デフォーが2014年以来の代表復帰! 主力に負傷者続出のイングランドが代表メンバー発表 《ロシアW杯欧州予選》2017.03.16 23:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドサッカー協会(FA)は16日、今月22日に行われるドイツ代表との国際親善試合と、26日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のリトアニア代表戦に臨むイングランド代表メンバー26名を発表した。

▽ガレス・サウスゲイト監督は、レスター・シティFWジェイミー・ヴァーディやトッテナムMFデレ・アリ、リバプールMFアダム・ララナなどの主力を順当に選出した。

▽さらに、2014年5月以来の代表復帰となるサンダーランドFWジャーメイン・デフォーと、WBAのMFジェイク・リバモアの復帰組に加え、サウサンプトンMFジェイムス・ワード=プラウズ、サウサンプトンMFネイサン・レドモンドの2選手を初招集した。

▽その一方で、負傷を抱えるマンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーやトッテナムFWハリー・ケイン、同DFダニー・ローズ、リバプールMFジョーダン・ヘンダーソンらが招集外となった。今回発表されたイングランド代表メンバー26名は以下のとおり。

イングランド代表メンバー26名
GK
ジョー・ハート(トリノ/イタリア)
フレイザー・フォースター(サウサンプトン)
トム・ヒートン(バーンリー)

DF
マイケル・キーン(バーンリー)
ライアン・バートランド(サウサンプトン)
カイル・ウォーカー(トッテナム)
ナサニエル・クライン(リバプール)
ギャリー・ケイヒル(チェルシー)
フィル・ジョーンズ(マンチェスター・ユナイテッド)
ルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)
クリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)

MF
マイケル・アントニオ(ウェストハム)
デレ・アリ(トッテナム)
エリック・ダイアー(トッテナム)
ロス・バークリー(エバートン)
アダム・ララナ(リバプール)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
ジェイク・リバモア(WBA)
ジェイムス・ワード=プラウズ(サウサンプトン)
ネイサン・レドモンド(サウサンプトン)
ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
アレックス・オックスレイド=チェンバレン(アーセナル)

FW
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
ジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)
ジャーメイン・デフォー(サンダーランド)

コメント

関連ニュース

thumb

この先もレスターに未来あり! イングランド代表DFチルウェルが新契約にサイン

▽レスター・シティは20日、イングランド代表DFベン・チルウェル(21)の契約延長を発表した。新契約は2024年までとなる。 ▽チルウェルは、レスター下部組織出身の左サイドバックで、2015年にトップチームデビュー。今シーズンはここまでプレミアリーグ8試合に出場しており、今年9月にイングランド代表デビューを果たすなど、将来が有望視される若手の1人だ。 ▽新契約にサインしたチルウェルは、「このクラブは大きく、長期的なプランもある。それに関わることができて、すごくエキサイティングな気持ちだよ」とコメントしている。 2018.10.21 10:40 Sun
twitterfacebook
thumb

スターリングへの踏み付け疑惑…S・ラモス、別角度の動画投稿で無罪主張

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、イングランド代表戦での踏み付け疑惑に反論している。 ▽スペインは15日、ホームで行われたUEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4でイングランドと対戦。試合は2-3で敗れたが、後半相手FWラヒーム・スターリングに対してセルヒオ・ラモスがスタンピングを行った疑惑が浮上した。 ▽『メトロ』が掲載した一般のファンによる同試合の短い動画には、ボールに関係ないところで倒れていたスターリングに近づいたセルヒオ・ラモスが故意に右足を同選手の左足に乗せているような場面が映されていた。これに対して、イングランドのメディアやファンから「乱暴だ」「恥ずべき行為」と批判を受けていた。 ▽しかし、セルヒオ・ラモスは17日に自身のツイッター(@SergioRamos)で同場面の別角度からの動画を投稿。その映像では、セルヒオ・ラモスとスターリングが多少接触しているものの、踏みつけてはおらず、セルヒオ・ラモスはその動画と共に「これ以上言うことはない」と無罪を主張している。 2018.10.18 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

S・ラモスがまたやった? スターリングへの踏み付け疑惑浮上

▽昨季、チャンピオンズリーグ(CL)決勝のリバプール戦以降、イングランドでアンチが増えているレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが15日のイングランド代表戦で再び物議を醸す行為を働いたようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽スペインは15日、ホームで行われたUEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4のイングランド戦で2-3の敗戦を喫した。ホームで約15年ぶりの公式戦敗戦を喫したラ・ロハの中でセルヒオ・ラモスは、試合終了間際にヘディングによるゴールを記録し一矢報いた。 ▽だが、前半に3失点を喫するなどディフェンスリーダー、キャプテンとしてフラストレーションを溜めていた同選手は、後半に相手FWラヒーム・スターリングに対してスタンピングを行った疑惑が浮上している。 ▽『メトロ』が掲載した一般のファンによる同試合の短い動画には、ボールに関係ないところで倒れていたスターリングに近づいたセルヒオ・ラモスが故意に右足を同選手の左足に乗せているような場面が映されていた。 ▽昨季CL決勝でリバプールFWモハメド・サラーを負傷退場に追いやったレアル・マドリーDFに対して悪感情を抱くイングランドファンは、セルヒオ・ラモスが退場になるべきだったなどとSNS上で反応し、改めて嫌悪感を示した。 ◆故意か? https://twitter.com/Lordy88/status/1051926435210948609 2018.10.16 18:08 Tue
twitterfacebook
thumb

イングランドフーリガンがスペイン人を罵倒「触ったら殺してやる! 」

▽UEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4、スペイン代表vsイングランド代表の裏で、イングランドのフーリガンがひと悶着起こしていたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽イングランドは15日、スペイン戦に臨み3-2で勝利。とりわけ前半は圧巻の出来で相手を粉砕し、32年ぶりに敵地での白星を飾った。 ▽しかし、その試合の前日、スペインのTV局『La Sexta』がセビージャで街頭インタビューを行っていた際、酒瓶を片手にしたイングランドのフーリガンがカメラマンを罵倒。「どけ、どけ、クソ野郎どきやがれ! 」と叫び、仲裁に入った別のスペイン人に対しても「俺に触ったら殺してやる! 娼婦の息子めが! 」と凄んだ。 ▽なお、その模様は試合の当日に『La Sexta』の『ジュゴンズ』という番組で放送された。歓喜に沸くイングランドに、1人の愚行が水を差す形となっている。 2018.10.16 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

3年ぶりに代表戦ゴールのスターリング、「僕にとってはたくさんの意味がある」

▽15日にUEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4、スペイン代表vsイングランド代表が15日に行われ、イングランドが3-2で勝利した。同試合でイングランドを勝利に導く2ゴールを記録したマンチェスター・シティFWラヒーム・スターリングが自身3年ぶりの代表戦ゴールを喜んでいる。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽スペイン相手に敵地で32年ぶりの勝利を目指したイングランドは、前半にスターリングの2ゴールと、FWマーカス・ラッシュフォードのゴールで3点を先行。その後、追いすがるスペインにFWパコ・アルカセル、DFセルヒオ・ラモスのゴールで点差を詰められるも、最終的に3-2で勝利。敵地で32年ぶりの勝利と共に今大会初白星を手にした。 ▽ラッシュフォード、ケインのアシストから見事に2ゴールを記録したスターリングだが、今回のゴールは2015年10月9日のユーロ2016予選のエストニア代表戦以来、3年ぶりのゴールだった。代表46試合目で通算4ゴール目を記録した23歳は、「たくさんの意味がある」と自身のゴールを噛み締めている。 「(最初のゴールに関して)美しい瞬間だったよ。ボックス内に入っていくこと、ゴールを挙げるという部分に関して自分自身に強いプレッシャーをかけていたんだ」 「それは時にうまくいくこともあるし、そうではないときもある。だけど、僕はゴールを決めるべきポジションにいるし、それを続けていく必要があるんだ」 「3年ぶりのゴールという部分で僕にとってはたくさんの意味がある。同時にこういった試合ではとても意味があるものだったと思うよ」 ▽さらに、スターリングは強豪スペイン相手に見せたチームのパフォーマンスに関しても満足感を示している。 「素晴らしいチームパフォーマンスだった。僕たちは最初から真っ向勝負に打って出て、とりわけ前半は決定的なプレーができた」 「この前の試合(クロアチア戦)では要所で良いフットボールができていたけど、今日は試合を通してうまくプレーすることができ、必要な時間帯にチャンスを決め切れたと思っているよ」 ▽また、スターリングが3年ぶりにゴールを挙げた一方、7戦連続でゴールを奪えなかったトッテナムFWハリー・ケインは、2アシストを筆頭にゴール以外で見せた自身の貢献に満足しているようだ。 「多くの人はいつもゴールのことばかり話す。僕がゴールを挙げられなければ、良いプレーではなかったと言う人もいる。だけど、個人的にはチームに貢献できたと感じているよ。そして、それこそが自分にとって重要なことなんだ。もちろん、自分がゴールすることも好きだけど、それよりも勝利は格別さ」 2018.10.16 14:55 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース