超ワールドサッカー

アスパス弾などで快勝のセルタがベスト8進出! ベシクタシュとヘンクも8強入り!《EL》2017.03.17 04:52 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、FCクラスノダールvsセルタが16日に行われ、アウェイのセルタが2-0で勝利した。この結果、2戦合計4-1としたセルタがベスト8進出を決めた。

▽スペイン勢4連覇が期待されるセルタは、ホームでの1stレグで試合終了間際にボーヴュが決めた劇的勝ち越し弾で2-1の勝利を収め、敵地での2ndレグに向けてアドバンテージを手にした。

▽ただ、直近のリーグ戦では4試合勝利がなく、今週末には宿敵デポルティボとの重要な“ガリシア・ダービー”を控えており、今回の2ndレグに心身のコンディションを整えられるかが、勝敗のカギを握った。ベリッソ監督はこの重要な一戦に向けて、ビジャレアル戦で温存したイアゴ・アスパスやグイデッティ、ヴァスなど主力を先発に復帰させた。

▽1stレグ同様に前半立ち上がりから拮抗した展開が続く試合。互いにセットプレーからセルタのヴァス、クラスノダールのマウリシオ・ペレイラというFKの名手が直接FKで相手ゴールに迫るが、相手GKの好守もあり、前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半、徐々に試合のペースを握り始めたアウェイのセルタは、52分にゴール前の混戦からアスパスのシュートのこぼれ球に反応したマージョがボックス右から強烈な右足のシュートを流し込み、貴重なアウェイゴールを手にした。

▽先制後も持ち味のハイインテンシティのプレーで主導権を渡さないセルタは、80分にグイデッティの浮き球パスに抜け出したアスパスが冷静にGKとの一対一を制し、試合を決定付ける2点目を奪った。その後、危なげなく試合をクローズしたセルタが、2戦合計4-1でベスト8進出を決めた。

▽同時刻に行われたベシクタシュvsオリンピアコスのチャンピオンズリーグ常連チーム対決は、ホームのベシクタシュが4-1で勝利した。この結果、2戦合計5-2としたベシクタシュがベスト8進出を決めた。

▽オリンピアコスホームの1stレグを1-1のドローで終えた両チーム。迎えたベシクタシュホームの2ndレグでは、ホームの大歓声を後押しにしたベシクタシュが開始10分にアブバカルの2試合連続ゴールで先制に成功。さらに、22分には今季途中に加入したバベルのゴールで点差を広げる。だが、31分にエルヨナッシのゴールでオリンピアコスに1点を返されると、前半終了間際の39分にはボールに関係ないところで相手に暴力行為を働いたアブバカルにレッドカードが掲示され、1点リードのホームチームが数的不利を背負うことになった。

▽迎えた後半、数的優位を手にしたオリンピアコスが一方的に押し込む展開が続くが、先にゴールをこじ開けたのは1人少ないベシクタシュ。75分、カウンターからボックス付近でボールを持ったバベルの右足シュートをGKレアリが弾き切れず、ベシクタシュに決定的な3点目が入った。その後、より前がかりになったオリンピアコスの猛攻を跳ね返し続けたベシクタシュは、84分にも途中出場のトスンがゴールを決め、数的不利を背負いながらも4-1で快勝した。

▽また、ヘンクvsヘントのベルギー勢対決は、1-1のドローで終了した。この結果、2戦合計6-3としたヘンクがベスト8進出を決めた。敵地での1stレグを5-2で大勝したヘンクは、ホームでの2ndレグでも先制に成功。その後、ヘントに意地のゴールを決められて2連勝を逃すも、1stレグのアドバンテージを生かしてベスト8進出を決めた。

◆ELラウンド16・2ndレグ結果(日本時間27時開催)
FCクラスノダール 0-2(AGG:1-4) セルタ
ベシクタシュ 4-1(AGG:5-2) オリンピアコス
ヘンク 1-1(AGG:6-3) ヘント

コメント

関連ニュース

thumb

セルタMFボンゴンダがトラブゾンシュポルへ移籍! 買取OP付きの1年間のレンタル移籍

▽トラブゾンシュポルは15日、セルタに所属するU-21ベルギー代表MFテオ・ボンゴンダ(21)が移籍に向けてメディカルチェックを受診したことを発表した。同選手はメディカルチェック完了後に買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で同クラブに加入することになる。 ▽母国ベルギーのズルテ・ワレヘムのアカデミー出身のボンゴンダは、2015年にセルタへ完全移籍で加入。左右のウイングを主戦場とする快速アタッカーは、今季の公式戦42試合に出場し、2ゴール6アシストを記録。また、U-19ベルギー代表、U-21ベルギー代表でもプレー経験がある母国期待の若手だ。 2017.06.16 14:17 Fri
twitterfacebook
thumb

ノリート「グアルディオラに信頼されなかった」…1年でスペイン復帰へ候補は2クラブ

マンチェスター・シティのFWノリートは、ジョゼップ・グアルディオラの信頼を勝ち取ることができなかったと認め、移籍を希望した。スペイン『El Larguero』が報じた。<br><br>ノリートは昨夏にセルタから加入したものの、2016-17シーズンはプレミアリーグでわずか9試合の先発にとどまった。ノリートは来年に迫るロシア・ワールドカップのためにも出場機会を求め、スペイン復帰を希望している。<br><br>「12月から夏まではほとんどプレーできなかった。僕が求めているのはプレーすることだ。チャンスがあるなら、スペインへ戻りたい。プレーしたいし、幸せになりたいんだ。グアルディオラが僕を信頼しているとは思わないからね」<br><br>また、ノリートは簡単には移籍はまとまらないとして、プレシーズン終了までに状況が解決することを望んだ。セビージャと古巣のセルタが獲得に乗り出しているが、「シティは僕に多くのお金を費やしたから、高額な移籍金を求めるだろう」と予想した。<br><br>セビージャとセルタ、どちらかを選ぶことは難しいと話したノリート。「まずはシティの求めることを見て、状況を判断しなければならない」と状況を分析している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.16 12:34 Fri
twitterfacebook
thumb

ノリート、イングランドでの生活に馴染めず…「まるで洞窟に住んでいるかのよう」

▽マンチェスター・シティのスペイン代表FWノリート(30)は、イングランドでの生活に馴染めず、クラブを離れたがっているようだ。イギリス『BBC』が、スペインのラジオ局『エル・トランジスタ』の放送を引用して伝えた。 ▽ノリートは、2016年7月に1380万ポンド(現在のレートで約19億6000万円)でセルタからシティへ移籍。加入後は公式戦30試合に出場し、6得点を記録した。シーズン序盤は順調かに思われたが、徐々に出場機会を失い、プレミアリーグでの先発出場は、2016年12月26日のハル・シティ戦を最後に消滅。リーグ後半戦の先発出場数は、0回となってしまった。 ▽クラブに不満を抱えたノリートは、以前から退団願望を漏らしており、セビージャやセルタ等、スペインのクラブへの移籍が取りざたされている。母国のクラブばかり、移籍先の候補として浮上することの背景には、イングランドそのものに馴染めていない、という理由があったようだ。 ▽『エル・トランジスタ』の番組に出演した際、ノリートは以下のように辛い心情を吐露した。 「英語はほとんど学べていない。難しいんだ。『tomorrow』、『good morning』、『good afternoon』(といった挨拶と)、その他は少しくらい(しか分からない)」 「(イングランドの気候のせいで)娘の顔の色が変わったよ。まるで洞窟に住んでいるかのような感じなんだ」 「今は契約中だから、決めるのはクラブだよ。でも、去りたいとは思ってる」 2017.06.08 17:24 Thu
twitterfacebook
thumb

シティで出場機会激減のノリート、スペイン復帰を望む「アトレティコやセルタから興味」

▽マンチェスター・シティのスペイン代表FWノリート(30)が、今夏の移籍市場で同クラブからの退団を強調している。スペイン『アス』が報じた。 ▽ノリートは昨夏にセルタから1380万ポンド(現在のレートで約19億6600万円)でシティに加入。シーズン当初は先発で起用されることも多かったが、レロイ・サネの台頭により出場機会が減少し、リーグ戦19試合5ゴールという結果に終わった。 ▽ノリートはマルカの取材に応じ、移籍形態に関係なく、来シーズンはシティ以外のクラブでプレーしたいと口にした。 「今はとにかくシティを去りたい。レンタルであれ、完全移籍であれ、どんな形でも良いから移籍したいと思っているよ。ただ、将来について焦りはない。今は休暇で戻ってきているけれど、このままスペインに留まりたいね」 「アトレティコやセルタから興味を持たれていることは知っているよ」 ▽またノリートはシティで過ごしたシーズンについてもコメントしている。 「12月まではプレーできていてとても幸せに感じていた。しかしそこからの4カ月で状況が変わり、まったくプレーできなくなった。何があったかなんてわからないよ。それは監督に聞いてくれ」 「忘れ去られた1年だった。予想よりも悪い状況で、経験できたことなんてなにもない。だからこの夏は、この状況を解決しなければいけない」 2017.05.29 09:24 Mon
twitterfacebook
thumb

セルタ、ルイス・エンリケ副官ウンスエ氏の新指揮官就任を発表! 3年ぶりのクラブ復帰

▽セルタは28日、フアン・カルロス・ウンスエ氏(50)の新監督就任を発表した。契約期間は2年間となる。 ▽現役時代にGKとしてオサスナやバルセロナ、セビージャで活躍したウンスエ氏は、現役引退後古巣バルセロナでフランク・ライカールト監督、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でGKコーチを務めてきた。その後、ヌマンシアとラシンで監督を務めた後、2013年にルイス・エンリケ監督の副官として、セルタのコーチングスタッフに入閣。その翌年にはルイス・エンリケ監督と共にバルセロナに渡り、在任3年間で9つのタイトル獲得に貢献した。 ▽ルイス・エンリケ監督の今季限りでのバルセロナ退団を受けて、一時はバルセロナの新監督候補に挙がっていた同氏だが、セビージャの新指揮官就任に向けて退団したエドゥアルド・ベリッソ監督の後釜として、古巣セルタに3年ぶりの復帰を果たすことになった。 2017.05.29 02:16 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース