EL準々決勝対戦カードが決定!! 優勝候補のユナイテッドはアンデルレヒトと対戦!!《EL》2017.03.17 21:14 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝の対戦カード抽選会が、17日にスイスのニヨンで行われた。▽ラウンド16でロストフに勝利し、今大会の優勝候補筆頭に挙げられるマンチェスター・ユナイテッドは、アンデルレヒトと激突。日本代表DF内田篤人が所属するシャルケはボルシアMGとの同国対決を制し、準々決勝ではアヤックスとの対戦が決定した。

▽準々決勝1stレグは4月13日(木)に開催され、2ndレグは20日(木)に行われる。今回決定した対戦カードは以下の通り。

◆準々決勝対戦カード※左側が1stレグをホームで戦う
アンデルレヒト(ベルギー)vsマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
セルタ(スペイン)vsヘンク(ベルギー)
アヤックス(オランダ)vsシャルケ(ドイツ)
リヨン(フランス)vsベシクタシュ(トルコ)
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッドに今夏クロース獲得の可能性!

マンチェスター・ユナイテッドが、今夏の移籍市場でレアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロース(29)を獲得する可能性があるようだ。イギリス『サン』が報じた。 2014年夏にバイエルンからマドリーに移籍したクロース。現在ではマドリーでも重要な選手の1人となっており、“メトロノーム”とも称される正確無比なプレーでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇にも大きく貢献した。 しかし、今シーズンのマドリーは既にCL、コパ・デル・レイを敗退しており、リーガエスパニョーラでも首位バルセロナと勝ち点差12の3位と優勝は絶望的。今シーズンの低迷を味わったクロースは、他のクラブでキャリアの再建を図ろうとしているという。そして、『サン』によれば、ユナイテッドに移籍金5000万ポンド(約73億円)でのクロース獲得の可能性があるとのことだ。 ユナイテッドは、以前にもクロース獲得に接近。2013-14シーズンに同クラブを率いていたデイビッド・モイーズ氏が、「トニ・クロースは、私と共にマンチェスター・ユナイテッドに加入することに同意しており、彼と彼の妻にも会った。私たちは全ての面で合意に至っていた」と明かしており、2013夏に加入一歩手前まで交渉が進められていたことを示唆している。 そして、現指揮官のオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督もクロースの獲得を標榜。同選手のサラリーを確保するために、スター選手3人の放出を計画していることも伝えられている。 とはいえ、クロースにはパリ・サンジェルマン(PSG)も注視。6800万ポンド(約99億円)の高額な移籍金に加え、現行の1.5倍という魅力的な年俸でのオファーを打診していると見られている。 2019.03.23 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、コウチーニョ獲得を“失敗”と認める?

バルセロナが、所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(26)を売却しようとしているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 昨年1月にリバプールからクラブ史上最高額の移籍金で迎えられたコウチーニョ。昨シーズンはリーグ戦18試合で8ゴール5アシストと、すぐに順応したかに思われたが、今シーズンはこれまでの実力を発揮することが出来ず、カンプ・ノウではファンからブーイングが起こることも珍しくない。今シーズンここまでの成績はリーガエスパニョーラ26試合で4ゴール2アシスト。そのうち先発出場は16試合で、今年に入ってからフル出場した試合はない。 コウチーニョは、昨年夏に退団したヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタの後釜として到着したが、インサイドのポジションで機能せず。『マルカ』によれば、バルセロナはコウチーニョが“外れ補強”だったことを認め、放出の方向で動き始めているようだ。 また、バルセロナはコウチーニョの移籍金を1億ユーロ(約124億円)に設定。それ以下のオファーには応じる気はないとも伝えられており、売却までの道は容易ではないかもしれない。とはいえ、マンチェスター・ユナイテッドとアーセナル行きの可能性が議論されており、ブラジル代表でコウチーニョのチームメイトであるFWネイマールとの関係から、パリ・サンジェルマン(PSG)と交渉する余地もあるようだ。 2019.03.23 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとデ・ヘアの交渉が難航…両者の要求に大きな差

マンチェスター・ユナイテッドと、スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)の契約延長交渉が難航しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 しばらく契約延長交渉を続けているユナイテッドとデ・ヘアだが、両者の間に大きな溝があるようで、交渉は遅々として進んでいないようだ。『ミラー』によると、クラブ側は契約が2020年6月までとなっているデ・ヘアに対し週給35万ポンド(約5000万円)を用意。現在の20万ポンド(約2900万円)から大幅な増俸となる。 ところが、スペイン代表GKは週給50万ポンド(約7200万円)を要求。これにはユナイテッドも難色を示している模様だ。 デ・ヘアには、ジネディーヌ・ジダン監督が復帰したレアル・マドリーが関心を寄せているという噂もあり、このまま交渉が長引くようであれば、マドリーに隙を与えてしまいかねない状況にあるようだ。 2019.03.23 14:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、サンチョ代理人に接触か

マンチェスター・ユナイテッドが、ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)の代理人と接触したようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 マンチェスター・シティ下部組織出身のサンチョは、トップチームに昇格することなく、2017年夏にドルトムントに完全移籍。加入1年目となった昨シーズンはブンデスリーガで12試合1ゴール4アシストに留まったが、今シーズンはここまで公式戦35試合9ゴール17アシストとブレイクを果たした。 また、昨年10月にイングランド代表デビューを飾ると、11月には初ゴールをマーク。さらに、今月22日に行われたユーロ2020予選グループA第1節のチェコ代表戦ではアシストを記録し、5-0での快勝に貢献した。 様々な舞台で存在感を発揮しているサンチョを巡っては、多くの有力クラブが興味を示している。そうした中、ユナイテッドも手を挙げていることが、報じられていた。 今回の『メトロ』によれば、ユナイテッドは夏の移籍市場開幕に先駆けて、既にサンチョの代理人に接触。予備協議を持ち、獲得の可能性を探ったという。とはいえ、サンチョを獲得するのであれば豊富な資金力を持つパリ・サンジェルマン(PSG)と競う必要があり、その上で1億ポンド(約145億円)近い移籍金の支払いを求められる可能性が高いようだ。 2019.03.23 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

UEFAがユナイテッド戦で審判批判のネイマールを処分へ! 来季CLで最大3試合停止か

欧州サッカー連盟(UEFA)は22日、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールに対し、処分を科すことを発表した。 ネイマールは6日に行われ、1-3で敗戦して痛恨のベスト16敗退に終わったチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのマンチェスター・ユナイテッド戦後、審判団を批判していた。 負傷離脱中のため、この一戦をスタンドから観戦していたネイマールは、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の結果、後半アディショナルタイムに献上したPKを引き合いに出し、インスタグラムのストーリー機能を利用して、「恥ずべきこと。サッカーを知らない4人がVARを担当した。キンペンベはどうやって背中でハンドをするんだ! 消え失せろ!」と審判団に怒りをぶちまけていた。 UEFAはこの発言が規則に反すると判断し、ネイマールに対し何らかの処分を科すことを決めた。報道では来シーズンのCLで最大3試合の出場停止処分が科される可能性があるとのことだ。 2019.03.23 02:01 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース