乾2戦連続先発も逃げ切り失敗のエイバルがエスパニョールとの中位対決でドロー《リーガエスパニョーラ》2017.03.18 22:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第28節、エイバルvsエスパニョールが18日にイプルアで開催され、1-1のドローに終わった。なお、エイバルのMF乾貴士は先発出場し、81分までプレーした。

▽8位エイバルと9位エスパニョールによる中位対決。前節最下位オサスナ相手に痛恨ドローのエイバルは、リーグ戦3試合未勝利と悲願のヨーロッパリーグ出場権獲得に向けて正念場。ホームでの中位対決に向けては、乾が2試合連続スタメンを飾り、セルジ・エンリクとキケ・ガルシアが縦関係の2トップを組んだ。対するエスパニョールも前節ラス・パルマスとの打ち合いを制し、3試合ぶりの勝利を目指しており、今節で連勝を飾って勢いに乗れるかが重要なポイントとなった。

▽共に[4-4-2]のコンパクトな布陣を採用した両者は、立ち上がりから拮抗した攻防を続けていく。開始5分にはボックス内のセルジ・エンリクが反転シュートを放つが、勢いを欠いたシュートはGKディエゴ・ロペスに難なくセーブされた。

▽時間の経過と共に相手を押し込んだエイバルは、20分に先制点を奪う。右サイドのゴールライン際に抜け出したペドロ・レオンの高速クロスを、ニアに走り込んだキケが頭で流し込んだ。早い時間帯の先制点で勢いに乗るホームチームは、30分にもロングフィードに抜け出した乾がボックス左から際どい折り返しを入れるが、ここはGKに対応される。

▽一方、立ち上がりから守勢が続くエスパニョールだったが、30分過ぎに相手のミスからこの試合最初の決定機を作る。33分、最終ラインでボールコントロールを失敗したDFラミスからボールを奪ったカイセドがボックス内まで持ち込むが、ここはドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の同点機を逃した。

▽その後は再び拮抗した展開が続く中、よりゴールに迫ったのはエイバル。前半終了間際の44分にはセットプレーの流れからダニ・ガルシアに決定機も、ボックス手前で放った右足のシュートはゴール前でDFにブロックされ、追加点とはならなかった。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、アウェイのエスパニョールが後半最初の決定機をゴールに結び付ける。右サイドでドリブルで突っかけたカイセドのこぼれを拾ったジェラール・モレノが、すかさずファーでフリーのフラードに浮き球のパス。このパスを巧みな右足ボレーで叩きつけたフラードのシュートがゴール右隅に吸い込まれた。

▽試合をコントロールしながらも追いつかれたエイバルは、すぐさま反撃を開始。失点直後にはボックス内でキケに続けてシュートチャンスも、GKディエゴ・ロペスが立ちはだかる。さらに59分には巧みなドリブルでボックス内に侵入したセルジ・エンリクに絶好機も、ここは後方から必死に戻ったDFダビド・ロペスがシュートモーションに入った一瞬の隙を突き、スライディングでボールをクリア。勝ち越しゴールとはならなかった。

▽後半半ばから終盤にかけて攻め合う両者だが、互いにカウンターチャンスを逃がすなど、なかなか決定的なシュートシーンを作り出せない。この状況を打開した両ベンチは積極的に交代カードを切る。

▽ホームのエイバルは75分にキケを下げてルベン・ペーニャ、81分には乾を下げてベベを投入。対するエスパニョールは、ロカ、アルバロ・バスケスとアタッカーを投入した。84分にはボックス左でボールを持ったベベがニアを狙った強烈なシュートを放つが、これはGKに弾き出された。結局、試合はこのまま1-1でタイムアップ。エスパニョールとの中位対決をドローで終えたエイバルは、2試合連続の逃げ切り失敗で4戦未勝利と苦しい戦いが続く。

コメント

関連ニュース

thumb

メッシ4発でバルセロナが乾フル出場のエイバルに圧勝! 開幕5連勝を飾る《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節、バルセロナvsエイバルが19日に行われ、6-1でバルセロナが圧勝した。エイバルのMF乾貴士はフル出場している。 ▽3日前に行われたヘタフェ戦を柴崎のゴラッソを被弾しながらも2-1と逆転勝利して開幕4連勝としたバルセロナは、ヘタフェ戦のスタメンから6選手を変更。負傷したデンベレが欠場となった他、スアレスやラキティッチ、ジョルディ・アルバがベンチスタートとなって、デウロフェウとデニス・スアレスがメッシと共にトリデンテを形成した。 ▽一方、4日前に行われたレガネス戦を1-0と辛勝したエイバルは、2勝2敗のタイに戦績を戻した。そのエイバルは[4-2-3-1]の左MFで乾が開幕5試合連続スタメンとなった。 ▽3トップに右からデウロフェウ、メッシ、デニス・スアレスと並べる[4-3-3]で臨んだバルセロナに対し、序盤はエイバルが鋭いカウンターを見せる。まずは開始3分、ロングフィードに抜け出したセルジ・エンリクがボックス内に侵入。GKテア=シュテーゲンと一対一となったが、止められた。続く10分には乾がボックス左からGKを強襲するシュートを浴びせ、良い入りを見せた。 ▽しかし、20分にバルセロナがPKを獲得する。ボックス右に侵入したネウソン・セメドがガルベスに倒された。これをメッシが決めてバルセロナが先制した。 ▽続く26分のメッシのミドルシュートはGKの好守に阻まれたものの、38分に突き放す。左CKからパウリーニョのヘディングシュートが決まった。 ▽パウリーニョの2試合連続ゴールでリードを広げたバルセロナは迎えた後半、53分に3点目を奪う。メッシの強烈なシュートはGKに弾かれるも、ルーズボールをボックス左のデニス・スアレスが拾ってシュートを蹴り込んだ。 ▽3点を追うエイバルは57分、フンカの左クロスをセルジ・エンリクがボレーで合わせて1点を返したが、直後の59分に失点する。 ▽ブスケッツのパスをバイタルエリアで受けたメッシがドリブルで侵攻。ペナルティアーク左からゴール左隅へシュートを流し込んで4-1とした。そして、62分に乾がドリブルシュートでGKテア・=シュテーゲンを強襲したものの、直後のカウンターからメッシがハットトリックを達成する。パウリーニョとのパス交換からボックス右に侵入したメッシがゴールへ流し込んだ。 ▽結局、87分にA・ビダルのアシストからメッシが4ゴール目を決めたバルセロナが圧勝で開幕5連勝を飾っている。 2017.09.20 06:59 Wed
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第5節プレビュー】今季初のミッドウィーク開催! バルサvs乾エイバル開催!

▽先週末に行われた第4節では、MF柴崎岳のゴラッソを浴びヘタフェに苦戦を強いられたバルセロナだったが、MFパウリーニョの移籍後初ゴールで勝ち切り開幕4連勝を達成。一方、バルセロナと共に開幕3連勝のレアル・ソシエダは、レアル・マドリー相手に完敗して連勝がストップ。そのほかでは、ワンダ・メトロポリターノのこけら落としをFWグリーズマンのゴールで勝ち切ったアトレティコ・マドリー、3連勝のセビージャらが順当に勝ち点3を手にした。 ▽柴崎の圧巻の左足ボレーで今季初失点を喫するなど、苦手コリセウム・アルフォンソ・ペレスで苦戦したバルセロナだが、MFデニス・スアレスとパウリーニョの途中投入2選手の活躍で逆転勝利し、見事に開幕4連勝を飾った。そして、5連勝で首位固めを目指す今節は、昨季最終節で大苦戦を強いられたエイバルと再びカンプ・ノウで相まみえる。 ▽バルベルデ監督仕込みの素早いトランジション、的確な采配もあって開幕4連勝のバルセロナだが、今夏FWネイマールの後釜として獲得したMFデンベレがヘタフェ戦で左大腿部の腱断裂という重傷を負い、最大4カ月の長期離脱を強いられることになった。そのため、今後の過密日程の中ではFWデウロフェウやFWパコ・アルカセル、デニス・スアレスら代役の台頭が急務だ。攻守にハードワークを信条とするエイバルとのタフな一戦に向けては、ここまで1ゴールと[4-3-1-2]の新システム移行の割を食って存在感が希薄なFWスアレスの活躍に期待したい。トップ下に近い位置で自由を謳歌するメッシを引き続きサポートしつつ、よりフィニッシュの場面で力を発揮したい。 ▽対するエイバルは、前節のレガネス戦でMF乾貴士の1アシストの活躍もあって開幕節以来の白星を手にした。ここまでは持ち味の素早い攻守の切り替えを生かした堅守が機能している一方、一部主力の不在や今夏の選手入れ替えの影響で攻撃面は迫力不足となり、カンプ・ノウでの首位チーム相手の一戦ではまずは守備から試合に入りたい。攻撃に関しては手数をかけないカウンターが主体となる中、前回対戦で衝撃のゴラッソ2発を決めた乾の個人技に期待がかかる。その前回対戦での活躍によって激しいマークが予想される中、好調DFネウソン・セメド相手に違いを作れるか。 ▽主力不在の中、伏兵FWマジョラルの2ゴールに絡む活躍で難所アノエタ攻略に成功し3試合ぶりの白星を手にしたレアル・マドリーは、今季リーグ戦初勝利を目指すサンティアゴ・ベルナベウでベティスを迎え撃つ。今回の一戦に向けての注目は、スーペル・コパ1stレグでの出場停止処分で開幕4試合を欠場したFWクリスティアーノ・ロナウド。直近のチャンピオンズリーグ(CL)初戦のアポエル戦では2ゴールの活躍を見せており、自身のリーガ開幕戦となるこのベティス戦ではこれまでの鬱憤を晴らす大活躍でチームにリーグ戦ホーム初白星をもたらしたい。一方、前節のデポルティボ戦をFWホアキンの2ゴールで勝利したベティスでは、そのホアキン、MFグアルダードのベテランコンビに加え、前節途中出場でデビューを飾った超絶技巧の新10番MFブデブスのプレーに注目したい。 ▽前節、今季4戦目で初のホームゲームとなったアトレティコは、ワンダ・メトロポリターノでの初陣をエースのゴールでしぶとく勝ち切り、新ホームで幸先の良いスタートを切った。その勢いに乗って連勝を目指す今節は、前節今季初黒星を喫したビルバオとのタフなアウェイゲームに臨む。第2節のラス・パルマス戦で5ゴールを奪ったものの、直近の公式戦3試合で1ゴールと決定力不足に悩まされるアトレティコとしては、開幕4試合でわずか1失点の堅守を誇るビルバオ相手に、いかに決定機を決め切るかが勝ち点3奪取のカギを握る。 ▽また、前節ジローナ相手に試合終了間際の相手PK失敗によって辛くも勝ち点3を手にしたセビージャは、3連勝で2位に浮上。ベリッソ新監督の志向するアタッキングフットボールは鳴りを潜めるも、守護神セルヒオ・リコを中心とした守備陣がここまで1失点と接戦をモノにする原動力となっている。4連勝を目指す今節は、2連勝中のラス・パルマスとホームゲームを戦う。今回の一戦で注目を集めるのが、今夏の移籍市場で契約延長を結んだ直後にアトレティコに電撃移籍し、来年1月までレンタルという形でラス・パルマスに在籍しているMFビトロ。セビージャ側が訴訟の準備を進めるなど、遺恨を残したビトロのサンチェス・ピスファンでの初ゲームでは熱狂的なセビジスタからの“手厚い”歓迎は必至。そのプレッシャーの中でビトロは、好調FWレミらと共に恩返し弾を決めることができるか。 ▽そのほかの試合では、セルタvsヘタフェやレバンテvsレアル・ソシエダ、ビジャレアルvsエスパニョールの3試合に注目したい。前節、バルセロナ相手に善戦も敗れたヘタフェは、ゴラッソを決めた柴崎が1カ月半の負傷離脱となり、頼れる10番不在の中で難敵セルタとのアウェイゲームに挑む。レアル・マドリー相手に完敗し連勝がストップしたソシエダは、好調レバンテ相手にバウンスバックを狙う。また、開幕連敗も直近2試合で連勝を飾ったビジャレアルは、前節初勝利のエスパニョール相手に3連勝を目指す。さらに、開幕4連敗に加え、無得点と絶望的なスタートを切り、スベルディア監督の解任に踏み切ったアラベスは、FWボージャンやFWムニルら実力者の力でデポルティボ相手に今季初勝利を掴みたい。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第5節》 ▽9/19(火) 《27:00》 バレンシア vs マラガ 《29:00》 バルセロナ vs エイバル ▽9/20(水) 《27:00》 ビルバオ vs アトレティコ・マドリー レガネス vs ジローナ 《28:00》 デポルティボ vs アラベス 《29:00》 レアル・マドリー vs ベティス セビージャ vs ラス・パルマス ▽9/21(木) 《27:00》 ビジャレアル vs エスパニョール 《28:00》 セルタ vs ヘタフェ 《29:00》 レバンテ vs レアル・ソシエダ</div> 2017.09.19 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

乾の1アシストでエイバルが3試合ぶりの白星!《リーガエスパニョーラ》

▽エイバルは15日、リーガエスパニョーラ第4節でレガネスと対戦し、1-0で勝利した。日本代表MF乾は、フル出場した。 ▽前節セビージャに0-3の完敗を喫したエイバルは、その試合からスタメンを3人変更。エスカランテ、アレホ、ラミスに代えてベベ、ホルダン、ガルベスをスタメンに起用した。なお、MF乾は4試合連続でスタメンに名を連ねている。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、最初のシュートチャンスはレガネスに生まれる。24分、中盤からのカウンターを仕掛けると右サイドでボールを受けたオマールがカットインからシュート。しかし、これはGKドミトロビッチが難なくキャッチ。 ▽5バックを敷くレガネスに対し、思うようにサイド攻撃の決まらないエイバルは、ホルダンやダニ・ガルシアがミドルシュートでレガネスゴールに迫ったが、シュートは枠を捉えられない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、最初の決定機はエイバルに生まれる。8分、中盤でインターセプトしたガルベスがドリブルで持ち上がると、左サイドの乾へパス。ボックス左付近でボールを受けた乾は、一拍置いてクロスを供給。これをゴール前まで駆け上がったガルベスが頭でゴールに叩き込んだ。 ▽先制したエイバルは62分、自陣近くでボールを奪った乾がカウンター。ドリブルで中央を切り裂いた乾が相手ボックス手前まで持ち込みミドルシュート。しかし、これはわずかにゴール右上に外れた。 ▽その後も集中した守りを見せるエイバルはことごとくセカンドボールを収める。結局、追加点こそ奪えなかったが、攻め続けたエイバルがレガネスに反撃の隙を与えず。3試合ぶりの白星を飾った。 2017.09.16 06:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ガンソが2戦連発でセビージャが2連勝!! エイバル・乾は61分までプレー!!《リーガエスパニョーラ》

▽9日にリーガエスパニョーラ第3節のセビージャvsエイバルがサンチェス・ピスファンで行われ、3-0でセビージャが勝利した。エイバルの日本代表MF乾貴士は先発出場を果たし、61分までプレーしている。 ▽前節のヘタフェ戦で今シーズン初勝利を飾ったセビージャは[4-1-4-1]のフォーメーションを採用して2連勝を目指す。一方、前節のビルバオ戦に敗れたエイバルは[4-4-2]を採用し、乾は左サイドで起用された。 ▽立ち上がりからお互いに積極性を見せる入りとなる中、ゴール前までボールを運ぶ場面は作るも最後の崩しの精度を欠いて決定機までは持ち込めない。14分にはようやくセビージャが最初の決定機を作り出し、裏に抜け出したイェデルがシュートを放つ。しかしここはGKドミトロビッチが横っ飛びでボールをはじき出した。 ▽その後は停滞し、次のチャンスは32分に訪れる。セビージャは左サイドから仕掛けたノリートがそのままボックス左に侵入し、深い位置からシュートを狙う。しかしここもGKドミトロビッチが立ちはだかる。一方のエイバルは、右サイドのアレホを起点として攻撃を組み立てるが、フィニッシュまで持ち込めず。 ▽すると38分、セビージャは右サイドからグラウンダーのボールを入れると、ボックス内のイェデルが合わせる。しかしこのチャンスでシュートは枠を外してしまう。直後の39分にはエイバルにアクシデント。競り合いから着地の流れでアレホが左足を負傷。そのまま担架で運び出され、ペーニャとの交代を余儀なくされた。 ▽迎えた43分にはセビージャがカウンターから決定機。左サイドで裏を取ったノリートが巻いたシュートを狙ったが、ボールは曲がり切らずに枠外へ飛んでしまう。エイバルも46分、左サイドからカットインした乾が右足で狙うがゴールとはならず。前半はゴールレスで終えた。 ▽すると後半は最初のチャンスで試合が動く。左サイドを抜け出したノリートが左足のアウトサイドで入れたグラウンダーのボールを後方から走り込んだガンソが押し込んでセビージャが先制に成功した。勢いに乗るセビージャは50分、ボックス内に仕掛けたイェデルのマイナスの折り返しにエンゾンジが合わせたがここは枠を外す。 ▽なかなか攻めに転じられないエイバルは、61分に乾を下げてクリスティアン・リベラを投入する。しかし76分、高い位置でボールを奪ったセビージャは、左サイドのサラビアがダイレクトで入れたボールをイェデルが押し込み2点目を奪う。 ▽余裕の試合運びを見せるセビージャに対して、エイバルは攻めあぐねる。89分にはセットプレーからセルジ・エンリケが頭で合わせたが、ゴールマウス左にボールは流れた。すると47分にはノリートが移籍後初ゴールを奪い試合は終了。セビージャがエイバルに快勝し、2連勝を飾った。 2017.09.10 03:27 Sun
twitterfacebook
thumb

乾エイバル、スペイン人DFロンバンをフリーで獲得

▽エイバルは2日、グラナダを退団していたスペイン人DFダビド・ロンバン(30)を獲得したことを発表した。契約期間は1年間となっている。 ▽センターバックのロンバンは、バレンシアやバルセロナBでプレー後、エルチェを経て2015年夏にグラナダへ移籍。グラナダでは公式戦55試合に出場して1ゴールを記録していた。 ▽エイバルでは昨季の主力センターバックであったフランス人DFフローラン・ルジューヌがニューカッスルへ移籍していた。 2017.09.02 23:09 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース