ハリルジャパン、6月にシリアと対戦…同月のイラク戦に向けた壮行試合《キリンチャンレンジカップ》2017.03.15 18:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は15日、6月7日に東京スタジアム(味の素スタジアム)で行われるキリンチャレンジカップ2017の対戦国にシリア代表が決定したことを発表した。

▽日本は、アジア最終予選の5試合を終えた現時点で、グループBで首位に立つサウジアラビア代表に次ぐ2位に位置する。

▽シリア代表戦は、6日後に敵地で控える13日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第8戦のイラク代表戦に向けた壮行試合となる。

コメント

関連ニュース

thumb

日本が北朝鮮を4-0で破り森保体制初白星!《M-150カップ2017》

▽U-20日本代表は11日、M-150カップ2017のグループステージ第2戦でU-23北朝鮮代表と対戦し4-0で勝利した。 ▽開催国のU-23タイ代表との初戦を落とした日本は、初勝利を目指してU-23北朝鮮代表と対戦した。初戦と同じく[3-4-2-1]の布陣で挑んだ日本はタイ戦からスタメンを麻田を残して全員変更。サンフレッチェ広島の長沼や鹿島アントラーズの平戸らが先発に名を連ねた。 ▽日本は幸先良く先制する。5分、相手のミスからボールを奪った日本はカウンターで素早く前に運ぶ。井上から針谷と繋いだボールを最後は長沼がGKとの一対一を制しネットを揺らした。 ▽その後もリズムよく攻める日本は15分、左サイドの蒲田のクロスを上田が頭で合わせ追加点。さらに35分には、再び蒲田を起点にボックス左深くに侵攻した平戸のクロスを井上が難なく合わせ3点目をもぎ取った。 ▽前半だけで3点のリードを奪った日本は後半に入っても手を緩めない。56分、針谷が自陣からの文字通り針を通すかのような鋭いスルーパスを供給。これに反応した上田が4点目を沈め試合を決定付けた。 ▽後半は北朝鮮に危ない場面を作られた日本だが、GKオビの好セーブも光り、無失点で退けた日本が4-0で快勝。森保体制初勝利を収めた。 2017.12.11 22:43 Mon
twitterfacebook
thumb

伊東純也の次は俺! 土居聖真、同世代の代表デビューに「刺激」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は11日、12日に迫る次戦の中国代表戦に向け、都内で最終調整を行った。 ▽トレーニング終了後、MF土居聖真がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。鹿島アントラーズの“イケメン”アタッカーは、同世代でA代表デビューを果たしたFW伊東純也のプレーから「刺激を受けた」と話し、「『やってやろう!』という意図が伝わるようなプレーをしていきたい」と意気込んだ。 ◆MF土居聖真(鹿島アントラーズ) ──緊急招集だったが 「だいぶ慣れた。ほぼ全員とコミュニケーションも取れたので、不安も緊張も何もない。逆に、急きょ呼ばれた方が気を使わなくて良いのでやりやすい」 ──自身のプレーイメージは 「理想は、『自分たちが走って、相手も走らせる』という内容になっていけばベストだと思う。この前の北朝鮮戦でもわかったように、どれだけチャンスを作っても勝てるわけじゃない。チャンスが多ければ多いほど得点の確率が上がるし、ディフェンスも最後のところで崩されなければ負けない」 「たくさんのチャンスを作って決め切るというのは、日本の“永遠のテーマ”だし、そこを少しでも生み出せたらなと思う。考え過ぎても良いプレーができないと思うので、開き直りというか、何も考えずに気楽にプレーできれば、僕も周りも良いのかなと感じる。僕も生きて、周りを生かすようなプレーができれば良いと個人的に思っている。」 ──同世代のFW伊東純也(柏レイソル)がA代表デビューを果たしたが 「消極的なプレーをしていても仕方ない。積極的なプレーというか、『やってやろう!』という意図が伝わるようなプレーをしていきたい。それなら失敗しても問題ないし、それが周りにも伝わっていくと思うので、良い循環になれば良い。僕もそういう意味で刺激を受けた」 2017.12.11 20:10 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪の東京五輪世代SB初瀬亮「ピッチに立ちたい」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は11日、12日に迫る次戦の中国代表戦に向け、都内で最終調整を行った。 ▽トレーニング終了後、DF初瀬亮がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。東京五輪世代であるガンバ大阪の若きサイドバックは、「あのピッチに立ちたい」と出番を渇望した。 ◆DF初瀬亮(ガンバ大阪) ──次戦の中国戦に向けて 「結果次第で優勝の決まる試合だし、大事だと思う」 ──北朝鮮戦をベンチから見た感想は 「やっぱりアンダー世代との違いは感じたし、A代表は憧れるチーム。でも、チャンスがあるかわからないけど、自分もあのピッチに立ちたいと思った」 「ここに来て練習に参加するだけでも、吸収できるものが多い。吸収したものをしっかりチームに持って帰りたい」 2017.12.11 19:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「自分からアクションを」 川崎Fの“万能アタッカー”阿部浩之がアピールに意欲《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は11日、12日に迫る次戦の中国代表戦に向け、都内で最終調整を行った。 ▽トレーニング終了後、FW阿部浩之がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。川崎フロンターレの万能アタッカーは、「どこで出ても、前ならできる」と話し、「自分からアクションしていきたい」と代表定着へアピールを誓った。 ◆FW阿部浩之(川崎フロンターレ) ──プレーポジションについて 「まだわからない。でも、どこで出ても、前ならできると思う。チームの勝ちにつながるようなプレーをしたい」 ──アピールの手応えは 「あんまりない。もうちょっと(長く北朝鮮戦に)出れていればっていう思いはある。でも、あの中で、自分が点を獲るシチュエーションを自ら作っていくぐらいにならないといけない。そういう意味で、まだまだ足りない」 ──まだ自分のスタイルをアピールしていく必要性があるか 「どんどん自分からアクションしていくことが大切。みんな、良い選手だから良さを出してくると思うので、自分から積極的に動くことが大事になってくる」 ──プレーイメージは 「シュートに持っていける時間を作っていきたい。外でも、中でも、どっちもそうしていきたい」 2017.12.11 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「いつもどおり仕掛ければ通用する」 FW伊東純也、手応えを掴んで中国戦へ《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は11日、12日に迫る次戦の中国代表戦に向け、都内で最終調整を行った。 ▽トレーニング終了後、FW伊東純也がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。代表生き残りを狙う柏レイソルのサイドアタッカーは、A代表デビュー戦となった先の北朝鮮代表戦で「いつもどおり仕掛ければ通用する」と一定の手応えを掴み、次戦の初先発を目指した。 ◆FW伊東純也(柏レイソル) ──デビュー戦の北朝鮮戦を振り返って 「もっとできたとは思うけど、チャンスには少し絡めたので、全然ダメだったわけじゃない」 ──手応えを掴んだ部分は 「好感触ではないけど、仕掛けの部分における意識は出せたかなと思う」 ──ポジション争いに向けた感触は 「特に、結果を出せたわけじゃないので、結果を出せるように頑張りたい」 ──代表で通用した部分は 「いつもどおり仕掛ければ通用すると思ったし、そういう部分を多く出していきたい」 ──クラブのときと違って低めの位置でボールを受ける回数が少なかった 「相手が引いていたので、一対二の状況が常にできてきたので、難しかったけど、そこでも打開できるようになりたい」 ──攻撃面の修正ポイントは 「前への意識を高めることや、数が少なかった裏への抜け出しを増やしていこうと」 ──監督が自身の名前を挙げて褒めていたが 「特に、何も(直接)言われてない。別に、褒められるようなプレーはしていない」 ──自身が求める結果とは 「直接、得点に絡むプレーを出していきたい」 2017.12.11 19:45 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース