モウリーニョ、デ・ヘア放出に84億円+カゼミロ譲渡を要求か2017.03.16 14:25 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは、マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督のある条件を呑めば、スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(26)を獲得できる可能性があるようだ。スペイン『Don Balon』が伝えている。

▽新たな守護神に向けた動きが報じられるレアル・マドリー。候補者としてチェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワや、トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスの名前が浮上しているが、かつて加入間近で破断したデ・ヘアを最有力とする見方が強い。

▽そういった憶測が錯綜する中、今回の報道によれば、モウリーニョ監督はデ・ヘアを差し出す代わりに、移籍金6100万ポンド(約84億7000万円)と、MFマイケル・キャリックに代わる守備的MFとして興味を抱くブラジル代表MFカゼミロ(25)の譲渡を求めているという。

▽一方、レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、不安定なパフォーマンスで批判の矢面に立たされるGKケイロル・ナバスに代わる新たな守護神の獲得を検討。デ・ヘアを迎え入れることができるのであれば、カゼミロの放出を認める意向を示している模様だ。

コメント

関連ニュース

thumb

中盤補強明言のモウリーニョ、トップターゲットはレアル・マドリーのパスマスターか

▽レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロース(28)にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が浮上した。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ▽2014年夏にレアル・マドリーに加入して以降、現フットボール界におけるパスマスターとして名を轟かせるクロース。今シーズンも、その正確無比なパスセンスでレアル・マドリーの中盤に君臨する。 ▽ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、今シーズン限りで現役を引退する予定の元イングランド代表MFマイケル・キャリックの後釜として、そのクロースを来夏のトップターゲットに定めたようだ。 ▽「中盤を補強する必要がある」と語ったポルトガル人指揮官はそのほか、ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルも候補として動向を注視しているようだが、クロースに対する関心を強めている状況だという。 2018.02.20 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

加熱のレアル・マドリー移籍説…、デ・ヘアがユナイテッド愛を高らかに

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)が自身を取り巻くレアル・マドリー移籍の噂に言及した。 ▽ユナイテッドでの活躍ぶりを受け、世界最高のGKとして注目度を高めるデ・ヘア。近年は、レアル・マドリーが熱視線を送り続けているとされ、ユナイテッドとの現行契約が満了を迎える2019年以降の動向が話題を呼んでいる。 ▽憶測が後を絶えないスペイン人守護神は、イギリス『デイリー・スター』のインタビューに対して、次のようにコメント。レアル・マドリー移籍説を濁しつつ、ユナイテッドでの現状に満足感を示した。 「早いことで、ここで7年も過ごしている。幸せだよ」 「たくさんの出来事があった。良いことがあれば、そうじゃないこともね。でも、正直に言って、とても幸せなんだ」 「ドレッシングルームでも重要な選手であることを実感している。今のチームにおいて、古株の1人だからね」 「ユナイテッドにやってきた若い選手たちがより大きなクラブにしようとしているのを見ていて、嬉しく思う」 「未来や、その先に何が起こるかを議論するのが良いことだとは思わない。とにかく、ユナイテッドの勝利に貢献することが大切だ」 2018.02.19 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

世界で最も高給取りの監督は? プレミア勢が上位独占でブンデスリーガは…

スペイン紙『アス』が、世界で最も高給取りの監督は誰なのかを発表している。ランキング形式で伝えた。<br><br>■10位 ラファエル・ベニテス(ニューカッスル)スペイン出身の57歳。愛称は「ラファ」。バレンシアでラ・リーガとUEFAカップを制した後、リバプールの監督に就任。2004-05シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで優勝を成し遂げた。インテル、チェルシー、ナポリを経て2016年よりニューカッスルを率いる。年俸は540万ユーロ(約7億1000万円)。<br><br>■9位 マウリシオ・ポチェッティーノ(トッテナム)45歳。現役時代はアルゼンチン代表DFとしても活躍した。指導者としては2009年に古巣・エスパニョールの監督に就任。2013-14シーズンは、吉田麻也の所属するサウサンプトンを指揮した。2014年からトッテナムを率い、優勝争いに絡むチームにまで成長させた。年俸は660万ユーロ(約8億7000万円)。<br><br>■8位 マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス)イタリア出身の50歳。現役時代に目立った活躍はなく、イタリア下位リーグから指導歴をスタートさせる。2011-12シーズン、ミランの監督に就任すると、チームをリーグ優勝に導く。2014年からユベントスを率い、セリエA3連覇(前任のアントニオ・コンテ時代を含めると6連覇)を達成する。年俸は700万ユーロ(約9億3000万円)。<br><br>■7位 アントニオ・コンテ(チェルシー)48歳。現役時代はイタリア代表でも活躍した。2011年、古巣・ユベントスの監督に就任。すると2011-12シーズンからセリエA3連覇を達成する。2016年にチェルシーの監督に就任すると、就任初年度にプレミアリーグ優勝を達成した。年俸は780万ユーロ(約10億3000万円)。<br><br>■6位 ユルゲン・クロップ(リバプール)ドイツ出身の50歳。2001年、マインツで現役を引退すると、そのまま古巣の監督に就任し、2004年に1部昇格を達成する。2008年からドルトムントを率いると、2010-11シーズンから連覇を達成。この時、香川真司も主力として活躍した。2015年からリバプールを率いる。年俸は830万ユーロ(約11億円)。<br><br>■5位 ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー)45歳。現役時代の活躍ぶりは説明するまでもない。古巣であるレアル・マドリー下部組織の監督などを経て、2016年1月、ラファエル・ベニテスの後任として、トップチームの監督に就任する。すると2015-16シーズンからUEFAチャンピオンズリーグ連覇を達成。就任2年目の2016-17シーズンにはラ・リーガも制覇している。年俸は950万ユーロ(約12億6000万円)。<br><br>■4位 アーセン・ヴェンゲル(アーセナル)フランス出身の68歳。モナコでリーグ・アンを制した後、1995年から翌年9月まで名古屋グランパスエイトの監督を務め、チームを天皇杯優勝に導く。1996年10月にアーセナルの監督に就任。20年以上もチームを指揮する。リーグ優勝は3回。中でも2003-04シーズンの無敗優勝は伝説となっている。年俸は1000万ユーロ(約13億2000万円)。<br><br>■3位 ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー)元アルゼンチン代表で47歳。現役時代は主にイタリアやスペインでプレーした。2006年に現役引退後、母国のラシン、エストゥディアンテス、リーベル・プレートを指揮。2011年12月、古巣のアトレティコ・マドリー監督に就任。すると2011-12シーズンのUEFAヨーロッパリーグを制覇。2013-14シーズンにはラ・リーガ優勝に導く。年俸は1500万ユーロ(約20億円)。<br><br>■2位 ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・ユナイテッド)ポルトガル出身の55歳。自身を「スペシャル・ワン」と呼ぶ。現役時代は主に母国2部でプレー。スポルティングCP、ポルト、バルセロナのアシスタントコーチを経て、2000年にベンフィカの監督に就任。その後、ポルトの監督として2度の国内リーグ優勝、2002-03シーズンにUEFAカップ、翌シーズンにUEFAチャンピオンズリーグを制する。その後、チェルシー、インテル、レアル・マドリーを経て、2013年にチェルシーの監督へ復帰。2015年からマンチェスター・ユナイテッドを率いる。プレミアリーグで3回、セリエAで2回、ラ・リーガで1回のリーグ優勝を誇る。年俸は1600万ユーロ(約21億2000万円)。<br><br>■1位 ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ)47歳。現役時代はバルセロナやスペイン代表などで活躍した。愛称は「ペップ」。2008年、バルセロナの監督に就任すると、2011-12シーズンまでに国内リーグ3回、UEFAチャンピオンズリーグで2回の優勝を達成する。2013-14シーズンからはバイエルン・ミュンヘンを指揮し、国内リーグ3連覇を成し遂げた。2016-17シーズンからマンチェスター・シティの監督に就任。初年度は3位に終わったが、今季は首位を独走している。年俸は1900万ユーロ(約25億2000万円)。<br><br>1位と2位はマンチェスター勢。そして財力を持つプレミアリーグ勢がランキングを独占する形となった。一方で、近年優れた監督を次々と輩出しているドイツ勢はランキングには入ってこず。欧州リーグの中でもイングランドやスペインとは隔たりがあることが改めて明らかとなった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.18 20:03 Sun
twitterfacebook
thumb

イングランドで混乱続くVAR…マタのゴールを取り消しで物議を醸す

17日のFAカップ5回戦でFAカップで、マンチェスター・ユナイテッドのフアン・マタの得点がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって取り消される一幕があった。<br><br>マンチェスター・ユナイテッドはハダースフィールド・タウンと対戦。1-0で迎えた前半終了間際、アシュリー・ヤングのパスに抜け出したマタはGKを交わし、無人のゴールに流し込み追加点を挙げたに思われた。しかし、VARを使用した主審のケヴィン・フレンド氏は、オフサイドだったとしてゴールは取り消されている。<br><br>リプレイを見る限り、マタのポジションは確かに微妙な位置であったものの、ディフェンダーとほぼ同じ位置に立っており、オフサイドという判定は誤審ではなかったのではないかと物議を醸し出している。この試合を欠場したユナイテッドGKのダビド・デ・ヘアも、ツイッターでこの判定に疑問を投げかけていた。<br><br>後半にロメル・ルカクが追加点をマークし、2-0で勝利したため、マタのゴール取り消しの判定は試合に大きな影響を与えなかった。<br><br>しかし、FAカップとカラバオ・カップで試験的に導入されているVARは、未だ指揮官や選手の反発が根強い。3回戦再試合レスター対フリートウッド・タウンでは、史上初めてVARによりレスターFWケレチ・イヘアナチョのゴールが認められた後、相手指揮官は「VARを使ったとしても、判定に100パーセントの確信を持つことはできない」と言及していた。<br><br>また、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督も否定的な発言を会見で述べている。<br><br>イングランドでのVARの本格導入に向け、今回の判定はさらなる議論を呼びそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.18 13:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカク2発でハダースフィールドに快勝のユナイテッドが8強進出! CLセビージャ戦に弾み《FAカップ》

▽FAカップ5回戦、ハダースフィールドvsマンチェスター・ユナイテッドが17日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが2-0で勝利し準々決勝進出を決めた。 ▽4回戦でバーミンガム、ヨーヴィルをそれぞれ破ったハダースフィールドとユナイテッドによるプレミアリーグ勢対決。直近のリーグ戦でニューカッスルに敗れたユナイテッドは、その試合から先発6人を変更。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のセビージャ戦を控えることもあり、体調不良のポグバやバレンシアがベンチ外となり、マルシャルとリンガードがベンチスタート。代わってキャリックやルーク・ショー、リンデロフらが起用され、前線はルカク、マタ、サンチェスの3トップとなった。 ▽試合は開始早々に動く。3分、前線でクサビを受けたルカクがマタの足元に丁寧に落とす。そして、マタからの精度の高いスルーパスに抜け出したベルギー代表はDFシンドラーを持ち味のパワーで振り切り、最後はボックス左から利き足とは逆の右足でシュートを流し込んだ。 ▽ルカクのゴールで早々にリードを手にしたユナイテッドだが、その後は相手の反撃を受け続ける劣勢の展開に。球際でアグレッシブに戦い、トム・インスの個人技や右サイドバックのアデルジョナイの攻撃参加をシンプルに使う相手に押し込まれると、再三のシュートとクロスを浴びる。 ▽それでも、クロスに対してはスモーリングとリンデロフの両センターバックが的確な対応で跳ね返し、やや精度と威力を欠くミドルシュートに対しては、GKロメロが危なげなくセーブする。その一方で、先制以降は全く攻撃の形を作り出せないユナイテッドは45分、右サイドを個人で突破したアシュリー・ヤングからのラストパスに抜け出したマタが冷静にGKをかわしてゴールネットを揺らす。しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による確認が行われた結果、マタはオフサイドを取られてゴールは認められず。 ▽追加点を奪えなかったものの1点リードで試合を折り返したユナイテッドは、後半も決定機こそ与えないものの自陣深くに押し込められる展開が続く。それでも、試合巧者のモウリーニョのチームはロングカウンターから追加点を奪う。 ▽55分、自陣ペナルティアーク付近で与えた相手のFKの場面でこぼれ球を回収したユナイテッドは、ドリブルで持ち上がったルカクが一旦左サイドのサンチェスに預けて最終ライン裏に猛スピードで駆け上がる。そこにサンチェスから精度の高いリターンパスが繋がると、最後はボックス左に持ち込んだルカクが左足で狭いニアサイドへシュートを流し込んだ。 ▽ルカクの個人技を生かした攻撃で決定的な2点目を手にしたユナイテッドはその後も省エネモードで試合を進めていく。75分にはサンチェスに代えてマルシャル、81分にはマタを下げてリンガードを投入する。 ▽その後も相手の拙攻を冷静な守備で跳ね返し続けたアウェイチームは試合終了間際に殊勲のルカクを下げて、負傷明けのバイリーをピッチに送り込み、試合をクローズ。ルカクの2ゴールで勝ち切ったユナイテッドがFAカップ準々決勝進出を果たすとともに、CLセビージャ戦に向けて弾みを付けた。 2018.02.18 04:37 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース