アスパス弾などで快勝のセルタがベスト8進出! ベシクタシュとヘンクも8強入り!《EL》2017.03.17 04:52 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、FCクラスノダールvsセルタが16日に行われ、アウェイのセルタが2-0で勝利した。この結果、2戦合計4-1としたセルタがベスト8進出を決めた。

▽スペイン勢4連覇が期待されるセルタは、ホームでの1stレグで試合終了間際にボーヴュが決めた劇的勝ち越し弾で2-1の勝利を収め、敵地での2ndレグに向けてアドバンテージを手にした。

▽ただ、直近のリーグ戦では4試合勝利がなく、今週末には宿敵デポルティボとの重要な“ガリシア・ダービー”を控えており、今回の2ndレグに心身のコンディションを整えられるかが、勝敗のカギを握った。ベリッソ監督はこの重要な一戦に向けて、ビジャレアル戦で温存したイアゴ・アスパスやグイデッティ、ヴァスなど主力を先発に復帰させた。

▽1stレグ同様に前半立ち上がりから拮抗した展開が続く試合。互いにセットプレーからセルタのヴァス、クラスノダールのマウリシオ・ペレイラというFKの名手が直接FKで相手ゴールに迫るが、相手GKの好守もあり、前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半、徐々に試合のペースを握り始めたアウェイのセルタは、52分にゴール前の混戦からアスパスのシュートのこぼれ球に反応したマージョがボックス右から強烈な右足のシュートを流し込み、貴重なアウェイゴールを手にした。

▽先制後も持ち味のハイインテンシティのプレーで主導権を渡さないセルタは、80分にグイデッティの浮き球パスに抜け出したアスパスが冷静にGKとの一対一を制し、試合を決定付ける2点目を奪った。その後、危なげなく試合をクローズしたセルタが、2戦合計4-1でベスト8進出を決めた。

▽同時刻に行われたベシクタシュvsオリンピアコスのチャンピオンズリーグ常連チーム対決は、ホームのベシクタシュが4-1で勝利した。この結果、2戦合計5-2としたベシクタシュがベスト8進出を決めた。

▽オリンピアコスホームの1stレグを1-1のドローで終えた両チーム。迎えたベシクタシュホームの2ndレグでは、ホームの大歓声を後押しにしたベシクタシュが開始10分にアブバカルの2試合連続ゴールで先制に成功。さらに、22分には今季途中に加入したバベルのゴールで点差を広げる。だが、31分にエルヨナッシのゴールでオリンピアコスに1点を返されると、前半終了間際の39分にはボールに関係ないところで相手に暴力行為を働いたアブバカルにレッドカードが掲示され、1点リードのホームチームが数的不利を背負うことになった。

▽迎えた後半、数的優位を手にしたオリンピアコスが一方的に押し込む展開が続くが、先にゴールをこじ開けたのは1人少ないベシクタシュ。75分、カウンターからボックス付近でボールを持ったバベルの右足シュートをGKレアリが弾き切れず、ベシクタシュに決定的な3点目が入った。その後、より前がかりになったオリンピアコスの猛攻を跳ね返し続けたベシクタシュは、84分にも途中出場のトスンがゴールを決め、数的不利を背負いながらも4-1で快勝した。

▽また、ヘンクvsヘントのベルギー勢対決は、1-1のドローで終了した。この結果、2戦合計6-3としたヘンクがベスト8進出を決めた。敵地での1stレグを5-2で大勝したヘンクは、ホームでの2ndレグでも先制に成功。その後、ヘントに意地のゴールを決められて2連勝を逃すも、1stレグのアドバンテージを生かしてベスト8進出を決めた。

◆ELラウンド16・2ndレグ結果(日本時間27時開催)
FCクラスノダール 0-2(AGG:1-4) セルタ
ベシクタシュ 4-1(AGG:5-2) オリンピアコス
ヘンク 1-1(AGG:6-3) ヘント

コメント

関連ニュース

thumb

不調セルタ&チリ代表に痛手! MFマルセロ・ディアスが右ヒザ内側じん帯損傷で4~5週間の離脱

▽セルタは14日、チリ代表MFマルセロ・ディアスが右ヒザ内側じん帯にグレード2の損傷を負ったことを発表した。 ▽ディアスは、12日に行われたリーガエスパニョーラ第27節のビジャレアル戦でフル出場を果たしたが、同試合後に右足の負傷が発覚。クラブのメディカルサービスが行った検査の結果、右ヒザ内側じん帯を痛めており、グレード2の損傷と診断された。 ▽ディアスに関しては、受傷日から4~5週間ほどの離脱が見込まれており、バレンシア戦(4月5日開催の第30節)やエイバル戦(4月5日開催の第31節)を含むリーグ戦4試合のほか、16日に行われるヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦2ndレグのセルタ戦の欠場が濃厚。また、チリ代表として出場が濃厚だったロシア・ワールドカップ南米予選の2試合(アルゼンチン代表戦、ベネズエラ代表戦)も欠場することになる。 2017.03.15 00:05 Wed
twitterfacebook
thumb

セルタ戦先制点で“電話ジェスチャー”見せたメッシ、甥へのメッセージだった…

バルセロナFWリオネル・メッシが4日のリーガエスパニョーラ第26節、本拠地カンプ・ノウでのセルタ戦(5-0)で見せたジェスチャーが話題となっている。<br><br>ゴールを記録した際には、両手を天にかざして亡くなった祖母セリアさんにそれを捧げているメッシ。だがセルタ戦で先制点を決めた場面では、そのパフォーマンスをした後に、電話をかけるジェスチャーを三度にわたって見せていた。<br><br>メッシはソーシャルネットワークでファンからその意味を問われ、甥に向けたジェスチャーだったと説明。曰く、祝い事があったため甥に何度も電話をかけたものの、出なかったによってピッチ上で訴えることにしたという。<br><br>なおこの日のカンプ・ノウでは、メッシの兄ロドリゴ氏がその子供たちと一緒に試合を観戦をしていた。<br><br>提供:goal.com 2017.03.05 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

L・エンリケ退任発表のバルサ、メッシ&ネイマール躍動でセルタに5発圧勝! 暫定首位キープ《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは4日、リーガエスパニョーラ第26節でセルタを本拠地カンプ・ノウに迎え、5-0で圧勝した。 ▽3日前に行われた前節スポルティング・ヒホン戦を6-1と大勝してリーガ5連勝としたバルセロナは暫定首位に立った。そのバルセロナはヒホン戦のスタメンから2選手を変更。マスチェラーノとデニス・スアレスに代えてピケとセルジ・ロベルトを起用した。 ▽ここ2試合引き分けている10位セルタ(勝ち点35)に対し、引き続き攻撃時に3バックとなる変則システムを採用したバルセロナが一方的にボールを保持していくと、14分にネイマールとの関係からメッシが枠内シュートを浴びせる。 ▽攻勢を続けるバルセロナは20分、ピケのスルーパスを起点にスアレス、メッシが立て続けに右ポストを直撃する決定機を演出。直後の21分にはFKの流れからロンカーリアにゴール至近距離からシュートを打たれるも、枠を外れて助かった。 ▽すると24分、メッシが個人技でゴールをこじ開ける。中央をドリブルで鋭く打開すると、ペナルティアーク中央から左足を振り抜き、コントロールショットでゴール左へ流し込んだ。 ▽引き続きセルタを圧倒するバルセロナは34分にラフィーニャが枠内シュートを浴びせると、40分に追加点を奪った。メッシのスルーパスをボックス左のネイマールがループシュートで鮮やかに決めて見せた。 ▽迎えた後半、セルタが前がかってきた中、開始4分にセルジ・ロベルトが中央突破からシュートに持ち込んでゴールに迫ると、57分に3点目を奪いきった。メッシのパスをラフィーニャが受け、トラップが大きくなったルーズボールをボックス左のラキティッチが流し込んだ。リプレーで見るとラキティッチはオフサイドだったが、ゴールは認められた。 ▽さらに61分、左CKの流れからボックス左へ侵入したメッシのグラウンダークロスをユムティティが流し込んで4-0としたバルセロナは、64分にメッシのドリブルシュートが決まってさらに突き放した。 ▽その後、ネイマールをお役御免としたバルセロナは、セルタを圧倒したまま5-0でフィニッシュ。ルイス・エンリケ監督退任発表後、最初の試合を圧勝して暫定首位の座をキープするとともに、4日後に行われるチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦に弾みを付けている。 2017.03.05 06:38 Sun
twitterfacebook
thumb

土壇場PK弾で延長戦に持ち込んだセルタがシャフタール撃破《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのシャフタールvsセルタが23日に行われ、0-1で90分を終了。延長戦の末に0-2とし、2戦合計スコアを1-2としたセルタが逆転でベスト16進出を決めている。 ▽先週アウェイで行われた1stレグを1-0と先勝したシャフタールは、1stレグのスタメンから2選手を変更。デンチーニョとブランコに代えてコヴァレンコとレスチュクを起用した。 ▽一方、0-1と先勝を許したセルタは、3-0と快勝した直近のオサスナ戦のスタメンから7選手を変更。アスパスやグイデッティといった主力がスタメンに戻った。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防が続く。攻守の切り替えが早くゴール前までボールを持ち込む中、互いに最終局面でのプレー精度を欠いてシュートにつなげられない状況が続いた。 ▽それでも、28分にセルタに決定機。アスパスがゴール正面の位置からミドルシュート。しかし、GKピアトフの好守に阻止され、2戦合計スコアで同点とすることはできない。 ▽引き続き互角の攻防が続く中、38分にはシャフタールがゴールに迫る。しかし、タイソンの放ったボレーシュートはGKアルバレスにセーブされ、ゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半もオープンな展開が続くと、57分にシャフタールがゴールに迫る。ブランコのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKアルバレスのビッグセーブに阻まれた。 ▽一方、セルタは64分にボックス右へ抜け出したアスパスがシュートに持ち込むもGKピアトフの守備範囲に飛んでしまう。後半終盤にかけてセルタが攻勢に出る流れとなるも、シャフタールもブラジル人アタッカーのカウンターで応戦し、主導権を渡さずに凌いでいく。 ▽しかし90分、セルタはロングボールに抜け出したグイデッティが飛び出したGKピアトフにボックス内で倒され、PKを獲得。これをアスパスが決めて土壇場で2戦合計スコアを1-1のタイに戻した。 ▽迎えた延長戦も一進一退の攻防が続く中、互いに決定機を生み出せない状況が続く。それでも迎えた延長後半3分、左CKからカブラルのヘディングシュートが決まってセルタが勝ち越し。これが決勝点となってセルタが逆転でベスト16進出を決めている。 2017.02.24 07:38 Fri
twitterfacebook
thumb

コパ・デル・レイ決勝の開催地決定…2大会連続でビセンテ・カルデロンに

▽スペインサッカー協会(RFEF)は13日、コパ・デル・レイ決勝の開催地として、アトレティコ・マドリーの本拠地ビセンテ・カルデロンに決定したことを発表した。同スタジアムでの決勝開催は2大会連続となる。 ▽決勝の顔ぶれは、準決勝でアトレティコ・マドリーを下して3連覇に王手のバルセロナと、セルタを退けてクラブ史上初の決勝進出を果たしたアラベス。その決勝は、5月27日に行われる。 2017.02.14 09:45 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース