元レアル・マドリーのディ・マリア、PSG退団でバルセロナ移籍を希望か2017.03.15 12:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)にバルセロナ移籍の可能性が浮上した。フランス『Le10Sport』が伝えている。

▽レアル・マドリー退団後、マンチェスター・ユナイテッドを経て、PSGに活躍の場を移したディ・マリア。結果的にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント敗退という結果に終わったものの、先のホームで行われた1stレグでバルセロナを敗退の淵まで追い詰める好パフォーマンスを披露した。

▽報道によれば、その活躍が印象に残ったバルセロナは今夏の移籍市場で獲得に乗り出す意向を示している模様。ディ・マリア本人も代表でチームメートであり、友人であるバルセロナのFWリオネル・メッシとクラブレベルでもプレーしたいとの願望を抱いているという。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナ、ネイマール父よりPSG移籍の可能性を示唆されるも…年俸を引き上げる考えはなし

現実味を帯び始めたFWネイマールのパリ・サンジェルマン(PSG)移籍だが、バルセロナは同選手の退団を食い止めるために、その年俸を引き上げる考えはない様子だ。スペイン『スポルト』が報じている。<br><br>加熱の一途をたどるネイマールのPSG移籍騒動。バルセロナは先に同選手の父親ジョルダン氏及び代理人と話し合ったが、その場でPSGのオファーの存在を確認し、選手側が同オファーを受け入れる可能性が高いことを確認したという。<br><br>PSGがネイマール及びその関係者に提示したとされるオファーは、年俸だけで3000万ユーロ(約39億円)とされている。一方でバルセロナは、わずか1年前にネイマールと年俸1700万ユーロ(約22億円)の新契約を結んだばかりであり、PSGのオファーを前にしても年俸を増やす考えは一切ないようだ。<br><br>『スポルト』はまた、バルセロナにネイマール関係者&PSGとこれ以上交渉をする意思がないことも報道。まもなく迎えるであろうPSG移籍騒動の結末は、すべてネイマールの意思次第と伝えている<br><br>提供:goal.com 2017.07.24 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「コイツは残る」…ピケ、ネイマールのPSG移籍説にひと言

▽バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが、パリ・サンジェルマン(PSG)移籍の可能性が伝えられる同僚のブラジル代表FWネイマール(25)の残留を強調した。 ▽ネイマールに関しては現在、PSG行きの噂が加熱中。史上最高の2億2200万ユーロ(約287億円)にも及ぶ天文学的な金額でのオペレーションが伝えられている。 ▽渦中のネイマールは、日本時間23日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・アメリカラウンドのユベントス戦で2ゴール。唯一無比の存在であることを改めてプレーで証明した。 ▽その試合から数時間後、ネイマールと共にユベントス戦に先発したピケが自身のインスタグラム(3gerardpique)を更新。ネイマールとの2ショット写真と共に「コイツは残る」とのメッセージを綴った。 2017.07.24 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

クロップ、ネイマールのパリSG移籍に警告「288億円?フットボールの全てが変わってしまう」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、ネイマールのパリ・サンジェルマン移籍が発表されれば、フットボール界が大きく変わってしまうと警告している。<br><br>パリSGがバルセロナの設定するネイマールの違約金、2億2200万ユーロ(約288億円)を支払う準備をしていると先日から報じられている。もちろん選手サイドにも、3000万ユーロ(約39億円)のサラリーと、数々のボーナス、さらにはプライベートジェットまで用意するオファーを提示するようだ。しかし、クロップ監督はこの報道が事実なら、フットボール界は計り知れないほどの影響を受けると感じているようだ。<br><br>ドイツ人指揮官は、『リバプール・エコー』で「今本当に多くのうわさが巻き起こっている。その1つは(フィリペ・)コウチーニョに関するものだ」と、バルセロナがブラジル代表プレーメーカーを獲得するために7200万ポンド(約104億円)のオファーを送ったとの報道について語った。<br><br>続けて「もしネイマールの移籍がうわさだけに収まらなかったら、それはもう次元の違う話だ。地球上の話だとは到底理解できない。2億2000万ユーロ? そんなことが起きるなんて考えられない。でも仮にその移籍が実現したら、フットボール界の全てが変わってしまう」と近年高騰を続ける移籍金に警鐘を鳴らしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.23 23:18 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマール獲得に動くPSG、スポンサーによる契約解除金支払いでFFPを切り抜ける考えか

バルセロナFWネイマールの獲得に向けて動いているとされるパリ・サンジェルマン(PSG)だが、UEFAによるファイナンシャルフェアプレー(FFP)を切り抜けるため、スポンサーを駆使してネイマールとバルセロナの契約解除金を支払う考えのようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>PSGのアンテロ・エンリケSD(スポーツディレクター)は、今週にネイマールの父親ジョルダン氏と話し合いの場を持ち、移籍に関して合意に至ったと報じられる。PSGはネイマールとバルセロナの契約解除金2億2200万ユーロを支払った後、同選手と契約を結ぶ考えのようだ。<br><br>一方で、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、「ネイマールの契約解除金を支払うということは、FFPのノルマを破るということを意味する」とFFPがあるためにネイマールの移籍は不可能との見解を固辞する。だがPSGには、FFPを切り抜ける策があるという。<br><br>『マルカ』曰く、PSGはスポンサーであるオリックス・カタール・スポーツ・インヴェストメントに契約解除金の支払いを負担させることを画策している模様。投資ファンドのオリックス・カタール・スポーツ・インヴェストメントはPSGのスポンサーではあるが、所有者はPSGのナセル・アル・ケラフィ会長であり、実質的には同クラブの一機関だ。<br><br>リーガエスパニョーラでは、選手が所属クラブとの一方的な契約解除を望んだ場合、スペインプロリーグ機構(LFP)に契約解除金を預ける決まりとなっている。PSGはオリックス・カタール・スポーツ・インヴェストメントがネイマールとバルセロナの契約解除金2億2200万ユーロを同選手に預ければ、自クラブの会計には影響しないと考えているようだ。<br><br>なおPSGは以前に、カタール観光局とのスポンサー契約金2億ユーロが適正額の倍額とUEFAから判断され、FFPに違反したとして処分を下された。今回報じられた契約解除金の支払い方法もFFPに抵触する可能性もあるが、PSGはネイマールのような世界を代表するスター選手を獲得できるならば、リスクを犯す価値があると考えている様子だ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.23 21:09 Sun
twitterfacebook
thumb

新生バルセロナが渦中のネイマール躍動でユベントスとのプレシーズン初戦を制す《ICC2017》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・アメリカラウンドのバルセロナvsユベントスが日本時間23日に行われ、2-1でバルセロナが勝利した。 ▽2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝で対戦した際にユベントスが2戦合計スコア3-0で勝利したカード。 ▽バルベルデ新監督を迎えたバルセロナはプレシーズン初戦のユベントス戦に向けて、スアレスがベンチスタートとなったものの、パリ・サンジェルマンへの移籍が噂されるネイマールが先発となった他、メッシやイニエスタ、ピケにマスチェラーノといった主力がスタメンとなった。 ▽一方、セリエA6連覇中のイタリア王者ユベントスはプレシーズン初戦に向けて、ディバラとイグアインの両ストライカーがベンチスタートとなり、ボヌッチが移籍したセンターバックにはバルザーリとベナティアが入った。 ▽[4-3-3]を採用したバルセロナは、GKにシレッセン、4バックに右からA・ビダル、ピケ、マスチェラーノ、ディーニュ、中盤アンカーにサンペール、両インサイドにラキティッチとイニエスタ、3トップに右からメッシ、アルカセル、ネイマールを据えた。 ▽一方、[4-1-4-1]を採用したユベントスは、GKにブッフォン、4バックに右からリヒトシュタイナー、ベナティア、バルザーリ、アサモア、中盤アンカーにマルキジオ、両インサイドにケディラとレミナ、右サイドにストゥラーロ、左サイドにベンタンクール、1トップにマンジュキッチを配した。 ▽バルセロナがテンション高く試合に入った中、ネイマールの推進力を活かして攻め立てていくと、14分にA・ビダルがボックス右から仕掛けてGKブッフォンを強襲するシュートを浴びせた。 ▽対する劣勢のユベントスも直後、ストゥラーロの右クロスからマンジュキッチのヘディングシュートで決定機を演出。 ▽しかし15分、アルカセルとのワンツーでボックス内に侵入したネイマールがGKブッフォンとの一対一を制してバルセロナが先制した。 ▽その後もバルセロナがボールを動かしてユベントスを揺さぶっていくと、26分に追加点を奪う。メッシのパスを受けたネイマールがボックス左から中へ切れ込んで4人を交わしシュート。これがゴールに突き刺さった。 ▽引き続き主導権を握るバルセロナがハーフコートで試合を進めると、42分にもネイマールに決定機。浮き球パスに抜け出したブラジル代表FWはGKブッフォンと一対一に。しかし、シュートはブロックされてしまった。 ▽バルセロナの2点リードで迎えた後半、バルセロナは全選手を入れ替え、GKにオルトラ、4バックに右からN・セメド、マルロン、ユムティティ、ジョルディ・アルバ、中盤アンカーにブスケッツ、両インサイドにセルジ・ロベルトとアレーニャ、3トップに右からアルダ、スアレス、デニス・スアレスと並べた。 ▽対するユベントスは4選手を変更。GKブッフォン、マルキジオ、バルザーリ、リヒトシュタイナーに代えてGKシュチェスニー、リンコン、キエッリーニ、デ・シリオをそれぞれ同ポジションに投入した。 ▽その後半もスアレスが攻撃をけん引するバルセロナペースで推移する中、ユベントスは59分に5選手を変更。イグアイン、ディバラ、ドグラス・コスタ、アレックス・サンドロ、クアドラードと主力を投入した。 ▽すると62分、ボックス左からディバラが強烈な枠内シュートを浴びせる。これはGKオルトラの好守に阻まれるも、直後の右CKからキエッリーニがヘディングでねじ込み、ユベントスが1点差に詰め寄った。 ▽その後、デニス・スアレスが決定的なシュートを2本放ったバルセロナに対し、76分にユベントスに決定機。アレックス・サンドロの左クロスをイグアインがダイレクトシュート。しかし、枠の上に外してしまった。 ▽終盤にかけてはバルセロナが攻勢に出る展開となった中、2-1のまま逃げ切り。新生バルセロナがプレシーズン初戦を制している。 バルセロナ 2-1 ユベントス 【バルセロナ】 ネイマール(前15) ネイマール(前26) 【ユベントス】 キエッリーニ(後18) 2017.07.23 09:03 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース