アスパス弾などで快勝のセルタがベスト8進出! ベシクタシュとヘンクも8強入り!《EL》2017.03.17 04:52 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、FCクラスノダールvsセルタが16日に行われ、アウェイのセルタが2-0で勝利した。この結果、2戦合計4-1としたセルタがベスト8進出を決めた。

▽スペイン勢4連覇が期待されるセルタは、ホームでの1stレグで試合終了間際にボーヴュが決めた劇的勝ち越し弾で2-1の勝利を収め、敵地での2ndレグに向けてアドバンテージを手にした。

▽ただ、直近のリーグ戦では4試合勝利がなく、今週末には宿敵デポルティボとの重要な“ガリシア・ダービー”を控えており、今回の2ndレグに心身のコンディションを整えられるかが、勝敗のカギを握った。ベリッソ監督はこの重要な一戦に向けて、ビジャレアル戦で温存したイアゴ・アスパスやグイデッティ、ヴァスなど主力を先発に復帰させた。

▽1stレグ同様に前半立ち上がりから拮抗した展開が続く試合。互いにセットプレーからセルタのヴァス、クラスノダールのマウリシオ・ペレイラというFKの名手が直接FKで相手ゴールに迫るが、相手GKの好守もあり、前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半、徐々に試合のペースを握り始めたアウェイのセルタは、52分にゴール前の混戦からアスパスのシュートのこぼれ球に反応したマージョがボックス右から強烈な右足のシュートを流し込み、貴重なアウェイゴールを手にした。

▽先制後も持ち味のハイインテンシティのプレーで主導権を渡さないセルタは、80分にグイデッティの浮き球パスに抜け出したアスパスが冷静にGKとの一対一を制し、試合を決定付ける2点目を奪った。その後、危なげなく試合をクローズしたセルタが、2戦合計4-1でベスト8進出を決めた。

▽同時刻に行われたベシクタシュvsオリンピアコスのチャンピオンズリーグ常連チーム対決は、ホームのベシクタシュが4-1で勝利した。この結果、2戦合計5-2としたベシクタシュがベスト8進出を決めた。

▽オリンピアコスホームの1stレグを1-1のドローで終えた両チーム。迎えたベシクタシュホームの2ndレグでは、ホームの大歓声を後押しにしたベシクタシュが開始10分にアブバカルの2試合連続ゴールで先制に成功。さらに、22分には今季途中に加入したバベルのゴールで点差を広げる。だが、31分にエルヨナッシのゴールでオリンピアコスに1点を返されると、前半終了間際の39分にはボールに関係ないところで相手に暴力行為を働いたアブバカルにレッドカードが掲示され、1点リードのホームチームが数的不利を背負うことになった。

▽迎えた後半、数的優位を手にしたオリンピアコスが一方的に押し込む展開が続くが、先にゴールをこじ開けたのは1人少ないベシクタシュ。75分、カウンターからボックス付近でボールを持ったバベルの右足シュートをGKレアリが弾き切れず、ベシクタシュに決定的な3点目が入った。その後、より前がかりになったオリンピアコスの猛攻を跳ね返し続けたベシクタシュは、84分にも途中出場のトスンがゴールを決め、数的不利を背負いながらも4-1で快勝した。

▽また、ヘンクvsヘントのベルギー勢対決は、1-1のドローで終了した。この結果、2戦合計6-3としたヘンクがベスト8進出を決めた。敵地での1stレグを5-2で大勝したヘンクは、ホームでの2ndレグでも先制に成功。その後、ヘントに意地のゴールを決められて2連勝を逃すも、1stレグのアドバンテージを生かしてベスト8進出を決めた。

◆ELラウンド16・2ndレグ結果(日本時間27時開催)
FCクラスノダール 0-2(AGG:1-4) セルタ
ベシクタシュ 4-1(AGG:5-2) オリンピアコス
ヘンク 1-1(AGG:6-3) ヘント

コメント

関連ニュース

thumb

守護神オブラクが躍動!! ガメイロ弾で逃げ切ったアトレティコが公式戦5試合ぶりの白星《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは22日、リーガエスパニョーラ第9節でセルタと対戦し、1-0で勝利した。 ▽前節、首位を走るバルセロナと引き分けた4位アトレティコが、10位セルタのホームに乗り込んだ一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のカラバフ戦(0-0 △)を行ったアトレティコは、その試合から先発を5人変更。ガイタンやカラスコ、フェリペ・ルイスらに代えてコレア、トーマス、フアンフランらを先発に起用した。 ▽試合はリーグ戦4試合負けなしのセルタがアグレッシブな入りを見せる。4分、ボックス手前でボールを受けたアスパスがミドルシュートを放つが、これはGKオブラクが正面でキャッチ。さらに10分にも、ボックス手前からアスパスがシュートを狙ったが、これは枠の右に逸れた。 ▽良い入り方をしたセルタは、17分にも左サイドでFKを獲得するとシストがクロスを供給。ファーサイドのセルジ・ゴメスが頭で合わせたが、これはGKオブラクが好反応を見せて弾き出す。 ▽後手に回ったアトレティコだが、28分に先手を取る。ガビの右CKがセルジ・ゴメスのクリアミスを誘うと、最後はゴール前のガメイロが反転シュートで流し込んだ。 ▽迎えた後半も、積極的な入りを見せたのは1点を追うセルタ。52分、左サイドからカットインしたシストがシュート。相手DFのブロックに阻まれたセカンドボールをペナルティアーク内のアスパスがダイレクトボレーで合わせたが、これはGKオブラクのファインセーブに阻まれる。 ▽さらに57分には、ヴァスがボックス右手前で倒されFKを獲得。アスパスの直接FKは枠を捉えるが、クロスバーに弾かれた。 ▽防戦一方のアトレティコは、61分にガメイロを下げてガイタンを投入。66分にはガビを下げてホセ・ヒメネスをピッチに送り出した。対するセルタは、72分にヴァスとカブラルを下げてグイデッティとエムレ・モルを投入する2枚替えを敢行。 ▽同点弾を狙うセルタは、77分にチャンス。シストの浮かせたパスをゴール左で受けたマキシ・ゴメスが胸トラップからボレーシュート。しかし、これはフアンフランがブロックした。 ▽試合終盤の89分にも、アスパスとのパス交換でゴール前まで侵攻したマージョがアトレティコゴールを脅かしたが、これもGKオブラクがキャッチ。結局、試合はそのまま1-0で終了。守護神オブラクの活躍で逃げ切ったアトレティコが、公式戦5試合ぶりの白星を飾った。 2017.10.23 01:38 Mon
twitterfacebook
thumb

セットプレーから3失点など低調エイバルが2戦連続大敗…乾は先発も37分に交代《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第6節のエイバルvsセルタが24日にエスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアで行われ、アウェイのセルタが4-0で圧勝した。エイバルのMF乾貴士は先発出場も37分に交代した。 ▽前節、バルセロナに1-6の大敗を喫したエイバルは、そのバルセロナで昨シーズンまで副官を務めていたウンスエ新監督率いるセルタとのホームゲームで今季3勝目を目指した。 ▽キケ・ガルシアとシャルレスの2トップに乾とベベを両翼に配置した[4-4-2]の布陣で臨んだエイバルは、立ち上がりから一進一退の攻防を見せる。 ▽しかし、17分に自陣中央で与えたFKの場面で相手との駆け引きに敗れ、キッカーのシストのボールをゴール前で完全にフリーとなったカブラルに頭で合わせられ、先制点を許す。続く24分には似たような位置で与えたFKの場面で再びオフサイドを取り損ねると、相手の飛び出しが気になったか、やや中途半端な対応となったGKドミトロビッチの脇を抜けたシストのフィードがそのままゴールネットに吸い込まれた。 ▽その後、セットプレーからパウロ・オリヴェイラのシュートがポストを叩くなど、反撃を試みるエイバルは、37分に乾を下げてセルジ・エンリクを投入し、前線に高さと強さを加えて、ゴールを目指す。だが、セルジ・エンリク投入直後の39分には左CKの流れから再びオフサイドを取り損ね、ピストの左クロスをドフリーのパブロ・エルナンデスにボレーで決められ、痛恨の3失点目を喫した。 ▽迎えた後半、ホセ・アンヘル、シャルレスに代えてフンカ、ホルダンを続けて投入したエイバルは、30分近くを残して3枚の交代カードを切り終える。だが、3点リードで余裕のボール回しを見せるセルタを前になかなか良い形でボールを奪えず、劣勢が続く。 ▽その後、主力を下げて試合を締めにかかるセルタに対して、思うように攻撃の形を作れないエイバルは、72分にも右サイドを破ったウーゴ・マージョの折り返しをボックス中央に走り込んだヴァスに絶妙な右足ダイレクトシュートで決められ、試合を決定付ける4点目を奪われた。 ▽攻守に戦えず、セットプレーの拙い対応でホーム完敗のエイバルは、バルセロナ戦に続き2試合連続の大敗となった。 2017.09.25 03:22 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎不在のヘタフェが終盤のゴールでセルタとドロー…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節のセルタvsヘタフェが21日に行われ、1-1の引き分けに終わった。ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳は、ケガのため招集メンバー外となった。 ▽16日に行われたバルセロナ戦で惜敗した14位ヘタフェが、17位セルタのホームに乗り込んだ一戦。ヘタフェはバルセロナ戦で負傷した柴崎に代えてポルティージョをトップ下で起用した[4-4-1-1]の布陣で試合に臨んだ。 ▽試合が動いたのは25分、パブロ・エルナンデスのフィードで右サイドをオーバーラップしたマージョが頭で折り返すと、ゴール前に抜け出したマキシ・ゴメスがワンタッチでゴール左隅に流し込み、セルタが先制した。 ▽セルタのリードで迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の攻防を展開。すると56分、1点を追うヘタフェはポルティージョとファイルを下げて、アンヘルとアルバロを投入する2枚替えを敢行した。対するセルタは60分、ブライス・メンデスに代えてエムレ・モルをピッチに送り出した。 ▽膠着状態のまま試合終盤に突入すると、試合を動かしたのはヘタフェ。86分、右サイドでボールを受けたアルバロがアーリークロスをゴール前に送ると、ファーサイドから走り込んだアンヘルが角度のない位置からシュートをゴールに流し込み、途中出場2選手の活躍で試合を振り出しに戻した。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。柴崎不在のヘタフェが苦しみながらも終盤の同点弾で勝ち点1を獲得した。 2017.09.22 05:52 Fri
twitterfacebook
thumb

リードを守り抜いたエスパニョールが今季リーグ戦初勝利!《リーガエスパニョーラ》

▽18日にリーガエスパニョーラ第4節のエスパニョールvsセルタが行われ、2-1でエスパニョールが勝利した。 ▽今季リーグ戦未勝利のエスパニョールと、前節のアラベス戦で今季初勝利を飾ったセルタの一戦。試合は6分、エスパニョールが最初のチャンスを迎える。中盤でボールを奪ったレオが前線に蹴り出すと、これに反応したジェラール・モレノがボックス右まで侵攻。相手GKとの1対1を迎えたが、シュートはゴール左に外した。 ▽ホームで攻勢を続けるエスパニョールは、10分にスコアを動かす。ドリブルで持ち上がったレオのパスをボックス中央で受けたジェラール・モレノが反転から左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に決まった。 ▽先制点で勢いづくエスパニョールは24分、敵陣でのボール奪取からカウンターを発動。ドリブルで持ち上がったフラードのラストパスをボックス左で受けたピアッティがダイレクトでゴール右隅に流し込んだ。 ▽迎えた後半は一進一退の攻防が展開される。すると69分、ボックス右でパスを受けたアスパスの落としをペナルティアーク内のシストがダイレクトシュート。これがゴールに突き刺さり、セルタが1点を返す。 ▽同点弾を狙うセルタは72分、シストを下げてエムレ・モルを投入し、より攻勢を強める。しかし、エスパニョール守備陣の体を張った守りとフィニッシュ精度の欠如により追加点は生まれず。結局、試合は2-1のまま終了。前半のリードを守り抜いたエスパニョールが今季リーグ戦初勝利を飾った。 2017.09.19 05:52 Tue
twitterfacebook
thumb

エムレ・モルがセルタへ完全移籍、移籍金は17億円

▽セルタは29日、ドルトムントのトルコ代表FWエムレ・モル(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年間で、移籍金はスペイン『マルカ』によると1300万ユーロ(約17億円)とのことだ。 ▽昨夏、デンマークのノアシェランからドルトムントに加入したエムレ・モルは、両ウイングを主戦場にブンデスリーガ12試合に出場。また、昨年5月には当時19歳という若さながら、トルコ代表デビューを果たし、ここまで12試合に出場、1ゴールをマークしている。 ▽先月、日本で行われたJリーグワールドチャレンジの浦和レッズ戦で、2得点を決めて日本でもその名を轟かせたエムレ・モルにはインテルも獲得に興味を示していたが、セルタが争奪戦を制した格好だ。 2017.08.30 02:07 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース