超ワールドサッカー

香川2点目演出のドルトムント、3発快勝でバイエルンの待つ準決勝へ《DFBポカール》2017.03.15 04:29 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは14日、DFBポカール準々決勝でロッテとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。

▽先月28日に行われる予定だったものの、降雪のために延期となっていたロッテ戦に向けて、ドルトムントは3日前に行われ、1-2と敗れたヘルタ・ベルリン戦のスタメンから3選手を変更。1アシストを記録した香川が引き続きスタメンとなり、オーバメヤンやヴァイグルに代わってO・デンベレやプリシッチが先発となった。

▽3部リーグのロッテに対し、[4-1-4-1]で臨んだドルトムントは最前線にシュールレ、2列目に右からO・デンベレ、香川、ラファエウ・ゲレイロ、プリシッチと並べ、中盤アンカーにカストロを据えた。

▽そのドルトムントは開始3分、ロングフィードに抜け出したシュールレがネットを揺らすも、オフサイドに阻まれる。その後はボールロストが目立ってなかなかシュートに持ち込めない状況が続いたが15分、香川のスルーパスを受けた右サイドのシュールレの折り返しをO・デンベレがヘディングシュート。しかし、ミートできず枠の上に外れた。

▽ここからギアの上がったドルトムントはカストロやラファエウ・ゲレイロのミドルシュートでゴールに迫ると、30分にはゴール正面の位置からカストロがボレーシュート。しかし、わずかに枠の左へ外れる。さらに35分、香川のスルーパスを受けた左サイドのO・デンベレのクロスをシュールレがヘディングシュート。だが、GKの正面を突いて前半のうちにゴールを割ることはできなかった。

▽迎えた後半、49分にプリシッチのスルーパスに反応したゴールエリア左の香川が左足でシュートするもGKにセーブされる。さらに直後の左CKからギンターがヘディングシュート。決定的だったが、これはゴールライン前のDFに好クリアで阻まれた。

▽それでも57分、ロングカウンターに転じると、O・デンベレのスルーパスを受けたボックス左のプリシッチがGKの股間を抜くシュートを決めて、ドルトムントが均衡を破った。

▽さらに66分、ボックス左の香川の浮き球パスをファーサイドのラファエウ・ゲレイロが頭でマイナスに折り返すと、ゴールエリア右のシュールレがボレーで叩き込んで追加点を挙げた。

▽2点をリードしたドルトムントは終盤にかけて余裕の試合運びを見せると、83分に3点目を奪う。シュメルツァーの直接FKがGKの手を弾いてネットを揺さぶった。快勝したドルトムントはバイエルンの待つ準決勝へ駒を進めた。

コメント

関連ニュース

thumb

中国開催も浮上していたDFBポカール決勝は今年もベルリンでの開催が決定

▽中国での開催も浮上していたDFBポカール決勝打が、今シーズンも引き続きベルリンで開催されることが決定した。ドイツサッカー連盟(DFB)が発表した。 ▽DFBポカールの決勝は、1985年以降、ヘルタ・ベルリンの本拠地であるオリンピアシュタディオンで毎年開催されていた。しかし、今シーズンの決勝は海外での開催が検討されていたとのこと。しかし、これまで通りオリンピアシュタディオンで開催されるようだ。 ▽開催地には中国の上海が挙がっていたようだが、DFBのラインハルト・グリンデル会長は自身のFacebookに「親愛なるサッカーファンのみなさまへ」と題して声明を投稿。ベルリンで開催されることを明かした。 「数週間後に第74回DFBポカールの決勝が行われる。それは世界のどこでもなく、ベルリンです。これには理由があります」 「スタンドで叫ばれる“ベルリン、ベルリン、僕たちはベルリンに行く”という声が、今は全国の至るところでよく知られています。サッカーに興味がある人ならだれでも、これが正しい道だと分かるはずです。カップ戦の決勝をオリンピアシュタディオンで行うことは、夢なのです」 「この国において、DFBカップの決勝はサッカーの休日です。30年以上続いており、できるだけ長く続けたい。DFBポカール決勝はベルリンで決定です。これは素晴らしい成功事例であり、ブランドとなっています。ベルリン・オリンピアシュタディオンは、ドイツの“ウェンブリー”と神話になっています。生きている神話です」 ▽なお、今シーズンのDFBポカールは準決勝まで進んでおり、準決勝ではボルシアMGvsフランクフルト、そしてバイエルンvsドルトムントが4月26日、27日に行われる。決勝は5月27日に行われる。 2017.04.19 13:06 Wed
twitterfacebook
thumb

シャルケに3発完勝のバイエルンが8年連続のベスト4進出!《DFBポカール》

▽バイエルンは1日、DFBポカール準々決勝でシャルケとアリエンツ・アレーナで対戦し、3-0で勝利した。 ▽3回戦でヴォルフスブルクに1-0で勝利したバイエルンは、直近に行われたハンブルガーSV戦(8-0)からスタメンを3人変更。ミュラーやドグラス・コスタ、ラームに代えてリベリやシャビ・アロンソ、ラフィーニャが先発に名を連ねた。 ▽アンカーにシャビ・アロンソを配置した [4-3-3]で臨んだバイエルンは、開始早々の3分にスコアを動かす。リベリのスルーパスに抜け出したレヴァンドフスキがゴール左まで持ち上がると、飛び出したGKの上を抜くチップシュートでゴールネットを揺らした。 ▽エースの先制弾で勢いづくバイエルンは16分、リベリのスルーパスをボックス左で受けたレヴァンドフスキがクロスを供給。このクロスを中央に走り込んだチアゴがヘディングでゴールに叩き込んだ。 ▽序盤に2失点を喫したシャルケも反撃に出る。18分、コラシナクのパスをボックス左で受けたゴレツカがゴール右を狙ったコントロールシュート。右足で巻いたボールはゴール右に外れた。 ▽その後も主導権を握り続けるバイエルンは29分、レヴァンドフスキが相手のバックパスを奪いカウンター。パスを受けたリベリがボックス左から侵入すると、マイナスの折り返しをペナルティアーク内のレヴァンドフスキがゴールに流し込み、ドッペルパックを達成した。 ▽迎えた後半、3点をリードするバイエルンはフンメルスに代えてベルナトを左サイドバックに投入。センターバックはハビ・マルティネスとアラバのコンビとなった。対するシャルケは、公式戦4試合ぶりのスタメン出場となったマックス・マイヤーを下げてカリジウリをピッチに送り出した。 ▽後半も主導権を握るバイエルンは67分、リベリを下げてコマンを投入。すると70分に左サイド深くまで仕掛けたコマンが倒されFKを獲得。チアゴがグラウンダーのクロスを供給すると、ボックス内混戦から最後はハビ・マルティネスがゴールを狙ったが、ボールは枠の上に外れた。 ▽なかなか反撃に出られず、フラストレーションの溜まる展開が続くシャルケは77分、古巣対戦となるバトシュトゥバーがハビ・マルティネスに対する不用意なファウルで2枚目のイエローカードを提示され、数的不利となる。 ▽結局、後半は最後までスコアが動かず。前半の3点で逃げ切ったバイエルンが8年連続の準決勝進出を決めた。 2017.03.02 06:47 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがPK2発で酒井フル出場のHSVを撃破し、準決勝進出を決定!《DFBポカール》

▽DFBポカール準々決勝のハンブルガーSV(HSV)vsボルシアMGが1日にアイエムテック・アレーナで行われ、0-2でボルシアMGが勝利した。HSVのDF酒井高徳はフル出場している。 ▽3回戦でケルンに2-0で勝利したHSVは、直近に行われたバイエルン戦(0-8)からスタメンを5人変更。一部主力を温存したものの、酒井やニコライ・ミュラー、ホルトビーなど主力を起用した。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防を繰り広げると15分、ボルシアMGがチャンスを迎える。バイタルエリア中央でボールを受けたシュティンドルのミドルシュートがゴール左隅を捉えたが、これはGKアトラーがわずかに触り、枠の右に逸れた。 ▽対するHSVは18分、フントのラストパスをボックス中央で受けたウッドがワントラップから左足を振り抜くが、このシュートはGKゾンマーがファインセーブ。さらに23分には、ウッドの右クロスからミュラーがジャンピングボレーで合わせたが、ボールは枠を外した。 ▽その後、中盤でのハイプレスから試合の主導権を握ったHSVだったが、集中して守るボルシアMG守備陣を崩すには至らず、ゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、最初のチャンスはボルシアMGに生まれる。58分、パスに抜け出したヘアマンがボックス右でマフライに倒され、PKを獲得。このPKをシュティンドルがゴール右隅に決めた。 ▽先制に成功し、徐々に流れを引き寄せたボルシアMGは61分、ボックス内の混戦からシュティンドルがシュート。これはGKアトラーに弾かれるも、こぼれ球に反応したJ・ホフマンがオストルツォレクに倒されると、この試合2本目のPKを獲得。このPKをラファエウがゴール左に突き刺し、追加点を奪った。 ▽流れを引き戻したいHSVのギズドル監督は、71分にミュラーとG・ユングを下げてコスティッチとワラセを投入し、攻撃の立て直しを図る。すると82分、GKゾンマーのロングフィードをK・パパドプーロスがヘディングではじき返すと、このボールに抜け出したフントがゴール右まで持ち上がるが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。 ▽ホームで意地を見せたいHSVは後半追加タイム2分、GKアドラーのパントキックを最前線で受けたウッドがゴール左まで持ち上がりシュート。これがゴール右隅に決まり1点を返したが、反撃もここまで。PKでの2ゴールで逃げ切ったボルシアMGがベスト4へ駒を進めた。 2017.03.02 04:55 Thu
twitterfacebook
thumb

長谷部欠場のフランクフルトが開始早々のゴール守り抜き10年ぶりのベスト4進出《DFBポカール》

▽フランクフルトは2月28日、DFBポカール準々決勝でビーレフェルト(ブンデス2部)と対戦し1-0で勝利した。フランクフルトのMF長谷部は、発熱のためベンチ外となった。 ▽セフェロビッチの決勝弾でハノーファーを下して準々決勝に進んだフランクフルトは、敗戦(0-2)を喫した2日前のヘルタ・ベルリン戦からスタメンを5人変更。セフェロビッチや長谷部、オチプカらに代えてマイヤーやブルーム、ダビド・アブラアムらが先発に入った。 ▽試合は開始早々に動きを見せる。6分、スルーパスで左サイドを抜け出したタワサの折り返しがDFサルガーのクリアミスを誘うと、ファーサイドでこぼれ球を拾ったブルームがゴールネットを揺らし、フランクフルトが先制した。 ▽幸先良く先制に成功したフランクフルトだったが、主導権を掴み切れずにいると、ビーレフェルトの反撃に遭う。31分にゲルリッツ、40分にはボルナー、その直後にもトム・シュルツにシュートを打たれたが、集中した守りで枠内シュートは許さず。前半は1点のリードで終了した。 ▽迎えた後半からブレンディに代えてボグルサマーを投入したビーレフェルトに対し、フランクフルトは49分にバイタルエリア右からカットインしたブルームがミドルシュートでビーレフェルトゴールを脅かす。 ▽反撃に出るビーレフェルトも直後の50分に決定機。フィードボールを右サイドのヘムラインが頭で繋ぐと、このボールに抜け出したボグルサマーがボックス右から侵入しシュート。しかし、このシュートはGKフラデツキーのファインセーブに阻まれた。 ▽一進一退の攻防が続く中、ビーレフェルトが立て続けにチャンスを迎える。80分、左サイドでボールを受けたネーテのクロスをボックス内でボグルサマーが落とすと、最後はクロスがワンフェイントでマークを外し、シュート。さらに85分には、GKのロングフィードをクロスが頭で繋ぐと、これで相手DFの裏に抜け出したネーテがボックス内からシュートを放ったが、共にGKフラデツキーの好セーブに防がれた。 ▽結局、その後もスコアは動かず。開始早々に奪ったブルームのゴールを守り抜いたフランクフルトが、10年ぶりのDFBポカール準決勝進出を決めた。 2017.03.01 04:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが原口先発のヘルタをPK戦の末に下して8強《DFBポカール》

▽DFBポカール3回戦ドルトムントvsヘルタ・ベルリンが8日に行われ、1-1で120分を終了。迎えたPK戦を3-2で制したドルトムントがベスト8進出を決めた。ドルトムントMF香川真司はベンチ入りも出場機会はなく、ヘルタFW原口元気は96分までプレーした。 ▽リーグ戦で4位に付けるドルトムントと6位に付けるヘルタの好カード。ドルトムントは1-0で勝利した直近のライプツィヒ戦と同様のスタメンを送り出し、香川は引き続きベンチスタートとなった。一方、ヘルタは1-0で勝利したインゴルシュタット戦のスタメンから2選手を変更。シュトッカーとルステンベルガーに代えてスタークとシェルブレを起用し、インゴルシュタット戦でゴールを決めた原口が右MFでスタメンとなった。 ▽立ち上がりからドルトムントがボールを保持する中、ヘルタが9分に決定機を演出。パパスタソプーロスからボールを奪ったイビセビッチがGKと一対一に。しかし、シュートは枠を捉えきれない。 ▽対するドルトムントは15分、O・デンベレのダイレクトヒールパスに抜け出したオーバメヤンがGKと一対一になるが、かわしきれずにシュートを打ちきれなかった。続く16分にはヴァイグルのスルーパスを受けたオーバメヤンがシュート。決定的だったが、GKヤルシュテインのファインセーブに阻まれた。 ▽守護神の活躍で凌いだヘルタは26分、右CKからブルックスのヘディングシュートがGKを強襲すると、27分に先制した。スタークのフィードをボックス内に走り込んだカルーがボレーシュートでうまく流し込んだ。 ▽1点を追う展開となったドルトムントは、32分にFKからバルトラがヘディングシュートで狙うも枠の上に外れる。さらに41分にはオーバメヤンがネットを揺らしたが、ラストパスを送ったロイスのポジションがオフサイドでノーゴールに。 ▽迎えた後半、ドルトムントはピシュチェクとシュメルツァーに代えてプリシッチとギンターの2枚代えを敢行。すると開始2分、O・デンベレのシュートは左ポストを直撃するも、ルーズボールを拾った流れからロイスが決めきって同点とした。 ▽攻勢を強めるドルトムントは50分にもロイスがGKヤルシュテインを強襲。57分にはロイスのラストパスを受けたオーバメヤンがネットを揺らしたが、GKへのチャージを取られてノーゴールに。さらに66分のラファエウ・ゲレイロのミドルシュートはGKヤルシュテインの好守に阻まれる。 ▽ここからこう着状態に陥った中、81分にドルトムントに決定機。プリシッチのクロスをO・デンベレが合わせたシュートがわずかに枠を逸れた。結局、90分を1-1で終え、試合は延長戦に突入した。 ▽迎えた延長前半6分にヘルタは原口に代えてエスヴァインを投入。その延長戦はドルトムトがボールを持つ展開となったものの、リスクを冒しきらずに決定打は生まれず120分を終了した。 ▽そしてPK戦では3人が失敗したヘルタに対し、ドルトムントはプリシッチ一人の失敗に留めて3-2で勝利。激戦を制してベスト8進出を果たした。 ◆PK戦詳細 1.ルステンベルガー × 〇 O・デンベレ 2.ダリダ × × プリシッチ 3.エスヴァイン 〇 〇 オーバメヤン 4.アラギ 〇 〇 カストロ 5.カルー × 2017.02.09 07:47 Thu
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース