日本代表メンバー発表…MF高萩洋次郎、MF倉田秋、MF今野泰幸を招集《ロシアW杯アジア最終予選》2017.03.16 15:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽日本サッカー協会(JFA)は16日、今月3月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー25名を発表した。

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、左頬骨骨折のGK東口順昭(ガンバ大阪)に代わり、GK林彰洋(FC東京)を招集。守備的MFにMF今野泰幸(ガンバ大阪)、攻撃的MFにMF高萩洋次郎(FC東京)、MF倉田秋(ガンバ大阪)が選出された。

▽また、FWでは落選が囁かれたFW本田圭佑(ミラン/イタリア)、FW宇佐美貴史(アウグスブルク/ドイツ)もメンバー入り。ハリルホジッチ監督は本田に「彼の存在が必要」、宇佐美に「2戦目のタイ戦で良いジョーカーに」とそれぞれ期待を寄せた。

▽日本はアジア最終予選5試合終了時点で、3勝1分け1敗の勝ち点10で首位のサウジアラビア代表に次ぐ2位に位置。今月23日にUAE代表のホームに乗り込み、28日に埼玉スタジアム2002でタイ代表を迎え撃つ。

◆日本代表メンバー
GK
西川周作(浦和レッズ)
川島永嗣(メス/フランス)
林彰洋(FC東京)

DF
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
森重真人(FC東京)
昌子源(鹿島アントラーズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)

MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
今野泰幸(ガンバ大阪)
高萩洋次郎(FC東京)
倉田秋(ガンバ大阪)
清武弘嗣(セレッソ大阪)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)

FW
本田圭佑(ミラン/イタリア)
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
宇佐美貴史(アウグスブルク/ドイツ)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)
久保裕也(ヘント/ベルギー)

コメント

関連ニュース

thumb

自滅ポーランドを破ったセネガルが白星発進! 連勝を懸けて次節日本戦《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節、ポーランド代表vsセネガル代表が19日にスパルタク・スタジアムで行われ、セネガルが2-1で勝利した。 ▽3大会ぶりの出場を果たしたポーランドは、大会前のテストマッチではチリに2-2で引き分けたものの、直前のリトアニア戦を4-0と大勝。エースのレヴァンドフスキも2試合で3ゴールを挙げ、順調な仕上がりを見せている。ナヴァルカ監督は今回の初戦に向けてGKにシュチェスニー、最終ラインはピシュチェク、チアゴ・ランジェウ、パズダン、リブスを起用。中盤はジエリンスキとクリホヴィアクの2センターに2列目は右からブワシュチコフスキ、ミリク、グロシツキ、1トップにレヴァンドフスキを配した[4-2-3-1]を採用した。 ▽一方、セネガルはテストマッチを3試合消化。格下ルクセンブルクにゴールレスドロー、クロアチアに1-2と敗戦して迎えた直前の試合で韓国に2-0と勝利し、本大会を迎えた。今回の一戦に向けてはGKにK・エンディアイエ、最終ラインはムサ・ワゲ、S・サネ、クリバリ、サバリ。中盤は右からサール、A・エンディアイエ、グイエ、マネ。2トップにM・ディウフ、ニアンが並ぶ[4-4-2]で臨んだ。 ▽立ち上がりから初戦特有の緊迫感のある雰囲気が漂う中、互いにリスクを冒し切れず、中盤での潰し合う展開に。その流れの中でポーランドがよりボールを保持するものの、自陣でコンパクトな2ラインを敷くセネガルの堅守を前にジエリンスキやクリホヴィアクがなかなか仕掛けの縦パスを入れられず、エースのレヴァンドフスキにもほとんど良い形でボールが入らない。 ▽一方、マネとサールの両ウイングの推進力を期待してやや低いライン設定ながら要所でロングカウンターを繰り出すセネガルはニアンやサールに幾度かチャンスが訪れるものの、相手の素早い寄せやW杯の重圧か、ややフィニッシュを焦って枠外に外す場面が目立ち、こちらも決定機には至らない。 ▽その後もクローズな展開が続く中、意外な形から先制点が生まれる。37分、左サイドを突破したニアンがバイタルエリアのマネに短いパス。ここでワンテンポ溜めて自身の右を攻めあがってきたグイエにパスを通すと、グイエの右足のグラウンダーシュートがゴール前のDFチアゴ・ランジェウにディフレクト。GKシュチェスニーの逆を突く形でゴールネットを揺らした。 ▽オウンゴールによってセネガルの1点リードで折り返した試合。ビハインドを追うポーランドは前半に少し足を気にしていたブワシュチコフスキを下げてハーフタイム明けにセンターバックのベドナレクを投入。この交代でシステムを[3-4-3]に変更し、前線はミリク、グロシツキ、レヴァンドフスキの3トップとなった。 ▽すると、立ち上がりの49分には縦パスに反応したレヴァンドフスキが相手センターバックコンビの中央を割ってボックス手前の好位置でFKを獲得。これを名手レヴァンドフスキが直接狙うが、右隅を捉えたシュートは相手GKの好守に阻まれる。さらに56分には左サイド深くでリブスが上げたクロスをボックス右でフリーのピシュチェクがボレーシュートも枠に飛ばせない。 ▽後半に入って守勢が続くセネガルだが相手のミスを突いて2点目を奪う。60分、治療でピッチサイドに出ていたニアンがピッチに復帰すると、クリホヴィアクのバックパスに対して相手DFベドナレクとGKシュチェスニーがお見合いしたボールを抜け目なくかっさらってそのまま無人のゴールへ流し込んだ。ポーランド陣営はニアンのピッチへの復帰が無効だったとのアピールを行うもゴールは認められた。 ▽痛恨のミスから2失点目を喫したポーランドはミリク、ピシュチェクを下げてコフナツキ、ベレシュインスキをピッチに送り出すが、より後方に重心を置いたセネガルの守備陣を攻略できない。それでも86分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのグロシツキがボックス左のスペースにボールを入れると、これをクリホヴィアクが豪快なヘディングで右隅に流し込み、ようやく1点を返す。 ▽その後は一進一退の攻防が続いたもののポーランドの猛攻をきっちり撥ね返し続けたセネガルが2-1で勝利。組織的な守備と相手のミスを見逃さないしたたかさを見せたセネガルが白星スタートを飾り、第2節で日本との連勝を懸けた一戦に臨むことになった。一方、自滅の感もあるポーランドはコロンビアとの第2節で今大会初勝利を目指す。 2018.06.20 02:15 Wed
twitterfacebook
thumb

“コロンビアの虎”ファルカオ、日本に敗れ落胆…「僕たちには鉤爪があったが勝利さらわれた」

19日のロシア・ワールドカップのグループH第1節、日本対コロンビアは2-1で日本の勝利に終わった。コロンビアのエースストライカーFWラダメル・ファルカオは、チームが数的不利の逆境に立ち向かったことを強調しつつ、敗戦を悔やんでいる。<br><br>同グループ突破の本命とされるコロンビアだが、この試合では序盤にDFカルロス・サンチェスがハンドによってPKを献上して退場となり、MF香川真司にこのPKを決められて先制を許した。MFキンテーロのFKで一時同点に追いついて試合を折り返したものの、後半にCKからFW大迫勇也にヘディングシュートを決められて敗戦を喫した。<br><br>エル・ティグレ(虎)の愛称で知られるファルカオは、前半に後方からの浮き球に強引に合わせるなどして、その愛称通りの迫力を披露。しかしながら後半に日本がボール保持率を高めたこともあり、徐々に存在感を薄めていった。<br><br>ファルカオは試合後、この敗戦について次のように振り返った。<br><br>「僕たちは全力を尽くした。でも、開始4分で1人少なくなれば、とても難しい試合になる。チームはあらゆることをしたけど、後半の日本は素晴らしい抵抗を見せた。コロンビアには鉤爪(転じて、迫力を意味する)があったが、彼らが勝利をさらっていたんだ。だけど、前を向かなくてはならない」<br><br>「ミスを犯してしまったが、まだ2試合が残されている。ポーランド戦では、すべてをかけてプレーしなくてはならない」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.20 01:39 Wed
twitterfacebook
thumb

イスコ、C・ロナウドのハットトリックにお怒り?

▽レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコは、同僚のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにへそを曲げているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽14日に開幕したロシア・ワールドカップ(W杯)。イスコ擁するスペイン代表は15日にポルトガル代表と対戦した。試合はC・ロナウドの先制点を含むハットトリックで、土壇場にポルトガル代表が引き分けに持ち込み3-3のドローとなった。 ▽試合後、インタビューに答えたイスコはマドリーのチームメイトであるC・ロナウドのハットトリックについて尋ねられ、余程悔しかったのか「クリスティアーノの話はしたくない!」と冗談交じりに語っている。 「クリスティアーノの話はしないでくれ!あんなことをされて話す気になんかなれないよ(笑)」 「彼の決定率はそんなに高くなかった。しかし、あの日は彼のためにあった。最初の2ゴールが自信を与えてしまった。それでハットトリックなんていう結果になってしまったんだ」 ▽相手がだれであれ点を取られるのは悔しいものだが、クラブでのチームメイトに、それもハットトリックという大技を見せられた日には、普通よりも特別な悔しさがあるのだろう。 ▽なお、スペイン代表は日本時間20日27時からグループB第2節、イラン代表戦を控えている。 2018.06.20 01:18 Wed
twitterfacebook
thumb

MOMは乾貴士!英『BBC』が白星発進の日本代表を採点…コロンビアは軒並み低評価

ロシア・ワールドカップは17日にグループHの初戦が開催。コロンビアと日本の一戦は、2-1で日本が勝利した。英『BBC』は、マン・オブ・ザ・マッチに乾貴士を選出している。<br><br>ついに初戦を迎えた日本。4年前に敗れてグループ敗退に追い込まれたコロンビアに対し、序盤から積極的に入ると、6分にPKから香川真司が先制点を挙げる。その後一時同点とされたが、73分にCKから大迫勇也が勝ち越し弾。このゴールを守りきり、大事な初戦で白星を挙げた。<br><br>『BBC』は、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに乾を選出。積極的な飛び出しやカットインからのシュート、守備では果敢なプレッシングで大きな貢献をしたベティスFWが、「7.59」最高の評価を得ている。<br><br>次点は、PKを決めて先制点をもたらした香川の「7.58」。以降は長友佑都、大迫勇也、本田圭佑と続いている。<br><br>一方のコロンビアでは、最高点は同点FKを決めたフアン・キンテーロの「6.25」。以降は全選手5点台と、軒並み低評価に終わった。<br><br>初戦で金星をあげた日本。この後、24日にセネガル、28日にポーランドと激突する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.20 00:36 Wed
twitterfacebook
thumb

コロンビアメディア、日本戦敗北に失意隠せず「ハラキリをした」「大打撃だ」

19日のロシア・ワールドカップのグループH第1節、日本対コロンビアは2-1で日本の勝利に終わった。同グループ突破の本命とされたコロンビアの敗戦を、同国メディアは信じられないといった様子で報じている。<br><br>序盤にDFカルロス・サンチェスがハンドによってPKを献上して退場となり、MF香川真司にこのPKを決められて先制されたコロンビア。MFキンテーロのFKで一時同点に追いついて試合を折り返したが、後半にCKからFW大迫勇也にヘディングシュートを決められて敗戦を喫した。<br><br>コロンビアメディアは「まさかの敗戦」といった様子で、失意を隠せない。『エル・ティエンポ』は「コロンビアにとって大打撃」との見出しで報道。また『アス・コロンビア』はC・サンチェスの退場で数的不利になったことに言及する形で「コロンビアはハラキリをした」と、自滅に近い敗戦だったの見解を示している。<br><br>一方で『エル・パイス』は「守備の不注意&hellip;&hellip;。日本が弱いコロンビアに先んじた」と辛辣な意見を記し、『ゴル・カラコル』は「コロンビアは流れに逆らったが届かなかった」と数的不利の状況を覆せなかったことを強調している。<br><br>なおコロンビアは24日にポーランド、28日にセネガルと対戦する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.20 00:35 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース