超ワールドサッカー

デフォーが2014年以来の代表復帰! 主力に負傷者続出のイングランドが代表メンバー発表 《ロシアW杯欧州予選》2017.03.16 23:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドサッカー協会(FA)は16日、今月22日に行われるドイツ代表との国際親善試合と、26日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のリトアニア代表戦に臨むイングランド代表メンバー26名を発表した。

▽ガレス・サウスゲイト監督は、レスター・シティFWジェイミー・ヴァーディやトッテナムMFデレ・アリ、リバプールMFアダム・ララナなどの主力を順当に選出した。

▽さらに、2014年5月以来の代表復帰となるサンダーランドFWジャーメイン・デフォーと、WBAのMFジェイク・リバモアの復帰組に加え、サウサンプトンMFジェイムス・ワード=プラウズ、サウサンプトンMFネイサン・レドモンドの2選手を初招集した。

▽その一方で、負傷を抱えるマンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーやトッテナムFWハリー・ケイン、同DFダニー・ローズ、リバプールMFジョーダン・ヘンダーソンらが招集外となった。今回発表されたイングランド代表メンバー26名は以下のとおり。

イングランド代表メンバー26名
GK
ジョー・ハート(トリノ/イタリア)
フレイザー・フォースター(サウサンプトン)
トム・ヒートン(バーンリー)

DF
マイケル・キーン(バーンリー)
ライアン・バートランド(サウサンプトン)
カイル・ウォーカー(トッテナム)
ナサニエル・クライン(リバプール)
ギャリー・ケイヒル(チェルシー)
フィル・ジョーンズ(マンチェスター・ユナイテッド)
ルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)
クリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)

MF
マイケル・アントニオ(ウェストハム)
デレ・アリ(トッテナム)
エリック・ダイアー(トッテナム)
ロス・バークリー(エバートン)
アダム・ララナ(リバプール)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
ジェイク・リバモア(WBA)
ジェイムス・ワード=プラウズ(サウサンプトン)
ネイサン・レドモンド(サウサンプトン)
ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
アレックス・オックスレイド=チェンバレン(アーセナル)

FW
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
ジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)
ジャーメイン・デフォー(サンダーランド)

コメント

関連ニュース

thumb

レスターFWグレイの1G1Aでイングランドが準決勝進出! 2位スロバキアも準決勝進出に望み《U-21欧州選手権2017》

▽U-21欧州選手権2017グループA最終節が22日に行われた。この結果、首位通過のU-21イングランド代表の準決勝進出が決定。また、2位U-21スロバキア代表も準決勝進出の可能性を残してグループリーグを終えた。 ▽第2節終了時点で首位に立つイングランド(勝ち点4)と、最下位U-21ポーランド代表(勝ち点1)の一戦は、イングランドが3-0で快勝した。 ▽イングランドは、2-1で勝利したスロバキア戦からエイブラハムに代えてグレイを起用した以外、同じメンバーを起用。[4-3-1-2]を採用したイングランドはGKにピックフォード、4バックに右からホルゲイト、チャンバース、モーソン、チルウェル、中盤はチャロバーの1アンカーに、左右のインサイドハーフにベイカー、ワード=プラウズ、トップ下にスウィフト、2トップにレドモンドとグレイを配した。 ▽試合は早い時間帯にイングランドがスコアを動かす。6分、左サイドで持ち上がったチルウェルからパスを受けたグレイがボックス手前左からカットインして右足を振り抜くと、ゴール前の密集をすり抜けたボールがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽今大会初先発のグレイのゴールで幸先良く先制したイングランドは、その後もきっちり試合をコントロール。30分過ぎにはワード=プラウズのプレースキックからチャンバース、モーソンに続けて決定機も、ここは相手GKの好守に遭う。その後、負傷したチャロバーに代えてヒューズの投入を余儀なくされるも、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、レドモンドに代えてハーフタイム明けにマーフィーを投入したイングランドは、この交代が追加点をもたらす。69分、自陣深くからのロングカウンターで左サイドを独走したグレイがボックス左に持ち込んで折り返すと、これをファーサイドに走り込んだマーフィーが冷静に流し込んだ。 ▽その後、82分にPKを与えて2枚目の警告を受けたポーランドのベドナレクが退場となると、このPKをベイカーが冷静に流し込み、勝負あり。開催国ポーランドに快勝のイングランドが、グループA首位で準決勝進出を決めた。 ▽また、同時刻に行われた2位スロバキア(勝ち点3)と、3位U-21スウェーデン代表(勝ち点2)の一戦は、スロバキアが3-0で勝利した。 ▽前節、イングランドに競り負けたスロバキアと2戦連続ドロー中の前大会王者スウェーデンによる一戦は、早い時間帯に動く。5分、左CKの場面でショートコーナーからマツァンが左足で入れたクロスをボックス右に走り込んだクリアンが頭で流し込み、2試合連続ゴールを達成。スロバキアが先制に成功した。 ▽勢いづくスロバキアは22分、鋭いカウンターからゴールに迫ると、ゴール前でズレラクが冷静にマイナスに折り返したボールをミハリクが右足で蹴り込んで追加点を奪取。前半を2点リードで終えた。 ▽後半に入っても流れを渡さないスロバキアは、73分にもボックス中央でベロの落としに反応したサトカが右足のシュートを左隅に流し込み、試合を決定付けた。 ◆グループA最終節 U-21イングランド <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3</span>-0 U-21ポーランド 【U-21イングランド】 グレイ(6) マーフィー(69) ベイカー(82[PK]) U-21スロバキア <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3</span>-0 U-21スウェーデン 【U-21スロバキア】 クリアン(5) ミハリク(22) サトカ(73) ◆グループA順位表 勝ち点(得点、失点、得失点) 1.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">イングランド</span> 7(5/1/+4) 2.スロバキア 6(6/3/+3) 3.スウェーデン 2(2/5/-5) 4.ポーランド 1(3/7/-4) ※2位スロバキアに関しては3グループの2位の最上位のみ準決勝進出となるため、現時点で突破は未確定 2017.06.23 05:53 Fri
twitterfacebook
thumb

セインツコンビの鮮やか個人技でイングランドが逆転で今大会初勝利!《U-21欧州選手権2017》

▽U-21欧州選手権2017グループA第2節、U-21スロバキア代表vsU-21イングランド代表が19日に行われ、イングランドが2-1で逆転勝利した。 ▽16日に行われた初戦でU-21スウェーデン代表とゴールレスドローに終わったイングランドは、開催国であるU-21ポーランド代表との初戦を2-1で勝利したスロバキアとの第2戦に臨んだ。初戦からはマーフィーに代えてスウィフトを起用した以外、同じメンバーを起用。[4-3-1-2]を採用したイングランドはGKにピックフォード、4バックに右からホルゲイト、チャンバース、モーソン、チルウェル、中盤はチャロバーの1アンカーに、左右のインサイドハーフにベイカー、ワード=プラウズ、トップ下にスウィフト、2トップにレドモンドとエイブラハムを配した。 ▽立ち上がりからサイドを起点に優勢に試合を運ぶイングランドだったが、なかなか決定機を作れない。すると23分、スロバキアの左CKからキッカーのルスナクが入れたクロスをニアでDFホルゲイトを振り切ったクリアンに頭で右隅へ流し込まれ、先制点を許す。 ▽何とか前半のうちに追いつきたいイングランドは、26分にベイカーのミドルシュートでゴールに迫ると、前半終了間際にはボックス手前の好位置で得たFKを名手ワード=プラウズが右足で直接狙うが、枠の左上隅を捉えたボールは相手GKに弾き出され、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、ホルゲイトに代えてアタッカーのマーフィーを投入したイングランドは、この交代で流れを変える。50分、左CKの流れから右サイドでレドモンドからマイナスのパスを受けたマーフィーが右足でクロスを供給。これをゴール前のモーソンがワンタッチで合わすが、相手GKの好守に遭う。それでも、モーソンがこぼれ球を冷静に流し込み、早い時間帯に追いついた。 ▽この同点弾で勢いづくイングランドは、ワード=プラウズとレドモンドのサウサンプトンコンビによる圧巻の個人技で逆転に成功する。61分、自陣中央でボールを持ったワード=プラウズが絶妙なロングフィードをボックス左に走り込むレドモンドに通すと、鋭いカットインでDFを外したレドモンドが右足のコントロールシュートをゴール右隅へ突き刺した。 ▽後半立ち上がりに試合を引っくり返したイングランドは、ここからより堅守速攻にシフトしながら冷静に時間を進めていく。グレイ、ウッドロウをピッチに送り出し逃げ切りを図るイングランドは、試合終盤にかけてスロバキアの反撃に遭い、マーフィーがボックス内であわやハンドでPK献上というピンチを招くも、守護神ピックフォードを中心に守り切って2-1の勝利。見事な逆転勝利を飾ったイングランドが、今大会初勝利で暫定首位に浮上した。 ◆グループA U-21スロバキア 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span> U-21イングランド 【U-21スロバキア】 クリアン(23) 【U-21イングランド】 モーソン(50) レドモンド(61) 2017.06.20 03:03 Tue
twitterfacebook
thumb

ピックフォードPKストップのイングランドが開幕戦をゴールレスドローに持ち込む《U-21欧州選手権2017》

▽U-21欧州選手権2017グループA第1節、U-21スウェーデン代表vs U-21イングランド代表の開幕戦が16日にポーランドで行われ、0-0に終わった。 ▽2年に1度開催され、23歳以下の年齢制限で行われる同大会。開幕戦では前回大会王者のスウェーデンと、プレミアリーグでレギュラーを張る面々が揃うイングランドが激突した。 ▽フラットな[4-4-2]を採用したイングランドはGKにピックフォード、4バックに右からホルゲイト、チャンバース、モーソン、チルウェル、中盤に右からマーフィー、ベイカー、チャロバー、ワード=プラウズ、2トップにレドモンドとエイブラアムを配した。 ▽雨が降る中キックオフされた開幕戦。試合はイングランドがボールを保持し、サイド攻撃を起点に押し込む展開とする。しかし、右サイドのホルゲイトとマーフィーから打開にかかるイングランドだったが、守備に徹するスウェーデンを崩しきることができない。 ▽前半半ば以降、スウェーデンにポゼッションで盛り返され始めたイングランドは、34分にマーフィーのミドルシュートでゴールに迫るもわずかに枠の上に外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もスウェーデンにポゼッションを許したイングランドは、57分にピンチ。ボックス左からシビキに打たれたコントロールシュートが枠の右角に直撃した。 ▽ひやりとしたイングランドは61分、右CKのサインプレーからベイカーがシュートに持ち込むも、枠の上に外してしまう。さらに67分にも決定機。セットプレーの流れからチルウェルの放ったミドルシュートがディフレクトし、わずかに枠の上に外れた。 ▽ここからスウェーデンを押し込んだイングランドは、マーフィーに代えてグレイを投入。勝負に出ると、71分にはワード=プラウズが直接FKでGKを強襲した。 ▽しかし80分、イングランドはPKを献上する。ボックス右に侵入したワークビストをチルウェルがスライディングでカットにかかると、タックルはボールに行っていたように見えたが、主審はPKを宣告した。 ▽ところが、キッカーを務めたワークビストの正面を狙ったチップキックシュートはGKピックフォードが右手一本で防ぎ、ルーズボールを蹴り込んだストランドベルグの威力を欠いたシュートはGKピックフォードがキャッチした。 ▽終盤にかけてスウェーデンの攻勢を許したイングランドだったが、0-0で終えて勝ち点1を掴んでいる。 ◆グループA U-21スウェーデン 0-0 U-21イングランド 2017.06.17 02:53 Sat
twitterfacebook
thumb

ノエル・ギャラガーが粋なお誘い! フランスvsイングランドで自身の曲を熱唱した仏軍楽隊員をコンサートに招待

▽イギリスの世界的ロックバンド、オアシスの元メンバーであるノエル・ギャラガーが、先日のフランス代表vsイングランド代表で自身作曲の名曲を熱唱したフランス軍楽隊員をコンサートに招待した。フランス『AFP』が伝えている。 ▽13日にスタッド・ド・フランスで行われたフランスvsイングランドのフレンドリーマッチでは、5月22日にマンチェスターで起きたテロ事件の犠牲者を追悼するため、試合前にフランス軍楽隊員によってオアシスの名曲「ドント・ルック・バック・イン・アンガー(Don't look back in anger)」が演奏された。 ▽先日にマンチェスターで行われた追悼コンサートでもコールドプレイのクリス・マーティンやノエルの実弟でオアシスの元メンバーのリアム・ギャラガーによって歌われた同曲は、犠牲者追悼の象徴となっており、フランス軍楽隊員によって演奏された際にはスタジアムにエモーショナルな空気をもたらしていた。 ▽この演奏時、制服姿でエレキギターを鳴らしながら熱唱したジャン=ミシェル・ムキルさんが大きな話題となりノエル本人に伝わると、ノエルは来月にスタッド・ド・フランスで行われる自身出演のコンサートにムキルさんを招待した。なお、ノエルが率いるノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは、U2の前座としてステージに立つ予定だ。 ▽ムキルさんはノエルからの粋な誘いを受けて、「とても驚いたよ。観客の一人として曲を聞けるなんて最高だね。今日は警察学校の式典に来た。気温が35度もあって大変な一日になると思っていけど、素晴らしい知らせが届いたよ」と、喜びのコメントを残している。 ▽なお、コンサート関係者によると、現時点でムキルさんとノエルのステージ上での共演の可能性はないとのことだが、観客からの熱烈な要請によって急きょ舞台がセッティングされる可能性は十分にあるはずだ。 ◆熱唱するムキルさん https://streamable.com/5bqns 2017.06.16 21:37 Fri
twitterfacebook
thumb

サウスゲイト、ヴァランの退場は妥当としながらも「ビデオ判定は100%ではない」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は、フランス代表のDFラファエル・ヴァランを退場にしたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判断は正しいと語っている。<br><br>13日にサンドニで行われた国際親善試合のフランス代表vsイングランド代表で、ヴァランはボックス内でMFデレ・アリを倒し、すぐさま主審のダヴィデ・マッサ氏がフランス代表DFにレッドカードを提示。微妙な判定ということもあり、主審はVARに確認を取ったが、ビデオ・アシスタント・レフェリーもこの判定を支持していた。<br><br>これを受け、サウスゲイト監督はレポーターに「あの場面を見返してはいない。しかし、あの判定は間違いではないと思っている。あの一連のプレーは明らかなペナルティで、レッドカードだ。しかし反対の意見があるようなら、私はもう一度見返そうと思う」と主審とVARが下した判定は妥当だと言及。<br><br>続けて「レフェリーは自分たちの判定を確かめたいと思っているはずだ。それにそのテクノロジーを使うことは賢明な判断だと言える。しかし、いくらビデオを用いても100%正しい判定が得られるわけではない。誰でもそうだが、常に正しい決定はできない」とビデオ判定に関する考えを語っている。<br><br>提供:goal.com 2017.06.15 13:30 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース