【質疑応答】ハリルホジッチ監督、ここまでの13試合を振り返り「UAE戦に向けては経験値が必要」《ロシアW杯アジア最終予選》2017.03.16 21:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は16日、今月行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー25名を発表した。

▽会見に出席した日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、メディア陣の質問に応対。MF今野泰幸(ガンバ大阪)、MF高萩洋次郎(FC東京)、MF倉田秋(ガンバ大阪)らの新戦力と、出場機会が少ないFW本田圭佑(ミラン/イタリア)、DF長友佑都(インテル/イタリア)の招集について言及。また、ここまでの予選を振り返り、次のUAE戦に向けて経験値が必要だと強調した。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督(日本代表)
――ベテランの選手を新人として何人か招集したが、彼らと十分なコミュニケーションを取っていたか
「もちろん選手たちとは良いコミュニケーションを取っている。そして選手個人に修正点も伝えてある。逆に選手の方から意見も聞いている。そして選手たちがさまざまなことを取り入れてくれることを望んでいる。我々が機能するために代表のフロント、スタッフ、メディカルスタッフ全員で取り組んでいる」

「今野は、私が来た当初から代表に居たので知っている。倉田も東アジアカップで見ている。ただ、今とは違うプレーをしていた。高萩については面識はないが、過去代表に選出されていたことは知っている。彼の性格の部分も含めてこれから知っていきたいと思う。呼んだから試合に出られるわけではないが、私の頭の中では戦略ができている。その中で、オプション2、ケガ人が出ればオプション3と様々なオプションを想定している。そうやって先を読みながらリストを作っている」

「たくさんの選手と話している。特に経験を積んでいる選手たち。彼らにとって、もしかしたら最後のワールドカップ予選かもしれない。ここまでの道のりを考えると、アジアカップの後に私がここに来た。その落ち込んでいた状態より、大きな野心や決断力を持って戦ってもらいたい。選手たち全員はワールドカップに行きたいという意欲を持っている」

「もちろん不運なことに私たちだけではなく、他のチームと戦わなくてはいけない。そして、どこでも試合に出る選手はより大きな喜びを感じ、出なければその喜びも小さい。私がベストだというチームを作っている。もし、入らなければ自分よりも良い状態の選手がいたということ。私はチームを作ることにベストと思う選択肢を選んでいる。今回リストに入らなかったからと言って次も入らないわけではない。この次の試合のことを考えると、今日選んだ選手は今状態が良い選手だということ。日本人選手であればJリーグでも欧州でプレーしていても全員が代表候補だ」

――出場機会の少ない本田圭佑(ミラン/イタリア)、長友佑都(インテル/イタリア)を呼んだということは、他に選手がいないことが理由か
「まず、本田は我々のトップスコアラーで一番点を獲っている。この前の試合は、先発ではなく、後半からの途中出場だったが、良い内容だった。そして、いろいろと考慮する中で、本田の代わりができる選手がいるのかというのも考えなくてはいけない。私は若い選手も使ってきたが、精神面などの準備をしなくてはいけない。相手に敬意を払いすぎている、恐れていると感じることがあった。そういった意味でも本田のような選手はこれからも必要だ」

「本田、長友、この二人はイタリア、ヨーロッパのビッククラブでトレーニングをするだけでも違いがあると思う。そういった意味で彼らは信頼できる。そうして二人の代表に対する意欲も感じた。彼らを選び続けてきたのは私だけではない。こういう風に選んでいるが、より良い選手が出てくれば、彼らを呼ばないかもしれない。つまり、他の選手たちが彼ら以上のものを見せなくてはいけない」

「ここ10年ほど彼らが代表に入っている。それはプレーだけでなく存在が重要になっている。選手によってはこのような特殊な試合に初めて出る選手もいる。たくさんのプレッシャーがあり、自分たちに向く悪意がある中で戦うこともある。そこで私は経験を必要とする」

「特にUAE戦に向けては経験値が必要だ。繰り返すが、彼らより良いパフォーマンスをする選手がいれば、彼らのポジションも脅かされる。本田と長友は彼らの気質もわかっていて信頼できる。だからと言ってプレーするとは限らない。合流してから状態を見てみる」

――今日の話で「決断力」という言葉が数多く出てきたが、具体的にどういうなことを「決断力」と考えているか
「選手たちの考え方がより深まってきている。私は選手たちとたくさんのことを話してきた。彼らのフィードバックを私は必要としている。彼らのメンタルの部分に働きかけるためにはフィードバックが必要だ。オーストラリアに対して日本は勝ったことがないと聞いている。そういった状況で彼らに過去勝ったことがなくても勝てるんだと納得させなくてはいけない」

「例えば初戦のUAE戦。私は思い出すと熱が39度ぐらいまで上がるので思い出したくないが、内容は悪くなかった試合だった。一昨日、昨日と観返したが良い試合だった。守備でも攻撃でも興味深い点があった試合。少し、細かいミスがあったとは思うが、レフェリーの影響もあった。受け入れがたい判定もあった。だからこそ、リベンジしたいと選手たちは感じている。自信をもって決断力を持ってそれが果たすことができると思う」

「非常に難しい試合になるが、勝てない試合ではない。相手の挑発に乗ったり、様々なデュエルを仕掛けてくると思うが、もちこたえなくてはいけない。PKやFKも誘ってくる。そういったところで自信をもって、味方に自信をもってチームとして戦わなくてはいけない。相手チームに良い選手がいるというのも事実。ただ、このチームにも良い選手がいる」

「今までのスタッツを見たが、敗戦があったからと言ってそれが悪いわけではない。13試合ワールドカップ予選を戦ってきているが、失点は5つ。4つがセットプレーで、1つが流れの中から。それはサウジアラビア戦でのもの。つまり、13試合で良い守備ができている。そして、攻撃面を見れば決定力が少し足りない部分があるかもしれないが、チャンスメイクでは1試合で12回、13回決定機を作っている。つまり、良いゲームができるということだ。もちろん、修正点はいくつかあり、それを修正していかなくてはいけない」

「ワールドカップに行けば、様々な大きなドアが開いてくる。私は自分たちの試合を分析し、良いところも悪いところも見ている。オーストラリア戦とUAE戦のPKはなかった。修正はできる。私はこのチームを信頼している。うまくできなければ私の責任。我々は打ちのめされるまでは戦わなくてはいけない。我々が持っているMAXを出さなくてはいけない」

「よく相手チームからの日本のコメントを聞くと、日本はあまり強くなくて、タックルすれば恐れるぞという風に言われることもあるが、そういうことが起こらないようにしなくてはいけない。そして、怖いという選手がいれば、もちろん試合では使わない」

「そのようなメンタルの面が違いを生む。我々は1試合平均3点決めている。数字としては悪くない。たくさんのチャンスを外しても獲れている。そこをポジティブに捉えて、選手たちには自信をもって戦ってもらいたい。そして、厳正な判定を期待している」

――サウジアラビア戦以降、日本代表にとってポジティブな要素はあるか
「ポジティブなところはたくさんある。我々は重要な場面で、勝利しなくてはいけないという試合に向かっていた。そして、その準備の時にトップコンディションではない選手が何人かいた。その試合のメンバーを観たときに驚いた人もいるだろう。それは私が練習を観ていて決めた。そこで、良いゲームをした」

「勝利に値する試合だった。グループもしっかりとできあがっている。長年、代表に居るがケガをしていたり、コンディションが落ちていたりする選手がいたが、その代わりに出ても戦える選手がいたという試合でもあった。サウジアラビア戦に勝ったことで我々は力を得ることができた。非常に良いメンタル的な状況が生まれた。今は全員がスタメンになろうと戦ってほしい状況である」

――高萩洋次郎(FC東京)は、クラブではボランチでプレーしているがどこで使うのか
「FC東京では少し前目のポジションをとったりする。FC東京でプレーして、すぐに彼を呼びたいと思った。彼からのボールで攻撃が始まるという質の高いプレーを見せてくれていたし、読みもいい。スピードがあるというタイプではないが、組み立ての中で違いを見せることができる選手。また、FKも蹴れる」

「守備面を見れば山口蛍、今野、長谷部誠のようにボールリカバリーをそこまでできるわけではないが、そのような選手と補完し合いながらプレーできる。彼は183cmあるので、我々のディフェンスに向かってくるボールを考えた時にも彼は有用な選手」

「我々と初めてのコンタクトとなる。彼を呼んだからと言って使うかはわからない。トレーニングの中で、我々の戦術の中での彼を見たい。その中で彼のプレーがどうなのか、それは倉田もそうだ。倉田は瞬発力があり、ボールを持ちすぎる部分があるが、深いポジションからボールを持って切り込んでいける。このような選手は多くない。それができるテクニックを持っている」

「長谷部とはまた違った選手とのコンビネーションを探している。柏木陽介、大島僚太など多くの選手を使ってきたが、ベストな選手が誰なのかというのを探しながら行っている」

コメント

関連ニュース

thumb

低調オランダ、ブルガリアに敗れて4位転落… 予選突破に暗雲《ロシアW杯欧州予選》

▽オランダ代表は25日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第5節でブルガリア代表とのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。 ▽ここまで2勝1分け1敗の2位に付けるオランダ(勝ち点7)が、4位ブルガリア(勝ち点6)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽[4-2-3-1]を採用したオランダは1トップにドスト、2列目に右からロッベン、クラーセン、プロメス、ボランチにストロートマンとワイナルドゥムを据えた。 ▽そのオランダがポゼッションする流れとなったが、5分にディフェンスライン裏を取ったデレフに絶妙な胸トラップからGKとの一対一を制された。 ▽失点後もボールを保持したオランダだったが、20分にデレフの個人技でリードを広げられる。ボックス手前中央で味方のパスを受けたデレフにミドルシュートを打たれると、これがゴール右に突き刺さった。 ▽良いところなく前半を終えたオランダは後半からワイナルドゥムに代えてスナイデルを投入。すると、58分にようやく枠内シュートをマーク。プロメスが枠の右隅を捉えたミドルシュートを浴びせる。しかし、GKミハイロフの好守に阻まれた。 ▽続く62分にはスナイデルの正確なフィードをボックス右のドストが落とし、クラーセンがダイレクトでシュート。決定的だったが、ここもGKミハイロフの好守に阻止され、ゴールが遠い。結局、これ以降はチャンスを生み出せずに0-2で終戦。低調オランダはブルガリアとスウェーデンにかわされ、4位に転落している。 2017.03.26 07:17 Sun
twitterfacebook
thumb

ジルーの2発で格下にルクセンブルクに競り勝ったフランスが首位キープ《ロシアW杯欧州予選》

▽フランス代表は25日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループAでルクセンブルク代表とのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 ▽ここまで3勝1分けで首位に立つフランス(勝ち点10)が、最下位ルクセンブルク(勝ち点1)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽フランスは最前線にジルー、2列目に右からO・デンベレ、グリーズマン、パイエ、ボランチにポグバとマテュイディを配す[4-2-3-1]を採用。そのフランスは8分、ジルーのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKの好守に阻まれる。続く14分にはボックス手前右で得たFKをグリーズマンが狙うと、わずかに枠の右上に外れた。攻め立てるフランスはさらに15分、ロングフィードに抜け出したグリーズマンがループシュートを狙うも、GKにセーブされる。 ▽その後、21分にGKが負傷交代となったルクセンブルクに対し、フランスは28分に先制する。グリーズマンのスルーパスをボックス右で受けたシディベの折り返しをジルーが右足で合わせた。 ▽しかし32分、相手CKの流れからマテュイディがモタをボックス内で倒してしまいPKを献上。これをジョアチムに決められて同点とされた。 ▽それでも36分、シディベがモタに倒されて得たPKをグリーズマンが決めてフランスがすかさず勝ち越しに成功。42分にはマテュイディの強烈なボレーシュートが右ポストを直撃し、3点目は奪えなかったが、2-1とリードして前半を終えた。 ▽迎えた後半も敵陣でプレーしたフランスが主導権を握る。3点目こそ奪えないものの、ルクセンブルクに付け入る隙を与えない。そして77分、メンディの左サイドからのクロスにジルーが頭で押し込み、決定的な3点目を奪った。 ▽余裕となったフランスは代表デビュー戦となるムバッペを投入。そのムバッペは投入直後の80分に浮き球フィードに反応してボックス左から決定的なシュートを浴びせ、存在感を発揮。格下にやや苦戦したフランスだったが、3-1で勝利し、首位をキープしている。 ▽グループAその他の試合ではスウェーデンがベラルーシに4-0と快勝して2位に浮上。ブルガリアに敗れたオランダは4位に転落している。 2017.03.26 07:08 Sun
twitterfacebook
thumb

終盤のルカク弾で9人のギリシャに辛くも引き分けたベルギーが首位キープ《ロシアW杯欧州予選》

▽ベルギー代表は25日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループHでギリシャ代表をホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽ここまで4戦全勝の首位ベルギー(勝ち点12)が、3勝1分けの2位ギリシャ(勝ち点10)をホームに迎えた一戦。 ▽アザールを負傷で欠くベルギーは[3-4-3]を採用。最前線のルカクの後方にメルテンスとナインゴランを配し、中盤右にシャドリ、左にカラスコ、センターにフェライーニとヴィツェルを並べ、3バックの中央にシマンを据えた。 ▽そのベルギーがボールを保持すると、13分に決定機。右サイドからのメルテンスのクロスにフェライーニがヘッド。しかし、枠の右に外してしまった。 ▽その後も一方的にボールを保持してギリシャを押し込んだベルギーは、31分にビッグチャンス。左サイドからのカラスコのクロスにフェライーニがヒールでうまく合わせたシュートが枠の左上を捉えた。だが、GKカピノのファインセーブに阻まれた。 ▽しかし、ハーフタイムにかけてはマノラスとパパスタソプーロス擁するギリシャ守備陣の前にシュートシーンを生み出せないまま、ゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始20秒にベルギーは失点する。タフツィディスのヘディングでのパスを受けたミトログルがディフェンスライン裏へ独走。ボックス内に侵入してGKとの一対一を制した。 ▽追う展開となったベルギーは55分にチャンス。ルカクのポストプレーからヴィツェルがミドルシュートを狙うも、枠を外れる。悪い流れが続いていたベルギーだったが、65分にタフツィディスに2枚目のイエローカードが提示されて数的優位となった。 ▽ベルギーはイエローカードを受けていたフェライーニに代えてデンベレを投入。すると74分、FKの流れからボックス左のメルンテスが左足でシュート。決定的だったが、GKのセーブに阻まれた。 ▽ゴールが遠いベルギーは終盤、DFのシマンに代えてアタッカーのミララスを投入。しかし、スコアを動かせず0-1のままタイムアップかに思われた。それでも土壇場の89分、左サイドからのメルテンスのクロスをボックス左のルカクがパパスタソプーロスを背負いながら胸トラップからシュート。難度の高いシュートだったが、ニアサイドを破って1-1とした。 ▽さらに追加タイム1分にはカラスコの左クロスにルカクがヘディングで合わせるもGKの守備範囲に飛び、1-1のままタイムアップ。ホームでの敗戦を免れたベルギーが、首位の座をキープしている。 ▽グループHその他の試合ではボスニア・ヘルツェゴビナがジブラルタルに5-0と大勝し、2位ギリシャに1ポイント差に迫っている。 2017.03.26 07:02 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの2発などで完勝のポルトガルが首位スイスを追走!《ロシアW杯欧州予選》

▽ポルトガル代表は25日、ロシア・ワールドカップ(W杯) 欧州予選第5節でハンガリーと対戦し、3-0で勝利した。 ▽グループBで2位のポルトガル(勝ち点9)が、ホームのエスタディオ・ダ・ルスに3位ハンガリー(勝ち点7)を迎えた一戦。首位スイス追走のためにもポイントロスを避けたいポルトガルは、C・ロナウドやペペ、クアレスマ、アンドレ・ゴメスなど主力をスタメンに起用した。 ▽3トップにクアレスマ、アンドレ・シウバ、C・ロナウドを並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだポルトガルは、立ち上がりから攻勢に出る。12分、バイタルエリア中央左寄りの位置でアンドレ・シウバがヴィニシウスに倒されFKを獲得。このFKをC・ロナウドが直接狙うも、壁に当たったボールはわずかに枠の左上に外れた。 ▽高いボール支配率で敵陣に攻め込むポルトガルは20分、自身の上げたクロスのこぼれ球を再び拾ったクアレスマがボックス左からクロスを供給。これをファーサイドのC・ロナウドがドンピシャのヘッドで合わせるが、ボールはゴール左に逸れた。 ▽その後も主導権を握るポルトガルは32分にスコアを動かす。ドリブルで持ち上がったC・ロナウドのパスをオーバーラップしたラファエウ・ゲレイロがボックス左からダイレクトで折り返すと、ゴール前のアンドレ・ゴメスがワンタッチで流し込んだ。 ▽先制弾で勢いづくポルトガルは36分、最終ラインからのロングフィードをアンドレ・ゴメスがヒールで落とすと、ボックス左手前に走り込んだC・ロナウドがシュート。これがゴール左隅に突き刺さり、追加点を奪った。 ▽ポルトガルの2点リードで迎えた後半、ハンガリーはA・ラングを下げて攻撃的なロブレンチチュを投入し、攻撃の立て直しを図る。しかし、後半も試合の主導権を握ったのはポルトガルだった。 ▽65分、クアレスマがボックス左隅手前でロブレンチチュに倒され、FKを獲得。このFKをC・ロナウドが直接狙うと、ボールは右ポストに当たりそのままゴールに吸い込まれた。 ▽試合を決定付ける3点目を奪ったポルトガルは、その後ベルナルド・シウバやモウティーニョ、ピッツィを投入し、試合をクローズ。上位を争うハンガリーを無失点に抑えて首位スイスの追走に成功した。 2017.03.26 06:36 Sun
twitterfacebook
thumb

コールマン骨折時に笑っていたとされるレドリーが否定

▽クリスタル・パレスのウェールズ代表MFジョー・レドリーが、エバートンのアイルランド代表DFシェイマス・コールマンの骨折時に笑っていたと報じられていることを否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽レドリーは24日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のアイルランド代表vsウェールズ代表に先発。70分にDFニール・テイラーの悪質なタックルによって右足を骨折する重傷を負ったコールマンの傍らで笑っていたと報じられた。しかし、レドリーは自身のツイッターで明確に否定している。 「こんなナンセンスなことで改めて否定するようなことはしたくなかった。でも、間違った事実が伝えられているようなら話は別だ。僕はコールマンと共にあり、彼の早い回復を祈っている」 2017.03.26 02:17 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース