アトレティコがセビージャとの上位対決に完勝! グリーズマンが圧巻直接FK含む全ゴール演出!《リーガエスパニョーラ》2017.03.20 02:23 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが19日にビセンテ・カルデロンで行われ、ホームのアトレティコが3-1で勝利した。

▽4位アトレティコ(勝ち点52)と3位セビージャ(勝ち点57)による上位対決。この上位対決をホームで戦うアトレティコは、15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)レバークーゼン戦をゴールレスドローで終えるも、1stレグのアドバンテージをきっちり生かして4年連続のベスト8進出を果たした。敵地での前回対戦で0-1の敗戦を喫したセビージャとのリターンマッチに向けては、レバークーゼン戦から先発3人を変更。出場停止明けのガビとフィリペ・ルイス、負傷明けのガメイロが復帰した。

▽一方、ナスリの退場やエンゾンジのPK失敗が響き、14日に行われたCLレスター戦に敗れたセビージャは、クラブ史上初のベスト8進出を逃した。心身ともに疲労を抱えるチームは、その試合から中4日でアトレティコとのビッグマッチに臨んだ。直近の公式戦3試合未勝利と、今季最大の不振に苦しむサンパオリ監督率いるチームは、レスター戦から先発2人を変更。パレハとイボーラに代えて、ラングレとマリアーノを起用し、[5-4-1]の布陣を採用した。

▽注目の上位対決は、開始直後にいきなりアクシデントが起こる。接触プレーのない場面で足を負傷したヴルサリコがプレー続行不可能となり、開始2分にフアンフランとの交代を強いられた。

▽キックオフ直後に交代枠を切ることになったアトレティコだったが、ホームサポーターの歓声を後押しに立ち上がりから相手を押し込む。13分にはカラスコのフィードに抜け出したガメイロがGKの前目のポジションを確認し、意表を突いたロングループシュートを放つ。だが、これはGKセルヒオ・リコが何とか触り、ボールはクロスバーを叩いた。

▽守護神のビッグセーブで失点を免れたものの、左ウイングバックにサラビア、ボランチにエスクデロ、1トップにナスリを据えるなど、本来のポジションとは別のポジションに選手を配置する奇策がハマらないセビージャは、各ポジションのウィークポイントばかりが目につき、なかなか流れを作れない。この状況を受けてサンパオリ監督は、前半半ばに選手たちのポジションを適材適所に配置し直す。すると、この変更をキッカケに押し返し始める。

▽一方、ガメイロの決定機以降、なかなかチャンスを作れずにいたアトレティコだったが、ビッグマッチで真価を発揮する闘将が得意のセットプレーからスコアを動かす。37分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのグリーズマンがファーサイドに浮き球のボールを入れる。これに反応したゴディンが豪快なヘディングで流し込んだ。

▽アトレティコの1点リードで折り返した後半、先に動きを見せたのはセビージャ。DFラングレを下げてFWヨベティッチをハーフタイム明けに投入し、アンカーにエンゾンジを配した[4-1-4-1]にシステムを変更した。

▽ここから攻勢に出たいセビージャだったが、組織的なプレスに加え、球際で強さを見せるアトレティコに前半以上に苦戦。中盤でボールを失っては相手の高速カウンターの餌食に遭い、後半立ち上がりにはカラスコ、グリーズマンに続けて決定機を許した。50分には左サイドのエスクデロからのクロスをサラビアがバックヒールで合わせるが、GK正面を突いた。

▽さらに、60分にはガメイロにドリブルで中央突破を許し、ボックス手前の危険なエリアでDFメルカドが痛恨のファウルを犯してしまう。すると、このFKからアトレティコに追加点が生まれる。ボックス手前やや右の位置で得たFKの場面でキッカーのグリーズマンが左足を振り抜くと、鋭いシュートがゴール右上隅のクロスバー内側を叩きゴールネットに吸い込まれた。

▽この追加点で勝利を大きく引き寄せたアトレティコは、得点直後の63分にガメイロを下げて、脳震とうから実戦復帰のトーレスが投入され、ビセンテ・カルデロンをさらに沸かせる。一方、流れを変えたいセビージャは65分にサラビア、イェデルを下げて、イボーラとコレアを同時投入した。

▽その後もアトレティコペースで試合が進む中、77分に試合を決定付ける3点目が生まれる。ショートカウンターから右サイドを持ち上がったグリーズマンのスルーパスに抜け出したフアンフランがボックス右ライン際でクロス。これをGKセルヒオ・リコが弾いたボールがゴール前でドフリーのコケの足元に転がり、コケは難なく流し込んだ。

▽敗色濃厚も意地を見せたいセビージャは、85分に左サイドを単騎突破で崩したコレアがボックス左に持ち込んで右足のシュートをゴール右隅に流し込み、一矢を報いた。だが、その後はトーレスに幾度も決定機が訪れるなど、お祭りムードの試合を3-1のままきっちり締めくくったアトレティコがホームで完勝。注目の上位対決を制したアトレティコが、リーグ戦3連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

シメオネ、移籍の噂が絶えないグリーズマンに「最善の選択をしてもらいたい」

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が、FWアントワーヌ・グリーズマンの去就について自身の見解を示している。<br><br>昨夏アトレティコと2022年までの契約延長を行ったグリーズマンだが、移籍の噂が絶えない。バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドといった資金潤沢なクラブが、契約解除金が1億ユーロに設定されているフランス代表FWを今夏再び狙うとみられている。<br><br>シメオネ監督は18日の公式会見で次のように語った。<br><br>「グリーズマンにとって、最善の選択をしてもらいたい。我々はアトレティコが成長を続けるということを彼に証明したい。物事は言葉ではなく、事実によって成り立つ。我々はリーガでバルセロナとタイトルを争っている。ヨーロッパリーグでは決勝に勝ち進む可能性がある」<br><br>「毎年、良いことも、悪いこともある。しかし、グリーズマンが決断を下す時に、できる限り選択肢を与えなければいけない。アトレティコで、我々と共に成長を続けたいと思わせるようなね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 22:16 Thu
twitterfacebook
thumb

イタリアの2クラブがアトレティコDFヴルサリコを狙う

▽アトレティコ・マドリーのクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(26)に、イタリアの2クラブが興味を示しているようだ。イタリア『Radio CRC』で代理人が語った。 ▽ヴルサリコに興味を示しているのは、現在スクデットを争っているユベントスとナポリとのこと。新シーズンに向けた補強の1人として考えているようだ。 ▽代理人のジュゼッペ・リソ氏は、「右サイドバックは世界で最も求められているポジションだ」と指摘。両クラブの希望は理解しているものの、他クラブからのオファー、そしてアトレティコの方針についても語った。 「ナポリとユベントスは右サイドバックを探している。それは、ヨーロッパのいたるところで起こっていることであり、彼が1月に移籍することはなかった」 「シメは、イタリアが大好きだ。ただ、プレミアリーグは誰にとっても魅力的である」 「アトレティコが彼を売却するかどうかはわからない。彼の代わりを見つける必要が出てくるが、それは簡単ではないね」 ▽今シーズンのヴルサリコは、リーガエスパニョーラで17試合に出場。1月にはナポリ遺跡の可能性も報じられていたが、アトレティコに残留していた。 ▽ヴルサリコは2013年7月にディナモ・ザグレブからジェノアへ移籍。2014年7月から2016年7月まではサッスオーロでプレー。セリエAでのプレー経験もあることが、両クラブの興味を引くところのポイントでもあるだろう。 2018.04.19 15:47 Thu
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第33節プレビュー】40戦無敗狙うバルサは苦手バライードスでのセルタ戦!

▽先週末に行われた第32節ではバルセロナがバレンシアとの上位対決を制した他、アトレティコ・マドリー、レアル・マドリーが揃って勝利。ヨーロッパリーグ(EL)出場権を懸けたセビージャとビジャレアルの上位対決はドローという結果に終わった。 ▽ミッドウィーク開催となる今節の注目カードは、首位のバルセロナ(勝ち点82)と9位のセルタ(勝ち点43)の一戦だ。2年ぶりのリーガ制覇に向けてあと7ポイントに迫るバルセロナは前節、絶好調のバレンシア相手に2-0の快勝を収めてリーガ新記録となる39試合連続無敗を達成。チャンピオンズリーグ(CL)のローマ戦での屈辱的な敗退を何とか払拭することに成功した。 ▽この勝利をキッカケに再び勢いを取り戻したいチームは、今週末にセビージャとのコパ・デル・レイ決勝を控える中で敵地バライードスに乗り込む。ここ数年、バライードスでのアウェイゲームを苦手とするバルセロナは直近の2シーズンでいずれも4失点を喫しての敗戦を喫している。ただ、現時点でチームの最優先はコパ決勝であり、今回の遠征には負傷のMFラキティッチに加えDFピケ、MFイニエスタ、MFブスケッツの主力4選手がメンバー外となっている。そのため、MFパウリーニョ以外に主力不在のピボーテの出来が勝敗を左右する。さらに、FWアスパスを筆頭に能力の高い相手の攻撃陣をDFユムティティ、GKテア・シュテーゲンを中心にきっちり抑え込みたい。 ▽前節、エースFWグリーズマンと今季限りでの退団が決定したFWトーレスのゴールなどでレバンテに快勝した2位アトレティコ(勝ち点71)は公式戦3試合ぶりの勝利を手にした。現在、チームの最優先はアーセナルとの対戦が決定したEL準決勝だが、バルセロナの優勝を遅らせるためにも勝利がほしい。監督交代後、2勝1分けと復調を見せる11位レアル・ソシエダ(勝ち点40)とのアウェイゲームに向けては古巣対戦のグリーズマンに注目。リーガ2戦連発中と好調のフランス代表は今季ゴール数を19点としており、今節で2シーズンぶりの20ゴールの大台に乗せたいところだ。 ▽アトレティコと同様に前節、最下位マラガに古巣対戦のMFイスコの1ゴール1アシストの活躍で勝利した3位レアル・マドリー(勝ち点67)は、13位アスレティック・ビルバオ(勝ち点39)とホームで対戦。今節ではそのマラガ戦で温存されたエースFWクリスティアーノ・ロナウドら主力の復帰が見込まれており、直近のサンティアゴ・ベルナベウでのユベントス戦でやきもきさせたマドリディスタを前にゴールラッシュできっちり勝ち切りたいところだ。 ▽また、敵地でバルセロナに敗れて10試合ぶりの敗戦を喫した4位のバレンシア(勝ち点65)は、前節連敗をストップしたMF柴崎岳を擁する10位ヘタフェ(勝ち点42)をホームに迎えて仕切り直しの白星を目指す。5位ベティス(勝ち点52)とは13ポイント差があり来季のCL出場権獲得をほぼ決めているバレンシアだが、今節では堅守ヘタフェをきっちり破ってバウンスバックを図りたい。とりわけ、5戦連続ゴールがバルセロナ戦でストップしたFWロドリゴ・モレノの奮起に期待したい。一方、MFフラミニ退場で苦戦を強いられながらもエスパニョール相手に勝ち切ったヘタフェは前回対戦で勝利している格上相手にシーズンダブルを目指す。なお、エスパニョール戦で8試合ぶり出場機会なしに終わった柴崎は、過密日程ということもあり今回の一戦でチャンスが与えられるはずだ。 ▽その他の試合では7戦ぶりの勝利を目指す12位エイバル(勝ち点40)と、4戦連続無得点で3敗1分けと低迷する16位エスパニョール(勝ち点36)の不調対決に注目したい。前節のアラベス戦で2戦ぶりの先発を果たしたMF乾貴士だがゴールに絡む活躍は見せられず、今節では後ろに重心がかかるエスパニョール相手に局面打開の仕事が求められる。また、週末にバルセロナとのコパ決勝を控える7位セビージャ(勝ち点47)は、降格圏に低迷する18位デポルティボ(勝ち点26)相手のタフなアウェイゲームに挑む。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第33節》 ▽4/17(火) 《26:30》 デポルティボ vs セビージャ 《28:00》 セルタ vs バルセロナ 《28:30》 ビジャレアル vs レガネス ▽4/18(水) 《26:30》 エスパニョール vs エイバル バレンシア vs ヘタフェ 《28:30》 レアル・マドリー vs ビルバオ ▽4/19(木) 《26:30》 レアル・ソシエダ vs アトレティコ・マドリー アラベス vs ジローナ 《28:30》 レバンテ vs マラガ ベティス vs ラス・パルマス</div> 2018.04.17 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ボカがアトレティコDFゴディン獲得を熱望!

▽アルゼンチンのボカ・ジュニアーズが、アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(32)獲得を熱望している。アルゼンチン『TyC Sports』が報じた。 ▽ボカ・ジュニアーズは、守備の強化策としてゴディンの獲得を目指している模様。しかしながら、ディエゴ・シメオネ監督の下でアトレティコでの副キャプテンも務めるなど、重要な地位にいる同選手の獲得が難しいことも把握済みだという。 ▽アトレティコとの契約を2019年夏まで残しているゴディン。2010年夏にビジャレアルから加入して以来、最後尾でチームを支え、公式戦出場数は344試合にも上る。チームが堅守を維持するためには欠かせない選手であり、移籍を選ぶ可能性は低いだろう。 2018.04.17 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス、グリーズマン代理人に接触! アトレティコ移籍報道のディバラと入れ替わり?

▽ユベントスが、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)の代理人に接触したようだ。イタリア『Rai Sport』が報じている。 ▽アトレティコの絶対的エースであるグリーズマンを巡っては、バルセロナへの移籍が内定済みとも報じられているほか、マンチェスター・ユナイテッド行きの噂も取り沙汰されている。そして、ここに来てイタリア王者も争奪戦に参戦する構えをみせているようだ。 ▽また、一部のスペインメディアによるとアトレティコ側もユベントスのエースであるアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(24)に注視。先月には、アトレティコの指揮を執る同郷のディエゴ・シメオネ監督と会食を行い、来シーズンから加入での合意に至ったとの報道も噴出していた。 ▽ユベントス側は今年の夏を目途にディバラの後釜としてグリーズマンの確保を目指している、と報じられている。もし、華麗なドリブルやパス、稀有な得点能力を有する両者が入れ替わることになれば、この夏最大のビッグトレードとなるだろう。 2018.04.17 17:00 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース