サウスゲート、約3年ぶりに招集されたデフォーに期待「年を重ねるごとに凄みを増している」2017.03.17 08:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督が、約3年ぶりの代表復帰となったFWジャーメイン・デフォーへの期待を口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽イングランドサッカー協会(FA)は16日、今月22日に行われるドイツ代表との国際親善試合、26日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のリトアニア代表戦に臨むイングランド代表メンバーを発表した。

▽攻撃陣では、FWウェイン・ルーニー、FWハリー・ケインら主力が負傷で招集外となる中、2014年5月に発表されたブラジルW杯の予備登録メンバーに招集されて以降、代表から遠ざかっていたデフォーが招集された。

▽34歳になるデフォーの招集についてサウスゲート監督は、最下位に沈むチームの中で14ゴールを奪っている決定力の高さを期待していると明かした。

「年を重ねるごとに彼は凄みを増している。特に今シーズンは素晴らしい活躍を見せており、チームが難しい状況にある中でも結果を残している。彼のゴール決定率は素晴らしいものがあるね」

「私は年齢で選手を決めるようなことはしない。彼のプレーがイングランドを助けると思っている。若い選手はベテランよりも優れているところを発揮し、ベテランも同じく若手よりも優れている部分を見せてもらいたい。彼の招集に関して言えば、私が保証しよう」

コメント

関連ニュース

thumb

FA会長がテロと戦ったセキュリティサービスに感謝…「勇気を称えたい」とセレモニー開催を発表

イングランドサッカー協会(FA)のグレッグ・クラーク会長は、22日水曜日にロンドンで起きたテロに立ち向かったセキュリティサービスを称えるセレモニーをイングランド対リトアニア代表戦の前に行うとFAの公式サイトで発表した。<br><br>22日にウェストミンスター周辺で起きたテロで、警察官1人を含む4人が死亡し、20人以上の負傷者がいると警察は発表していた。さらに射殺された容疑者は、ウェストミンスター侵入前にウェストミンスター・ブリッジの歩道を車で暴走し、負傷者をだすなどのテロ行為も行っていた。<br><br>これを受け、ドイツ代表との親善試合を前にクラーク会長は「我々はテロの被害者のことを思っている」と声明を発表した。さらに「日曜日のイングランド対リトアニア戦の前にセキュリティサービスとテロに立ち向かった全ての人の勇気に賛辞を贈りたい」とウェンブリー・スタジアムで開催されるワールドカップ予選の試合前にセレモニーを行う考えがあると言及している。<br><br>イングランド代表のガレス・サウスゲート監督もドイツ戦前に「日曜日にロンドンで彼らを称えることは素晴らしいことだ」とFAの提案に賛成すると『ITV』に語っていた。<br><br>提供:goal.com 2017.03.25 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

FA会長がテロと戦ったセキュリティサービスに感謝…「勇気を称えたい」とセレモニー開催を発表

イングランド・サッカー協会(FA)のグレッグ・クラーク会長は、22日水曜日にロンドンで起きたテロに立ち向かったセキュリティサービスを称えるセレモニーをイングランド対リトアニア戦の前に行うとFAの公式サイトで発表した。<br><br>22日にウェストミンスター周辺で起きたテロで、警察官1人を含む4人が死亡し、20人以上の負傷者がいると警察は発表していた。さらに射殺された容疑者は、ウェストミンスター侵入前にウェストミンスター・ブリッジの歩道を車で暴走し、負傷者をだすなどのテロ行為も行っていた。<br><br>これを受け、ドイツ代表との親善試合を前にクラーク会長は「我々はテロの被害者のことを思っている」と声明を発表した。さらに「日曜日のイングランド対リトアニア戦の前にセキュリティサービスとテロに立ち向かった全ての人の勇気に賛辞を贈りたい」とウェンブリー・スタジアムで開催されるワールドカップ予選の試合前にセレモニーを行う考えがあると言及している。<br><br>イングランド代表のガレス・サウスゲート監督もドイツ戦前に「日曜日にロンドンで彼らを称えることは素晴らしいことだ」とFAの提案に賛成すると『ITV』に語っていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.25 13:22 Sat
twitterfacebook
thumb

守備陣に欠場者続出のイングランド、ミドルズブラDFギブソンを追加招集

▽イングランドサッカー協会(FA)は24日、ミドルズブラのDFベン・ギブソンをイングランド代表に追加招集したことを発表した。24歳のギブソンは代表初招集となる。 ▽26日にロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でリトアニア代表と対戦するイングランドは、出場停止でDFギャリー・ケイヒル(チェルシー)を欠く他、負傷でクリス・スモーリングとDFフィル・ジョーンズ(共にマンチェスター・ユナイテッド)を欠く緊急事態となっている。 ▽ギブソンは19位に沈むミドルズブラの中で、今季ここまでのリーグ戦全29試合にフル出場している。 2017.03.24 22:49 Fri
twitterfacebook
thumb

イングランド指揮官サウスゲイト、ドイツに敗戦も新システムに手応え

▽イングランド代表は22日、ドイツ代表との国際親善試合でドイツ代表FWルーカス・ポドルスキに見事なミドルシュートを決められ、0-1で敗戦した。しかし、同代表のサウスゲイト監督は、今回の一戦で採用した新システムに手応えを感じている。 ▽イングランド代表は今回の一戦で、[3-4-3]を採用。同代表が3バックで試合に臨んだのは、2006年にクロアチア代表に敗戦して以来、初めてとのこと。サウスゲイト監督は、『BBC Radio 5』で以下のようにコメントを残している。 「我々は非常に良いパフォーマンスができた。これを続けていかなければならない」 「こういった試合で何かを学ぶことは重要なことだ。そしてレベルの高いパフォーマンスをすることも重要だ」 「攻撃的な姿勢で試合に臨んだことはドイツ代表に問題をもたらした。悪くない結果だ」 ▽一方でサウスゲイト監督は今回のシステムに拘らず、「いくつかのシステムを使うことが可能」なチームであることも付け加え、以下のように続けた。 「我々のカウンター攻撃は相手に恐怖を与えていた。ドイツ代表を倒すこともできただろう。もしワイドなプレーを望むのなら、我々には優秀なウインガーがいる」 「このような試合を通じて、自分たちの強さと弱点を知ることができるんだ」 2017.03.23 14:36 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルディが圧巻のゴラッソで自らの引退試合に花を添える! ドイツが難敵イングランドを撃破!《国際親善試合》

▽国際親善試合のドイツ代表vsイングランド代表が22日にジグナル・イドゥナ・パルクで行われ、ドイツが1-0で勝利した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でグループC首位に立つドイツと、グループE首位に立つイングランドによる強豪対決。ホームのドイツは、離脱が決まったGKノイアーに加え、軽傷を抱えるエジル、ドラクスラーらが出場を回避。そのため、GKにはテア・シュテーゲン、最終ラインは右からキミッヒ、リュディガー、フンメルス、ヘクターが並び、中盤はヴァイグルとクロースの2センターに、2列目は右からブラント、ポドルスキ、リロイ・ザネ、1トップにこれが代表デビューとなるヴェルナーが起用された。 ▽一方、負傷のケインやヘンダーソン、ルーニーらが招集外となったイングランドは、今回の一戦でチェルシーやトッテナムが採用する[3-4-3]の布陣を採用。GKにはハート、最終ラインは右からマイケル・キーン、スモーリング、ケイヒル。中盤はウォーカーとバートランドがウイングバックを務め、エリック・ダイアーとリバモアが2センターを務め、3トップは最前線のヴァーディの下に、ララナとデレ・アリが2シャドーで入った。 ▽試合前に、これがドイツ代表通算130試合目にして、引退試合となるポドルスキに向けたセレモニーが行われるなど、大きな盛り上がりの中でスタートした強豪対決。試合は、アウェイのイングランドが前からの激しいプレスで主導権を奪う。5分過ぎにはデレ・アリの続けざまのチャンスメークからヴァーディに決定機も、ここは相手GKテア・シュテーゲンと交錯するなど、決め切れない。 ▽一方、時間の経過と共に相手陣内でのプレーを増やしてきたドイツは、16分にペナルティアーク付近でボールを受けたポドルスキが得意の左足でシュートを狙うが、これは相手DFにブロックされ、自身の引退試合を飾る代表通算49ゴール目とはならず。 ▽その後はデレ・アリ、ララナを起点に攻守両面で強さを見せるイングランドのペースが続く。31分には左サイドでキミッヒのミスパスを奪ったララナが相手陣内を独走し、ボックス左からシュートを狙うが、このシュートは右ポストを叩く。さらに、41分にはヴァーディのスルーパスに抜け出したデレ・アリがボックス内でGKと一対一になるが、ここはテア・シュテーゲンの果敢な飛び出しに阻まれ、絶好機を逸した。 ▽押し込まれる場面が目立つドイツも、左サイドのザネの仕掛けを軸に徐々に攻勢を仕掛けると、36分にはそのザネのお膳立てから再びポドルスキに決定機も、左足のシュートは枠を捉えきれない。 ▽ゴールレスで迎えた後半は、互いに選手交代なしでスタート。後半開始3分にはドイツに最初の決定機。左CKの流れからGKハートのパンチングをボックス手前で拾ったブラントがシュートを狙うが、これは枠の左に外れた。 ▽前半に比べオープンな展開が続く中、52分にはロングカウンターからリバモアのスルーパスに抜け出したヴァーディの折り返しにデレ・アリ、直後の53分にはクロースの浮き球スルーパスに抜け出したゴール前のポドルスキに決定機も、いずれもシュートを枠に飛ばせない。 ▽後半も守勢が続くドイツは59分、ブラントを下げてシュールレを同じ右ウイングのポジションに投入。すると61分には、右サイドからカットインしたシュールレが挨拶代わりのミドルシュートを放つ。また、65分過ぎにはイングランドがララナに代えて、これが代表デビューとなるレドモンド、ドイツはヴァイグルに代えてカンを投入した。 ▽やや試合がこう着し始めた中、ここまで沈黙していたこの試合の主役が千両役者ぶりを発揮する。69分、ボックス手前やや右の位置でシュールレからパスを受けたポドルスキが自身の代名詞である左足を豪快に振り抜くと、強烈な弾道のシュートがゴール右上隅の完璧なコースに突き刺さった。そして、ドイツ代表の背番号10は、自身の引退試合に花を添える完璧な一撃で通算49ゴール目を決めた。 ▽ポドルスキの圧巻の一撃を食らったものの、サウスゲイト監督の正指揮官としての初陣で引き立て役に終わりたくないイングランドは、70分過ぎにデレ・アリ、ヴァーディを下げて、リンガード、ラッシュフォードのマンチェスター・ユナイテッドコンビをピッチに送り出す。さらに83分にはリバモア、バートランドを下げて、ショーとこれが代表デビューのワード=プラウズを投入した。 ▽一方のドイツは、84分に殊勲のポドルスキに代えてルディを投入。ドイツ代表として最後の試合で圧巻のゴラッソを決めたポドルスキには、満員のスタンドから惜しみない拍手が送られた。 ▽その後はポドルスキを勝利で送り出そうと、攻守に高い集中力を見せたドイツが、選手交代でリズムを失ったイングランドの反撃を難なく凌ぎ切り、試合は1-0のままタイムアップ。 ▽圧巻のゴールで自らのドイツ代表キャリアを美しすぎる形で締めくくったポドルスキの活躍でイングランドを撃破したドイツ代表は、26日に行われるロシアW杯欧州予選アゼルバイジャン代表とのアウェイゲームに向けて大きな弾みを付けた。一方、サウスゲイト新監督の初陣を勝利で飾れなかったイングランドは、26日にリトアニア代表とのホームゲームを戦う予定だ。 2017.03.23 06:54 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース