CSKAやユベントスでプレーした元セルビア代表MFクラシッチがレヒア・グダネスクと契約延長2017.03.17 10:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CSKAモスクワやユベントスでプレーした元セルビア代表MFミロシュ・クラシッチ(32)が、ポーランドのレヒア・グダネスクとの契約を延長した。契約期間は2018-19シーズンの終わりまでとなる。

▽クラシッチは2004年に加入したCSKAモスクワで飛躍を遂げると、2010年8月にユベントスへと完全移籍。しかし、思うような結果を残すことができず、2012年8月にフェネルバフチェへと移籍していた。しかし、新天地でも輝きを取り戻せないでいると、2013年8月にはバスティアへレンタル移籍。2015年8月にレヒア・グダネスクへと完全移籍した。

▽加入当初は出場機会を得ることができず、契約を解除し移籍を目指すことも報じられたクラシッチだったが、今シーズンはキャプテンとしてエクストラクラサ(ポーランド1部)で23試合に出場し1得点5アシストを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

元新潟監督の呂比須ワグナー、母国の古巣クラブに復帰!

▽今シーズン限りでアルビレックス新潟の監督を退任した呂比須ワグナー氏(48)の新天地が母国ブラジルのパラナに決まった。 ▽パラナは11日、呂比須ワグナー氏の監督就任を発表。同氏にとって、今年5月まで指揮したパラナに復帰した格好だ。 ▽2017シーズンを呂比須ワグナー氏の下でスタートさせたパラナは、来シーズンから2007年以来となる1部参戦が決定している。 2017.12.11 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

大失速の低迷ドルトムントがボス監督を解任…後任にはケルンを解任されたシュティーガー氏が就任

▽ドルトムントは10日、ピーター・ボス監督の解任を発表した。後任には、先日ケルンの監督を解任されていたペーター・シュティーガー氏(51)を迎える。 ▽ドルトムントは9日、ブンデスリーガ第15節でブレーメンをホームに迎え、1-2で敗れた。日本代表MF香川真司を先発で起用したドルトムントだったが、前半に先制点を許す。香川のアシストからオーバメヤンが身体で押し込み、同点に追いつくが、65分に勝ち越しゴールを奪われ、ホームで格下相手に1-2の敗戦を喫した。 ▽ボス監督は、ヨーロッパリーグ(EL)準優勝のアヤックスでの手腕を評価され、今季からトーマス・トゥヘル前監督の後任としてドルトムントの新指揮官に就任。ブンデスリーガ第7節のアウグスブルク戦までは6勝1分けのロケットスタートを飾ったものの、第8節でRBライプツィヒにリーグ初黒星を喫すると、ここから8戦未勝利という泥沼に。チームは、第15節終了時点で6勝5敗4分けの勝ち点22で首位バイエルンと13ポイント差を付けられている。 ▽さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では、レアル・マドリーとトッテナムという強豪と同居したエクスキューズはあったものの、4敗2分けの未勝利という低調な戦績で3位に終わっていた。 ▽シュティーガー氏は、2013-14シーズンにケルンの監督に就任。就任1年目でチームをブンデスリーガ2部優勝に導き1部へ昇格。その後も優れた手腕でチームを着実に成長させると、昨シーズンはブンデスリーガ5位に導いていた。しかし、今シーズンはヨーロッパリーグとの両立が求められ、開幕から低迷を続け第14節を消化した時点で、リーグ戦未勝利で最下位に沈んでいた。 2017.12.10 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

どこまでデカくするのか…ユナイテッド、ラツィオ長身の逸材を144億円で獲得か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(22)獲得に向けた巨額オファーを準備しているようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽ミリンコビッチ=サビッチは、トップ下、セントラルMF、セカンドトップを主戦場とする22歳の有望株。昨シーズン、ラツィオでリーグ戦34試合に出場し、4得点9アシストを記録して評価を高めた。今シーズンもここまでリーグ戦13試合に出場し、3得点を記録している。 ▽報道によれば、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がミリンコビッチ=サビッチの獲得を望んでいるようで、クラブレコードとなる9500万ポンド(約144億円)のオファーを準備しているようだ。マンチェスター・シティとユベントスも同選手に興味を持っているとのことだが、争奪戦をユナイテッドがリードしているという。 ▽なお、ユナイテッドでは現在、FWズラタン・イブラヒモビッチやFWロメル・ルカク、MFマルアン・フェライニ、MFネマニャ・マティッチ、MFポール・ポグバ、DFクリス・スモーリングなど190cmオーバーの選手を多く抱えている。191cmのミリンコビッチ=サビッチが加われば、よりフィジカル色と空中戦が強くなりそうだ。 2017.12.10 20:21 Sun
twitterfacebook
thumb

ジルーが出場機会を求めて移籍を決断か…移籍先はロンドンのあのクラブ?

▽アーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(31)が移籍を求めているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽ジルーは半年後に迫ったロシア・ワールドカップ(W杯)出場に向けて、クラブでの出場機会を求めて移籍を考慮しているようだ。今シーズンのジルーはヨーロッパリーグ(EL)では全試合フル出場しているものの、リーグ戦では第15節を終えた時点でいまだに先発なし。ゴール数も「3」と乏しい内容となっている。 ▽このような状況が続けば、代表落選の可能性もあると危惧しているとされるジルーは、出場機会を求めてアーセナルからのレンタル移籍を考慮。その候補に挙がっているのが、同じロンドンを本拠地とするウェストハムとクリスタル・パレスだ。この2チームは、今シーズンここまで降格圏に沈んでおり、ジルー加入となれば大きな戦力となる。 ▽また、『ミラー』によれば、エバートンがジルーに対して関心を示していたようだが、ロンドンで共に暮らす妻のジェニファーさんが現在3人目の子供を授かっているため、首都を離れるつもりはないという。さらに、アーセナルに近しい筋からの情報によると「オリヴィエは家族に負担をかけるようなことはしたくない。アーセナルに留まることが理想だが、彼はプレーを続けなければならない。そしてロンドンにはその選択肢がある」とのことで、ウェストハムやクリスタル・パレスへの移籍の可能性を強調している。 2017.12.10 15:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ダビド・ルイス、来年1月にもレアル・マドリーへ?

▽レアル・マドリーは、やはり今冬の移籍市場でチェルシーに所属するブラジル代表DFダビド・ルイス(30)の動向を追っているのかもしれない。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽昨シーズンのチェルシーでプレミアリーグ制覇の原動力として存在感を高めたダビド・ルイス。だが、今シーズン途中にアントニオ・コンテ監督との軋轢が明るみとなり、10月31日に行われたチャンピオンズリーグのローマ戦以降、出番が激減している。 ▽そのダビド・ルイスを巡り、以前にも関心が取り沙汰されたレアル・マドリーが獲得に本格参戦の姿勢を強めている様子。レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が攻撃スキルを兼ねたブラジル人センターバックの加入を希望しているという。 2017.12.10 09:00 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース