低調アーセナルがWBAに3失点で完敗…チェフ負傷も重なり厳しいリーグ連敗に《プレミアリーグ》2017.03.18 23:28 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、WBAvsアーセナルが18日にザ・ホーソンズで行われ、ホームのWBAが3-1で勝利した。

▽2試合未消化ながらリーグ戦でトップ4圏外の5位に位置するアーセナルは、直近のFAカップ準々決勝でイングランド5部のリンカーン・シティ相手に5-0で大勝し、公式戦の連敗をストップ。巻き返しを図る今節は、リーグ戦2連敗と調子を落とす8位WBAとのアウェイゲームに臨んだ。リンカーン戦からのメンバー変更は2点。ギブスに代わってモンレアルが左サイドバックに入り、ジルーに代わってウェルベックが1トップに入った。なお、エジルはハムストリングのケガでベンチ外となった。

▽戦前の予想通り、1トップのロンドンを最前線に残して[4-5]のコンパクトな2ラインで自陣深くにこもるホームチームに対して、ボールを保持するアーセナルが押し込む入りとなる。開始6分にはボックス左でサンチェスのスルーパスに抜け出したモンレアルがグラウンダーのクロスを狙うが、これは中央で待ち構えるウォルコットの前でGKフォスターが弾き出す。

▽一方、カウンターからゴールを目指すWBAは11分、相手陣内の左サイドを持ち上がったマクレーンが右足のミドルシュートを放つが、これはGKチェフの好守に遭う。それでも、このプレーで得た左CKの場面でキッカーのシャドリの絶妙なボールに反応したゴール前のドーソンが頭で薄く触ったボールがゴール右隅に吸い込まれた。

▽難所でいきなり先制点を奪われたアーセナルだったが、頼れるエースがすぐさま試合を振り出しに戻す。15分、ボックス手前中央でウォルコットが落としたボールを、ジャカが左足ダイレクトでボックス左フリーのサンチェスにパスを通す。これを胸トラップしたチリ代表FWは、冷静にシュートコースを見極めて右足のシュート。クロスバーの下側を叩いたボールがそのままゴールネットを揺らした。

▽スコアがタイに戻ってからもアーセナルのポゼッション、WBAのカウンターと互いに持ち味を発揮する流れで拮抗した状況が続く。31分には得意の攻撃参加でボックス左に抜け出したラムジーが角度のないところからシュートを狙うが、これは相手GKに阻まれる。続く34分にはボックス右でリバモアの縦パスを引き出したフレッチャーに決定機も、枠の左隅を捉えたシュートはGKチェフのビッグセーブに防がれた。

▽前半終盤にかけてはアーセナルにアクシデント。38分、ふくらはぎを痛めたチェフがプレー続行不可能となり、控えGKオスピナが緊急投入される。守護神の負傷交代でリズムを失ったアーセナルは、前半のうちに勝ち越しゴールを奪えないまま、1-1のイーブンで試合を折り返した。

▽迎えた後半、50分に左サイドのブラントのクロスに反応したロンドンが際どいヘディングシュートを放つなど、ホームのWBAが良い入りを見せる。この流れの中で54分にロンドンを下げてロブソン=カヌを投入すると、この交代策が勝ち越しゴールをもたらす。

▽55分、シャドリの浮き球パスに反応したマクレーンがGKオスピナとDFベジェリンの交錯を誘う。そして、オスピナのクリアボールをボックス中央で拾ったロブソン=カヌが左足で無人のゴールへ流し込んだ。

▽再びビハインドを背負ったアーセナルは、65分にウォルコットを下げてジルーを投入。長身のフランス代表FWを最前線に据え、攻め方を変える。同選手の投入直後のセットプレーではウェルベックが決定的なヘディングシュートも、このシュートはクロスバーを叩いた。

▽この選手交代で一気に攻勢をかけたいアーセナルだが、徹底的に中央を固めるWBAの堅守をこじ開けられない。すると75分、WBAに与えた右CKの場面でマクレーンのクロスを先制点と似たような形からドーソンに豪快なヘッドで叩き込まれ、痛恨の3失点目を喫した。

▽格下相手に負けられないアーセナルは、失点直後の78分にエースのサンチェスを下げて、最後の交代カードとしてイウォビを投入。だが、ジルーに続きイウォビの投入も全く機能せず、前半以上に決定機を作れないアーセナルは、このまま1-3で敗戦。低調なパフォーマンスでリーグ2連敗のチームは、厳しい状態でインターナショナルウィークに突入することになった。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、アルジェリア代表MFベナセルがエンポリに完全移籍!

▽セリエBのエンポリは21日、アーセナルからアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。 ▽2015年にフランスのアルル=アヴィニョンからアーセナルに加入したベナセルは、同年行われたリーグカップのシェフィールド・ウェンズデイ戦でトップチームデビュー。だが、テクニックに優れるセントラルMFは、その後トップチームに定着できず、今年1月にはリーグ・ドゥのトゥールへレンタル移籍していた。 ▽アルジェリア人とモロッコ人の移民としてフランスで育ったベナセルは、U-19カテゴリーまでフランス代表としてプレーしたが、2016年7月にアルジェリアのフル代表デビューを飾っていた。 2017.08.22 00:02 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルのレジェンド・アンリ氏がスパーズに忠告「ビッグクラブになりたければ…」

▽アーセナルのレジェンドである元フランス代表FWティエリ・アンリ氏が、近年結果を残してきているトッテナムに忠告している。イギリス『サン』が伝えた。 ▽マウリシオ・ポチェッティーノ監督就任以降、徐々にプレミアリーグでの順位を上げてきているトッテナム。昨季は2位でフィニッシュし、優勝したチェルシーを唯一最後まで追走した。ここ数年での成績は、アンリ氏も認めるところではあるが、同氏は独自の目線でトッテナムに忠告を送っている。 「まず、ダニエル・レヴィ(トッテナム会長)にフランス語で言いたい。『chapeau bas!(脱帽だ!)』良くやっている」 「私が知っている以前のトッテナムと今のトッテナムはかなり変化しているね。彼らは現在ビッグボーイたちとのダンスを楽しんでいるが、もしビッグクラブになりたいのなら、ビッグクラブのように振る舞わなければならない」 「私は自身の経験から、新しいスタジアムを立てる時、財政的に苦しいことは知っている。アーセナルでは何が起こった?! みんな出ていったよ!」 「現在カイル・ウォーカーはいない。ダニー・ローズもエリック・ダイアーも怪しい。もし他のクラブからのオファーに対抗できる給与を払えなかったり、タイトルをもたらすことができなかったりしたら、ローズやダイアー、ハリー・ケインやデレ・アリのような選手を留めておくことは難しくなる」 「トッテナムは素晴らしいスターティングイレブンを擁している。だけどどうだ、スカッドで見れば素晴らしいかい?」 2017.08.21 21:54 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルのジェンキンソン&ブラマルの両サイドバックが2部バーミンガムにレンタル移籍

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のバーミンガムは21日、アーセナルのイングランド代表DFカール・ジェンキンソン(25)、イングランド人DFコーエン・ブラマル(21)の2選手をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は両選手ともに1シーズンとなる。 ▽ジェンキンソンは、チャールトンの下部組織出身で、2011年7月にアーセナルに加入。2014-15シーズンから1シーズン半はウェストハムにレンタル移籍。2016年1月からはアーセナルに復帰していた。アーセナルでは主に右サイドバックとして通算62試合に出場し1ゴール。ウェストハムでは59試合に出場し2ゴールを記録していた。 ▽ブラマルは、2017年1月にヘドネスフォードからアーセナルに完全移籍。昨シーズンはアーセナルU-23で主に左サイドバックとして9試合に出場し1ゴールを記録していた。 2017.08.21 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランがウィルシャー獲得に名乗り…本人はプレミアでのプレーを希望との報道も

イタリアメディア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じたところによると、ミランがアーセナルに所属するMFジャック・ウィルシャーに関心を示しているようだ。<br><br>昨シーズン、ボーンマスへの期限付き移籍を経て、アーセナルに戻ったウィルシャー。しかし、現時点でウィルシャーはアーセナルのトップチームで出場機会が得られず、プレミア開幕週にはBチームの一員として下部リーグの公式戦に出場していた。<br><br>ウィルシャーはロシア・ワールドカップを前にイングランド代表への返り咲きを狙っているが、アーセナルではアピールの場がないことから、今夏の再移籍が有力視されている。<br><br>しかし、ミランからの関心についてウィルシャー本人は乗り気ではなく、イギリス国内でプレーする道を希望しているとの報道もある。<br><br>同選手にはミランのほか、アストン・ビラ、ウェストハム、ユベントス、サンプドリア、アンタルヤシュポルなども関心を示しているとされる。アーセナルとの契約は2018年6月までとなっており、ウィルシャーがどのような道を選ぶのか。移籍市場が閉幕する8月31日まで、いつ再移籍が決定してもおかしくない状況となっているようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.08.20 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェラード「エジルはお荷物」

▽リバプールOBで元イングランド代表MFのスティーブン・ジェラード氏がアーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルをこき下ろした。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽エジルは、19日に敵地で行われたプレミアリーグ第2節のストーク・シティ戦(0-1でアーセナルが敗戦)にフル出場。だが、チームを救う活躍は見られず、開幕2戦目にして今シーズン初黒星を喫した。 ▽イギリス『BTスポーツ』で解説を務めるジェラード氏は、そのエジルのパフォーマンスぶりを次のように批判。チームの「お荷物」だと酷評した。 「僕らは彼の一時代を見てきた。彼はワールドクラスの才能の持ち主だよ」 「でも、彼のボディランゲージやリアクションは心配だね。ボールを奪ったときの彼は、チームメートに何も提供しない。アウェイだと、彼はお荷物。不十分だ」 「彼と(MFグラニト・)ジャカは、ビルドアップの意識が弱い。(ボールを奪われたら、)エジルは諦めて、追いかけることすらしない」 2017.08.20 11:15 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース