乾2戦連続先発も逃げ切り失敗のエイバルがエスパニョールとの中位対決でドロー《リーガエスパニョーラ》2017.03.18 22:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第28節、エイバルvsエスパニョールが18日にイプルアで開催され、1-1のドローに終わった。なお、エイバルのMF乾貴士は先発出場し、81分までプレーした。

▽8位エイバルと9位エスパニョールによる中位対決。前節最下位オサスナ相手に痛恨ドローのエイバルは、リーグ戦3試合未勝利と悲願のヨーロッパリーグ出場権獲得に向けて正念場。ホームでの中位対決に向けては、乾が2試合連続スタメンを飾り、セルジ・エンリクとキケ・ガルシアが縦関係の2トップを組んだ。対するエスパニョールも前節ラス・パルマスとの打ち合いを制し、3試合ぶりの勝利を目指しており、今節で連勝を飾って勢いに乗れるかが重要なポイントとなった。

▽共に[4-4-2]のコンパクトな布陣を採用した両者は、立ち上がりから拮抗した攻防を続けていく。開始5分にはボックス内のセルジ・エンリクが反転シュートを放つが、勢いを欠いたシュートはGKディエゴ・ロペスに難なくセーブされた。

▽時間の経過と共に相手を押し込んだエイバルは、20分に先制点を奪う。右サイドのゴールライン際に抜け出したペドロ・レオンの高速クロスを、ニアに走り込んだキケが頭で流し込んだ。早い時間帯の先制点で勢いに乗るホームチームは、30分にもロングフィードに抜け出した乾がボックス左から際どい折り返しを入れるが、ここはGKに対応される。

▽一方、立ち上がりから守勢が続くエスパニョールだったが、30分過ぎに相手のミスからこの試合最初の決定機を作る。33分、最終ラインでボールコントロールを失敗したDFラミスからボールを奪ったカイセドがボックス内まで持ち込むが、ここはドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の同点機を逃した。

▽その後は再び拮抗した展開が続く中、よりゴールに迫ったのはエイバル。前半終了間際の44分にはセットプレーの流れからダニ・ガルシアに決定機も、ボックス手前で放った右足のシュートはゴール前でDFにブロックされ、追加点とはならなかった。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、アウェイのエスパニョールが後半最初の決定機をゴールに結び付ける。右サイドでドリブルで突っかけたカイセドのこぼれを拾ったジェラール・モレノが、すかさずファーでフリーのフラードに浮き球のパス。このパスを巧みな右足ボレーで叩きつけたフラードのシュートがゴール右隅に吸い込まれた。

▽試合をコントロールしながらも追いつかれたエイバルは、すぐさま反撃を開始。失点直後にはボックス内でキケに続けてシュートチャンスも、GKディエゴ・ロペスが立ちはだかる。さらに59分には巧みなドリブルでボックス内に侵入したセルジ・エンリクに絶好機も、ここは後方から必死に戻ったDFダビド・ロペスがシュートモーションに入った一瞬の隙を突き、スライディングでボールをクリア。勝ち越しゴールとはならなかった。

▽後半半ばから終盤にかけて攻め合う両者だが、互いにカウンターチャンスを逃がすなど、なかなか決定的なシュートシーンを作り出せない。この状況を打開した両ベンチは積極的に交代カードを切る。

▽ホームのエイバルは75分にキケを下げてルベン・ペーニャ、81分には乾を下げてベベを投入。対するエスパニョールは、ロカ、アルバロ・バスケスとアタッカーを投入した。84分にはボックス左でボールを持ったベベがニアを狙った強烈なシュートを放つが、これはGKに弾き出された。結局、試合はこのまま1-1でタイムアップ。エスパニョールとの中位対決をドローで終えたエイバルは、2試合連続の逃げ切り失敗で4戦未勝利と苦しい戦いが続く。

コメント

関連ニュース

thumb

乾が所属するエイバル、指揮官との契約を更新へ

▽日本代表MF乾貴士が所属するエイバルが、指揮官であるホセ・ルイス・メンディリバル監督(56歳)との契約を更新する準備を進めているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽昨シーズンから2度目となるエイバルの指揮官に就任したメンディリバル監督は、今シーズン限りで契約が満了を迎える。同監督は昨季を14位で終えてチームを1部に残留させ、今季もここまで8位につけている。クラブ側は指揮官の手腕を評価しているようで、今回のインターナショナルウィーク中に契約更新についての会談が行われたようだ。 ▽クラブから正式な発表はないものの、『マルカ』によれば2017-18シーズンもメンディリバル監督が指揮を執ることで合意しているという。なお、乾はメンディリバル監督の下、昨季はリーグ戦27試合に出場。今季も20試合でプレーするなど指揮官の信頼を勝ち取っている。 2017.03.27 08:43 Mon
twitterfacebook
thumb

乾貴士、エイバル監督から高い評価を得ながら...「得点するより股抜きする方が簡単みたい」

エイバルを率いるホセ・ルイス・メンディリバル監督が、MF乾貴士への評価を口にした。<br><br>乾は18日のリーガエスパニョーラ第28節で先発出場。チームはホームでエスパニョール相手に1-1と引き分けていた。<br><br>今季ここまで20試合に出場している乾だが、いまだノーゴールが続いている。メンディリバル監督は、エスパニョール戦後の公式会見でそのことに言及した。<br><br>「シュートを打つ時に、目でもつぶらされているようだ。彼にとっては、ゴールから7メートルの場所でゴールマウスを見るより、股抜きする方が簡単みたいだね」<br><br>しかし、無得点を続ける乾をメンディリバル監督はしっかりと評価している。<br><br>「彼はチームのために良いプレーをしてくれているし、対戦相手を苦しめている。彼の良い部分は、チームメートとうまくコンビネーションをしてくれるところ。それと、いつも良いポジションを取っていることだ。試合中には、守備に戻るのに苦労している場面もあるけれどね。でも我々は彼の仕事ぶりに満足しているよ」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.21 23:09 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、エイバルで乾同僚のフランス人DFルジューヌ獲得に関心か

▽アーセナルが、エイバルに所属するフランス人DFフロリアン・ルジューヌ(25)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽『マルカ』が伝えるところによれば、本職は守備的MFながらエイバルの絶対的センターバックのレギュラーとして活躍するルジューヌに対して、アーセナルは1000万ユーロ(約12億2000万円)に設定されている契約解除金を支払うことで、今夏の獲得を目指しているという。 ▽10代の頃に“ローラン・ブランの後継者”と評されて多くのビッグクラブの関心を集めたルジューヌは、2011年にビジャレアルに加入。同年11月にはトップチームデビューを飾るも、思うように出場機会を得ることができず。 ▽その後、2014年に2部のジローナで印象的な活躍を披露したルジューヌは、2015年夏にマンチェスター・シティ移籍を勝ち取るも、2015-16シーズンはジローナに1年間のレンタルという形で残留。同シーズンはリーグ戦38試合に出場し、3ゴールを記録した。そして、2016年夏にシティからエイバルに完全移籍で加入していた。 ▽なお、イギリス『squawka.com』のデータによると、190cmの長身を誇るルジューヌは、1試合平均の空中戦勝率が76.53パーセントを記録。リーガエスパニョーラ屈指のエアバトラーは、元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーの今季限りの退団が噂されるアーセナルにとって、貴重な守備的オプションとなるはずだ。また、本職が中盤の選手ということもあり、ビルドアップの場面での貢献も期待される。 2017.03.16 03:26 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン紙、オサスナ戦の乾貴士に最高評価...「すべてを尽くしてチャレンジした」

スペイン『マルカ』が、13日に行われた試合でエイバルMF乾貴士にチーム最高評価を与えている。<br><br>エイバルはリーガエスパニョーラ第27節、敵地に乗り込みオサスナと対戦して1-1と引き分けた。乾はこの試合で先発出場し、三度決定機に顔を出すなど存在感を見せていた。<br><br>『マルカ』は、エイバルのベストプレーヤーに乾を選出。チーム最高点タイとなる評価点2(最高点は3)を付け、以下のように寸評を記載した。<br><br>「イヌイはできる限りのチャレンジをした。すべてを尽くしてゴールを目指した。だが彼の前に(相手GKサルヴァトーレ・)シリグが立ちはだかった」<br><br>乾はオサスナ戦で24分と28分に枠を捉える鋭いミドルシュートを放ったが、いずれもGKシリグの好セーブに遭った。また51分にはペナルティーエリア内でハーフボレーを叩いてついにイタリア人守護神を破ったかに見えたが、カバーに入ったDFオイエル・サンフルホにクリアされて今季初得点はお預けとなっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.14 20:39 Tue
twitterfacebook
thumb

乾が2試合ぶりの先発もエイバルが最下位オサスナに痛恨のドロー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第27節のオサスナvsエイバルが13日に行われ、1-1の引き分けに終わった。エイバルのMF乾貴士は64分までプレーした。 ▽前節のレアル・マドリー戦で完敗した8位エイバル(勝ち点39)が、最下位オサスナ(勝ち点10)の本拠地レイノ・デ・ナバーラに乗り込んだ一戦。ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得へ格下相手にポイントロスが許されないエイバルは、マドリー戦からスタメンを3人変更。ペーニャやルナ、マウロ・ドス・サントスに代えて2試合ぶりの先発となる乾とアルビージャ、ルジューヌを起用した。 ▽乾を左MFに配置した[4-2-3-1]の布陣で試合に臨んだエイバルは7分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、左サイドを持ち上がった乾がカットインからミドルシュート。これはゴール左を捉えたが、GKシリグのセーブに防がれた。 ▽一進一退の展開となる中、エイバルは乾が立て続けにオサスナゴールを脅かす。24分、アドリアン・ゴンサレスのパスをバイタルエリア左で受けた乾がカットインから狙うと、鋭いシュートが左隅を捉えるも、GKシリグに再び阻まれる。さらに29分にも、ボックス左手前まで持ち上がった乾が強烈なミドルシュートでゴールを狙ったが、三度GKシリグの好守に遭う。 ▽押し込みながらもゴールレスで試合を折り返したエイバルは、後半立ち上がりにピンチを招く。51分、相手CKのセカンドボールを奪ったオサスナがロングカウンターを仕掛けると、ハイメ・ロメロのスルーパスで右サイドを抜け出したセルヒオ・レオンがボックス内まで持ち上がりシュート。しかし、これはGKジョエル・ロドリゲスが正面でセーブした。 ▽こう着状態が続く中、両チームがほぼ同時に最初の選手交代を行う。オサスナは63分、カウシッチを下げてメリダを投入。対するエイバルは、64分に乾に代えてペーニャを投入。さらに72分、アドリアン・ゴンサレスを下げてキケをピッチに送り出した。 ▽すると、直後のプレーでエイバルが均衡を破る。ペドロ・レオンとのワンツーで右サイドをオーバーラップしたカパがボックス右から侵入すると、ラインギリギリまで持ち上がりマイナスの折り返しを供給。これを中央のキケがダイレクトでゴールに流し込んだ。 ▽待望の先制弾でリードしたエイバルだったが、すぐにオサスナの反撃に遭う。79分、相手ボックス付近でこぼれ球を拾ったメリダがボックス右に侵入するとヒールパスで繋ぐ。これを受けたハイメ・ロメロが相手GKとDFの間にうまくクロスを供給すると、ゴール左から走り込んだコドロが右足でゴールネットを揺らした。さらに82分にも、R・トーレスの右FKからファーサイドのロエが頭でゴールを脅かしたが、これはGKジョエル・ロドリゲスの好守に阻まれた。 ▽同点に追いついたオサスナは終盤にかけても攻勢に出たが、逆転ゴールを奪うには至らず1-1でタイムアップ。最下位相手に痛恨のドローを喫したエイバルは、EL圏内の6位ソシエダとの勝ち点差を縮めることができなかった。 2017.03.14 06:40 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース