香川2点目演出のドルトムント、3発快勝でバイエルンの待つ準決勝へ《DFBポカール》2017.03.15 04:29 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは14日、DFBポカール準々決勝でロッテとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。

▽先月28日に行われる予定だったものの、降雪のために延期となっていたロッテ戦に向けて、ドルトムントは3日前に行われ、1-2と敗れたヘルタ・ベルリン戦のスタメンから3選手を変更。1アシストを記録した香川が引き続きスタメンとなり、オーバメヤンやヴァイグルに代わってO・デンベレやプリシッチが先発となった。

▽3部リーグのロッテに対し、[4-1-4-1]で臨んだドルトムントは最前線にシュールレ、2列目に右からO・デンベレ、香川、ラファエウ・ゲレイロ、プリシッチと並べ、中盤アンカーにカストロを据えた。

▽そのドルトムントは開始3分、ロングフィードに抜け出したシュールレがネットを揺らすも、オフサイドに阻まれる。その後はボールロストが目立ってなかなかシュートに持ち込めない状況が続いたが15分、香川のスルーパスを受けた右サイドのシュールレの折り返しをO・デンベレがヘディングシュート。しかし、ミートできず枠の上に外れた。

▽ここからギアの上がったドルトムントはカストロやラファエウ・ゲレイロのミドルシュートでゴールに迫ると、30分にはゴール正面の位置からカストロがボレーシュート。しかし、わずかに枠の左へ外れる。さらに35分、香川のスルーパスを受けた左サイドのO・デンベレのクロスをシュールレがヘディングシュート。だが、GKの正面を突いて前半のうちにゴールを割ることはできなかった。

▽迎えた後半、49分にプリシッチのスルーパスに反応したゴールエリア左の香川が左足でシュートするもGKにセーブされる。さらに直後の左CKからギンターがヘディングシュート。決定的だったが、これはゴールライン前のDFに好クリアで阻まれた。

▽それでも57分、ロングカウンターに転じると、O・デンベレのスルーパスを受けたボックス左のプリシッチがGKの股間を抜くシュートを決めて、ドルトムントが均衡を破った。

▽さらに66分、ボックス左の香川の浮き球パスをファーサイドのラファエウ・ゲレイロが頭でマイナスに折り返すと、ゴールエリア右のシュールレがボレーで叩き込んで追加点を挙げた。

▽2点をリードしたドルトムントは終盤にかけて余裕の試合運びを見せると、83分に3点目を奪う。シュメルツァーの直接FKがGKの手を弾いてネットを揺さぶった。快勝したドルトムントはバイエルンの待つ準決勝へ駒を進めた。

コメント

関連ニュース

thumb

DFBポカール決勝での敗戦もフランクフルトFWマイヤー「差はほとんどなかった」

▽フランクフルトに所属するドイツ人FWアレクサンダー・マイヤーは、DFBポカール決勝での敗戦に悔しさを滲ませた。ブンデスリーガの公式サイトが伝えている。 ▽フランクフルトは27日、DFBポカール決勝でドルトムントと対戦した。試合は8分、スルーパスに抜け出されたO・デンベレにボックス右への侵攻を許し、切り返しから左足を振り抜かれて先制点を許してしまう。反撃に出るフランクフルトは29分、ショートカウンターからガシノビッチのスルーパスを受けたレビッチがボックス左へ侵攻。GKビュルキとの一対一を制し、試合を振り出しに戻した。ところが66分、ドルトムントのプリシッチにボックス内への侵攻を許してしまうと、GKフラデツキーが倒してしまい、PKを献上。オーバメヤンのチップキックシュートで勝ち越しを許してしまうと、フランクフルトは最後まで同点に追いつくことができず、あと一歩のところでタイトル獲得とはならなかった。 ▽1988年以来となる5度目の優勝を目指しながらも破れたマイヤーは、「ドルトムントとの差はほとんどなかった」と主張し、悔しさを露わにしている。 「全てを出し尽くすこと、それが僕にできることだった。僕らは90分以上にわたり、素晴らしい試合をしていた。だからこそ、準優勝に終わってしまって本当に悔しく思うよ。ドルトムントとの差は、ほとんどなかった。試合が終了した直後の今は、この結果に失望しているし、打ちひしがれているよ」 2017.05.28 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

DFBポカール決勝で敗戦のフランクフルト指揮官ニコ・コバチ「ドルトムントに大きなリスペクトを抱いている」

▽フランクフルトを率いるニコ・コバチ監督は、2012年以来4度目のDFBポカール優勝を果たしたドルトムントを褒め称えた。ブンデスリーガの公式サイトが伝えている。 ▽フランクフルトは27日、DFBポカール決勝でドルトムントと対戦した。試合は8分、スルーパスに抜け出されたO・デンベレにボックス右への侵攻を許し、切り返しから左足を振り抜かれて先制点を許してしまう。反撃に出るフランクフルトは29分、ショートカウンターからガシノビッチのスルーパスを受けたレビッチがボックス左へ侵攻。GKビュルキとの一対一を制し、試合を振り出しに戻した。ところが66分、ドルトムントのプリシッチにボックス内への侵攻を許してしまうと、GKフラデツキーが倒してしまい、PKを献上。オーバメヤンのチップキックシュートで勝ち越しを許してしまうと、フランクフルトは最後まで同点に追いつくことができず、あと一歩のところでタイトル獲得とはならなかった。 ▽1988年以来となる5度目の優勝を目指しながらも破れたニコ・コバチ監督は試合後、自身のチームの健闘を称えつつ、ドルトムントに賛辞を贈った。 「ドルトムントには『おめでとう』という言葉を送りたい。ドルトムントは後半、我々よりも良いサッカーをし、主導権を握り続けていた。しかし、フランクフルトの選手たちも最後まで全力を出してくれた。彼らに対して、私は大きなリスペクトを抱いているよ」 2017.05.28 10:59 Sun
twitterfacebook
thumb

自身2度目のDFBポカール制覇にドルトムント主将DFシュメルツァー「チーム全員が誇りに思っている」

▽ドルトムントに所属する元ドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーは、自身2度目のDFBポカール制覇に喜びを語った。ブンデスリーガの公式サイトが伝えている。 ▽ドルトムントは27日、DFBポカール決勝でフランクフルトと対戦した。試合は8分、O・デンベレがピシュチェクのスルーパスを受けてボックス右へと侵攻すると、深い切り返しから左足を振り抜いて先制に成功する。29分にはレビッチのゴールでフランクフルトに試合を振り出しに戻されるも、迎えた66分にプリシッチがボックス内で倒されてPKを獲得。これをオーバメヤンがチップキックで冷静に沈めて勝ち越しに成功。このゴールを守り切ったドルトムントが2012年以来4度目の優勝を果たした。 ▽主将を務めるシュメルツァーは、タイトル獲得でシーズンを終えられたことに喜びを感じている。 「どうしても勝利がほしいという僕らの気持ちが試合に表れていた。ドルトムントの何人かはこれまでもファイナルを戦ってきたが、その時に得た経験を、今日の試合で示すことができたと思うよ」 「シーズンの締めくくりを優勝で飾ることができて、僕たちチーム全員が誇りに思っているよ」 2017.05.28 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

DFBポカール制覇のドルトムント指揮官トゥヘル、就任後初のタイトル獲得に「全てがパーフェクトとなった」

▽ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督が就任後初のタイトル獲得へ満足感を抱いている。ブンデスリーガの公式サイトが伝えた。 ▽ドルトムントは27日、DFBポカール決勝でフランクフルトと対戦した。試合は8分、O・デンベレがピシュチェクのスルーパスを受けてボックス右へと侵攻すると、深い切り返しから左足を振り抜いて先制に成功する。29分にはレビッチのゴールでフランクフルトに試合を振り出しに戻されるも、迎えた66分にプリシッチがボックス内で倒されてPKを獲得。これをオーバメヤンがチップキックで冷静に沈めて勝ち越しに成功。このゴールを守り切ったドルトムントが2012年以来4度目の優勝を果たした。 ▽就任後初のタイトルを獲得したトゥヘル監督は試合を振り返り、「全てがパーフェクトとなった」と満足感を示した。 「完全に空っぽの状態だ。非常に厳しい試合だった。先制点を奪ってから、我々はサッカーをすることをやめてしまった」 「しかし幸運にも逆転されることなく、(後半からは)しっかりとサッカーをしていた。昨日もよく眠れたし、今ようやく、全てがパーフェクトとなったね」 2017.05.28 10:14 Sun
twitterfacebook
thumb

中国開催も浮上していたDFBポカール決勝は今年もベルリンでの開催が決定

▽中国での開催も浮上していたDFBポカール決勝打が、今シーズンも引き続きベルリンで開催されることが決定した。ドイツサッカー連盟(DFB)が発表した。 ▽DFBポカールの決勝は、1985年以降、ヘルタ・ベルリンの本拠地であるオリンピアシュタディオンで毎年開催されていた。しかし、今シーズンの決勝は海外での開催が検討されていたとのこと。しかし、これまで通りオリンピアシュタディオンで開催されるようだ。 ▽開催地には中国の上海が挙がっていたようだが、DFBのラインハルト・グリンデル会長は自身のFacebookに「親愛なるサッカーファンのみなさまへ」と題して声明を投稿。ベルリンで開催されることを明かした。 「数週間後に第74回DFBポカールの決勝が行われる。それは世界のどこでもなく、ベルリンです。これには理由があります」 「スタンドで叫ばれる“ベルリン、ベルリン、僕たちはベルリンに行く”という声が、今は全国の至るところでよく知られています。サッカーに興味がある人ならだれでも、これが正しい道だと分かるはずです。カップ戦の決勝をオリンピアシュタディオンで行うことは、夢なのです」 「この国において、DFBカップの決勝はサッカーの休日です。30年以上続いており、できるだけ長く続けたい。DFBポカール決勝はベルリンで決定です。これは素晴らしい成功事例であり、ブランドとなっています。ベルリン・オリンピアシュタディオンは、ドイツの“ウェンブリー”と神話になっています。生きている神話です」 ▽なお、今シーズンのDFBポカールは準決勝まで進んでおり、準決勝ではボルシアMGvsフランクフルト、そしてバイエルンvsドルトムントが4月26日、27日に行われる。決勝は5月27日に行われる。 2017.04.19 13:06 Wed
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース