コノプリャンカやヤルモレンコなどウクライナ代表候補メンバーが発表《ロシアW杯欧州予選》2017.03.17 11:34 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウクライナサッカー協会(FFU)は16日、ロシア・ワールドカップ欧州予選に臨むウクライナ代表候補メンバー35名を発表した。

▽アンドリー・シェフチェンコ監督は、MFイェフレン・コノプリャンカ(シャルケ)やMFアンドリー・ヤルモレンコ(ディナモ・キエフ)、MFオレクサンドル・ジンチェンコ(PSV)らを選出している。

▽ウクライナは、クロアチア代表、アイスランド代表、トルコ代表、フィンランド代表、コソボ代表と同じグループIに入っており、24日にクロアチアとアウェイで対戦する。今回発表されたウクライナ代表候補メンバーは以下のとおり。

◆ウクライナ代表候補メンバー35名
GK
デニス・ボイコ(マラガ/スペイン)
アンドリー・ピアトフ(シャフタール)
ミキタ・シェフチェンコ(シャフタール)
オレクシー・シェフチェンコ(ゾリャ・ルハンシク)
アルトゥル・ルドコ(ディナモ・キエフ)

DF
ミコラ・マトビイェンコ(カルパティ・リヴィウ)
セルゲイ・クリスツフォフ(シャフタール)
イバン・オルテツ(シャフタール)
ボグダン・ブトコ(シャフタール)
オレクサンデル・クチェル(シャフタール)
ヤロスラフ・ラキツキ(シャフタール)
ミキタ・ブルダ(ディナモ・キエフ)
ミコラ・モロジュク(ディナモ・キエフ)
アルテム・フェデツキ(ダルムシュタット/ドイツ)

MF
タラス・ステパネンコ(シャフタール)
マクシム・マリシェフ(シャフタール)
ビクトール・コバレンコ(シャフタール)
イバン・ペトリャク(ゾリャ・ルハンシク)
ヴォロディミル・シェペレフ(ディナモ・キエフ)
ビタリー・ブヤルスキー(ディナモ・キエフ)
デニス・ガルマシュ(ディナモ・キエフ)
ビクトル・ツィガンコフ(ディナモ・キエフ)
セルゲイ・シドルチュク(ディナモ・キエフ)
アンドリー・ヤルモレンコ(ディナモ・キエフ)
ルスラン・ロタン(ドニプロ)
エフゲン・シャコフ(PAOK/ギリシャ)
ルスラン・マリノフスキー(ヘンク/ベルギー)
イェフレン・コノプリャンカ(シャルケ/ドイツ)
オレクサンドル・ジンチェンコ(PSV/オランダ)

FW
アルテム・ベセディン(ディナモ・キエフ)
ロマン・ヤレムチュク(ディナモ・キエフ)
アンドリー・ボリアチュク(シャフタール)
ロマン・ゾズリャ(ベティス/スペイン)
アルテム・クラベツ(グラナダ/スペイン)
イェフゲニー・セレズニョフ(カラビュクシュポル/トルコ)

コメント

関連ニュース

thumb

低調オランダ、ブルガリアに敗れて4位転落… 予選突破に暗雲《ロシアW杯欧州予選》

▽オランダ代表は25日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第5節でブルガリア代表とのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。 ▽ここまで2勝1分け1敗の2位に付けるオランダ(勝ち点7)が、4位ブルガリア(勝ち点6)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽[4-2-3-1]を採用したオランダは1トップにドスト、2列目に右からロッベン、クラーセン、プロメス、ボランチにストロートマンとワイナルドゥムを据えた。 ▽そのオランダがポゼッションする流れとなったが、5分にディフェンスライン裏を取ったデレフに絶妙な胸トラップからGKとの一対一を制された。 ▽失点後もボールを保持したオランダだったが、20分にデレフの個人技でリードを広げられる。ボックス手前中央で味方のパスを受けたデレフにミドルシュートを打たれると、これがゴール右に突き刺さった。 ▽良いところなく前半を終えたオランダは後半からワイナルドゥムに代えてスナイデルを投入。すると、58分にようやく枠内シュートをマーク。プロメスが枠の右隅を捉えたミドルシュートを浴びせる。しかし、GKミハイロフの好守に阻まれた。 ▽続く62分にはスナイデルの正確なフィードをボックス右のドストが落とし、クラーセンがダイレクトでシュート。決定的だったが、ここもGKミハイロフの好守に阻止され、ゴールが遠い。結局、これ以降はチャンスを生み出せずに0-2で終戦。低調オランダはブルガリアとスウェーデンにかわされ、4位に転落している。 2017.03.26 07:17 Sun
twitterfacebook
thumb

ジルーの2発で格下にルクセンブルクに競り勝ったフランスが首位キープ《ロシアW杯欧州予選》

▽フランス代表は25日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループAでルクセンブルク代表とのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 ▽ここまで3勝1分けで首位に立つフランス(勝ち点10)が、最下位ルクセンブルク(勝ち点1)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽フランスは最前線にジルー、2列目に右からO・デンベレ、グリーズマン、パイエ、ボランチにポグバとマテュイディを配す[4-2-3-1]を採用。そのフランスは8分、ジルーのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKの好守に阻まれる。続く14分にはボックス手前右で得たFKをグリーズマンが狙うと、わずかに枠の右上に外れた。攻め立てるフランスはさらに15分、ロングフィードに抜け出したグリーズマンがループシュートを狙うも、GKにセーブされる。 ▽その後、21分にGKが負傷交代となったルクセンブルクに対し、フランスは28分に先制する。グリーズマンのスルーパスをボックス右で受けたシディベの折り返しをジルーが右足で合わせた。 ▽しかし32分、相手CKの流れからマテュイディがモタをボックス内で倒してしまいPKを献上。これをジョアチムに決められて同点とされた。 ▽それでも36分、シディベがモタに倒されて得たPKをグリーズマンが決めてフランスがすかさず勝ち越しに成功。42分にはマテュイディの強烈なボレーシュートが右ポストを直撃し、3点目は奪えなかったが、2-1とリードして前半を終えた。 ▽迎えた後半も敵陣でプレーしたフランスが主導権を握る。3点目こそ奪えないものの、ルクセンブルクに付け入る隙を与えない。そして77分、メンディの左サイドからのクロスにジルーが頭で押し込み、決定的な3点目を奪った。 ▽余裕となったフランスは代表デビュー戦となるムバッペを投入。そのムバッペは投入直後の80分に浮き球フィードに反応してボックス左から決定的なシュートを浴びせ、存在感を発揮。格下にやや苦戦したフランスだったが、3-1で勝利し、首位をキープしている。 ▽グループAその他の試合ではスウェーデンがベラルーシに4-0と快勝して2位に浮上。ブルガリアに敗れたオランダは4位に転落している。 2017.03.26 07:08 Sun
twitterfacebook
thumb

終盤のルカク弾で9人のギリシャに辛くも引き分けたベルギーが首位キープ《ロシアW杯欧州予選》

▽ベルギー代表は25日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループHでギリシャ代表をホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽ここまで4戦全勝の首位ベルギー(勝ち点12)が、3勝1分けの2位ギリシャ(勝ち点10)をホームに迎えた一戦。 ▽アザールを負傷で欠くベルギーは[3-4-3]を採用。最前線のルカクの後方にメルテンスとナインゴランを配し、中盤右にシャドリ、左にカラスコ、センターにフェライーニとヴィツェルを並べ、3バックの中央にシマンを据えた。 ▽そのベルギーがボールを保持すると、13分に決定機。右サイドからのメルテンスのクロスにフェライーニがヘッド。しかし、枠の右に外してしまった。 ▽その後も一方的にボールを保持してギリシャを押し込んだベルギーは、31分にビッグチャンス。左サイドからのカラスコのクロスにフェライーニがヒールでうまく合わせたシュートが枠の左上を捉えた。だが、GKカピノのファインセーブに阻まれた。 ▽しかし、ハーフタイムにかけてはマノラスとパパスタソプーロス擁するギリシャ守備陣の前にシュートシーンを生み出せないまま、ゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始20秒にベルギーは失点する。タフツィディスのヘディングでのパスを受けたミトログルがディフェンスライン裏へ独走。ボックス内に侵入してGKとの一対一を制した。 ▽追う展開となったベルギーは55分にチャンス。ルカクのポストプレーからヴィツェルがミドルシュートを狙うも、枠を外れる。悪い流れが続いていたベルギーだったが、65分にタフツィディスに2枚目のイエローカードが提示されて数的優位となった。 ▽ベルギーはイエローカードを受けていたフェライーニに代えてデンベレを投入。すると74分、FKの流れからボックス左のメルンテスが左足でシュート。決定的だったが、GKのセーブに阻まれた。 ▽ゴールが遠いベルギーは終盤、DFのシマンに代えてアタッカーのミララスを投入。しかし、スコアを動かせず0-1のままタイムアップかに思われた。それでも土壇場の89分、左サイドからのメルテンスのクロスをボックス左のルカクがパパスタソプーロスを背負いながら胸トラップからシュート。難度の高いシュートだったが、ニアサイドを破って1-1とした。 ▽さらに追加タイム1分にはカラスコの左クロスにルカクがヘディングで合わせるもGKの守備範囲に飛び、1-1のままタイムアップ。ホームでの敗戦を免れたベルギーが、首位の座をキープしている。 ▽グループHその他の試合ではボスニア・ヘルツェゴビナがジブラルタルに5-0と大勝し、2位ギリシャに1ポイント差に迫っている。 2017.03.26 07:02 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの2発などで完勝のポルトガルが首位スイスを追走!《ロシアW杯欧州予選》

▽ポルトガル代表は25日、ロシア・ワールドカップ(W杯) 欧州予選第5節でハンガリーと対戦し、3-0で勝利した。 ▽グループBで2位のポルトガル(勝ち点9)が、ホームのエスタディオ・ダ・ルスに3位ハンガリー(勝ち点7)を迎えた一戦。首位スイス追走のためにもポイントロスを避けたいポルトガルは、C・ロナウドやペペ、クアレスマ、アンドレ・ゴメスなど主力をスタメンに起用した。 ▽3トップにクアレスマ、アンドレ・シウバ、C・ロナウドを並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだポルトガルは、立ち上がりから攻勢に出る。12分、バイタルエリア中央左寄りの位置でアンドレ・シウバがヴィニシウスに倒されFKを獲得。このFKをC・ロナウドが直接狙うも、壁に当たったボールはわずかに枠の左上に外れた。 ▽高いボール支配率で敵陣に攻め込むポルトガルは20分、自身の上げたクロスのこぼれ球を再び拾ったクアレスマがボックス左からクロスを供給。これをファーサイドのC・ロナウドがドンピシャのヘッドで合わせるが、ボールはゴール左に逸れた。 ▽その後も主導権を握るポルトガルは32分にスコアを動かす。ドリブルで持ち上がったC・ロナウドのパスをオーバーラップしたラファエウ・ゲレイロがボックス左からダイレクトで折り返すと、ゴール前のアンドレ・ゴメスがワンタッチで流し込んだ。 ▽先制弾で勢いづくポルトガルは36分、最終ラインからのロングフィードをアンドレ・ゴメスがヒールで落とすと、ボックス左手前に走り込んだC・ロナウドがシュート。これがゴール左隅に突き刺さり、追加点を奪った。 ▽ポルトガルの2点リードで迎えた後半、ハンガリーはA・ラングを下げて攻撃的なロブレンチチュを投入し、攻撃の立て直しを図る。しかし、後半も試合の主導権を握ったのはポルトガルだった。 ▽65分、クアレスマがボックス左隅手前でロブレンチチュに倒され、FKを獲得。このFKをC・ロナウドが直接狙うと、ボールは右ポストに当たりそのままゴールに吸い込まれた。 ▽試合を決定付ける3点目を奪ったポルトガルは、その後ベルナルド・シウバやモウティーニョ、ピッツィを投入し、試合をクローズ。上位を争うハンガリーを無失点に抑えて首位スイスの追走に成功した。 2017.03.26 06:36 Sun
twitterfacebook
thumb

コールマン骨折時に笑っていたとされるレドリーが否定

▽クリスタル・パレスのウェールズ代表MFジョー・レドリーが、エバートンのアイルランド代表DFシェイマス・コールマンの骨折時に笑っていたと報じられていることを否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽レドリーは24日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のアイルランド代表vsウェールズ代表に先発。70分にDFニール・テイラーの悪質なタックルによって右足を骨折する重傷を負ったコールマンの傍らで笑っていたと報じられた。しかし、レドリーは自身のツイッターで明確に否定している。 「こんなナンセンスなことで改めて否定するようなことはしたくなかった。でも、間違った事実が伝えられているようなら話は別だ。僕はコールマンと共にあり、彼の早い回復を祈っている」 2017.03.26 02:17 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース