EL準々決勝対戦カードが決定!! 優勝候補のユナイテッドはアンデルレヒトと対戦!!《EL》2017.03.17 21:14 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝の対戦カード抽選会が、17日にスイスのニヨンで行われた。▽ラウンド16でロストフに勝利し、今大会の優勝候補筆頭に挙げられるマンチェスター・ユナイテッドは、アンデルレヒトと激突。日本代表DF内田篤人が所属するシャルケはボルシアMGとの同国対決を制し、準々決勝ではアヤックスとの対戦が決定した。

▽準々決勝1stレグは4月13日(木)に開催され、2ndレグは20日(木)に行われる。今回決定した対戦カードは以下の通り。

◆準々決勝対戦カード※左側が1stレグをホームで戦う
アンデルレヒト(ベルギー)vsマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
セルタ(スペイン)vsヘンク(ベルギー)
アヤックス(オランダ)vsシャルケ(ドイツ)
リヨン(フランス)vsベシクタシュ(トルコ)
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、モウリーニョ退任を公式発表!

▽マンチェスター・ユナイテッドは18日、ジョゼ・モウリーニョ監督(55)の退任を発表した。 ▽モウリーニョ監督は、2016-17シーズンからユナイテッドを指揮。すると、初年度にヨーロッパリーグ(EL)、リーグカップのタイトルを獲得したが、昨シーズンを終えた。今シーズンも、プレミアリーグ第17節終了時点で7勝5分け5敗の6位。ラストマッチとなった16日の第17節リバプール戦では1-3の完敗を喫し、「解任間近」との報が各紙より噴出していた。 ▽クラブは、別れを告げることとなったモウリーニョ監督に対して、「ジョゼ(・モウリーニョ)のした仕事に感謝し、今後の成功を祈ります」と感謝を伝えている。 ▽なお、後任に関しては、一先ず今シーズン終了までを率いる指揮官を任命し、その後にフルタイムで指揮を執る新監督を「徹底的なプロセスで探す」とした。 2018.12.18 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベがポグバ復帰画策 今冬レンタルか

▽ユベントスがマンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)のレンタルを画策しているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ポグバは2016年夏、当時の史上最高額となる移籍金1億500万ユーロ(約135億5000万円)でオールド・トラフォードに帰還したが、ユベントス時代のような輝きがないとして、度々批判の矢面に。最近は軋轢が取り沙汰されるジョゼ・モウリーニョ監督の下で先発機会も減らしており、移籍の噂があとを絶えない。 ▽そうした中、ポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏は17日にユベントスの上層部と会談。顧客であるイタリア代表FWモイーズ・キーン(18)の契約延長が主な議題だったが、同じくクライアントのアヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のほか、渦中のポグバについても話し合ったという。 ▽そのユベントスは、今冬の移籍市場でポグバを連れ戻すとなれば、現時点で買取オプション付きのレンタルか、買取義務のレンタルを検討している模様だ。 2018.12.18 14:40 Tue
twitterfacebook
thumb

溜息が出る走力…モウリーニョがロバートソンを称賛! 「毎分100Mスプリント」

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、リバプールに所属するスコットランド代表DFアンディ・ロバートソンを称賛している。イギリス『メトロ』が伝えた。 ▽リバプールは16日、プレミアリーグ第17節でユナイテッドをアンフィールドに迎え、3-1で勝利。前半中にマネが先制点を奪取し、その後追いつかれたものの途中出場のシャキリが2ゴールを奪い、無敗&首位をキープした。 ▽ユルゲン・クロップ監督も「就任して以降、ベストパフォーマンスの1つだった」と称賛した試合の後、モウリーニョ監督はロバートソンを名指しで称えている。 「彼らはボールがあろうとなかろうと時速200マイルでプレーするんだ」 「(アンディ・)ロバートソンだけを見ることにまだ疲れている。彼は毎分100メートルのスプリントを記録する。絶対的に信じられないもので、それらが彼らのクオリティだ」 ▽また、ロバートソンは、モウリーニョ監督の称賛に対して、以下のように落ち着いた反応を見せている。 「それは僕の試合の一部であって、内包していることなんだ」 「僕は(試合)終了までやり続けるよ」 2018.12.18 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、オプション行使でマルシャルと2020年まで契約延長へ

▽マンチェスター・ユナイテッドがフランス代表FWアントニー・マルシャル(23)と2020年まで契約を延長するようだ。『ESPN』やイギリス『BBC』が報じている。 ▽2015年夏にモナコから加入したマルシャルは、1年間の契約延長オプションを除いて今季限りでユナイテッドとの契約が切れる。そのマルシャルは今季ここまでプレミアリーグ13試合に出場して7ゴール、チャンピオンズリーグ5試合に出場して1ゴールを決め、ユナイテッドの得点源となっている。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督との確執が噂され、長期契約の締結を拒んでいるとされるマルシャルにはインテルが獲得の興味を示していると報じられたが、スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)同様、取り敢えず1年間の延長オプションで合意したとのことだ。 2018.12.18 04:10 Tue
twitterfacebook
thumb

元主将キーン氏が古巣の現状に憤り「始めて見た人は“平均的なチーム”としか思わないだろう」

マンチェスター・ユナイテッド元主将のロイ・キーン氏は、リバプールに敗れた古巣へ苦言を呈した。<br><br>16日に行われたプレミアリーグ第17節で、マンチェスター・Uはリバプールと対戦。ジェシー・リンガードのゴールで前半のうちに同点に追いついたマンチェスター・Uだが、後半に2ゴールを許して1-3でライバルの前に屈した。<br><br>イギリス『スカイスポーツ』の番組内でこの試合について語ったキーン氏は、古巣の不甲斐なさへの不満を口にし、首位を走るリバプールとの差を埋めるためには移籍市場で積極的に動く以外の方法はないと語った。<br><br>「ユナイテッドは試合に入ることもできていなかった。ポゼッション、ゴール、シュート、コーナー&hellip;&hellip;、リバプールがどれも上回っていた。試合前からこのことを心配していたが、今夜のユナイテッドを見て、さらに心配は大きくなった」<br><br>「今日マンチェスター・ユナイテッドとしてプレーした多くの選手は、マンチェスター・ユナイテッドにとって十分とは言えない。彼らは良い選手たちだと思うが、マンチェスター・ユナイテッドの選手としてではない」<br><br>さらに、17試合で早くも昨シーズンの失点数を上回った守備陣に対しても言及している。<br><br>「今日出た選手たちはベストを尽くしたと思う。ただ乏しかっただけだ。クラブは既に何人かのディフェンダーに資金を投じたが、十分に良いとは言えない。だから移籍市場でもっと獲得する必要がある。君たちはマンチェスター・ユナイテッドだ。ビッグクラブなんだ」<br><br>「守備面はチームの基盤にならなくてはならない。毎回クリーンシートを目指す必要がある。リバプールが最後の10分や15分で良いプレーを見せていれば、4点や5点を奪われていた可能性はある」<br><br>また、キーン氏はジョゼ・モウリーニョ監督が「トップ4のチャンスが残っている」と話したことについても触れ、目標達成には補強が必要と再度進言している。<br><br>「今日見たことが現実だ。目は嘘をつかない。現状ではトップ4が彼らのベストだ」<br><br>「仮にマンチェスター・ユナイテッドのことを知らない人間が今日の試合を見たら彼らのことを&ldquo;プレミアリーグの平均的なチーム&rdquo;と感じるだろう。しかし、歴史やタイトルを見れば&hellip;&hellip;何人かの選手たちはマンチェスター・ユナイテッドにとって十分ではない。クラブは再度投資をしなければならない。次の夏のために4位を目指す必要がある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.17 18:43 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース