カリアリ、U-19北朝鮮代表FWを獲得! セリエA初の北朝鮮人選手に2017.03.11 14:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽カリアリは10日、U-19北朝鮮代表FWハン・クァンソン(18)が今シーズン終了までの契約で加入したことを発表した。同選手はカリアリU-19に登録され、シーズン終了後にトップチーム昇格を見極められることになる。

▽2016年に行われたAFC U-19選手権でU-19北朝鮮代表の10番を背負い、キャプテンとして活躍した北朝鮮屈指のエリートFWは、先日からイタリアのペルージャにあるサッカー選手養成機関『イタリア・サッカー・マネージメント』に在籍し、イタリア国内のクラブへの移籍の可能性を模索していた。

▽なお、ハン・クァンソンが今後の活躍でトップチーム契約を勝ち取った場合、北朝鮮人選手として初のセリエAの舞台を踏むことになる。

コメント

関連ニュース

thumb

ラツィオ、ミラン育ちのイタリア人MFディ・ジェンナーロを獲得

▽ラツィオは21日、カリアリのイタリア人MFダビデ・ディ・ジェンナーロ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽ミランの下部組織出身である攻撃的MFのディ・ジェンナーロは、2015年夏にパレルモからカリアリへ移籍。在籍2シーズンで公式戦56試合に出場して6ゴールを記録し、2015-16シーズンはカリアリのセリエA昇格に貢献していた。 ▽イタリア代表としてはU-16からU-21まで選出された経歴を持っているが、A代表招集歴はない。 2017.07.21 23:25 Fri
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェがカリアリからチリ代表MFイスラを獲得

▽フェネルバフチェは21日、カリアリのチリ代表MFマウリシオ・イスラ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は発表されておらず、契約期間は2020年6月30日までの3年間となっている。 ▽右サイドを主戦場とするサイドプレーヤーのイスラは、2016年夏にユベントスからカリアリへ完全移籍。2016-17シーズンはセリエAで34試合に出場して1ゴール7アシストを記録し、11位と健闘したカリアリの主力として活躍していた。 ▽チリ代表としてはこれまで90試合に出場し、先月行われていたコンフェデレーションズカップにも出場していた。 2017.07.21 22:53 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季20発の35歳FWボッリエッロ、カリアリと新契約

▽カリアリは18日、元イタリア代表FWマルコ・ボッリエッロ(35)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2019年までとなる。 ▽かつてミランやローマ、ユベントスに在籍したボッリエッロは、2014年のウェストハム時代を除き、イタリア国内の複数クラブでプレー。昨夏からカリアリに加わった。 ▽そのカリアリでは、出場したセリエA36試合で16得点とゴールを量産。全公式戦20得点の好パフォーマンスでカリアリを支えた。 2017.07.18 20:25 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル退団のDFアンドレオッリがカリアリ加入

▽7日、インテルを退団していたイタリア人DFマルコ・アンドレオッリ(31)がカリアリに加入したことが明かされた。契約期間は2年でオプションで3年目が付随している。 ▽インテルのプリマヴェーラに在籍していたセンターバックのアンドレオッリは、ローマやサッスオーロ、キエーボを経て2013年夏に6年ぶりにインテルへ復帰していた。しかし、出場機会に恵まれず2015年夏にはセビージャへレンタル移籍していた。 ▽2016-17シーズンは再びインテルでプレーすることになったが、セリエAで6試合に出場に留まっていた。 2017.07.08 03:03 Sat
twitterfacebook
thumb

カッサーノ、カリアリ会長に直談判も売り込み失敗…同ポジションの37歳を獲得済

元イタリア代表のFWアントニオ・カッサーノはカリアリに売り込みをしたものの、失敗に終わった。サルデーニャ島地元紙『ウニオーネ・サルダ』が3日、伝えている。<br><br>35歳のカッサーノは昨夏、所属していたサンプドリアで、マッシモ・フェレロ会長およびアントニオ・ロメイ弁護士との確執から構想外となった。1月には双方の合意の下、契約を解除し、フリーとなって新天地を探していたが、本人が納得できるオファーは届かず、1年ほど実戦から離れている。カッサーノは今夏の移籍市場において、新天地探しに本腰を入れており、無所属生活にピリオドを打ちたい構えだ。<br><br>■バカンス先でカリアリ会長に売り込みカッサーノはバカンスで訪れていたサルデーニャ島の高級リゾートで、カリアリのトンマーゾ・ジュリーニ会長に偶然出くわした。2人はともにサッカーに興じたほか、これまでカッサーノを指導してきたトレーナーがカリアリと契約したとの共通の話題もあり、移籍についても意見を交わした。カッサーノはこの際、会長に対してカリアリへの興味を直接伝えている。<br><br>カリアリは2016-17シーズンを12位で終えた。カッサーノは35歳とはいえ、レアル・マドリーに所属経験もあるファンタジスタで、カリアリに足りないクオリティをもたらす可能性がある。また無所属のため、移籍金は必要ない。それでもカリアリのフロント陣はカッサーノの獲得に反対している。<br><br>カリアリにはすでに、カッサーノと同ポジションのMFジョアン・ペドロ、MFアンドレア・コッスが在籍しており、緊急時のオプションとしてFWディエゴ・ファリアスも同エリアでプレー可能だ。さらに、カリアリに復帰したばかりのコッスは37歳と、カッサーノと同様に高齢選手。このようなチーム事情もあり、カリアリのフロント陣はカッサーノの獲得に難色を示し、本格的な交渉には発展しなかったようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.04 20:43 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース