低調アーセナルがWBAに3失点で完敗…チェフ負傷も重なり厳しいリーグ連敗に《プレミアリーグ》2017.03.18 23:28 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、WBAvsアーセナルが18日にザ・ホーソンズで行われ、ホームのWBAが3-1で勝利した。

▽2試合未消化ながらリーグ戦でトップ4圏外の5位に位置するアーセナルは、直近のFAカップ準々決勝でイングランド5部のリンカーン・シティ相手に5-0で大勝し、公式戦の連敗をストップ。巻き返しを図る今節は、リーグ戦2連敗と調子を落とす8位WBAとのアウェイゲームに臨んだ。リンカーン戦からのメンバー変更は2点。ギブスに代わってモンレアルが左サイドバックに入り、ジルーに代わってウェルベックが1トップに入った。なお、エジルはハムストリングのケガでベンチ外となった。

▽戦前の予想通り、1トップのロンドンを最前線に残して[4-5]のコンパクトな2ラインで自陣深くにこもるホームチームに対して、ボールを保持するアーセナルが押し込む入りとなる。開始6分にはボックス左でサンチェスのスルーパスに抜け出したモンレアルがグラウンダーのクロスを狙うが、これは中央で待ち構えるウォルコットの前でGKフォスターが弾き出す。

▽一方、カウンターからゴールを目指すWBAは11分、相手陣内の左サイドを持ち上がったマクレーンが右足のミドルシュートを放つが、これはGKチェフの好守に遭う。それでも、このプレーで得た左CKの場面でキッカーのシャドリの絶妙なボールに反応したゴール前のドーソンが頭で薄く触ったボールがゴール右隅に吸い込まれた。

▽難所でいきなり先制点を奪われたアーセナルだったが、頼れるエースがすぐさま試合を振り出しに戻す。15分、ボックス手前中央でウォルコットが落としたボールを、ジャカが左足ダイレクトでボックス左フリーのサンチェスにパスを通す。これを胸トラップしたチリ代表FWは、冷静にシュートコースを見極めて右足のシュート。クロスバーの下側を叩いたボールがそのままゴールネットを揺らした。

▽スコアがタイに戻ってからもアーセナルのポゼッション、WBAのカウンターと互いに持ち味を発揮する流れで拮抗した状況が続く。31分には得意の攻撃参加でボックス左に抜け出したラムジーが角度のないところからシュートを狙うが、これは相手GKに阻まれる。続く34分にはボックス右でリバモアの縦パスを引き出したフレッチャーに決定機も、枠の左隅を捉えたシュートはGKチェフのビッグセーブに防がれた。

▽前半終盤にかけてはアーセナルにアクシデント。38分、ふくらはぎを痛めたチェフがプレー続行不可能となり、控えGKオスピナが緊急投入される。守護神の負傷交代でリズムを失ったアーセナルは、前半のうちに勝ち越しゴールを奪えないまま、1-1のイーブンで試合を折り返した。

▽迎えた後半、50分に左サイドのブラントのクロスに反応したロンドンが際どいヘディングシュートを放つなど、ホームのWBAが良い入りを見せる。この流れの中で54分にロンドンを下げてロブソン=カヌを投入すると、この交代策が勝ち越しゴールをもたらす。

▽55分、シャドリの浮き球パスに反応したマクレーンがGKオスピナとDFベジェリンの交錯を誘う。そして、オスピナのクリアボールをボックス中央で拾ったロブソン=カヌが左足で無人のゴールへ流し込んだ。

▽再びビハインドを背負ったアーセナルは、65分にウォルコットを下げてジルーを投入。長身のフランス代表FWを最前線に据え、攻め方を変える。同選手の投入直後のセットプレーではウェルベックが決定的なヘディングシュートも、このシュートはクロスバーを叩いた。

▽この選手交代で一気に攻勢をかけたいアーセナルだが、徹底的に中央を固めるWBAの堅守をこじ開けられない。すると75分、WBAに与えた右CKの場面でマクレーンのクロスを先制点と似たような形からドーソンに豪快なヘッドで叩き込まれ、痛恨の3失点目を喫した。

▽格下相手に負けられないアーセナルは、失点直後の78分にエースのサンチェスを下げて、最後の交代カードとしてイウォビを投入。だが、ジルーに続きイウォビの投入も全く機能せず、前半以上に決定機を作れないアーセナルは、このまま1-3で敗戦。低調なパフォーマンスでリーグ2連敗のチームは、厳しい状態でインターナショナルウィークに突入することになった。

コメント

関連ニュース

thumb

サウサンプトンDFファン・ダイクを巡ってアーセナルとチェルシーのロンドン・ダービー勃発か

▽アーセナルがサウサンプトンのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(25)の獲得に興味を示しているという。イギリス『テレグラフ』が伝えた。 ▽2015年に、セルティックから1300万ポンド(現在のレートで約18億6000万円)程度の移籍金でサウサンプトンに加入したファン・ダイク。同選手には、チェルシーからの関心も伝えられており、他にもリバプールやマンチェスター・シティといったクラブが獲得に乗り出していると言われている。 ▽1月のレスター・シティ戦で足を負傷して以来、復帰の目途が立たずクラブを離れているファン・ダイクは、それがサウサンプトンでの最後の試合だったというような声もあるほど、移籍の可能性は高まってきている。クラブ側も、移籍金5000万ポンド(約71億7000万円)とも言われている同選手の放出をプランに入れているようだ。 ▽伝えられるところによれば、ファン・ダイクの争奪戦で優位に立っているのはチェルシーだとのこと。それでも、同じロンドンを本拠に構えるアーセナルは、選手への給与面で対抗する用意があるという。果たしてアーセナルは並いるクラブに競り勝って、ファン・ダイクの獲得を成功させることができるのだろうか。 2017.04.27 21:05 Thu
twitterfacebook
thumb

CL出場権獲得へ戦いを続けるヴェンゲル「目標はより明確になった」

アーセン・ヴェンゲル監督は、アーセナルがチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指して戦い続けると、1-0で勝利したレスター・シティ戦のあと『スカイスポーツ』で語っている。<br><br>26日にエミレーツ・スタジアムで行われた一戦は、レスターのDFロベルト・フートのオウンゴールでアーセナルが辛くも勝利を収めている。この勝利で1月以降、初のリーグ戦連勝を飾ったヴェンゲル監督は、チームが勢いに乗れると感じているようだ。<br><br>暫定ながら4位マンチェスター・シティとの勝ち点差を「4」にまで縮めたフランス人指揮官は「レスターは手ごわかったが、我々は我慢し、相手にいかなるチャンスも与えなかった」と、泥臭く勝利したチームを称賛した。<br><br>「延長戦まで戦った日曜日の午後に全てを出し切ったが、いくつかの決定的なチャンスを作っていた。いずれの勝利も我々に勢いを与えてくれる。私はマンチェスター・ダービーに関心はない。他のチームのことを考えている余裕などなく、自分たちのことだけで手いっぱいだ。しかし目標はより明確になった」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 15:08 Thu
twitterfacebook
thumb

試合終盤のOGで逃げ切ったアーセナルが公式戦3連勝! 岡崎途中出場のレスターは5戦未勝利…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第28節延期分のアーセナルvsレスター・シティが26日にエミレーツ・スタジアムで行われ、1-0でアーセナルが勝利した。レスターの日本代表FW岡崎慎司は、70分からプレーした。 ▽3月11日に行われたFAカップ準々決勝にアーセナルが出場したため、順延となっていた一戦。公式戦2連勝中で復調の兆しを見せる7位アーセナル(勝ち点57)は、直近に行われたFAカップ準決勝のマンチェスター・シティ戦からスタメンを4人変更。ジルー、チェンバレン、ラムジー、ホールディングに代えてウォルコット、コクラン、ギブス、ベジェリンをスタメンで起用した。 ▽一方、対戦相手のトッテナムがFAカップ準決勝に出場したため、中7日と休養十分の15位レスター(勝ち点37)は、ヴァーディとウジョアを2トップに配置した[4-4-2]のフォーメーションを採用。岡崎はベンチスタートとなった。 ▽試合はアーセナルが前線からプレッシングを仕掛けて主導権を握りにかかる。しかし、最初のチャンスはレスターに生まれる。7分、バイタルエリア左手前で獲得したFKがサンチェスのクリアミスを誘発すると、マフレズとのパス交換でオルブライトンがボックス左へ侵入。折り返したボールをヴァーディがシュートするも、サイドネットに外れた。 ▽拮抗した展開で試合が進む中、レスターは22分にフックスのロングスローから決定機。相手DFのクリアミスをファーサイドのマフレズがハーフボレーで狙ったが、これはGKチェフのファインセーブに阻まれた。 ▽ゴールの遠いアーセナルは27分、ボックス右でパスを受けたベジェリンのロストボールをボックス内で拾ったウォルコットがカットインから右足を振り抜く。だが、これはGKシュマイケルのセーブに防がれた。 ▽ボールポゼッションでレスターを圧倒するアーセナルは、人数を掛けてレスターゴールに迫る場面を見せていくが、レスター守備陣を崩しきれない。前半終了間際の45分には、ボックス左手前でパス受けたサンチェスがカットインからミドルシュートを放つも、クロスバーに嫌われ、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、最初の決定機はアーセナルに訪れる。55分、右サイドからカットインしたベジェリンのパスをゴール前で受けたサンチェスがシュートモーションに入るも、これは素早くプレスをかけたベナルアンのクリアに阻まれる。 ▽さらにアーセナルは65分、ショートCKの流れからボックス右手前でボールを受けたベジェリンがクロスを供給。これをゴール前のコシエルニが頭で合わせるが、これはGKシュマイケルの正面を突いた。 ▽ゴールレスが続く中、先に動いたのはアーセナル。68分、ギブスを下げてウェルベックを投入。[3-4-3]からサンチェスを1トップに配置した[4-2-3-1]に布陣を変更した。一方のレスターは70分、ウジョアを下げて岡崎をピッチに送り出した。 ▽さらにアーセナルのヴェンゲル監督は、75分にウォルコットとコクランを下げてジルーとラムジーを投入。すると、この交代でチャンスを作り出したのはレスター。78分、ロングパスのクリアボールをマフレズが頭で繋ぐと、これを受けた岡崎がボックス右まで持ち込みシュート。しかし、これはガブリエウのスライディングブロックに阻まれた。 ▽試合も終盤に差し掛かり、ゴールレスのまま試合終了かと思われたが86分、アーセナルに待望のゴールが生まれる。モンレアルのパスで左サイドを抜け出したサンチェスがクロス供給。このセカンドボールをボックス手前でエジルが繋ぐと、ボックス左で受けたモンレアルがダイレクトシュート。これがブロックに入ったフートに当たると、そのままゴール右に吸い込まれた。 ▽結局、このゴールが決勝点となり激闘を制したアーセナルが公式戦3連勝。一方のレスターは公式戦5試合未勝利となった。 2017.04.27 05:54 Thu
twitterfacebook
thumb

今年のエミレーツ・カップはセビージャ、ベンフィカ、RBライプツィヒが出場…7月29日、30日に開催

▽アーセナルは、7月29日、30日に行われるエミレーツ・カップの出場チームを発表した。 ▽シーズン開幕前にアーセナルの本拠地で行われるエミレーツ・カップ。今年もアーセナルの他3チームが出場し、カップを争う。今年のエミレーツ・カップには、セビージャ、ベンフィカ、そしてブンデスリーガで躍進を続けるRBライプツィヒが出場する。 ▽初戦はRBライプツィヒvsセビージャ、アーセナルvsベンフィカのカードが組まれ、2戦目はRBライプツィヒvsベンフィカ、アーセナルvsセビージャとなる。 ▽昨年はユーロ2016が開催されたこともあり、エミレーツ・カップは実施されず。2015年はリヨン、ヴォルフスブルク、ビジャレアルを招待し、アーセナルが優勝していた。 2017.04.26 21:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルーの関心報道に対してヴェンゲル監督が一蹴「オファーは受けていない」

▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督に、同クラブに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(30)を手放す気はないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽2012年6月にモンペリエからアーセナルに加入したジルーは今シーズン、公式戦で先発出場数が14回と出場時間が限られているものの、33試合で13ゴール6アシストを記録している。 ▽そんなジルーに最近、マルセイユが獲得への関心を寄せているとの報道が伝えられた。報道によると、マルセイユは今夏の移籍市場で最優先事項として同選手をリストアップしているようだ。また、ジルーに対して2000万ポンド(約28億1000万円)の移籍金を用意しているとのこと。今年1月に2020年までアーセナルと契約延長をした同選手だが、先発出場の少なさの点からもフランスへ連れ戻す余地があるとみているようだ。 ▽しかし、ヴェンゲル監督はジルーに対するオファーを受けていないと噂を一蹴。また、同選手をクラブに残したいと放出する気がないことを主張している。 「マルセイユからのオファーは受けていない。そして、我々はオリヴィエ・ジルーをクラブに残したいと思っている」 「現在と将来のために、シーズンの最終日まで働く。私に起こっていることは二の次で、重要なのはクラブの将来だ」 2017.04.26 01:45 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース