超ワールドサッカー

低調アーセナルがWBAに3失点で完敗…チェフ負傷も重なり厳しいリーグ連敗に《プレミアリーグ》2017.03.18 23:28 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、WBAvsアーセナルが18日にザ・ホーソンズで行われ、ホームのWBAが3-1で勝利した。

▽2試合未消化ながらリーグ戦でトップ4圏外の5位に位置するアーセナルは、直近のFAカップ準々決勝でイングランド5部のリンカーン・シティ相手に5-0で大勝し、公式戦の連敗をストップ。巻き返しを図る今節は、リーグ戦2連敗と調子を落とす8位WBAとのアウェイゲームに臨んだ。リンカーン戦からのメンバー変更は2点。ギブスに代わってモンレアルが左サイドバックに入り、ジルーに代わってウェルベックが1トップに入った。なお、エジルはハムストリングのケガでベンチ外となった。

▽戦前の予想通り、1トップのロンドンを最前線に残して[4-5]のコンパクトな2ラインで自陣深くにこもるホームチームに対して、ボールを保持するアーセナルが押し込む入りとなる。開始6分にはボックス左でサンチェスのスルーパスに抜け出したモンレアルがグラウンダーのクロスを狙うが、これは中央で待ち構えるウォルコットの前でGKフォスターが弾き出す。

▽一方、カウンターからゴールを目指すWBAは11分、相手陣内の左サイドを持ち上がったマクレーンが右足のミドルシュートを放つが、これはGKチェフの好守に遭う。それでも、このプレーで得た左CKの場面でキッカーのシャドリの絶妙なボールに反応したゴール前のドーソンが頭で薄く触ったボールがゴール右隅に吸い込まれた。

▽難所でいきなり先制点を奪われたアーセナルだったが、頼れるエースがすぐさま試合を振り出しに戻す。15分、ボックス手前中央でウォルコットが落としたボールを、ジャカが左足ダイレクトでボックス左フリーのサンチェスにパスを通す。これを胸トラップしたチリ代表FWは、冷静にシュートコースを見極めて右足のシュート。クロスバーの下側を叩いたボールがそのままゴールネットを揺らした。

▽スコアがタイに戻ってからもアーセナルのポゼッション、WBAのカウンターと互いに持ち味を発揮する流れで拮抗した状況が続く。31分には得意の攻撃参加でボックス左に抜け出したラムジーが角度のないところからシュートを狙うが、これは相手GKに阻まれる。続く34分にはボックス右でリバモアの縦パスを引き出したフレッチャーに決定機も、枠の左隅を捉えたシュートはGKチェフのビッグセーブに防がれた。

▽前半終盤にかけてはアーセナルにアクシデント。38分、ふくらはぎを痛めたチェフがプレー続行不可能となり、控えGKオスピナが緊急投入される。守護神の負傷交代でリズムを失ったアーセナルは、前半のうちに勝ち越しゴールを奪えないまま、1-1のイーブンで試合を折り返した。

▽迎えた後半、50分に左サイドのブラントのクロスに反応したロンドンが際どいヘディングシュートを放つなど、ホームのWBAが良い入りを見せる。この流れの中で54分にロンドンを下げてロブソン=カヌを投入すると、この交代策が勝ち越しゴールをもたらす。

▽55分、シャドリの浮き球パスに反応したマクレーンがGKオスピナとDFベジェリンの交錯を誘う。そして、オスピナのクリアボールをボックス中央で拾ったロブソン=カヌが左足で無人のゴールへ流し込んだ。

▽再びビハインドを背負ったアーセナルは、65分にウォルコットを下げてジルーを投入。長身のフランス代表FWを最前線に据え、攻め方を変える。同選手の投入直後のセットプレーではウェルベックが決定的なヘディングシュートも、このシュートはクロスバーを叩いた。

▽この選手交代で一気に攻勢をかけたいアーセナルだが、徹底的に中央を固めるWBAの堅守をこじ開けられない。すると75分、WBAに与えた右CKの場面でマクレーンのクロスを先制点と似たような形からドーソンに豪快なヘッドで叩き込まれ、痛恨の3失点目を喫した。

▽格下相手に負けられないアーセナルは、失点直後の78分にエースのサンチェスを下げて、最後の交代カードとしてイウォビを投入。だが、ジルーに続きイウォビの投入も全く機能せず、前半以上に決定機を作れないアーセナルは、このまま1-3で敗戦。低調なパフォーマンスでリーグ2連敗のチームは、厳しい状態でインターナショナルウィークに突入することになった。

コメント

関連ニュース

thumb

サンチェス関心のバイエルン、カラスコにも視線注ぐ?

▽バイエルンは、アトレティコ・マドリーに所属するベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(23)の獲得に難を強いられそうだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽今夏、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスに対する関心が取り沙汰されるなど、攻撃陣のテコ入れが取り沙汰されるバイエルン。どうやら、カルロ・アンチェロッティ監督は、新たな攻撃陣の駒として、以前から評価するカラスコにも視線を注いでいるようだ。 ▽しかし、『アス』によれば、アトレティコ・マドリーはカラスコの移籍金として5000万ユーロ(約62億2000万円)を要求。さらに、アトレティコ・マドリーに下った1年間の補強禁止処分で今後の2つのウィンドーで新規選手登録ができないことが、バイエルンのカラスコ獲得に向けた動きを鈍らせるという。 ▽カラスコは、2015年夏に5年契約でモナコからアトレティコ・マドリーに移籍。今シーズンは公式戦53試合に出場し、14ゴール5アシストをマークした。なお、アトレティコ・マドリーとの現行契約は2022年までとなっている。 2017.06.24 15:35 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、チェンバレン&ジルーを売却か

▽アーセナルが、イングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレン(23)の売却を強いられそうだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ▽アーセナルとの契約が残り1年となっているチェンバレンだが、いまだにクラブとの契約延長に合意していない。MFメスト・エジルとFWアレクシス・サンチェスを慰留させるためにもコスト削減が必要なアーセナルは、チェンバレンを2500万ポンド(約35億円)で売却することを考慮しているようだ。移籍先の有力候補としては、同選手を高く評価するユルゲン・クロップ監督が率いるリバプールの名前が挙げられている。 ▽なお、『インデペンデント』によれば、チェンバレンと同様にFWオリヴェエ・ジルーも手放す可能性があるとのこと。ジルーに関しては、ナポリ、マルセイユ、ウェストハムが状況を注視しているようだ。 2017.06.24 09:39 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、エジル超えのクラブ史上最高額でラカゼット獲得オファー

▽アーセナルが、リヨンに所属するフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(26)獲得に向けたオファーを提示したようだ。イギリス『ガーディアン』が報じた。 ▽伝えられるところによれば、アーセナルはラカゼットに獲得に向けて、リヨンに4400万ポンド(約62億円)をオファー。このオファーは、リヨンに受け入れられるとみられている。また、ラカゼット側もアーセナル行きに合意すると予想されている。 ▽アーセナルが提示した4400万ポンドは、2013年にレアル・マドリーからMFメスト・エジルを獲得した際に要した4250万ポンドを上回り、クラブ史上最高額の移籍金となる。来週の始めにも契約の内容を詰めるための協議が行われるようだ。 ▽リヨンユース出身のラカゼットは、2010年にトップチームデビュー。これまでリヨンで公式戦275試合に出場し、129得点を記録している。 2017.06.24 08:54 Sat
twitterfacebook
thumb

ムスタフィ、移籍報道が絶えないサンチェスに「バイエルンでもプレーできる」と絶賛

アーセナルのDFシュコドラン・ムスタフィは、チームメートのFWアレクシス・サンチェスを&ldquo;ベストプレーヤーの1人&rdquo;と称賛している。<br><br>ムスタフィは新シーズンもサンチェスとプレーすることを望んでいるが、現在コンフェデレーションズカップに出場しているチリ代表ストライカーの去就は現在も明らかになっていない。2018年夏までクラブとの契約を残すサンチェスは、いまだ契約延長に合意しておらず、バイエルン、マンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマンなどへの移籍が報じられている。<br><br>サンチェス同様、コンフェデレーションズカップにドイツ代表として出場しているムスタフィは『ビルト』に「もちろん彼に残ってほしい。彼がいなくなればとても残念に思う」と今シーズン全公式戦で30ゴールをマークしたストライカーの残留を望んでいる。<br><br>続けて「でも、彼はどのクラブであっても、バイエルンでもプレーできる。アレクシスは特別な選手で、僕にとって世界のベストプレーヤーの1人だと思っている。彼のようにハングリー精神を持つ選手とプレーした経験はほとんどない。俊敏でサイズのわりに強靭だ。それに彼がボールを持てば、次に何が起きるか予想できない。アレクシスは完成した選手だ」と絶賛した。<br><br>提供:goal.com 2017.06.23 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ドイツ戦でゴールのサンチェスがチリ代表歴代得点記録で1位に

▽アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスが、同代表歴代得点記録で単独トップに立った。チリサッカー連盟(ANFP)が発表した。 ▽サンチェスは、22日に行われたコンフェデレーションズカップ第2節ドイツ代表戦に先発出場。6分にビダルとのワンツーから先制ゴールを奪い、チリ代表として38ゴール目を決めた。なお、試合は1-1で引き分けに終わっている。 ▽これまでの最多得点記録は、ラツィオやユベントスで活躍したマルセロ・サラス氏の37得点。3位はホッフェンハイムなどでプレーし、ティグレスへの移籍が決まっているエドゥアルド・バルガス(27)と、サラス氏と“ササコンビ”で活躍したイバン・サモラノ氏の34得点となっている。 ◆チリ代表歴代得点記録 【38】 アレクシス・サンチェス(アーセナル/28) 【37】 マルセロ・サラス(引退) 【34】 エドゥアルド・バルガス(ティグレス/27) イバン・サモラノ(引退) 2017.06.23 10:42 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース