PK献上のケイヒルが土壇場で意地の決勝弾! 首位チェルシーがストーク撃破で3連勝!《プレミアリーグ》2017.03.19 02:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、ストーク・シティvsチェルシーが18日にBet365スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが2-1で勝利した。

▽ジエゴ・コスタの2試合連続ゴールなどで2連勝の首位チェルシー(勝ち点66)は、2位トッテナム(勝ち点56)、3位マンチェスター・シティ(勝ち点56)と10ポイント差を付けて首位を快走中。また、13日に行われたFAカップ準々決勝ではマンチェスター・ユナイテッドを撃破し、ベスト4進出を果たしている。

▽そして、絶好調の首位チームは、直近のリーグ戦でシティと引き分けている9位ストークとのアウェイゲームに臨んだ。コンテ監督はこの一戦に向けてユナイテッド戦から先発1人を変更。負傷のアザールに代わって、ペドロを先発に復帰させ、3トップはペドロ、ジエゴ・コスタ、ウィリアンの並びとなった。

▽互いにやや慎重な入りを見せた中、攻め切れない時間が続くチェルシーだったが、13分にセットプレーから先制点を奪う。マルコス・アロンソの仕掛けで得た相手陣内左サイド深くの位置で得たFK。この場面でキッカーのウィリアンは、完全にクロスを予想した相手GKリー・グラントの隙を突き、空いていたニアポストに低くて速いシュート。GKグラントの手を弾いたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。

▽この試合最初のチャンスをゴールに結び付けたチェルシーは、その後も危なげなく試合をコントロール。20分過ぎにはカウンターからモーゼス、カンテと続けてシュートを浴びせる。さらに30分には左CKのサインプレーの流れからモーゼスの浮き球スルーパスに抜け出したマルコス・アロンソがゴール前でGKと一対一になるが、ここはGKグラントのビッグセーブに阻まれ、追加点には至らなかった。

▽ここまで相手にシュートを一本も打たせない余裕の展開が続くチェルシーが、アンソニー・テイラー主審の続け様の不可解な判定から同点に追いつかれる。

▽まずは33分、ストークのCKの流れから完全にオンサイドのマルティンス・インディがゴールネットを揺らすが、副審がオフサイドの判定。この場面ではオフサイドポジションに居たベラヒノがDFアスピリクエタをプッシングした場面もあり、うやむやな判定でゴールが取り消しに。だが、直後の37分、ストークのFKの場面でウォルタースを後方から軽く押したDFケイヒルがファウルを取られ、ストークに帳尻合わせのようなPKが与えられる。これをキッカーのウォルタースが冷静に蹴り込んだ。結局、前半は1-1のイーブンで終了した。

▽迎えた後半もボールを保持するチェルシーが押し込む展開が続くが、粘り強く守るストークを崩し切れない。アザール不在で遅攻の精度を欠く中、背後を狙うジエゴ・コスタに縦パスを狙う、やや単調な攻撃に終始。66分にはボックス手前で得たFKの場面で、意表を突いてマルコス・アロンソが直接左足を振り抜くが、このシュートはクロスバーを叩く。

▽何とか勝ち切りたいチェルシーは70分、モーゼスを下げてセスクを投入。この交代でシステムを[4-3-3]に変更し、攻勢を強める。76分にはショートカウンターからウィリアンのラストパスを受けたペドロがボックス左からシュートを放つが、GKグラントの好守に阻まれる。

▽試合終盤にかけて相手の反撃に晒されるなど、苦しい状況が続くチェルシーは、82分にマティッチを下げてロフタス=チークを投入。すると、土壇場の87分に勝ち越しゴールが生まれる。CKの場面でダビド・ルイスがヘディングシュート。これをゴール前のDFピータースがクリアし損ねてゴール前にこぼれると、ケイヒルが冷静に蹴り込んだ。

▽その後、ウィリアンに代えてズマを投入し、再び[3-4-3]に戻して逃げ切りを図るチェルシーが、相手の反撃をきっちり凌ぎ切って2-1の勝利。アザール不在で苦しみながらも勝ち切ったチェルシーがリーグ戦3連勝でまた一歩プレミア制覇に近づいた。

コメント

関連ニュース

thumb

モラタの移籍後初ハットトリックでストークに4発快勝!!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、ストーク・シティvsチェルシーが23日に行われ、4-0でチェルシーが勝利した。 ▽ミッドウィークに行われたEFLカップのノッティンガム・フォレスト戦から中2日、アウェイのブリタニア・スタジアムに乗り込んだチェルシーは、その試合からスタメンを大幅に変更。ディフェンスラインはキャプテンのケイヒルに代わり、アスピリクエタが起用された。中盤のセンターはバカヨコとカンテがコンビを組み、最前線にはここまで3ゴールのモラタが入った。 ▽試合は早々にアウェイのチェルシーが動かす。2分、最終ラインのアスピリクエタのロングボールにオフサイドぎりぎりで抜け出したモラタが、GKとの一対一を制してゴールに流し込んだ。 ▽出鼻を挫かれたストークは5分、M・ディウフがボックス右からゴールに迫るが、DFのクリアに遭う。その後は互角の攻防が続き、互いにゴールに迫るものの大きなチャンスはなく試合が進んだ。 ▽そんな中、チェルシーが相手のミスからリードを広げる。30分、ボックス手前でフレッチャーのトラップミスを奪ったペドロがワンタッチでボックス右に侵攻。そこから右足で放たれたシュートはゴールの左を突き、ネットを揺らした。 ▽迎えた後半、ストークは54分にボックス手前右で得たFKの流れから、ジョー・アレンがボックス外から狙うが枠を捉えられず。その後も何度か攻め込むも、GKクルトワを脅かすまでには至らない。 ▽後半はなかなかシュートチャンスがないチェルシーは、ペドロとウィリアンを下げて、セスクとアザールを投入し、攻勢を強めにかかる。すると、監督の意向に応えるかのようにチェルシーのエースがこの日2点目を挙げる。76分、敵陣でバカヨコが相手のパスをカットすると、このボールがモラタの下へ。DFをかわして左サイドを駆け上がったモラタはボックス左に侵入。ボールを軽く浮かせた技ありシュートで、チェルシーに3点目をもたらした。 ▽さらに、82分にも追加点。セスクの浮き球からボックス左に抜け出したアスピリクエタが胸でゴール前に折り返すと、モラタが押し込んで4点目を決めた。試合はこのまま終了し、移籍後初のハットトリックを達成したモラタの活躍で、ストークに4-0で快勝している。 2017.09.24 00:58 Sun
twitterfacebook
thumb

FIFA男子最優秀監督賞最終候補にアッレグリ、コンテ、ジダン

▽国際サッカー連盟(FIFA)は22日、FIFA男子最優秀監督賞の最終候補3名を発表した。 ▽選出されたのは、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督、チェルシーのアントニオ・コンテ監督、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督。ジダン監督は2年連続のノミネートとなる。 ▽表彰式は、10月23日にロンドンで開催。同式で最終候補3名の中から2016-17シーズンの男子最優秀監督賞の受賞者が決定する。 ◆FIFA男子最優秀監督賞最終候補3名 マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス) アントニオ・コンテ(チェルシー) ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー) 2017.09.23 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

コンテ監督、アトレティコ復帰決定のジエゴ・コスタに感謝 「昨シーズン、共にトロフィーを獲得したことは忘れない」

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、前日にアトレティコ・マドリーへの復帰が決定したスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)について語った。同監督がストーク・シティ戦の前日会見で語ったコメントを公式サイトが伝えている。 ▽昨シーズン終了後にチェルシーのアントニオ・コンテ監督から構想外を言い渡されたジエゴ・コスタは、今夏の移籍市場でアトレティコ復帰を求めるもクラブ間の交渉がまとまらず、チェルシー残留が決定。 ▽しかし、その後も母国ブラジルに籠城を続けたジエゴ・コスタの強硬姿勢が実ったのか、5500万ユーロ(約73億6000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億4000万円)といわれるオファーを受け入れたチェルシーは、21日にアトレティコとのクラブ間での合意を発表。数日後にメディカルチェックを受診した後、同選手は選手登録が認められる来年1月に再びアトレティコの一員になることが決定した。 ▽コンテ監督は、昨季のプレミアリーグ制覇の立役者の1人であり、今夏自ら構想外を言い渡した愛憎相半ばするジエゴ・コスタに関して、これまでの貢献に対して素直に感謝の言葉を口にした。 「ジエゴ・コスタには、これまでの功績に感謝するとともに、今後のさらなる活躍を祈っている」 「昨シーズン、共にトロフィーを獲得したことは忘れない。あの姿勢には感謝しないといけない。昨シーズンに限らず、チェルシーに在籍した時間は素晴らしい働きぶりだった」 2017.09.22 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーがまたユナイテッドをアシスト? D・コスタ移籍でグリーズマン移籍待ったなしか

▽アトレティコ・マドリーは21日、スペイン代表FWジエゴ・コスタの獲得に関してチェルシーと合意に至ったことを発表した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』は、再びマンチェスター・ユナイテッドがチェルシーの“アシスト”を得る可能性を指摘している。 ▽ユナイテッドは今夏、チェルシー復帰の可能性も囁かれていたFWロメル・ルカクを獲得することに成功。さらに、MFネマニャ・マティッチもチェルシーから引き抜いた。マティッチはユナイテッドで印象的な活躍を見せており、ルカクもリーグ戦5得点を記録するなど、2人ともインパクトを残している。 ▽『マンチェスター・イブニング・ニュース』が今回、指摘しているのはアトレティコのFWアントワーヌ・グリーズマンのユナイテッド移籍だ。グリーズマンに関しては本人も今夏の移籍の可能性を認めていたが、来年1月まで補強禁止処分となっているアトレティコのことを考えて、最終的に本人が残留を決断。しかし、ジエゴ・コスタの獲得により、グリーズマンのユナイテッド移籍が進むとみられている。 ▽かねてからユナイテッドで背番号7を背負って活躍したレジェンドであるデイビッド・ベッカム氏のファンであることを公言していたグリーズマン。来年にも空位となっている背番号7の座を手にすることになるのだろうか。なお、グリーズマンとアトレティコの契約には、1億ユーロ(約134億円)の解除条項が盛り込まれているとみられている。 2017.09.22 16:38 Fri
twitterfacebook
thumb

バカヨコが自動車事故に遭う! 無傷で今週末ストーク戦の起用も問題なし

▽チェルシーに所属するフランス代表MFティエムエ・バカヨコが21日、自動車事故に遭っていたことが判明した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、バカヨコは21日に行われたトレーニング後、練習場のあるコブハムから自身の運転する乗用車で帰路に着く際、乗用車同士が接触する事故に遭ったという。ただ、軽い接触であったため、バカヨコと相手側双方にケガはなかったとのことだ。 ▽そのため、今週末に行われるプレミアリーグ第6節、ストーク・シティ戦の出場にも問題はないようだ。 ▽今夏、モナコからチェルシーに加入したバカヨコは、今季ここまでの公式戦6試合に出場し1ゴールを挙げている。 2017.09.22 03:21 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース