低調アーセナルがWBAに3失点で完敗…チェフ負傷も重なり厳しいリーグ連敗に《プレミアリーグ》2017.03.18 23:28 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、WBAvsアーセナルが18日にザ・ホーソンズで行われ、ホームのWBAが3-1で勝利した。

▽2試合未消化ながらリーグ戦でトップ4圏外の5位に位置するアーセナルは、直近のFAカップ準々決勝でイングランド5部のリンカーン・シティ相手に5-0で大勝し、公式戦の連敗をストップ。巻き返しを図る今節は、リーグ戦2連敗と調子を落とす8位WBAとのアウェイゲームに臨んだ。リンカーン戦からのメンバー変更は2点。ギブスに代わってモンレアルが左サイドバックに入り、ジルーに代わってウェルベックが1トップに入った。なお、エジルはハムストリングのケガでベンチ外となった。

▽戦前の予想通り、1トップのロンドンを最前線に残して[4-5]のコンパクトな2ラインで自陣深くにこもるホームチームに対して、ボールを保持するアーセナルが押し込む入りとなる。開始6分にはボックス左でサンチェスのスルーパスに抜け出したモンレアルがグラウンダーのクロスを狙うが、これは中央で待ち構えるウォルコットの前でGKフォスターが弾き出す。

▽一方、カウンターからゴールを目指すWBAは11分、相手陣内の左サイドを持ち上がったマクレーンが右足のミドルシュートを放つが、これはGKチェフの好守に遭う。それでも、このプレーで得た左CKの場面でキッカーのシャドリの絶妙なボールに反応したゴール前のドーソンが頭で薄く触ったボールがゴール右隅に吸い込まれた。

▽難所でいきなり先制点を奪われたアーセナルだったが、頼れるエースがすぐさま試合を振り出しに戻す。15分、ボックス手前中央でウォルコットが落としたボールを、ジャカが左足ダイレクトでボックス左フリーのサンチェスにパスを通す。これを胸トラップしたチリ代表FWは、冷静にシュートコースを見極めて右足のシュート。クロスバーの下側を叩いたボールがそのままゴールネットを揺らした。

▽スコアがタイに戻ってからもアーセナルのポゼッション、WBAのカウンターと互いに持ち味を発揮する流れで拮抗した状況が続く。31分には得意の攻撃参加でボックス左に抜け出したラムジーが角度のないところからシュートを狙うが、これは相手GKに阻まれる。続く34分にはボックス右でリバモアの縦パスを引き出したフレッチャーに決定機も、枠の左隅を捉えたシュートはGKチェフのビッグセーブに防がれた。

▽前半終盤にかけてはアーセナルにアクシデント。38分、ふくらはぎを痛めたチェフがプレー続行不可能となり、控えGKオスピナが緊急投入される。守護神の負傷交代でリズムを失ったアーセナルは、前半のうちに勝ち越しゴールを奪えないまま、1-1のイーブンで試合を折り返した。

▽迎えた後半、50分に左サイドのブラントのクロスに反応したロンドンが際どいヘディングシュートを放つなど、ホームのWBAが良い入りを見せる。この流れの中で54分にロンドンを下げてロブソン=カヌを投入すると、この交代策が勝ち越しゴールをもたらす。

▽55分、シャドリの浮き球パスに反応したマクレーンがGKオスピナとDFベジェリンの交錯を誘う。そして、オスピナのクリアボールをボックス中央で拾ったロブソン=カヌが左足で無人のゴールへ流し込んだ。

▽再びビハインドを背負ったアーセナルは、65分にウォルコットを下げてジルーを投入。長身のフランス代表FWを最前線に据え、攻め方を変える。同選手の投入直後のセットプレーではウェルベックが決定的なヘディングシュートも、このシュートはクロスバーを叩いた。

▽この選手交代で一気に攻勢をかけたいアーセナルだが、徹底的に中央を固めるWBAの堅守をこじ開けられない。すると75分、WBAに与えた右CKの場面でマクレーンのクロスを先制点と似たような形からドーソンに豪快なヘッドで叩き込まれ、痛恨の3失点目を喫した。

▽格下相手に負けられないアーセナルは、失点直後の78分にエースのサンチェスを下げて、最後の交代カードとしてイウォビを投入。だが、ジルーに続きイウォビの投入も全く機能せず、前半以上に決定機を作れないアーセナルは、このまま1-3で敗戦。低調なパフォーマンスでリーグ2連敗のチームは、厳しい状態でインターナショナルウィークに突入することになった。

コメント

関連ニュース

thumb

グアルディオラ、ヴェンゲルの後任候補のヴィエラに言及「すでにトップレベルの監督」

マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は、退任が発表されたアーセン・ヴェンゲル監督の後任として名前の挙がっているパトリック・ヴィエラはすでにトップレベルの監督だと語った。<br><br>ヴィエラは現役時代、ヴェンゲル監督の下でアーセナルの黄金期を支え、03-04シーズンのプレミアリーグ無敗優勝達成時にはキャプテンを務めていた。引退後はマンチェスター・シティでのエリート育成マネージャーを経て、2016年よりMLSのニューヨーク・シティを指揮。今季は7試合を消化した時点で首位に立っている。<br><br>ニューヨーク・シティと同じシティ・フットボール・グループ傘下であるマンチェスター・シティのグアルディオラは、ヴィエラがトップレベルの監督になれるかとの質問に「すでになっている」と答えた。<br><br>「(ヴェンゲルの退任発表後)多くの名前が挙がっているが、アーセナルは最善の選択をするだろう。そして、もちろん彼は準備ができている。これから名前が挙がってくるであろう全員がその準備ができていると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 20:53 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲルの新天地は香川ドルトムント? 仏TV番組が有力候補に予想

▽今月20日に今季限りでのアーセナル退団を発表したアーセン・ヴェンゲル監督(68)の新天地は日本代表MF香川真司が所属するドルトムントになる可能性があるようだ。フランスのテレビ番組『Telefoot』が同クラブを有力な新天地候補に予想している。 ▽1996-97シーズンからアーセナルの監督に就任したヴェンゲル監督は、2003-04シーズンにプレミア無敗優勝を成し遂げるなど、これまでプレミアリーグ3回、FAカップ7回、コミュニティー・シールド6回など多くのタイトルをもたらしてきた。 ▽だが、近年はマンチェスター勢やチェルシーなどのライバルに遅れを取り、慎重過ぎる補強策に批判が集まるなど、苦境に立たされていた。そして、20日に今季限りでの退任を発表した。 ▽現在、ヴェンゲル監督の周辺を巡ってはアーセナルでの後任人事と共に同監督自身の今後の去就に関しても注目が集まっている。 ▽そこで『Telefoot』は、番組内でヴェンゲル監督の有力な新天地候補として4つの選択肢を予想した。 ▽その4つの選択肢として、現在多くの有名監督を招へいしている中国スーパーリーグ、同監督がアーセナルを率いる以前に名古屋グランパスを指揮し、親日家として知られていることからロシア・ワールドカップ以降の日本代表監督、以前から噂のあったパリ・サンジェルマンと共に、今季限りでペーター・シュテーガー監督が退任となるドルトムントを挙げている。 ▽ドルトムントに関しては、先日にザルツブルクを率いるマルコ・ローズ監督が新指揮官候補に挙がっているとの報道も出ていたものの、現時点でシュテーガー監督の後任人事は進んでおらず、百戦錬磨のヴェンゲル監督を招へいに動く可能性は十分にありそうだ。 2018.04.22 20:09 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲルの後任候補ヴィエラ、アーセナル次期指揮官就任は「まだ十分でない」

アーセナルで選手として活躍し、現在MLSのニューヨーク・シティで指揮官を務めるパトリック・ヴィエラが、去就についてコメントしている。<br><br>先日、就任22年目を迎えたアーセン・ヴェンゲル監督が、今季限りで退任することを発表したアーセナル。偉大な指揮官の退任に伴い、クラブは後任候補の選定を行っており、様々な名前が挙がっている。<br><br>その中にはヴィエラ氏の名前も。1996~2005年までヴェンゲル監督に指導を受け、03-04シーズンのプレミアリーグ無敗優勝時にはキャプテンを務めるなど絶大な信頼を寄せられていた元フランス代表MFには、ファンからも歓迎するコメントが寄せられている。<br><br>そんな中、ラジオ『WNYE』でインタビューを受けたヴィエラ氏は、候補として名前が挙がることを喜びつつ、恩師の後任として来季からアーセナルで指揮を執るには「不十分」と語っている。<br><br>「9年間をアーセナルで過ごし、私にとって特別なクラブとなった。だが、まだ監督として指揮するには十分ではない。名前が挙がるのはいつだって光栄だ。自分にとっては良いことだが、同時にここで満足している」<br><br>「これから2,3年で、何が起こるかみてみよう」<br><br>『beIN SPORTS』によると、ヴェンゲル監督は自身の後任決定に直接関わることはしたくないとしつつ、クラブ上層部にはヴィエラ氏を勧めているという。<br><br>様々な候補がうわさされる中、プレミアリーグ史に残る名将のあとを継ぐのは、誰になるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「ヴェンゲルが居たから残った」エジル契約延長の理由を語る

▽アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルが、アーセン・ヴェンゲル監督の退任を受けてイギリス『スカイ・スポーツ』に思いの丈を語った。 ▽エジルは、2013年9月にレアル・マドリーからアーセナルに加入し、多くのアシストを記録するなどチームの攻撃を牽引。さらに、今年2月には今シーズン終了までとなっていた契約を、2021年まで延長した。 ▽今年夏の移籍も噂されていたエジル。アーセナルとの契約延長に至った理由の大部分が、ヴェンゲル監督によるものだと明かした。 「誰もが彼に多大な敬意を払う。多くのタイトルを獲得し、良い選手たちを育て、いつだって素晴らしいフットボールを実践してきた。プレーヤーからすれば、ここに来れば成長できてあのスタイルのプレーができると知っているんだ」 「彼は正直な男で、とても礼儀正しいんだ。人格は善良で、誰もが彼の下でのプレーを望んだ」 「彼は僕をここに来させてくれたボスで、留まることを望んでくれた。だから僕はここで快適だと言える。決して去りたいとは思わないし、それが在籍している理由だ。今、僕たちは遥か先の目的地を目指している」 「僕のようなクリエイティブなプレーヤーであるために、彼は自信を与え、すべきことを語ってくれる。信頼と自信を与えてくれて、監督がそういったことを語りかける時、誇りを抱いてその人のために全力を尽くそうと思えるんだ。特に彼のような人物の場合はね」 ▽ヴェンゲル監督は1996年にアーセナルの指揮官に就任。長きに渡る指導の中では数多くの優秀な選手を育て上げ、2003-04シーズンにはプレミアリーグ史上初の無敗優勝を成し遂げた。これまでプレミアリーグ3回、FA杯7回、コミュニティ・シールド6回の優勝を達成。しかし、近年は成績が低迷し、退任が噂されていた中、20日に今シーズン終了後の退任を発表。22年間の指揮に終止符を打った。 2018.04.22 00:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「アーセナルからバルセロナへ移籍したこと」元フランス代表MFプティ氏がキャリアでの後悔を告白

▽かつてバルセロナでプレーしていた元フランス代表MFエマヌエル・プティ氏が、自伝でバルセロナ移籍を「後悔している」と明かした。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽モナコの下部組織で育ったプティ氏は、1997年7月にアーセナルへと移籍。今シーズン限りで退任が決定しているアーセン・ヴェンゲル監督に引き抜かれる形で加入していた。 ▽その後、2000年7月にバルセロナへと移籍。2001年7月にわずか1シーズンでチェルシーへと移籍し、2004年7月に現役を退いていた。 ▽プティ氏は、自伝の中でバルセロナ移籍を悔やんでいると明かし、当時の問題を告白した。 「私のフットボールキャリアで残念な点は、アーセナルからバルセロナへ移籍したことだ」 「クラブのハーモニーは小さな集団のせいで台無しになってしまった。初めてドレッシングルームへ入った時、誰も私に気づかなかったし、挨拶をする選手もいなかった。歓迎はなかった」 「ドレッシングルームは3つのグループに分かれていた。1つはカタルーニャ人、もう1つはオランダ人、そしてもう1つだ」 「1つの集団になるチャンスを台無しにしていたよ」 ▽なお、プティ氏はバルセロナ時代にリーガエスパニョーラで23試合に出場し1得点、チャンピオンズリーグでも4試合でプレーしていた。 2018.04.21 18:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース