乾2戦連続先発も逃げ切り失敗のエイバルがエスパニョールとの中位対決でドロー《リーガエスパニョーラ》2017.03.18 22:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第28節、エイバルvsエスパニョールが18日にイプルアで開催され、1-1のドローに終わった。なお、エイバルのMF乾貴士は先発出場し、81分までプレーした。

▽8位エイバルと9位エスパニョールによる中位対決。前節最下位オサスナ相手に痛恨ドローのエイバルは、リーグ戦3試合未勝利と悲願のヨーロッパリーグ出場権獲得に向けて正念場。ホームでの中位対決に向けては、乾が2試合連続スタメンを飾り、セルジ・エンリクとキケ・ガルシアが縦関係の2トップを組んだ。対するエスパニョールも前節ラス・パルマスとの打ち合いを制し、3試合ぶりの勝利を目指しており、今節で連勝を飾って勢いに乗れるかが重要なポイントとなった。

▽共に[4-4-2]のコンパクトな布陣を採用した両者は、立ち上がりから拮抗した攻防を続けていく。開始5分にはボックス内のセルジ・エンリクが反転シュートを放つが、勢いを欠いたシュートはGKディエゴ・ロペスに難なくセーブされた。

▽時間の経過と共に相手を押し込んだエイバルは、20分に先制点を奪う。右サイドのゴールライン際に抜け出したペドロ・レオンの高速クロスを、ニアに走り込んだキケが頭で流し込んだ。早い時間帯の先制点で勢いに乗るホームチームは、30分にもロングフィードに抜け出した乾がボックス左から際どい折り返しを入れるが、ここはGKに対応される。

▽一方、立ち上がりから守勢が続くエスパニョールだったが、30分過ぎに相手のミスからこの試合最初の決定機を作る。33分、最終ラインでボールコントロールを失敗したDFラミスからボールを奪ったカイセドがボックス内まで持ち込むが、ここはドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の同点機を逃した。

▽その後は再び拮抗した展開が続く中、よりゴールに迫ったのはエイバル。前半終了間際の44分にはセットプレーの流れからダニ・ガルシアに決定機も、ボックス手前で放った右足のシュートはゴール前でDFにブロックされ、追加点とはならなかった。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、アウェイのエスパニョールが後半最初の決定機をゴールに結び付ける。右サイドでドリブルで突っかけたカイセドのこぼれを拾ったジェラール・モレノが、すかさずファーでフリーのフラードに浮き球のパス。このパスを巧みな右足ボレーで叩きつけたフラードのシュートがゴール右隅に吸い込まれた。

▽試合をコントロールしながらも追いつかれたエイバルは、すぐさま反撃を開始。失点直後にはボックス内でキケに続けてシュートチャンスも、GKディエゴ・ロペスが立ちはだかる。さらに59分には巧みなドリブルでボックス内に侵入したセルジ・エンリクに絶好機も、ここは後方から必死に戻ったDFダビド・ロペスがシュートモーションに入った一瞬の隙を突き、スライディングでボールをクリア。勝ち越しゴールとはならなかった。

▽後半半ばから終盤にかけて攻め合う両者だが、互いにカウンターチャンスを逃がすなど、なかなか決定的なシュートシーンを作り出せない。この状況を打開した両ベンチは積極的に交代カードを切る。

▽ホームのエイバルは75分にキケを下げてルベン・ペーニャ、81分には乾を下げてベベを投入。対するエスパニョールは、ロカ、アルバロ・バスケスとアタッカーを投入した。84分にはボックス左でボールを持ったベベがニアを狙った強烈なシュートを放つが、これはGKに弾き出された。結局、試合はこのまま1-1でタイムアップ。エスパニョールとの中位対決をドローで終えたエイバルは、2試合連続の逃げ切り失敗で4戦未勝利と苦しい戦いが続く。

コメント

関連ニュース

thumb

エイバルがスポルティング・リスボンからポルトガル代表歴のあるDFパウロ・オリベイラを獲得

▽エイバルは17日、スポルティング・リスボンの元ポルトガル代表DFパウロ・オリベイラ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年間で、スペイン『マルカ』によれば移籍金は320万ユーロ(約4億1000万円)とのことだ。 ▽2014年夏にギマラエスからスポルティング・リスボンに加入したセンターバックのパウロ・オリベイラは、在籍3シーズンで公式戦85試合に出場。しかし、年々出場機会を減らし、2016-17シーズンはリーグ戦11試合の出場に留まっていた。 ▽ポルトガル代表としてはU-17から各カテゴリーで選出され、2015年3月にA代表デビューを飾っていた。 2017.07.17 23:44 Mon
twitterfacebook
thumb

乾エイバルがポルトから左SBのホセ・アンヘルを完全移籍で獲得

▽エイバルは14日、ポルトのスペイン人DFホセ・アンヘル(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年間となっている。 ▽スポルティング・ヒホンのカンテラ出身であるホセ・アンヘルは、2011年夏にローマへ移籍。その後、ソシエダへのレンタル移籍を経て2014年夏にポルトへ完全移籍。しかし、レギュラーを掴むには至らず2016年夏にビジャレアルへレンタル移籍していた。2016-17シーズンはそのビジャレアルでリーガエスパニョーラ7試合に出場していた。 ▽ホセ・アンヘルは左サイドバックを本職とするため、左MFでレギュラーを張る日本代表MF乾貴士とは新シーズン、同サイドでコンビを組むことが濃厚だ。 2017.07.15 00:18 Sat
twitterfacebook
thumb

エイバル、エスパニョールからMFホアン・ホルダンを獲得

▽エイバルは13日、エスパニョールからスペイン人MFホアン・ホルダン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年となる。 ▽エスパニョールの下部組織出身のホルダンは、2014年にトップチームへ昇格。185cmの恵まれた体躯を誇るセントラルMFだが、トップチームでは出場機会を得られず。通算のリーグ戦出場試合数は12試合にとどまっていた。 ▽そのため、昨シーズンはセグンダA(スペイン2部)のバジャドリーにレンタル移籍で加入し、35試合の出場で3ゴール3アシストの数字を残していた。 2017.07.14 06:23 Fri
twitterfacebook
thumb

エイバルがソシエダのFWエルビアスを完全移籍で獲得…右ウイングが主戦場

▽エイバルは5日、レアル・ソシエダの元U-17スペイン代表FWパブロ・エルビアス(24)を完全移籍で獲得することを発表した。契約期間は2020年6月30日までとなる。 ▽エルビアスは、ソシエダの下部組織出身で、オサスナやレアル・オビエド、エルチェへのレンタル移籍を経験。右ウイングを主戦場としながらも両サイドでプレー可能。これまでリーガエスパニョーラで16試合に出場し1ゴール、2部でリーグ戦78試合に出場し4ゴールを記録していた。2016-17シーズンは2部で40試合に出場し2ゴール7アシストだった。また、U-17スペイン代表としても4試合に出場している。 2017.07.05 21:04 Wed
twitterfacebook
thumb

乾エイバル、マラガ退団のブラジル人FWシャルレスを獲得

▽エイバルは4日、マラガを退団したブラジル人FWシャルレス(33)を獲得したことを発表した。契約期間は2018年6月30日までの1年間となっている。 ▽2015年夏にセルタからマラガへ移籍したストライカーのシャルレスは、リーガエスパニョーラで通算114試合に出場し、30ゴールを記録。2016-17シーズンはリーグ戦21試合に出場して3ゴールをマークしていた。 ▽エイバルではこの夏、2016-17シーズンにリーガで7ゴールを記録したスペイン人MFアドリアン・ゴンサレスがマラガへ移籍していた。 2017.07.05 01:58 Wed
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース