超ワールドサッカー

イタリアで初の女性代表監督誕生! 元イタリア女子代表FWパニコ氏がU-16男子イタリア代表の臨時指揮官に!2017.03.17 04:16 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イタリア女子代表FWパトリツィア・パニコ氏(42)が、イタリアの女性指揮官として初めて男子代表チームの指揮を執ることになるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽現役時代にイタリア女子代表として歴代最多の204試合出場に出場し、110ゴールを記録した伝説的なストライカーであるパニコ氏。2014年に現役を退いた後は、イタリア男子の世代別代表を率いるダニエレ・ツォラート監督のアシスタントとして、指導者のキャリアをスタートさせていた。

▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の伝えるところによれば、来週からのインターナショナルウィークでは、U-16イタリア代表を率いるツォラート監督が、U-19イタリア代表チームに帯同することが急きょ決定したため、パニコ氏はツォラート監督の代理として、22日と24日に予定されるU-16ドイツ代表戦でU-16イタリア代表チームを率いることになるようだ。

▽思わぬ形からイタリア人女性指揮官として初めて男子の代表チームを率いることになったパニコ氏は、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で以下のようなコメントを残している。

「女性指揮官として、初めて男子の代表を率いることは素晴らしい偉業だと思っているわ。そして、今回のことをキッカケに私の多くの同僚も同じ初めての経験ができることを願っているわ」

コメント

関連ニュース

thumb

エル・シャーラウィやモントリーボが復帰! イタリア代表26名が発表《ロシアW杯欧州予選》

▽イタリアサッカー連盟 (FIGC)は27日、来月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選と国際親善試合に臨むイタリア代表メンバー26名を発表した。 ▽今回の招集メンバーでは、ナポリMFロレンツォ・インシーニェやパリ・サンジェルマンMFマルコ・ヴェッラッティ、ローマMFダニエレ・デ・ロッシ、トリノFWアンドレア・ベロッティら従来の主力が名を連ねたほか、ローマFWステファン・エル・シャーラウィや、昨年10月のスペイン代表戦で左ヒザ前十字じん帯を損傷し長期離脱を強いられていたミランMFリッカルド・モントリーボが復帰。 ▽また、ユベントスに所属するGKジャンルイジ・ブッフォンやDFレオナルド・ボヌッチ、DFジョルジョ・キエッリーニ、DFアンドレア・バルザーリ、MFクラウディオ・マルキジオら5選手は6月3日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦後の同5日に合流する。 ▽欧州予選5試合を終えてグループGの2位に位置するイタリアは、6日にウルグアイ代表との国際親善試合を行い、11日にホームで最下位リヒテンシュタイン代表と欧州予選で対戦する。今回発表されたイタリア代表メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆イタリア代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;"> ジャンルイジ・ブッフォン</span>(ユベントス) <span style="font-weight:700;"> ジャンルイジ・ドンナルンマ</span>(ミラン) <span style="font-weight:700;"> シモーネ・スクフェット</span>( ウディネーゼ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;"> ジョルジョ・キエッリーニ</span>(ユベントス) <span style="font-weight:700;"> レオナルド・ボヌッチ</span>(ユベントス) <span style="font-weight:700;"> アンドレア・バルザーリ</span>(ユベントス) <span style="font-weight:700;"> エメルソン・パルミエリ</span>(ローマ) <span style="font-weight:700;"> ダビデ・アストーリ</span>(フィオレンティーナ) <span style="font-weight:700;"> ダニーロ・ダンブロージオ</span>(インテル) <span style="font-weight:700;"> マッティア・カルダーラ</span>(アタランタ) <span style="font-weight:700;"> レオナルド・スピナッツォーラ</span>(アタランタ) <span style="font-weight:700;"> フェデリコ・チェッケリーニ</span>(クロトーネ) <span style="font-weight:700;"> マッテオ・ダルミアン</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;"> クラウディオ・マルキジオ</span>(ユベントス) <span style="font-weight:700;"> ダニエレ・デ・ロッシ</span>(ローマ) <span style="font-weight:700;"> ロレンツォ・インシーニェ</span>(ナポリ) <span style="font-weight:700;"> リッカルド・モントリーボ</span>(ミラン) <span style="font-weight:700;"> フェデリコ・ベルナルデスキ</span>(フィオレンティーナ) <span style="font-weight:700;"> アントニオ・カンドレーバ</span>(インテル) <span style="font-weight:700;"> ロレンツォ・ペッレグリーニ</span>(サッスオーロ) <span style="font-weight:700;"> マルコ・ヴェッラッティ</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;"> ステファン・エル・シャーラウィ</span>(ローマ) <span style="font-weight:700;"> チーロ・インモービレ</span>(ラツィオ) <span style="font-weight:700;"> エデル</span>(インテル) <span style="font-weight:700;"> アンドレア・ベロッティ</span>(トリノ) <span style="font-weight:700;"> マノロ・ガッビアディーニ</span>(サウサンプトン/イングランド) 2017.05.28 02:46 Sun
twitterfacebook
thumb

イタリアが終始主導権を握り南アフリカに勝利! GS突破を懸けて最終節で日本と対戦《U-20W杯》

▽24日、FIFA U-20ワールドカップのグループD第2節のU-20南アフリカ代表vsU-20イタリア代表が行われ、0-2でイタリアが勝利した。 ▽初戦の日本戦で敗れた南アフリカと、同じく初戦でウルグアイに敗れたイタリア。敗れればグループステージ突破が厳しくなる両者の対決となった。 ▽序盤からペースを握ったのはイタリア。南アフリカゴールに襲いかかると17分、ドリブルで持ち込んだファヴィッリがボックス手前左から強烈なシュートを放つも、GKムポトが好セーブで失点を免れる。 ▽すると23分、右CKからのクロスをパニコがヘッド。シュートは枠を捉えるも、マージマンがライン上でクリア。しかし、その流れからルーズボールを拾うと、オルソリーニがボックス内右で倒されイタリアがPKを獲得。これをオルソリーニが自らしっかりと沈め、イタリアが先制する。 ▽イタリアが1点リードで迎えた後半も、主導権はイタリアが握る。4連続CKを含めて何度も南アフリカゴールに襲いかかるが、得点を許さない。 ▽それでも57分、右サイドからスカレーラがゴール前にロングスロー。これをファヴィッリがヘッドで合わせると、ゴール左に吸い込まれ、イタリアが追加点を奪う。 ▽2点ビハインドの南アフリカは、シングがFKからゴール前にクロス。これがDFとGKの間に落ち、直前でワンバウンドして枠に飛ぶもGKザッカーニョが間一髪セーブする。負ければ敗退が決定する南アフリカはその後も攻め立てるが、最後まで得点を奪えず。イタリアが0-2で勝利し、最終節の日本戦にグループステージ突破の望みをつないだ。 U-20南アフリカ代表 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 U-20イタリア代表</span> 【イタリア】 オルソリーニ(前23) ファヴィッリ(後12) 2017.05.24 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマがU-19イタリア代表FWトゥッミネッロとの契約を2022年まで延長

▽ローマは17日、U-19イタリア代表FWマルコ・トゥッミネッロ(18)との契約延長を発表した。新契約は2022年6月30日までとなる。 ▽トゥッミネッロはローマの下部組織出身で、2016年にトップチームに昇格すると、同年1月26日に行われたセリエA第18節のキエーボ戦でトップチームデビューを果たした。今シーズンは、プリマヴェーラのローマU-19でプレーし、ここまで公式戦28試合に出場し、28ゴールを記録。チームのコッパ・イタリア・プリマヴェーラとスーペルコッパ・プリマヴェーラの獲得に大きく貢献している。 ▽また、世代別のイタリア代表を経験しているトゥッミネッロは、U-19イタリア代表として7試合に出場し1ゴールを記録していた。 2017.05.18 02:41 Thu
twitterfacebook
thumb

U-20イタリア代表、ユーベのマンドラゴーラら候補メンバー24名発表…27日GS最終節で日本戦《U-20W杯》

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は5日、今月20日に開幕するFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に出場するU-20同国代表候補メンバー24名を発表した。 ▽U-20イタリア代表はU-20日本代表、U-20ウルグアイ代表、U-20南アフリカ代表と同居のグループD。U-20日本代表とは27日に激突する。 ▽候補メンバー24名は7日から10日にかけて行われる合宿に参加。その後、本大会に向けて21名に絞りこまれる。 <span style="font-weight:700;">◆U-20イタリア代表メンバー</span> GK アレックス・メレット(SPAL) サムエレ・ペリサン(ウディネーゼ) アンドレア・ザッカグノ(プロ・ヴェルチェッリ) DF マウロ・コッポラーロ(ラティーナ) フェデリコ・ディマルコ(エンポリ) パオロ・ギリオーネ(SPAL) リカルド・マルキッツァ(ローマ) ジュゼッペ・ペッツェッラ(パレルモ) フィリッポ・ロマーニャ(ブレシア) ジュゼッペ・スカレーラ(フィオレンティーナ) レオナルド・セルニコラ(フォンディ) ダヴィデ・ヴィットゥリーニ(ペスカーラ) MF ニコロ・バレッラ(カリアリ) アルフレード・ビフルコ(カルピ) ロランド・マンドラゴーラ(ユベントス) リッカルド・オルソリーニ(アスコリ) マッテオ・ペッシーナ(コモ) シモーネ・ポンティッソ(SPAL) マッティア・ヴィターレ(チェゼーナ) FW アンドレア・ファヴィッリ(アスコリ) シモーネ・ミネッリ(アルビーノレッフェ) ジュゼッペ・パニコ(チェゼーナ) アンドレア・ピナモンティ(インテル) ルーカ・ヴィード(チッタデッラ) 2017.05.06 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントス、FWディバラと新契約を締結! 2022年6月30日まで延長

▽ユベントスは13日、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(23)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。なお、新契約の詳細については公表されていない。 ▽「La Joya(宝石)」の愛称で親しまれているディバラは、2015年6月にパレルモから移籍金3200万ユーロ(当時のレートで約45億円)でユベントスへ加入。移籍1年目となった2015-16シーズンでは公式戦で46試合に出場し、23ゴール9アシストを記録。セリエA、コッパ・イタリア、スーペルコッパ・イタリアーナ制覇に貢献した。今シーズンもここまで公式戦36試合で16ゴール8アシストをマークしており、セリエAで同クラブの首位キープに貢献している。 ▽また、11日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝1stレグのバルセロナ戦(3-0でユベントスが勝利)でも2ゴールを挙げ、チームを勝利へ導いた。 ▽かねてよりバルセロナやレアル・マドリーといったビッグクラブから獲得への関心が寄せられた中、新契約を締結したディバラは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントした。 「僕はいつも自分がプレーする全てのことで成功を収めたいと思っていた。数多くのものを勝ち獲りたいのならユベントスは完璧な場所だよ」 2017.04.13 19:50 Thu
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース