超ワールドサッカー

乾2戦連続先発も逃げ切り失敗のエイバルがエスパニョールとの中位対決でドロー《リーガエスパニョーラ》2017.03.18 22:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第28節、エイバルvsエスパニョールが18日にイプルアで開催され、1-1のドローに終わった。なお、エイバルのMF乾貴士は先発出場し、81分までプレーした。

▽8位エイバルと9位エスパニョールによる中位対決。前節最下位オサスナ相手に痛恨ドローのエイバルは、リーグ戦3試合未勝利と悲願のヨーロッパリーグ出場権獲得に向けて正念場。ホームでの中位対決に向けては、乾が2試合連続スタメンを飾り、セルジ・エンリクとキケ・ガルシアが縦関係の2トップを組んだ。対するエスパニョールも前節ラス・パルマスとの打ち合いを制し、3試合ぶりの勝利を目指しており、今節で連勝を飾って勢いに乗れるかが重要なポイントとなった。

▽共に[4-4-2]のコンパクトな布陣を採用した両者は、立ち上がりから拮抗した攻防を続けていく。開始5分にはボックス内のセルジ・エンリクが反転シュートを放つが、勢いを欠いたシュートはGKディエゴ・ロペスに難なくセーブされた。

▽時間の経過と共に相手を押し込んだエイバルは、20分に先制点を奪う。右サイドのゴールライン際に抜け出したペドロ・レオンの高速クロスを、ニアに走り込んだキケが頭で流し込んだ。早い時間帯の先制点で勢いに乗るホームチームは、30分にもロングフィードに抜け出した乾がボックス左から際どい折り返しを入れるが、ここはGKに対応される。

▽一方、立ち上がりから守勢が続くエスパニョールだったが、30分過ぎに相手のミスからこの試合最初の決定機を作る。33分、最終ラインでボールコントロールを失敗したDFラミスからボールを奪ったカイセドがボックス内まで持ち込むが、ここはドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の同点機を逃した。

▽その後は再び拮抗した展開が続く中、よりゴールに迫ったのはエイバル。前半終了間際の44分にはセットプレーの流れからダニ・ガルシアに決定機も、ボックス手前で放った右足のシュートはゴール前でDFにブロックされ、追加点とはならなかった。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、アウェイのエスパニョールが後半最初の決定機をゴールに結び付ける。右サイドでドリブルで突っかけたカイセドのこぼれを拾ったジェラール・モレノが、すかさずファーでフリーのフラードに浮き球のパス。このパスを巧みな右足ボレーで叩きつけたフラードのシュートがゴール右隅に吸い込まれた。

▽試合をコントロールしながらも追いつかれたエイバルは、すぐさま反撃を開始。失点直後にはボックス内でキケに続けてシュートチャンスも、GKディエゴ・ロペスが立ちはだかる。さらに59分には巧みなドリブルでボックス内に侵入したセルジ・エンリクに絶好機も、ここは後方から必死に戻ったDFダビド・ロペスがシュートモーションに入った一瞬の隙を突き、スライディングでボールをクリア。勝ち越しゴールとはならなかった。

▽後半半ばから終盤にかけて攻め合う両者だが、互いにカウンターチャンスを逃がすなど、なかなか決定的なシュートシーンを作り出せない。この状況を打開した両ベンチは積極的に交代カードを切る。

▽ホームのエイバルは75分にキケを下げてルベン・ペーニャ、81分には乾を下げてベベを投入。対するエスパニョールは、ロカ、アルバロ・バスケスとアタッカーを投入した。84分にはボックス左でボールを持ったベベがニアを狙った強烈なシュートを放つが、これはGKに弾き出された。結局、試合はこのまま1-1でタイムアップ。エスパニョールとの中位対決をドローで終えたエイバルは、2試合連続の逃げ切り失敗で4戦未勝利と苦しい戦いが続く。

コメント

関連ニュース

thumb

約2年ぶりの日本代表復帰を果たしたMF乾貴士「W杯予選の勝利に貢献できるように頑張る」

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、来月7日に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア戦及び同13日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に臨む日本代表メンバー25名を発表した。 ▽約2年ぶりに日本代表に選出されたエイバルのMF乾貴士が自身のツイッターを通じてコメント。久々の代表復帰を喜んだ。 <span style="font-weight:700;">◆MF乾貴士(エイバル/スペイン)</span> 「この度、日本代表に招集して頂きました!久しぶりの招集でほんとに嬉しいです。練習からアピールして、W杯予選の勝利に貢献できるように頑張るので応援よろしくお願いします!!」 2017.05.25 18:52 Thu
twitterfacebook
thumb

乾所属のエイバル、バルサ戦で躍動した守護神ジョエルをバレンシアから完全移籍で獲得!

▽エイバルは23日、バレンシアからレンタル移籍中のスペイン人GKジョエル・ロドリゲス(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。ジョエルはクラブと2019年6月30日までの契約にサインしている。 ▽2015年にセルタからバレンシアに加入したものの、ブラジル代表GKジエゴ・アウベスらの厚い壁を越えられず、同クラブで出場機会がなかったジョエルは、昨シーズンのラージョ移籍に続き、今シーズンはエイバルに1年間のレンタル移籍で加入した。 ▽シーズン序盤戦こそスペイン人GKアシエル・リエスゴの控えに甘んじていたものの、前半戦終盤にポジションを奪うと、最終的にリーグ戦25試合に出場した。また、リーガエスパニョーラ最終節のバルセロナ戦では、相手FWリオネル・メッシのPKをストップするなど好守を連発し、2ゴールを記録した日本代表MF乾貴士と共に敵地で格上バルセロナを大いに苦しめた。 ▽なお、フランス『レキップ』の伝えるところによれば、エイバルはジョエルの完全移籍での獲得に向けて、75万ユーロ(約9300万円)に設定されていた買い取りオプションを行使したようだ。 2017.05.24 07:12 Wed
twitterfacebook
thumb

乾貴士、2ゴールでスペイン紙の評価は最高点!バルサの全選手超えで「とてつもない」

エイバルのMF乾貴士が、バルセロナ戦の2ゴールで両チームを通じて最高となる評価を手にしている。<br><br>エイバルは21日、リーガ・エスパニョーラ第38節でバルセロナと対戦。乾は6試合連続の先発出場を果たし、カンプ・ノウでの一戦に臨んだ。バルセロナにとっては逆転優勝がかかる重要な一戦となったが、最初に輝いたのはリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの誰でもなく乾貴士であった。<br><br>7分に右サイドからのクロスを巧みなショートバウンドボレーで合わせると、貴重な先制点をマーク。さらに71分にはペナルティーエリア内から浮き球を左足一閃、バルセロナGKアンドレ・テア・シュテーゲンを破り、豪快にネットを揺らした。試合はその後、バルセロナが猛反撃を見せ、逆転を許したが、乾には両チームを通じて最高となる評価が与えられている。<br><br>スペイン紙『アス』では、3段階中最高となる「3」の評価。寸評では「エイバルのインテンシティーは乾によって見事に具現化された。彼はとてつもないパルティダッソを演じ、ゴールという褒賞を得た」と、記された。バルセロナ側で「3」の評価を得た選手はおらず、乾はエイバルGKジョエルとともにトップタイの評価を得ることとなった。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.22 19:10 Mon
twitterfacebook
thumb

乾貴士のバルセロナ戦2発に岡崎慎司が興奮「サッカー小僧が伝説を残した」

エイバルに所属する乾貴士の快挙を、レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司が称賛した。<br><br>エイバルはリーガ・エスパニョーラ最終節でバルセロナと対戦。乾は6試合連続の先発出場を飾った。「バルセロナが憧れのクラブ」と度々語ってきた乾は、カンプ・ノウでの一戦で躍動。前半7分にクロスを左足ボレーで合わせると、71分にもボックス内から強烈な左足のシュートを突き刺し、2ゴールを挙げた。<br><br>この活躍に岡崎もツイッターで反応。「乾たかしがカンプノウで2発。このニュースを知って興奮しない日本のサッカーファンはいないと思う。負けたけど、今後日本人としてあるかどうかも分からない事をした。サッカー小僧が伝説を残したと思う。興奮が冷めない」(※原文ママ)と綴り、日本人初の快挙を成し遂げた乾を称賛した。<br><br>乾の偉業にはスペインのメディアも反応を示しているが、日本代表のエースにも大きな刺激となったようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.05.22 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

カンプ・ノウで2発のエイバル乾貴士、バルサに逆転負けで強さを痛感…「レベルの差を感じさせられる! 凄いなぁ」

▽エイバルに所属する元日本代表MF乾貴士が21日に行われたリーガエスパニョーラ最終節のバルセロナ戦での2ゴールを振り返った。 ▽乾は、バルセロナの本拠地カンプ・ノウに乗り込んだ一戦に先発。チームは最終的に2-4の逆転負けを許したものの、7分と61分にゴールを決めた乾は、一時バルセロナを敗色ムードに追い込む活躍を見せた。 ▽試合後、乾は自身の公式ツイッター(@takashi73784537)を更新。自身にとって、スペイン挑戦後初の1試合2ゴールを記録したバルセロナ戦を次のように回想し、今シーズンを締めくくった。 「バルセロナとの最終節4-2で負けました! 得点出来たことはほんまに嬉しいし、良かったなぁと思うけど、それ以上に強かった。うまかった。毎回レベルの差を感じさせられる! 凄いなぁ。でもとにかく1シーズン戦えてよかった。楽しいシーズンでした。1年間応援ありがとうございました!」 2017.05.22 11:45 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース