アーセナル、エイバルで乾同僚のフランス人DFルジューヌ獲得に関心か2017.03.16 03:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルが、エイバルに所属するフランス人DFフロリアン・ルジューヌ(25)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

▽『マルカ』が伝えるところによれば、本職は守備的MFながらエイバルの絶対的センターバックのレギュラーとして活躍するルジューヌに対して、アーセナルは1000万ユーロ(約12億2000万円)に設定されている契約解除金を支払うことで、今夏の獲得を目指しているという。

▽10代の頃に“ローラン・ブランの後継者”と評されて多くのビッグクラブの関心を集めたルジューヌは、2011年にビジャレアルに加入。同年11月にはトップチームデビューを飾るも、思うように出場機会を得ることができず。

▽その後、2014年に2部のジローナで印象的な活躍を披露したルジューヌは、2015年夏にマンチェスター・シティ移籍を勝ち取るも、2015-16シーズンはジローナに1年間のレンタルという形で残留。同シーズンはリーグ戦38試合に出場し、3ゴールを記録した。そして、2016年夏にシティからエイバルに完全移籍で加入していた。

▽なお、イギリス『squawka.com』のデータによると、190cmの長身を誇るルジューヌは、1試合平均の空中戦勝率が76.53パーセントを記録。リーガエスパニョーラ屈指のエアバトラーは、元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーの今季限りの退団が噂されるアーセナルにとって、貴重な守備的オプションとなるはずだ。また、本職が中盤の選手ということもあり、ビルドアップの場面での貢献も期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

スペイン紙、マラガ戦の乾貴士にチーム最高点の評価「厚顔無恥なプレー」

エイバルは21日に行われたリーガエスパニョーラ開幕節、敵地ロサレダでマラガと対戦して1-0と勝利した。この試合で先発したMF乾貴士に、スペインメディアからは高い評価が下されている。<br><br>スペイン『マルカ』は、決勝点を記録したFWシャルレス・ディアス、GKマルコ・ディミトロビッチ、乾にエイバルの選手の最高点となる2点(3点満点)を付けた。<br><br>寸評では、「素晴らしいラストパスを何本か送った。ペナルティーエリア外からのミドルシュートを打つ意欲さえあった。彼は厚顔無恥だった」と記載されている。<br><br>また、17分に左サイドでロングボールを巧みにコントロールしてマラガDFロサーレスを抜き去って乾のプレーについては、「記憶に残るプレーで足跡を残した」として、次のように評している。<br><br>「日本人選手は、エイバルで際立った選手の一人だった。前半には、味方からのロングボールに対して、スペクタクルなコントロールを見せて主役になった。終始ロサーレスにとって危険な存在となっていた」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.22 22:02 Tue
twitterfacebook
thumb

乾が開幕戦フル出場! エイバルが白星スタート《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第1節のマラガvsエイバルが21日に行われ、1-0でエイバルが勝利した。エイバルのMF乾貴士はフル出場した。 ▽昨季のリーガ最終節でバルセロナを相手に“ゴラッソ”2発を叩き込んだ乾は、エイバルでの3シーズン目を迎え、[4-4-2]の中盤左サイドで先発出場。チームの中心選手であるMFペドロ・レオンを負傷で欠く中、昨季を10位で終えたエイバルは同11位のマラガの本拠地に乗り込み、新シーズンをスタートさせることとなった。 ▽サイド攻撃を主軸として積極的な入りを見せたエイバルだったが、この試合最初の決定機を迎えたのはマラガだった。11分にボックス手前中央でパスを受けたファンピは、ワントラップでセンターバックとサイドバックの間に割り込む。素早く左足を振り抜くとGKの反応は遅れたが、ボールは枠を外れた。 ▽それでも、17分には味方のロングパスを上手くコントロールして収めた乾が、ドリブルで突破を図りボックス内左に侵攻。グラウンダーのクロスを入れたが、飛び込んだシャルレスのシュートはGKに阻まれた。20分にも、乾のクロスからシャルレスにチャンスが訪れたが、得点には至らなかった。 ▽その後も一進一退の攻防が続いたが、お互い大きなチャンスは訪れず。前線からの激しいプレスを継続したエイバルがやや優勢気味に進め、試合を折り返した。後半に入ると、57分にエイバルが先制点を奪い切った。ホセ・アンヘルが左サイドからクロスを供給。走り込んだ古巣対戦のシャルレスが、高い打点からヘディングシュートを放ち、ネットを揺らした。 ▽得点後のエイバルはややペースダウン。プレスの位置を下げてカウンター主体の戦い方にシフトした。78分には、ショートカウンターからボックス内左でボールを持った乾がシュートを放ったが、GKにキャッチされた。 ▽追いつきたいマラガは攻勢を強めたが、決定的なシーンを作り出すことはできず。試合はこのまま終了。シャルレスが古巣相手に決めた得点を守り抜き堅実に試合を締めたエイバルが、白星で新たなシーズンをスタートさせることとなった。 ▽また、同日行われたレバンテvsビジャレアルでは試合終了間際のPKをモラレスが沈め、昨季2部優勝の昇格組レバンテが1-0で白星スタートを飾った。 2017.08.22 06:59 Tue
twitterfacebook
thumb

乾貴士がサラゴサとの親善試合で先制ゴール…開幕スタメンに向けアピール

リーガエスパニョーラのエイバルは現地時間12日、2部サラゴサとの親善試合を行った。<br><br>この試合、左サイドで出場したエイバルの乾貴士は54分にネットを揺らした。66分にサラゴサのアルベルト・ベニートのOGでリードを広げ、そのまま2-0でエイバルが勝利。乾は先制ゴールを記録してチームの勝利に貢献している。<br><br>エイバルは現地時間21日にリーガ開幕戦でマラガと激突する。15-16シーズンからエイバルでプレーし、リーガ挑戦3年目を迎えた乾貴士。サラゴサとの一戦は、開幕スタメン出場、そして日本代表招集に向け、絶好のアピールの場となったようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.13 22:06 Sun
twitterfacebook
thumb

エイバルがスポルティング・リスボンからポルトガル代表歴のあるDFパウロ・オリベイラを獲得

▽エイバルは17日、スポルティング・リスボンの元ポルトガル代表DFパウロ・オリベイラ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年間で、スペイン『マルカ』によれば移籍金は320万ユーロ(約4億1000万円)とのことだ。 ▽2014年夏にギマラエスからスポルティング・リスボンに加入したセンターバックのパウロ・オリベイラは、在籍3シーズンで公式戦85試合に出場。しかし、年々出場機会を減らし、2016-17シーズンはリーグ戦11試合の出場に留まっていた。 ▽ポルトガル代表としてはU-17から各カテゴリーで選出され、2015年3月にA代表デビューを飾っていた。 2017.07.17 23:44 Mon
twitterfacebook
thumb

乾エイバルがポルトから左SBのホセ・アンヘルを完全移籍で獲得

▽エイバルは14日、ポルトのスペイン人DFホセ・アンヘル(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年間となっている。 ▽スポルティング・ヒホンのカンテラ出身であるホセ・アンヘルは、2011年夏にローマへ移籍。その後、ソシエダへのレンタル移籍を経て2014年夏にポルトへ完全移籍。しかし、レギュラーを掴むには至らず2016年夏にビジャレアルへレンタル移籍していた。2016-17シーズンはそのビジャレアルでリーガエスパニョーラ7試合に出場していた。 ▽ホセ・アンヘルは左サイドバックを本職とするため、左MFでレギュラーを張る日本代表MF乾貴士とは新シーズン、同サイドでコンビを組むことが濃厚だ。 2017.07.15 00:18 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース