デフォーが2014年以来の代表復帰! 主力に負傷者続出のイングランドが代表メンバー発表 《ロシアW杯欧州予選》2017.03.16 23:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドサッカー協会(FA)は16日、今月22日に行われるドイツ代表との国際親善試合と、26日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のリトアニア代表戦に臨むイングランド代表メンバー26名を発表した。

▽ガレス・サウスゲイト監督は、レスター・シティFWジェイミー・ヴァーディやトッテナムMFデレ・アリ、リバプールMFアダム・ララナなどの主力を順当に選出した。

▽さらに、2014年5月以来の代表復帰となるサンダーランドFWジャーメイン・デフォーと、WBAのMFジェイク・リバモアの復帰組に加え、サウサンプトンMFジェイムス・ワード=プラウズ、サウサンプトンMFネイサン・レドモンドの2選手を初招集した。

▽その一方で、負傷を抱えるマンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーやトッテナムFWハリー・ケイン、同DFダニー・ローズ、リバプールMFジョーダン・ヘンダーソンらが招集外となった。今回発表されたイングランド代表メンバー26名は以下のとおり。

イングランド代表メンバー26名
GK
ジョー・ハート(トリノ/イタリア)
フレイザー・フォースター(サウサンプトン)
トム・ヒートン(バーンリー)

DF
マイケル・キーン(バーンリー)
ライアン・バートランド(サウサンプトン)
カイル・ウォーカー(トッテナム)
ナサニエル・クライン(リバプール)
ギャリー・ケイヒル(チェルシー)
フィル・ジョーンズ(マンチェスター・ユナイテッド)
ルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)
クリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)

MF
マイケル・アントニオ(ウェストハム)
デレ・アリ(トッテナム)
エリック・ダイアー(トッテナム)
ロス・バークリー(エバートン)
アダム・ララナ(リバプール)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
ジェイク・リバモア(WBA)
ジェイムス・ワード=プラウズ(サウサンプトン)
ネイサン・レドモンド(サウサンプトン)
ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
アレックス・オックスレイド=チェンバレン(アーセナル)

FW
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
ジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)
ジャーメイン・デフォー(サンダーランド)

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 8月13日は、プレミア通算最多得点記録保持者のバースデー

◆アラン・シアラー 【Profile】 国籍:イングランド 現役時クラブ:サウサンプトン、ブラックバーン、ニューカッスル 誕生日:1970年8月13日 ポジション:FW 身長:183㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 8月13日は、元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏だ。 ▽現在では、プレミアリーグ史上最高のストライカーの1人に数えられているシアラー氏。そのデビューは鮮烈だった。サウサンプトンのユースチームから昇格した1987年、当時18歳だったシアラー氏はアーセナル戦でデビューを飾ると、なんとハットトリックを記録。自らの伝説をスタートさせた。 ▽その後、ブラックバーンを経て故郷のクラブ、ニューカッスルに到着すると、爆発力に磨きをかけ3年連続でプレミアリーグ得点王に輝いた。また、プレミアリーグ通算では260ゴールを記録。これは、現在でも破られていないプレミア通算最多得点記録だ。 ▽スポーツマンシップに溢れ、キャリアの中でファールをほとんど犯さなかったシアラー氏は、2006年に惜しまれつつも引退。同年5月に行われた引退試合では、負傷していたものの脚を引きずりながらPKで最後の得点を沈め、ピッチに別れを告げた。 ※誕生日が同じ主な著名人 ニコ・クラニチャール(サッカー選手/無所属) プレスネル・キンペンベ(サッカー選手/パリ・サンジェルマン) ルーカス・モウラ(サッカー選手/トッテナム) ホアキン・コレア(サッカー選手/ラツィオ) トニー・ガルニエ(建築家) アルフレッド・ヒッチコック(映画監督) 高橋ジョージ(歌手/THE 虎舞竜) 篠原涼子(女優) 杉村太蔵(評論家) 宮澤佐江(タレント) 2018.08.13 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴァーディ、レスターと2022年まで契約延長!

▽レスター・シティは9日、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(31)と2022年6月まで契約延長したことを発表した。 ▽レスターとの新契約を結んだヴァーディは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「レスターの選手として新たに4年間もプレーできることは素晴らしいことだ」 「僕とクラブがここ数年間行ってきた旅路は信じられないものだった。レスターでの新シーズンはとてもエキサイティングな時間で、それに参加できることを嬉しく思っているよ」 ▽2012年夏にフリートウッド・タウンからレスターに加入したヴァーディは、これまで在籍6シーズンで公式戦234試合に出場し89ゴール41アシストをマーク。2015-16シーズンには、プレミアリーグで得点ランキング2位の24得点を記録し、レスター・シティの奇跡の優勝に大きく貢献した。 ▽また、2015年にデビューしたイングランド代表ではこれまで26試合に出場し7ゴールをマーク。今夏に行われたロシア・ワールドカップにもイングランド代表として臨むと、4試合に出場した。 2018.08.10 04:10 Fri
twitterfacebook
thumb

FAがサウスゲイト監督との契約延長を考慮「彼は非常に優秀」

▽イングランドサッカー協会(FA)が、イングランド代表のガレス・サウスゲイト(47)との契約延長に動くようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ミドルスブラやU-21イングランド代表監督を経て、2016年12月にスリーライオンズの監督に就任したサウスゲイト監督。今回のロシア・ワールドカップでは、若手主体のチームを作り上げ、見事イングランドを史上初のベスト4進出を果した。 ▽これを受けてFAは、2020年までとなっている同監督との契約を2022年まで延長することを検討している模様。マーティン・グレン最高経営責任者(CEO)は以下のように述べている。 「ガレスは常に優秀だった。我々は2020年以降も彼に居てほしいと思っている。ベンチマークはいつも不安定なものだ。賃金に関してプレミアリーグのクラブと争うことはできない。それは誰もが知るところだ」 「ガレスは旅の途中だ。ワールドカップでは素晴らしかったし自身の理念を築いた。それは我々はより高みへ導き、彼やスティーブ・オランドアシスタントコーチに情熱を与えた。そして最も大きかったことは、彼がクロアチア戦後に言った我々の仕事はまだ終わっていないという言葉だ」 ▽ワールドカップでの躍進から、FIFAが選ぶ2018年の最優秀監督賞の候補に選ばれているサウスゲイト監督。果たして、イングランド生まれの名将は次回のワールドカップでも指揮を執ることになるのだろうか。 2018.08.02 13:43 Thu
twitterfacebook
thumb

イングランドが2030年W杯立候補へ前向きな姿勢

▽イングランドサッカー協会(FA)は1日、2030年ワールドカップ(W杯)に立候補することを前向きに検討していることを発表した。 ▽2030年W杯にはアルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイの南米3カ国が共同で、モロッコ、チュニジア、アルジェリアの北アフリカ3カ国が同じく共同で開催したい意向を示している。 ▽1966年大会以来2度目のW杯招致を目指すイングランドのグレッグ・クラークFA会長は次のように述べている。 「先月、FAの理事会は2030年のW杯開催地に立候補することについて、実現可能かを検討することで合意した。今後もこの会議を続けるが、2019年まで決定することはない」 ▽2030年W杯は2026年に行われる北米3カ国によるW杯と同じく48チームが参加し、合計80試合が開催される予定となっている。 2018.08.02 01:35 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 7月28日は、母国をベスト4に導いたロシアW杯得点王のバースデー

◆ハリー・ケイン 【Profile】 国籍:イングランド クラブ:トッテナム 誕生日:1993年7月28日 ポジション:FW 身長:188㎝ 体重:86㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 7月28日は、トッテナム&イングランド代表のエースFWハリー・ケインだ。 ▽地元のクラブでサッカーを始めたハリー・ケインは、幼少期からトッテナムファンだったが、7歳の時にスカウトされてアーセナルの育成組織に入団。しかし、11歳で念願のトッテナムのユースチームに入ると、現在ではクラブの絶対的エースにまで上り詰めている。 ▽2015-16シーズンから背番号10を背負うことになったケインは、そのシーズンにプレミアリーグの得点王に輝くと、翌2016-17シーズンにも得点ランクのトップに立った。2017-18シーズンはリバプールFWモハメド・サラーの後塵を拝したものの、2017年限定では39ゴールでプレミア年間最多得点の新記録を樹立している。 ▽また、イングランド代表としては満を持して2018年にロシア・ワールドカップに出場し、最前線から母国を牽引。6ゴールを決めてイングランド人としては32年ぶりとなる得点王に輝き、チームをベスト4に導いた。 ※誕生日が同じ主な著名人 ルイス・アラゴネス(サッカー指導者) マイケル・キャリック(元サッカー選手) ペドロ・ロドリゲス(サッカー選手/チェルシー) 鎌田次郎(サッカー選手/柏レイソル) 柏好文(サッカー選手/サンフレッチェ広島) 和田拓也(サッカー選手/サンフレッチェ広島) 秋山大地(サッカー選手/セレッソ大阪) 大迫敬介(サッカー選手/サンフレッチェ広島) 菅原龍之助(サッカー選手/ベガルタ仙台) 中村敬斗(サッカー選手/ガンバ大阪) 東俊希(サッカー選手/サンフレッチェ広島) セルジオ越後(サッカー解説者) アルベルト・フジモリ(第91代ペルー大統領) リチャード・ライト(キーボーディスト/ピンク・フロイド) スガシカオ(歌手) 矢井田瞳(歌手) 根本はるみ(タレント) 2018.07.28 07:00 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース