デフォーが2014年以来の代表復帰! 主力に負傷者続出のイングランドが代表メンバー発表 《ロシアW杯欧州予選》2017.03.16 23:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドサッカー協会(FA)は16日、今月22日に行われるドイツ代表との国際親善試合と、26日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のリトアニア代表戦に臨むイングランド代表メンバー26名を発表した。

▽ガレス・サウスゲイト監督は、レスター・シティFWジェイミー・ヴァーディやトッテナムMFデレ・アリ、リバプールMFアダム・ララナなどの主力を順当に選出した。

▽さらに、2014年5月以来の代表復帰となるサンダーランドFWジャーメイン・デフォーと、WBAのMFジェイク・リバモアの復帰組に加え、サウサンプトンMFジェイムス・ワード=プラウズ、サウサンプトンMFネイサン・レドモンドの2選手を初招集した。

▽その一方で、負傷を抱えるマンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーやトッテナムFWハリー・ケイン、同DFダニー・ローズ、リバプールMFジョーダン・ヘンダーソンらが招集外となった。今回発表されたイングランド代表メンバー26名は以下のとおり。

イングランド代表メンバー26名
GK
ジョー・ハート(トリノ/イタリア)
フレイザー・フォースター(サウサンプトン)
トム・ヒートン(バーンリー)

DF
マイケル・キーン(バーンリー)
ライアン・バートランド(サウサンプトン)
カイル・ウォーカー(トッテナム)
ナサニエル・クライン(リバプール)
ギャリー・ケイヒル(チェルシー)
フィル・ジョーンズ(マンチェスター・ユナイテッド)
ルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)
クリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)

MF
マイケル・アントニオ(ウェストハム)
デレ・アリ(トッテナム)
エリック・ダイアー(トッテナム)
ロス・バークリー(エバートン)
アダム・ララナ(リバプール)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
ジェイク・リバモア(WBA)
ジェイムス・ワード=プラウズ(サウサンプトン)
ネイサン・レドモンド(サウサンプトン)
ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
アレックス・オックスレイド=チェンバレン(アーセナル)

FW
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
ジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)
ジャーメイン・デフォー(サンダーランド)

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:イングランド 6-1 パナマ《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループG第2節でイングランド代表vsパナマ代表が24日にニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで行われ、イングランドが6-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽イングランド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180624_34_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ピックフォード 5.5 難しい枠内シュートは皆無。1失点したものの安定したパフォーマンスだった DF 2 ウォーカー 6.0 安定したボール捌きで相手のプレスをいなす。無理な対応を強いられる場面は少なかった 5 ストーンズ 6.5 セットプレー時に絶妙なポジショニングと決定力で2ゴールを奪取。流れの中でも攻守に安定していた 6 マグワイア 5.5 セットプレーの場面で高さが際立った。守備でも堅実に役目をこなす MF 12 トリッピアー 6.5 先制点をアシスト。初戦に続き抜群のキック精度を見せた (→ローズ 5.5) ポジションを奪い返すようなプレーは見せられず 21 ロフタス=チーク 6.5 地味ながら中盤のバランスをうまく整えた。ケインのラッキーゴールをお膳立て 8 ヘンダーソン 6.5 的確なポジショニングと視野の広さを生かした安定したゲームメーク。セットプレー時の機転の利いた働きも光った 7 リンガード 6.5 決定力を欠いた初戦の不出来を払拭する見事なゴラッソを記録。PK奪取にも貢献 (→デルフ 5.5) アンカーのポジションで無難にまとめた 18 A・ヤング 5.5 目立った働きはなかったが最低限の仕事はこなした FW 10 スターリング 6.5 自身のゴールはなかったものの2ゴールに絡んだ 9 ケイン 6.5 PK2発にラッキーゴールで今大会2人目のハットトリック達成。得点ランク単独トップの5得点 (→ヴァーディ 5.5) 大勝ムードの中で気迫は見せたが見せ場は作れず 監督 サウスゲイト 6.5 用意してきたサインプレーからゴールを奪うなど格下相手に完勝 ▽パナマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180624_34_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ペネド 5.0 自身に責任はないが屈辱的な6失点… DF 2 ムリージョ 5.0 自身のサイドを崩されたわけではないが、要所で集中を欠く場面が散見 5 R・トーレス 5.0 流れの中では耐えたが、セットプレーで完敗 4 エスコバル 4.5 不用意なPK献上などやや緩慢なプレーで失点に関与 15 E・ダビス 5.0 攻守に思うような試合とはならず MF 8 バルセナス 5.5 幾度か鋭い仕掛けを見せるなど、個人としてはまずまずの出来 (→アローヨ 5.0) 目立ったプレーを見せられず 11 クーペル 5.0 相手にプレッシャーをかける意識は良かったが、それが空回った印象 6 G・ゴメス 5.0 バイタルエリアを締めきれず。セットプレー時にもっと声をかけたかった (→バロイ 6.0) 歴史的なW杯初ゴールを記録。省エネの相手に対して無難に守った 20 ゴドイ 5.0 攻守両面でクオリティを欠いた (→アビラ 6.0) 正確なプレースキックで歴史的なW杯初ゴールを演出 21 ルイス・ロドリゲス 5.0 押し込まれて仕掛ける場面はほとんどなかった FW 7 B・ペレス 5.0 前線で完全に孤立。さすがに1人で相手3バックを相手にするのは困難だった 監督 ゴメス 5.0 弱者の戦いをしていく中でセットプレーからの4失点は致命的。それでも、歴史的なゴールを奪い切った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ストーンズ(イングランド) ▽セットプレーからの大勝だったが、貴重な先制点と4点目を奪い切ったストーンズをMOMに選出。守備の局面ではクリーンシートを逃がすも個人としては上々の試合だった。 イングランド 6-1 パナマ 【イングランド】 ストーンズ(前8) ケイン(前22[PK]) リンガード(前36) ストーンズ(前40) ケイン(前46[PK]) ケイン(後17) 【パナマ】 バロイ(後33) 2018.06.24 23:03 Sun
twitterfacebook
thumb

ケインのハットトリックなどで6発大勝のイングランドがベルギーと共に決勝T進出!《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループG第2節でイングランド代表vsパナマ代表が24日にニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで行われ、イングランドが6-1で勝利した。この結果、イングランドとベルギーの決勝トーナメント進出が決定した。 ▽チュニジアとの初戦では相手のハードワークに苦戦を強いられたものの、勝負強い頼れるエースFWケインの試合終了間際の劇的弾含む2ゴールの活躍によって2-1で競り勝ったイングランド。前日の試合でベルギー代表が連勝したため勝利で決勝トーナメント進出が決定するパナマ戦に向けてはチュニジア戦から先発1人を変更。筋肉系の問題を抱えるデレ・アリに代わってロフタス=チークが起用された。 ▽一方、パナマはベルギーとの初戦では前半は粘り強い守備を軸に思い通りの戦いを見せたものの最終的に相手の圧倒的な個の力に屈し、歴史的なW杯初戦は大敗という結果に終わった。歴史的勝ち点奪取に向けて意気込むチームはベルギー戦と同じスタメンで臨んだ。 ▽立ち上がりはパナマが積極的に前に出てカウンターからシュートシーンを作り出すが、イングランドが得意のセットプレーから早々に先制点を奪う。8分、右CKの場面でキッカーのトリッピアーが絶妙なアウトスウィングのクロスを入れると、ニアに飛び込んだヘンダーソンがDF2枚を引っ張ると、この後方で完璧にフリーになったストーンズが難なく左隅にヘディングシュートを突き刺した。 ▽幸先良く先制したイングランドだが、その後も相手の反撃に晒されるなどピリッとしないプレーが続くも再びセットプレーから2点目を奪う。20分、オフサイドラインの味方をオトリにギリギリで抜け出したリンガードがゴール右で相手DFエスコバルに後ろから倒されてPKを獲得。これをキッカーのケインがゴール左上隅に強烈なシュートで決め切り、2試合連続ゴールを記録した。 ▽この2点目で完全に試合の流れを掌握したイングランドは前がかりなパナマをうまくいなしながらカウンターを軸に鋭い攻撃を仕掛けていく。すると36分、ボックス手前左でスターリングとのパス交換でシュートコースを作りだしたリンガードが圧巻の右足コントロールシュートをゴール右上隅に突き刺し、イングランドの今大会初めてとなる流れの中からのゴールを奪取する。 ▽その後も攻撃の手を緩めないイングランドは40分、相手陣内中央で得たFKの場面でサインプレーからトリッピアーのショートパスをヘンダーソンがダイレクトでボックス右に蹴り込むと、ケインが頭で中央へ折り返しフリーのスターリングがヘディングシュート。これはGKに弾き出されるもストーンズが冷静にこぼれ球を押し込みこの試合2点目。さらに前半アディショナルタイムにはCKの場面の競り合いでDFのホールディングを受けたケインがPKを奪取。これを1本目とほぼ同じコースに決めて得点ランクトップタイの4ゴール目を決めた。 ▽迎えた後半、大量リードのイングランドは無理に攻めに行かずゲームコントロールを優先した試合運びを見せる。それでも、62分にはボックス手前右でロフタス=チークが放ったミドルシュートがオフサイドラインぎりぎりのケインに当たって大きくコースが変わると、これがGKの逆を突く形でゴールネットに吸い込まれ、ケインが幸運な形で今大会2人目のハットトリックを達成した。 ▽この6点目を受けてサウスゲイト監督は殊勲のケインとリンガードを下げてヴァーディ、デルフを今大会初めてピッチに送り出す。一方、何とか一矢報いたいパナマはゴドイ、バルセナス、ガブリエル・ゴメスを下げてアビラ、アローヨ、バロイを続けて投入する。 ▽すると、この交代でやや勢いが出たパナマは76分にセットプレーからゴール右でフリーのロマン・トーレスに決定機が訪れると、78分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でアビラが左足で精度の高いボールをGKと最終ラインの間に入れると、これをフリーのバロイが魂のボレーシュートで合わせ、パナマが途中出場2人の連係から歴史的なW杯初ゴールを記録した。 ▽しかし、パナマの一矢報いるゴールも試合の大勢に影響はなく試合はこのままイングランドの6-1の勝利に終わった。この結果、ベルギーと共に連勝のイングランドの決勝トーナメント進出が決定した。なお、勝ち点、得失点差、総得点でも並んだ両者は最終節の直接対決で首位通過を懸けて激突する。 2018.06.24 23:02 Sun
twitterfacebook
thumb

得点ランクトップに立ったケインはイングランドで3人目のハットトリック達成者!

▽イングランド代表のFWハリー・ケイン(24)が、ロシア・ワールドカップのグループG第2戦のパナマ代表戦でハットトリックを記録した。 ▽初戦のチュニジア代表戦で2ゴールを記録していたケインは、1-0でリードした22分にPKを獲得。これをしっかりと決めると、2点を追加した前半アディショナルタイム1分にもPKを沈めて2点目を決める。 ▽さらに62分には、ルベン・ロフタス=チークのシュートがケインのかかとに当たってディフレクト。これが決まり、ハットトリックを達成した。直後に、ケインはFWジェイミー・ヴァーディと交代している。 ▽このハットトリックでケインは通算5ゴールとなり、FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)、FWロメル・ルカク(ベルギー代表)の4ゴールを抜いて得点ランキングトップに立った。 ▽また、イングランド代表としてはワールドカップで3人目のハットトリック達成者に。前回は1986年のメキシコ大会でギャリー・リネカー氏が記録。最初のハットトリックは1966年のイングランド大会でジェフ・ハーストが記録していた。 2018.06.24 22:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ランパード氏、前評判の高くないイングランド代表に期待「選手にとってはいいこと」

元イングランド代表MFフランク・ランパード氏が、ロシア・ワールドカップに挑んでいる現代表チームについて『BBC』に語っている。<br><br>今年5月にダービー・カウンティFC監督就任が発表されたランパード氏は現役時代、通算647試合に出場。イングランド代表としても106試合出場で29ゴールを記録している。<br><br>3度のW杯を経験しているランパード氏は、期待が大きくない今大会は選手にとってはいい条件であると語った。<br><br>「普段よりは期待されていないように感じるけど、それは選手にとってはいいことかもしれない。若手の特に攻撃的なポジションについて言えばいい選手が揃っている。何人かの選手はプレミアリーグの所属クラブで素晴らしいプレーをしているよ」<br><br>「私はただそれらが一つになってくれることを願っている。ガレス・サウスゲイトはとても一生懸命仕事をしているよ。調子がよければどんなチームでも倒すことができる。大会中に勢いに乗れるかがポイントだよ。グループリーグを突破して、どこまで行けるかを見てみたいね」<br><br>現在のチームにはイングランド代表の新たなリーダーなり得る人材が多くおり、今大会で真のリーダーが確立されることを期待していると明かした。<br><br>「W杯は新しいリーダーが誕生する場所なんだ。(ジョーダン・)ヘンダーソンはリバプールでリーダーシップを発揮してチャンピオンズリーグ決勝進出に貢献した。(ハリー・)ケインは彼のパフォーマンスとその才能自体がリーダーさ。多くの選手がすでにリーダーの脂質を持っていって、彼らがリーダーになると思うよ。W杯のような大会では多少積極的になる必要があるんだ。僕はイングランドがリーダー不足とは思いたくないね」<br><br>提供:goal.com 2018.06.23 20:40 Sat
twitterfacebook
thumb

【W杯グループG第2節プレビュー】2強ベルギー&イングランドが最終節の決戦前に突破きめるか?

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループG第2節が23日、24日に開催する。23日の21:00からはパナマ相手に快勝スタートのベルギーがチュニジアと、24日の21:00からは白星スタートのイングランドがパナマと対戦する。なお、ベルギーとイングランドが今節勝利した場合、決勝トーナメント進出が決定する。 ◆チーム情報:共に初戦から大きな変更なし ▽まずはベルギーvsチュニジアから。パナマとの初戦では前半こそ相手の組織的かつハードな守備に苦戦を強いられたものの、後半立ち上がりのFWメルテンスのゴラッソで均衡を破ると、その後は得意のカウンターなどの形からエースFWルカクに2点が生まれ3-0の快勝を収めた。パナマ戦に続き格下との対戦となる今節に向けてはDFコンパニやDFヴェルメーレン、FWバチュアイとコンディションに不安を抱える選手の試運転に使いたいところだが、イングランドの苦戦を考えれば現状のベストメンバーを送り出すはずだ。 ▽一方、チュニジアはイングランドとの初戦では守護神ハッセンの負傷交代などのアクシデントに見舞われながらも90分間を1-1のイーブンで耐えたものの、後半アディショナルタイムに失点を喫してショックが残る敗戦となった。それでも、流れの中では相手の強力な攻撃陣を抑え込んでおり、ベルギー戦でも継続路線でいきたい。ただ、攻撃面に関してはハズリの起用法を含めてマイナーチェンジも必要か。 ◆注目選手:両チームの10番に注目 ▽ベルギーの注目選手はMFアザールだ。パナマ戦ではFWルカクのゴールをアシストした一方、それ以外の場面では決定的な仕事ができなかった。もちろん、同サイドのMFカラスコとの連係の問題やビルドアップの機能不全によって良い形でボールを受けられなかったことが問題だが、相手の徹底マークを振り切る個の力を示してほしいところだ。 ▽一方、チュニジアの注目選手はこちらもエースのハズリだ。イングランドの初戦ではチーム事情で最前線を任されるも数的優位で守る相手センターバック陣にことごとく潰され攻撃の起点とはなれなかった。イングランドと同じ3バックを採用するベルギーに対して同じやり方で臨めば難しい展開となるだけに個人としても何らかの変化が必要だ。逆に、本職のウイングに配置された場合は積極的な仕掛けで攻め手となりたい。 ◆ベルギー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupG2_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆チュニジア予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupG2_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupG2_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆チーム情報:球際のぶつかり合い必至の中で気になるコンディション ▽続いてイングランドvsパナマ。チュニジアとの初戦では2点を決めたエースFWケイン、DFトリッピアーやMFヘンダーソンらが活躍した一方、MFリンガードやFWスターリングらの決定力不足が響いて辛勝となったイングランド。それだけにパナマ戦では決定力の改善が急務だ。なお、直前の報道ではスタメン情報が漏れてしまい、軽傷のMFデレ・アリ、スターリングに代わってロフタス=チーク、FWラッシュフォードを起用する予定だ。 ▽一方、ベルギーとの初戦では前半は粘り強い守備を軸に思い通りの戦いを見せたものの最終的に相手の圧倒的な個の力に屈し、歴史的なW杯初戦は大敗という結果に終わった。また、ベルギー戦では球際でかなり厳しいプレーを見せており、ベテラン揃いのチームがイングランド戦までにコンディションを整えられるかがポイントになりそうだ。 ◆注目選手:チャンスメーカーと守備の要に注目 ▽イングランドの注目選手は右ウイングバックのトリッピアーだ。チュニジアとの初戦では右サイドを制圧し、第1節全体でも屈指となる6つの決定機を創出するなど出色のパフォーマンスだった。しかし、パナマはベルギー戦でサイドへのパスコースをきっちり切ってカラスコやムニエを締め出しており、イングランド戦でも同様のアプローチで臨む可能性が高い。したがって、トリッピアーには相手の対策をかいくぐるプレーを期待したい。 ▽パナマの注目選手はアンカーのポジションで守備を締めるゴメスだ。ベルギー戦の前半ではバイタルエリアのスペースを埋めつつ、要所でギャップ受けを狙うアザールやメルテンスを味方との連携で抑え込んでいた。そして、パナマの歴代最多出場記録を更新し続ける重鎮がいかに相手の攻撃を撥ね返せるかが金星実現のカギだ。 ◆イングランド予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupG2_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆パナマ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupG2_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆第2節 ▽6/23 《21:00》 ベルギー vs チュニジア ▽6/24 《21:00》 イングランド vs パナマ 2018.06.23 17:00 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース