【質疑応答】ハリルホジッチ監督、ここまでの13試合を振り返り「UAE戦に向けては経験値が必要」《ロシアW杯アジア最終予選》2017.03.16 21:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は16日、今月行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー25名を発表した。

▽会見に出席した日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、メディア陣の質問に応対。MF今野泰幸(ガンバ大阪)、MF高萩洋次郎(FC東京)、MF倉田秋(ガンバ大阪)らの新戦力と、出場機会が少ないFW本田圭佑(ミラン/イタリア)、DF長友佑都(インテル/イタリア)の招集について言及。また、ここまでの予選を振り返り、次のUAE戦に向けて経験値が必要だと強調した。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督(日本代表)
――ベテランの選手を新人として何人か招集したが、彼らと十分なコミュニケーションを取っていたか
「もちろん選手たちとは良いコミュニケーションを取っている。そして選手個人に修正点も伝えてある。逆に選手の方から意見も聞いている。そして選手たちがさまざまなことを取り入れてくれることを望んでいる。我々が機能するために代表のフロント、スタッフ、メディカルスタッフ全員で取り組んでいる」

「今野は、私が来た当初から代表に居たので知っている。倉田も東アジアカップで見ている。ただ、今とは違うプレーをしていた。高萩については面識はないが、過去代表に選出されていたことは知っている。彼の性格の部分も含めてこれから知っていきたいと思う。呼んだから試合に出られるわけではないが、私の頭の中では戦略ができている。その中で、オプション2、ケガ人が出ればオプション3と様々なオプションを想定している。そうやって先を読みながらリストを作っている」

「たくさんの選手と話している。特に経験を積んでいる選手たち。彼らにとって、もしかしたら最後のワールドカップ予選かもしれない。ここまでの道のりを考えると、アジアカップの後に私がここに来た。その落ち込んでいた状態より、大きな野心や決断力を持って戦ってもらいたい。選手たち全員はワールドカップに行きたいという意欲を持っている」

「もちろん不運なことに私たちだけではなく、他のチームと戦わなくてはいけない。そして、どこでも試合に出る選手はより大きな喜びを感じ、出なければその喜びも小さい。私がベストだというチームを作っている。もし、入らなければ自分よりも良い状態の選手がいたということ。私はチームを作ることにベストと思う選択肢を選んでいる。今回リストに入らなかったからと言って次も入らないわけではない。この次の試合のことを考えると、今日選んだ選手は今状態が良い選手だということ。日本人選手であればJリーグでも欧州でプレーしていても全員が代表候補だ」

――出場機会の少ない本田圭佑(ミラン/イタリア)、長友佑都(インテル/イタリア)を呼んだということは、他に選手がいないことが理由か
「まず、本田は我々のトップスコアラーで一番点を獲っている。この前の試合は、先発ではなく、後半からの途中出場だったが、良い内容だった。そして、いろいろと考慮する中で、本田の代わりができる選手がいるのかというのも考えなくてはいけない。私は若い選手も使ってきたが、精神面などの準備をしなくてはいけない。相手に敬意を払いすぎている、恐れていると感じることがあった。そういった意味でも本田のような選手はこれからも必要だ」

「本田、長友、この二人はイタリア、ヨーロッパのビッククラブでトレーニングをするだけでも違いがあると思う。そういった意味で彼らは信頼できる。そうして二人の代表に対する意欲も感じた。彼らを選び続けてきたのは私だけではない。こういう風に選んでいるが、より良い選手が出てくれば、彼らを呼ばないかもしれない。つまり、他の選手たちが彼ら以上のものを見せなくてはいけない」

「ここ10年ほど彼らが代表に入っている。それはプレーだけでなく存在が重要になっている。選手によってはこのような特殊な試合に初めて出る選手もいる。たくさんのプレッシャーがあり、自分たちに向く悪意がある中で戦うこともある。そこで私は経験を必要とする」

「特にUAE戦に向けては経験値が必要だ。繰り返すが、彼らより良いパフォーマンスをする選手がいれば、彼らのポジションも脅かされる。本田と長友は彼らの気質もわかっていて信頼できる。だからと言ってプレーするとは限らない。合流してから状態を見てみる」

――今日の話で「決断力」という言葉が数多く出てきたが、具体的にどういうなことを「決断力」と考えているか
「選手たちの考え方がより深まってきている。私は選手たちとたくさんのことを話してきた。彼らのフィードバックを私は必要としている。彼らのメンタルの部分に働きかけるためにはフィードバックが必要だ。オーストラリアに対して日本は勝ったことがないと聞いている。そういった状況で彼らに過去勝ったことがなくても勝てるんだと納得させなくてはいけない」

「例えば初戦のUAE戦。私は思い出すと熱が39度ぐらいまで上がるので思い出したくないが、内容は悪くなかった試合だった。一昨日、昨日と観返したが良い試合だった。守備でも攻撃でも興味深い点があった試合。少し、細かいミスがあったとは思うが、レフェリーの影響もあった。受け入れがたい判定もあった。だからこそ、リベンジしたいと選手たちは感じている。自信をもって決断力を持ってそれが果たすことができると思う」

「非常に難しい試合になるが、勝てない試合ではない。相手の挑発に乗ったり、様々なデュエルを仕掛けてくると思うが、もちこたえなくてはいけない。PKやFKも誘ってくる。そういったところで自信をもって、味方に自信をもってチームとして戦わなくてはいけない。相手チームに良い選手がいるというのも事実。ただ、このチームにも良い選手がいる」

「今までのスタッツを見たが、敗戦があったからと言ってそれが悪いわけではない。13試合ワールドカップ予選を戦ってきているが、失点は5つ。4つがセットプレーで、1つが流れの中から。それはサウジアラビア戦でのもの。つまり、13試合で良い守備ができている。そして、攻撃面を見れば決定力が少し足りない部分があるかもしれないが、チャンスメイクでは1試合で12回、13回決定機を作っている。つまり、良いゲームができるということだ。もちろん、修正点はいくつかあり、それを修正していかなくてはいけない」

「ワールドカップに行けば、様々な大きなドアが開いてくる。私は自分たちの試合を分析し、良いところも悪いところも見ている。オーストラリア戦とUAE戦のPKはなかった。修正はできる。私はこのチームを信頼している。うまくできなければ私の責任。我々は打ちのめされるまでは戦わなくてはいけない。我々が持っているMAXを出さなくてはいけない」

「よく相手チームからの日本のコメントを聞くと、日本はあまり強くなくて、タックルすれば恐れるぞという風に言われることもあるが、そういうことが起こらないようにしなくてはいけない。そして、怖いという選手がいれば、もちろん試合では使わない」

「そのようなメンタルの面が違いを生む。我々は1試合平均3点決めている。数字としては悪くない。たくさんのチャンスを外しても獲れている。そこをポジティブに捉えて、選手たちには自信をもって戦ってもらいたい。そして、厳正な判定を期待している」

――サウジアラビア戦以降、日本代表にとってポジティブな要素はあるか
「ポジティブなところはたくさんある。我々は重要な場面で、勝利しなくてはいけないという試合に向かっていた。そして、その準備の時にトップコンディションではない選手が何人かいた。その試合のメンバーを観たときに驚いた人もいるだろう。それは私が練習を観ていて決めた。そこで、良いゲームをした」

「勝利に値する試合だった。グループもしっかりとできあがっている。長年、代表に居るがケガをしていたり、コンディションが落ちていたりする選手がいたが、その代わりに出ても戦える選手がいたという試合でもあった。サウジアラビア戦に勝ったことで我々は力を得ることができた。非常に良いメンタル的な状況が生まれた。今は全員がスタメンになろうと戦ってほしい状況である」

――高萩洋次郎(FC東京)は、クラブではボランチでプレーしているがどこで使うのか
「FC東京では少し前目のポジションをとったりする。FC東京でプレーして、すぐに彼を呼びたいと思った。彼からのボールで攻撃が始まるという質の高いプレーを見せてくれていたし、読みもいい。スピードがあるというタイプではないが、組み立ての中で違いを見せることができる選手。また、FKも蹴れる」

「守備面を見れば山口蛍、今野、長谷部誠のようにボールリカバリーをそこまでできるわけではないが、そのような選手と補完し合いながらプレーできる。彼は183cmあるので、我々のディフェンスに向かってくるボールを考えた時にも彼は有用な選手」

「我々と初めてのコンタクトとなる。彼を呼んだからと言って使うかはわからない。トレーニングの中で、我々の戦術の中での彼を見たい。その中で彼のプレーがどうなのか、それは倉田もそうだ。倉田は瞬発力があり、ボールを持ちすぎる部分があるが、深いポジションからボールを持って切り込んでいける。このような選手は多くない。それができるテクニックを持っている」

「長谷部とはまた違った選手とのコンビネーションを探している。柏木陽介、大島僚太など多くの選手を使ってきたが、ベストな選手が誰なのかというのを探しながら行っている」

コメント

関連ニュース

thumb

CWC決勝に出場可能と明かしたセルヒオ・ラモス、スペインのW杯出場不可の報道は「それが起こるとは思えない」

▽現在クラブ・ワールドカップに参戦しているレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、自身の状態についてコメント。また、スペイン代表の問題についても語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽セルヒオ・ラモスは、13日に行われた準決勝のアル・ジャジーラ(UAE)戦を欠場。チームは2-1でなんとか勝利を収め、南米王者グレミオ(ブラジル)との決勝に駒を進めていた。 ▽セルヒオ・ラモスはグレミオ戦を前に行われた記者会見に出席。自身の状態についてコメントし、決勝の出場は問題ないことを明かした。 「僕はヒラメ筋に違和感があったのと、背中と首の辺りの筋肉が拘縮していたんだ。今は状態が良いよ。問題なくトレーニングできたし、試合で使えると思う」 「僕の性格からすると、監督が起用してくれるなら全てを捧げることになる。今回のは大きな拘縮だったし、別の時にも起きたことはある。別の選択肢も考えたけど、ビッグッゲームでプレーすることを楽しみにしている。その分、余計な努力は必要だけどね」 ▽また、政治介入の影響で突如として浮上したスペイン代表のロシア・ワールドカップ出場不可問題。セルヒオ・ラモスはそのことにも言及し、考えにくいと見解を語った。 「僕はオフィスでの情勢のために、スペインがピッチで戦ったもの全てを放棄するとは思わない。スペインがワールドカップに出場しないと思われていることに苦労するよ。それが起こるとは思えないけどね」 2017.12.16 13:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【W杯】日本戦の中継局決定! NHKはW杯開幕戦、決勝戦を含む33試合を生中継!

▽NHKは15日、2018年の6月14日から7月15日にかけて行われるロシア・ワールドカップ(W杯)の全64試合のうち、開幕戦や決勝戦を含む33試合を生中継することを明らかにした。また録画を含めると全64試合が放送されるとのことだ。 ▽今大会の開催国であるロシアは日本時間6月14日24時からサウジアラビアとの開幕戦を争う。グループBではポルトガルとスペインの隣国同士がいきなり激突。初出場のアイスランド代表はアルゼンチン代表に対して初戦で番狂わせを狙う。また、前回王者のドイツ代表は初戦でメキシコ代表と対戦。11月に日本代表とも対戦したブラジル代表はスイス代表と初戦を迎える。いずれの試合もNHKで生中継される。 ▽6大会連続6回目の出場となる日本代表はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドと同居。注目の初戦で6月19日21時からコロンビア代表と対戦し、第2戦のセネガル代表戦は同24日の24時から。いずれもNHKで生中継される。セネガル戦は日本テレビ系、そして同28日の23時キックオフとなるグループステージ最終節のポーランド戦はフジテレビ系列で生中継される。 ▽決勝戦は7月15日24時から放送される。その他、生中継される試合は以下のとおり。 ◆NHKで生中継される対戦カード(※表記は日本時間) 《グループA》 ▽6月14日 ロシアvsサウジアラビア(24:00) ▽6月20日 ウルグアイvsサウジアラビア(24:00) ▽6月25日 サウジアラビアvsエジプト(23:00) 《グループB》 ▽6月15日 モロッコvsイラン(24:00) ポルトガルvsスペイン(27:00) ▽6月25日 イランvsポルトガル(27:00) 《グループC》 ▽6月16日 フランスvsオーストラリア(19:00) ▽6月21日 フランスvsペルー(24:00) ▽6月26日 オーストラリアvsペルー(23:00) 《グループD》 ▽6月16日 アルゼンチンvsアイスランド(22:00) ▽6月22日 ナイジェリアvsアイスランド(24:00) ▽6月26日 ナイジェリアvsアルゼンチン(27:00) 《グループE》 ▽6月17日 ブラジルvsスイス(27:00) ▽6月22日 セルビアvsスイス(27:00) ▽6月27日 セルビアvsブラジル(27:00) 《グループF》 ▽6月17日 ドイツvsメキシコ(24:00) ▽6月18日 スウェーデンvs韓国(21:00) ▽6月27日 韓国vsドイツ(23:00) 《グループG》 ▽6月18日 チュニジアvsイングランド(27:00) ▽6月24日 イングランドvsパナマ(21:00) ▽6月28日 イングランドvsベルギー(27:00) 《グループH》 ▽6月19日 コロンビアvs日本(21:00) ポーランドvsセネガル(24:00) ▽6月24日 日本vsセネガル(24:00) ▽6月28日 セネガルvsコロンビア(23:00) 《決勝トーナメント》 ▽6月30日 グループA1位vsグループB2位(27:00) ▽7月2日 グループE1位vsグループF2位(23:00) グループG1位vsグループH2位(27:00) ▽7月3日 グループH1位vsグループG2位(27:00) ▽7月7日 準々決勝(23:00、27:00) ▽7月10日 準決勝(27:00) ▽7月15日 決勝(24:00) 2017.12.15 17:42 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表のロシアW杯キャンプ地がカザンに決定…西野朗技術委員長「施設が充実」「全会場の中心にある」

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表のキャンプ地がカザンに決定したことを発表した。西野朗技術委員長が明かした。 ▽カザンは、首都のモスクワから東へ800kmに位置する都市。ロシア国内でも十指に入る大都市で、世界遺産に登録されている城塞カザン・クレムリンがある。 ▽西野技術委員長はキャンプ地の決定について、ルビン・カザンの施設を使うことを明言。施設面の充実や移動のしやすさなどが理由であると語った。 <span style="font-weight:700;">◆西野技術委員長</span> 「ロシア・ワールドカップも抽選会が終わり、マッチスケジュールと会場もまとまりました。それに向けて代表チームのベースキャンプがルビン・カザンのトップチームが使っている施設を利用させてもらうことに決定しましたので、ご報告させていただきます」 <span style="font-weight:700;">──理由は</span> 「まずチームの視点から宿舎とトレーニング環境が同じ施設内にあり、プラスして施設が充実しています。日々のトレーニングの環境を第一に考えた時に整っているということと、全会場の中心にあることで各会場への移動がスムーズで負担が軽くなるという立地面が理由です」 <span style="font-weight:700;">──試合会場から遠い位置を選んだブラジル・ワールドカップでの反省を生かした結果か</span> 「前回は私が携わっていないですが、決してロケーションの問題だけではないです」 <span style="font-weight:700;">──試合が終わる度にカザンに戻る形か</span> 「そうなると思います」 <span style="font-weight:700;">──カザンに入るまでは近隣のヨーロッパの国でトレーニングするのか</span> 「今はまだご報告はできません。違うキャンプ地でやってから入ることになるとは思いますけど、そこでの活動や場所についてはまだ調整中です。カザンに入る期間もまだお伝えはできません」 ▽カザンは、ロシアW杯の試合も開催され、グループステージではフランスvsオーストラリア、イランvsスペイン、ポーランドvsコロンビア、韓国vsドイツが行われる。 ▽地元のクラブは、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグにも出場するルビン・カザンがあり、2008年、2009年はロシア・プレミアリーグを連覇している。 2017.12.14 22:34 Thu
twitterfacebook
thumb

王者・ドイツ、連覇を目指すロシアW杯の選手支給ボーナスを発表

▽ドイツサッカー連盟(DFB)は、2018年に行われるロシア・ワールドカップのボーナスについて発表した。公式サイトで発表した。 ▽ドイツ代表は、2014年に行われた前回大会のブラジル・ワールドカップを制覇。来年のロシア大会は連覇を目指して挑むことになる。仮に連覇となれば、1962年にブラジルが達成して以来の連覇となる。 ▽選手たちは、ロシア・ワールドカップで優勝した場合に35万ユーロ(約4660万円)のボーナスを得られるとのこと。準優勝の場合は20万ユーロ(約2660万円)、3位の場合は15万ユーロ(約2000万円)となる。 ▽また、準決勝進出の場合には12万5000ユーロ(約1660万円)、準々決勝進出で7万5000ユーロ(約1000万円)のボーナスを得ることができることになったようだ。 ▽ドイツは、グループFに入り、メキシコ、スウェーデン、そして韓国と同居している。 2017.12.13 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

36年ぶりW杯出場のペルー痛恨…エースFWゲレーロがドーピング違反で1年間の出場停止処分

▽国際サッカー連盟(FIFA)は7日、懲戒委員会を開き、ペルー代表FWパオロ・ゲレーロに1年間の出場停止処分を下すことを発表した。FIFA公式サイトが発表した。 ▽ゲレーロは、10月5日に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のアルゼンチン代表戦でドーピング検査を受けていたが、その際に違反の可能性が認められ30日間の暫定的な出場停止処分が下されていた。 ▽これにより、オセアニア予選を勝ち抜いたニュージーランド代表との大陸間プレーオフに出場できなかったものの、チームは36年ぶりのワールドカップ出場権を掴んでいた。 ▽ゲレーロの処分確定が待たれていたが、結果は望んでいたものではなかった。ゲレーロは、WADA(世界アンチ・ドーピング機構)の禁止リストに含まれているコカインの主要成分であるベンゾイルエクゴニンが陽性と判定。FIFAは更なる調査を進めたが、結果として1年間の出場停止処分を下すこととなった。 ▽これにより、ゲレーロは最初に出場停止となった2017年11月3日から1年間の出場停止処分となる。つまり、2018年6月14日に開幕するロシア・ワールドカップ出場は不可能に。9大会ぶりに出場となるペルーにとっては、エースの離脱という大きな痛手を負うこととなった。 ▽ゲレーロは、ペルー代表のキャプテンであり、通算32ゴールを奪う同国の歴代最多得点記録保持者。フランス、オーストラリア、デンマークと同居したワールドカップ本大会では、苦しい戦いが待っているだろう。 2017.12.08 22:45 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース