サウスゲート、約3年ぶりに招集されたデフォーに期待「年を重ねるごとに凄みを増している」2017.03.17 08:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督が、約3年ぶりの代表復帰となったFWジャーメイン・デフォーへの期待を口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽イングランドサッカー協会(FA)は16日、今月22日に行われるドイツ代表との国際親善試合、26日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のリトアニア代表戦に臨むイングランド代表メンバーを発表した。

▽攻撃陣では、FWウェイン・ルーニー、FWハリー・ケインら主力が負傷で招集外となる中、2014年5月に発表されたブラジルW杯の予備登録メンバーに招集されて以降、代表から遠ざかっていたデフォーが招集された。

▽34歳になるデフォーの招集についてサウスゲート監督は、最下位に沈むチームの中で14ゴールを奪っている決定力の高さを期待していると明かした。

「年を重ねるごとに彼は凄みを増している。特に今シーズンは素晴らしい活躍を見せており、チームが難しい状況にある中でも結果を残している。彼のゴール決定率は素晴らしいものがあるね」

「私は年齢で選手を決めるようなことはしない。彼のプレーがイングランドを助けると思っている。若い選手はベテランよりも優れているところを発揮し、ベテランも同じく若手よりも優れている部分を見せてもらいたい。彼の招集に関して言えば、私が保証しよう」

コメント

関連ニュース

thumb

エバートンのU-20イングランド代表MFドーウェルがノッティンガム・フォレストにレンタル移籍…U-20W杯優勝メンバー

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のノッティンガム・フォレストは3日、、U-20イングランド代表MFキーラン・ドーウェル(19)がエバートンから期限付き移籍で加入することを発表した。加入期間は1年間となる。 ▽エバートンの下部組織出身のドーウェルは、2014-2015シーズンにヨーロッパリーグ(EL)でトップチームデビューを果たすと、翌2015-2016シーズンにはプレミアリーグにも出場。昨シーズンはプレミアリーグでの出場こそ無かったものの、今年5月から6月にかけて行われていたFIFA U-20ワールドカップ2017で7試合に出場し、チームの優勝に貢献した。 2017.08.03 19:53 Thu
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表GKポール・ロビンソンが現役引退! スパーズやブラックバーンで活躍

▽元イングランド代表GKポール・ロビンソン(37)が現役引退を発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が17日に伝えた。 ▽リーズの下部組織出身のロビンソンは、1998年にトップチームへ昇格した。2002-03シーズンにレギュラーポジションを掴むと、2004年にトッテナムへ完全移籍。4シーズンを過ごした同クラブでは、2007-08シーズンに自身にとって唯一のタイトルとなったリーグカップを獲得した。 ▽その後、2008年に加入したブラックバーンでは、チャンピオンシップ(イングランド2部)降格を味わうも、7シーズンに渡ってプレー。2015年に加入したバーンリーでは控えGKの立場に甘んじるも、2015-16シーズンにプレミア昇格を果たし、昨シーズンは久々のプレミアの舞台でリーグ戦3試合に出場していた。 ▽また、2003年にデビューを果たしたイングランド代表では通算41試合に出場。2006年のドイツ・ワールドカップでは正GKとして全試合に出場し、ベスト8進出に貢献した。 2017.07.17 20:53 Mon
twitterfacebook
thumb

エンメチャの2戦連発弾で逃げ切ったイングランドが最多タイとなる10度目の優勝!《U-19欧州選手権》

▽15日にU-19欧州選手権2017決勝のU-19ポルトガル代表vsU-19イングランド代表が行われ、1-2でイングランドが勝利。この結果、イングランドが1993年ぶり10度目の優勝を飾った。 ▽準決勝でU-19オランダ代表に1-0で勝利したポルトガルは、準決勝と同じ先発メンバーを採用。一方、準決勝でU-19チェコ代表に1-0で勝利したイングランドは、準決勝から先発を3人変更。チェコ戦でAT弾を決めたエンメチャ(マンチェスター・シティU-23)やバックリー(マンチェスター・シティU-23)、ドゼル(イプスウィッチ)をスタメンで起用した。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が続く試合は、27分にイングランドが最初のチャンスを迎える。スルーパスでボックス右深くまで侵攻したバックリーの折り返しからボックス内に走り込んだマウント(チェルシーU-23)が右足を振り抜いたが、このシュートはダロト(ポルトB)のブロックに阻まれた。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、イングランドがファーストチャンスで先制する。50分、バイタルエリア中央右寄りでFKを獲得すると、マウントの直接FKがポストを直撃。この跳ね返りに素早く反応したサルマン(アストン・ビラU-23)がこぼれ球を頭で押し込んだ。 ▽先制を許したポルトガルだが、すぐに反撃に転じる。すると57分、左サイドでボールを受けたアブドゥ・コンテ(スポルティングU-19)のクロスがD・スターリング(チェルシーU-23)のオウンゴールを誘い、同点に追いついた。 ▽同点とされたイングランドだが、ショートカウンターから勝ち越しに成功する。68分、中盤でバックリーがパスカットすると、このこぼれ球が前線のマウントへ繋がる。ボックス右まで持ち上がったマウントが相手GKを引き付けラストパス供給。これを逆サイドから走り込んだエンメチャがゴールに流し込んだ。 ▽その後、イングランドはエンメチャやドゼル、バックリーを下げて、ブレルトン(ノッティンガム)やダシルバ(アーセナルU-18)、エドワーズ(トッテナムU-23) を投入し、試合をクローズ。86分にエドゥンがこの試合2枚目のイエローカードで退場処分を受けたが、最後まで逃げ切ったイングランドが最多タイとなる10度目の優勝を飾った。 2017.07.16 03:02 Sun
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表MFスコット・パーカーが現役引退! 「自分の人生、キャリアにおいて新たな章に進むべき時」

▽フルアムの元イングランド代表MFスコット・パーカー(36)が今季限りでの現役引退を発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽20年のプロキャリアを終えることになったパーカーは、引退を決断した理由に関して以下のように語っている。 「僕にとって現役引退という決断は決して簡単なものではなかった。でも、そのことについては長い間、深く考えてきたことだった。近しい人たちと議論を重ねた結果、今が自分の人生、キャリアにおいて新たな章に進むべき時だと思ったんだ」 「チャールトン・アスレティックでキャリアをスタートしたとき、僕は自分のキャリアが20年も続くとは夢にも思っていなかった。それでも、自分のここまでのキャリアを楽しみ、誇りに思っているよ」 「これまでのすべての瞬間を楽しんできた。チャールトンでトップチームデビューしたこと、プレミアリーグで定期的にプレーすること。チャンピオンズリーグでプレーしたこと。イングランド代表として主要な大会に出ること。そして、最終的にイングランド代表のキャプテンを務めたことは、本当に夢のような出来事だった」 「チャールトン・アスレティック、ノリッジ・シティ、チェルシー、ニューカッスル・ユナイテッド、ウェストハム・ユナイテッド、トッテナム・ホットスパー、フルアムに関わるすべての人に感謝を伝えたい。また、彼らを代表してプレーできたことを誇りに思っている」 「同様に僕をサポートしてくれたすべてのクラブのファンに感謝したい。あなた方のサポートは僕にとって大きな意味があった。そして、キャリアの浮き沈みの中でいつも僕を支えてくれた。個人的にはピッチ上のプレーを通じて、その恩返しができたと思っている」 「また、僕のキャリアを通じて関わてきたすべてのチームメート、コーチや監督に感謝したい。これまでのキャリアを通じて一緒に働いてきたすべての人から学んだことは、間違いなく僕の次のキャリアの章で大きな利益をもらたすと思っている」 「最後に、最も重要な家族に感謝を示したい。常に僕を支えてくれた妻のカリーとその家族、フランキー、マーフィー、ソニー、ラファの4人の子供たち。心の底から感謝している。同様に、母と父にもありがとうと伝えたい。2人のことは本当に誇りに思っているし、2人がいなければ、僕は何も成し遂げられなかっただろう」 「子供のときからフットボールプレーヤーになることを夢見てきた。だから、その夢を実現できたことを本当に光栄に思っている。キャリアにおいて息子たちだけでなく、一緒にプレーしてきたチームメート、支えてくれたすべての人たちにとって、自分が良いロールモデルになることができたと願っている」 「僕はいま、人生、キャリアにおいて新たな章を楽しみにしている。そして、それがどんなものであるか、すぐに発表できることを願っている」 ▽チャールトンの下部組織出身のパーカーは、1997年にトップチームデビュー。豊富な運動量と卓越した戦術眼を活かした正確な繋ぎ、闘争心溢れる守備を特長とするイングランドらしいセントラルMFは、すぐさま同クラブの主力に成長した。 ▽その後、2004年1月にロマン・アブラモビッチ体制に移行したチェルシーに加入したものの、同クラブでは思うように出場機会を得られず、ニューカッスル、ウェストハムを渡り歩くことに。だが、2010-11シーズンにはFWA年間最優秀選手賞を受賞するなど、圧巻のパフォーマンスを披露し、同時期にはイングランド代表の主力にも定着。その後、2011年に加入したトッテナムでは、ウェールズ代表MFガレス・ベイル(現レアル・マドリー)らと共に活躍し、2013年から今季終了まではフルアムでプレーしていた。なお、プレミアリーグでは通算369試合に出場し、24ゴールを記録した。 ▽また、イングランド代表では2003年にフル代表デビューを飾ると、ユーロ2012に出場するなど、通算18試合に出場していた。 2017.06.29 00:02 Thu
twitterfacebook
thumb

守護神ポラースベックが大仕事! ドイツがPK戦でイングランドを退け、4大会ぶり2度目の決勝進出!《U-21欧州選手権2017》

▽U-21欧州選手権2017準決勝のU-21イングランド代表vsU-21ドイツ代表が27日に行われ、2-2で120分間の戦いが終了。その後、PK戦を4-3で制したドイツが2009年のスウェーデン大会以来、4大会ぶり2度目(東ドイツ、西ドイツ時代を除く)の決勝進出を果たした。 ▽グループAを首位通過したイングランドは、グループ最終節のU-21ポーランド代表戦から2選手を変更。[4-3-1-2]を採用したイングランドはGKにピックフォード、4バックに右からホルゲイト、チャンバース、モーソン、チルウェル、中盤はチャロバーの1アンカーに、左右のインサイドハーフにワード=プラウズ、ヒューズ、トップ下にベイカー、2トップにエイブラハムとグレイを配した。 ▽一方のドイツは、グループCをU-21イタリア代表に次ぐ2位で終えるも、3グループの2位チームで最上位となり、準決勝進出。グループ最終節のイタリア戦からは3選手を変更。[4-2-3-1]を採用したドイツはGKにポラースベック、4バックに右からトルジャン、ユング、ケンプ、ゲルハルト。中盤はハベラーとアーノルドの2セントラルMFに、2列目は右からフィリップ、マックス・マイヤー、ニャブリ、1トップにゼルケが入った。 ▽試合は立ち上がりから互いに攻め合う展開に。開始2分にはマイヤーのスルーパスに抜け出したゼルケがボックス内でDFチャンバースと交錯して倒れるが、主審はこのプレーでPKを与えず。 ▽すると、直後の4分にはボックス右で見事な仕掛けを見せたヒューズがゴールライン際でマイナスに折り返す。ゴール前のエイブラハムが良い反応を見せたが、直前でDFユングのブロックに遭う。さらに7分にはヒューズの中央突破からボックス内でスルーパスを受けたグレイが続けてシュートを放つが、一度目は相手DFのブロック、2度目は体勢を崩しながらも右手を伸ばしたGKポラースベックの圧巻のワンハンドセーブに阻まれた。 ▽時間の経過と共にボールを保持してイングランドを押し込むドイツは、マイヤーを起点にニャブリやゼルケが再三の決定機を創出。そして35分、バイタルエリア右で持ち上がったマイヤーのスルーパスに抜け出したトルジャンがボックス右で折り返すと、これをニアに走り込んだゼルケが豪快なヘディングでゴール右隅に決めた。 ▽劣勢の流れの中で先制を許したイングランドだったが、序盤から可能性を感じさせていたセットプレーから同点に追いつく。41分、右CKの場面でキッカーのワード=プラウズがアウトスウィングのボールを入れると、ファーサイドで競り勝ったチャンバースが右足でシュート。これはDFにブロックされるも、こぼれ球に反応したグレイが見事な左足ボレーでゴールネットを揺らした。 ▽1-1のイーブンで迎えた後半、追いついた勢いに乗るイングランドが早々に勝ち越す。50分、相手陣内右サイド深くでニャブリの不用意なパスをカットしたヒューズがそのままボックス内に持ち込んでグラウンダーの折り返し。これをゴール前のエイブラハムが泥臭く押し込んだ。 ▽この試合、初めてビハインドを背負ったドイツはすぐさま反撃を開始。57分には左サイドでアーノルドが入れたクロスがゴール前の密集を抜けてファーでフリーのトルジャンの元へ。しかし、トルジャンの右足ボレーはサイドネットを叩き、絶好の同点機を逸した。 ▽その後、イングランドがチャロバー、ドイツがゼルケと互いに負傷者を出した中、それぞれマーフィー、プラッテと交代選手が投入される。すると、この選手交代が試合を動かす。70分、ドイツの左CKの場面でキッカーのアーノルドが左足でアウトスウィングのボールを入れると、ニアでDFを振り切ったU-21ドイツ代表初キャップのプラッテが豪快に頭で叩き込み、値千金のデビュー弾を記録した。 ▽伏兵の一発で一気に流れを引き寄せたドイツは、追いついた直後の70分過ぎにボックス内でパスを受けたフィリップ、ニャブリに続けて決定機が訪れるが、GKピックフォードのビッグセーブに阻まれ、勝ち越しゴールとはならず。 ▽その後もドイツペースが進む中、イングランドはグレイとヒューズを下げてレドモンドとスウィフト、ドイツはユングとニャブリを下げてケフラー、アミリを投入し勝ち越しゴールを狙うも、90分間で決着は付かず。今大会初の延長戦へと突入することになった。 ▽延長戦に入ると、足が完全に止まったイングランドに対して、ドイツがワンサイドゲームを展開する。だが、GKピックフォードを中心に最後の場面で粘るイングランドの守備を前に、やや決定力を欠くドイツの攻撃は不発。延長後半終了間際にはボックス右で仕掛けたトルジャンからの高速クロスにファーでドフリーのアミリが飛び込むが、わずかに届かず。決勝進出の行方はPK戦に委ねられることになった。 ▽ドイツの先攻で行われたPK戦では、それぞれ2人目のゲルハルト、エイブラハムがGKに止められるも3-3のイーブンで運命の5人目を迎える。先攻ドイツのアミリが冷静に左隅へ決めるが、後攻イングランドのレドモンドの左を狙ったシュートはGKポラースベックのビッグセーブに遭い、激闘に終止符が打たれた。PK戦までもつれ込んだものの順当な勝利を飾ったドイツは、2009年のスウェーデン大会以来、4大会ぶり2度目の決勝進出を果たした。なお、ドイツは30日にU-21スペイン代表vsU-21イタリア代表の勝者との決勝に臨む。 ▽一方、トゥーロン国際大会、U-20ワールドカップと今年行われたアンダー年代の主要大会で快進撃を続けてきたイングランドだが、2009年のスウェーデン大会決勝に続きドイツに敗れ、1984年以来17大会ぶりの優勝はならなかった。 ◆準決勝 U-21イングランド 2-2(PK:3-4) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">U-21ドイツ</span> 【U-21イングランド】 グレイ(41) エイブラハム(50) 【U-21ドイツ】 ゼルケ(35) プラッテ(70) ▽PK戦 ・1人目 アーノルド○ ○ベイカー ・2人目 ゲルハルト× ×エイブラハム ・3人目 フィリップ○ ○チルウェル ・4人目 マイヤー○ ○ワード=プラウズ ・5人目 アミリ○ ×レドモンド ※左が先攻ドイツ、右が後攻イングランド 2017.06.28 04:00 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース