イタリアで初の女性代表監督誕生! 元イタリア女子代表FWパニコ氏がU-16男子イタリア代表の臨時指揮官に!2017.03.17 04:16 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イタリア女子代表FWパトリツィア・パニコ氏(42)が、イタリアの女性指揮官として初めて男子代表チームの指揮を執ることになるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽現役時代にイタリア女子代表として歴代最多の204試合出場に出場し、110ゴールを記録した伝説的なストライカーであるパニコ氏。2014年に現役を退いた後は、イタリア男子の世代別代表を率いるダニエレ・ツォラート監督のアシスタントとして、指導者のキャリアをスタートさせていた。

▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の伝えるところによれば、来週からのインターナショナルウィークでは、U-16イタリア代表を率いるツォラート監督が、U-19イタリア代表チームに帯同することが急きょ決定したため、パニコ氏はツォラート監督の代理として、22日と24日に予定されるU-16ドイツ代表戦でU-16イタリア代表チームを率いることになるようだ。

▽思わぬ形からイタリア人女性指揮官として初めて男子の代表チームを率いることになったパニコ氏は、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で以下のようなコメントを残している。

「女性指揮官として、初めて男子の代表を率いることは素晴らしい偉業だと思っているわ。そして、今回のことをキッカケに私の多くの同僚も同じ初めての経験ができることを願っているわ」

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、FWディバラと新契約を締結! 2022年6月30日まで延長

▽ユベントスは13日、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(23)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。なお、新契約の詳細については公表されていない。 ▽「La Joya(宝石)」の愛称で親しまれているディバラは、2015年6月にパレルモから移籍金3200万ユーロ(当時のレートで約45億円)でユベントスへ加入。移籍1年目となった2015-16シーズンでは公式戦で46試合に出場し、23ゴール9アシストを記録。セリエA、コッパ・イタリア、スーペルコッパ・イタリアーナ制覇に貢献した。今シーズンもここまで公式戦36試合で16ゴール8アシストをマークしており、セリエAで同クラブの首位キープに貢献している。 ▽また、11日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝1stレグのバルセロナ戦(3-0でユベントスが勝利)でも2ゴールを挙げ、チームを勝利へ導いた。 ▽かねてよりバルセロナやレアル・マドリーといったビッグクラブから獲得への関心が寄せられた中、新契約を締結したディバラは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントした。 「僕はいつも自分がプレーする全てのことで成功を収めたいと思っていた。数多くのものを勝ち獲りたいのならユベントスは完璧な場所だよ」 2017.04.13 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ドンナルンマ「ブッフォンは僕をいつも支えてくれる」代表の大先輩に感謝を示す

28日に行われたオランダvsイタリアの親善試合で、イタリアのGKはジャンルイジ・ドンナルンマが務めた。ドンナルンマは2月に18歳になったばかりだが、ドンナルンマは2-1でオランダを撃破する原動力に。<br><br>オランダ戦終了後、ドンナルンマは代表の先輩、ジャンルイジ・ブッフォンに感謝の意を示した。<br><br>「ジジ(ブッフォンの愛称)は僕に常に的確なアドバイスをしてくれる。彼と同じアッズーリのユニフォームを着ることができるのは、誇らしいことだ」<br><br>ドンナルンマは「彼はいつも僕をサポートしてくれる。僕はトップレベルのGKになれるよう、これからも全力を注いでやっていくつもりだ」と語り、21歳も歳の離れた憧れのブッフォンと同じ代表でプレーすることの喜びを明かした。<br><br>また、ドンナルンマは「僕がアッズーリでプレーできるのも、普段僕を支えてくれるみんなのおかげだ。家族、そしてガールフレンドにも感謝したい」と続け、家族や恋人へも感謝の気持ちを示している。<br><br>ドンナルンマは2016年8月にイタリア代表に招集され、同9月のフランス戦で代表デビューを果たしていた。11月のドイツ戦、今年3月のオランダ戦で代表3キャップ目を記録した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.30 18:42 Thu
twitterfacebook
thumb

デ・ロッシ「今のアッズーリはコンテが作った」イタリア代表の前指揮官に感謝の意

イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが、イタリアメディア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の取材に応じ、元代表監督のアントニオ・コンテのアッズーリへの功績がいまだ大きいと述べている。<br><br>コンテは2014年からユーロ2016まで2年ほどイタリア代表を指導。デ・ロッシはコンテ監督時代に言及し、「コンテの2年間は忘れられない時間だった。その時の戦力、チームのメンタルもその時の影響が大きい。今の(ジャンピエロ)ヴェントゥーラ体制でもやっていることが大きく異なるわけではないから、コンテが今のアッズーリを作ったと言っても過言ではない」と発言。<br><br>続いてデ・ロッシは、「ロシア・ワールドカップに出場して、ユーロ2016でも示したアッズーリの精神を今一度大舞台で見せたいんだ。今のイタリアは、今後数年間代表選手として活躍できる若手が多い。(ジャンルイジ・)ドンナルンマはこれから長く活躍が期待できるGKだ。(マルコ・)ヴェッラッティはすでにチームのタクトを振る役として申し分ないし、(アンドレア・)べロッティは得点源として欠かせない選手になっている」と、新たにアッズーリの主軸を担うであろう後輩への期待度の高さを語った。<br><br>イタリアはロシアW杯欧州予選のグループGで首位スペインと並んで勝ち点13を記録している。得失点差でイタリアは2位に付けているが、ロシア行きに向けて順調に歩みを進めている。28日のオランダ戦では、2-1でオランダを撃破。デ・ロッシはこの試合でキャプテンを務めていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.30 05:33 Thu
twitterfacebook
thumb

トルドが語る伊代表GK…18歳ドンナルンマらの台頭で光が差したと主張

元イタリア代表の守護神フランチェスコ・トルド氏が27日、代表の後輩であるGKジャンルイジ・ブッフォンやGKジャンルイジ・ドンナルンマらについて、イタリア国営放送『Rai』のラジオインタビューで語った。<br><br>28日にアムステルダムで行われる国際フレンドリーマッチ、オランダ代表対イタリア代表では、ミランの18歳のドンナルンマの先発。2-1での勝利に貢献した。<br><br>「ドンナルンマの素晴らしい点はまるで友達と遊んでいるかのようなプレーを見せるところだ。最高のクオリティは彼の落ち着いたプレーにある」<br><br>「ドンナルンマはGKへの注目を集めてくれた。彼とジジ・ブッフォンがいればイタリア代表は心配ない」<br><br>イタリアではドンナルンマのほか、アンドレア・ベロッティ(トリノ)、ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)、ダニエレ・ルガーニ(ユヴェントス)ら若手選手が順調に育ち、活躍を見せている。<br><br>「若手が成長し、活躍しているのは喜ばしいことだ。私はいつも若手を応援してきた。早めに引退を決断したのも後輩に道を譲るべきだと考えるからだ」<br><br>2004年に引退を表明したトルドだが、6歳年下の後輩のブッフォンへ賛辞を送った。<br><br>「ジジは私のアドバイスなど必要ないだろう。彼はトップの座にありながらも常に1人で成長を続けてきた」<br><br>■光が差し始めたイタリア代表GK代表GKには長年にわたりブッフォンが君臨してきたが、ドンナルンマという若手が台頭したことで、トルドは光が差し始めたと考えている。<br><br>「ブッフォンはこの20年間、代表において歴史を築いたが同時に(後継者が育たず)大きな影もできていた。今、その影の部分に光が差す時が来た。ドンナルンマが代表に呼ばれ続けるなら、きっとジジは喜んで彼に出番を譲るだろう」<br><br>現在セリエBで2位につけるSPALの20歳GKアレックス・メレットにも注目が集まっている。所属クラブでは輝かしい才能を称賛されるものの、代表では永遠に2番手となる可能性が高い。<br><br>「彼は素晴らしい青年だ。代表では彼とドンナルンマの間で良きライバル関係が生まれることを望む」<br><br>提供:goal.com 2017.03.29 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

5選手が代表デビューのイタリア、ブリント解任オランダに逆転勝利《国際親善試合》

▽国際親善試合のオランダ代表vsイタリア代表が28日に行われ、1-2でイタリアが逆転勝利を収めた。 ▽3日前に行われたブルガリア代表戦を0-2と敗れたオランダは、ブリント監督を解任。そのオランダはブルガリア戦のスタメンから4選手を変更。ロッベンやドストがスタメンを外れ、デパイやレンスを先発で起用した。 ▽一方、4日前に行われたアルバニア代表戦を2-0と勝利したイタリアは、その試合のスタメンから6選手を変更。GKブッフォンやインシーニェ、カンドレーバら主力がスタメンを外れ、GKドンナルンマやロマニョーリ、ルガーニといった若手が先発となった。 ▽ブリント体制同様[4-3-3]で入ったオランダに対し、アルバニア戦の4バックから[3-5-2]に変更して臨んだイタリアの一戦は、互角の展開で立ち上がった中、10分に最初のチャンスを生かしてオランダが先制する。ボックス左からプロメスの放ったシュートがディフレクトし、ロマニョーリの足に当たってオウンゴールとなった。 ▽しかし直後の11分、FKの流れからルーズボールを拾ったボックス手前右のエデルが右足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。さらに32分、左CKの流れからパローロのヘディングシュートはGKズートの好守に阻まれるも、ルーズボールをボヌッチが蹴り込んで逆転に成功する。 ▽その後、37分に負傷したデ・ロッシに代わって代表デビューとなるガリアルディーニを投入したイタリアが1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、イタリアは53分にインモービレに代えてベロッティを投入。58分にはプロメスに枠内シュートをマークされるも、主導権を渡さないイタリアは、スピナッツォーラとペターニャを代表デビューさせる。 ▽70分にはショートカウンターに転じてベロッティがボックス左からGKズートを強襲するシュートを浴びせて牽制すると、終盤にはダンブロージオとヴェルディも代表デビューを果たした。結局、終了間際のヴィエルナのミドルシュートでゴールを脅かされたイタリアだったが、わずかに枠を外れてタイムアップ。イタリアが逆転でオランダを下している。 2017.03.29 06:10 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース