インモービレの4戦連発弾と終盤の2ゴールでトリノを下したラツィオが4連勝《セリエA》2017.03.14 06:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第28節ラツィオvsトリノが13日に行われ、3-1でラツィオが勝利した。

▽前節ボローニャ戦をインモービレのドッピエッタでリーグ戦3連勝とした4位ラツィオ(勝ち点53)と、前節ベロッティのトリプレッタでパレルモを下した9位トリノ(勝ち点39)の一戦。

▽立ち上がりから押し込んだラツィオは7分、ロングボールを受けたインモービレがミドルシュートでゴールに迫る。良い入りを見せたラツィオはその後も圧力をかけ続けると、29分にはフェリペ・アンデルソンのヒールパスに抜け出したインモービレに決定機。しかし、ボックス左から放ったシュートはやや威力を欠き、GKハートにセーブされた。

▽ハーフタームにかけてもラツィオペースで推移した一戦は、33分にパローロがミドルシュートで、42分にインモービレがコントロールシュートでそれぞれゴールに近づいたが、均衡を破るには至らずゴールレスで前半を終了した。

▽迎えた後半も攻勢に出たラツィオは55分に決定機。J・ルカクがボックス左深くまで侵入。クロスを送ってパローロが合わせたが、シュートはわずかに枠の左へ外れた。それでも直後、右サイドからのバスタのクロスがDFに当たってルーズになると、ファーサイドのインモービレが押し込んだ。

▽先制後も攻め手を緩めないラツィオに対し、リャイッチに代えてマキシ・ロペスを投入してきたトリノは、1チャンスを生かして同点に持ち込む。72分、右サイドからのファルケのFKをマキシ・ロペスがヘディングシュートで左サイドネットへ流し込んだ。

▽失点直後、ラツィオは右サイドからのクロスにインモービレがヘディングシュート。これはGKの正面を突くと、続く75分には右CKからパローロが強烈なヘディングシュートを浴びせるも、わずかに枠の上に外れた。

▽勝ち越しを目指すラツィオはビリアに代えてケイタを投入し、アタッカーを増やす。その終盤はオープンな展開で推移する中、87分にラツィオが勝ち越した。ボックス手前左でパスを受けたケイタがゴール右上へコントロールシュートを流し込んだ。

▽そして90分、ラツィオがとどめを刺す。ルリッチのスルーパスを受けたフェリペ・アンデルソンがボックス右へ侵入。GKハートとの一対一を制し、3-1で勝利。リーグ戦4連勝を飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

5分間で3ゴールのナポリがラツィオとの無敗対決を制して開幕5連勝《セリエA》

▽セリエA第5節、ラツィオvsナポリが20日に行われ、1-4でナポリが逆転勝利した。 ▽3日前に行われた前節ジェノア戦を絶好調インモービレのドッピエッタの活躍で3-2と競り勝って3勝1分けと好スタートを切ったラツィオは、ジェノア戦のスタメンからムルジャに代えてパローロのみを変更した。 ▽一方、昇格組ベネヴェントをメルテンスのハットトリックなどで6-0と圧勝したナポリは、開幕4連勝とした。そのナポリはベネヴェント戦のスタメンからヒサイに代えてアルビオルのみを変更した。 ▽ラツィオが仕掛ける入りとなった中、15分にスルーパスを引き出したインモービレがボックス左に侵入。GKレイナに倒されるもノーファウルの判定が下った。 ▽前半半ば以降はナポリが盛り返すと、26分にはインシーニェが右クロスに合わせてGKストラコシャを強襲した。 ▽それでも29分、ラツィオが先制する。CKの流れからボックス右のインモービレのクロスをデ・フライがボレーで蹴り込んだ。 ▽追うナポリは前半終盤の44分に決定機。インシーニェのフィードに反応したカジェホンが裏に抜け出してゴールエリア左からシュート。しかし、GKストラコシャのファインセーブに阻まれた。 ▽それでも迎えた後半の54分、グラムの右CKからファーサイドのアルビオルがボレーで合わせると、シュートはGKストラコシャのファインセーブに再び阻まれるも、ルーズボールをクリバリが押し込んで試合を振り出しに戻した。 ▽勢い付くナポリは56分、一気に逆転する。縦パスを受けたハムシクのダイレクトパスをボックス中央のカジェホンが丁寧にゴールへ蹴り込んだ。さらに59分、メルテンスがロングフィードに抜け出してボックス左に侵入。GKストラコシャが飛び出してルーズとなったクリアボールをメルテンスががら空きとなったゴールにすかさず流し込んで3点目を奪い切った。 ▽勝負を決定付けたナポリは追加タイムにジエリンスキが得たPKをジョルジーニョが決めて4-1で勝利。鮮やかな逆転勝利で開幕5連勝を飾っている。 2017.09.21 06:25 Thu
twitterfacebook
thumb

【セリエA第5節プレビュー】ラツィオvsナポリ、ユーベvsヴィオラ開催

▽先週末に行われた前節ではユベントス、ナポリ、インテルが順当に開幕4連勝を飾った。そして、ミランやローマも順当に勝利を取り戻している。ミッドウィークに行われる第5節では水曜日にユベントスvsフィオレンティーナ、ラツィオvsナポリの好カードが組まれている。 ▽今季の公式戦6試合で8ゴールと絶好調を維持しているインモービレがチームをけん引しているラツィオは、前節ジェノア戦をそのインモービレのドッピエッタの活躍で3-2と競り勝った。3勝1分けと好スタートを切った中、引き続きエースの活躍で優勝候補ナポリ撃破となるか。 ▽一方、昇格組ベネヴェントを攻撃陣揃い踏みで6-0と圧勝したナポリは、ベストメンバーでラツィオとの無敗対決を制しにかかる。ベネヴェント戦でハットトリックを達成したメルテンスを軸に堅守ラツィオ攻略といきたい。 ▽前節サッスオーロ戦をディバラの今季2度目のハットトリックで3-1と快勝したユベントスは、引き続きディバラの活躍に期待が懸かる。ここまで4戦連発中のエースは、キエーザとシメオネが主軸となっているヤング・フィオレンティーナ相手に5戦連発弾でチームを開幕5連勝に導けるか。ベンチスタート予想だが、古巣対決となるベルナルデスキのプレーにも注目だ。 ▽前節クロトーネ戦を終盤の2ゴールで辛勝して開幕4連勝としたインテルは、ボローニャとのアウェイ戦に臨む。イカルディの4試合連続ゴールはならなかったが、ペリシッチが好調を持続し、チームを勝利に導いている。昨季までインテルに所属していたパラシオが前節移籍後初ゴールを決めたボローニャに勝利し、開幕5連勝となるか。ダウベルトの負傷によって途中出場した長友は、引き続きベンチスタート予想となっている。 ▽3バック採用でウディネーゼを2-1と振り切ったミランは、昇格組のSPALとホームで対戦する。引き続き3バック採用が予想されているが、守備を固めてくることが予想される相手に前節ドッピエッタのカリニッチやヨーロッパリーグでハットトリックを達成したアンドレ・シウバらの活躍が期待される。 ▽最後にヴェローナにゼコのドッピエッタで3-0と快勝したローマは、ナポリに大敗したベネヴェントとのアウェイ戦で2連勝を目指す。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照 ◆セリエA第5節 ▽9/19(火) 《27:45》 ボローニャ vs インテル ▽9/20(水) 《25:00》 ベネヴェント vs ローマ 《27:45》 ラツィオ vs ナポリ ユベントス vs フィオレンティーナ ヴェローナ vs サンプドリア ジェノア vs キエーボ カリアリ vs サッスオーロ アタランタ vs クロトーネ ミラン vs SPAL ウディネーゼ vs トリノ 2017.09.20 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

代理人ケズマンがミリンコビッチ=サビッチへのオファーを明かす「マドリッドやマンチェスター、ミラノから…」

▽ラツィオで活躍するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(22)について、代理人を務めるマテヤ・ケズマン氏が多くのクラブからのオファーがあると語った。イギリス『FourFourTwo』がイタリアラジオ『Radio CRC』でのコメントを伝えた。 ▽ヘンクから2015年8月にラツィオへと加入したミリンコビッチ=サビッチは、加入1年目からセリエAやヨーロッパリーグなどで活躍。2016-17シーズンは、セリエAで34試合に出場し4ゴール9アシスト、コッパ・イタリアでは5試合に出場し3ゴール1アシストを記録し、決勝進出に貢献していた。 ▽今シーズンは、ここまでセリエAで4試合に出場し1ゴールを記録。チームは3勝1分けと好スタートを切っていた。 ▽若くしてラツィオにとっては欠かせない存在となっているミリンコビッチ=サビッチだが、代理人のケズマン氏は他クラブからのオファーを明かした。 「いくつかのクラブから多くの関心が寄せられている。マドリッドやマンチェスター、ミラノからね」 「しかし、彼は幸せになりたいし、成長するためにプレーし続けたい。そして、彼の役割の中で最高の1つになりたいんだ」 ▽セリエA3シーズン目も順調なスタートを切っているミリンコビッチ=サビッチだが、ケズマン氏はラツィオでの環境が成長に繋がると考えている様子。しかし、ラツィオとの契約も2022年まで延長したものの、このままの活躍が続くと1月の移籍市場ではさらに多くのオファーが来るため、移籍の可能性もあると明かした。 「ラツィオを離れることは難しいだろう。彼はシーズンをとてもうまくスタートさせた。でも、チームを去ることは排除できない」 「もし、ミリンコビッチ・サビッチがこの状態をキープすれば、1月の移籍市場で異なるクラブから多くのオファーが来るだろう」 2017.09.19 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:ラツィオ 4-1 ミラン《セリエA》

▽セリエA第3節、ラツィオvsミランが10日に行われ、4-1でラツィオが完勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 6.0 枠内シュートを的確にセーブ DF 13 ワラセ - 左足を痛めて16分に交代 (→バストス 6.0) 緊急投入だったが、安定した出来 3 デ・フライ 6.0 好調クトローネを潰した 26 ラドゥ 5.5 スソのプレーエリアを監視 (→マルシッチ -) MF 8 バスタ 5.5 攻守に安定 16 パローロ 6.0 3点目をアシスト。タイミング良く攻撃に関与 6 ルーカス・レイバ 6.0 ビリアの穴を埋める働きをしっかりこなしている 21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.0 球際の強さを見せ、攻守に貢献 19 ルリッチ 6.5 2点目を泥臭くアシスト (→J・ルカク 5.5) 気を緩めずに堅実にプレー FW 18 L・アルベルト 6.5 アタッキングサードでの鋭い仕掛けが目立った。精度の高いキックも 17 インモービレ 7.5 トリプレッタ+アシストで全4ゴールに絡む 監督 S・インザーギ 6.5 ミランの隙を突いて4ゴール ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 5.0 彼自身にミスはなかったが、屈辱の4失点 DF 2 カラブリア 5.0 前半序盤は再三オーバーラップを見せたが、守備が軽く3失点目に関与 19 ボヌッチ 5.0 2失点目の場面ではインモービレのマークに付き切れず 22 ムサッキオ 5.0 3失点目はR・ロドリゲスとの間にパスを通された 68 R・ロドリゲス 5.0 もっと攻撃に絡みたかった MF 79 ケシエ 5.0 攻撃参加のタイミングは良かったが、試合の流れを変えるPKを献上 21 ビリア 5.5 ビルドアップの起点となっていたが、ボールロストする場面も 18 モントリーボ 5.5 攻守に凡庸だったが、一矢報いた FW 8 スソ 5.5 幅広く動いてボールを引き出していた (→ボナヴェントゥーラ -) 63 クトローネ 5.0 代表ウィーク前は好調を維持していたが、今日は何もできず (→チャルハノール 5.0) 違いを生み出せず 11 ボリーニ 5.0 良い形で仕掛けられず (→カリニッチ 5.0) 目立った働きはなかった 監督 モンテッラ 5.0 過去2戦のスタメンをほぼ踏襲したが、カウンター狙いのラツィオに屈した ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! インモービレ(ラツィオ) ▽文句なしでインモービレを選出。3ゴール1アシストと大車輪の活躍を見せた。L・アルベルトとの連係も◎。 ラツィオ 4-1 ミラン 【ラツィオ】 インモービレ(前38[PK]) インモービレ(前42) インモービレ(後3) L・アルベルト(後4) 【ミラン】 モントリーボ(後11) 2017.09.11 01:03 Mon
twitterfacebook
thumb

インモービレのトリプレッタでラツィオがミランに完勝《セリエA》

▽セリエA第3節、ラツィオvsミランが10日に行われ、4-1でラツィオが完勝した。 ▽前節キエーボ戦をミリンコビッチ=サビッチの終盤弾で制し、今季初勝利を飾って1勝1分けスタートとしたラツィオは、キエーボ戦同様のスタメンを送り出した。 ▽一方、カリアリに大苦戦を強いられながらもクトローネの公式戦3戦連発弾とスソの1ゴール1アシストの活躍で2-1と競り勝ち、2連勝スタートとしたミランは、代表戦で負傷したA・コンティが欠場となった中、古巣対決となるビリアがスタメンとなった。 ▽大雨の影響でキックオフが1時間遅れた一戦。ビリアを中心にボールを動かすミランがポゼッションする展開となった中、9分にケシエ、14分にボリーニがそれぞれ枠内シュートをマークしていく。 ▽劣勢のラツィオは16分に左足を痛めたワラセがピッチを退きバストスが投入される。アクシデントに見舞われたが、17分にルイス・アルベルトの鋭い左CKで直接ゴールを脅かすと、ここから盛り返していく。2トップのルイス・アルベルトとインモービレがカウンターで牽制していった。 ▽すると、37分にPKを獲得する。ボックス左にドリブルで侵入したルイス・アルベルトがケシエに倒された。このPKをインモービレがゴール左に決めてラツィオが先制した。さらに42分、右サイドからのルリッチのクロスにファーサイドのインモービレが綺麗にボレーで合わせてリードを2点に広げ、前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始3分にラツィオが決定的な3点目を奪いきる。左サイドをルリッチが突破してクロスを送ると、これを受けたパローロがDF2人の間を通す絶妙なパス。このパスを受けたインモービレがGKドンナルンマを制してネットを揺らした。 ▽さらに49分、カウンターから左サイドに流れたインモービレの折り返しを、ルイス・アルベルトが決めて4-0と突き放した。 ▽守備が崩壊したミランはクトローネとボリーニに代えてチャルハノールとカリニッチを投入。すると56分、FKの流れからモントリーボが1点を返した。 ▽諦めないミランがその後は攻勢に出るも、ラツィオは70分にインモービレがボヌッチを交わして独走。GKと一対一となったが、シュートを枠の右に外してしまう。結局、終了間際にパローロが退場となったものの、終盤はミランにチャンスを許さずにタイムアップ。2勝1分けスタートとした。一方、敗れたミランは今季初黒星を喫している。 2017.09.11 01:02 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース