乾2戦連続先発も逃げ切り失敗のエイバルがエスパニョールとの中位対決でドロー《リーガエスパニョーラ》2017.03.18 22:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第28節、エイバルvsエスパニョールが18日にイプルアで開催され、1-1のドローに終わった。なお、エイバルのMF乾貴士は先発出場し、81分までプレーした。

▽8位エイバルと9位エスパニョールによる中位対決。前節最下位オサスナ相手に痛恨ドローのエイバルは、リーグ戦3試合未勝利と悲願のヨーロッパリーグ出場権獲得に向けて正念場。ホームでの中位対決に向けては、乾が2試合連続スタメンを飾り、セルジ・エンリクとキケ・ガルシアが縦関係の2トップを組んだ。対するエスパニョールも前節ラス・パルマスとの打ち合いを制し、3試合ぶりの勝利を目指しており、今節で連勝を飾って勢いに乗れるかが重要なポイントとなった。

▽共に[4-4-2]のコンパクトな布陣を採用した両者は、立ち上がりから拮抗した攻防を続けていく。開始5分にはボックス内のセルジ・エンリクが反転シュートを放つが、勢いを欠いたシュートはGKディエゴ・ロペスに難なくセーブされた。

▽時間の経過と共に相手を押し込んだエイバルは、20分に先制点を奪う。右サイドのゴールライン際に抜け出したペドロ・レオンの高速クロスを、ニアに走り込んだキケが頭で流し込んだ。早い時間帯の先制点で勢いに乗るホームチームは、30分にもロングフィードに抜け出した乾がボックス左から際どい折り返しを入れるが、ここはGKに対応される。

▽一方、立ち上がりから守勢が続くエスパニョールだったが、30分過ぎに相手のミスからこの試合最初の決定機を作る。33分、最終ラインでボールコントロールを失敗したDFラミスからボールを奪ったカイセドがボックス内まで持ち込むが、ここはドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の同点機を逃した。

▽その後は再び拮抗した展開が続く中、よりゴールに迫ったのはエイバル。前半終了間際の44分にはセットプレーの流れからダニ・ガルシアに決定機も、ボックス手前で放った右足のシュートはゴール前でDFにブロックされ、追加点とはならなかった。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、アウェイのエスパニョールが後半最初の決定機をゴールに結び付ける。右サイドでドリブルで突っかけたカイセドのこぼれを拾ったジェラール・モレノが、すかさずファーでフリーのフラードに浮き球のパス。このパスを巧みな右足ボレーで叩きつけたフラードのシュートがゴール右隅に吸い込まれた。

▽試合をコントロールしながらも追いつかれたエイバルは、すぐさま反撃を開始。失点直後にはボックス内でキケに続けてシュートチャンスも、GKディエゴ・ロペスが立ちはだかる。さらに59分には巧みなドリブルでボックス内に侵入したセルジ・エンリクに絶好機も、ここは後方から必死に戻ったDFダビド・ロペスがシュートモーションに入った一瞬の隙を突き、スライディングでボールをクリア。勝ち越しゴールとはならなかった。

▽後半半ばから終盤にかけて攻め合う両者だが、互いにカウンターチャンスを逃がすなど、なかなか決定的なシュートシーンを作り出せない。この状況を打開した両ベンチは積極的に交代カードを切る。

▽ホームのエイバルは75分にキケを下げてルベン・ペーニャ、81分には乾を下げてベベを投入。対するエスパニョールは、ロカ、アルバロ・バスケスとアタッカーを投入した。84分にはボックス左でボールを持ったベベがニアを狙った強烈なシュートを放つが、これはGKに弾き出された。結局、試合はこのまま1-1でタイムアップ。エスパニョールとの中位対決をドローで終えたエイバルは、2試合連続の逃げ切り失敗で4戦未勝利と苦しい戦いが続く。

コメント

関連ニュース

thumb

フル出場の乾が2G演出のエイバルが今季最多5ゴールで8戦ぶりの白星!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第12節、エイバルvsベティスが20日に行われ、ホームのエイバルが5-0で快勝した。エイバルのMF乾貴士はフル出場し、2ゴールを演出した。 ▽前節、レアル・ソシエダとのバスク自治州ダービーに敗れ、リーグ7戦勝利がない17位のエイバル(勝ち点8)がホームに8位のベティス(勝ち点17)を迎えた一戦。好調な相手に対して8試合ぶりの勝利を目指すエイバルは、[4-4-2]の左サイドで乾を4試合連続で先発で起用した。 ▽試合は開始早々にホームのエイバルが動かす。7分、相手陣内の左サイドでパスを受けた乾が右足でインスウィングのクロスをゴール前に入れると、これがセルジ・エンリクと競ったDFアマトの足に当たりゴール左隅に吸い込まれた。 ▽乾の見事なクロスから相手のオウンゴールを誘発し、幸先良く先制に成功したエイバル。その後はボールポゼッションで勝る相手に持たれる展開が続くが、持ち味のハードワークを生かした守備でフィニッシュに持ち込ませない。 ▽すると30分、左CKの場面でショートコーナーから乾からのパスを受け直したフンカが左足の鋭いクロスを供給。これをエスカランテが頭で合わせ、貴重な追加点を奪った。その後は前がかりになったベティスに対して、乾ら中盤の選手も献身的なプレスバックで守備に参加するなど、チーム一丸となった守備で相手の反撃を凌いだ。 ▽エイバルの2点リードで迎えた後半も先にスコアを動かしたのはホームチームだった。56分、バイタルエリアでボールを受けた乾が絶妙なワンタッチのロビングパスをゴール前に入れると、これに抜け出したシャルレスがDFマンディと交錯。すると、主審はDFマンディの決定機阻止とみなし、PKと共にレッドカードを掲示した。これをシャルレス自ら冷静に決めた。 ▽今季初めて3点を奪ったエイバルは、60分に左サイドからカットインした乾がミドルシュートで今季初ゴールに迫ると、66分にもアレホが積極的なシュートで追加点を狙う。 ▽一方、3点ビハインドに加え、数的不利まで背負うベティスは58分にグアルダード、62分にはホアキンを下げて若きエースFWサナブリアを投入し、ゴールを目指す。だが、後半序盤の決定機をセルヒオ・レオンが続けて枠外に外してしまうなど、なかなかチャンスをモノにできない。 ▽ここまで思い通りの試合運びを見せるエイバルは71分にも追加点を奪う。右サイドを持ち上がったカパが1列前で背後を狙うアレホに縦パスを入れると、これを受けたアレホがボックス右からグラウンダーで折り返す。ニアに飛び込んだセルジ・エンリクのまたぎスルーで相手を引き付け、最後は中央のシャルレスが冷静にワンタッチで流し込んだ。 ▽その後も攻撃の手を全く緩めないエイバルは80分、ボックス右に抜け出したカパの折り返しを今度はセルジ・エンリクが右足のダイレクトシュートでゴール左隅に蹴り込み、ダメ押しの5点目を奪取。その後、10人の相手の反撃を無失点で凌ぎ切ったエイバルが5-0で完勝。今季ここまでの11戦で6ゴールしか奪えなかった不調の攻撃陣が大爆発し、8戦ぶりの今季3勝目を手にした。 2017.11.21 06:56 Tue
twitterfacebook
thumb

乾貴士所属のエイバル、冬の移籍市場で守備陣補強に動く考え

日本代表MF乾貴士が所属するエイバルは、冬の移籍市場での補強を検討しているようだ。<br><br>エイバルはリーガエスパニョーラ第11節終了時点、降格圏内18位アラベスに勝ち点2差で17位に位置する。昨季はトップ10入りを果たしたエイバルだが、今季は負傷者が続出するなどのアクシデントに見舞われ苦しんでいる。<br><br>そこでフラン・ガラガルサSD(スポーツ・ディレクター)は、1月の移籍市場で選手を獲得することを考慮している。現時点で最大の補強ポイントはセンターバックだとみられており、ケルンDFホルヘ・メレへの関心が取りざたされている。<br><br>メレは昨季までスポルティング・ヒホンに所属。主力としてリーガ1部を戦い抜いた。チームが2部に降格した影響もあり、今夏ケルンに移籍。だがケルンでは満足行く出場機会を得られていない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.09 23:53 Thu
twitterfacebook
thumb

エイバル、乾貴士がトップ下で先発もバスク・ダービーでソシエダに屈する《リーガエスパニョーラ》

5日にリーガエスパニョーラ第11節が行われ、エイバルは敵地アノエタでレアル・ソシエダと対戦している。<br><br>バスクに拠点を置くエイバルだが、この地にはアスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダという&ldquo;二大横綱&rdquo;が君臨する。若き才能はこの2クラブに流れる傾向にあり、実際現在ソシエダのエースとなっているオヤルサバルは中学生年代時にエイバルのカンテラ(下部組織)からソシエダのカンテラに引っ張られた経緯がある。<br><br>だが今回のバスク・ダービーでエイバルは開始直後から積極的な姿勢を見せる。4分、キケ・ガルシアがGKルジを強襲するシュートを放つと、その2分後にはコテのヒールパスを受けた乾が右足のシュートで枠内を捉えた。<br><br>それでも12分、均衡を破ったのはソシエダだった。オドリオソラのクロスにウィリアン・ホセがヘディングを叩く。GKディミトロビッチの横っ飛びも虚しく、ボールはネットに突き刺さった。<br><br>ソシエダは攻勢を強める。21分、ロンバンのバックパスのミスを突き、ジャヌザイが抜け出す。GKディミトロビッチをかわして放ったシュートはしかし、わずかに右に外れる。<br><br>決定機を逸したジャヌザイだが、28分に再びチャンスが訪れる。一本のスルーパスがオフサイドトラップを掛けたエイバル守備陣を破る。飛び出したシャビ・プリエトが中央にパスを送り、これをジャヌザイが押し込んだ得点した。今夏ソシエダに加入したジャヌザイは移籍後初ゴールを記録している。<br><br>前半はソシエダが2点リードで折り返す。後半に入っても、ソシエダの勢いは衰えない。47分、イジャラメンディのスルーパスを受けたオジャルサバルがGKディミトロビッチとの1対1を制して3点目を奪った。<br><br>メンディリバル監督は57分、ロンバンに代えてベベを投入。60分には、キケに代えてサリエギをピッチに送り込んだ。この交代に伴い、乾はトップ下から左MFにポジションを移す。<br><br>エイバルは71分に反撃の狼煙を上げる。コテが放ったクロスを、ジョルダンがペナルティーエリア内でコントロール。ワンフェイントを入れ、ソシエダDFを外して左足でシュートを打ち、ネットを揺らした。<br><br>だがエイバルに余力は残っていなかった。リーガ第2節ビルバオ戦(0-1)に続いて今季2度目のバスク・ダービーを落としたエイバルは、暫定で17位に位置。対するソシエダは7位につけている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.06 05:24 Mon
twitterfacebook
thumb

元セレッソ戦士・乾貴士がルヴァンカップ優勝を祝福「いつか俺もセレッソで優勝したいなー」

▽エイバルに所属する日本代表MF乾貴士が、古巣であるセレッソ大阪の初タイトル獲得を喜んだ。自身のツイッター(@takashi73784537)に祝福のコメントを投稿した。 ▽C大阪は4日、ルヴァンカップ決勝で川崎フロンターレと対戦。杉本健勇、ソウザのゴールで2-0と勝利し、初タイトルを獲得した。 ▽乾は、自身のツイッターでC大阪のトロフィーリフトの様子を動画で投稿。喜びのメッセージを添えた。 「セレッソがルヴァンカップで優勝しましたー(^^) ほんまにほんまにおめでとう 羨ましい!!いつか俺もセレッソで優勝したいなー とにかく今日はいっぱい喜んでくださーい セレッソの選手、スタッフ、ファン、サポーターの皆さんほんまにおめでとうございまーす」 2017.11.04 20:20 Sat
twitterfacebook
thumb

乾貴士所属のエイバルに朗報、エースのP・レオンが復帰に近づく

日本代表MF乾貴士が所属するエイバルに、朗報だ。MFペドロ・レオンが復帰に近づいている。<br><br>P・レオンは昨年夏にヘタフェからエイバルに移籍。かつてレアル・マドリーでプレーした経験もあるサイドアタッカーは移籍1年目にしてリーガエスパニョーラで10得点を挙げ、エースとしてエイバルの1部残留に大きく貢献した。<br><br>だが昨季終盤ひざに痛みを抱えながらプレーしていたP・レオンは、シーズン終了時に手術を受けた。それ以降リハビリを続けていたが、1日についにチームの練習に部分合流を果たしている。<br><br>6カ月にわたり戦列から離れていたP・レオンは、今後3~4週間で実戦に復帰する見込みだ。エイバルは現在勝ち点8で17位に位置。エースの復帰をきっかけに、降格圏内を離れ中位を目指したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.02 23:59 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース