低調アーセナルがWBAに3失点で完敗…チェフ負傷も重なり厳しいリーグ連敗に《プレミアリーグ》2017.03.18 23:28 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、WBAvsアーセナルが18日にザ・ホーソンズで行われ、ホームのWBAが3-1で勝利した。

▽2試合未消化ながらリーグ戦でトップ4圏外の5位に位置するアーセナルは、直近のFAカップ準々決勝でイングランド5部のリンカーン・シティ相手に5-0で大勝し、公式戦の連敗をストップ。巻き返しを図る今節は、リーグ戦2連敗と調子を落とす8位WBAとのアウェイゲームに臨んだ。リンカーン戦からのメンバー変更は2点。ギブスに代わってモンレアルが左サイドバックに入り、ジルーに代わってウェルベックが1トップに入った。なお、エジルはハムストリングのケガでベンチ外となった。

▽戦前の予想通り、1トップのロンドンを最前線に残して[4-5]のコンパクトな2ラインで自陣深くにこもるホームチームに対して、ボールを保持するアーセナルが押し込む入りとなる。開始6分にはボックス左でサンチェスのスルーパスに抜け出したモンレアルがグラウンダーのクロスを狙うが、これは中央で待ち構えるウォルコットの前でGKフォスターが弾き出す。

▽一方、カウンターからゴールを目指すWBAは11分、相手陣内の左サイドを持ち上がったマクレーンが右足のミドルシュートを放つが、これはGKチェフの好守に遭う。それでも、このプレーで得た左CKの場面でキッカーのシャドリの絶妙なボールに反応したゴール前のドーソンが頭で薄く触ったボールがゴール右隅に吸い込まれた。

▽難所でいきなり先制点を奪われたアーセナルだったが、頼れるエースがすぐさま試合を振り出しに戻す。15分、ボックス手前中央でウォルコットが落としたボールを、ジャカが左足ダイレクトでボックス左フリーのサンチェスにパスを通す。これを胸トラップしたチリ代表FWは、冷静にシュートコースを見極めて右足のシュート。クロスバーの下側を叩いたボールがそのままゴールネットを揺らした。

▽スコアがタイに戻ってからもアーセナルのポゼッション、WBAのカウンターと互いに持ち味を発揮する流れで拮抗した状況が続く。31分には得意の攻撃参加でボックス左に抜け出したラムジーが角度のないところからシュートを狙うが、これは相手GKに阻まれる。続く34分にはボックス右でリバモアの縦パスを引き出したフレッチャーに決定機も、枠の左隅を捉えたシュートはGKチェフのビッグセーブに防がれた。

▽前半終盤にかけてはアーセナルにアクシデント。38分、ふくらはぎを痛めたチェフがプレー続行不可能となり、控えGKオスピナが緊急投入される。守護神の負傷交代でリズムを失ったアーセナルは、前半のうちに勝ち越しゴールを奪えないまま、1-1のイーブンで試合を折り返した。

▽迎えた後半、50分に左サイドのブラントのクロスに反応したロンドンが際どいヘディングシュートを放つなど、ホームのWBAが良い入りを見せる。この流れの中で54分にロンドンを下げてロブソン=カヌを投入すると、この交代策が勝ち越しゴールをもたらす。

▽55分、シャドリの浮き球パスに反応したマクレーンがGKオスピナとDFベジェリンの交錯を誘う。そして、オスピナのクリアボールをボックス中央で拾ったロブソン=カヌが左足で無人のゴールへ流し込んだ。

▽再びビハインドを背負ったアーセナルは、65分にウォルコットを下げてジルーを投入。長身のフランス代表FWを最前線に据え、攻め方を変える。同選手の投入直後のセットプレーではウェルベックが決定的なヘディングシュートも、このシュートはクロスバーを叩いた。

▽この選手交代で一気に攻勢をかけたいアーセナルだが、徹底的に中央を固めるWBAの堅守をこじ開けられない。すると75分、WBAに与えた右CKの場面でマクレーンのクロスを先制点と似たような形からドーソンに豪快なヘッドで叩き込まれ、痛恨の3失点目を喫した。

▽格下相手に負けられないアーセナルは、失点直後の78分にエースのサンチェスを下げて、最後の交代カードとしてイウォビを投入。だが、ジルーに続きイウォビの投入も全く機能せず、前半以上に決定機を作れないアーセナルは、このまま1-3で敗戦。低調なパフォーマンスでリーグ2連敗のチームは、厳しい状態でインターナショナルウィークに突入することになった。

コメント

関連ニュース

thumb

A・コール「アーセナルを去って数々のタイトルに恵まれた」06年のチェルシー行きを後悔せず

現在LAギャラクシーに在籍している元イングランド代表DFアシュリー・コールが、2006年夏にアーセナルからチェルシーに移籍した理由について、イギリスのTV局『ITV』の番組内で言及した。<br><br>A・コールはユース時代からアーセナルでプレーし、1998-99シーズンにトップデビュー。クリスタル・パレスに期限付きで移籍したことはあったものの、2006年夏にチェルシーに移籍するまでアーセナルの選手としてプレーした。<br><br>A・コールは「アーセナルを去って10年が経った。そのままアーセナルに留まった選手はタイトルを獲得する機会を失ったかもしれないが、僕はチェルシーに新天地を求めたことで、数々のタイトルを掲げるチャンスに恵まれた。あの時の決断は後悔していない」と回顧。<br><br>「アーセナルがその後、タイトルに恵まれなかったことは残念なことだと思う。そして、今は混迷している状況だしね」<br><br>当時、アーセナルから契約延長のオファーを受けたものの、A・コールはそれを拒否。より好条件で獲得の打診をしてきたチェルシーに移籍することを決めた。「あの時の決断が良かったか悪かったかいまだに複雑な思いがあるけれど、アーセナルから提示された新契約のオファーは、僕に対する敬意がある内容ではなかった。誰も傷付けることのない移籍ではなかったかもしれないが、その責任は十分に負ってきたと自負している」とチェルシー移籍の理由を明かした。<br><br>A・コールは2006年夏にチェルシーへ移籍した後、プレミアリーグのタイトルはもちろんのこと、FAカップ、コミュニティ・シールド、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグと、様々なコンペティションでタイトルを獲得した。2014年夏にローマへ移籍した後、2016年からはLAギャラクシーに在籍している。<br><br>提供:goal.com 2017.03.23 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

エジル、恋人の後押しでトルコ移住か

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(28)は、来シーズンからトルコでのプレーを見据えているのかもしれない。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽チリ代表FWアレクシス・サンチェスや、アーセン・ヴェンゲル監督の去就問題に揺れるアーセナル。ネガティブな報道がチームを取り巻く状況だが、契約延長に向けた交渉が難航するドイツ人プレーメーカーにおいても様々な憶測が伝えられている。 ▽今回の報道によれば、エジルはミス・トルコにも輝いたことがある恋人のアミン・グルスさんとの結婚を考えていることから、自身のルーツでもあるトルコへの移住を考慮。どうやら、すでにイスタンブールに住まいを築く準備を進めているという。 ▽また、エジルを巡ってはフェネルバフチェが関心を示している模様。アーセナルは、2013年夏にレアル・マドリーから獲得した際に移籍金4250万ポンドを費やしたエジルを最低でも3000万ポンド(約41億6000万円)で売却したい意向を示しているようだ。 2017.03.23 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

WBA戦で負傷交代のアーセナルGKチェフは4週間の離脱か…次節のシティ戦などを欠場

▽WBA戦で負傷交代したアーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフだが、約4週間の離脱になるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽18日に行われたWBA戦に先発出場したチェフだったが、試合中にふくらはぎを痛め、GKダビド・オスピナと交代しピッチを去っていた。チェフは21日に検査を行い、1カ月の離脱になるとのこと。マンチェスター・シティ戦を含むシーズン終盤の大事な試合を欠場することになるようだ。 ▽オスピナは、チャンピオンズリーグやFAカップなどカップ戦でプレーしており、4月23日に行われるマンチェスター・シティとのFAカップ準決勝に出場する予定だった。 2017.03.22 16:22 Wed
twitterfacebook
thumb

ベジェリン、バルセロナ復帰を否定せずも「ヴェンゲルの存在が何よりも重要」

アーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリンは、幼少時代に過ごしたクラブは特別と認めたものの、アーセン・ヴェンゲル監督の存在が最も重要だとスペイン『エル・ムンド・デポルティボ』に語っている。<br><br>昨年11月にアーセナルと長期契約を結んだベジェリンだが、最近になって今シーズン終了後のバルセロナ移籍が報じられている。22歳のスペイン代表サイドバックは幼少期に過ごしたクラブへの復帰報道を否定しなかったものの、ヴェンゲル監督がキャリアに大きな影響を与えたと考えているようだ。<br><br>「監督への忠誠心はサラリーよりも価値あるものだ。これはとても意味のあることだと思う。彼がアーセナルにいるということは僕にとって何よりも重要なことだ。しかしバルサからオファーがあれば、誰もが喜ぶと思う。なぜならバルサは世界一のクラブだ。バルサのアカデミーで育ったことは事実だし、あのクラブはいつでも特別な存在だ」<br><br>「でもバルサを離れた時、退団の経緯は少し複雑だったからもう戻らないと決めた。他の選手だったら退団の前にまた戻ってきたいと言うかもしれないけど、僕はフットボーラーになるためにイングランドに来た。だからもう戻るつもりはない。あの時はバルセロナから信頼されていないと感じたからクラブを退団した。あのクラブにいることを価値があることだとは思わなかったし、幻滅していた」<br><br>「でも将来のことは何もわからないし、どんな可能性も否定することはできないと思う。シティが僕に興味を持っていることは知っている。ペップ・グアルディオラのように他の監督が僕のことを考えているなんてうれしいし、僕が活躍できている証拠だと思う。いくつかのビッグクラブが興味を持っているなんて信じられない。でもバルサが一番特別なクラブだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 11:01 Wed
twitterfacebook
thumb

チェフが史上最多となる9度目のチェコ年間最優秀選手賞を受賞

▽アーセナルに所属する元チェコ代表GKペトル・チェフ(34)が2016年のチェコ年間最優秀選手賞を受賞した。今回が9度目の受賞となり同国史上最多となる。 ▽選手や監督、協会幹部、ジャーナリストが投票して決まるチェコ年間最優秀選手賞。2位にはヘルタ・ベルリンのMFウラジミール・ダリダ、3位には河南建業のMFボジェク・ドカチルが選出された。 ▽チェフは2005年に同賞を初受賞すると、2008年から2013年まで6年連続で受賞。2014年はスパルタ・プラハのMFダビド・ラファタに譲ったものの、2015年に続き2年連続で受賞となった。 ▽チェコ代表として124試合に出場し、昨年のユーロ2016で代表引退を発表。現在はアーセナルでも守護神として活躍し、今シーズンは28試合でプレーしている。 2017.03.22 10:20 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース