入し、アンカーにエンゾンジを配した[4-1-4-1]にシステムを変更した。

▽ここから攻勢に出たいセビージャだったが、組織的なプレスに加え、球際で強さを見せるアトレティコに前半以上に苦戦。中盤でボールを失っては相手の高速カウンターの餌食に遭い、後半立ち上がりにはカラスコ、グリーズマンに続けて決定機を許した。50分には左サイドのエスクデロからのクロスをサラビアがバックヒールで合わせるが、GK正面を突いた。

▽さらに、60分にはガメイロにドリブルで中央突破を許し、ボックス手前の危険なエリアでDFメルカドが痛恨のファウルを犯してしまう。すると、このFKからアトレティコに追加点が生まれる。ボックス手前やや右の位置で得たFKの場面でキッカーのグリーズマンが左足を振り抜くと、鋭いシュートがゴール右上隅のクロスバー内側を叩きゴールネットに吸い込まれた。

▽この追加点で勝利を大きく引き寄せたアトレティコは、得点直後の63分にガメイロを下げて、脳震とうから実戦復帰のトーレスが投入され、ビセンテ・カルデロンをさらに沸かせる。一方、流れを変えたいセビージャは65分にサラビア、イェデルを下げて、イボーラとコレアを同時投入した。

▽その後もアトレティコペースで試合が進む中、77分に試合を決定付ける3点目が生まれる。ショートカウンターから右サイドを持ち上がったグリーズマンのスルーパスに抜け出したフアンフランがボックス右ライン際でクロス。これをGKセルヒオ・リコが弾いたボールがゴール前でドフリーのコケの足元に転がり、コケは難なく流し込んだ。

▽敗色濃厚も意地を見せたいセビージャは、85分に左サイドを単騎突破で崩したコレアがボックス左に持ち込んで右足のシュートをゴール右隅に流し込み、一矢を報いた。だが、その後はトーレスに幾度も決定機が訪れるなど、お祭りムードの試合を3-1のままきっちり締めくくったアトレティコがホームで完勝。注目の上位対決を制したアトレティコが、リーグ戦3連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

ジエゴ・コスタがハムストリング負傷でラス・パルマス戦を欠場へ

▽アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWジエゴ・コスタが、ハムストリングを負傷したようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽ジエゴ・コスタは、20日に行われたリーガエスパニョーラ第20節のジローナ戦に先発で出場。しかし61分に負傷してフランス代表FWケヴィン・ガメイロとの交代を余儀なくされた。ジエゴ・コスタは23日に行われたコパ・デル・レイ準々決勝2ndレグのセビージャ戦(1-3でアトレティコが敗戦)を欠場していた。 ▽報道によると同選手はハムストリングに違和感がある模様。10日前後の離脱となるようで、28日に行われるリーガエスパニョーラ第21節のラス・パルマス戦も欠場することが濃厚となっている。 2018.01.24 10:09 Wed
twitterfacebook
thumb

要塞サンチェス・ピスファンで完勝のセビージャがアトレティコを下し準決勝進出!《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ準々決勝2ndレグのセビージャvsアトレティコ・マドリーが23日に行われ、3-1でセビージャが勝利した。この結果、2戦合計5-3でセビージャが準決勝進出を決めた。 ▽17日に行われた1stレグをホアキン・コレア弾で逆転勝利したセビージャは、直近に行われたリーグ戦のエスパニョール戦から先発を1人変更。コルシアに代えてヘスス・ナバスを先発で起用した。 ▽一方、終盤被弾で1stレグを落としたアトレティコは、直近のジローナ戦から先発を5人変更。ジローナ戦で負傷したジエゴ・コスタやカラスコ、トーマスらに代えてガメイロやガビ、コケらを先発で起用した。 ▽試合は開始早々の26秒に動きを見せる。フランコ・バスケスのパスをボックス右付近で受けたサラビアがクロスを供給。これをファーサイドから中央に走り込んだエスクデロが右足のボレーシュートで流し込み、セビージャが先制に成功した。 ▽先制を許したアトレティコだがすぐに反撃に転じる。すると13分、ホセ・ヒメネスのロングフィードをバイタルエリア左でガメイロが落とすと、グリーズマンがワントラップから右足でシュート。これがGKセルヒオ・リコの頭上を越し、そのままゴールネットに突き刺さった。 ▽グリーズマンのゴラッソで振り出しに戻った試合は、ここから一気にヒートアップ。追いついて勢い付くアトレティコは31分、コケのパスでゴール右に侵攻したアンヘル・コレアに決定機が生まれるも、これは枠の左に大きく外した。 ▽対するセビージャは37分、サラビアのパスで右サイドを抜け出したヘスス・ナバスのクロスを中央に走り込んだフランコ・バスケスが頭で合わせたが、これはわずかにゴール右に逸れた。 ▽1-1で迎えた後半も、セビージャが開始早々にスコアを動かす。46分、ドリブルでボックス左から仕掛けたJ・コレアがボックス内でサウールに倒され、PKを獲得。このPKをバネガがゴール右隅に決め、勝ち越しに成功した。 ▽勝ち越しを許したアトレティコは52分、サウールの左クロスをボックス中央フリーのA・コレアがワントラップから右足を振り抜いたが、これは飛び出したGKセルヒオ・リコの好セーブに阻まれる。 ▽準決勝進出に3点が必要なアトレティコは、56分にトーレスを投入。さらに60分にカラスコ、64分にトーマスと立て続けにピッチに送り出した。しかし、再びスコアを動かしたのはセビージャ。 ▽79分、トーマスのパスを中盤でカットしたエンゾンジが素早く繋ぐと、フランコ・バスケスのロングスルーパスに抜け出したサラビアがボックス内まで持ち上がりシュート。ゴディンにディフレクトしたボールがそのままゴール左隅に吸い込まれた。 ▽結局、試合はそのまま3-1で終了。要塞サンチェス・ピスファンで完勝のセビージャが、2戦合計5-3で準決勝進出を決めた。なお、セビージャはこの試合の勝利でコパ・デル・レイのホーム連勝記録を「12」に伸ばしている。 2018.01.24 07:45 Wed
twitterfacebook
thumb

シメオネ、ジエゴ・コスタ不在を心配せず...「彼抜きで我々は2位に位置していた」

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督は、FWジエゴ・コスタの負傷離脱を気に留めていないようだ。<br><br>ジエゴ・コスタは20日のリーガエスパニョーラ第20節ジローナ戦(1-1)で負傷交代。10日ほどの離脱が見込まれており、23日に行われるコパ・デル・レイ準々決勝第2戦セビージャ戦には出場できない。<br><br>シメオネ監督はスペイン人FWに関して、以下のように語っている。<br><br>「これまで同様、競争に身を置けるだけの選手が我々には揃っている。ジエゴ抜きで、我々はリーガで2位に位置していた。チャンピオンズリーグでは敗退することになったが、そこでも最後まで戦った」<br><br>コパ準々決勝第1戦では、セビージャがアトレティコの本拠地ワンダ・メトロポリターノで2-1と先勝している。<br><br>「コパはモチベーションを上げてくれる。我々の考えは変わっていない。難しい試合になると予想している。優勢なのはセビージャだ。だが試合が残されている限り、巻き返しを目指して我々はプレーする」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 23:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタが内転筋の負傷で10日間の離脱へ…

▽アトレティコ・マドリーは21日、リーガエスパニョーラ第20節のジローナ戦で負傷交代したスペイン代表FWジエゴ・コスタが右足内転筋の負傷と診断されたことを発表した。 ▽ジエゴ・コスタは1-1のドローに終わったジローナ戦で先発出場するも、後半立ち上がりの61分に右足の痛みを訴えてFWケビン・ガメイロとの交代でピッチを後にした。そして、試合翌日に行われた精密検査の結果、右足内転筋に軽い損傷が確認されたという。 ▽なお、アトレティコは現時点で離脱期間を明らかにしていないが、スペイン『マルカ』はジエゴ・コスタの離脱が10日間ほどになると伝えている。 ▽アトレティコでの再デビュー後の公式戦5試合で3ゴール2アシストの活躍を披露していたジエゴ・コスタだが、今回の負傷によって逆転を目指すコパ・デル・レイ準々決勝2ndレグのセビージャ戦(23日)、次節のラス・パルマス戦(28日)の公式戦2試合を欠場する見込みだ。 2018.01.21 22:47 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、グリーズマン個人合意を公式否定

▽バルセロナは20日、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)を取り巻く加入内定報道を否定した。 ▽グリーズマンを巡っては最近、今シーズン終了後のバルセロナ移籍で個人合意に達したとの報道が加熱している。 ▽これを受け、バルセロナは声明を公式サイトに掲載。グリーズマンの加入内定および接触の噂を次のように否定している。 「バルセロナは、アトレティコ・マドリーのアントワーヌ・グリーズマンに関する複数メディアの報道を強く否定する」 「クラブは、これらの報道に対して異議を表明すると共に、アトレティコ・マドリーに対する敬意を改めて表する」 2018.01.21 15:30 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース