CSKAやユベントスでプレーした元セルビア代表MFクラシッチがレヒア・グダネスクと契約延長2017.03.17 10:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CSKAモスクワやユベントスでプレーした元セルビア代表MFミロシュ・クラシッチ(32)が、ポーランドのレヒア・グダネスクとの契約を延長した。契約期間は2018-19シーズンの終わりまでとなる。

▽クラシッチは2004年に加入したCSKAモスクワで飛躍を遂げると、2010年8月にユベントスへと完全移籍。しかし、思うような結果を残すことができず、2012年8月にフェネルバフチェへと移籍していた。しかし、新天地でも輝きを取り戻せないでいると、2013年8月にはバスティアへレンタル移籍。2015年8月にレヒア・グダネスクへと完全移籍した。

▽加入当初は出場機会を得ることができず、契約を解除し移籍を目指すことも報じられたクラシッチだったが、今シーズンはキャプテンとしてエクストラクラサ(ポーランド1部)で23試合に出場し1得点5アシストを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

G大阪次期監督噂のクルピ、選手のひと声でサントス指揮官“逆転”留任

▽ガンバ大阪次期監督就任が噂されてきたサントスのレヴィー・クルピ監督(64)は、少なくとも今シーズン終了まで続投の運びとなったようだ。ブラジル『globoesporte』が伝えた。 ▽サントスは、19日にアウェイで行われたブラジル全国選手権第29節のスポルチ・レシフェ戦を1-1のドロー。試合を終えた選手たちが地元空港に到着時には、3試合連続の引き分けで順位も4位に後退という結果に怒りを覚えたサポーターの襲撃に遭ったという。 ▽『globoesporte』によれば、サントス上層部はスポルチ・レシフェ戦前の会合で既にクルピ監督の解任で一致。近々、本人に解任を知らせる意向だったようだが、噂を耳にした選手側の要望により、シーズン途中での監督更迭が見送られることになったとのことだ。 ▽クルピ監督は、今年6月からサントスを指揮。就任後29試合で14勝12分け3敗という好成績を残している。だが、上述の直近リーグ戦3試合連続で引き分けという結果により、優勝争いから後退し続ける現状が上層部に監督交代という選択肢を抱かせてしまった要因とみられる。 ▽ちなみに、クルピ監督とサントスの現行契約は今シーズンまで。以前にサントスに後任探しの動きが伝えられていることを鑑みれば、現時点で上層部がクルピ監督の来シーズン続投の考えに至るかは微妙なところと言えそうだ。 2017.10.21 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

解任も? コンテとチェルシーの関係は終焉か

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督とクラブの関係が悪化の一途を辿っているようだ。著名なジャーナリストであるダンカン・キャスルズ氏が『Yahoo Sport UK』で伝えた。 ▽コンテ監督とクラブの関係が良好ではないことはかねてから報じられている。ダンカン・キャスルズ氏が伝えるところによれば、コンテ監督とクラブ上層部の関係は現在、限界を迎えている。チームも現在、リーグ戦連敗に加えて18日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のローマ戦で3-3に終わっており、選手も指揮官のメソッドに疑問を持ち始めているという。 ▽さらに、監督を頻繁に変えながら成績を残してきたチェルシーを見てきたクラブスタッフ陣は、コンテ監督が既に「デッドマン・ウォーキング」の状態だと比喩しているとのことだ。一方で、コンテ監督自身もシーズン終了後の退団を既に決断したと話しているとも伝えられている。 ▽今季終了をまたず解任される可能性も指摘されているコンテ監督。21日にホームで行われるプレミアリーグ第9節のワトフォード戦では是が非でも白星を取り戻しておきたいところだ。 2017.10.21 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

フェライニ、ユナイテッドの契約延長オファー拒否か

▽ベルギー代表MFマルアン・フェライニ(29)がマンチェスター・ユナイテッドからの契約延長オファーを拒否したようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽クラブとの契約が今季限りとなっているフェライニは、今シーズンにジョゼ・モウリーニョ監督の下で印象的なパフォーマンスを披露している。モウリーニョ監督はフェライニを必要としているようだが、選手側はクラブからの最初のオファーを拒絶したとのことだ。 ▽また、ユナイテッドは同じく契約が今季限りとなっているスペイン代表MFアンデル・エレーラに関しても契約延長に動きている模様。ただ、契約延長の交渉が長引けば、現行契約のオプションである1年の契約延長の条項を行使することにするとみられている。 2017.10.21 09:28 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサSD、ユナイテッド戦を視察 ターゲットは…

▽バルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)が、18日に行われたベンフィカvsマンチェスター・ユナイテッドを観戦した。お目当てはユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(21)だったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ▽ユナイテッドは、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節でベンフィカとのアウェイ戦を行い、1-0で勝利した。マルシャルはこの試合、76分にFWマーカス・ラッシュフォードとの交代でピッチに登場した。 ▽『ムンド・デポルティボ』によれば、フェルナンデスSDはマルシャルを視察。今夏、バルサはFWネイマールを引き抜かれた一方で、狙っていたリバプールのMFフィリペ・コウチーニョ獲得に失敗しており、新たな補強候補としてマルシャルが挙がっているようだ。 ▽なお、フェルナンデスSDはこの前日、サンチャゴ・ベルナベウで行われたCLグループH第3節のレアル・マドリーvsトッテナムも現地観戦。トッテナムのMFクリスティアン・エリクセンとFWハリー・ケインのプレーをチェックするためだったとみられている。 2017.10.21 08:48 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサが今夏狙っていたのはコウチーニョ、ディ・マリア、テオ・エルナンデス?

バルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)は、今夏3人の選手を確保するために動いていたようだ。<br><br>ロベルトSDはリバプールMFフィリペ・コウチーニョ、パリ・サンジェルマンMFアンヘル・ディ・マリア、レアル・マドリーDFテオ・エルナンデス(当時アトレティコ・マドリー所属)と夕食を共にしていたとされる。テオに関しては、移籍合意目前に迫っていたという。<br><br>バルセロナはテオ側と給与面を含め個人合意に達していた模様。だがそこにレアル・マドリーが現れ、最終的にテオは翻意して&ldquo;禁断の移籍&rdquo;が実現した。<br><br>バルセロナは近年、クラブ間交渉を行う前に選手と接触して移籍に向けた話し合いをする考えで補強を進めている。これは当時アーセナルに所属していたMFセスク・ファブレガス(現チェルシー)獲得の際に有効だった手法だ。<br><br>しかし、今夏は結果的に3選手を逃すことになった。冬の移籍市場で再び補強に動くと言われているバルセロナだが、反省を生かして狙った選手を引き入れられるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.21 00:22 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース