【選手評】“ベテランと若手の融合”ハリルホジッチがJリーガー3人の新戦力を語る《ロシアW杯アジア最終予選》2017.03.16 17:59 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は16日、今月行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー25名を発表した。

▽会見に出席した日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督がメンバーの選考理由について説明した。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督
「W杯に向かう最終調整に入った。非常に困難で難しい道のりだが、それは我々にとってだけではない。(日本は)非常に困難な最終予選の立ち上がりだったが、今非常に良い位置につけている。今やらなくてはいけないことはアウェイゲームで勝利を持ち帰ること。この2連戦、特に1試合目のUAE戦は楽ではない。会場も変わり独特の雰囲気の中で大きなプレッシャーを感じながらの試合になる。この1カ月半、試合に向けての準備を進めてきた。このチームはまだUAEに勝っていない。選手たちは誰も1戦目のことを忘れていない。リベンジの機会でもある」

「W杯は誰もプレゼントしてくれない。苦しみも受け入れながら戦わなくてはいけない。もしかしたら、暴力的なことや挑発的なこともあるかもしれない。フィジカル的な試合も必ずあるだろう。そのような中でもスポーツマンシップに則って戦っていきたい。適正なレフェリングを期待している。我々、日本代表としては自分たちの特徴を見せ、決断力を持って戦わなくてはいけない。前回のW杯の悪い思い出を消すためには、まず今回のW杯に出場すること。日本のサッカー界のことを考えても、重要な時期に差し掛かっている。代表はその国のサッカーを反映するもの。それを見せるためにも代表には責任がある」

「先ほども言ったが、スタッフと共にすでに長い時間準備をしてきた。戦術面でも頭の中では準備ができている。それもこれから選手たちに伝えていく。まずは決断力と意欲を持って試合に向かわなくてはいけない。次の試合の特徴を考えて、新しい選手も招集した」

【GK】
西川周作(浦和レッズ)
川島永嗣(メス/フランス)
林彰洋(FC東京)

「今回、東口を呼べなかったことは悲しい出来事だ。彼は素晴らしいコンディションでプレーしていた。ケガをしてしまったが、次の試合スタメンでもいけるという状態だった」

「西川はトップコンディションに持っていくのはこれからだと思う。林はFC東京に加入してから良いプレーをしている。川島は常にコンタクトを取っている。彼は今リザーブチームでプレーして、トレーニングを積んでいる。代表でプレーするという意欲を持っている。それを感じたのでメンバーに入れた」

【DF】
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
槙野智章(浦和レッズ)

「(DFに関して)あまり多くの変更点はない。長友が唯一、試合にあまり出ていないので心配だ。私はミラノに行って長友に会ったが、素晴らしいプロフェッショナルの持ち主だ。クラブの中で激しいポジション争いをしていて、個別でもトレーニングをしている。代表での大きな野心もある。他の選手たちは試合に出ていて、槙野はフィジカル面で心配もあったが、良くなり、試合内容も向上している」

【DF】
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
森重真人(FC東京)
昌子源(鹿島アントラーズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)

「経験を積んだ選手と若手の融合。そして吉田はたくさんの試合に出て、レベルが上がっている。森重もパフォーマンスが上がっている。最近、昌子が出ている試合を観たが、満足するものだった。植田も能力、ポテンシャルを秘めた選手なので、合宿に参加するたびに成長してくれると期待している」

【MF】
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
今野泰幸(ガンバ大阪)

「(MFに関して)少し変更点がある。なぜ今野がリストに入ったか。まずコンディションが良い。プラス経験値も高く、代表でも多くプレーしている。次の試合は経験が必要な試合なので、今野が入っていることは驚きではない。最近の試合では若い選手を何人か呼んだが、まだメンタル面で準備できていないことを感じた。フィジカル的な試合にもなるが、今野のようなタイプは有用だ」

「長谷部はポストに直撃したケガがあったが、すでにトレーニングを始めている。非常に強い我々のキャプテンだ。彼なしのチームは現在考えられない」

【MF】
高萩洋次郎(FC東京)
倉田秋(ガンバ大阪)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
清武弘嗣(セレッソ大阪)

「まず香川は最近試合に出ている。清武の場合は、ケガもありトップコンディションではないが、彼の質と経験値を考慮して招集した。そして新しい選手。まずは高萩。FCソウルに居た去年から追跡している選手。昨年はどちらかと言えばJリーグの若い選手を選んできた。今の彼は、良いパフォーマンスで興味深いものを見せてくれている。国際的な経験もある。そして、183cmあり、体格的にも恵まれている。彼を呼んだからと言って必ず使うわけではないが、近くで彼の状態やメンタルを観てみたい」

「倉田に関しては新しい役割を今こなしている。彼も興味深い。ボールリカバリーをしながら、プレーを加速させるという役割をこなしている。彼は左右中央、様々なところに動く選手。チームに何かをもたらすことができる選手だ。時々、ポジショニングでいろいろなところに行ってしまう時があるがそこを修正できればと思う。大島、井手口、小林祐、柴崎ではなく、高萩と倉田を選んだのは経験値の高い選手を選んだ」

【FW】
本田圭佑(ミラン/イタリア)
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
宇佐美貴史(アウグスブルク/ドイツ)

「本田と宇佐美に関しては疑問があるかもしれないが、試合に出てなくても今の代表は本田を必要としている。20試合一緒に戦ってきたが、トップスコアラーでもある。もちろんミランで多くの試合を出てほしいが、今のところ使われていない。しかし、彼の意欲は高い。この代表は彼が必要だ。彼が試合に出るかは別問題」

「宇佐美はヨーロッパで会った。彼の質の高さや能力を信じている。ボールを受けて自分で違いを生むという珍しいタイプ。1戦目では難しいかもしれないが、2戦目で良いジョーカーになってくれるのではないかと思う」

【FW】
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)
久保裕也(ヘント/ベルギー)

「彼らは多くの試合に出ている選手たち。点をあまり取れていないことも事実だが、その中でも久保は点を取っていて興味深い。彼を観に行ったが、他の選手と比較しても勇気や思い切りの良さがある。岡崎も最近レギュラーとして試合に出ている。代表とはまた違う役割だが、大迫もどんどん成長している選手だ」

「25人の選手をリストに入れた。中盤とFWに1人多く呼んでいる。試合の内容によってケガや病気があるかもしれない。2試合違う戦略で戦うということもあり、少し多めに選手を招集した。UAE戦の前にトレーニングを行うが、そこで選手たちの情報を多く得て、どの選手を使うかを決めていきたい」

「経験値の高い選手と若手の融合ということも進めていくために形は変わっているが、目標は変わらない。それはUAEで勝利を掴むこと。その試合が終われば、次はタイだ。日々、タイは成長している。同じグループの他のチームとの対戦を見ても、素晴らしいチームになっている。楽な試合ではない。他のチームと難しさを比較すれば、そこまで難しい試合に結果的にならないかもしれないが難しい試合だ」

コメント

関連ニュース

thumb

3年ぶりの代表復帰でゴールを奪ったデフォーにサウスゲイト「今後も招集しない理由はない」

▽イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督が、3年ぶりの代表戦で4年ぶりのゴールを奪ったFWジャーメイン・デフォーを称賛している。 ▽サウスゲイト監督は、プレミアリーグで最下位のサンダーランドに所属しながらも14ゴールを奪う活躍を見せているデフォーをイングランド代表に招集。26日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のリトアニア代表戦で先発起用すると、21分に先制ゴールをマークして2-0の勝利に貢献した。 ▽試合後、サウスゲイト監督はデフォーのパフォーマンスに満足感を示した。 「彼にとっても素晴らしい瞬間だっただろう。チームに加わることを嬉しく思っていると言っていたし、今週は刺激的な毎日を過ごしたはずだ。我々にとっても彼の招集がプラスに働いた。彼のプロ意識は、チームの若手が見習わなければいけないものだ。さらに試合ではゴールを奪った。とても良い影響を与えてくれたと思っている」 ▽イングランド代表の前線では、今回招集されているFWジェイミー・ヴァーディに加え、負傷中のFWハリー・ケインやFWウェイン・ルーニーらがいる。しかしサウスゲイト監督は、今後も調子の良い選手を起用する考えを明かし、デフォーのW杯出場も夢ではないと強調した。 「選手たちの調子には常に目を光らせている。当然ながら、調子が良い選手にチャンスを与えるべきだ。だから私は序列など考えていない。このチームで一緒に成功したいのであれば、誰もが自分のポジションを奪うために戦わなければいけない」 「ケガ人がいる中だったが、デフォーはプレミアリーグで結果を残していたし、今日も素晴らしい活躍だった。今のようなパフォーマンスを続けるのであれば、今後も招集しない理由はない」 2017.03.27 10:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ハート「イングランドのキャプテンを任されたことは誇り」勝利の喜びを語る

現地時間26日に行われたロシア・ワールドカップの欧州予選で、イングランドはリトアニアを2-0で下した。この試合でGKを務めたジョー・ハートが、ウェイン・ルーニー不在に伴い、キャプテンを任された喜びを明らかにしている。<br><br>ハートは『ITV』の取材に応じ、「僕らのキャプテンはウェインであることは十分に承知しているけど、今日は僕がキャプテンを任された。ラストマン・スタンディングということの誇りを覚えたよ」と発言。<br><br>「このチームで主将を務めることに喜びを感じた。イングランドを最高レベルの状態に導けるよう、これからも頑張っていきたい」<br><br>「リトアニア戦では5~6点決めて勝利したかったけど、それは重要なことじゃない。あくまで僕らはロシアW杯に出るために勝ち点を積み重ねる必要がある」<br><br>また、試合後にハートは『インスタグラム』を更新し、「代表チームでキャプテンを任されたことはとても誇るべきこと。そして、勝ち点3を獲得できたことを嬉しく思う。目標はロシアだ」と語り、自身がイングランド代表のキャプテンマークを巻いた写真をアップしている。<br><br>&nbsp;Firstly happy Mother&#39;s Day to all the mothers out there ?? Amazing honour to captain my country today, very proud and very happy with the 3 points. Russia is the goal #??????#kaammoonnn&#39;<br><br>Joe Hartさん(@joehartofficial)がシェアした投稿 - 2017 3月 26 1:16午後 PDT<br><br>イングランドがリトアニア相手に2-0で勝利を収めたW杯予選の一戦は、GKハートにとって主将を任されたことで特別な試合となったようだ。<br><br>●ワールドカップ欧州予選のライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。<br>提供:goal.com 2017.03.27 10:25 Mon
twitterfacebook
thumb

アザール、デ・ブライネに続き、フェライーニとクルトワも負傷…

▽ベルギー代表のMFマルアン・フェライーニとGKティボー・クルトワが負傷により同国代表を離脱するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽フェライーニとクルトワは25日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のギリシャ代表戦にフル出場を果たしている。報道によると、フェライーニはつま先、クルトワは腰を負傷しており、28日に予定されているロシア代表との親善試合への出場は見送られるようだ。 ▽ベルギー代表では、MFエデン・アザールも所属元のチェルシーでふくらはぎを負傷しており、代表チームに帯同するも試合での起用は控えるとロベルト・マルティネス監督がコメント。さらにトレーニング中にMFケビン・デ・ブライネが股関節を負傷し、代表チームから離脱している。 ▽また今回の負傷は、ベルギー代表だけでなくチェルシーにとっても悪いニュースとなっている。現在プレミアリーグで首位に立つ同チームだが、ここまで全試合にフル出場しているクルトワが、状況によっては次節のクリスタル・パレス戦を欠場。また、26試合11ゴールの活躍を見せるアザールの状態も不安要素であり、リーグ制覇に向けて正念場となる。 2017.03.27 10:08 Mon
twitterfacebook
thumb

レヴィ直接FK弾にピシュチェクが絶妙ループ! ポーランドがモンテネグロとの首位攻防戦制す!《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループE第5節、モンテネグロ代表vsポーランド代表が26日に行われ、アウェイのポーランドが2-1で勝利した。 ▽W杯欧州予選グループEで2位に位置するモンテネグロ(勝ち点7)と、首位ポーランド(勝ち点10)による首位攻防戦。ホームのモンテネグロは、負傷のヨベティッチを欠いたものの、ディフェンスリーダーのサビッチが先発。一方のポーランドは、レヴァンドフスキやピシュチェク、ブワシュチコフスキなど、お馴染のメンバーが揃った。 ▽試合は首位攻防戦らしい拮抗した展開となる。開始3分にグロシツキ、グリクとアウェイチームが惜しいシュートを放つと、ホームチームもセットプレーの流れからベシラウが枠の右を捉えたヘディングシュートもGKファビアンスキの好守に遭う。 ▽その後はポーランドが押し込む流れの中、頼れるエースがゴールをこじ開ける。40分、ボックス手前好位置で得たFKの場面で、レヴァンドフスキが蹴り足の足首を固定して蹴るお馴染みの直接FKをゴール左隅に突き刺した。 ▽レヴァンドフスキの見事な直接FKで均衡が破れた試合は、後半に入っても白熱の攻防を見せる。61分にはボックス中央でGKを引き付けたピシュチェクからパスを受けたレヴァンドフスキが、無人のゴールへシュートを狙うが、これは戻ったDFにゴールライン手前でクリアされる。この直後にもピシュチェクのクロスを胸トラップしたレヴァンドフスキにゴール前で決定機も、ここはDFを外し切れず、2点目とはならず。 ▽すると、後半に入って攻撃に勢いが出始めていたモンテネグロが追いつく。63分、右サイドからカットインしたコヤセビッチの左足のクロスを、ボックス内でオフサイドラインに居た味方をオトリにうまく背後から飛び出したムゴセがドフリーのヘディングシュートをきっちり流し込んだ。 ▽1-1のイーブンに戻った試合は、ここからさらにヒートアップしていく。81分に同点ゴールをアシストしたコヤセビッチが負傷交代するアクシデントに見舞われた中、82分にスコアが動く。ジエリンスキの浮き球スルーパスに反応したピシュチェクがボックス右に抜け出し、飛び出したGKより先に右足でループシュートを狙うと、左ポストの内側を叩いたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。 ▽その後、足が攣っていたマチニスキ、グロシツキを下げてチアゴ・ランジェウ、ペシュコと守備的な交代カードを切って、相手の反撃を凌いだポーランドが、敵地で行われたモンテネグロとの首位攻防戦を2-1で制した。 ▽同日行われたグループE第5節、ルーマニア代表vsデンマーク代表は、0-0のドローに終わった。上位の潰し合いを生かし、上位進出を目指す4位ルーマニア(勝ち点5)と3位デンマーク(勝ち点6)による一戦は、司令塔エリクセンを起点にアウェイのデンマークが終始試合をコントロールしたが、再三の決定機を生かし切れなかった。この結果、勝ち点1を加えたデンマークは、2位モンテネグロと勝ち点で並ぶも得失点差で2位浮上とはならなかった。 ▽また、同日行われた5位アルメニア代表(勝ち点3)と最下位カザフスタン代表(勝ち点2)の一戦は、ホームのアルメニアがエースのムヒタリャンのゴールなどで2-0の勝利を収めた。 2017.03.27 06:20 Mon
twitterfacebook
thumb

スコットランド、試合終了間際の劇的弾で難敵オブラクを攻略! スロバキアがグループF2位に浮上《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第5節、スコットランド代表vsスロベニア代表が26日に行われ、ホームのスコットランドが1-0で勝利した。 ▽W杯欧州予選グループFで首位イングランド代表(勝ち点10)に次ぐ2位に位置するスロベニア(勝ち点8)が、5位に低迷するスコットランド(勝ち点4)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合は戦前の予想に反して、ホームのスコットランドが一方的に押し込む展開に。開始7分にはCKからラッセル・マーティンがヘディングシュートでゴールネットを揺らすが、ここは競り合いの場面でオフェンスファウルを取られ、ゴールは認められず。 ▽その後も攻勢を続けるスコットランドは、厚みのある攻めで決定機を作り出していく。だが、35分過ぎにグリフィスの決定的なシュートがクロスバーと右ポストを続けて叩くなど、スロベニア守護神オブラクの牙城をあと一歩のところで崩せない。 ▽ゴールレスで迎えた後半は、スロベニアが攻守に盛り返してきたことで、前半以上にオープンな展開に。それでも、ホームの歓声を後押しに勢いづくスコットランドは、74分に途中出場のアニャがボックス内に抜け出すが、右足のシュートはGKオブラクにセーブされる。 ▽何とかホームで勝ち切りたいスコットランドは、試合終盤にかけても猛攻を仕掛けると、試合終了間際に劇的なゴールが生まれる。88分、ボックス左でアームストロングから斜めのパスを足元で受けたクリス・マーティンがすかさず左足を振り抜くと、味方のスライディングがブラインドとなり、反応が遅れたGKオブラクの左足を掠めたシュートがゴール右隅に吸い込まれた。そして、この決勝点を守り抜いたスコットランドが、2位スロバキアと勝ち点2差の4位に浮上した。 ▽また、同日行われた最下位マルタ代表(勝ち点0)と3位スロバキア代表(勝ち点6)の一戦は、アウェイのスロバキアが3-1で勝利した。 ▽エースのハムシクをベンチスタートにするなど、格下相手に余裕の試合運びが予想されたスロバキアだったが、バイスの先制点直後に同点ゴールを許すなど、思わぬ苦戦を強いられた。その後、グレグシュのゴールで前半のうちに勝ち越しに成功したが、なかなか3点目を奪えない。その後、79分の相手の退場をキッカケに攻勢を強めたスロバキアは、84分にネメクのゴールで勝負を決めたが、試合終了間際にそのネメクが退場となるなど、格下相手に後味の悪い勝利となった。 ▽それでも、勝ち点を9ポイントに積み上げたスロバキアが、この日敗れたスロベニアを抜き2位に浮上した。 2017.03.27 06:10 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース