残留争い中のヴォルフスブルクに痛手…R・ロドリゲスが右足じん帯部分断裂で数週間の離脱2017.03.15 10:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴォルフスブルクに所属するスイス代表DFリカルド・ロドリゲスが数週間の負傷離脱を余儀なくされるようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

▽R・ロドリゲスは、11日に行われたブンデスリーガ第24節のライプツィヒ戦(1-0でヴォルフスブルクが勝利)で前半に負傷交代。クラブの報告によれば、検査で右足じん帯の部分断裂が確認され、数週間の離脱が見込まれているという。

▽今シーズン、成績不振で2度の監督交代を決断したヴォルフスブルクは、24節終了時点で残留・昇格プレーオフ圏内の16位ハンブルガーSV、15位ブレーメンと並ぶ勝ち点26の14位に位置。ここまでリーグ戦23試合に出場してきたR・ロドリゲスの負傷離脱はチームにとって痛手となりそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

低調ライプツィヒ、新生ヴォルフスブルクに敗れてバイエルンと10ポイント差に《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは11日、ブンデスリーガ第24節でヴォルフスブルクとのホーム戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽前節アウグスブルクに引き分けに持ち込まれて首位バイエルンとの勝ち点差が7に広がった2位ライプツィヒ(勝ち点49)が、前節マインツ戦でヨンカー監督が初采配をふるった15位ヴォルフスブルク(勝ち点23)をホームに迎えた一戦。 ▽珍しく慎重な入りを見せたライプツィヒは、8分にサビツァーがミドルシュートでゴールに迫る。しかし、直後の9分に失点する。マリにスルーパスをボックス右に通されると、ディダヴィの折り返しをゴメスに蹴り込まれた。 ▽反撃に出たいライプツィヒは15分、デンメのミドルシュートが枠の左上を捉えたものの、GKカスティールスの好守に阻まれる。その後も前がかるライプツィヒだったが、30分にマリのシュートでゴールを脅かされた。 ▽リカルド・ロドリゲスが右足を痛めて負傷交代するアクシデントに見舞われたヴォルフスブルクに対し、ハーフタイムにかけても押し込んだライプツィヒだったが、決定機を生み出すには至らず、1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、49分にヴェルナーがボックス右から可能性のあるシュートを浴びせたライプツィヒだったが、53分に大ピンチを迎える。スローインの流れからディダヴィの放ったループシュートが左ポストを直撃。さらにルーズボールに反応したディダヴィのシュートはGKグラクシがセーブした。 ▽反撃に出たいライプツィヒだったが、ヴォルフスブルクに押し込まれ、思うように攻撃を展開できない。終盤にかけてもペースを握りきれず、結局0-1のまま敗戦。新生ヴォルフスブルクに初勝利を献上し、バイエルンとのポイント差は10に広がった。 2017.03.12 04:48 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤先発のマインツが新生ヴォルフスブルクとホームでドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第23節のマインツvsヴォルフスブルクが4日にコファス・アレーナで行われ、1-1の引き分けに終わった。マインツのFW武藤嘉紀は、67分まで出場している。 ▽前節、レバークーゼンに2-0で勝利した11位マインツ(勝ち点28)が、イスマエル監督を解任し、ヨンカー新体制を迎える14位ヴォルフスブルク(勝ち点22)をホームに迎えた。この一戦に勝利してEL出場権争いに食らいつきたいマインツは、前節と同様の先発メンバーを起用。FW武藤嘉紀は2戦連続で先発に名を連ねた。 ▽一方、不調を断ち切るために勝利が欲しいヴォルフスブルクは、前節のブレーメン戦(1-2で敗北)から3人を変更。GKベナーリオとトレーシュ、マジョラルに代えて、GKカスティールスとブルマ、ゴメスを起用した。 ▽立ち上がりから攻勢に出るマインツは、10分に縦パスを受けたコルドバが左サイドにスルーパスを送ると、走りこんだデ・ブラシスがダイレクトで鋭いクロスを供給。これに武藤が飛び込んだが、クノッヘのブロックに阻まれ、シュートを撃つことができない。 ▽対するヴォルフスブルクは15分、スルーパスに反応したアーノルドが左サイドを抜け出すと、ボックス内にパスを供給。これを受けたゴメスがボックス手前に落とすと、走りこんだマリが左足でダイレクトシュートを放つも、GKレッスルの正面に飛んでしまう。 ▽その後、攻守の切り替わりが激しい展開が続くと、アウェイのヴォルフスブルクが先制する。20分、R・ロドリゲスの右CKがファーサイドに流れると、詰めていたゴメスが頭で押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽先制を許したマインツもすぐさま反撃に転じる。24分、ハーフウェイライン付近でボールを奪ったエツナリがそのままドリブルで仕掛ける。2人をかわして、ボックス内に侵攻すると、GKカスティールスを引き付け、ラストパス。これを走りこんだコルドバがきっちりゴールに押し込んだ。 ▽同点に追いついたマインツは30分、ボックス手前の混戦からラマーニョが頭でボックス左につなぐと、これを受けた武藤が反転し、左足を振り抜く。しかし、これはゴール右に外れる。 ▽一方のヴォルフスブルクは36分、マリからの左CKを中央フリーのブルマが頭で合わせるも、GKレッスルの正面。その後も互いにチャンスを迎えたが追加点は奪えず、試合を1-1で折り返す。 ▽後半に入ると、ヴォルフスブルクがボールを支配するようになる。すると55分、ハーフウェイライン付近で縦パスを受けたバズールがボックス手前まで運び、左足でシュート。さらに58分には、敵陣中央でパスを受けたグスタボが右足を振り抜き、立て続けにミドルレンジからゴールを脅かしたが、共にGKレッスルに落ち着いて処理された。 ▽前半に比べ敵陣に攻め入る回数が減ったマインツは67分、武藤に代えてハイロを投入。一方、ペースは握るも攻めあぐねるヴォルフスブルクは、78分にディダヴィを下げてマジョラルを投入し、互いに攻撃の活性化を図る。しかし、この交代が流れを変えるには至らず、決定機を作れぬまま試合が経過していく。 ▽すると終盤の86分、マインツがカウンターから決定機を迎える。右サイドを抜け出したコルドバのキープからラツァを経由して、ハイロにつなぐと、ボックス手前から右足でシュート。これはゴール左隅を捉えるも、GKカスティールスが好守で防ぐ。さらに、その直後にはエツナリの左CKからデ・ブラシスがヘディングシュートを狙ったが、これはゴールバーの上に外れ、同点のまま試合終了。マインツは連勝を飾ることができなかったが、勝ち点1を獲得している。 2017.03.05 04:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクのベテランDFシェーファーがアメリカへ移籍…ジョー・コールと同僚に

▽ヴォルフスブルクは1日、元ドイツ代表DFマルセル・シェーファー(32)がアメリカのユナイテッドサッカーリーグ(USL)に所属するタンパベイ・ローディーズに完全移籍することを発表した。 ▽シェーファーは、2007年7月に1860ミュンヘンからヴォルフスブルクに移籍加入。これまで公式戦312試合に出場し16得点51アシストを記録していた。2008-09シーズンには日本代表MF長谷部誠らとともにブンデスリーガ制覇に貢献。ブンデスリーガでは、256試合に出場しており、GKディエゴ・ベナーリオの259試合に続く2番目の出場記録となっている。 ▽なお、2019年にはヴォルフスブルクに戻り、スポーツ分野で幹部の役職を与えられることを前提とした契約を結んだとも発表されている。 ▽USLは米を中心とした北中米のサッカーリーグであり、MLS参入を目指すクラブが所属。タンパベイ・ローディーズには現在チェルシーなどで活躍した元イングランド代表MFジョー・コールが所属しており、かつては元日本代表MF山田卓也が所属していた。 2017.03.02 10:24 Thu
twitterfacebook
thumb

新監督招へいのヴォルフスブルク、スタッフにアーセナルや清水でプレーしたユングベリ氏が入閣

▽新監督にアーセナルユースで監督を務めていたアンドリース・ヨンカー氏(54)を招へいしたヴォルフスブルクは、アシスタントコーチに元アーセナルのフレドリック・ユングベリ氏(39)を招へいしたこととを発表した。 ▽ユングベリ氏は、1998年からアーセナルでプレー。2003-04シーズンの無敗優勝を達成するなど、アーセナルの主軸として黄金期を支えていた。その後は、ウェストハムやMLS(メジャーリーグ・サッカー)のシアトル・サウンダーズ、シカゴ・ファイアー、セルティックでプレー市、2011年8月からは清水エスパルスでプレー。2014年12月にインド・スーパーリーグのムンバイ・シティで現役を終えていた。 ▽引退後はアーセナルに戻り、クラブのユースでトレーナーを務めており、ヨンカー氏の慣れ親しんだスタッフとしてヴォルフスブルクの再建に手を貸すことになったようだ。 2017.02.28 11:09 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクがアーセナルユース監督のヨンカー氏を新監督に招へい

▽ヴォルフスブルクは27日、新監督にオランダ人指揮官のアンドリース・ヨンカー氏(54)を招へいすることを発表した。 ▽ヨンカー氏は、ルイス・ファン・ハール監督の右腕として、バルセロナやバイエルンでアシスタントコーチを務めた経験があり、監督としてもオランダのフォーレンダムやヴィレムⅡ、バイエルンのセカンドチームなどで指揮を執った経験がある。 ▽ヴォルフスブルクでは、ディーター・ヘッキング監督やフェリックス・マガト監督の下でアシスタントコーチを務めており、2014年7月からはアーセナルの育成部門でのトップに就任。2015年7月からはアーセナルのU-19チームで監督を務めていた。 ▽ヴォルフスブルクは26日、ヴァレリエン・イスマエル監督(41)を解任。昨年10月にはディーター・ヘッキング監督も解任しており、今シーズン3人目の監督となる。 2017.02.27 22:41 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース