イタリアで初の女性代表監督誕生! 元イタリア女子代表FWパニコ氏がU-16男子イタリア代表の臨時指揮官に!2017.03.17 04:16 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イタリア女子代表FWパトリツィア・パニコ氏(42)が、イタリアの女性指揮官として初めて男子代表チームの指揮を執ることになるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽現役時代にイタリア女子代表として歴代最多の204試合出場に出場し、110ゴールを記録した伝説的なストライカーであるパニコ氏。2014年に現役を退いた後は、イタリア男子の世代別代表を率いるダニエレ・ツォラート監督のアシスタントとして、指導者のキャリアをスタートさせていた。

▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の伝えるところによれば、来週からのインターナショナルウィークでは、U-16イタリア代表を率いるツォラート監督が、U-19イタリア代表チームに帯同することが急きょ決定したため、パニコ氏はツォラート監督の代理として、22日と24日に予定されるU-16ドイツ代表戦でU-16イタリア代表チームを率いることになるようだ。

▽思わぬ形からイタリア人女性指揮官として初めて男子の代表チームを率いることになったパニコ氏は、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で以下のようなコメントを残している。

「女性指揮官として、初めて男子の代表を率いることは素晴らしい偉業だと思っているわ。そして、今回のことをキッカケに私の多くの同僚も同じ初めての経験ができることを願っているわ」

コメント

関連ニュース

thumb

5選手が代表デビューのイタリア、ブリント解任オランダに逆転勝利《国際親善試合》

▽国際親善試合のオランダ代表vsイタリア代表が28日に行われ、1-2でイタリアが逆転勝利を収めた。 ▽3日前に行われたブルガリア代表戦を0-2と敗れたオランダは、ブリント監督を解任。そのオランダはブルガリア戦のスタメンから4選手を変更。ロッベンやドストがスタメンを外れ、デパイやレンスを先発で起用した。 ▽一方、4日前に行われたアルバニア代表戦を2-0と勝利したイタリアは、その試合のスタメンから6選手を変更。GKブッフォンやインシーニェ、カンドレーバら主力がスタメンを外れ、GKドンナルンマやロマニョーリ、ルガーニといった若手が先発となった。 ▽ブリント体制同様[4-3-3]で入ったオランダに対し、アルバニア戦の4バックから[3-5-2]に変更して臨んだイタリアの一戦は、互角の展開で立ち上がった中、10分に最初のチャンスを生かしてオランダが先制する。ボックス左からプロメスの放ったシュートがディフレクトし、ロマニョーリの足に当たってオウンゴールとなった。 ▽しかし直後の11分、FKの流れからルーズボールを拾ったボックス手前右のエデルが右足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。さらに32分、左CKの流れからパローロのヘディングシュートはGKズートの好守に阻まれるも、ルーズボールをボヌッチが蹴り込んで逆転に成功する。 ▽その後、37分に負傷したデ・ロッシに代わって代表デビューとなるガリアルディーニを投入したイタリアが1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、イタリアは53分にインモービレに代えてベロッティを投入。58分にはプロメスに枠内シュートをマークされるも、主導権を渡さないイタリアは、スピナッツォーラとペターニャを代表デビューさせる。 ▽70分にはショートカウンターに転じてベロッティがボックス左からGKズートを強襲するシュートを浴びせて牽制すると、終盤にはダンブロージオとヴェルディも代表デビューを果たした。結局、終了間際のヴィエルナのミドルシュートでゴールを脅かされたイタリアだったが、わずかに枠を外れてタイムアップ。イタリアが逆転でオランダを下している。 2017.03.29 06:10 Wed
twitterfacebook
thumb

代表ズル休み疑惑のバルザーリについてヴェントゥーラ監督が言及、「妻との問題と聞いていたが…」

▽イタリア代表を率いるジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督が、代表をズル休みして早期離脱した疑惑を持たれているユベントスDFアンドレア・バルザーリについて言及した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽バルザーリは、24日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のアルバニア代表戦でフル出場し、2-0の勝利に貢献していた。▽その後、イタリアは28日にオランダ代表との国際親善試合を戦う予定だったが、同選手は“個人的な理由”で25日に代表を離脱していた。 ▽その後、バルザーリは同日夜にリッチョーネのレストランで家族と共に食事をしたことが確認されたが、翌日朝にDJのジッポ・アンジェリーニ氏が自身の『インスタグラム』にバルザーリとのツーショット写真を公開したことから、同選手が夜通しパーティーに参加していたとの疑惑が浮上した。 ▽後にツーショット写真を公開したDJがイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで写真を撮った時刻は、夜中ではなく午後10時前だったと主張し、火消しに走った。だが、4月2日にナポリとのビッグマッチを控える中でのバルザーリの疑惑の早期離脱に、ナポリファンを中心に非難の声が上がっていた。 ▽オランダ戦の前日会見に参加したヴェントゥーラ監督は、この一件に関する質問を受けて、同選手の“個人的な理由”が「妻との問題」であったと明かすと共に、今回の疑惑に少なからず失望したことを認めている。 「バルザーリは、自宅で妻との間に問題を抱えていると言ってきた。私はそのことに驚かされた」 「その後、さらにあの写真(DJとのツーショット)が私を驚かせた。写真は午前3時に撮られたと聞いていたから、大きな失望だった。その後、彼と連絡を取り、詳しい事情を説明された」 「ただ、コヴェルチアーノ(代表の練習場)の外に居る人間に関しては、私に影響を及ぼすことはない」 「そのことに関して、我々の間に合意はなかったし、仮にプレーヤーが問題を抱えているならば、そのことに関して考慮する必要がある」 「我々は彼をプロフェッショナルと定義し、彼から深刻な個人的問題を聞き、我々は彼を自宅に送り出すことを決定したんだからね」 ▽妻との問題の中身や写真が撮影された本当の時間は藪の中だが、今回の騒動を受けて、アッズーリやユベントスにおけるバルザーリの信頼が少なからず失われたことは間違いないだろう。 2017.03.28 05:13 Tue
twitterfacebook
thumb

バルザーリが代表から離脱で親善試合のオランダ戦欠場

▽ユベントスのイタリア代表DFアンドレア・バルザーリが25日、イタリア代表から離脱した。理由は私用と『フットボール・イタリア』は伝えている。 ▽バルザーリは24日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のアルバニア代表戦でフル出場し、2-0の勝利に貢献していた。 ▽イタリアは28日にオランダ代表との国際親善試合を控えているが、ジャンピエトロ・ヴェントゥーラ監督は元々バルザーリを起用する考えはなく、DFダニエレ・ルガーニ(ユベントス)とDFアレッシオ・ロマニョーリ(ミラン)を先発させる意向だったとのことだ。 ▽なお、イタリアではFWマノーロ・ガッビアディーニ(サウサンプトン)、FWフェデリコ・ベルナルデスキ(フィオレンティーナ)、DFジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)らが負傷のため既に代表を離脱していた。 2017.03.26 00:53 Sun
twitterfacebook
thumb

デ・ロッシが“ピルロの後継者”ヴェラッティを称賛「一緒にプレーしていて楽しい」

24日に行われたロシア・ワールドカップの欧州予選、イタリアvsアルバニアは2-0でイタリアが勝利を収めた。<br><br>この試合で先発出場を果たし、PKを沈めて先制ゴールを記録したダニエレ・デ・ロッシが、中盤でコンビを組むマルコ・ヴェラッティについて『Rai Sport』のインタビューで言及した。<br><br>「僕らはアッズーリで大きなことを成し遂げられると思っている。若手とベテランがいい形で融合している」<br><br>「若手でも責任感は十分に持っているし、アッズーリのユニフォームをまとうことの重要性を彼らも理解している」<br><br>デ・ロッシは「特にヴェラッティとはうまくいっていると思う。彼はボールを持つと試合を落ち着かせるべきか、それとも速攻に転じるべきか、常に素晴らしい状況判断をしている。クオリティの高いチームメートとプレーすることは幸せで、最高なことだよね。ヴェラッティと一緒にプレーしていて楽しいよ」とコメント。<br><br>また、ユーロ2016終了後のジャンピエロ・ヴェントゥーラ体制についても「(アンドレア)ピルロがいた頃とも異なるサッカーをしている。パリ・サンジェルマンとも違う内容のスタイルだけど、ヴェラッティはその中でもうまく順応している」と続け、&ldquo;ピルロの後継者&rdquo;として期待が寄せられているヴェラッティを称賛している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.25 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

UEFA公式サイトがキャリア通算1000試合を達成したブッフォンの軌跡を紹介

▽イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、キャリア通算1000試合を達成した。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトがブッフォンの軌跡を紹介している。 ▽ブッフォンは24日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループG第5節のアルバニア戦にフル出場を果たし、2-0の勝利に貢献した。ブッフォンはこの試合でキャリア通算1000試合を達成した。 ▽UEFAによると、ブッフォンはこれまでにユベントスで612試合に出場。パルマでは220試合でプレーし、イタリア代表としては168試合に出場した。その他の詳細なデータは以下の通り。 ◆ブッフォンの軌跡 パルマ(1995~2001) 220試合出場/208失点 チャンピオンズリーグ:10試合/8失点 UEFAカップ:26試合/25失点 セリエA:169試合/162失点 スーペル・コッパ:1試合/1失点 コッパ・イタリア:14試合/12失点 ユベントス(2001~現在) 612試合/479失点 チャンピオンズリーグ(予選含む):101試合/95失点 ヨーロッパリーグ:9試合/5失点 セリエA:446試合/338失点 スーペル・コッパ:7試合/7失点 コッパ・イタリア:12試合/13失点 セリエB:14試合:12失点 イタリア代表(1997~現在) 168試合/112失点 ※58試合で無失点(34.5%) 合計1000試合/799失点 2017.03.25 11:30 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース