モドリッチやラキティッチが招集、クロアチア代表メンバー発表《ロシアW杯欧州予選》2017.03.18 02:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クロアチアサッカー協会は17日、24日にホームで行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のウクライナ代表戦と、28日にアウェイで行われる国際親善試合のエストニア代表戦に臨むクロアチア代表メンバー23名を発表した。

▽今回の招集メンバーでは、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)やMFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、FWマリオ・マンジュキッチ(ユベントス)にMFイバン・ペリシッチ(インテル)といった主力が順当に選出され、ユベントスで出場機会を増やしているFWマルコ・ピアツァが復帰を果たしている。

▽クロアチア代表は欧州予選グループIに属し、3勝1分けの首位に立つ。今回発表されたクロアチア代表メンバー23名は以下のとおり。

◆クロアチア代表メンバー23名
GK
ダニエル・スバシッチ(モナコ/スペイン)
ロヴレ・カリニッチ(ヘント/ベルギー)
ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ)

DF
ベドラン・チョルルカ(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)
シメ・ヴルサリコ(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ティン・イェドバイ(レバークーゼン/ドイツ)
ドマジョフ・ヴィダ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
マチェイ・ミトロビッチ(ベシクタシュ/トルコ)
マルコ・レスコビッチ(ディナモ・ザグレブ)
ヨシプ・ピバリッチ(ディナモ・ザグレブ)

MF
イバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン)
マテオ・コバチッチ(レアル・マドリー/スペイン)
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア)
イバン・ペリシッチ(インテル/イタリア)
マルコ・ログ(ナポリ/イタリア)
ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア)
フィリップ・ブラダリッチ(リエカ)

FW
マリオ・マンジュキッチ(ユベントス/イタリア)
マルコ・ピアツァ(ユベントス/イタリア)
ニコラ・カリニッチ(フィオレンティーナ/イタリア)
アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
ドゥイエ・チョップ(スポルティング・ヒホン/スペイン)

コメント

関連ニュース

thumb

トルコが中1日の首位クロアチア撃破! アイスランドが上位対決制す! グループIは大混戦に《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループI第8節の3試合が5日に行われた。 ▽前節終了時点で首位に立つクロアチア代表(勝ち点16)は、4位トルコ代表(勝ち点11)とのアウェイゲームに臨み、0-1で敗戦した。 ▽悪天候による影響で3日に順延となったコソボ戦を1-0で辛勝したクロアチアは、中1日という過密日程の中で本大会出場に後がない難敵トルコとの一戦に臨んだ。コソボ戦からのメンバー変更は2点。ラキティッチとマンジュキッチに代わってバデリ、カリニッチを起用した。 ▽開始直後にカリニッチ、コバチッチといきなり相手ゴールを脅かすなど、過密日程の影響を感じさせないクロアチアが試合の主導権を握ったものの、時間の経過とともにホームアドバンテージを活かしたトルコが盛り返し、試合はゴールレスのまま後半に突入する。 ▽後半も拮抗した展開が続く中、57分にはクロアチアに絶好の先制機。ボックス左でモドリッチから丁寧なラストパスを受けたパリシッチがフリーで右足のシュートを放つが、これはうまく巻き切れず、わずかに枠の右へ外れた。 ▽その後は一進一退の攻防が続く中、クロアチアに痛恨のミスが出てしまう。75分、オズヤクプの何でもないミドルシュートをGKスバシッチが弾き切れず、ゴール前にこぼれると、これをトスンが冷静に流し込み、ホームチームに先制点が生まれる。この失点でビハインドを背負ったクロアチアは、すでに投入していたマンジュキッチに続いてストライカーのチョップをピッチに送り込むが、中1日の過密日程を強いられたチームに反撃の力は残されておらず。崖っぷちのトルコに可能性を与える痛恨の敗戦となった。 ▽また、同日行われた3位のアイスランド代表(勝ち点13)と、2位のウクライナ代表(勝ち点14)の上位対決は、ホームのアイスランドが2-0で勝利した。 ▽立ち上がりから意地と意地とがぶつかり合う拮抗した展開が続いた中、後半立ち上がりの47分に試合が動く。アイスランドの左サイドからのクロスに対して、FWとGKが交錯。ここで主審がプレーを切らず、こぼれ球をシグルドソンが押し込んだ。 ▽やや幸運な判定ながら先制に成功したアイスランドは66分、右サイドからのクロスをゴール前のボドバルソンが丁寧に落とすと、これを再びシグルドソンが蹴り込み、試合を決定付ける追加点を奪取。その後、持ち味の堅守でウクライナの攻撃を抑え込んだアイスランドが2-0で勝利。この結果、グループIは首位クロアチアから4位トルコまで勝ち点2差でひしめく大混戦となった。 ◆ロシアW杯欧州予選グループI第8節結果 ▽9/5(火) トルコ 1-0 クロアチア アイスランド 2-0 ウクライナ コソボ 0-1 フィンランド 2017.09.06 07:22 Wed
twitterfacebook
thumb

FIFAへの怒りを隠さないモドリッチ、試合延期で「軍隊式で起床しなければならなかった」

▽2日に行われたロシアW杯欧州予選第7節のクロアチア代表とコソボ代表の試合が翌日に延期されたことに関して、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが国際サッカー連盟(FIFA)に対する不満を爆発させた。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽2日に開催されたクロアチアとコソボの試合は、22分頃まで行われたものの、雨の影響で中断。翌3日に延期されることとなった。22分から再開されたその試合は、クロアチア代表DFドマゴイ・ヴィダが74分に決勝点を上げ、1-0でクロアチアが勝利。グループIでの首位の座を守り通すことに成功した。 ▽順当に勝ち点を積み重ねる結果となったクロアチアだったが、主将を務めているモドリッチは、運営を行っているFIFAに対して批判的なコメントを発した。 「試合中もあの出来事の影響を感じたよ。僕たちは土曜日(2日)の夜、試合を続行しないことを告げられた。平常時よりも2、3時間遅くベッドに入ることになったんだ」 「今日プレーすることになったせいで、今朝の僕たちは軍隊式で起床しなければならなかった。これは、このような重要な試合であっても(FIFAによる)適切な準備が行われていなかったということだ。FIFAは再び、試合が消化されさえすればプレーヤーに気を遣わないということを晒した」 ▽さらにモドリッチは、延期された試合でもピッチの状態が悪く、怪我のリスクが高かったことを指摘。延期日時の設定がFIFAの都合に寄っていた、との見解を示した。 「このピッチでのプレーは危険だったけど、彼ら(FIFA)はプレーヤーの負傷に関して注意を払っていないからね」 「重要視されていたことは、僕たちがトルコとの試合を(5日に)行うべきだということ。そして、彼らはその試合を水曜日(6日)に回したくなかったんだ」 2017.09.04 14:16 Mon
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表メンバーが発表!モドリッチやラキティッチらを順当に招集《ロシアW杯欧州予選》

▽クロアチアサッカー協会(HNS)は14日、9月に行われる2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選2試合に臨む、クロアチア代表メンバー23名を発表した。 ▽クロアチアは欧州予選グループIで首位に立っているものの、残り4試合を残してアイスランド代表と勝ち点13で並んでいる。また、トルコ代表とウクライナ代表も勝ち点11を積み上げており、ワールドカップ出場権の獲得に4カ国が競合中だ。 ▽落とせない試合に向けて、クロアチア代表のアンテ・チャチッチ監督はMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)やMFマテオ・コバチッチ(レアル・マドリー)、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)にFWマリオ・マンジュキッチ(ユベントス) など順当に主力を招集した。 ▽クロアチアは、9月2日に最下位のコソボ代表とホームで対戦。同月5日にはアウェイでトルコ代表との試合を行う。 <span style="font-weight:700;">◆クロアチア代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ダニエル・スバシッチ</span>(モナコ/フランス) <span style="font-weight:700;">ロヴレ・カリニッチ</span>(ヘント/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ドミニク・リヴァコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ボルナ・バリシッチ</span>(オシエク) <span style="font-weight:700;">ゾラン・ニジッチ</span>(ハイドゥク・スプリト) <span style="font-weight:700;">ヨシプ・ピバリッチ</span>(ディナモ・キエフ/ウクライナ) <span style="font-weight:700;">ドマゴイ・ヴィダ</span>(ディナモ・キエフ/ウクライナ) <span style="font-weight:700;">マテイ・ミトロビッチ</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">デヤン・ロブレン</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">シメ・ヴルサリコ</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">フィリップ・ブラダリッチ</span>(リエカ) <span style="font-weight:700;"> マリオ・パシャリッチ</span>(スパルタク・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">マルコ・ログ</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ・ブロゾビッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">イバン・ペリシッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラン・バデリ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">マテオ・コバチッチ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">マリオ・マンジュキッチ</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">ニコラ・カリニッチ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ドゥイエ・チョップ</span>(カリアリ/イタリア) <span style="font-weight:700;"> アンドレイ・クラマリッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) 2017.08.15 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

アイスランドが試合終了間際の劇的弾で低調クロアチアに初勝利! グループIは混戦模様に《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループI第6節、アイスランド代表vsクロアチア代表が11日に行われ、ホームのアイスランドが1-0で勝利した。 ▽2位アイスランド(勝ち点10)と、首位クロアチア(勝ち点13)による首位攻防戦。逆転での首位浮上を目指すアイスランドは、ギルフィ・シグルドソンやGKハルドルソン、ビルキル・ビャルナソンなど、大躍進を果たしたユーロ2016の主力選手がスタメンに入った。一方、首位キープを目指すクロアチアは、守護神のスバシッチなど守備陣に欠場者が出たものの、モドリッチやマンジュキッチ、コバチッチとCL決勝を戦った主力が先発で起用された。 ▽地力で勝るクロアチアが押し込む入りが予想された中、ホームのアイスランドが積極的な入りを見せる。球際の強さと連動したプレスでカウンターを狙うアイスランドは、ビャルナソンやG・シグルドソンを起点にゴールを目指すが、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。 ▽一方、やや慎重な入りとなったクロアチアだが、時間の経過と共にモドリッチを起点にボールを動かしながらペリシッチやマンジュキッチがシュートチャンスを窺う。30分には味方とのパス交換からボックス中央のモドリッチが右足でシュートを放つが、これは枠の左に外れる。 ▽前半終盤にかけてもアイスランドペースで試合が進む中、35分にはボックス手前左で得たFKを名手G・シグルドソンが直接狙うが、これはわずかに枠を捉え切れず。それでも、相手の強力な攻撃陣に決定機を作らせなかったホームチームが、きっちりゲームプランを遂行した前半45分間となった。 ▽ゴールレスで迎えた後半もセットプレー、カウンターと2つの武器を効果的に生かすアイスランドがペースを掴む。55分にはボックス手前で仕掛けたビャルナソンが右足のミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の左へ外れる。 ▽ここまで枠内シュート0と攻撃が機能しないクロアチアは60分、カリニッチを下げてブロゾビッチを投入。この交代でマンジュキッチが1トップに上がった。すると66分にはボックス手前でブロゾビッチが低い弾道のミドルシュートでゴールに迫るが、ここはGKハルドルソンの好守に遭い、最初の枠内シュートで先制点とはならず。 ▽この交代で流れを引き戻すかに思われたクロアチアだが、その後も低調なパフォーマンスに終始。相手の決定機を何とか凌ぎゴールレスの状態をキープする。しかし、試合終了間際の90分に左サイドでCKを与えると、G・シグルドソンの絶妙なボールをゴール前のマグヌソンに泥臭く肩で流し込まれ、土壇場で先制点を許した。 ▽結局、試合はこのままアイスランドの1-0でタイムアップ。クロアチア相手に初勝利を挙げたアイスランドが勝ち点を13に伸ばし、首位クロアチアに並んだ。 ▽同日行われた3位ウクライナ代表(勝ち点8)と、5位フィンランド代表(勝ち点1)の一戦は、アウェイのウクライナが2-1で勝利した。コノプリャンカのゴールで後半立ち上がりに先制したウクライナは、一度は相手に追いつかれるが、75分にベセディンのゴールで勝ち越し、勝ち点を11に伸ばした。 ▽また、4位トルコ代表(勝ち点8)と、最下位コソボ(勝ち点1)の試合は、アウェイのトルコが4-1で快勝した。この結果、グループIは首位クロアチアから4位ウクライナまで勝ち点2差でひしめく混戦模様となってきた。 2017.06.12 06:07 Mon
twitterfacebook
thumb

コンフェデ出場のメキシコ、チチャリート弾で一矢報いるも主力不在のクロアチアに敗戦《国際親善試合》

▽27日に国際親善試合のメキシコvsクロアチアが行われ、2-1でクロアチアが勝利している。 ▽来月17日に開幕を迎えるコンフェデレーションズカップ2017に北中米カリブ海王者として臨むメキシコがクロアチアとのテストマッチに臨んだ。そのメキシコはエルナンデスやジョバンニ・ドス・サントスらがベンチスタートとなった。 ▽一方のクロアチアは、モドリッチとコバチッチがレアル・マドリーでのチャンピオンズリーグ決勝が控えており、まだ代表チームに合流していない。さらにラキティッチも同日にバルセロナでコパ・デル・レイ決勝を戦っており、今回の親善試合は欠場となった。 ▽試合は立ち上がりから両チームのゴール前で攻防が繰り広げられるオープンな展開となった。クロアチアはポゼッションを握りながらもサイドを使って侵攻。メキシコはボールを奪ってからの素早い切り替えからカウンターでゴールに迫る。 ▽7分にはクロアチアがチャンスを作るが、ヴラシッチがボックス右から放ったシュートは枠を捉えきれず。メキシコも12分にボックス内でチャンスを作ったが、H・エレーラのクロスから放ったぺラル他のシュートは決めきれず。さらに22分にはメキシコがセットプレーからフリーとなったフィリポビッチのシュートも枠を外すなど、お互いにチャンスを決めきれない。 ▽迎えた36分、クロアチアは右サイドのスローインから、ボックス内に出されたルーズボールにトゥドルが反応。ボックス右の深い位置から折り返したボールをチョップが押し込んで先制点を奪う。さらに37分には前線からプレスを仕掛けていくと、バックパスをチョップが奪い、Gkオチョアをかわして無人のゴールに流し込み、クロアチアが一気に2点を奪った。 ▽迎えた後半、2点を追いかけるメキシコがハーフタイムで3選手を交代。グアルダードやジョバンニ・ドス・サントスらがピッチに立った。すると54分、そのジョバンニ・ドス・サントスが入れたループパスにロサーノが反応。ボックス内でGKをかわすが、戻ってきたディフェンダーに対応されてシュートは打てなかった。 ▽さらに65分にはゴール前の混戦から再びロサーノが押し込みにかかるが、GKロヴレ・カリニッチが水際でかき出してゴールとはならず。するとメキシコは66分にペラルタを下げてエルナンデスを投入する。一方、押し込まれるクロアチアは77分にアクシデント。シュコリッチが2枚目のイエローカードを受けて退場となってしまった。 ▽数的優位となったことで、相手陣内で試合を進めるメキシコだが前半から続くように決定機を作りながらも決めきれない。しかし86分、右サイドの深い位置で得たFKから、ファーサイドに流れたボールをエルナンデスが頭で押し込み、メキシコがついに1点を返す。 ▽勢いに乗るメキシコは87分、右サイドからのクロスにゴール前にフリーで走り込んだモレーノが頭で合わせる。しかしこのシュートはGKの正面を突いてしまい同点とはならず。その後も猛攻を見せたメキシコだが、クロアチアも最後の1点は許さずに試合は終了。コンフェデレーションズカップに出場するメキシコにとっては課題の残る敗戦となった。 2017.05.28 11:09 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース