EL準々決勝対戦カードが決定!! 優勝候補のユナイテッドはアンデルレヒトと対戦!!《EL》2017.03.17 21:14 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝の対戦カード抽選会が、17日にスイスのニヨンで行われた。

▽ラウンド16でロストフに勝利し、今大会の優勝候補筆頭に挙げられるマンチェスター・ユナイテッドは、アンデルレヒトと激突。日本代表DF内田篤人が所属するシャルケはボルシアMGとの同国対決を制し、準々決勝ではアヤックスとの対戦が決定した。

▽準々決勝1stレグは4月13日(木)に開催され、2ndレグは20日(木)に行われる。今回決定した対戦カードは以下の通り。

◆準々決勝対戦カード※左側が1stレグをホームで戦う
アンデルレヒト(ベルギー)vsマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
セルタ(スペイン)vsヘンク(ベルギー)
アヤックス(オランダ)vsシャルケ(ドイツ)
リヨン(フランス)vsベシクタシュ(トルコ)

コメント

関連ニュース

thumb

マルシャルがヴォルフスブルクでプレー?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャル(21)が今季、ヴォルフスブルクでプレーするかもしれない。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽2015年夏にモナコからユナイテッド入りしたマルシャルは、ルイス・ファン・ハール政権下の初年度こそインパクトを残したが、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任した2016-17シーズンはパフォーマンスを落とした。リーグ戦では25試合に出場したものの、フル出場は7度のみ。ゴール数も「4」と、2015-16シーズンには11ゴールを挙げていたことと比較しても物足りなさが残った。 ▽モウリーニョ監督の信頼を勝ち取れなかったマルシャルは、今夏に移籍する可能性が伝えられている。アーセナルやインテルからの関心が伝えられる中、ヴォルフスブルクもここに割って入ったようだ。 ▽『キッカー』によると、マルシャルのレンタル移籍を望むヴォルフスブルクは、スポーツ・ディレクターを務めるオラフ・レーブ氏がすでに選手とコンタクトを取っているという。また、同メディアの推測からすると、ヴォルフスブルクがマルシャル争奪戦で一歩リードしているようだ。 2017.07.20 19:43 Thu
twitterfacebook
thumb

モラタの移籍にモウリーニョ「興味がない」、補強が進まないユナイテッドに「支払う準備ができない」

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、もう1人だけ選手を獲得したいようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽今夏のユナイテッドは、3、4選手の補強を望んでいたものの、ここまで獲得したのは2選手に留まっている。年々移籍金が高騰する“難しい”移籍市場について、モウリーニョ監督はユナイテッドの現状について語った。 「我々はクラブが望むものを支払う準備ができるクラブではない」 「私はビッグプレーヤーに大きな恩恵を受けるクラブに慣れている。誰もが良い選手に大金を支払っているんだ」 ▽ユナイテッドは、エバートンから獲得したベルギー代表FWロメル・ルカクに7500万ポンド(約109億5000万円)、ベンフィカから獲得したスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフに3100万ポンド(約45億2700万円)を支払っている。 ▽また、モウリーニョ監督は、獲得を望んでいたとされるレアル・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタがチェルシーへと移籍した件についてもコメント。「チェルシーのことには興味がない」と語り、移籍は明らかだったと語った。 「監督とジエゴ(・コスタ)の状況を見れば、ストライカーとサインすることは明らかだろう」 ▽現在のユナイテッドは、チェルシーのセルビア代表MFネマニャ・マティッチの獲得に動いているとされるが、ユベントスとの争奪戦になるとみられ、獲得が実現しない可能性もある。 2017.07.20 17:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ブリント、イブラヒモビッチのマンチェスター・U復帰を歓迎「大きな契約になる」

マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表DFダレイ・ブリントは、短期契約を結ぶ可能性のある元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチについて改めて称賛している。『NBCスポーツ』が報じた。<br><br>昨夏ユナイテッドに加わったイブラヒモビッチは、チーム最多得点を挙げながら、4月に全治8カ月とみられる負傷で、シーズン後半を欠場。クラブは契約を更新しないという決断を下した。しかし、ここにきて再びユナイテッドと短期契約を結ぶ可能性も伝えられ、ブリントは喜びを露わにしている。<br><br>「彼がまた来れば大きな契約になる。昨年はチームに大きなブーストを与えたからね。いまだ素晴らしい選手で、チームのあらゆることを良くしたんだ」<br><br>一方で、ブリントは今夏大金でやってきたFWロメル・ルカクに関しても信頼感を口にしている。<br><br>「素晴らしい契約だね。彼は素晴らしい選手で、最高の人間でもある。常にゴールを決めたいと考えているし、チームメイトが点を取れるようにもやってくれる。彼が最初のゴールを決めたことは嬉しいし、これからもっと多く得点を挙げるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.20 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、ルカクのユナイテッド移籍後初得点に「たいして重要じゃない」

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、新加入のFWロメル・ルカクに絶大な信頼を置いている。<br><br>今夏CF補強を望んでいたユナイテッド。ルカクとレアル・マドリーFWアルバロ・モラタが候補に挙げられていたが、最終的には移籍金7500万ポンド(約109億円)でエバートンと合意に至り、ルカクを引き入れた。<br><br>そのルカクは17日に行われたプレシーズンマッチのレアル・ソルトレイク戦で、加入後初ゴールを挙げている。だがモウリーニョ監督はそこに重要性を見い出していない。<br><br>「ルカクにとっては、良いことだったと思う。だが私にとっては、たいして重要じゃない」<br><br>「ゴールを決める前、水分補給をしにベンチに寄ってきたルカクに言ったんだ。『私は君のピッチ上でのプレーが大好きなんだ。ゴールのことなんて気にするな。それは重要なことではないからな』とね」<br><br>「ルカクはボールをキープしてくれるし、1タッチ、2タッチで簡単にはたいてくれる。マークを外すのも上手いし、相手DFにプレスをかけ、チームのために働いてくれる。私はだから彼のプレーが好きなんだ」<br><br>チェルシーで指導していた頃、モウリーニョ監督はルカクに満足行く出場機会を与えていなかった。しかしながらポルトガル人指揮官はルカクの成長を認めている。<br><br>「シンプルだよ。彼は4年前、私の選手だった。あれから素晴らしい成長を遂げた。ファンタスティックだった。今の彼はトップクラスのFWだ。ゴールはディテールに過ぎない、ということだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.20 16:41 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルがユナイテッドを揺さぶる? ペリシッチ⇔マルシャルのトレードを求む

▽インテルは、マンチェスター・ユナイテッドにクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(28)を手放す代わりに、フランス代表FWアントニー・マルシャル(21)の譲渡を求めているようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ▽ユナイテッド移籍の噂が加熱するペリシッチ。一時オールド・トラフォード行きが間近に迫っているとの見方が強まっていたが、それをインテルが頑なに阻んでいることから、実現するに至っていない。 ▽伝えられるところによれば、インテルはユナイテッドから届いたペリシッチに対する4800万ポンド(約69億9000万円)のオファーを拒否。逆に、ユナイテッドに対して、金銭+マルシャルの交換を要求したという。 ▽しかし、『インデペンデント』によれば、ユナイテッドはマルシャルの放出に難色を示しているとのこと。マルシャル本人も、オールド・トラフォードから離れるという考えに至っていない模様だ。 2017.07.20 12:25 Thu
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース