アーセナル、エイバルで乾同僚のフランス人DFルジューヌ獲得に関心か2017.03.16 03:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルが、エイバルに所属するフランス人DFフロリアン・ルジューヌ(25)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

▽『マルカ』が伝えるところによれば、本職は守備的MFながらエイバルの絶対的センターバックのレギュラーとして活躍するルジューヌに対して、アーセナルは1000万ユーロ(約12億2000万円)に設定されている契約解除金を支払うことで、今夏の獲得を目指しているという。

▽10代の頃に“ローラン・ブランの後継者”と評されて多くのビッグクラブの関心を集めたルジューヌは、2011年にビジャレアルに加入。同年11月にはトップチームデビューを飾るも、思うように出場機会を得ることができず。

▽その後、2014年に2部のジローナで印象的な活躍を披露したルジューヌは、2015年夏にマンチェスター・シティ移籍を勝ち取るも、2015-16シーズンはジローナに1年間のレンタルという形で残留。同シーズンはリーグ戦38試合に出場し、3ゴールを記録した。そして、2016年夏にシティからエイバルに完全移籍で加入していた。

▽なお、イギリス『squawka.com』のデータによると、190cmの長身を誇るルジューヌは、1試合平均の空中戦勝率が76.53パーセントを記録。リーガエスパニョーラ屈指のエアバトラーは、元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーの今季限りの退団が噂されるアーセナルにとって、貴重な守備的オプションとなるはずだ。また、本職が中盤の選手ということもあり、ビルドアップの場面での貢献も期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

10月代表戦2発で“旬な男”G大阪MF倉田秋、インスタ開設

▽ガンバ大阪に所属する日本代表MF倉田秋が18日、インスタグラム(shukurata10)を開設した。 ▽倉田は、G大阪ユース出身のテクニカルプレーヤー。今シーズンからG大阪の10番を背負い、先の代表戦でA代表初得点を含む2試合2ゴールの活躍を披露するなど、今旬の攻撃的MFだ。 ▽そのG大阪副主将の記念すべき初投稿には、セレッソ大阪時代や代表でチームメートのエイバルに所属するMF乾貴士が登場。「1枚目は昔から仲良い乾貴士との写真」というコメントを添えて、乾とのツーショット写真を掲載した。 ▽ちなみに、乾も倉田の初投稿から数時間後に自身のインスタグラム(takashi.08)を更新。「秋がインスタ始めましたー(^^)と、いうか強引に始めさせました 皆さんフォローしてあげてください」と倉田のインスタグラム開設を歓迎した。 2017.10.18 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

反省点を挙げるMF乾貴士「自分たちで難しくした」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は10日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に臨み、3-3のドローに終わった。 ▽試合後、MF乾貴士(エイバル/スペイン)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。攻撃面における反省点を挙げた。 <span style="font-weight:700;">◆MF乾貴士</span>(エイバル/スペイン) <span style="font-weight:700;">──試合後、MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)と会話しているように見えたが</span> 「色々と話した。ポジショニングのことだったり、ああやって引かれた相手をどう崩すかだったり、距離感だったり、そういう内容だった」 <span style="font-weight:700;">──クラブとはまた違ったサイドでのプレーが求められるが</span> 「特に、後半は距離感がすごく近過ぎたところがあった。その辺で崩せなかったというか、効率が悪くなってしまった。自分たちで難しくてしまった」 「途中から(原口)元気が左サイドで張るようになって、そこから良いタイミングで中に入ったり、ああいう方が効果的。(車屋)紳太郎との関係もそこからすごく良くなっていったりもしていたし、引いた相手に対してはああいうプレーの方が良いんじゃないかなと思う」 <span style="font-weight:700;">──監督の指示に則ったプレーが強調されているが</span> 「もうちょっと張りたかったけど、それができなったのは自分の判断ミス。もっと張って、そこで起点を作れれば、紳太郎の上がりを使って崩せたんじゃないかなと。そこは反省」 <span style="font-weight:700;">──香川とのプレービジョンの共有が見て取れたが</span> 「あそこで崩せれば一番良かったけど、あれだけ引いてくる相手だと、あれだけじゃ厳しい。やっぱりサイド攻撃が有効だと思う」 <span style="font-weight:700;">──前半は理想とする形ができていたように見えたが</span> 「前半は(長友)佑都くんとの関係がすごく良かった。(倉田)秋がすごい良いタイミングで後ろをサポートしてくれたし、槙野(智章)くんが良いタイミングでボールを入れてくれていたので、良い関係ができていた。でも、やっぱり1点目を獲られてから、自分たちの流れがすごく悪くなって、自分たちで苦しくしてしまった感じ」 2017.10.11 02:50 Wed
twitterfacebook
thumb

NZ戦で勝ち越し弾を演出もFW乾貴士「自分自身ではそんなに評価はしていない」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は8日、10日に行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW乾貴士(エイバル/スペイン)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。ニュージーランド戦のプレーを振り返るとともに、先発と途中出場の差について語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW乾貴士</span>(エイバル/スペイン) <span style="font-weight:700;">──ニュージーランド戦途中出場でうまく流れを変えたと思うが</span> 「この間も言いましたが、相手もバテていたのでね。自分自身はフレッシュな状態で入れたので、2点目につながって勝てたのはすごく良かったと思います。ただ、相手がバテていたこともあったので、自分自身ではそんなに評価はしていないです」 <span style="font-weight:700;">──先発したらどうだったとか、スペースがない中状況だったりは考えるか</span> 「それは難しいと思いますし、ヨッチ(武藤嘉紀)が裏に走って相手をバテさせてくれたことが、自分にとっては大きかったと思います」 <span style="font-weight:700;">──先発で結果を出していきたいと思うがどうアピールしていきたいか</span> 「途中出場と先発は役割が違うと思うので、途中出場だとより攻撃のことを考えられますし、自分の特徴を出すこと、そこで貢献することの方が役割が大きくなってきます」 「先発となるとチームのバランスとか流れとか守備の役割とか、そういったところを途中出場より考えなくてはいけないのでね。ちょっと違う役割なのでなんとも言えないところはあります」 2017.10.08 22:07 Sun
twitterfacebook
thumb

不調に喘ぐ乾所属のエイバル、会長はメンディリバル監督への信頼を強調

今季のリーガエスパニョーラで、不調に喘ぐMF乾貴士所属のエイバルだが、アマイア・ゴロスティサ会長は、ホセ・ルイス・メンディリバル監督に対する信頼を強調している。<br><br>昨季にはヨーロッパリーグ出場圏にも位置するなど健闘を見せたエイバル。しかし今季はリーガ第7節までを2勝5敗で終え、降格圏の15位に位置するなど不調に苦しんでいる。<br><br>メンディリバル監督の去就も取り沙汰されるような成績だが、ゴロスティサ会長は同指揮官への信頼を強調。人口2万3000人の町に拠を構えるエイバルにとって、目標は上位に食い込むことではなく、残留争いであることも説いている。<br><br>「私たちはメンディリバル、そして彼が率いるコーチングスタッフに全幅の信頼を寄せています。私たちは、どこからリーガ1部までやって来たのか、そして1部がどういった舞台なのかを自覚しています。とにかく、今は落ち着きを保たなければなりません」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.08 00:44 Sun
twitterfacebook
thumb

NZ翻弄のMF乾貴士「チャンスは作れる」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は6日、豊田スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のニュージーランド代表戦に臨み、2-1で勝利︎した。 ▽試合後、MF乾貴士(エイバル/スペイン)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。決勝点を演出したシーンや左サイドでの仕掛けについて語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF乾貴士</span>(エイバル/スペイン) <span style="font-weight:700;">──決勝点を演出したが</span> 「(倉田秋が)しっかりゴールを決めてくれたので良かった」 <span style="font-weight:700;">──トライし続けてようやく生まれた決勝点</span> 「相手も疲れていたので、チャンスは作れるかなと思っていた。こっちから攻められていたし、(長友)佑都くんのサポートもすごく助かっていた。ああいう形でボールを取り切れればチャンスは作れる。もっとそういう形を作っていきたい」 <span style="font-weight:700;">──DF長友佑都(インテル/イタリア)との連携が良い</span> 「あれだけ良いタイミングで上がってもらえると、僕は本当にパスを出すだけ。こっちのセンスだけ。何度かミスったところもあったけど、あれを続けていくことでチームとしても前に出ていける。良い形を作れていると思う」 2017.10.07 01:23 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース