低調アーセナルがWBAに3失点で完敗…チェフ負傷も重なり厳しいリーグ連敗に《プレミアリーグ》2017.03.18 23:28 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、WBAvsアーセナルが18日にザ・ホーソンズで行われ、ホームのWBAが3-1で勝利した。

▽2試合未消化ながらリーグ戦でトップ4圏外の5位に位置するアーセナルは、直近のFAカップ準々決勝でイングランド5部のリンカーン・シティ相手に5-0で大勝し、公式戦の連敗をストップ。巻き返しを図る今節は、リーグ戦2連敗と調子を落とす8位WBAとのアウェイゲームに臨んだ。リンカーン戦からのメンバー変更は2点。ギブスに代わってモンレアルが左サイドバックに入り、ジルーに代わってウェルベックが1トップに入った。なお、エジルはハムストリングのケガでベンチ外となった。

▽戦前の予想通り、1トップのロンドンを最前線に残して[4-5]のコンパクトな2ラインで自陣深くにこもるホームチームに対して、ボールを保持するアーセナルが押し込む入りとなる。開始6分にはボックス左でサンチェスのスルーパスに抜け出したモンレアルがグラウンダーのクロスを狙うが、これは中央で待ち構えるウォルコットの前でGKフォスターが弾き出す。

▽一方、カウンターからゴールを目指すWBAは11分、相手陣内の左サイドを持ち上がったマクレーンが右足のミドルシュートを放つが、これはGKチェフの好守に遭う。それでも、このプレーで得た左CKの場面でキッカーのシャドリの絶妙なボールに反応したゴール前のドーソンが頭で薄く触ったボールがゴール右隅に吸い込まれた。

▽難所でいきなり先制点を奪われたアーセナルだったが、頼れるエースがすぐさま試合を振り出しに戻す。15分、ボックス手前中央でウォルコットが落としたボールを、ジャカが左足ダイレクトでボックス左フリーのサンチェスにパスを通す。これを胸トラップしたチリ代表FWは、冷静にシュートコースを見極めて右足のシュート。クロスバーの下側を叩いたボールがそのままゴールネットを揺らした。

▽スコアがタイに戻ってからもアーセナルのポゼッション、WBAのカウンターと互いに持ち味を発揮する流れで拮抗した状況が続く。31分には得意の攻撃参加でボックス左に抜け出したラムジーが角度のないところからシュートを狙うが、これは相手GKに阻まれる。続く34分にはボックス右でリバモアの縦パスを引き出したフレッチャーに決定機も、枠の左隅を捉えたシュートはGKチェフのビッグセーブに防がれた。

▽前半終盤にかけてはアーセナルにアクシデント。38分、ふくらはぎを痛めたチェフがプレー続行不可能となり、控えGKオスピナが緊急投入される。守護神の負傷交代でリズムを失ったアーセナルは、前半のうちに勝ち越しゴールを奪えないまま、1-1のイーブンで試合を折り返した。

▽迎えた後半、50分に左サイドのブラントのクロスに反応したロンドンが際どいヘディングシュートを放つなど、ホームのWBAが良い入りを見せる。この流れの中で54分にロンドンを下げてロブソン=カヌを投入すると、この交代策が勝ち越しゴールをもたらす。

▽55分、シャドリの浮き球パスに反応したマクレーンがGKオスピナとDFベジェリンの交錯を誘う。そして、オスピナのクリアボールをボックス中央で拾ったロブソン=カヌが左足で無人のゴールへ流し込んだ。

▽再びビハインドを背負ったアーセナルは、65分にウォルコットを下げてジルーを投入。長身のフランス代表FWを最前線に据え、攻め方を変える。同選手の投入直後のセットプレーではウェルベックが決定的なヘディングシュートも、このシュートはクロスバーを叩いた。

▽この選手交代で一気に攻勢をかけたいアーセナルだが、徹底的に中央を固めるWBAの堅守をこじ開けられない。すると75分、WBAに与えた右CKの場面でマクレーンのクロスを先制点と似たような形からドーソンに豪快なヘッドで叩き込まれ、痛恨の3失点目を喫した。

▽格下相手に負けられないアーセナルは、失点直後の78分にエースのサンチェスを下げて、最後の交代カードとしてイウォビを投入。だが、ジルーに続きイウォビの投入も全く機能せず、前半以上に決定機を作れないアーセナルは、このまま1-3で敗戦。低調なパフォーマンスでリーグ2連敗のチームは、厳しい状態でインターナショナルウィークに突入することになった。

コメント

関連ニュース

thumb

エジルいらない! アーセナルサポの8割強が1月の売却に「YES」

▽現地アーセナルサポーターの大多数がドイツ代表MFメスト・エジル(29)の売却に肯定的な見解を示していることがわかった。 ▽今シーズン限りでアーセナルとの現行契約が切れるエジル。以前から契約延長に向けた動きが伝えられてきたが、選手側が高額な給与を要求していることから実現に至っていない。嫌気が差したアーセナル側も、エジルとの新契約締結を諦め、来冬の売却準備を進めているとみられている。 ▽この状況を報じたイギリス『ミラー』は、「ドイツ人プレーメーカーの強さと熱意の欠如がドレッシングルームに怒りを呼び込み、彼の終わりの日が近づいている」とアーセナル内に漂うネガティブな状況を伝えている。 ▽なお、同メディアが集計している「メスト・エジルを1月に売るべきか?」とのアンケートには、18日時点でサポーターから88%の「YES」が寄せられている。 2017.10.18 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

“時すでに遅し”のナスリ「僕にプロ意識があれば…」

▽アンタルヤシュポルに所属する元フランス代表MFサミル・ナスリが自身のキャリアを悔いた。スペイン『アス』が伝えている。 ▽マルセイユ育成機関で育ち、若くして“ネクスト・ジダン”と評されるなど将来を嘱望されたナスリ。これまでアーセナルやマンチェスター・シティ、セビージャといった欧州の名クラブを渡り歩いてきたが、フランス代表から追放されるなど、プレー面よりも素行の悪さが先行している。 ▽今年6月に30歳の誕生日を迎えたナスリは、スペイン『Canal+』で自身のキャリアについて次のように振り返った。 「キャリアのある段階でプロ意識を欠いていなければ、もっと良い選手になっていただろうね。ピッチ上でいつも仕事に集中してきたけど、私生活のスタイルが良くなかった。それが僕のステップアップを妨げていたのかもしれない。タレント性は確かだったのにね」 2017.10.16 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

PKを巡り場外バトル? ヴェンゲル「馬鹿げている」、シウバ「ダイブは見ていない」

▽PKの判定を巡って両指揮官が場外バトルだ。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督とワトフォードのマルコ・シウバ監督が、互いに主張した。 ▽14日、プレミアリーグ第8節のワトフォードvsアーセナルが行われ2-1でワトフォードが勝利した。試合は40分にCKからメルテザッカーのゴールでアーセナルが先制。しかし、71分にディーニーのPKでワトフォードが同点に追いつくと、92分にクレバリーが沈めて、ワトフォードが勝利した。 ▽ワトフォードの前に敗戦を喫したアーセナルだが、ヴェンゲル監督は同点ゴールとなった場面のPKの判定に不満。試合後にコメントした。 「PKの判定は少し馬鹿げている。これにより我々は2点目を奪うことに少しパニックになった。そして、最終的には敗戦となった」 「スキャンダラスな決定だったが、我々が何ができるだろうか。何もない。話すこと、話すことはできるんだ」 ▽一方、ワトフォードのシルバ監督はダイブはなかったと主張。リシャリルソンに問題はないと擁護した。 「私はPKがあったのを見た。審判の決定を尊重する。重要なのは、私はダイブやシミュレーションを見ていないということだ」 「リシャリルソンは、今シーズンのプレミアリーグで最も多くのファウルを受けている。人々は彼がダイビングをしていると言い始めているよ」 「彼は違う。彼はフェアだ。彼は世界最高の選手たちがするように、ファウルを得ている」 ▽問題に挙がっているシーンは、71分に発生。ボックス左に侵入したリシャルリソンとベジェリンが競り合うと、リシャルリソンが倒れこみ、PKの判定が下されていた。 2017.10.15 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

劇的AT逆転弾許しアーセナルが好調ワトフォードに敗北《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節のワトフォードvsアーセナルが14日に行われ、2-1でホームのワトフォードが勝利した。 ▽アーセナルはリーグ2連勝と好調ながら、代表ウィーク中にDFムスタフィが負傷離脱している。主力DFの不在という不運に遭いながらも、リーグ戦での良い流れを継続したいアーセナルは、前節からスタメンを4名変更。ホールディング、ムスタフィ、ラムジー、サンチェスに代えて、メルテザッカー、コシエルニー、エルネニー、ウェルベックを先発で起用した。 ▽試合序盤、アーセナルはボールを保持するものの、引いて守るワトフォードを前になかなか好機を迎えることができず。29分には敵陣中央付近からエルネニーがミドルシュートを放ったが、枠の右に逸れた。 ▽それでも徐々にアーセナルが攻勢を強めた40分、先制に成功する。右CKの場面で、キッカーのジャカはボックス内のミステイクを見逃さず。長身のメルテザッカーをターゲットにクロスを送り込むと、マークに付いていたのは身長170cm台中盤のクレバリー。頭一つ以上上回るメルテザッカーが易々と競り合いに勝ち、ネットを揺らした。 ▽リードして迎えた後半、アーセナルは重心をやや後ろに置き、攻勢に出るワトフォードに対応。53分にはリシャルリソンが左サイドから切り込んでミドルシュートを放ったが、枠を捉えられなかった。ワトフォードはボールに触る時間がやや増えたものの、決定的な場面を迎えられない。 ▽しかし61分、試合のペースを握っていたアーセナルにアクシデントが発生。フィードに反応してスプリントしたウェルベックが、DFと交錯しつつ倒れ込み、ピッチを後にすることに。アーセナルは、交代でエジルを投入した。さらに68分、アーセナルはラカゼットに代えてジルーを起用。攻撃の圧力を高めていく。 ▽70分には、左サイドから切り込んだイウォビがダイアゴナルに走り込んだエジルにスルーパス。しかし、エジルはボックス中央での一対一を制すことができず。すると、アーセナルがチャンスを逸した直後の71分、ワトフォードが同点弾を奪取する。ボックス左に侵入したリシャルリソンがベジェリンと接触して転倒。これがPKの判定となり、キッカーのディーニーが思い切り良く決めた。 ▽流れがワトフォードに傾き始めると、もう1点が必要となったアーセナルにさらなる不運が降りかかる。85分、ウィルシャーが交代出場の準備をしていたタイミングで、コシエルニーが負傷。攻勢を強めたいタイミングで、DFであるホールディングの投入で交代枠を使い切ることとなった。 ▽すると試合終了間際の92分、途中出場のカリージョがボックス左手前の位置からミドルシュート。味方に当たり枠に飛ばなかったものの、ボールがこぼれボックス内に混戦がもたらされる。そして、ルーズボールを拾ったクレバリーが、GKチェフが飛び出して不在となったゴールに確実に決め、逆転弾とした。 ▽試合は直後に終了し、土壇場で逆転弾を浴びたアーセナルは連勝が「2」でストップ。対するワトフォードは、3戦負けなしとした。 2017.10.15 04:26 Sun
twitterfacebook
thumb

サンチェスとエジルは1月に退団?...ヴェンゲル、両スター選手の去就をほのめかす

アーセン・ヴェンゲル監督は、アレクシス・サンチェスとメスト・エジルが来年1月にアーセナルから退団する可能性も少なからずあると語っている。<br><br>アーセナルとの契約が最終年に突入したサンチェスとエジルだが、依然として契約延長に至っおらず、さまざまなビッグクラブが両選手の動向を伺っている。特にチリ代表FWは、アーセナル首脳陣に新契約を締結するつもりがないことをはっきりとさせたようで、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンへの移籍が現実味を帯びてきた。<br><br>一方のエジルは、バルセロナやマンチェスター・ユナイテッドから関心を寄せられているものの、ロンドンでの生活に満足していると公言しており、同選手の代理人もクラブとの交渉は順調に進んでいると明かしていた。しかし、チームを率いるフランス人指揮官は冬の移籍市場でアーセナルは2人のスター選手を失う可能性があると考えているようだ。<br><br>ヴェンゲル監督は、14日に控えるワトフォード戦前の会見で「全てのことが起きる可能性を想定している」と1月にサンチェスやエジルがアーセナルから退団かもしれないと認めた。<br><br>続けて、エジルの将来について問われた同指揮官は「彼が残留を望んでいると私は理解している。事態は好転する可能性だってあるが、現状では何かを発表できるほどではない」と依然としてドイツ代表MFの去就は決まっていないものの、クラブに残る可能性もあると語っている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.13 09:49 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース