インモービレの4戦連発弾と終盤の2ゴールでトリノを下したラツィオが4連勝《セリエA》2017.03.14 06:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第28節ラツィオvsトリノが13日に行われ、3-1でラツィオが勝利した。

▽前節ボローニャ戦をインモービレのドッピエッタでリーグ戦3連勝とした4位ラツィオ(勝ち点53)と、前節ベロッティのトリプレッタでパレルモを下した9位トリノ(勝ち点39)の一戦。

▽立ち上がりから押し込んだラツィオは7分、ロングボールを受けたインモービレがミドルシュートでゴールに迫る。良い入りを見せたラツィオはその後も圧力をかけ続けると、29分にはフェリペ・アンデルソンのヒールパスに抜け出したインモービレに決定機。しかし、ボックス左から放ったシュートはやや威力を欠き、GKハートにセーブされた。

▽ハーフタームにかけてもラツィオペースで推移した一戦は、33分にパローロがミドルシュートで、42分にインモービレがコントロールシュートでそれぞれゴールに近づいたが、均衡を破るには至らずゴールレスで前半を終了した。

▽迎えた後半も攻勢に出たラツィオは55分に決定機。J・ルカクがボックス左深くまで侵入。クロスを送ってパローロが合わせたが、シュートはわずかに枠の左へ外れた。それでも直後、右サイドからのバスタのクロスがDFに当たってルーズになると、ファーサイドのインモービレが押し込んだ。

▽先制後も攻め手を緩めないラツィオに対し、リャイッチに代えてマキシ・ロペスを投入してきたトリノは、1チャンスを生かして同点に持ち込む。72分、右サイドからのファルケのFKをマキシ・ロペスがヘディングシュートで左サイドネットへ流し込んだ。

▽失点直後、ラツィオは右サイドからのクロスにインモービレがヘディングシュート。これはGKの正面を突くと、続く75分には右CKからパローロが強烈なヘディングシュートを浴びせるも、わずかに枠の上に外れた。

▽勝ち越しを目指すラツィオはビリアに代えてケイタを投入し、アタッカーを増やす。その終盤はオープンな展開で推移する中、87分にラツィオが勝ち越した。ボックス手前左でパスを受けたケイタがゴール右上へコントロールシュートを流し込んだ。

▽そして90分、ラツィオがとどめを刺す。ルリッチのスルーパスを受けたフェリペ・アンデルソンがボックス右へ侵入。GKハートとの一対一を制し、3-1で勝利。リーグ戦4連勝を飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

元ラツィオDFコラロフ、宿敵ローマへ加入も気に留めず「ピッチ上ではライバル」

ローマに加入したセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフは、過去は否定できないとしながらも、ラツィオは今やライバルであるとしている。<br><br>コラロフは今夏、マンチェスター・シティからローマへ移籍。マンチェスター・シティで7年に渡ってプレーする前は、ラツィオに3年間所属してコッパ・イタリア制覇を経験している。そのため、セリエA復帰の舞台が古巣の最大のライバルクラブとなったことには驚きの声も聞こえたが、コラロフは『ローマTV』でこのように話す。<br><br>「過去は否定できないし、したくもない。でも今はローマにいて100%を注ぐだけだ。ラツィオにいたときと同じようにね。ラツィオは僕にとって良い経験だった。でももうピッチではライバルだよ」<br><br>また、ローマ移籍の背景にはスポーツディレクターのモンチ氏の影響があったことも認め、「彼の存在は重要だった」と語っている。<br><br>「明瞭かつオープンだったから、僕も彼に対してはオープンになれた。2分で基本的な合意に至れたよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.24 23:33 Mon
twitterfacebook
thumb

クロップ「ルーカスは指導者としても成功する」退団した教え子の将来的な復帰を希望

今夏の移籍市場で、元ブラジル代表のルーカス・レイバが、リバプールからラツィオに新天地を求めた。<br><br>同選手はブラジルのグレミオ育ちで、2007年夏にリバプールに加入。それから10シーズンをリバプールで過ごし、ラツィオに移籍することになった。<br><br>そんなルーカスについて、リバプールのユルゲン・クロップ監督は将来的なリバプールへの復帰を呼びかけている。『ESPNFC』が報じた<br><br>「ルーカスはリバプールを愛している。彼はこのままリバプールに居続けることもできたかもしれないが&hellip;&hellip;」<br><br>クロップ監督は「もし、3年後にまだ私がここにいるとしたら、彼が戻ってくる前提でポストを用意したい。ルーカスは指導者に転身しても間違いなく成功するだろうからね」と続け、ルーカスには指導者としての資質があると太鼓判を押した。<br><br>また、10シーズン過ごしたリバプールを退団したルーカスについて「彼がリバプールを去ると報告してきた時に、お互いに涙が出たよ。彼のチャレンジに理解を示しているし、イタリアでも成功することを願っている」と述べ、今夏の退団も教え子とは良好な関係であることを明かしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.22 23:58 Sat
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、ミラン育ちのイタリア人MFディ・ジェンナーロを獲得

▽ラツィオは21日、カリアリのイタリア人MFダビデ・ディ・ジェンナーロ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽ミランの下部組織出身である攻撃的MFのディ・ジェンナーロは、2015年夏にパレルモからカリアリへ移籍。在籍2シーズンで公式戦56試合に出場して6ゴールを記録し、2015-16シーズンはカリアリのセリエA昇格に貢献していた。 ▽イタリア代表としてはU-16からU-21まで選出された経歴を持っているが、A代表招集歴はない。 2017.07.21 23:25 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール在籍10年のルーカス・レイバがラツィオへ完全移籍

▽ラツィオは18日、リバプールの元ブラジル代表MFルーカス・レイバ(30)を獲得したことを発表した。『フットボール・イタリア』によれば移籍金は550万ユーロ(約8億円)とのことだ。契約期間は発表されていない。 ▽2007年夏にグレミオからリバプールに加入したボランチのルーカス・レイバは、在籍10年で公式戦346試合7ゴールを記録。2016-17シーズンは公式戦31試合に出場し、本職でないセンターバックでもプレーした。リバプールを離れることになったルーカス・レイバはリバプールの公式サイトで次のようにコメントしている。 「リバプールというクラブや街は独特だと思う。他のどことも違う。ファンはクラブにとって最も重要な存在で、彼らなしで僕はここまでリバプールに留まることはできなかったと思う」 「僕が困難な状況に直面した際に、彼らがしてくれたサポートに感謝したい。彼らは特別な存在で常に僕の傍に居てくれた。今後もリバプールのことを見守りたい。試合を観にいつか戻ってくると思う」 ▽移籍先のラツィオではボランチを務めていたアルゼンチン代表MFルーカス・ビリアがミランへ移籍していた。 2017.07.19 02:43 Wed
twitterfacebook
thumb

積極補強のミラン、ラツィオのアルゼンチン代表MFビリアの獲得を正式発表!

▽ミランは16日、ラツィオのアルゼンチン代表MFルーカス・ビリア(31)を完全移籍で獲得した。契約期間は2020年までの3年契約となる。 ▽ラツィオで主将を務めていたビリアは、2013年夏にアンデルレヒトから加入すると、公式戦通算133試合で16ゴールをマーク。今シーズンはセリエA28試合に出場して4ゴールを記録した。また、代表キャリアにおいては2011年にA代表デビューを飾ると49試合のキャップ数を誇っている。 ▽なお、移籍金について公式発表はされていないが、『フットボール・イタリア』によれば、1700万ユーロ(約22億円)+ 300万ユーロ(約3億9000万円)のボーナスで合意に至ったようだ。 ▽積極補強を続けるミランは今夏の移籍市場でビリアの他に、GKアントニオ・ドンナルンマ、DFレオナルド・ボヌッチ、DFマッテオ・ムサッキオ、DFリカルド・ロドリゲス、DFアンドレア・コンティ、MFフランク・ケシエ、MFハカン・チャルハノール、FWアンドレ・シウバ、FWファビオ・ボリーニを獲得している。 2017.07.17 01:45 Mon
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース