CSKAやユベントスでプレーした元セルビア代表MFクラシッチがレヒア・グダネスクと契約延長2017.03.17 10:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CSKAモスクワやユベントスでプレーした元セルビア代表MFミロシュ・クラシッチ(32)が、ポーランドのレヒア・グダネスクとの契約を延長した。契約期間は2018-19シーズンの終わりまでとなる。

▽クラシッチは2004年に加入したCSKAモスクワで飛躍を遂げると、2010年8月にユベントスへと完全移籍。しかし、思うような結果を残すことができず、2012年8月にフェネルバフチェへと移籍していた。しかし、新天地でも輝きを取り戻せないでいると、2013年8月にはバスティアへレンタル移籍。2015年8月にレヒア・グダネスクへと完全移籍した。

▽加入当初は出場機会を得ることができず、契約を解除し移籍を目指すことも報じられたクラシッチだったが、今シーズンはキャプテンとしてエクストラクラサ(ポーランド1部)で23試合に出場し1得点5アシストを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

レバークーゼンで急成長の20歳FWベイリー、ステップアップを封印「移籍は名声を築いてから」

レバークーゼンでプレーするFWレオン・ベイリーには欧州のビッグクラブから熱視線が送られている。だがジャマイカ出身の20歳はステップアップを急ぐことはないようだ。<br><br>昨年1月にベルギーのヘントから加わったベイリーは今シーズン公式戦23試合で11ゴール5アシストを記録。主にプレーする左ウイングで並はずれのスピード、トリッキーなドリブルを披露し、ブンデスリーガで最も注目されるヤングスターの1人となっている。<br><br>そして、やはり他クラブもそんなベイリーに興味を抱き始めているという。マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、チェルシーやトッテナムとプレミアリーグ複数クラブからの関心が伝えられ、イギリスメディアでは移籍金が7500万ポンド(約112億円)以上にも上ると報じられている。<br><br>しかし、本人はしばらくはレバークーゼンに残る希望のようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』で、「僕はまだ若いし、早く大きすぎるステップに踏み出して失敗した若い選手をたくさん見てきた。僕にとってレバークーゼンは完璧だよ。多くの有名選手たちはレバークーゼンで育ったんだ。成長したいので、次のステップに進むのはそれからだ」と自身の将来図を描いている。<br><br>「ヨーロッパ最高のクラブに移籍するのなら、そこの人たちが僕のことを知ってからだ。その前に最高レベルで実力を証明し、名声を築いてからだね」<br><br>スター選手への階段を駆け上がるベイリーだが、バイエルンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンは特別な存在であるという。<br><br>「小さいころ、家にはアリエン・ロッベンのワールドカップのポスターが飾られていた。今、家のポスターに写っている人と対戦していることはクレイジーなことだね」<br><br>「ママがよく言うんだ。『彼の時代はもうすぐ終わり、今度はあなたが新たなロッベンになる番だよ。世界にあなたの力を見せつけなさい。そうしたらロッベンの子供たちの部屋にあなたのポスターが貼られるかもしれない』とね」<br><br>提供:goal.com 2018.02.24 23:02 Sat
twitterfacebook
thumb

ハインケス、代理人交代のレヴァンドフスキの去就に言及「バイエルンは売るクラブではない」

先日、バイエルンに所属するポ-ランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、新しい代理人と契約したことが明らかになった。だが、バイエルンのユップ・ハインケス監督は代理人交代が移籍を意味するとは考えていないようだ。<br><br>レヴァンドフスキはポーランド時代から代理人を務めてきたチェザーリ・クチャルスキ氏、ドイツ市場を担当していたマイク・バーテル氏を解雇し、&ldquo;大物代理人&rdquo;としても知られるピニ・ザハーヴィ氏と新たに契約を結んだ模様。これにより、以前からレアル・マドリー加入を望む同選手をめぐる移籍報道が再浮上している。<br><br>そして23日、ハインケス監督がバイエルンの会見に臨むと、やはりこの件についての質問が飛んだ。だが同監督は、この騒動に動じていない様子。「どんな理由であろうと選手たちには代理人を代える権利があり、私はそれに関して判断を下すことはできない」と述べた上で「ただ、現時点においてそれは何の意味も示さないだろう」と強調した。<br><br>ハインケス監督は、次のように言葉を続けている。<br><br>「責任者たちを知る限り、バイエルンは選手たちを売るクラブではなく、トッププレーヤーたちを維持するクラブ。(維持することを希望するだけではなく)実際にそうしている。移籍する可能性があるなんて、まったく想像できないね」<br><br>バイエルンと2021年まで契約を残しているレヴァンドフスキ。指揮官の見解によると、クラブが絶対的なエースを手放すことはないようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.02.24 23:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ニュージーランド代表、スイス人指揮官シュミット氏を新監督に招へい

▽ニュージーランドサッカー協会(NZF)は23日、スイス人指揮官のフリッツ・シュミット氏(58)の新監督就任を発表した。契約期間は2022年までの4年となる。 ▽先日に2014年から代表監督を務めたアンソニー・ハドソン前監督が退任し、空位になっていたニュージーランド代表の新指揮官に任命されたのは、バーゼルやオーストリア代表でアシスタントコーチを務めた経験を持つシュミット氏となった。 ▽また、シュミット氏は直近までマレーシアサッカー協会でテクニカル・ディレクターを務めていた。 ▽なお、2022年のカタール・ワールドカップ出場を目指す新生オール・ホワイツの初陣は、来月にスペインで行われるカナダ代表戦となる。 2018.02.24 21:26 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー来夏の獲得最優先はミリンコビッチ=サビッチか、熾烈な獲得レースも

▽レアル・マドリーが、ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(22)を来夏の獲得リストの最上位に上げたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽パリ・サンジェルマンやマンチェスター・ユナイテッドといったクラブも獲得に動いていると噂されるミリンコビッチ=サビッチ。2015年夏にヘントから加入したセルビア代表MFは、これまでラツィオで公式戦106試合に出場しているヤングスターの1人だ。今シーズンはここまでリーグ戦23試合に出場し7ゴール3アシストを記録。『マルカ』は「彼は技術的に素晴らしく、フィジカルも強い。193cmという体格はサンティアゴ・ベルナベウでさらに成長するポテンシャルを持っている」と紹介している。 ▽また、元アルメリアのサッカー選手で、現在はバスケットボール選手であるニコラ・ミリンコビッチの息子であると共に、スペイン生まれであることも、マドリーのスカウトの興味を惹く要素となっているようだ。 ▽ミリンコビッチ=サビッチの現行契約は2021年まで。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』は、ラツィオは1億7000万ユーロ(約223億円)の移籍金を要求していると主張しているようだ。 2018.02.24 21:03 Sat
twitterfacebook
thumb

ペップがシティと契約延長へ! ただし最優先はシティでの初タイトル!

▽マンチェスター・シティが、ジョゼップ・グアルディオラ監督(47)と契約延長の準備を進めているという。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽2016年夏からシティで指揮を執るグアルディオラ監督。今シーズンは昨季よりもグアルディオラ色を浸透させ、リーグ戦やチャンピオンズリーグの舞台において無類の強さを誇っている。とりわけプレミアリーグではここまで23勝3分1敗。2位のマンチェスター・ユナイテッドとは勝ち点差16で首位を独走している。 ▽この史上最強のシティを築き上げたグアルディオラ監督に、クラブは契約延長オファーを打診。現行契約は2020年までとなっているが、推定年俸2000万ポンド(約30億円)という現行サラリーに300万ポンド(約4億5000万円)を上乗せした2021年までの新契約となるようだ。 ▽『デイリー・メール』によれば、グアルディオラ監督も契約延長に前向きのようだが、現在はシティでの自身初のトロフィー獲得を優先したい考えのようだ。 ▽2007年にバルセロナBで指導者としてのキャリアをスタートさせて以降、バルセロナやバイエルンで毎シーズントロフィーを掲げてきたグアルディオラ監督。それだけに、昨シーズン初めて無冠に終わったことは誰よりも悔しい経験だったのかもしれない。 ▽現時点でプレミアリーグのタイトル獲得はほぼ決定とみられるが、グアルディオラ監督は25日に控えるアーセナルとのEFLカラバオカップ決勝戦でまずは初タイトルを獲得し、その後に自身の去就をハッキリさせたいようだ。 2018.02.24 19:15 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース