超ワールドサッカー

アトレティコがセビージャとの上位対決に完勝! グリーズマンが圧巻直接FK含む全ゴール演出!《リーガエスパニョーラ》2017.03.20 02:23 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが19日にビセンテ・カルデロンで行われ、ホームのアトレティコが3-1で勝利した。

▽4位アトレティコ(勝ち点52)と3位セビージャ(勝ち点57)による上位対決。この上位対決をホームで戦うアトレティコは、15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)レバークーゼン戦をゴールレスドローで終えるも、1stレグのアドバンテージをきっちり生かして4年連続のベスト8進出を果たした。敵地での前回対戦で0-1の敗戦を喫したセビージャとのリターンマッチに向けては、レバークーゼン戦から先発3人を変更。出場停止明けのガビとフィリペ・ルイス、負傷明けのガメイロが復帰した。

▽一方、ナスリの退場やエンゾンジのPK失敗が響き、14日に行われたCLレスター戦に敗れたセビージャは、クラブ史上初のベスト8進出を逃した。心身ともに疲労を抱えるチームは、その試合から中4日でアトレティコとのビッグマッチに臨んだ。直近の公式戦3試合未勝利と、今季最大の不振に苦しむサンパオリ監督率いるチームは、レスター戦から先発2人を変更。パレハとイボーラに代えて、ラングレとマリアーノを起用し、[5-4-1]の布陣を採用した。

▽注目の上位対決は、開始直後にいきなりアクシデントが起こる。接触プレーのない場面で足を負傷したヴルサリコがプレー続行不可能となり、開始2分にフアンフランとの交代を強いられた。

▽キックオフ直後に交代枠を切ることになったアトレティコだったが、ホームサポーターの歓声を後押しに立ち上がりから相手を押し込む。13分にはカラスコのフィードに抜け出したガメイロがGKの前目のポジションを確認し、意表を突いたロングループシュートを放つ。だが、これはGKセルヒオ・リコが何とか触り、ボールはクロスバーを叩いた。

▽守護神のビッグセーブで失点を免れたものの、左ウイングバックにサラビア、ボランチにエスクデロ、1トップにナスリを据えるなど、本来のポジションとは別のポジションに選手を配置する奇策がハマらないセビージャは、各ポジションのウィークポイントばかりが目につき、なかなか流れを作れない。この状況を受けてサンパオリ監督は、前半半ばに選手たちのポジションを適材適所に配置し直す。すると、この変更をキッカケに押し返し始める。

▽一方、ガメイロの決定機以降、なかなかチャンスを作れずにいたアトレティコだったが、ビッグマッチで真価を発揮する闘将が得意のセットプレーからスコアを動かす。37分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのグリーズマンがファーサイドに浮き球のボールを入れる。これに反応したゴディンが豪快なヘディングで流し込んだ。

▽アトレティコの1点リードで折り返した後半、先に動きを見せたのはセビージャ。DFラングレを下げてFWヨベティッチをハーフタイム明けに投入し、アンカーにエンゾンジを配した[4-1-4-1]にシステムを変更した。

▽ここから攻勢に出たいセビージャだったが、組織的なプレスに加え、球際で強さを見せるアトレティコに前半以上に苦戦。中盤でボールを失っては相手の高速カウンターの餌食に遭い、後半立ち上がりにはカラスコ、グリーズマンに続けて決定機を許した。50分には左サイドのエスクデロからのクロスをサラビアがバックヒールで合わせるが、GK正面を突いた。

▽さらに、60分にはガメイロにドリブルで中央突破を許し、ボックス手前の危険なエリアでDFメルカドが痛恨のファウルを犯してしまう。すると、このFKからアトレティコに追加点が生まれる。ボックス手前やや右の位置で得たFKの場面でキッカーのグリーズマンが左足を振り抜くと、鋭いシュートがゴール右上隅のクロスバー内側を叩きゴールネットに吸い込まれた。

▽この追加点で勝利を大きく引き寄せたアトレティコは、得点直後の63分にガメイロを下げて、脳震とうから実戦復帰のトーレスが投入され、ビセンテ・カルデロンをさらに沸かせる。一方、流れを変えたいセビージャは65分にサラビア、イェデルを下げて、イボーラとコレアを同時投入した。

▽その後もアトレティコペースで試合が進む中、77分に試合を決定付ける3点目が生まれる。ショートカウンターから右サイドを持ち上がったグリーズマンのスルーパスに抜け出したフアンフランがボックス右ライン際でクロス。これをGKセルヒオ・リコが弾いたボールがゴール前でドフリーのコケの足元に転がり、コケは難なく流し込んだ。

▽敗色濃厚も意地を見せたいセビージャは、85分に左サイドを単騎突破で崩したコレアがボックス左に持ち込んで右足のシュートをゴール右隅に流し込み、一矢を報いた。だが、その後はトーレスに幾度も決定機が訪れるなど、お祭りムードの試合を3-1のままきっちり締めくくったアトレティコがホームで完勝。注目の上位対決を制したアトレティコが、リーグ戦3連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコファンを新スタジアムに誘うF・トーレス「メトロポリターノも愛で満たそう」

アトレティコ・マドリーFWフェルナンド・トーレスが、同クラブのファンを新スタジアム、ワンダ・メトロポリターノへと誘った。<br><br>アトレティコは28日に本拠地ビセンテ・カルデロンでの最後の興行、チャリティーマッチ「伝説の最後」を開催。同クラブのレジェンドチームが世界選抜チームと対戦し、カルデロンの最後に華を添えた。そして試合終了後には、アトレティコファンの絶対的アイドルであるトーレスがマイクを取り、5万人以上のファンにメッセージを送っている。<br><br>「アトレティコの全家族へ。今日、僕たちの家であり、愛しても愛したりないビセンテ・カルデロンにアディオスを言うことになった。祖父や祖父、両親に連れてきてもらった、僕たちの愛が詰まった場所だ。僕たちは彼らから、自分たちのスタジアムを愛さなくてはいけないと教えてもらった」<br><br>「そして僕たちは、親から教えてもらった通りのことをメトロポリターノで行わなければならない。新しいスタジアムを愛で満たそう。僕たちこそが、このクラブを唯一無二の存在としているんだ。フォルサ・アトレティ!」<br><br>なおメトロポリターノは、アトレティコがカルデロンに移転する前に使用していたスタジアムの名である。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.29 23:56 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、古巣への愛を漏らすジエゴ・コスタに28億円用意か

▽アトレティコ・マドリーがチェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)を買い戻すつもりのようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ▽所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの去就が不透明なアトレティコ。マンチェスター・ユナイテッドが同選手の獲得に迫っていると言われている中、新たなFWを探すアトレティコが、2007-08シーズンから13-14シーズンまで在籍していたジエゴ・コスタを再び獲得する計画を立てているという。 ▽アトレティコはジエゴ・コスタ獲得の為に2000万ポンド(約28億5000万円)ほど用意していると見られているが、チェルシーは同選手を獲得する際、3200万ポンド(現在のレートで約45億6000万円)程度を支払っている。獲得した金額より安い値で売却するとは考えにくいが、エバートンのベルギー代表FWロメル・ルカク(24)や、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の獲得を狙っていると噂されるチェルシーは、その移籍金を捻出するためにジエゴ・コスタの売却も視野に入れているという。 ▽先日、ジエゴ・コスタは「チェルシーを離れる時はアトレティコ・マドリーに行くときだけだ」と明言している。しかし、同選手に近しい関係者の中には、ジエゴ・コスタの発言はアトレティコに戻りたいことを暗示しているのではないかと考えている者もいるようだ。 ▽なお、アトレティコはチェルシーがジエゴ・コスタの移籍金として2500万ポンド(約35億7000万円)以上を要求してきた場合、レスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(30)やリヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(26)らにターゲットをシフトチェンジするつもりのようだ。 2017.05.29 15:04 Mon
twitterfacebook
thumb

シティで出場機会激減のノリート、スペイン復帰を望む「アトレティコやセルタから興味」

▽マンチェスター・シティのスペイン代表FWノリート(30)が、今夏の移籍市場で同クラブからの退団を強調している。スペイン『アス』が報じた。 ▽ノリートは昨夏にセルタから1380万ポンド(現在のレートで約19億6600万円)でシティに加入。シーズン当初は先発で起用されることも多かったが、レロイ・サネの台頭により出場機会が減少し、リーグ戦19試合5ゴールという結果に終わった。 ▽ノリートはマルカの取材に応じ、移籍形態に関係なく、来シーズンはシティ以外のクラブでプレーしたいと口にした。 「今はとにかくシティを去りたい。レンタルであれ、完全移籍であれ、どんな形でも良いから移籍したいと思っているよ。ただ、将来について焦りはない。今は休暇で戻ってきているけれど、このままスペインに留まりたいね」 「アトレティコやセルタから興味を持たれていることは知っているよ」 ▽またノリートはシティで過ごしたシーズンについてもコメントしている。 「12月まではプレーできていてとても幸せに感じていた。しかしそこからの4カ月で状況が変わり、まったくプレーできなくなった。何があったかなんてわからないよ。それは監督に聞いてくれ」 「忘れ去られた1年だった。予想よりも悪い状況で、経験できたことなんてなにもない。だからこの夏は、この状況を解決しなければいけない」 2017.05.29 09:24 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ残留を望むトーレス、思い出の地ビセンテ・カルデロンに別れを告げ「メトロポリターノに愛を!!」

▽アトレティコ・マドリーの元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、思い出の地に別れを告げている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アトレティコの本拠地であるビセンテ・カルデロンは老朽化の影響もあり、来シーズンからは新スタジアムであるワンダ・メトロポリターノに移転する。そのため、28日にはビセンテ・カルデロンに別れを告げるエキシビジョンマッチが開催され、トーレスらアトレティコのメンバーがピッチに立った。 ▽アトレティコの下部組織で育ったトーレスにとっては、2001年にトップデビューを果たした思い出の場所。未だ、来シーズンの去就が不透明な状況の同選手だが、ビセンテ・カルデロンに別れを告げてワンダ・メトロポリターノでのプレーを心待ちにしているようだ。 「今日は僕らの家に別れを告げなければいけない。本当に大好きな場所だったけれど、これでさようならだ。いろいろな感情、記憶がここにはある」 「みんながこのスタジアムを愛してくれたように、ワンダ・メトロポリターノも愛情で一杯にしてほしい。僕らも新たな場所で懸命に戦う。フォルツァ・アトレティ!!」 2017.05.29 08:36 Mon
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタ、移籍なら「トップレベルのクラブ」…行き先に古巣アトレティコが浮上

チェルシーに所属するFWジエゴ・コスタが中国行きを否定しつつ、退団を示唆した。<br><br>中国行きもうわさされていたジエゴ・コスタだが、まだトップレベルでやる意思がある。もしチェルシーが自身を売却する場合には、古巣のアトレティコ・マドリーに移籍することを希望した。FAカップ決勝でアーセナルに敗れた後、自らの口で語っている。<br><br>「クラブと監督が残留を望むのなら、ここに残るよ。だけど、もし自分を売却して違うストライカーを獲得したいのならば、僕はトップレベルのクラブにしか移籍しない。どのクラブを最も好んでいるかは、みんな知っているはずだ」<br><br>「アトレティコ? そう、アトレティコだよ。誰もが知っていることだし、何も問題はない。僕はまだ良い調子でやれているし、人々は喋り過ぎだ。ワールドカップもあるし、僕はプレーがしたいんだ」<br><br>なお、コスタは今季最終戦のFAカップ決勝アーセナル戦で先発出場。76分に同点弾を挙げるも、その後勝ち越しを許し、88分に途中交代となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.28 11:33 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース