残留争い中のヴォルフスブルクに痛手…R・ロドリゲスが右足じん帯部分断裂で数週間の離脱2017.03.15 10:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴォルフスブルクに所属するスイス代表DFリカルド・ロドリゲスが数週間の負傷離脱を余儀なくされるようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

▽R・ロドリゲスは、11日に行われたブンデスリーガ第24節のライプツィヒ戦(1-0でヴォルフスブルクが勝利)で前半に負傷交代。クラブの報告によれば、検査で右足じん帯の部分断裂が確認され、数週間の離脱が見込まれているという。

▽今シーズン、成績不振で2度の監督交代を決断したヴォルフスブルクは、24節終了時点で残留・昇格プレーオフ圏内の16位ハンブルガーSV、15位ブレーメンと並ぶ勝ち点26の14位に位置。ここまでリーグ戦23試合に出場してきたR・ロドリゲスの負傷離脱はチームにとって痛手となりそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

クノッヘのヘディング弾で連勝のヴォルフスブルクが1部残留を決める!《ブンデス昇格・降格プレーオフ》

▽21日にブンデス昇格・降格プレーオフ2ndレグのホルシュタイン・キールvsヴォルフスブルクが行われ、0-1でヴォルフスブルクが勝利した。この結果、2戦合計4-1でヴォルフスブルクが1部残留を決めた。 ▽ホームで行われた1stレグを3-1と快勝したヴォルフスブルクが、逆転を狙うキールの本拠地ホルシュタイン・シュタディオンに乗り込んだ一戦。試合は、立ち上がりから積極的な姿勢を見せたキールが優勢に試合を進める。 ▽すると14分、ヨハネス・ファン・デン・ベルフのパスをボックス左手前で受けたアーロン・ザイデルが、ボックス左まで持ち上がりシュート。しかし、これはわずかに枠の右に逸れた。 ▽対するヴォルフスブルクは、17分に決定機。ドリブルでボックス右から侵入したジョシュア・ギラヴォギの折り返しを中央で受けたユヌス・マリが左足で流し込んだ。しかし、主審はゴール前のディヴォク・オリジが相手GKのブラインドになったことがプレーに関与したと見なされ、オフサイドの判定となった。 ▽キールは前半間際の46分、ドリブルでボックス左から侵入したアレキサンダー・ビエリ―のパスをボックス深くのマーヴィン・ドゥクシュが折り返し、最後はダビド・キンソンビが合わせたが、シュートはGKコーエン・カスティールスがキャッチ。 ▽ゴールレスで迎えた後半もキールが積極的な入りを見せると、58分右サイドでボールを受けたパトリック・ヘアマンのクロスをザイデルが頭で合わせるも、これはGKカスティールスがセーブ。 ▽対するヴォルフスブルクは75分、マキシミリアン・アーノルドの左CKをロビン・クノッヘがヘディングで叩き込み、先制に成功した。 ▽ホームでリードを許したキールは、86分にマヌエル・ヤンツァーの左CKをニアサイドのドミニク・ペイツがフリックしたボールをゴール前に走り込んだラファエル・チコスがゴールに押し込んだ。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の結果、主審はチコスが腕で押し込んだと判断し、ハンドの判定でゴールを取り消した。 ▽結局、試合はそのまま0-1で終了。この結果、2戦合計4-1で勝利したヴォルフスブルクが1部残留を決めた。 キール 0-1(AGG:1-4) ヴォルフスブルク 【ヴォルフスブルク】 クノッヘ(後30) 2018.05.22 07:04 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクが2部キールにホームで先勝…ブンデス1部残留に向けて一歩近づく《ブンデス昇格・降格プレーオフ》

現地時間17日、ブンデスリーガの昇格・降格プレーオフの1stレグが行われ、ヴォルフスブルクがホームにホルシュタイン・キールを迎え、3-1で先勝した。<br><br>この試合で先行したのはヴォルフスブルクだった。13分、マリがバイタルエリアからゴール左側にドリブルを仕掛け、グラウンダーの折り返しを入れる。そのボールを味方が押し込もうとするもキールGKに弾かれ、そのこぼれ球をオリジが押し込んでヴォルフスブルクが1点を先制する。<br><br>33分、ドレクスラーが左サイド深くから個人技を用いつつ切れ込み、最後はシンドラーが合わせて1-1の同点に戻した。その7分後にはブレカロがミドルシュートでネットを揺らし、ヴォルフスブルクが2-1とリードして前半終了。<br><br>後半に入り、55分にはオリジのポストワークから最後は裏に抜け出したマリがパスを受け、相手GKをかわしてゴールへ流し込んでリードを広げた。<br><br>2017年に3部から2部に昇格したばかりで、2年連続での昇格を目指すキールは反撃を目指すも1点が遠く、3-1でフルタイムを迎えた。初戦はマリ、オリジの活躍でヴォルフスブルクが制し、2ndレグはキールホームで21日に行われる。 <br><br> <br>提供:goal.com 2018.05.18 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ホーム最終戦で意地の勝利もHSVがクラブ史上初の降格…酒井と1A伊藤は試合後に涙…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ最終節、ハンブルガーSVvsボルシアMGが12日にフォルクスパルク・シュタディオンで行われ、ホームのHSVが2-1で勝利した。しかし、クラブ史上初の2部降格が決定した。HSVのDF酒井高徳とFW伊藤達哉は共にフル出場した。 ▽1963-64シーズンのブンデスリーガ創設以来、一度も2部に落ちることなくトップディビジョンに在籍し続ける唯一のクラブであるHSV。昨シーズンも最終節での劇的残留を果たしてきたが、現在17位のHSV(勝ち点28)は今節の勝利且つ、同時刻開催の試合で16位ヴォルフスブルク(勝ち点30)が最下位ケルンに敗れる奇跡が必要となった。 ▽来季のヨーロッパリーグ(EL)出場圏内浮上の可能性を残す9位ボルシアMG(勝ち点47)をホームに迎えた今回の一戦に向けては、キャプテンの酒井、伊藤ともに先発出場を果たした。 ▽開始早々にコスティッチのミドルシュートでゴールを脅かすHSVは10分、左CKの場面でホルトビーのシュートがボックス内の相手MFザカリアの腕に当たる。主審は一度はプレーを流すも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認を行うと、先ほどのプレーでハンドを取りホームチームにPKが与えられる。これをキッカーのフントが冷静に決めてHSVが先制に成功する。 ▽その後も危なげなく試合を運ぶHSVだったが、28分に敵陣深くからロングカウンターを許すと、相手のダイレクトパスに対して後手を踏み左サイドのドルミッチに独走を許し、最後はマークに付いたDFがあっさりとシュートフェイントでかわされてボックス左から豪快なシュートを決められた。 ▽何とか前半のうちに勝ち越したいHSVは右サイドの伊藤が緩急自在のドリブルでボックス内への侵入を見せるなど、幾度か決定機を作るが、40分にボックス内でホルトビーの折り返しに反応したウッドのシュートは枠の左に外れ、前半を1-1のイーブンで終えた。 ▽迎えた後半、立ち上がりの48分にボックス左の伊藤がカットインから鋭い右足のシュートでゴールに迫るが、ここはGKゾンマーのビッグセーブに遭う。逆に60分にはボックス左でラファエウのクロスをフリーで受けたヴェントに絶好機も、ここはDF酒井が決死のゴールカバーでチームを救った。 ▽すると、酒井の身体を張ったビッグプレーに触発された伊藤は63分、ボックス左に抜け出してマイナスの折り返しを入れると、これを中央のホルトビーがワンタッチシュートで右隅に流し込み、伊藤のアシストから勝ち越しゴールが生まれる。 ▽その後、71分にウッドがこの試合2枚目の警告を受けて退場となるも粘り強い守備でリードをキープするHSV。だが、試合終盤にかけては同時刻開催の試合でヴォルフスブルクが大量リードしているとの情報が入り、ホームゴール裏に不穏な空気が漂い始める。 ▽すると、2分のアディショナルタイムではそのホームゴール裏から多くの発煙筒がピッチに投げ込まれ、スタジアムは物々しい雰囲気に。この騒動を予見していた警察や警備担当が多くの人員をピッチ内に投入。さらに、騎馬隊や警察犬までピッチに放たれる騒然とした空気の中で警察とゴール裏のウルトラスの睨み合いが15分ほど続くも、ブリッヒ主審は騒動がやや沈静化したタイミングで試合を再開させたと同時に試合終了のホイッスルを鳴らした。 ▽フォルクスパルク・シュタディオン名物のブンデスリーガ残留の時を刻んできたスタンドの時計の針が止まると共に、キャプテンの酒井や伊藤は人目をはばからず涙を流す悲しみの光景の中でHSVのクラブ史上初の降格が決定した。 ▽また、同時刻開催となったヴォルフスブルクvsケルンは、ホームのヴォルフスブルクが4-1で勝利した。この結果、ヴォルフスブルクの昇格・降格プレーオフ出場が決定した。なお、ケルンのFW大迫勇也は73分から途中出場した。 ▽この試合、引き分け以上で昇格・降格プレーオフ行きが決定するホームのヴォルフスブルクは開始40秒で先制に成功する。左サイドを完璧に崩してマイナスの折り返しが入ると、ウィリアムがわずかに触ってコースを変えたボールをペナルティアーク付近に走り込んだギラヴォギが強烈なミドルシュートで突き刺した。 ▽電光石火の先制弾で勢いづくホームチームはその後もオリギらのスピードを生かした縦に速い攻撃から再三の決定機を創出。だが、ボックス内でGKをかわしたブレカロのシュートが相手DFのスーパーブロックに阻まれるなど、追加点には至らず。すると32分、ボックス内でヨイッチから足下にパスを受けたヘクターに圧巻のルーレットでDF2枚が振り切られると、最後はゴール左に飛び出したGKカスティールスの頭上を越える左足のループシュートを流し込まれ、同点に追いつかれた。 ▽1-1のイーブンで折り返した試合は後半も早い時間帯にスコアが動く。54分、カウンターから右サイド深くに抜け出したマリの折り返しをオリギが難なく流し込み、ホームチームが一歩前に出る。さらに71分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でブレカロのクロスをクノッヘが頭で流し込み、勝利を大きく近づけた。 ▽一方、意地を見せたいケルンは72分にピサーロを下げて大迫をピッチに送り込むが、なかなか決定機を作れない。すると、試合終了間際にはブレカロにトドメの4点目を決められ、試合はこのままヴォルフスブルクの4-1でタイムアップ。苦しみ抜いたシーズンを勝利で終えたヴォルフスブルクは昇格・降格プレーオフで1部残留を目指すことになる。 2018.05.13 00:56 Sun
twitterfacebook
thumb

「伊藤達哉はゴールやアシストのみで評価していけない選手」HSV指揮官が重用するワケは?

ハンブルガーSV(HSV)率いるクリスティアン・ティッツ監督にとって、FW伊藤達哉は得点やアシスト数で評価するべきではないと強調している。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』が伝えた。<br><br>HSVは28日に行われたブンデスリーガ第32節でヴォルフスブルクを3-1で撃破。4試合連続先発出場を果たした伊藤だが、この試合ではPKの獲得を含め、2ゴールを演出している。前半終了直前には、リーグ戦18試合目の出場でついにドイツサッカーリーグ(DFL)にも認められる初アシストを記録した。<br><br>この左ウィングをU-21時代から知るティッツ監督は、その記録に喜びを示し、次のように語っている。<br><br>「ヴォルフスブルク戦の前からも、彼は躍進できていると思う。彼のようなプレーヤーはゴールやアシストのみで評価してはいけない。チームにとっての価値で評価すべきだ。彼がパスを受け、ドリブルに入るとなれば、相手は対応に苦しむからね」<br><br>「ヴォルフスブルクは常に2人、状況によっては3人で彼に対応していた。そうなれば、うちのほかの選手たちに対してスペースが開くということになる」<br><br>ティッツ監督は伊藤の起用法について、こう続ける。<br><br>「イトウの一対一におけるクオリティーは並外れているし、(今回も)素晴らしいプレーを見せてくれた。我々は、彼を常にペナルティーエリア内で生かすよう試みるべきだね。彼はいつも、その素早い方向転換で危険な状況をつくり出せるからだ」<br><br>ティッツ監督にとって、今シーズン途中にトップに引き上げられた伊藤は、HSVの攻撃に欠かせない存在とのこと。『ビルト』が伝えたコメントによると、「ワールドカップに出場するとなれば、彼と一緒になって喜ぶよ」とも語った指揮官だが、今後もゴールやアシストを問わず伊藤を重用していくようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.30 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

伊藤が2G演出のHSV、ヴォルフスブルクとの残留争いを制して奇跡の逆転残留に望み《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは28日、ブンデスリーガ第32節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉は85分までプレーしている。 ▽前節フライブルクとの残留争いを制した17位HSV(勝ち点25)は、奇跡の逆転残留に向け、首の皮一枚つながった。残留プレーオフに回れる16位フライブルクとのポイント差を5に縮めた中、HSVは酒井高と伊藤が共に引き続き先発となった。 ▽フライブルクと同勝ち点の14位ヴォルフスブルク(勝ち点30)に対し、[4-3-3]で臨んだHSVは酒井高が右サイドバックに、伊藤が左ウイングに入った。慎重な入りを見せたHSVはヴォルフスブルクと一進一退の攻防を繰り広げていく。 ▽共にシュートチャンスを生み出せないこう着状態が続く中、前半半ば以降も共にリスクを嫌った試合運びを展開したことでシュートに持ち込めないまま時間が経過。そんな中前半終盤の42分、ボックス右で仕掛けた伊藤がギラヴォギに倒されてPKを獲得。これをウッドがゴール右に決めてHSVが先制した。 ▽さらに追加タイム1分、ボックス左角付近の伊藤が柔らかく右足で上げたクロスをゴール前に飛び込んだホルトビーがヘディング。絶妙に後頭部で逸らしたシュートがゴール右に吸い込まれ、HSVが効率良く2点をリードした。 ▽伊藤の活躍でHSVが2点をリードして迎えた後半、フェルハーフに代えてアタッカーのブレカロを投入してきたヴォルフスブルクをいなすHSVが試合をコントロール。 ▽66分のアーノルドのボレーシュートはGKポラースベックが防ぐと、72分のコスティッチのボレーシュートはGKカルティールスのファインセーブに阻まれる。 ▽しかし78分、ボックス手前左で与えたFKをブレカロに直接ゴール右へシュートを流し込まれ、1点差に詰め寄られてしまう。 ▽それでも追加タイム2分、カウンターからワルドシュミットがボックス右深くまで進入したところでDFに倒され、PKを獲得。キッカーのコスティッチのシュートはGKに止められるもルーズボールをワルドシュミットが押し込んで勝負を決定付けた。 ▽伊藤の活躍もあって3-1で勝利したHSVがヴォルフスブルクとの勝ち点差を2に縮めている。 2018.04.29 00:53 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース