PK献上のケイヒルが土壇場で意地の決勝弾! 首位チェルシーがストーク撃破で3連勝!《プレミアリーグ》2017.03.19 02:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、ストーク・シティvsチェルシーが18日にBet365スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが2-1で勝利した。

▽ジエゴ・コスタの2試合連続ゴールなどで2連勝の首位チェルシー(勝ち点66)は、2位トッテナム(勝ち点56)、3位マンチェスター・シティ(勝ち点56)と10ポイント差を付けて首位を快走中。また、13日に行われたFAカップ準々決勝ではマンチェスター・ユナイテッドを撃破し、ベスト4進出を果たしている。

▽そして、絶好調の首位チームは、直近のリーグ戦でシティと引き分けている9位ストークとのアウェイゲームに臨んだ。コンテ監督はこの一戦に向けてユナイテッド戦から先発1人を変更。負傷のアザールに代わって、ペドロを先発に復帰させ、3トップはペドロ、ジエゴ・コスタ、ウィリアンの並びとなった。

▽互いにやや慎重な入りを見せた中、攻め切れない時間が続くチェルシーだったが、13分にセットプレーから先制点を奪う。マルコス・アロンソの仕掛けで得た相手陣内左サイド深くの位置で得たFK。この場面でキッカーのウィリアンは、完全にクロスを予想した相手GKリー・グラントの隙を突き、空いていたニアポストに低くて速いシュート。GKグラントの手を弾いたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。

▽この試合最初のチャンスをゴールに結び付けたチェルシーは、その後も危なげなく試合をコントロール。20分過ぎにはカウンターからモーゼス、カンテと続けてシュートを浴びせる。さらに30分には左CKのサインプレーの流れからモーゼスの浮き球スルーパスに抜け出したマルコス・アロンソがゴール前でGKと一対一になるが、ここはGKグラントのビッグセーブに阻まれ、追加点には至らなかった。

▽ここまで相手にシュートを一本も打たせない余裕の展開が続くチェルシーが、アンソニー・テイラー主審の続け様の不可解な判定から同点に追いつかれる。

▽まずは33分、ストークのCKの流れから完全にオンサイドのマルティンス・インディがゴールネットを揺らすが、副審がオフサイドの判定。この場面ではオフサイドポジションに居たベラヒノがDFアスピリクエタをプッシングした場面もあり、うやむやな判定でゴールが取り消しに。だが、直後の37分、ストークのFKの場面でウォルタースを後方から軽く押したDFケイヒルがファウルを取られ、ストークに帳尻合わせのようなPKが与えられる。これをキッカーのウォルタースが冷静に蹴り込んだ。結局、前半は1-1のイーブンで終了した。

▽迎えた後半もボールを保持するチェルシーが押し込む展開が続くが、粘り強く守るストークを崩し切れない。アザール不在で遅攻の精度を欠く中、背後を狙うジエゴ・コスタに縦パスを狙う、やや単調な攻撃に終始。66分にはボックス手前で得たFKの場面で、意表を突いてマルコス・アロンソが直接左足を振り抜くが、このシュートはクロスバーを叩く。

▽何とか勝ち切りたいチェルシーは70分、モーゼスを下げてセスクを投入。この交代でシステムを[4-3-3]に変更し、攻勢を強める。76分にはショートカウンターからウィリアンのラストパスを受けたペドロがボックス左からシュートを放つが、GKグラントの好守に阻まれる。

▽試合終盤にかけて相手の反撃に晒されるなど、苦しい状況が続くチェルシーは、82分にマティッチを下げてロフタス=チークを投入。すると、土壇場の87分に勝ち越しゴールが生まれる。CKの場面でダビド・ルイスがヘディングシュート。これをゴール前のDFピータースがクリアし損ねてゴール前にこぼれると、ケイヒルが冷静に蹴り込んだ。

▽その後、ウィリアンに代えてズマを投入し、再び[3-4-3]に戻して逃げ切りを図るチェルシーが、相手の反撃をきっちり凌ぎ切って2-1の勝利。アザール不在で苦しみながらも勝ち切ったチェルシーがリーグ戦3連勝でまた一歩プレミア制覇に近づいた。

コメント

関連ニュース

thumb

モラタ、ロンドンに到着 「ユナイテッド? 知らない。チェルシー加入で幸せ」

▽現地時間20日早朝、ロンドン・ヒースロー空港に到着したスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)が、チェルシー移籍決定直後の感想をイギリス『スカイ・スポーツ』に話した。 ▽偶然にも、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバがマルセイユからチェルシーに加入した13年前と同じ日に移籍が決まったモラタは、チェルシー移籍を決断した理由を尋ねられると、シンプルな言葉で答えた。 「それは世界でもベストなクラブで、アントニオ・コンテが世界でもベストな監督だからだ。彼と一緒に仕事できるなんて嬉しいよ」 ▽また、マンチェスター・ユナイテッドからの関心もあったことを聞かれると「僕は知らない」と一蹴。さらに、チェルシーに所属する同胞のDFセサール・アスピリクエタとコンタクトを取ったことを明らかにした。 「大切なのは僕が今ここにいるということだ。メディカルチェックのために、ここに来た。すべてOKだ。(プレミアリーグは)世界で最高のリーグの1つだからね。ここに来ることができて本当に幸せだ」 「アスピリクエタと話をしたんだ。彼は何もかもが上手くいっていると言っていたよ」 2017.07.20 20:21 Thu
twitterfacebook
thumb

モラタの移籍にモウリーニョ「興味がない」、補強が進まないユナイテッドに「支払う準備ができない」

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、もう1人だけ選手を獲得したいようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽今夏のユナイテッドは、3、4選手の補強を望んでいたものの、ここまで獲得したのは2選手に留まっている。年々移籍金が高騰する“難しい”移籍市場について、モウリーニョ監督はユナイテッドの現状について語った。 「我々はクラブが望むものを支払う準備ができるクラブではない」 「私はビッグプレーヤーに大きな恩恵を受けるクラブに慣れている。誰もが良い選手に大金を支払っているんだ」 ▽ユナイテッドは、エバートンから獲得したベルギー代表FWロメル・ルカクに7500万ポンド(約109億5000万円)、ベンフィカから獲得したスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフに3100万ポンド(約45億2700万円)を支払っている。 ▽また、モウリーニョ監督は、獲得を望んでいたとされるレアル・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタがチェルシーへと移籍した件についてもコメント。「チェルシーのことには興味がない」と語り、移籍は明らかだったと語った。 「監督とジエゴ(・コスタ)の状況を見れば、ストライカーとサインすることは明らかだろう」 ▽現在のユナイテッドは、チェルシーのセルビア代表MFネマニャ・マティッチの獲得に動いているとされるが、ユベントスとの争奪戦になるとみられ、獲得が実現しない可能性もある。 2017.07.20 17:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、マティッチ代理人に接触

▽ユベントスが、チェルシーのセルビア代表MFネマニャ・マティッチ(28)の代理人を務めるジョセフ・リソ氏と会談を行ったようだ。イタリア『TRANSFER market WEB』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場の注目の1人であるマティッチ。一時は恩師ジョゼ・モウリーニョ監督率いるマンチェスター・ユナイテッド移籍合意とも伝えられたが、ベルギー代表FWロメル・ルカクを横取りされたことでチェルシーがマティッチの取引に難色を示しているともいわれており、現在のところ実現に至っていない。 ▽その後、チェルシーがフランス代表MFティエムエ・バカヨコを獲得したことで、ポジションを同じくするマティッチの退団は濃厚に。そこで中盤の補強を目指すユベントスがマティッチをピックアップ。この度、同選手の獲得に向けた会談が行われたという。 ▽また、『TMW』によると、チェルシーは契約が残り2年となっているマティッチに対して4500万ユーロ(約58億円)の移籍金を要求。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』は、同選手がクラブフロントに値下げを願い出る可能性があると主張しているが、ユベントス側がどこまでチェルシーの要求額に近づけられるかがポイントになりそうだ。 ▽なお、マティッチはスペイン代表FWジエゴ・コスタと共に、チェルシーの中国・シンガポール遠征に帯同していないことが明らかになっている。 2017.07.20 15:59 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、モラタ獲得でレアル・マドリーと合意! 100億円超えの超高額移籍に!

▽チェルシーは19日、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)の完全移籍での獲得に関して、レアル・マドリーと合意したことを発表した。 ▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、モラタの移籍金は8000万ユーロ(約103億円)となる見込みだ。また、同選手は20日にロンドン入りしメディカルチェックを受診した後、正式契約を結ぶ見込みだ。 ▽今夏の移籍市場でスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)の退団が濃厚となっているチェルシーは、ベルギー代表FWロメル・ルカクの獲得に迫るも、マンチェスター・ユナイテッドの横やりによって獲得失敗。その後はドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(23)のオペレーションと並行してモラタ獲得にも動いていた。 ▽その中で先日にはモラタのミラン移籍が報じられていたが、ルカク獲得失敗を良い教訓としたチェルシーが、より好条件のオファーを掲示して獲得にこぎ着けた。 ▽2016年にユベントスから3000万ユーロ(約38億6000万円)の買い戻しオプションを行使した古巣マドリーに復帰したモラタだが、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ウェールズ代表MFガレス・ベイル、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの“BBC”とのポジション争いに敗れた。それでも、昨シーズンの公式戦43試合に出場し20ゴールを挙げるなど、さすがの得点力を発揮していた。 2017.07.20 03:08 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、モラタ獲得が決定的に! 伊著名ジャーナリスト2人が近日中の移籍成立を予想

▽チェルシーがレアル・マドリーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)の獲得に迫っているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 ▽今夏のマドリー退団が濃厚とされるモラタに関しては、先日に7000万ユーロ(約90億円)の移籍金でのミラン加入がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』らによって報じられてきた。 ▽だが、ヨーロッパ屈指の移籍専門ジャーナリストとして知られるイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏と、イギリス『ガーディアン』や『スカイ・スポーツ』で働いているイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は19日、モラタのチェルシー加入が迫っていると報じた。 ▽ディ・マルツィオ氏によると、今夏の移籍市場でモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)の獲得を目指すマドリーは、その高額な移籍金を調達するためにモラタと、ブラジル代表DFダニーロ(26)の売却を進めているという。 ▽また、ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)の獲得交渉が厳しくなっているチェルシーは、モラタ獲得に向けてミランよりも好条件のオファーを掲示し、マドリーとの合意に近づいているようだ。 ▽なお、ここに来てモラタ獲得が厳しくなったミランは、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(23)か、フィオレンティーナのクロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(29)にターゲットを変更したようだ。 2017.07.19 23:07 Wed
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース