インモービレの4戦連発弾と終盤の2ゴールでトリノを下したラツィオが4連勝《セリエA》2017.03.14 06:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第28節ラツィオvsトリノが13日に行われ、3-1でラツィオが勝利した。

▽前節ボローニャ戦をインモービレのドッピエッタでリーグ戦3連勝とした4位ラツィオ(勝ち点53)と、前節ベロッティのトリプレッタでパレルモを下した9位トリノ(勝ち点39)の一戦。

▽立ち上がりから押し込んだラツィオは7分、ロングボールを受けたインモービレがミドルシュートでゴールに迫る。良い入りを見せたラツィオはその後も圧力をかけ続けると、29分にはフェリペ・アンデルソンのヒールパスに抜け出したインモービレに決定機。しかし、ボックス左から放ったシュートはやや威力を欠き、GKハートにセーブされた。

▽ハーフタームにかけてもラツィオペースで推移した一戦は、33分にパローロがミドルシュートで、42分にインモービレがコントロールシュートでそれぞれゴールに近づいたが、均衡を破るには至らずゴールレスで前半を終了した。

▽迎えた後半も攻勢に出たラツィオは55分に決定機。J・ルカクがボックス左深くまで侵入。クロスを送ってパローロが合わせたが、シュートはわずかに枠の左へ外れた。それでも直後、右サイドからのバスタのクロスがDFに当たってルーズになると、ファーサイドのインモービレが押し込んだ。

▽先制後も攻め手を緩めないラツィオに対し、リャイッチに代えてマキシ・ロペスを投入してきたトリノは、1チャンスを生かして同点に持ち込む。72分、右サイドからのファルケのFKをマキシ・ロペスがヘディングシュートで左サイドネットへ流し込んだ。

▽失点直後、ラツィオは右サイドからのクロスにインモービレがヘディングシュート。これはGKの正面を突くと、続く75分には右CKからパローロが強烈なヘディングシュートを浴びせるも、わずかに枠の上に外れた。

▽勝ち越しを目指すラツィオはビリアに代えてケイタを投入し、アタッカーを増やす。その終盤はオープンな展開で推移する中、87分にラツィオが勝ち越した。ボックス手前左でパスを受けたケイタがゴール右上へコントロールシュートを流し込んだ。

▽そして90分、ラツィオがとどめを刺す。ルリッチのスルーパスを受けたフェリペ・アンデルソンがボックス右へ侵入。GKハートとの一対一を制し、3-1で勝利。リーグ戦4連勝を飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

「ジダンのように…」ミリンコビッチ=サビッチ父親、息子のユベントス移籍に期待!?

▽ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(23)の父親は、息子のユベントス移籍を期待しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 ▽192cmの長身MFであるミリンコビッチ=サビッチは2017-18シーズン、セリエAで12ゴール4アシストを記録しブレイク。今夏の移籍市場の目玉の一人となった同選手にはユベントス、マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマン、レアル・マドリーといったメガクラブが獲得に乗り出し、ラツィオは同選手の移籍金を少なくとも1億ユーロ(約127億円)と見込んでいる。 ▽そんな同選手の父親であるニコラは、息子にとってユベントスに行くことが良い選択であると主張。かつてユベントスからレアル・マドリーへ移籍した元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏のように、イタリアで成熟した後にスペインに挑戦することを提案した。 「ユベントスは理想的なチームだ。息子にとってピッタリだよ」 「ユベントスは長い間イタリアサッカー界で名声を得ている。選手にとってより成長し、成熟するチャンスがある。ラツィオで3シーズンプレーし、セルゲイはセリエAを熟知している。うまく溶け込み、言語も学んでいる」 「ディバラ、ドグラス・コスタのようなセリエAやコッパ・イタリアで優勝できるだけのハイレベルな選手が所属している。彼がチャンピオンズリーグ優勝に貢献することができれば、バロンドールだって目指すこともできる」 「25歳になった時(現在は23歳)にスペインへ行くのも良いと思う。イタリアで成熟してからね。まるでジネディーヌ・ジダンのように」 2018.06.18 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ハマーズ、F・アンデルソン&U-21フランス代表DF獲得に迫る!

▽ウェストハムがラツィオのブラジル代表MFフェリペ・アンデルソン(25)の獲得に迫っているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 ▽母国屈指の名門、サントスで台頭したアンデルソンは、2013年にラツィオに加入。以降はパフォーマンスに波があるものの、卓越したドリブルテクニックと攻撃センスを武器にラツィオの主力として活躍。今季はケガの影響でシーズン序盤戦を棒に振ったものの、最終的に公式戦32試合に出場し、8ゴール10アシストの数字を残していた。 ▽『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによれば、過去にマンチェスター・ユナイテッドも獲得に動いた逸材に関してウェストハムが獲得寸前に迫っているという。 ▽ラツィオはアンデルソンの放出条件を5000万ユーロ(約65億円)に設定しているものの、ウェストハムは移籍金3000万ユーロ(約39億円)と、今後同選手が他クラブに移籍した際に生じる移籍金の20パーセントの権利を譲渡することで交渉成立に迫っている模様。14日にラツィオのイグリ・ターレSD(スポーツ・ディレクター)がロンドンに飛び、交渉を完了させる見込みだ。 ▽また、ウェストハムはトゥールーズに所属するU-21フランス代表DFイッサ・ディオプ(21)の獲得にも迫っているようだ。 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、ウェストハムは194cmの逸材センターバック獲得に向けて2200万ポンド(約32億5000万円)のオファーを準備しており、近日中に移籍が成立するという。 ▽なお、2015年にトゥールーズでトップチームデビューを飾ったディオプは、2015-16シーズンからセンターバックのレギュラーに定着すると、強靭なフィジカルと安定したテクニックを武器にリーグ屈指の若手DFに成長。また、クラブとフランスの年代別代表チームでキャプテンを務めるなどリーダーシップにも優れる。 ▽ここまでヨーロッパ各国のビッグクラブが獲得に関心を示していた中、好条件のオファーを準備したハマーズ行きが近づいているようだ。 2018.06.14 15:32 Thu
twitterfacebook
thumb

キエーボ、今夏でラツィオ退団の元セルビア代表FWジョルジェビッチを獲得

▽キエーボは13日、ラツィオから元セルビア代表FWフィリプ・ジョルジェビッチ(30)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までの3年間で、1年間の延長オプションが付随している。 ▽母国セルビアの古豪レッドスター・ベオグラードで2005年にプロデビューしたジョルジェビッチは、2008年の夏に当時リーグ・ドゥ(フランス2部相当)に所属していたナントへ移籍。ナントでは、在籍7シーズンで公式戦193試合に出場し67ゴール18アシストを記録。 ▽この活躍が認められ、2014年の夏にラツィオに完全移籍。しかし、ラツィオでは出場機会に恵まれず、在籍3年間で公式戦77試合の出場で16ゴールにとどまり、今シーズンはトップチームでの出場がなかった。 ▽なお、ジョルジェビッチは今季限りでラツィオとの契約が切れるため、フリーでの加入となる。 2018.06.14 03:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオとベンフィカがジェノアのウルグアイ代表MFに関心か

▽ベンフィカとラツィオがジェノアのウルグアイ代表MFディエゴ・ラクサール(25)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『スカイスポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽2015年の夏にインテルからジェノアへレンタル移籍で加入したラクサールは、翌年に完全移籍。ジェノアでは在籍3シーズンで公式戦117試合に出場し、8ゴール12アシストをマーク。今シーズンはセリエAで32試合に出場し、3ゴール3アシストを記録していた。 ▽今回の報道によれば、かねてよりラクサールに興味を示していたラツィオだが、ジェノアが要求する移籍金1500万ユーロ(約19億円)に対し、ラツィオは1000万ユーロ(約13億円)以上の額を提示するつもりはないとのこと。 ▽また、『スカイスポーツ・イタリア』によれば、ステップアップを望んでジェノア退団を決意したラクサールに対し、ベンフィカも関心を示している模様。しかし、ウルグアイ代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)での活躍で移籍金を吊り上げたいジェノアは、W杯が終了するまでラクサールについてのクラブ間交渉を行わない方針だという。 2018.06.11 05:49 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏人気銘柄ミリンコビッチ=サビッチ「去就決定はW杯後」

▽ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(23)が去就に言及した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽2015年からラツィオでプレーするミリンコビッチ=サビッチは、192cmのサイズを武器とする中盤の選手で、今シーズンの公式戦48試合で14得点9アシストを記録。その活躍ぶりからマンチェスター・ユナイテッドやユベントスが目を光らせており、今後の動向に注目が集まっている。 ▽しかし、渦中のミリンコビッチ=サビッチは平然を保つ。セルビア代表の一員としてロシア・ワールドカップ(W杯)開幕が迫る中、周囲を賑わせる自身の去就について、次のように答えたという。 「毎日、僕に関する何かしらの新しい情報を読ませてもらっているよ。でも、今は(W杯に)集中したい」 「明らかに、自分に対するプレッシャーを感じているよ。W杯中は、この状況に対応していかなくちゃいけない」 「でも、そういったプレッシャーは、ラツィオでプレーしているときもある。だから、慣れっこだよ」 「僕のキャリアはW杯が終わってから決める。今はチーム内にとても良い雰囲気がある。開幕が待ち遠しいぐらいだ」 2018.06.09 10:45 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース