CSKAやユベントスでプレーした元セルビア代表MFクラシッチがレヒア・グダネスクと契約延長2017.03.17 10:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CSKAモスクワやユベントスでプレーした元セルビア代表MFミロシュ・クラシッチ(32)が、ポーランドのレヒア・グダネスクとの契約を延長した。契約期間は2018-19シーズンの終わりまでとなる。

▽クラシッチは2004年に加入したCSKAモスクワで飛躍を遂げると、2010年8月にユベントスへと完全移籍。しかし、思うような結果を残すことができず、2012年8月にフェネルバフチェへと移籍していた。しかし、新天地でも輝きを取り戻せないでいると、2013年8月にはバスティアへレンタル移籍。2015年8月にレヒア・グダネスクへと完全移籍した。

▽加入当初は出場機会を得ることができず、契約を解除し移籍を目指すことも報じられたクラシッチだったが、今シーズンはキャプテンとしてエクストラクラサ(ポーランド1部)で23試合に出場し1得点5アシストを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリがロシア代表MFゴロビン獲得に関心

▽ナポリがCSKAモスクワに所属するロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビン(21)の獲得に関心を示しているようだ。『Championat.com』が伝えている。 ▽CSKAモスクワの下部組織出身のゴロビンは2015年にトップチームデビュー。多彩なキックと攻撃センスに優れる万能型MFは昨シーズンにレギュラーポジションを掴むと、今シーズンここまでは公式戦39試合に出場し6ゴール5アシストを記録。先日のヨーロッパリーグのアーセナル戦では見事な直接FKも決めていた。 ▽また、来月30日に22歳の誕生日を迎えるゴロビンはロシア代表でも17試合に出場しており、開催国として臨むロシア・ワールドカップ本大会でもレギュラーとしての活躍が期待される。 ▽『Championat.com』の伝えるところによれば、ナポリは先日にイタリア入りしていたゴロビンの代理人と移籍に向けた交渉を行っていたという。また、移籍金に関しては1600万ユーロ(約21億2000万円)ほどが必要になるようだ。 ▽なお、ゴロビンにはチェルシーやアーセナルといったプレミア勢も獲得に興味を示している。 2018.04.20 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG退任が濃厚のエメリ監督、ソシエダとの合意報道を否定「残しているタイトルに集中している」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるウナイ・エメリ監督(46)は19日、自身のツイッターで来季の去就について他のクラブと交渉は行っていないと主張した。 ▽PSGは、15日に行われたリーグ・アン第33節で2位モナコ(勝ち点70)との直接対決を戦い、7-1で勝利。この結果、PSGは2年ぶり7度目のリーグ制覇を成し遂げた。 ▽2016年6月にPSGの指揮官に就任して初のリーグ・アン制覇となったエメリ監督だが、チャンピオンズリーグ(CL)では2年連続のベスト16敗退に終わっており、今季限りでの契約満了が濃厚となっていた。 ▽それに伴い、レアル・ソシエダが来季の指揮官としてエメリ監督を招へいすることを画策しており、一部メディアでは既に合意に至っているとの報道も伝えられていた。 ▽しかし、エメリ監督はこれを否定。自身のツイッターで以下のようにコメントした。 「ここ数日間で色々な情報が出回っているが、私は来季の去就について他のクラブと交渉していない。そして、私はいまパリ・サンジェルマンの監督として残しているタイトルの獲得に集中しているんだ」 2018.04.20 00:40 Fri
twitterfacebook
thumb

C・パレス、生え抜きのU-20イングランド代表MFワン=ビッサカと2022年までの新契約締結!

▽クリスタル・パレスは19日、U-20イングランド代表MFアーロン・ワン=ビッサカ(20)との契約を2022年まで延長したことを発表した。 ▽クリスタル・パレスの下部組織出身のワン=ビッサカは、2016年7月にセカンドチームのクリスタル・パレスU-23に昇格すると、2018年1月にトップチームに昇格。ここまでプレミアリーグで6試合に出場している。 ▽また、DRコンゴとイングランドの二重国籍を持つワン=ビッサカは、U-20カテゴリーからイングランドの世代別代表でプレーしてきた。 2018.04.20 00:02 Fri
twitterfacebook
thumb

マスチェラーノ、来年1月に古巣リーベル・プレート復帰へ

▽今年1月に中国の河北華夏に移籍したアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ(33)は、来年1月に古巣のリーベル・プレートへ戻る可能性があるようだ。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えている。 ▽今年1月にバルセロナから河北華夏に移籍したマスチェラーノ。3月に開幕した中国スーパーリーグでは、開幕から先発フル出場を続け6試合で1アシストを記録している。 ▽中国でも上々の出だしを見せている“ヘフェシート”(マスチェラーノの愛称=小さなチーフ)は、すでに古巣への復帰を考慮しているようで、河北華夏との契約が切れる2020年1月を待たずして、来年1月の母国凱旋を目指しているという。 2018.04.19 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア昇格のウルブス、今夏ウィルシャーをフリーで獲得か

▽来季のプレミアリーグ昇格を決めているウォルバーハンプトンが、アーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(26)の獲得を狙っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽現在チャンピオンシップ(イングランド2部相当)でトップを走り、来季のプレミアリーグ昇格を決めているウルブス。2011-12シーズンぶりのプレミアで戦えるチームを構成するために、まずは今季限りでアーセナルとの契約が切れるウィルシャーを狙いに行くようだ。 ▽これまで伝えられているところでは、ウィルシャーに対してアーセナル側は減俸の新契約を提示したとされており、さすがに選手も合意は渋っている様子だった。しかし、イギリス『インデペンデント』の最新の報道によれば、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は契約延長に自信を持っている様子だ。 「我々は彼に留まって欲しいと思っている。オファーは長期契約になるだろう。彼がサインしてくれることを願っているよ」 「選手に居てもらうためにはクラブは適した態度を取らなければならない。我々は上手くやっていると思うよ」 ▽このように語るヴェンゲル監督だが、果たしてウィルシャーは新シーズンをどこで迎えることになるのだろうか。 2018.04.19 18:30 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース