超ワールドサッカー

PK献上のケイヒルが土壇場で意地の決勝弾! 首位チェルシーがストーク撃破で3連勝!《プレミアリーグ》2017.03.19 02:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、ストーク・シティvsチェルシーが18日にBet365スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが2-1で勝利した。

▽ジエゴ・コスタの2試合連続ゴールなどで2連勝の首位チェルシー(勝ち点66)は、2位トッテナム(勝ち点56)、3位マンチェスター・シティ(勝ち点56)と10ポイント差を付けて首位を快走中。また、13日に行われたFAカップ準々決勝ではマンチェスター・ユナイテッドを撃破し、ベスト4進出を果たしている。

▽そして、絶好調の首位チームは、直近のリーグ戦でシティと引き分けている9位ストークとのアウェイゲームに臨んだ。コンテ監督はこの一戦に向けてユナイテッド戦から先発1人を変更。負傷のアザールに代わって、ペドロを先発に復帰させ、3トップはペドロ、ジエゴ・コスタ、ウィリアンの並びとなった。

▽互いにやや慎重な入りを見せた中、攻め切れない時間が続くチェルシーだったが、13分にセットプレーから先制点を奪う。マルコス・アロンソの仕掛けで得た相手陣内左サイド深くの位置で得たFK。この場面でキッカーのウィリアンは、完全にクロスを予想した相手GKリー・グラントの隙を突き、空いていたニアポストに低くて速いシュート。GKグラントの手を弾いたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。

▽この試合最初のチャンスをゴールに結び付けたチェルシーは、その後も危なげなく試合をコントロール。20分過ぎにはカウンターからモーゼス、カンテと続けてシュートを浴びせる。さらに30分には左CKのサインプレーの流れからモーゼスの浮き球スルーパスに抜け出したマルコス・アロンソがゴール前でGKと一対一になるが、ここはGKグラントのビッグセーブに阻まれ、追加点には至らなかった。

▽ここまで相手にシュートを一本も打たせない余裕の展開が続くチェルシーが、アンソニー・テイラー主審の続け様の不可解な判定から同点に追いつかれる。

▽まずは33分、ストークのCKの流れから完全にオンサイドのマルティンス・インディがゴールネットを揺らすが、副審がオフサイドの判定。この場面ではオフサイドポジションに居たベラヒノがDFアスピリクエタをプッシングした場面もあり、うやむやな判定でゴールが取り消しに。だが、直後の37分、ストークのFKの場面でウォルタースを後方から軽く押したDFケイヒルがファウルを取られ、ストークに帳尻合わせのようなPKが与えられる。これをキッカーのウォルタースが冷静に蹴り込んだ。結局、前半は1-1のイーブンで終了した。

▽迎えた後半もボールを保持するチェルシーが押し込む展開が続くが、粘り強く守るストークを崩し切れない。アザール不在で遅攻の精度を欠く中、背後を狙うジエゴ・コスタに縦パスを狙う、やや単調な攻撃に終始。66分にはボックス手前で得たFKの場面で、意表を突いてマルコス・アロンソが直接左足を振り抜くが、このシュートはクロスバーを叩く。

▽何とか勝ち切りたいチェルシーは70分、モーゼスを下げてセスクを投入。この交代でシステムを[4-3-3]に変更し、攻勢を強める。76分にはショートカウンターからウィリアンのラストパスを受けたペドロがボックス左からシュートを放つが、GKグラントの好守に阻まれる。

▽試合終盤にかけて相手の反撃に晒されるなど、苦しい状況が続くチェルシーは、82分にマティッチを下げてロフタス=チークを投入。すると、土壇場の87分に勝ち越しゴールが生まれる。CKの場面でダビド・ルイスがヘディングシュート。これをゴール前のDFピータースがクリアし損ねてゴール前にこぼれると、ケイヒルが冷静に蹴り込んだ。

▽その後、ウィリアンに代えてズマを投入し、再び[3-4-3]に戻して逃げ切りを図るチェルシーが、相手の反撃をきっちり凌ぎ切って2-1の勝利。アザール不在で苦しみながらも勝ち切ったチェルシーがリーグ戦3連勝でまた一歩プレミア制覇に近づいた。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ、古巣への愛を漏らすジエゴ・コスタに28億円用意か

▽アトレティコ・マドリーがチェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)を買い戻すつもりのようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ▽所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの去就が不透明なアトレティコ。マンチェスター・ユナイテッドが同選手の獲得に迫っていると言われている中、新たなFWを探すアトレティコが、2007-08シーズンから13-14シーズンまで在籍していたジエゴ・コスタを再び獲得する計画を立てているという。 ▽アトレティコはジエゴ・コスタ獲得の為に2000万ポンド(約28億5000万円)ほど用意していると見られているが、チェルシーは同選手を獲得する際、3200万ポンド(現在のレートで約45億6000万円)程度を支払っている。獲得した金額より安い値で売却するとは考えにくいが、エバートンのベルギー代表FWロメル・ルカク(24)や、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の獲得を狙っていると噂されるチェルシーは、その移籍金を捻出するためにジエゴ・コスタの売却も視野に入れているという。 ▽先日、ジエゴ・コスタは「チェルシーを離れる時はアトレティコ・マドリーに行くときだけだ」と明言している。しかし、同選手に近しい関係者の中には、ジエゴ・コスタの発言はアトレティコに戻りたいことを暗示しているのではないかと考えている者もいるようだ。 ▽なお、アトレティコはチェルシーがジエゴ・コスタの移籍金として2500万ポンド(約35億7000万円)以上を要求してきた場合、レスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(30)やリヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(26)らにターゲットをシフトチェンジするつもりのようだ。 2017.05.29 15:04 Mon
twitterfacebook
thumb

天津権健とプレ合意報道のジエゴ・コスタ「他のクラブに興味ない」発言も退団する一つの可能性を明言

▽チェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタが退団する可能性があるとすれば、理由は一つのようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽2014年7月にアトレティコ・マドリーからチェルシーへ移籍したジエゴ・コスタは今シーズン、プレミアリーグで35試合に出場し、20ゴール8アシストを記録。チームの2年ぶり6度目のリーグ制覇に貢献した。 ▽そんなジエゴ・コスタに対して、今年1月から中国スーパーリーグの天津権健が関心を示し、巨額のオファーを提示するなど、獲得に動いてきた。また、今月に入ってスペインのラジオ局『カデナ・セール』が年俸3000万ユーロ(約37億3000万円)の条件で同選手とプレ合意に達したと報道されるなど、移籍の噂が再燃している。 ▽そうした中、ジエゴ・コスタは27日に行われたFAカップ決勝のアーセナル戦(2-1でアーセナルが勝利)後、「他のクラブには興味がない」とこの噂に対して、真っ向から否定。しかし、同選手にはチェルシーを退団する可能性が一つだけあるようだ。スペインのジャーナリストに明かした。 「僕がチェルシーを離れる時はアトレティコ・マドリーに行く時だけだ」 「そうでないなら、僕はここにいる。他のクラブには興味がないよ」 2017.05.28 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

FA杯決勝敗退のチェルシー指揮官コンテ、2冠達成ならずも「誇るべき成果だ」

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、FAカップ決勝のアーセナル戦での敗戦後、試合内容と今シーズンについて振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽チェルシーは27日、FAカップ決勝でアーセナルと対戦。今シーズン、2シーズンぶりにプレミアリーグを制覇し、5年ぶり8度目の同大会優勝を目指したチェルシーだったが開始早々、サンチェスに押し込まれ、アーセナルに先制を許してしまう。 ▽追いつきたいチェルシーは68分にアクシデント。ボックス内で仕掛けたモーゼスがチェンバレンとの交錯で倒れこむも、シミュレーションと判断され、この日2枚目のイエローカードで退場処分となった。それでも、76分にジエゴ・コスタがウィリアンのクロスを押し込み、試合を振り出しに戻す。 ▽しかし、直後の79分にラムジーのダイビングヘッドで勝ち越し点を許してしまい、チェルシーは最後まで追いつくことができず、FAカップ優勝に届かなかった。 ▽試合後、コンテ監督はアーセナル戦を回想し、試合内容や采配について言及。また、今シーズンを振り返り、2冠の達成はならなかったが、「誇るべき成果」と1年間の戦いに満足感を示している。 「立ち上がりがイマイチだった。アーセナルの方がより良いプレーをしていたね」 「正直に言えば、先制点のシーンはなぜハンドを取られなかったのかがわからない。ただ、開始20分、25分間は不甲斐ない戦いぶりだった。そのあとは良くなり始め、後半は良いスタートが切れた。同点にするチャンスを作っていた」 「ヴィクター・モーゼスに2枚目のイエローカードが提示されたのが分岐点となった。しかし、1人少ない状況になったにも関わらず、同点に追いつくことができた。ジエゴ(・コスタ)のシュートは素晴らしかったが、(ダビド・)オスピナのセーブに泣かされたね」 「(モーゼスの退場について)自分の位置からではわからない。ただ、あれが分岐点だった」 「(セスク・ファブレガスの投入について)ゴールに結びつけるパスを増やしたかったった。(ネマニャ・)マティッチも良いプレーをしていたが、攻撃に厚みを加える狙いがあったんだ」 「(今シーズンについて)今シーズンは信じられない結果を手にすることができた。選手たちは120、130%の力を発揮してくれたよ。ケガ人も少なかった。しっかりとした評価をしなければならない。選手たちはハードワークを続け、素晴らしいシーズンにしてくれた。来シーズンはより高みを目指して地道な努力を積み重ねていきたい。状況を冷静に分析して前に進むことが大事だ」 「今シーズンはリーグで30勝、FA杯では決勝進出と見事な結果を残せた。選手たちにはこの歩みを胸に刻んでほしい。誇るべき成果だ」 2017.05.28 14:12 Sun
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタ、移籍なら「トップレベルのクラブ」…行き先に古巣アトレティコが浮上

チェルシーに所属するFWジエゴ・コスタが中国行きを否定しつつ、退団を示唆した。<br><br>中国行きもうわさされていたジエゴ・コスタだが、まだトップレベルでやる意思がある。もしチェルシーが自身を売却する場合には、古巣のアトレティコ・マドリーに移籍することを希望した。FAカップ決勝でアーセナルに敗れた後、自らの口で語っている。<br><br>「クラブと監督が残留を望むのなら、ここに残るよ。だけど、もし自分を売却して違うストライカーを獲得したいのならば、僕はトップレベルのクラブにしか移籍しない。どのクラブを最も好んでいるかは、みんな知っているはずだ」<br><br>「アトレティコ? そう、アトレティコだよ。誰もが知っていることだし、何も問題はない。僕はまだ良い調子でやれているし、人々は喋り過ぎだ。ワールドカップもあるし、僕はプレーがしたいんだ」<br><br>なお、コスタは今季最終戦のFAカップ決勝アーセナル戦で先発出場。76分に同点弾を挙げるも、その後勝ち越しを許し、88分に途中交代となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.28 11:33 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:アーセナル 2-1 チェルシー《FAカップ》

▽FAカップ決勝、アーセナルvsチェルシーの“ビッグロンドン・ダービー”が27日にウェンブリー・スタジアムで行われ、アーセナルが2-1で勝利した。この結果、アーセナルの2年ぶり単独最多13度目のFAカップ優勝が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽アーセナル採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170528_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オスピナ 6.5 勇敢な飛び出しでジエゴ・コスタの決定機を阻止。最少失点で乗り切った DF 16 ホールディング 6.0 最後の場面で身体を張ったが、失点場面ではジエゴ・コスタに振り切られた 4 メルテザッカー 7.5 今季ラストゲームで今季公式戦初先発。リベロ的な役割の中、ボックス内での読みの利いたプレーが光った 18 モンレアル 6.5 アザールのスピードを吸収する冷静な守備で堅守に貢献 MF 24 ベジェリン 6.5 守備では最終ラインをサポートし、攻撃の場面では縦への推進力を披露 8 ラムジー 7.0 値千金の決勝点を奪取。豊富な運動量で中盤の広いエリアを攻守にカバー 29 ジャカ 6.5 身体を張った献身的な守備に加え、精度の高い左足でチャンスメーク 15 チェンバレン 6.0 負傷明けも鋭い縦への仕掛けは健在 (→コクラン -) FW 11 エジル 6.5 カウンターの場面で多くの決定機に関与。アザールへの激しい守備など、攻守に気持ちを見せた 23 ウェルベック 6.5 前線からの守備に加え、2シャドーを生かすためにデコイの動きを続け、決定機にも絡んだ (→ジルー 6.5) 投入直後に決勝点をアシスト。その後も正確なポストプレーで決定機を創出 7 サンチェス 7.0 やや幸運な形だったが、さすがの決定力で先制点を奪取。質と量を兼ね備えたプレーで攻撃をけん引 (→エルネニー -) 監督 ヴェンゲル 6.5 個人として単独最多7度目の優勝。ジルー投入で宿敵相手に勝ち切り、厳しいシーズンを何とかタイトル獲得で終えた ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170528_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 6.0 2失点共にノーチャンス。それ以外はいつも通りの安定感を誇った DF 28 アスピリクエタ 6.0 簡単にカウンターを受ける場面が多く、無理を強いられる場面が目立った。それでも、要所で守備を締めた 30 D・ルイス 5.0 1失点目はやや中途半端なクリアをしてしまい、セルフジャッジで相手を外した。2失点目ではジルー、ラムジーに対して緩慢な対応だった 24 ケイヒル 6.5 不安定なD・ルイスをカバーしながら最後の場面で高い集中力を見せ、幾度もピンチを救った MF 15 モーゼス 4.5 1枚警告をもらっていた中、軽率なシミュレーションで2枚目をもらって退場に。幾度か決定機に顔を出したが、スペースを消されていまひとつ持ち味を生かせず 7 カンテ 5.5 最低限の仕事はこなしたが、ややピリッとしないプレーも散見 21 マティッチ 5.5 球際で強さを見せたが、もうひとつ存在感が足りなかった (→セスク 5.5) 投入直後の数的不利によって、攻撃面を活性化できず。古巣に目前でトロフィーを掲げられた 3 マルコス・アロンソ 5.5 積極的に攻撃に絡んだが、上がったスペースをベジェリンに使われる場面も多かった FW 11 ペドロ 5.5 鋭い仕掛けと巧みな動き出しでチャンスに絡んだが、フィニッシュの精度を欠いた (→ウィリアン 5.5) 積極的な仕掛けで見せ場は作った 19 ジエゴ・コスタ 6.0 ボックス内の門番メルテザッカーに完璧に抑え込まれたが、意地の1ゴールを決めた (→バチュアイ -) 10 アザール 5.5 相手の脅威となったが、味方がチャンスを決められず 監督 コンテ 5.0 プレミア制覇から時間があったこともあり、チームのモチベーションを維持できなかった印象。2009-10シーズン以来のシーズン2冠はならず ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! メルテザッカー(アーセナル) ▽今季初先発の主将DFがアーセナルで初体験の3バックで圧巻のパフォーマンス。ボックス内でほぼ完璧な仕事をみせ、強力なチェルシー攻撃陣に立ちはだかった。 アーセナル 2-1 チェルシー 【アーセナル】 サンチェス(前4) ラムジー(後34) 【チェルシー】 ジエゴ・コスタ(後31) 2017.05.28 03:47 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース