アーセナル、エイバルで乾同僚のフランス人DFルジューヌ獲得に関心か2017.03.16 03:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルが、エイバルに所属するフランス人DFフロリアン・ルジューヌ(25)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

▽『マルカ』が伝えるところによれば、本職は守備的MFながらエイバルの絶対的センターバックのレギュラーとして活躍するルジューヌに対して、アーセナルは1000万ユーロ(約12億2000万円)に設定されている契約解除金を支払うことで、今夏の獲得を目指しているという。

▽10代の頃に“ローラン・ブランの後継者”と評されて多くのビッグクラブの関心を集めたルジューヌは、2011年にビジャレアルに加入。同年11月にはトップチームデビューを飾るも、思うように出場機会を得ることができず。

▽その後、2014年に2部のジローナで印象的な活躍を披露したルジューヌは、2015年夏にマンチェスター・シティ移籍を勝ち取るも、2015-16シーズンはジローナに1年間のレンタルという形で残留。同シーズンはリーグ戦38試合に出場し、3ゴールを記録した。そして、2016年夏にシティからエイバルに完全移籍で加入していた。

▽なお、イギリス『squawka.com』のデータによると、190cmの長身を誇るルジューヌは、1試合平均の空中戦勝率が76.53パーセントを記録。リーガエスパニョーラ屈指のエアバトラーは、元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーの今季限りの退団が噂されるアーセナルにとって、貴重な守備的オプションとなるはずだ。また、本職が中盤の選手ということもあり、ビルドアップの場面での貢献も期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

地元メディア、バスク・ダービーの乾貴士に低評価「両親が観戦に訪れていたようだが...」

24日に行われたリーガエスパニョーラ第33節アスレティック・ビルバオ戦(0-1)で先発したエイバルMF乾貴士だが、地元メディア『ディアリオ・バスコ』からは厳しい評価を下されている。<br><br>今月4日から7日にかけてスペイン国王の来日に伴い一時帰国していた乾は、第29節ビジャレアル戦以来となる4試合ぶりの先発復帰。しかし見せ場をつくることはできず、55分にMFゴンサロ・エスカランテが退場したこともあって58分にMFクリスティアン・リベラと交代でピッチを退いた。<br><br>『ディアリオ・バスコ』は、乾にチームワースト2位となる評価点「2」を与えている。また、寸評では「両親が観戦のためスタンドを訪れていたようだが、鳴りを潜めたパフォーマンスを見せるだけだった」と記されている。<br><br>なお、ワーストの評価点「1」を与えられたのはレッドカードを受けたエスカランテと途中出場したMFアドリアン・ゴンサレス。続いて乾に加えDFジュンカ、リベラに評価点「2」が与えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.25 22:34 Tue
twitterfacebook
thumb

乾先発のエイバル、数的不利を強いられ終了間際に失点…ビルバオに敗れEL出場権獲得へ手痛い連敗《リーガエスパニョーラ》

▽エイバルは24日、リーガエスパニョーラ第33節でビルバオとのバスク自治州ダービーに臨み、0-1で敗れた。エイバルのMF乾貴士は先発出場し、59分までプレーした。 ▽前節のベティス戦を0-2で敗れ、連勝が「3」でストップした8位エイバル(勝ち点50)が、同じバスクに本拠地を構える6位ビルバオ(勝ち点53)をホームに迎えた注目のダービーマッチ。逆転でのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に向けてエイバルは、前節のベティス戦から先発メンバーを2人変更した。ルジューヌとベベに代えてガルベスと乾を起用。先発復帰を果たした乾は、[4-4-2]の左MFに入った。 ▽試合はエイバルが立ち上がりからスピーディーな攻撃でシュートまで持っていくも、相手のブロックに阻まれてしまい、ゴールを脅かすことができない。 ▽前半半ばに差し掛かると、エイバルの攻撃が徐々に対応され始める。すると、エイバルはカウンターからゴールを脅かされる。27分、右サイドを突破したデ・マルコスにクロスを許すと、ボックス中央に走り込んだサン・ホセに頭で合わせられる。しかし、これはわずかにゴール右へと外れる。 ▽その後、中盤での球際が激しくなると、両者共にシュートを許さない時間帯が続く。すると、エイバルにアクシデントが発生。前半終盤、プレーが切れるとルナが交代を要求。42分にフンカを投入する事態に見舞われる。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半開始直後、エイバルが決定機を迎える。46分、敵陣中央でパスを受けたペドロ・レオンがボックス内へ浮き球のスルーパス。これにセルジ・エンリクが抜け出し、シュートを放つもGKアリザバラガの好判断の飛び出しに阻まれる。 ▽後半に入って好調な滑り出しを見せていたエイバルだが、56分に敵陣中央でムニアインにボールを奪われると、エスカランテがアフターでスライディングタックル。このプレーにレッドカードが提示され、エイバルは一人少ない状況を強いられる。直後の59分には退場の煽りを受けて、乾がクリスティアン・リベラと交代することになった。 ▽数的不利を強いられたエイバルは、攻め手を欠いてしまいビルバオの猛攻を受ける。62分、ボックス左外を突破したバレンシアガのクロスをボックス中央に走り込んだラウール・ガルシアに左足で合わせられる。しかし、これは左ポストに助けられる。さらに66分、イニャキ・ウィリアムズのスルーパスからボックス右を抜け出したムニアインに右足でシュートを放たれるも、GKジョエル・ロドリゲスが足でブロックし、得点を許さない。 ▽押し込まれる時間帯が続くエイバルは、その後体を張ったディフェンスでなんとかゴールを死守する。引き分けでも致し方ないエイバルだったが試合終了間際、ついに失点してしまう。後半アディショナルタイム4分、ボックス右手前でFKを与えると、ベニャトに直接狙われる。これはGKジョエル・ロドリゲスが弾くも、ボックス左にこぼれた浮き球をラウール・ガルシアに右足ボレーでゴールに突き刺された。これが決勝点となり、そのまま試合終了。劇的ゴールで敗れたエイバルは、EL出場権獲得へ手痛い連敗を喫した。 2017.04.25 06:10 Tue
twitterfacebook
thumb

乾後半から出場のエイバル、ベティスに敗戦で連勝が3でストップ《リーガエスパニョーラ》

▽エイバルは16日、リーガエスパニョーラ第32節でベティスとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。エイバルのMF乾貴士は後半から出場している。 ▽前節セルタ戦を2-0と快勝して3連勝とした7位エイバル(勝ち点50)は、セルタ戦のスタメンから2選手を変更。クリスティアン・リベラとガルベスに代えてエスカランテとルジューヌが先発に戻った。スペイン国王の晩さん会出席のために来日していた乾はベンチスタートとなった。 ▽リーガで10ゴールを挙げているチーム内得点王のルベン・カストロを病気で欠く3連敗中の15位ベティス(勝ち点31)に対し、エイバルは開始1分過ぎに失点する。ボックス右のラファ・ナバーロのクロスをマルタンにヘディングシュートで決められた。 ▽早々に失点したエイバルはポゼッションを高めてベティスを押し込むと、15分に右CKからラミスがヘディングシュート。しかし、枠の左に外れた。 ▽27分に負傷したラミスに代わってガルベスを投入せざるを得なくなったエイバルは34分、ペドロ・レオンがドリブルシュートを放ってゴールに近づいた。 ▽前半終盤、ベティスのFKから立て続けにピンチを迎えたエイバルだったが、追加点は許さずに前半を終えた。 ▽後半からエイバルはベベに代えて乾を左サイドに投入。しかし、52分にドルミジの直接FKでゴールを脅かされると、ベティスの攻勢が強まっていく。そんな中、ダニ・セバージョスを投入して追加点を狙った。 ▽対するエイバルは70分、乾のシュートのルーズボールをボックス中央で拾ったガルベスが反転から強烈なシュートを浴びせるも、GKアダンの好守に阻まれてしまう。 ▽80分には乾が決定機を演出。左サイドを抜け出した乾がマイナスに折り返し、ペドロ・レオンがシュート。しかし、空振りしてしまった。 ▽すると89分、ロングカウンターに転じたベティスが決定的な2点目を奪う。ハーフラインから持ち上がったダニ・セバージョスがボックス右からゴール左へシュートを流し込んだ。ダニ・セバージョスのリーガ今季初ゴールで勝負を決定付けたベティスが連敗を3で止めた一方、乾が3試合ぶりに出場したエイバルの連勝が3でストップしている。 2017.04.17 03:29 Mon
twitterfacebook
thumb

エイバルMF乾貴士が注目するJリーガーは?大阪の2強は「古巣のセレッソはすごく気になる。ガンバも注目」

スペイン国王フェリペ6世とレティシア王妃の来日にともない、日本へ一時帰国していたMF乾貴士(エイバル)が、『Goal』のインタビューに応じた。<br><br>エイバルで2シーズン目を迎えた乾は、主力として今季のリーグ戦21試合に出場。帰国前の第29節ビジャレアル戦では今シーズン初ゴールも決めていた。通算でも日本人単独最多の48試合に出場しているが、「とにかく1試合でも多く出て、少しでもチームのために貢献できるように頑張りたい」とクラブで結果を出すことが第一だと語る。将来的にJリーグへ戻る可能性については「スペインでチームがなくなれば、いつかは日本に帰ってやりたいと思ってます」と当面はスペインでプレーすることにこだわっているものの、日本への復帰も否定しなかった。<br><br>ドイツ、スペインでの経験を踏まえた上で、Jリーグはどのレベルにあると考えているのだろうか。乾はその問いに答えるのは難しいと話す。「鹿島(アントラーズ)とレアル(マドリー)が対戦し、90分間で2-2となることもある。だから、Jリーグがスペインだと何部にあたるとか、そういうことは分からない」と慎重に言葉を選んだ。<br><br>乾は今でもJリーグもチェックしていると話す。「もちろん古巣のセレッソ(大阪)はすごく気になっている」と前置きした上で、「自分の注目としてはガンバ(大阪)ですね」と、古巣のライバルチームの名を挙げる。「前にアデミウソンとか、長沢駿とか、すごく点を取れる選手もいますし、中盤に今ちゃん(今野泰幸)とヤットさん(遠藤保仁)がいるので、すごく安定している」とその印象を語った。<br><br>そして「井手口(陽介)くんも最近出てきてすごくいいですし、あとは、10番の倉田秋がすごく調子いいので、楽しみだな。全体的にバランスがいいチームだなと思います」と続ける。MF井手口については「小柄ですけど、がっつり守備も行けるし、ミドルシュートも打てて、攻撃でも魅力的なので楽しみ」と特に期待している様子だ。<br><br>井手口以外にもJリーグで注目している選手はいるのだろうか。その質問には「齋藤学」と、真っ先に横浜F・マリノスの背番号10の名を挙げた。その理由について聞かれると「俺の大好きなドリブラーなので。すごくいい選手ですし、今年からキャプテンもやりながらなので大変だとは思いますけど、開幕戦を見るとすごく良かったので、楽しみだなと思います。今季も期待したいですね」と答える。<br><br>また、ヴィッセル神戸MF大森晃太郎を「得点能力もあり、主力として出続ければ結果を出せる選手」と評価。そして、柏レイソルDF中谷進之介については「若いのに落ち着いている。代表クラスの選手になれる能力を持っている。早く代表に入って活躍してほしいな」と期待を込めて語った。<br><br>古巣・C大阪で注目している選手について聞かれると、「キヨ(清武弘嗣)とか言っても面白くないし、(山口)蛍、(柿谷)曜一朗、ケン(杉本健勇)&hellip;&hellip;」と迷った様子。そして「木本(恭生)かな」との結論に。「去年、一緒に練習もやりましたが、すごく落ち着いてて、静学(静岡学園高出身)ですけど、静学っぽくない。珍しくアンカータイプのボランチなので、すごく良かった。今年J1で堂々とやれてるので、これから期待したいな」と語った。<br><br>4月16日の明治安田生命J1リーグ第7節で「大阪ダービー」が行われる。乾は「大阪ダービーでいいことなかったので、自分の中ではすごく難しい。セレッソにとっては難しい試合になるとは思います。でも、もう時代も変わっていますし、どうなるかは分かんないですけど、すごくいい試合になることは絶対なので、自分自身もすごく楽しみにしてます。本当にいい試合をしてほしい」と、メッセージを送った。<br>提供:goal.com 2017.04.15 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

伊メディアが乾貴士所属のエイバルを特集「移籍投資は17位ながらバスク最強」

日本代表のMF乾貴士が所属するリーガエスパニョーラのエイバルについて、イタリアメディア『カルチョメルカート・コム』が10日、特集記事を組んだ。<br><br>「エイバルのシンデレラストーリー&hellip;降格危機からヨーロッパリーグへ」とのタイトルで、2014-15シーズンに18位となり2部降格の危機を迎えながらも、税金未払いや経営透明性の問題が浮上したエルチェに代わり1部に残留したエイバルを特集した。<br><br>エイバルは現在、リーガエスパニョーラで7位につけ、同じくスペイン北部のバスク地方を代表する8位のビルバオや6位のソシエダとヨーロッパリーグ出場権を賭けて争っている。中でもその攻撃力は注目されている。これまで「チーム合計52得点を挙げており、1試合あたり1.6点」と「バスク地方の最強チーム」であるとしている。<br><br>エイバルは人口2万7000人の都市に拠点を置く小規模クラブらしくこぢんまりとした経営だが、成績をしっかり残しており、コストパフォーマンスの高いクラブだ。昨夏の移籍市場での投資額は「わずかに1000万ユーロ(約12億円)とバルセロナよりも1億1000万ユーロ(約130億円)も少ない」と報じられている。リーガ全体でも17位と下位だ。昨夏の取引で最も高額だったのが22歳のFWナノで320万ユーロ(約3億7000万円)だ。<br><br>また外国人選手の在籍数も少なく、わずかに5名だ。日本の乾の他、アルゼンチンのMFゴンサロ・エスカランテとDFマウロ・ドス・サントス、フランスのDFフローリアン・ルジューヌ、カーボベルデ移民の子でポルトガル国籍を持つFWベベだ。記事では乾らエイバルに所属する選手が「来シーズン、ステップアップをすることになるかもしれない」と強豪クラブへの移籍の可能性を示唆し、期待を寄せている。<br><br>提供:goal.com 2017.04.11 12:35 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース