アーセナル、エイバルで乾同僚のフランス人DFルジューヌ獲得に関心か2017.03.16 03:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルが、エイバルに所属するフランス人DFフロリアン・ルジューヌ(25)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

▽『マルカ』が伝えるところによれば、本職は守備的MFながらエイバルの絶対的センターバックのレギュラーとして活躍するルジューヌに対して、アーセナルは1000万ユーロ(約12億2000万円)に設定されている契約解除金を支払うことで、今夏の獲得を目指しているという。

▽10代の頃に“ローラン・ブランの後継者”と評されて多くのビッグクラブの関心を集めたルジューヌは、2011年にビジャレアルに加入。同年11月にはトップチームデビューを飾るも、思うように出場機会を得ることができず。

▽その後、2014年に2部のジローナで印象的な活躍を披露したルジューヌは、2015年夏にマンチェスター・シティ移籍を勝ち取るも、2015-16シーズンはジローナに1年間のレンタルという形で残留。同シーズンはリーグ戦38試合に出場し、3ゴールを記録した。そして、2016年夏にシティからエイバルに完全移籍で加入していた。

▽なお、イギリス『squawka.com』のデータによると、190cmの長身を誇るルジューヌは、1試合平均の空中戦勝率が76.53パーセントを記録。リーガエスパニョーラ屈指のエアバトラーは、元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーの今季限りの退団が噂されるアーセナルにとって、貴重な守備的オプションとなるはずだ。また、本職が中盤の選手ということもあり、ビルドアップの場面での貢献も期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

退席処分となったエイバル監督メンディリバル、審判に「エイバルだと退場させるのは簡単だな!」

17日のリーガエスパニョーラ第24節、エイバルは本拠地イプルーアでのバルセロナ戦を0&minus;2で落とした。この試合ではホセ・ルイス・メンディリバル監督が、審判への抗議によって退席を命じられている。スペイン『マルカ』が、その理由を説明した。<br><br>メンディリバル監督は、エルナンデス・エルナンデス主審のレフェリングの一貫性のなさに怒りを抑えられなかったようだ。<br><br>この試合の62分、エイバルMFファビアン・オレジャーナは、エルナンデス・エルナンデス主審が取ったファウルに納得がいかずボールを叩きつけ、抗議によって2枚目のイエローカードを提示されて退場に。そして直後にはバルセロナFWルイス・スアレスもオレジャーナと同じような形で抗議をしたが、こちらはお咎めなしだった。<br><br>これを受けたメンディリバル監督は、エルナンデス・エルナンデス主審に対して「エイバル相手ならば(退場処分は)簡単だな!」と言い放ち、そのため退席処分となった模様だ。このレフェリングの是非に関しては、スペインでも議論が巻き起こっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.18 22:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ブスケッツ、リーガの開催日程に苦言「火曜がCLならばエイバル戦は金曜が良かった」

17日のリーガエスパニョーラ第24節、バルセロナは敵地イプルーアでのエイバル戦を2&minus;0で制した。MFセルジ・ブスケッツは試合後、苦戦を強いられたことを認めながらも、勝利を得るためには十分なチャンスを得ていたとの見解を示している。<br><br>「今日の試合については、エイバルが追い風を受けていることを考慮しなければならない。彼らはセビージャ相手に5ゴールを決めたんだ。とても独特なプレーを見せるチームだね」<br><br>「僕たちは望んだようなポゼッション率を記録することができなかったが、チャンスはしっかりと手にしていたよ。勝負を決めるのに苦労を強いられたけどね。彼らはダイレクトプレーを見せ、試合を支配した。が、チャンスはそこまでじゃなかった」<br><br>ブスケッツはまた、21日にチャンピオンズリーグのチェルシー戦を控える状況で、この試合が17日ではなく16日に開催されるべきだったとの見解を述べている。<br><br>「チェルシーはとても素晴らしいチームで、苦しむことになるだろう。彼らとは180分を通して戦わなければならない。このエイバル戦を金曜にプレーできたら良かった。テレビで放送するためにそうすることができないのか、僕には分からないけど」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.18 22:28 Sun
twitterfacebook
thumb

乾エイバルとバルセロナが試合後に公式ツイッターで健闘祈り合う

▽日本代表MF乾貴士が所属するエイバルと、バルセロナが試合後にツイッターで互いの健闘を祈っている。 ▽リーガエスパニョーラ第24節のエイバルvsバルセロナが17日に行われた。試合は16分にバルセロナがスアレスのゴールで先制。その後、エイバルも奮闘したが、終盤にジョルディ・アルバのゴールも決まり、2-0で終了。バルセロナはリーガ3戦ぶりの勝利でミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)チェルシー戦に向けて弾みをつけた。対するエイバルは5試合ぶりの敗北を喫することとなった。乾はフル出場している。 ▽すると試合後、エイバル(@SDEibar)は公式ツイッターを更新。それに対してバルセロナの公式ツイッター(@FCBarcelona_es)もリプライを送り、やりとりをしている。※絵文字省略 ◆エイバル公式ツイッター 「我々は友人であるバルセロナの帰りの無事を祈る。そして、残りのシーズンが幸運なものになることを祈っている」 ◆バルセロナ公式ツイッター 「素晴らしい歓迎をありがとう! 我々もエイバルのリーガエスパニョーラでの良い結末を祈っている。また来シーズンに会いましょう」 2018.02.18 12:26 Sun
twitterfacebook
thumb

乾貴士、バルサに敗れるも内容に手応え「目指しているサッカーはできた」

17日のリーガエスパニョーラ第24節、エイバルは本拠地「イプルーア」でのバルセロナ戦を0&minus;2で落とした。MF乾貴士は試合後、『Beinスポーツ』のフラッシュインタビューに応じている。<br><br>乾は通訳を介して、インタビュアーの質問に答えていった。バルセロナを最後まで苦しめたとの意見には、「すごく良い入りができましたし、最初の失点というのが本当に痛かったと思います」と返答。<br><br>また立ち上がりの猛攻でゴールを奪えなかったのが一つの鍵だったとの指摘には、「そうですね。でもいいサッカーはできたと思いますし、エイバルの目指しているサッカーはできたのではないかと思っています」と、自チームが披露したパフォーマンスを誇っている。<br><br>乾はその一方で、MFファビアン・オレジャーナが判定への抗議により2枚目のイエローカードを受けて退場となったにもかかわらず、同じく抗議をしたFWルイス・スアレスがお咎めなしだったことについて意見を求められ、「見てなかったので分からないですけど、もったいないとは思います」と、後半途中から10人での戦いを強いられたことを悔やんだ。<br><br>エイバルは現在、勝ち点35で7位に位置。ヨーロッパリーグ出場圏の6位ビジャレアルとの勝ち点差は暫定で2となっている。しかしながら日本代表MFは、「そこ(ヨーロッパリーグ)は見ずに一つ一つを戦うことだけを意識しています」と、一試合一試合に集中する必要性を説いている。<br><br>エイバルは次節、敵地バライドスでのセルタ戦に臨む。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.18 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

乾フル出場もバルセロナが10人&指揮官退席のエイバル下し3戦ぶり勝利! CLチェルシー戦に弾み《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第24節のエイバルvsバルセロナが17日に行われ、0ー2でバルセロナが勝利。エイバルの日本代表MF乾貴士はフル出場した。 ▽連勝中で4試合負けなしの7位エイバル(勝ち点35)が、リーガ無敗維持も前節のヘタフェ戦をゴールレスドローで終え2戦連続勝ちなしとした首位バルセロナ(勝ち点59)をホームに迎えた一戦。 ▽バルセロナは前節からスタメンを4名変更。ミナ、ディーニュ、コウチーニョ、アルカセルに代えて、ピケ、ユムティティ、パウリーニョ、イニエスタを起用した。また、エイバルの乾は中盤左サイドで先発となった。 ▽試合の序盤、エイバルが積極的なプレスからチャンスを作り出していく。1分、オレジャーナの右サイドからのクロスにホセ・アンヘルが頭で合わせる。得点とはならなかったが、試合開始早々にバルセロナに冷や汗をかかせた。 ▽エイバルは、両サイドの乾やオレジャーナを起点としたクロスからゴールに迫っていく。13分にも、右CKからDFラミスがヘディングシュートを放つ。しかし、これもGKテア・シュテーゲンに阻まれた。 ▽バルセロナはなかなか攻撃に移ることができずにいたが、16分に高く維持されたエイバルの最終ラインの裏を突くことに成功する。センターサークル付近でボールを持ったメッシが、オフサイドライン際で駆け引きをするスアレスへのパスを通す。ボックス内右で一対一となったスアレスはGKドミトロビッチをかわし、無人のゴールに流し込んだ。 ▽反撃に出たいエイバルは、19分に乾のサイドチェンジを受けたオレジャーナがボックス右からミドルシュートを狙う。しかし、右足で放たれた鋭いシュートはバーを叩き得点には繋がらない。 ▽さらに32分、バルセロナボールのスローインを左サイドでカットしたパペ・ディオプが、キケ・ガルシアにパスを送る。キケ・ガルシアがボックス左から折り返すとホルダンが好機を迎えたが、シュートはゴール左に逸れていく。 ▽エイバルがバルセロナの牙城を破れずにいると、37分に再びメッシのスルーパスからスアレスが抜け出す。ボックス左からの落としを受けたメッシがダイレクトシュートを放ったが、右にポストに阻まれた。 ▽結局、前半中にエイバルの攻撃が実ることはなく前半が終了。バルセロナが1点のリードを得て、試合を折り返すことに。 ▽後半になると、バルセロナがボールを支配しようとする。それでも56分、オレジャーナが右サイドに抜け出して深い位置からグラウンダーのクロスを供給。しかし、乾がボックス内に飛び込んで滑り込みながら放ったシュートは、枠を右に外れた。 ▽突き放したいバルセロナは、63分にイニエスタに代えてコウチーニョを投入。リズムの変化を図った。すると66分、プレーが切れている最中にボールを手で弾き飛ばして苛立ちを表したオレジャーナが、この日2枚目の警告を受けて退場。さらに、抗議したメンディリバル監督も退席処分を受けてしまう。エイバルは残りの時間を10人かつ指揮官不在で戦うことに。 ▽その後のバルセロナはあまりリスクを冒さず、ボールを大きく動かしつつ好機を窺う。すると80分、コウチーニョのスルーパスからボックス内に抜け出したメッシが左足でゴールを狙う。しかし、GKドミトロビッチのファインセーブに遭い追加点とはならない。 ▽すると直後の81分、左サイドでボールを受けた乾がドリブルで中央にカットイン。そのまま右足でニアを狙ったシュートはGKテア・シュテーゲンに阻まれたが、果敢にゴールに迫っていく。 ▽しかし88分、途中出場のA・ビダルのパスにボックス内中央のメッシが反応してシュートを放つ。GKドミトロビッチがまたもファインセーブで阻んだが、ジョルディ・アルバがこぼれ球に詰めて、右足でネットを揺らした。 ▽結局、バルセロナがリードを2点に広げたところで試合が終了。この結果、バルセロナはリーガ3戦ぶりの勝利でミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)チェルシー戦に向けて弾みをつけることに。対するエイバルは5試合ぶりの敗北を喫することとなった。 2018.02.18 02:13 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース