超ワールドサッカー

準々決勝進出クラブが決定! ユナイテッドやシャルケが突破もローマがリヨンに屈し敗退…《EL》2017.03.17 08:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の2ndレグが16日に行われ、ベスト8進出チームが決定した。

▽勝ち上がったのは、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)、セルタ(スペイン)、シャルケ(ドイツ)、リヨン(フランス)、アヤックス(オランダ)、ベシクタシュ(トルコ)、アンデルレヒト(ベルギー)、ヘンク(ベルギー)の8クラブ。

▽優勝候補筆頭のユナイテッドは、ホームで行われた2ndレグでロシアの強豪ロストフ相手にMFマタのゴールできっちり勝ち切り、危なげなく準々決勝進出を決めた。

▽一方、実力者同士の対戦となったローマvsリヨンは、1stレグで4-2と大量リードを許したローマが、試合序盤から猛追し、2-1と勝利を収めたが、2戦合計で4-5とわずかに届かず、低調なアウェイでの1stレグが響いた。

▽また、同国対決となったボルシアMGvsシャルケでは、前半にボルシアMGが2点のリードを奪ったが、後半立ち上がりから猛攻に出たシャルケが敵地で2点差を追いつき試合終了。この結果、アウェイゴール差でシャルケが5シーズンぶりのベスト8進出を決めた。

▽EL3連覇のセビージャの後を継ぎ4連覇を目指したスペイン勢では、セルタが1stレグに続き、敵地でFCクラスノダールを撃破。その他のカードでは、ホームで完勝のアヤックスが逆転で準々決勝進出。また、ラウンド16に最多3チームが勝ち残ったベルギー勢は、ヘントとの同国対決を制したヘンクと、アポエルに連勝したアンデルレヒトがベスト8に進出した。

▽なお、EL準々決勝の組み合わせ抽選会は17日に行われる。16日に行われたELラウンド16・2ndレグの結果は以下のとおり。

▼ELラウンド16・2ndレグ(3/16開催)
FCクラスノダール 0-2(AGG:1-4) セルタ
ベシクタシュ 4-1(AGG:5-2) オリンピアコス
ヘンク 1-1(AGG:6-3) ヘント
アンデルレヒト 1-0(AGG:2-0) アポエル
ボルシアMG 2-2(AGG:3-3) シャルケ
ローマ 2-1(AG:4-5) リヨン
マンチェスター・ユナイテッド 1-0(AGG:2-1) ロストフ
アヤックス 2-0(AGG:3-2) コペンハーゲン

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、ブラジル代表DFファビーニョ獲得が間近か

▽イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』は22日、マンチェスター・ユナイテッドがモナコのブラジル代表DFファビーニョ(23)に迫っていると報じた。 ▽2016-17シーズンにモナコのリーグ・アン優勝とチャンピオンズリーグ4強入りに大きく貢献したファビーニョは、中盤の守備的なポジションと右サイドバックを高いレベルでこなせる有望な若手。今夏、いくつかのビッグクラブへの移籍について関連づけられている。 ▽『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、現在はユナイテッド移籍に近づいているようだ。同メディアは、クラブ間の移籍金について、3500万ユーロ(約43億5000万円)+ボーナス500万ユーロ(約6億2000万円)という具体的な数字を伝えている。ボーナスはゴール数によって変動するとのことだ。 2017.06.22 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサがアンドレ・ゴメスとアルダ・トゥラン放出に動く!? 代理人のメンデス氏と会談へ

▽バルセロナが人員整理のため、代理人のジョルジ・メンデス氏と会談の場を設けたようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽バルセロナは今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティや、リバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの獲得に興味を示していると言われている。そんな中、同クラブは人員の整理のためメンデス氏と会談を行うようだ。 ▽『フットボール・エスパーニャ』によると、バルセロナはポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスとトルコ代表MFアルダ・トゥランを放出候補として考えているようだ。新指揮官であるエルネスト・バルベルデ監督も両者の移籍を認めているという。 ▽なお、同メディアによれば、アンドレ・ゴメスに対してはユベントスとマンチェスター・ユナイテッドが興味を示しているという。一方のアルダ・トゥランに関しては、中国スーパーリーグのクラブと母国であるトルコのクラブが興味を持っていると伝えた。 2017.06.22 09:59 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、レヴァンドフスキ狙うチェルシー&ユナイテッドに警告 「彼らはFIFAから処分を受ける恐れがある」

▽バイエルンは21日、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(28)獲得に向けて代理人との接触が報じられたチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドの2クラブに対して、警告を行った。『スカイ・スポーツ・ドイツ』がバイエルンの公式声明を伝えている。 ▽レヴァンドフスキに関しては先日、同選手の代理人を務めるマイク・バルテル氏がドイツ『キッカー』で「ロベルトは私に、クラブからのサポートがないことや、シーズン最後の試合で、監督(カルロ・アンチェロッティ)から得点王になるための何の助言もなかったことを話したよ」とコメント。さらに「彼は今まで見たことがないほど失望している」とも語った。 ▽これを受けて、レヴァンドフスキがバイエルン退団に向かうのではないかと伝えられており、チェルシーとユナイテッドが既に獲得に向けて接触を行ったとの報道も出ている。 ▽一連の動きに対して、バイエルンはレヴァンドフスキ放出の意思がないことを強調すると共に、2021年まで長期契約を残す同選手に対して、クラブの許可なしに接触した事実があれば、国際サッカー連盟(FIFA)に訴えを行う準備があると主張した。 「ロベルト・レヴァンドフスキはバイエルンと契約を結んでおり、最近には2021年まで契約を更新した。また、バイエルン・ミュンヘンはレヴァンドフスキの移籍の可能性を全く考えていない」 「現時点で他のクラブとの交渉の事実はなく、何も起きていないと考えている。仮に、他のクラブが我々と長期契約を結んでいるプレーヤーに対して、無許可で接触を行っているならば、彼らはFIFAから処分を受ける恐れがあるだろう」 「また、彼の代理人はいかなるクラブとも交渉を行っていないことを確認している」 ▽先日のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド獲得報道と同様に、今回も素早い火消しに動いたバイエルン。そのため、今夏のエース流出の可能性は低いようだ。 2017.06.22 06:29 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、レヴァンドフスキ獲得も?

▽マンチェスター・ユナイテッドにバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(28)獲得の芽が出ているようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えた。 ▽レヴァンドフスキに関しては先日、同選手の代理人が「ロベルトは私に、『得点王になるための助けを得ることができなかった。監督からも何もなかった』と話してきた。彼は、これまでにないほど失望していた。チームが率先してサポートしてくれることを望んでいた」と、ドイツ『キッカー』でコメント。『インデペンデント』は、この不満に乗じてユナイテッドがレヴァンドフスキを獲得できる望みが出てくるとみている。 ▽報道によれば、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、今夏のストライカーのターゲットとして、FWアルバロ・モラタ、FWアントワーヌ・グリーズマン、FWロメル・ルカク、FWアンドレア・ベロッティと共に、FWレヴァンドフスキの名前をリストに記載しているとのこと。当初は獲得困難とみられていたレヴァンドフスキだが、現在の状況を鑑みて、ユナイテッドのエド・ウッドワード氏がスターの確保に動く可能性もあるようだ。 2017.06.21 16:33 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバの移籍でユベントスに不正が発覚…FIFAの調査で明らかに

▽国際サッカー連盟(FIFA)は、昨年8月にユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したフランス代表MFポール・ポグバの取引に関し、ユベントスに規律違反があったことを明らかにした。イギリス『BBC』など複数メディアが報じた。 ▽FIFAは、5月に史上最高額の8900万ポンド(当時のレートで約121億円)でユベントスからユナイテッドへと移籍したポグバに関して、両クラブに取引の明確化を求めていた。この結果、ユベントス側の違反が発覚し、懲戒手続きを開始するとのことだ。 ▽FIFAのスポークスマンは『ESPN』で「マンチェスター・ユナイテッドに対する懲戒処分はないことを確認している」とコメント。「ユベントスに対しては懲戒処分があることが確認された。手続きを進めている段階なので、これ以上のコメントはできない」と語り、ユベントスが処分されることを明かした。 ▽今回の件では、第三者の所有権の規則に抵触している可能性があるとのことで、不正に報酬を得ていたことが疑われている。 2017.06.21 11:37 Wed
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース