超ワールドサッカー

CSKAやユベントスでプレーした元セルビア代表MFクラシッチがレヒア・グダネスクと契約延長2017.03.17 10:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CSKAモスクワやユベントスでプレーした元セルビア代表MFミロシュ・クラシッチ(32)が、ポーランドのレヒア・グダネスクとの契約を延長した。契約期間は2018-19シーズンの終わりまでとなる。

▽クラシッチは2004年に加入したCSKAモスクワで飛躍を遂げると、2010年8月にユベントスへと完全移籍。しかし、思うような結果を残すことができず、2012年8月にフェネルバフチェへと移籍していた。しかし、新天地でも輝きを取り戻せないでいると、2013年8月にはバスティアへレンタル移籍。2015年8月にレヒア・グダネスクへと完全移籍した。

▽加入当初は出場機会を得ることができず、契約を解除し移籍を目指すことも報じられたクラシッチだったが、今シーズンはキャプテンとしてエクストラクラサ(ポーランド1部)で23試合に出場し1得点5アシストを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

コカイン所持で逮捕の元C大阪MFミッチ・ニコルスが古巣パース・グローリーFCへ

▽Aリーグのパース・グローリーFCは23日、元オーストラリア代表MFミッチ・ニコルス(28)の加入を発表した。契約期間は2年。M・ニコルスは古巣復帰となる。 ▽2014年にセレッソ大阪でもプレーしていたM・ニコルスは、パース・グローリーFCへのレンタル移籍を経て、2015年夏からウェスタン・シドニー・ワンダラーズに所属。しかし、シーズン終了後に契約満了で退団し、今夏の欧州移籍を模索しているとみられていた。 ▽しかし、M・ニコルスを巡っては、シドニーのナイトクラブで抜き打ちで行われた検査で、3つのビニール袋に小分けされた1.1gの白い粉末を所持していたことが発覚。そのまま逮捕されていた。 2017.06.24 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ルーニー、給与が高すぎて移籍先なし?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニー(31)に対する好条件のオファーは届いていないようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽2016-17シーズン、ジョゼ・モウリーニョ監督の下、ユナイテッドで定位置を確保できなかったルーニーに関しては、今夏に移籍する可能性が伝えられている。しかし、『ミラー』によれば、ルーニーを獲得する移籍金と選手に対する給与面が高額になることがネックとなっているようだ。 ▽現在、ルーニーはユナイテッドで週給30万ポンド(約4200万円)を受け取っているとみられる。しかし、この給与に近いオファーは届いていないとのこと。資金力がある中国リーグのクラブがルーニーに乗り出すのではないかとも報じられてきたが、同リーグは外国人選手の獲得する際に100%の税金を課すことを決定したと伝えられており、ユナイテッドのレジェンドに対する関心が弱っているようだ。 ▽また、ルーニーに関してはエバートンも興味を示していた模様だが、同クラブは先日、オランダ代表MFダビ・クラーセンを獲得。さらに、現在はスウォンジー・シティのMFギルフィ・シグルドソンをターゲットにしているようで、ルーニー獲得に動く気配はなさそうな状況だ。 2017.06.24 16:16 Sat
twitterfacebook
thumb

サンチェス関心のバイエルン、カラスコにも視線注ぐ?

▽バイエルンは、アトレティコ・マドリーに所属するベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(23)の獲得に難を強いられそうだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽今夏、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスに対する関心が取り沙汰されるなど、攻撃陣のテコ入れが取り沙汰されるバイエルン。どうやら、カルロ・アンチェロッティ監督は、新たな攻撃陣の駒として、以前から評価するカラスコにも視線を注いでいるようだ。 ▽しかし、『アス』によれば、アトレティコ・マドリーはカラスコの移籍金として5000万ユーロ(約62億2000万円)を要求。さらに、アトレティコ・マドリーに下った1年間の補強禁止処分で今後の2つのウィンドーで新規選手登録ができないことが、バイエルンのカラスコ獲得に向けた動きを鈍らせるという。 ▽カラスコは、2015年夏に5年契約でモナコからアトレティコ・マドリーに移籍。今シーズンは公式戦53試合に出場し、14ゴール5アシストをマークした。なお、アトレティコ・マドリーとの現行契約は2022年までとなっている。 2017.06.24 15:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、スソに好オファー届けば売却にゴーサイン?

▽ミランは、スペイン人MFスソ(23)の売却を考慮しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽スソは、ジェノアからレンタル復帰した今シーズンの公式戦で37試合7ゴール11アシストをマーク。日本代表FW本田圭佑をベンチに追いやる活躍を見せた。 ▽しかし、ミランに現行契約が残り2年のスソとの契約延長に向けた動きがない様子。伝えられるところによれば、スソに対して重要なオファーが届けば、ミランはそれを検討する意向だという。 ▽なお、そのスソに対しては現在、ローマ、ナポリのイタリア勢のほか、トッテナムが関心を示しているとみられている。 2017.06.24 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、今夏獲得のドイツ代表ウィンガーをシャルケへレンタルか…

シャルケがバイエルンのドイツ代表MFセルジュ・ニャブリのレンタルでの獲得に興味を示しているようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じている。<br><br>ニャブリは今夏、ブレーメンから800万ユーロ(約10億円)でバイエルンへと移籍。ドイツ代表ですでにデビュー済みで、現在はU-21ドイツ代表として欧州選手権に参戦中であるが、新シーズンをバイエルンで迎えるかは明らかになっていない。<br><br>ニャブリ獲得後もアーセナルのFWアレクシス・サンチェスを始め、さらなるスター選手獲得を目論むバイエルンは、新たなアタッカーを獲得したあかつきには、21歳のニャブリはレンタルで放出する見込み。その候補に挙がっているのがホッフェンハイムとシャルケだ。<br><br>シャルケはクリスティアン・ハイデルSD(スポーツディレクター)が以前からニャブリ獲得に興味を示しており、レンタルであれば、新戦力確保に本腰を入れそうだ。また、バイエルンとの関係は良好で、ホルガー・バドシュトゥバーを始め、何人かの貸し出しに成功してきた実績もある。ニャブリが新シーズンをどのユニフォームを着て迎えるか、注目が集まるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.24 14:15 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース