残留争い中のヴォルフスブルクに痛手…R・ロドリゲスが右足じん帯部分断裂で数週間の離脱2017.03.15 10:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴォルフスブルクに所属するスイス代表DFリカルド・ロドリゲスが数週間の負傷離脱を余儀なくされるようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

▽R・ロドリゲスは、11日に行われたブンデスリーガ第24節のライプツィヒ戦(1-0でヴォルフスブルクが勝利)で前半に負傷交代。クラブの報告によれば、検査で右足じん帯の部分断裂が確認され、数週間の離脱が見込まれているという。

▽今シーズン、成績不振で2度の監督交代を決断したヴォルフスブルクは、24節終了時点で残留・昇格プレーオフ圏内の16位ハンブルガーSV、15位ブレーメンと並ぶ勝ち点26の14位に位置。ここまでリーグ戦23試合に出場してきたR・ロドリゲスの負傷離脱はチームにとって痛手となりそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ヴォルフスブルク、アウグスブルク主将DFフェルハーフ加入を発表! 「年齢を考えれば、大きなチャンス」

▽ヴォルフスブルクは7日、アウグスブルクから元オランダ代表DFポール・フェルハーフ(34)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は3。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。 ▽なお、ドイツ『キッカー』によれば移籍金は150万ユーロ(約2億円)となったようだ。。 ▽5日に7年間を過ごしたアウグスブルク退団が発表され、その2日後に新天地ヴォルフスブルク加入が決定したフェルハーフは、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「自分のキャリアにおいて新たな仕事に取り組めることを嬉しく思っているよ。自分の年齢を考えれば、今回の移籍は大きなチャンスだと思っている」 ▽2010年夏にフィテッセからアウグスブルクに加入した右サイドバックのフェルハーフは、キャプテンやPKキッカーを務めるなど、チームの主軸として活躍。在籍7年間で公式戦186試合に出場して20ゴールを決め、クラブの一部残留に大きく貢献していた。 2017.08.07 22:37 Mon
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク主将フェルハーフがヴォルフスブルクへ移籍

▽アウグスブルクは5日、元オランダ代表DFポール・フェルハーフ(34)がヴォルフスブルクへ移籍したことを発表した。ドイツ『キッカー』によれば移籍金は150万ユーロ(約1億9500万円)、契約年数は1年でオプションが付いているとのことだ。 ▽2010年夏にフィテッセからアウグスブルクに加入した右サイドバックのフェルハーフは、キャプテンやPKキッカーを務めるなど、チームの主軸として活躍。在籍7年間で公式戦186試合に出場して20ゴールを決め、クラブの一部残留に大きく貢献していた。 ▽ヴォルフスブルクへの移籍を決めたフェルハーフはアウグスブルクの公式サイトで次のようにコメントしている。 「7年間の素晴らしい時間をすごしてきたからね。これからここの選手ではなくなるというのは不思議な感じだよ。でも、この強い意思をもって今回の決断を下した。まだ自分のキャリアの中で、新しいことに挑戦したいと思ったんだ」 2017.08.06 01:25 Sun
twitterfacebook
thumb

マルシャルがヴォルフスブルクでプレー?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャル(21)が今季、ヴォルフスブルクでプレーするかもしれない。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽2015年夏にモナコからユナイテッド入りしたマルシャルは、ルイス・ファン・ハール政権下の初年度こそインパクトを残したが、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任した2016-17シーズンはパフォーマンスを落とした。リーグ戦では25試合に出場したものの、フル出場は7度のみ。ゴール数も「4」と、2015-16シーズンには11ゴールを挙げていたことと比較しても物足りなさが残った。 ▽モウリーニョ監督の信頼を勝ち取れなかったマルシャルは、今夏に移籍する可能性が伝えられている。アーセナルやインテルからの関心が伝えられる中、ヴォルフスブルクもここに割って入ったようだ。 ▽『キッカー』によると、マルシャルのレンタル移籍を望むヴォルフスブルクは、スポーツ・ディレクターを務めるオラフ・レーブ氏がすでに選手とコンタクトを取っているという。また、同メディアの推測からすると、ヴォルフスブルクがマルシャル争奪戦で一歩リードしているようだ。 2017.07.20 19:43 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクがマラガから元スペイン代表MFカマーチョを獲得

▽ヴォルフスブルクは8日、マラガから元スペイン代表MFイグナシオ・カマーチョ(27)を獲得した。契約期間は2021年までの4年間で、背番号は4を着用する。 ▽アトレティコ・マドリーのカンテラ出身のカマーチョは、2008年の1月にトップチームに昇格。同年3月のバルセロナ戦でリーガデビューを果たすと、リーグ戦10試合に出場。しかし、翌シーズンは監督の交代と慢性的な股関節痛に悩まされ、徐々に出場機会を失うと、2011年1月にマラガへ完全移籍。 ▽マラガでは、在籍7シーズン半で公式戦201試合に出場、19ゴール9アシストをマーク。2016-17シーズンも主力としてリーグ戦35試合に出場し4ゴール2アシストを記録した。 ▽ヴォルブスブルクへ移籍を果たしたカマーチョは、クラブを通じて以下のコメントを残している 「ブンデスリーガはスペインでとても有名なリーグだよ。特にヴォルフスブルクは、チャンピオンズリーグでレアル・マドリーと対戦していたから国内では良く知られているね。僕はドイツでのプレーを楽しみにしているよ」 2017.07.09 02:19 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、アーセナルからU-18イングランド代表FWハインズを獲得!

▽ヴォルフスブルクは8日、アーセナルからU-18イングランド代表FWカイルン・ハインズ(19)を完全移籍で獲得した。契約期間は2020年6月30日までの3年間で、背番号は32を着用する。 ▽アーセナルユース出身のハインズは、2016年7月にリザーブチームのアーセナルU-23に昇格。アーセナルU-23では、公式戦6試合に出場。2017年1月にフットボール2(イングランド4部相当)に所属するスティヴネイジにレンタル移籍すると、リーグ戦12試合に出場した。 ▽世代別のイングランド代表を経験し、U-18イングランド代表として1試合に出場している。 2017.07.09 01:59 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース