乾2戦連続先発も逃げ切り失敗のエイバルがエスパニョールとの中位対決でドロー《リーガエスパニョーラ》2017.03.18 22:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第28節、エイバルvsエスパニョールが18日にイプルアで開催され、1-1のドローに終わった。なお、エイバルのMF乾貴士は先発出場し、81分までプレーした。

▽8位エイバルと9位エスパニョールによる中位対決。前節最下位オサスナ相手に痛恨ドローのエイバルは、リーグ戦3試合未勝利と悲願のヨーロッパリーグ出場権獲得に向けて正念場。ホームでの中位対決に向けては、乾が2試合連続スタメンを飾り、セルジ・エンリクとキケ・ガルシアが縦関係の2トップを組んだ。対するエスパニョールも前節ラス・パルマスとの打ち合いを制し、3試合ぶりの勝利を目指しており、今節で連勝を飾って勢いに乗れるかが重要なポイントとなった。

▽共に[4-4-2]のコンパクトな布陣を採用した両者は、立ち上がりから拮抗した攻防を続けていく。開始5分にはボックス内のセルジ・エンリクが反転シュートを放つが、勢いを欠いたシュートはGKディエゴ・ロペスに難なくセーブされた。

▽時間の経過と共に相手を押し込んだエイバルは、20分に先制点を奪う。右サイドのゴールライン際に抜け出したペドロ・レオンの高速クロスを、ニアに走り込んだキケが頭で流し込んだ。早い時間帯の先制点で勢いに乗るホームチームは、30分にもロングフィードに抜け出した乾がボックス左から際どい折り返しを入れるが、ここはGKに対応される。

▽一方、立ち上がりから守勢が続くエスパニョールだったが、30分過ぎに相手のミスからこの試合最初の決定機を作る。33分、最終ラインでボールコントロールを失敗したDFラミスからボールを奪ったカイセドがボックス内まで持ち込むが、ここはドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の同点機を逃した。

▽その後は再び拮抗した展開が続く中、よりゴールに迫ったのはエイバル。前半終了間際の44分にはセットプレーの流れからダニ・ガルシアに決定機も、ボックス手前で放った右足のシュートはゴール前でDFにブロックされ、追加点とはならなかった。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、アウェイのエスパニョールが後半最初の決定機をゴールに結び付ける。右サイドでドリブルで突っかけたカイセドのこぼれを拾ったジェラール・モレノが、すかさずファーでフリーのフラードに浮き球のパス。このパスを巧みな右足ボレーで叩きつけたフラードのシュートがゴール右隅に吸い込まれた。

▽試合をコントロールしながらも追いつかれたエイバルは、すぐさま反撃を開始。失点直後にはボックス内でキケに続けてシュートチャンスも、GKディエゴ・ロペスが立ちはだかる。さらに59分には巧みなドリブルでボックス内に侵入したセルジ・エンリクに絶好機も、ここは後方から必死に戻ったDFダビド・ロペスがシュートモーションに入った一瞬の隙を突き、スライディングでボールをクリア。勝ち越しゴールとはならなかった。

▽後半半ばから終盤にかけて攻め合う両者だが、互いにカウンターチャンスを逃がすなど、なかなか決定的なシュートシーンを作り出せない。この状況を打開した両ベンチは積極的に交代カードを切る。

▽ホームのエイバルは75分にキケを下げてルベン・ペーニャ、81分には乾を下げてベベを投入。対するエスパニョールは、ロカ、アルバロ・バスケスとアタッカーを投入した。84分にはボックス左でボールを持ったベベがニアを狙った強烈なシュートを放つが、これはGKに弾き出された。結局、試合はこのまま1-1でタイムアップ。エスパニョールとの中位対決をドローで終えたエイバルは、2試合連続の逃げ切り失敗で4戦未勝利と苦しい戦いが続く。

コメント

関連ニュース

thumb

「イヌイの最初の営業」...乾貴士の移籍先候補ベティスへの力添えに地元メディアが期待

エイバルMF乾貴士の、シーズン終盤のパフォーマンスに注目が集まっている。スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が伝えている。<br><br>今季終了時にエイバルとの契約が満了する乾だが、スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長が先日「我々はエイバル、レバンテ、レガネスのようなクラブがいくつかの国を象徴する選手たちを擁するよう試みている。エイバルにはイヌイがいるね。まあ、彼は来季ベティスに行くのだがね」と口を滑らせるなど、スペインではまるでベティス移籍がすでに決まったかのように報じられている。<br><br>乾は当初、エイバルとの契約延長に前向きな姿勢を示していた。しかしながらベティスが3月12日のリーガ第28節でアラベスと対戦した際、この遠征に普段であれば帯同しないスポーツ部門副会長セラ・フェレール氏、ゼネラルディレクターのフェデリコ・マルティネス氏、弁護士のホセ・ルイス氏が加わり、乾の代理人と接触したといわれており、ここで風向きが変わる。ベティスがフリーで獲得できる乾に好条件(3年契約+高年俸)を用意していることも大きいとされる。<br><br>ベティスは乾がシーズン終盤の試合で、クラブの目標達成に「力添え」してくれることを期待しているという。エイバルはリーガ第34節ヘタフェで、リーガ第36節でジローナと対戦するが、この2チームは現在ベティスと欧州カップ戦出場権獲得を争っている。乾がエイバルを勝利に導く決定的な仕事をすれば、ベティスは御の字というわけだ。<br><br>乾は今季、リーガで30試合に出場。そのうち22試合で先発して、3得点をマークしている。ただ、直近のリーガ第33節エスパニョール戦(1-0)では招集外となっていた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

エイバル、ペドロ・レオンと2020年まで契約延長

▽エイバルは16日、スペイン人MFペドロ・レオン(31)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽レアル・マドリーに在籍経験もある右サイドのスペシャリストであるペドロ・レオンは、2016年7月にヘタフェからエイバルに加入。昨季はフル稼働し、リーグ戦37試合に出場して10ゴール6アシストと大活躍して、MF乾貴士と共にチームの残留に大きく貢献していた。今季はヒザのケガで出遅れたが、2月に復帰して以降はリーグ戦8試合全てに出場し、健在ぶりを発揮していた。 2018.04.17 02:22 Tue
twitterfacebook
thumb

エイバル、乾2戦ぶり先発もアラベスの1発に泣き6戦勝ちなし…《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表MF乾貴士が所属するエイバルは15日、リーガエスパニョーラ第32節でホームにアラベスを迎え、0-1で敗北。乾は78分までプレーした。 ▽5試合勝ちのない暫定11位のエイバル(勝ち点40)と、2試合負けのない暫定16位のアラベス(勝ち点35)による“バスク・ダービー”。乾は、2試合ぶりにペドロ・レオンらとともにスタメンに名を連ねた。 ▽試合開始早々、アラベスがファーストチャンスをモノにする。最前線のソブリーノがボックス左に抜け出し、中央マイナス方向に折り返す。ボックス手前のグイデッティが右足でグラウンダーのシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。 ▽反撃に出るエイバルは、16分にボックス手前右のペドロ・レオンが鋭く落ちるミドルシュートを浴びせたが、GKパチェコがファインセーブを披露。同点ゴールとはならない。 ▽乾は左サイドに大きく開いて幾度かドリブルを試みるが、アラベスの集中した守備に苦しみ打開できず。エイバルは、ボールを保持しつつも大きなチャンスを作り出すことができないまま試合を折り返すこととなった。 ▽後半に入っても、エイバルは得点を目指して攻勢をかける。52分、ボックス左からのFKの場面で、キッカーはペドロ・レオン。しかし、右足の強烈なシュートは、またしてもGKパチェコに阻まれた。 ▽エイバルはさらに61分、左サイドでボールを持った乾が右足で速いクロスを供給。しかし、GKパチェコのパンチングに阻まれ、ボックス内で待ち構えるオレジャーナはヘディングシュートを放つことができない。64分にもボックス左で乾のパスを受けたオレジャーナが右足でシュートを放ったが、アラベスDFのブロックに遭う。 ▽リズムを変えたいエイバルは、78分に疲れが見えてきた乾に代えてカパを投入。防戦一方となっているアラベスも、81分にイバイ・ゴメスに代えて好調なムニルを起用した。 ▽結局、エイバルがその後もネットを揺らすことができないまま試合が終了。この結果、エイバルは6試合勝ちなしで連敗突入と、ホームで苦杯を喫することに。対するアラベスは、連勝を飾った。 2018.04.15 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

乾貴士の二の舞いは避けたい?エイバル、指揮官との契約解除金に慎重な姿勢

エイバルは、ホセ・ルイス・メンディリバル監督との契約延長に慎重になっているようだ。スペイン『ディアリオ・バスコ』が伝えた。<br><br>今季終了時に契約満了となるメンディリバル監督だが、エイバルは指揮官との契約延長を希望している。両者は合意に近づいているとみられるものの、同監督の完全なる了承を得るまで、クラブ側は公の場での発言や公式声明を避ける考えだ。<br><br>その背景には、乾の移籍騒動があるという。乾はメンディリバル監督同様、今季終了時にエイバルとの契約が満了する。一時は、エイバルからの2年契約延長オファーを受け入れたと報じられていた。<br><br>だがベティスが乾獲得に動きを見せ、状況は一変。ベティスは3年契約に加え、フリーで獲得できる乾に高年俸を用意しているとされる。3月12日のリーガ第28節でアラベスと対戦した際には、遠征に普段であれば帯同しないスポーツ部門副会長セラ・フェレール氏、ゼネラルディレクターのフェデリコ・マルティネス氏、弁護士のホセ・ルイス氏が加わり、乾の代理人と接触したといわれている。<br><br>乾は今季、リーガで29試合に出場している。そのうち21試合で先発して、3得点をマークした。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.12 23:51 Thu
twitterfacebook
thumb

乾途中出場のエイバル、ベティスに敗戦でリーグ5試合未勝利《リーがエスパニョーラ》

▽エイバルは7日、リーガエスパニョーラ第31節でベティスとアウェイで対戦し、0-2で敗れた。エイバルのMF乾貴士は63分から出場している。 ▽6位のベティス(勝ち点46)と10位のエイバル(勝ち点40)が激突した一戦。乾をベンチスタートとしたエイバルは、先発にオレジャーナやダニ・ガルシア、ペドロ・レオン、キケ・ガルシアらが起用した。 ▽試合は序盤からベティスがボールを支配する展開に。19分、バラガンの右からのクロスをファーサイドでテージョが胸で受けてシュート体勢に入るがエイバルDFがクリア。ほっとしたエイバルだがその直後の21分、再び右サイドを狙うベティスに対処できず、バラガンからのスルーパスをセルヒオ・レオンに通されてしまう。セルヒオ・レオンはボックス右に侵入し、右足アウトサイドで見事に流し込み、ベティスが先制。 ▽その後、エイバルは27分にペドロ・レオンのFKからラミスがヘディングで飛び込むがシュートはGKの正面。1点リードされたまま後半に向かった。 ▽後半は立ち上がりから厳しい状況に立たされる。50分、グアルダードにボックス左深くへの侵攻を許すと、折り返しをアルビージャがオウンゴール。リードを2点に広げられてしまう。 ▽攻勢を強めたいエイバルは63分にエスカランテを下げて乾を投入。83分に敵陣左でボールを受けた乾は、果敢にドリブルで仕掛けボックス手前からシュートを放つが相手DFにクリアされる。さらに後半アディショナルタイムには、ボックス左からシュートを放つもGKの正面。試合終了間際にもボックス右に侵入した乾が右足を振り抜くが、枠の左にそれてしまう。 ▽乾の積極的な攻撃参加も実らず、エイバルはベティスに0-2で敗戦。リーグ戦5試合未勝利となった。 2018.04.08 03:40 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース