香川2点目演出のドルトムント、3発快勝でバイエルンの待つ準決勝へ《DFBポカール》2017.03.15 04:29 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは14日、DFBポカール準々決勝でロッテとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。

▽先月28日に行われる予定だったものの、降雪のために延期となっていたロッテ戦に向けて、ドルトムントは3日前に行われ、1-2と敗れたヘルタ・ベルリン戦のスタメンから3選手を変更。1アシストを記録した香川が引き続きスタメンとなり、オーバメヤンやヴァイグルに代わってO・デンベレやプリシッチが先発となった。

▽3部リーグのロッテに対し、[4-1-4-1]で臨んだドルトムントは最前線にシュールレ、2列目に右からO・デンベレ、香川、ラファエウ・ゲレイロ、プリシッチと並べ、中盤アンカーにカストロを据えた。

▽そのドルトムントは開始3分、ロングフィードに抜け出したシュールレがネットを揺らすも、オフサイドに阻まれる。その後はボールロストが目立ってなかなかシュートに持ち込めない状況が続いたが15分、香川のスルーパスを受けた右サイドのシュールレの折り返しをO・デンベレがヘディングシュート。しかし、ミートできず枠の上に外れた。

▽ここからギアの上がったドルトムントはカストロやラファエウ・ゲレイロのミドルシュートでゴールに迫ると、30分にはゴール正面の位置からカストロがボレーシュート。しかし、わずかに枠の左へ外れる。さらに35分、香川のスルーパスを受けた左サイドのO・デンベレのクロスをシュールレがヘディングシュート。だが、GKの正面を突いて前半のうちにゴールを割ることはできなかった。

▽迎えた後半、49分にプリシッチのスルーパスに反応したゴールエリア左の香川が左足でシュートするもGKにセーブされる。さらに直後の左CKからギンターがヘディングシュート。決定的だったが、これはゴールライン前のDFに好クリアで阻まれた。

▽それでも57分、ロングカウンターに転じると、O・デンベレのスルーパスを受けたボックス左のプリシッチがGKの股間を抜くシュートを決めて、ドルトムントが均衡を破った。

▽さらに66分、ボックス左の香川の浮き球パスをファーサイドのラファエウ・ゲレイロが頭でマイナスに折り返すと、ゴールエリア右のシュールレがボレーで叩き込んで追加点を挙げた。

▽2点をリードしたドルトムントは終盤にかけて余裕の試合運びを見せると、83分に3点目を奪う。シュメルツァーの直接FKがGKの手を弾いてネットを揺さぶった。快勝したドルトムントはバイエルンの待つ準決勝へ駒を進めた。

コメント

関連ニュース

thumb

ボルシアMGの21歳ダフード、ドルトムント移籍を選択? 新天地で住居探しとの報道も

ボルシアMGでプレーするMFマフムド・ダフード(21)は、ボルシア・ドルトムント移籍に近づいているようだ。ドイツメディアによると、U-21ドイツ代表MFはすでにドルトムント移籍を準備しているという。<br><br>シリア生まれのダフードは2010年にフォルトゥナ・デュッセルドルフからボルシアMGの下部組織に加入し、2015年4月にトップチームでデビュー。これまでリーグ戦52試合に出場して、6ゴール13アシストを記録している。中盤からゲームを組み立て、精度の高いパスやチャンスに絡む能力が高く評価されるミッドフィールダーだ。<br><br>ダフードに関しては以前、リバプールやユベントスも関心を抱いていると伝えられていた。だが、昨夏にマンチェスター・シティに向かったMFイルカイ・ギュンドアンの後釜を探すドルトムントが争奪戦で優位に立った模様とのこと。『ライニシェ・ポスト』曰く、同選手はすでにドルトムント近辺で新住居を探しており、『シュポルト・ビルト』ではドルトムントのトーマス・トゥヘル監督と接触したとも報じられている。<br><br>また『シュポルト・ビルト』では、ダフードとボルシアMGとの2018年までの契約には1000万ユーロ(約12億円)程度で行使が可能だという契約解除条項が盛り込まれていると伝えられるが、『ライニシェ・ポスト』はその存在を否定。同紙では「2000~3000万ユーロ(約24億円~36億円)」の移籍金が発生するとの見解が述べられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.29 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムントに新たな頭痛の種か…あの名物代理人がフランス代表のルーキーに興味?

ドルトムントで大ブレイク中のフランス代表FWウスマン・デンベレの代理人をあの名物エージェントが務めることになるのだろうか。ミノ・ライオラ氏はフランス誌『レキップ』に対し、同選手の代理人を務めることを望んでいると明かした。<br><br>ライオラ氏にとって、現在19歳のデンベレはまさに&ldquo;注目株&rdquo;。昨シーズン、フランスのレンヌでプロデビューを果たしたばかりのタレントは、昨夏にドルトムントに向かうと、公式戦36試合で7ゴール16アシストといった数字を記録している。すでにバルセロナやレアル・マドリーが注視しているとも報じられる新星だ。<br><br>ドルトムントとは2021年までの契約を交わしたデンベレだが、レンヌに支払われた移籍金は1500万ユーロ(約18億円)と見られる。次の移籍ではその数倍の額が発生するのは確実。やはりズラタン・イブラヒモビッチ、ポール・ポグバ、ヘンリク・ムヒタリアンといった選手たちの移籍を担当した代理人は無視することができない存在となった。<br><br>一方で過去にデンベレのエージェントを務めていたマルシアル・コディジャ氏は同選手のドルトムント移籍を担当したムサ・シソコ代理人に対し、訴訟を起こしたところ。コディジャ氏はシソコ代理人がフランスサッカー連盟(FFF)における必要な資格を所持していないとし、賠償金300万ユーロ(約3億6000万円)を求めているそうだ。<br><br>このような状況のなかで、デンベレはライオラ氏を新たな代理人に指名するのだろうか。昨夏ムヒタリアンのマンチェスター・ユナイテッド移籍を強引に押し通したとされる同氏だが、ドイツ紙『ビルト』曰く、ドルトムント幹部は若手の選択次第で悩みのタネを抱えることになるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.28 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

MF香川真司、アクションサッカーに意欲…「自分が担う役割は大きい」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は26日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。 ▽練習終了後、MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。ホームで迎えるタイ代表戦において、守備からの鋭い攻撃で勝利を手にしたUAE代表戦とは逆の戦いを予想し、「自分が担う役割は大きい」とアクションサッカーの体現者として名乗りを上げた。 <span style="font-weight:700;">◆MF香川真司</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──チームの雰囲気</span> 「この前の試合はどちらかというと、相手のストロングを消すという作業がチームとして強調されていた。それをしっかりとチーム全体でやり切って、勝つことができた。そこはアウェイでの戦いということで、色々な戦いがあっても良いと思っている」 「勝ち点3を取れたことが何よりも大事。そこに関して大きな自信を得ることができた。ただ、次の試合は全く逆の展開というか、おそらくホームの僕らがボールを保持した中で課題とする戦いが待っているのかなと。なので、違った戦いになる」 <span style="font-weight:700;">──ホームでの一戦</span> 「このW杯の最終予選、2次予選を含めて、引かれた相手に苦労している。ただ、チャンスだったり、得点を奪う形だったりをもっともっと共有していかなくちゃいけない。それがすごく大事になってくると思う」 <span style="font-weight:700;">──引いてきた相手を崩すイメージ</span> 「色々なイメージはしていきたい。簡単に、綺麗に崩せる相手じゃない。セットプレーもそうだし、前線からプレッシングをかけた中でのカウンターもそうだし、色々な形があっても良い。一番は自分たちがどうやって戦っていくのか。積極的に、そういったメンタリティをもってやっていくことが結果に繋がっていくのかなと」 <span style="font-weight:700;">──熾烈なポジション争い</span> 「競争は激しい。誰もポジションを確立している選手はいない。結果を残さないと評価はされないし、どんどん入れ替わる世界。やるべきことをやるというのを重視することで結果がついてくると思っている。まずは勝つことが大事だし、W杯に行くことが大事なので、自分の役割を、自分の個性を生かしていけるように絡んでいきたい」 <span style="font-weight:700;">──自身が描くプレービジョン</span> 「もっともっとボールに絡まないといけない。そして、もっと動きの中でプレーしていきたいなと。スペースがなかったり、守備を固めてくることが想定される中で、自分がどう動くかが試される戦いになる。自分のやりたいことであったりを自分の判断でどんどんやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──予想されるタイ戦の展開</span> 「次の試合は自分たちが主導権を握るようになると思うので、積極的にアクションサッカーをトライしていきたい。その中で、自分が担う役割は大きいと思っている。そこのイメージを準備していきたい」 <span style="font-weight:700;">──心身がマッチしている状況</span> 「そうなるように準備してきた。ただ、絶対負けられない試合だし、プレッシャーも個々に感じているはずなので、しっかりと準備していきたい」 <span style="font-weight:700;">──イメージする両ウィングの使い方</span> 「そこが今の1番の強みなので、そこをどう生かすのかが1つの大きなポイント。次の試合でスペースを与えてくれない中で、同じことをやっても難しさが出てくると思う」 「もちろん、チームとしての狙いをそこに持ちながらもできなかったときの動きだったり、そういうアイデアを自分が生み出さないといけない。個人的な戦術であったり、個人的なアイデアだったりを生み出していかないと彼ら(ウィング)も生きてこないかなと」 2017.03.26 23:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがトゥヘルの後任にフィオレンティーナ指揮官を招へい?副会長が接触

ドルトムントが来シーズンに向けて、フィオレンティーナの指揮官パウロ・ソウザの招へいを検討しているようだ。イタリアメディア『ビオラ・ニュース』およびイタリアラジオ放送『レディ・ラディオ』が23日に報じている。<br><br>その理由はドルトムントの副会長であるミケーレ・プラー氏が23日、フィレンツェを訪れており、ソウザ監督の代理人らと市内のホテルで接触したとみられるからだ。その後、一行は目立たない別の場所に移動して話し合いを行った。<br><br>プラー副会長は移籍市場の担当ではなく、公式な交渉を始めるに当たっての事前調査ではないかと見られており、間もなく本格的な交渉が始まる可能性がある。<br><br>ただハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは以前、(2018年夏までの契約を持つ)トーマス・トゥヘル監督との契約延長交渉は本人の希望により今夏に予定していると言及しており、行方は不透明だ。<br><br>ソウザは2015年、フィオレンティーナの指揮官に就任し、1年目の2015-16シーズンはセリエAで5位に終わった。今シーズンは現在8位と低迷しており、シーズン中の解任の可能性も報じられていた。またソウザは現役時代にドルトムントでプレーした経験もあり、来季へ向けて古巣の監督就任が実現するか、注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.25 18:26 Sat
twitterfacebook
thumb

プーマ主催の「KING of 1v1 HIGH SCHOOL TOURNAMENT」優勝者の中村翔也選手がドルトムント観戦ツアーに!

▽プーマは21日、「第95回全国高校サッカー選手権大会」をサポートしたプーマは、最強の "一人" を決める大会、「KING of 1v1」の高校生大会「PUMA KING of 1v1 HIGHSCHOOL TOURNAMENT」を決勝戦が行われた埼玉スタジアム2002特設コートで開催。見事優勝を果たした中村翔也選手[写真左]が優勝賞品であるドルトムント観戦ツアーを行ったことを発表した。 ▽中村選手は、「PUMA KING of 1v1 HIGHSCHOOL TOURNAMENT」決勝大会で実施した「最強の一人を応援しよう PUMA KING of 1v1 HIGHSCHOOL TOURNAMENT キャンペーン」で当選した、岩川嘉雅さん[写真右]と共にドルトムントの試合を観戦。3月17日にジグナル・イドゥナ・パルクで行われたインゴルシュタット戦(1-0でドルトムントが勝利)を観戦した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170322_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽また、前日の16日にはジグナル・イドゥナ・パルクの通常のスタジアムツアーとは異なるスペシャルコースのスタジアムツアーを体験。選手が使用するロッカールームや、ピッチへのトンネル、ベンチなど、選手さながらの経験に参加者の二人も大興奮の様子でした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170322_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽その後、ボルシア・ドルトムントのトレーニング施設へと移動し、普段はプロ選手しか使用できないトレーニング施設「Footbonaut」に挑戦。正方形のスペースの中央に立ち、四方の壁から飛んでくるボールをコントロールし、指示された枠にパスするといったトレーニングを行い、どこからボールが飛んできて、どこにパスをするのかはランダムにプログラムされているので、ルックアップし、首を振って360度周りを見渡しながら、正確にコントロールし、正確にパスをするといったもので、中村翔也選手は「エヴォパワー」を着用して挑戦しました。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170322_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽「Footbonaut」挑戦後は、同世代でもある、ボルシア・ドルトムントU-19チームのトレーニングを見学。パススピードの速さや、一瞬で加速するプレーヤーの動きなど、同世代の日本人選手とは異なるプレーには参加者の二人も目を見張っていました。参加したお二人ともに「とても貴重な体験ができた」とコメントしています。 2017.03.22 16:00 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース