CSKAやユベントスでプレーした元セルビア代表MFクラシッチがレヒア・グダネスクと契約延長2017.03.17 10:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CSKAモスクワやユベントスでプレーした元セルビア代表MFミロシュ・クラシッチ(32)が、ポーランドのレヒア・グダネスクとの契約を延長した。契約期間は2018-19シーズンの終わりまでとなる。

▽クラシッチは2004年に加入したCSKAモスクワで飛躍を遂げると、2010年8月にユベントスへと完全移籍。しかし、思うような結果を残すことができず、2012年8月にフェネルバフチェへと移籍していた。しかし、新天地でも輝きを取り戻せないでいると、2013年8月にはバスティアへレンタル移籍。2015年8月にレヒア・グダネスクへと完全移籍した。

▽加入当初は出場機会を得ることができず、契約を解除し移籍を目指すことも報じられたクラシッチだったが、今シーズンはキャプテンとしてエクストラクラサ(ポーランド1部)で23試合に出場し1得点5アシストを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

アザール、レアル・マドリー移籍は既定路線か…スペインでの新居や子供の学校をリサーチ

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(26)にレアル・マドリー移籍の可能性が高まった。イギリス『デイリー・スター』がスペイン『Diario Gol』の情報をもとに伝えている。 ▽卓越したドリブルスキルとクイックネスでチェルシーの攻撃陣をリードするアザール。本人が憧れを抱くジネディーヌ・ジダン監督の獲得希望もあり、レアル・マドリー移籍の噂が加熱している。 ▽報道によれば、ジダン監督はトップターゲットのアザール獲得をフロレンティーノ・ペレス会長に要望。会長も本格参戦の意を表しているようだ。 ▽そうした状況の中、渦中のアザールもレアル・マドリー移籍に向けた動きを見せている様子。すでに、スペインでの新たな住まいの他、3人の子供が通う学校も見つけているという。 ▽しかし、チェルシー側に売却の意思はない。売るとなればマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバが記録した史上最高額の移籍金8900万ポンド以上を見込んでいる模様だ。 2017.03.27 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

乾が所属するエイバル、指揮官との契約を更新へ

▽日本代表MF乾貴士が所属するエイバルが、指揮官であるホセ・ルイス・メンディリバル監督(56歳)との契約を更新する準備を進めているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽昨シーズンから2度目となるエイバルの指揮官に就任したメンディリバル監督は、今シーズン限りで契約が満了を迎える。同監督は昨季を14位で終えてチームを1部に残留させ、今季もここまで8位につけている。クラブ側は指揮官の手腕を評価しているようで、今回のインターナショナルウィーク中に契約更新についての会談が行われたようだ。 ▽クラブから正式な発表はないものの、『マルカ』によれば2017-18シーズンもメンディリバル監督が指揮を執ることで合意しているという。なお、乾はメンディリバル監督の下、昨季はリーグ戦27試合に出場。今季も20試合でプレーするなど指揮官の信頼を勝ち取っている。 2017.03.27 08:43 Mon
twitterfacebook
thumb

欧州予選グループAで4位に沈むオランダ代表がブリント監督を電撃解任…

▽オランダサッカー協会(KNVB)は26日、同国代表を率いるダニー・ブリント監督(55)の解任を発表した。 ▽ブリント監督は、ユーロ2016予選期間中に解任されたフース・ヒディンク前監督の後任として、オランダ代表の監督に就任。しかし、チームの立て直しには至らずユーロ2016の本大会出場を逃すと、ロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権を懸けた欧州予選グループAでも5戦を消化した時点で2勝1分け2敗と苦戦。 ▽25日に行われた欧州予選第5節のブルガリア戦でも0-2と敗北したオランダは、2位スウェーデン代表と3ポイント差の4位に沈んでおり、本大会出場に黄色信号が灯っていた。 ▽なお、28日に行われる国際親善試合のイタリア代表戦は、アシスタントコーチのフレッド・グリム氏が暫定指揮官を務める。 2017.03.27 06:02 Mon
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタ、フランス行きに関心 「フットボールの世界ではどんなことも起こる」

▽チェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)は、将来的なフランス移籍を考慮しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽現在、プレミアリーグ首位を走るチェルシーの絶対的エースストライカーに君臨しているジエゴ・コスタだが、昨年夏に古巣アトレティコ・マドリーへの復帰を画策すると、今冬には8000万ポンド(約110億円)での中国スーパーリーグ、天津権健への移籍の可能性が報じられるなど、今後の去就に注目が集まっている。 ▽この状況下でスペイン代表FWは、新たな移籍先候補としてリーグ・アンの名前を挙げている。同選手がフランス『テレ・フット』で語った。 「マルセイユとパリ・サンジェルマンは素晴らしいプロジェクトを持っているね。彼らはヨーロッパで尊敬を集めるクラブだ。同様にモナコも素晴らしいプロジェクトを持っていて、一部の偉大なプレーヤーが在籍しているね」 「リーグ・アンは発展を続けている」 「僕はチェルシーでとても幸せだ。だけど、フットボールの世界ではどんなことも起こる」 「僕が移籍の必要性を感じるならば、フランスは一度もプレーしたことがない国だ。悪くない選択肢なんじゃないかな」 ▽過去にPSG移籍の可能性が報じられたこともあるジエゴ・コスタだが、今夏に積極補強が見込まれるPSGやマルセイユ行きは実現するのか。 2017.03.27 04:13 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャがヘスス・ナバスの再獲得を検討か

▽セビージャが今夏にマンチェスター・シティのスペイン代表MFヘスス・ナバス(31)の再獲得を画策しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽ヘスス・ナバスは2002-03シーズンに16歳でセビージャの下部組織からトップチームに昇格した。05-06シーズンではセビージャの初のUEFAカップの獲得に貢献し、その後もコパ・デル・レイ、UEFAスーパーカップなどのタイトルを手にした。2013年に1490万ポンド(現在のレートで約20億6800万円)でマンチェスター・シティへ移籍。移籍初年度ではリーグ戦29試合に出場するなど多くの出場機会を得て、プレミアリーグ優勝に貢献している。 ▽しかし現在、ヘスス・ナバスはグアルディオラ監督の下、コンスタントな出場ができていない。昨シーズンはリーグ戦34試合に出場したが、今シーズンはドイツ代表MFレロイ・サネの加入もあり、ここまで29試合中15試合の出場にとどまっている。 ▽この状況に目をつけたのがセビージャ。今シーズン限りでシティとの契約が切れる同選手に対して、今冬にもオファーを提示するのではないかとイギリスメディアは報じていた。実際に、ヘスス・ナバスを獲得することはなかったが、『デイリー・メール』によると、今夏にフリートランスファーでの獲得を考えているようだ。 ▽また同メディアは、スペインメディアを引用して、ヘスス・ナバスの息子がすでにセビージャの学校に入学届を提出したと報道している。果たして古巣への復帰は決まるのだろうか。 2017.03.26 20:01 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース