インモービレの4戦連発弾と終盤の2ゴールでトリノを下したラツィオが4連勝《セリエA》2017.03.14 06:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第28節ラツィオvsトリノが13日に行われ、3-1でラツィオが勝利した。

▽前節ボローニャ戦をインモービレのドッピエッタでリーグ戦3連勝とした4位ラツィオ(勝ち点53)と、前節ベロッティのトリプレッタでパレルモを下した9位トリノ(勝ち点39)の一戦。

▽立ち上がりから押し込んだラツィオは7分、ロングボールを受けたインモービレがミドルシュートでゴールに迫る。良い入りを見せたラツィオはその後も圧力をかけ続けると、29分にはフェリペ・アンデルソンのヒールパスに抜け出したインモービレに決定機。しかし、ボックス左から放ったシュートはやや威力を欠き、GKハートにセーブされた。

▽ハーフタームにかけてもラツィオペースで推移した一戦は、33分にパローロがミドルシュートで、42分にインモービレがコントロールシュートでそれぞれゴールに近づいたが、均衡を破るには至らずゴールレスで前半を終了した。

▽迎えた後半も攻勢に出たラツィオは55分に決定機。J・ルカクがボックス左深くまで侵入。クロスを送ってパローロが合わせたが、シュートはわずかに枠の左へ外れた。それでも直後、右サイドからのバスタのクロスがDFに当たってルーズになると、ファーサイドのインモービレが押し込んだ。

▽先制後も攻め手を緩めないラツィオに対し、リャイッチに代えてマキシ・ロペスを投入してきたトリノは、1チャンスを生かして同点に持ち込む。72分、右サイドからのファルケのFKをマキシ・ロペスがヘディングシュートで左サイドネットへ流し込んだ。

▽失点直後、ラツィオは右サイドからのクロスにインモービレがヘディングシュート。これはGKの正面を突くと、続く75分には右CKからパローロが強烈なヘディングシュートを浴びせるも、わずかに枠の上に外れた。

▽勝ち越しを目指すラツィオはビリアに代えてケイタを投入し、アタッカーを増やす。その終盤はオープンな展開で推移する中、87分にラツィオが勝ち越した。ボックス手前左でパスを受けたケイタがゴール右上へコントロールシュートを流し込んだ。

▽そして90分、ラツィオがとどめを刺す。ルリッチのスルーパスを受けたフェリペ・アンデルソンがボックス右へ侵入。GKハートとの一対一を制し、3-1で勝利。リーグ戦4連勝を飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

低調ラツィオ、格下カリアリにゴールレスドローで連勝が4でストップ《セリエA》

▽ラツィオは19日、セリエA第29節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 ▽前節トリノ戦をインモービレの4戦連発弾などでリーグ戦4連勝とした4位ラツィオ(勝ち点56)は、トリノ戦のスタメンから出場停止のミリンコビッチ=サビッチに代えてケイタのみを変更した。 ▽2連敗中の14位カリアリ(勝ち点31)が後方からポゼッションしてビルドアップするのに対し、ラツィオはハイプレスをかけてショートカウンターを狙っていく。 ▽共にリスクを冒しきらないためにこう着状態が続く中、時間の経過とともにポゼッションを高めていったラツィオが敵陣でプレーするも、シュートには持ち込めず前半をゴールレスで終えた。 ▽後半開始直後、フェリペ・アンデルソンの左足ミドルでゴールに迫ったラツィオは、51分にボックス内からパローロが決定的なシュートに持ち込み、攻勢をかけていく。 ▽さらに60分にはルリッチのラストパスを受けたボックス内のフェリペ・アンデルソンがダイレクトシュートを放つも、GKの守備範囲に飛んでしまう。 ▽ゴールに迫りながらも均衡を破れないラツィオは67分、ラドゥに代えてジョルジェビッチを投入し、攻撃の枚数を増やした。 ▽それでもチャンスを生み出せないラツィオは82分にピンチ。しかし、ボックス左から打たれたパドインのシュートは枠を捉えきれず助かった。結局、カリアリのゴールを割れなかったラツィオは引き分け、5連勝を逃している。 2017.03.20 01:05 Mon
twitterfacebook
thumb

インモービレのドッピエッタで公式戦4連勝のラツィオが4位浮上《セリエA》

▽ラツィオは5日、セリエA第27節でボローニャとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽前節ウディネーゼ戦をインモービレのPK弾で辛勝した5位ラツィオ(勝ち点50)は、4日前に行われたローマとのコッパ・イタリア準決勝1stレグを2-0と先勝し、公式戦3連勝と好調。そのローマ戦のスタメンから3選手を変更し、ワラセ、バストス、J・ルカクに代えてラドゥ、ホード、ルリッチを起用した。 ▽リーグ戦6試合勝利のない15位ボローニャ(勝ち点28)に対し、3トップに右からフェリペ・アンデルソン、インモービレ、ミリンコビッチ=サビッチと並べる[4-3-3]で臨んだラツィオが立ち上がりからボールを保持していくと、9分にあっさり先制する。左サイドからのルリッチの右足クロスをインモービレが頭で流し込んだ。 ▽その後もペースを握るラツィオは20分にロングボールに抜け出したフェリペ・アンデルソンがGKと一対一になるも、トラップが大きくなってシュートに持ち込めない。続く26分にはフェリペ・アンデルソンのスルーパスを受けたミリンコビッチ=サビッチがGKと一対一となったが、シュートはセーブされた。 ▽追加点を奪うチャンスを逸したラツィオは29分にピンチ。ヴィヴィアーニの意表を突いたグラウンダーの直接FKが壁の下を抜けて枠を捉えた。しかし、GKストラコシャがセーブしリードを保つ。ハーフタイムにかけても一方的に押し込んだラツィオだったが、42分にもピンチ。ビリアが自陣でボールをロストしてペトコビッチに決定的なシュートを許す。だが、枠を外れて助かり、前半を1点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半、劣勢を強いられたラツィオは54分にミスの目立ったビリアに代えてムルジャを投入。守勢を凌ぐと、62分にミリンコビッチ=サビッチが枠内シュートを浴びせてけん制する。 ▽そして74分、ミリンコビッチ=サビッチのスルーパスに抜け出したインモービレがGKとの一対一を制して追加点を奪取。インモービレのドッピエッタで勝利したラツィオが公式戦4連勝とし、4位に浮上している。 2017.03.06 06:42 Mon
twitterfacebook
thumb

ダービーマッチに完勝したシモーネ・インザーギ「完璧な試合だった」

▽ラツィオを率いるシモーネ・インザーギ監督が、1日に行われたコッパ・イタリア準決勝1stレグのローマ戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽ホームにローマを迎えたダービーマッチで、ラツィオは30分にミリンコビッチ=サビッチのゴールで先制に成功。さらに78分にはインモービレが追加点を奪い、2-0と先勝した。 ▽試合後の会見に出席したインザーギ監督は「完璧な試合だった」と選手たちを称え、次のように続けた。 「多くの人々が言っているように最高のパフォーマンスを見せられたと思う。選手たちは全力を尽くし、ふさわしい勝利だったと思っているよ。試合前にはサポーターにあったが、彼らを見ることでより気持ちが高まる。彼らを幸せにすることができて嬉しく思っている」 「今日はチームとして素晴らしい戦いができた。自信を持っていたが、それを示したと思う。ただ、4月にはもう一度対戦しなければいけない。そこも厳しい試合になるだろう。ただ、まだ終わっていないという気持ちを持って臨むことが大事だ」 2017.03.02 12:03 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ・ダービーに先勝のラツィオが決勝進出に王手!《コッパ・イタリア》

▽コッパ・イタリア準決勝1stレグ、ラツィオvsローマの“デルビー・デッラ・カピターレ”が1日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホーム扱いのラツィオが2-0で先勝した。 ▽準々決勝でそれぞれインテル、チェゼーナを退けたラツィオ、ローマによる注目のダービー。直近の公式戦4勝1分けと好調を継続するセリエA5位のラツィオは、直近のウディネーゼ戦から先発6人を変更。2トップにインモービレ、フェリペ・アンデルソンが並ぶ[3-5-2]の布陣を採用した。 ▽一方、直近の試合でインテルを破り、リーグ戦4連勝中の2位ローマは、そのインテル戦から先発3人を変更。GKシュチェスニーに代えてカップ戦GKアリソン、デ・ロッシ、フアン・ジェズスに代えてレアンドロ・パレデス、エメルソン・パルミエリを起用した。 ▽立ち上がりからダービーらしい拮抗した展開が続く中、中盤の構成力で勝るローマが、よりゲームをコントロールしていく。前線でゼコが起点を作り、素早い攻守の切り替えからサラーが自慢の快足を生かすなど、リズム良く攻めるローマだが、なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めない。 ▽一方、押し込まれながらも粘り強い守備からカウンターを狙うラツィオは、21分にミリンコビッチ=サビッチが鋭い右足のミドルシュートでローマゴールを襲うが、ここはGKアリソンの横っ飛びセーブに阻まれた。それでも、30分にはボックス左で縦に仕掛けたフェリペ・アンデルソンがゴールライン際で折り返したボールを、ゴール前に飛び込んだミリンコビッチ=サビッチが押し込み、先制に成功した。 ▽前半のうちに追いつきたいローマは、37分にゴール前でフリーになったゼコに決定機もヘディングシュートを枠に飛ばせず、前半はラツィオの1点リードで終了した。 ▽迎えた後半も前半同様に拮抗した展開が続くが、狙いどころを定めたボール奪取から効果的にカウンターを仕掛けるラツィオペースが続く。60分にはボックス右で仕掛けたパローロがサイドネット直撃のシュートを放てば、68分にはうまく最終ライン裏に抜け出したインモービレがネットを揺らすが、ここは惜しくもオフサイドの判定となった。 ▽流れを変えたいローマは、64分にパレデスを下げてペロッティ、69分にはサラーを下げてエル・シャーラウィを投入。ここから攻勢を増していくが、なかなかシュートを枠に飛ばせない。 ▽すると78分、カウンターから途中出場のケイタがDFマノラスを振り切ってボックス右から折り返したボールを、ファーサイドでフリーのインモービレが流し込み、貴重な追加点を奪った。 ▽一方、2ndレグに向けてアウェイゴールがほしいローマは、失点直後の81分にゴール前の混戦からエメルソンのシュートに反応したナインゴランがワンタッチでコースを変えるが、これはGKストラコシャの好守に阻まれる。その後、最後の交代カードとして切り札トッティを投入したローマだったが、終盤のパワープレーもラツィオ守備陣に跳ね返されて試合はタイムアップ。白熱のダービーを制したラツィオが、コッパ決勝進出に向けて大きなアドバンテージを手にした。 2017.03.02 07:14 Thu
twitterfacebook
thumb

インモービレのPK一発でラツィオ辛勝、上位陣を追走《セリエA》

▽ラツィオは26日、セリエA第26節でウディネーゼをホームに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節エンポリに2-1と逆転勝利した6位ラツィオ(勝ち点47)が、2連敗中の13位ウディネーゼ(勝ち点29)をホームに迎えた一戦。 ▽出場停止のビリアの代役にムルジャを中盤アンカーに据え、3トップに右からフェリペ・アンデルソン、インモービレ、ケイタと並べる[4-3-3]で臨んだラツィオが立ち上がりからボールを保持していく。そんな中7分、D・サパタにボックス左まで持ち運ばれてフィニッシュされ、GKストラコシャが強襲される。 ▽その後もラツィオが押し込む流れとなるものの、ウディネーゼの守備網を攻略するには至らない。結局、前半に目立ったチャンスは作れず、0-0でハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半も前がかるラツィオがウディネーゼを押し込んでいく展開とする。しかし、シュートに結びつかずにいると、59分にS・インザーギ監督が動く。パトリックとホードに代えてミリンコビッチ=サビッチとバスタの両主力を投入した。 ▽すると72分、左クロスをクリアにかかったボックス内のアリ・アドナンがハンドを犯し、ラツィオがPKを獲得。これをインモービレがゴール左に決めて待望の先制点を決めた。これが決勝点となってラツィオが辛勝。チャンピオンズリーグ圏内の3位ナポリとは4ポイント差に縮めている。 2017.02.27 01:04 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース