低調アーセナルがWBAに3失点で完敗…チェフ負傷も重なり厳しいリーグ連敗に《プレミアリーグ》2017.03.18 23:28 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、WBAvsアーセナルが18日にザ・ホーソンズで行われ、ホームのWBAが3-1で勝利した。

▽2試合未消化ながらリーグ戦でトップ4圏外の5位に位置するアーセナルは、直近のFAカップ準々決勝でイングランド5部のリンカーン・シティ相手に5-0で大勝し、公式戦の連敗をストップ。巻き返しを図る今節は、リーグ戦2連敗と調子を落とす8位WBAとのアウェイゲームに臨んだ。リンカーン戦からのメンバー変更は2点。ギブスに代わってモンレアルが左サイドバックに入り、ジルーに代わってウェルベックが1トップに入った。なお、エジルはハムストリングのケガでベンチ外となった。

▽戦前の予想通り、1トップのロンドンを最前線に残して[4-5]のコンパクトな2ラインで自陣深くにこもるホームチームに対して、ボールを保持するアーセナルが押し込む入りとなる。開始6分にはボックス左でサンチェスのスルーパスに抜け出したモンレアルがグラウンダーのクロスを狙うが、これは中央で待ち構えるウォルコットの前でGKフォスターが弾き出す。

▽一方、カウンターからゴールを目指すWBAは11分、相手陣内の左サイドを持ち上がったマクレーンが右足のミドルシュートを放つが、これはGKチェフの好守に遭う。それでも、このプレーで得た左CKの場面でキッカーのシャドリの絶妙なボールに反応したゴール前のドーソンが頭で薄く触ったボールがゴール右隅に吸い込まれた。

▽難所でいきなり先制点を奪われたアーセナルだったが、頼れるエースがすぐさま試合を振り出しに戻す。15分、ボックス手前中央でウォルコットが落としたボールを、ジャカが左足ダイレクトでボックス左フリーのサンチェスにパスを通す。これを胸トラップしたチリ代表FWは、冷静にシュートコースを見極めて右足のシュート。クロスバーの下側を叩いたボールがそのままゴールネットを揺らした。

▽スコアがタイに戻ってからもアーセナルのポゼッション、WBAのカウンターと互いに持ち味を発揮する流れで拮抗した状況が続く。31分には得意の攻撃参加でボックス左に抜け出したラムジーが角度のないところからシュートを狙うが、これは相手GKに阻まれる。続く34分にはボックス右でリバモアの縦パスを引き出したフレッチャーに決定機も、枠の左隅を捉えたシュートはGKチェフのビッグセーブに防がれた。

▽前半終盤にかけてはアーセナルにアクシデント。38分、ふくらはぎを痛めたチェフがプレー続行不可能となり、控えGKオスピナが緊急投入される。守護神の負傷交代でリズムを失ったアーセナルは、前半のうちに勝ち越しゴールを奪えないまま、1-1のイーブンで試合を折り返した。

▽迎えた後半、50分に左サイドのブラントのクロスに反応したロンドンが際どいヘディングシュートを放つなど、ホームのWBAが良い入りを見せる。この流れの中で54分にロンドンを下げてロブソン=カヌを投入すると、この交代策が勝ち越しゴールをもたらす。

▽55分、シャドリの浮き球パスに反応したマクレーンがGKオスピナとDFベジェリンの交錯を誘う。そして、オスピナのクリアボールをボックス中央で拾ったロブソン=カヌが左足で無人のゴールへ流し込んだ。

▽再びビハインドを背負ったアーセナルは、65分にウォルコットを下げてジルーを投入。長身のフランス代表FWを最前線に据え、攻め方を変える。同選手の投入直後のセットプレーではウェルベックが決定的なヘディングシュートも、このシュートはクロスバーを叩いた。

▽この選手交代で一気に攻勢をかけたいアーセナルだが、徹底的に中央を固めるWBAの堅守をこじ開けられない。すると75分、WBAに与えた右CKの場面でマクレーンのクロスを先制点と似たような形からドーソンに豪快なヘッドで叩き込まれ、痛恨の3失点目を喫した。

▽格下相手に負けられないアーセナルは、失点直後の78分にエースのサンチェスを下げて、最後の交代カードとしてイウォビを投入。だが、ジルーに続きイウォビの投入も全く機能せず、前半以上に決定機を作れないアーセナルは、このまま1-3で敗戦。低調なパフォーマンスでリーグ2連敗のチームは、厳しい状態でインターナショナルウィークに突入することになった。

コメント

関連ニュース

thumb

メモリアルマッチで奮闘の吉田麻也…英メディアは高評価「サウサンプトンの絶対的な存在」

サウサンプトンは、10日に行われたプレミアリーグ第16節でアーセナルと1-1で引き分けた。この試合で先発したDF吉田麻也は、イギリスメディアから高い評価を受けている。<br><br>ホームで3試合ぶりの勝利を狙ったサウサンプトンは、開始3分で相手のミスを見逃さず、FWチャーリー・オースティンのゴールで先制する。その後は自陣に構え、カウンターから好機を作っていくが、なかなか得点を奪えないでいると、88分にFWオリヴィエ・ジルーに同点弾を許し、土壇場で引き分けることとなった。<br><br>この試合でキャプテンマークを巻いて出場した吉田は、これがプレミアリーグ先発出場100試合目。メモリアルマッチで堅守に貢献した日本代表DFに、イギリスメディアは高評価を与えている。<br><br>『Daily Mail』は、吉田に「7」と及第点以上をつけた。「セインツの絶対的な存在は、DFラインの中心的な役割を担った」と、チームに欠かせない存在となっていると述べた。チーム最高点は、先制点を決めたオースティンと、MFドゥシャン・タディッチ。タディッチには、「もし(アーセナルFW)アレクシス・サンチェスが5000万ポンドなら、このプレイメーカーはいくらなんだ?」と評している。<br><br>その一方で、同メディアはアーセナルの選手には低めの評価を与え、特に失点につながるミスを犯したDFペア・メルテザッカーには「先制点でミス。ペースと機動力に欠け、途中交代となった」と酷評。「4」と厳しい評価をつけている。<br><br>また、『Sky Sports』は日本代表DFにチーム最高タイとなる「7」をつけた。CBでは最高の評価を受けている。サウサンプトンの選手は8人が「7」となっており、好パフォーマンスをみせたことを評価している。<br><br>サウサンプトンで厳しいポジション争いに巻き込まれている吉田だが、指揮官からも現地メディアからも高い評価を受けているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 08:39 Mon
twitterfacebook
thumb

途中出場ジルーの終盤弾でアーセナルがセインツにドロー、フル出場の吉田は失点に関与《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、サウサンプトンvsアーセナルが10日に行われ、1-1で引き分けた。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場している。 ▽前節マンチェスター・ユナイテッドにホームで1-3と敗れた5位アーセナル(勝ち点28)は、3日前の消化試合となったヨーロッパリーグのBATEボリソフ戦を6-0と大勝した。そのアーセナルはBATEボリソフ戦のスタメンから全選手を変更し、ユナイテッド戦のスタメンからは負傷したムスタフィに代えてメルテザッカーを起用した。 ▽前節ボーンマス戦を1-1と引き分けた11位サウサンプトン(勝ち点17)は、吉田が[4-2-3-1]の右センターバックで2試合ぶりにスタメンとなった。 ▽試合は開始3分、カウンターを狙うサウサンプトンが先制した。メルテザッカーのクリアが甘くなってショートカウンターに転じると、タディッチのスルーパスをボックス右で受けたオースティンがゴールへ流し込んだ。 ▽続く5分にもサウサンプトンはディフェンスライン裏を取ったオースティンがボックス右に侵入してGKチェフを強襲するシュートを浴びせ、序盤のペースを握っていく。 ▽一方、早々に失点したアーセナルはポゼッションを高めて敵陣で試合を展開。16分にはラカゼットがボックス中央から枠内シュートを浴びせると、32分にはサンチェスの右クロスをラムジーがボレーで合わせたシュートが枠の右を捉えたが、GKフォースターのビッグセーブに阻まれた。 ▽ハーフタイムにかけてもアーセナルが攻勢に出る流れが続くも、ラカゼットの決定的なシュートは枠を捉えきれず、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半も敵陣で試合を進めたアーセナルだったが、水際で守るサウサンプトンを崩しきることができない。すると62分にピンチ。ロメウのミドルシュートがバーを直撃した。 ▽流れの悪いアーセナルは64分にメルテザッカーに代えてウェルベックを投入し、4バックに変更。しかし66分にはバートランドにゴールを脅かされると、ジャカに代えてウィルシャーを、ラカゼットに代えてジルーを投入していく。 ▽しかし、集中した守備を続けるサウサンプトンをやはり崩せず、時間だけが過ぎていく。84分にようやくサンチェスの直接FKでゴールを脅かすも、GKフォースターにセーブされる。 ▽それでも88分、左サイドからのサンチェスの右足クロスを吉田に競り勝ったジルーがヘッド。これがゴール右に決まってアーセナルが土壇場で同点に追いついた。このまま1-1で試合はタイムアップを迎え、勝ち点1を分け合っている。 2017.12.10 22:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ジルーが出場機会を求めて移籍を決断か…移籍先はロンドンのあのクラブ?

▽アーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(31)が移籍を求めているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽ジルーは半年後に迫ったロシア・ワールドカップ(W杯)出場に向けて、クラブでの出場機会を求めて移籍を考慮しているようだ。今シーズンのジルーはヨーロッパリーグ(EL)では全試合フル出場しているものの、リーグ戦では第15節を終えた時点でいまだに先発なし。ゴール数も「3」と乏しい内容となっている。 ▽このような状況が続けば、代表落選の可能性もあると危惧しているとされるジルーは、出場機会を求めてアーセナルからのレンタル移籍を考慮。その候補に挙がっているのが、同じロンドンを本拠地とするウェストハムとクリスタル・パレスだ。この2チームは、今シーズンここまで降格圏に沈んでおり、ジルー加入となれば大きな戦力となる。 ▽また、『ミラー』によれば、エバートンがジルーに対して関心を示していたようだが、ロンドンで共に暮らす妻のジェニファーさんが現在3人目の子供を授かっているため、首都を離れるつもりはないという。さらに、アーセナルに近しい筋からの情報によると「オリヴィエは家族に負担をかけるようなことはしたくない。アーセナルに留まることが理想だが、彼はプレーを続けなければならない。そしてロンドンにはその選択肢がある」とのことで、ウェストハムやクリスタル・パレスへの移籍の可能性を強調している。 2017.12.10 15:30 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司のアーセナル行きも? 新スカウトは古巣ドルトムントからの補強を否定せず

アーセナルのスカウト部門責任者に就任したスヴェン・ミスリンタート氏は、古巣ドルトムントからの補強を否定しなかったようだ。ドイツ『Kicker』が伝えた。<br><br>長年に渡って、数々のタレントをドルトムントに連れてきたミスリンタート氏。現在もドルトムントでプレーするMF香川真司やFWピエール=エメリク・オーバメヤン、王者バイエルン・ミュンヘンで絶対的な主力となっているDFマッツ・フンメルスやFWロベルト・レヴァンドフスキらの獲得に関し、重要な役割を果たしてきた。<br><br>そんな敏腕スカウトは先月、10年を過ごしたドルトムントを離れアーセナルに加入。スカウト部門の責任者を務めることになった45歳のドイツ人は、「古巣から補強することは躊躇するか」と問われると、「いや、可能性はある」と答えている。<br><br>「古巣には最大限のリスペクトがあるよ。すべてにおいてね。だけど、今はライバルであることは事実だ」<br><br>『Football.London』は、現在ドルトムントの選手がアーセナルの補強リストに入っているかは不明だが、ミスリンタート氏の存在はドイツからの補強に大きな意味を持つことになると伝えている。<br><br>ドルトムント時代に、ミスリンタート氏が「一番獲得にこだわった」と認めた香川が、ノースロンドンでプレーする時が来るのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.08 20:52 Fri
twitterfacebook
thumb

ELラウンド32進出チームが決定! 南野と酒井にCL敗退組の香川の3選手が決勝Tへ《EL》

▽7日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ全日程が終了した。この結果、ラウンド32に進出する32チームが決定した。 ▽例年、混戦模様のグループステージにおいて12の厳しいグループを首位で制したのは、優勝候補のアーセナルやミラン、アタランタ、ラツィオのイタリア勢、ビジャレアルとアスレティック・ビルバオのスペイン勢、ディナモ・キエフ、ゼニトといったチャンピオンズリーグ(CL)やEL常連チームらとなった。 ▽日本人選手が所属するクラブでは、MF南野拓実が在籍するザルツブルクが唯一の首位通過。さらに、そのザルツブルクと同じグループIに入ったDF酒井宏樹が所属するマルセイユが2位通過を果たした。一方、FW大迫勇也の所属するケルン、MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンのドイツ勢2チームはグループステージ敗退となった。 ▽2位通過チームでは、リヨンやニース、レアル・ソシエダといった5大リーグに所属する名門チームが順当に突破を決めた。また、パルチザンとレッドスター・ベオグラードのセルビア勢や初出場のエステルンド(スウェーデン)といった伏兵も見事に突破を決めている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171207_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、ELラウンド32には今回のグループステージを突破した24チームに加え、CLグループステージ3位敗退組のMF香川真司擁するドルトムントやナポリ、アトレティコ・マドリーといった強豪8チームが新たに参戦することになる。 ▽なお、ELラウンド32の対戦カードを決める組み合わせ抽選会は12月11日にスイスのニヨンで行われる。また、1stレグは来年2月15日に。2ndレグは同月22日に開催される。 ▽ELラウンド32ではグループステージ首位通過12チームとCL3位敗退組の上位4チームによるシードチーム、グループステージ2位通過の12チームとCL3位敗退組の下位4チームによるノンシードチームが必ず対戦する。しかし、同じグループに同居したチーム、同一リーグ協会(同国)に所属するチーム同士が対戦することはない。ELラウンド32進出チームは以下のとおり。 ◆EL決勝トーナメント進出チーム ▽グループA 1.ビジャレアル(スペイン) 2.アスタナ(カザフスタン) ▽グループB 1.ディナモ・キエフ(ウクライナ) 2.パルチザン(セルビア) ▽グループC 1.ブラガ(ポルトガル) 2.ルドゴレツ(ブルガリア) ▽グループD 1.ミラン(イタリア) 2.AEKアテネ(ギリシャ) ▽グループE 1.アタランタ(イタリア) 2.リヨン(フランス) ▽グループF 1.ロコモティフ・モスクワ(ロシア) 2.コペンハーゲン(デンマーク) ▽グループG 1.ビクトリア・プルゼニ(チェコ) 2.ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) ▽グループH 1.アーセナル(イングランド) 2.レッドスター・ベオグラード(セルビア) ▽グループI 1.ザルツブルク(オーストリア) 2.マルセイユ(フランス) ▽グループJ 1.アスレティック・ビルバオ(スペイン) 2.エステルンド(スウェーデン) ▽グループK 1.ラツィオ(イタリア) 2.ニース(フランス) ▽グループL 1.ゼニト(ロシア) 2.レアル・ソシエダ(スペイン) ◆CLグループステージ3位敗退チーム CSKAモスクワ(ロシア)※ アトレティコ・マドリー(スペイン)※ RBライプツィヒ(ドイツ)※ スポルティング・リスボン(ポルトガル)※ スパルタク・モスクワ(ロシア) ナポリ(イタリア) ドルトムント(ドイツ) セルティック(スコットランド) ※はシードチーム 2017.12.08 07:20 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース