カリアリ、U-19北朝鮮代表FWを獲得! セリエA初の北朝鮮人選手に2017.03.11 14:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽カリアリは10日、U-19北朝鮮代表FWハン・クァンソン(18)が今シーズン終了までの契約で加入したことを発表した。同選手はカリアリU-19に登録され、シーズン終了後にトップチーム昇格を見極められることになる。

▽2016年に行われたAFC U-19選手権でU-19北朝鮮代表の10番を背負い、キャプテンとして活躍した北朝鮮屈指のエリートFWは、先日からイタリアのペルージャにあるサッカー選手養成機関『イタリア・サッカー・マネージメント』に在籍し、イタリア国内のクラブへの移籍の可能性を模索していた。

▽なお、ハン・クァンソンが今後の活躍でトップチーム契約を勝ち取った場合、北朝鮮人選手として初のセリエAの舞台を踏むことになる。

コメント

関連ニュース

thumb

4発快勝のインテルが4試合ぶり勝利でローマ勢にプレッシャー《セリエA》

▽インテルは17日、セリエA第33節でカリアリをホームに迎え、4-0で快勝した。 ▽前節アタランタ戦を引き分けるのが精いっぱいで、ここ3戦勝利のない5位インテル(勝ち点60)は、出場停止明けのブロゾビッチが先発に復帰。4バックに戻し、カラモーをスタメンで起用した。 ▽14位カリアリ(勝ち点32)に対し、インテルは開始3分に先制する。左サイドからのカンセロの鋭いFKが、ニアサイドに飛び込んだガリアルディーニとイカルディに触れずゴールに向かうと、そのままネットを揺らした。 ▽攻勢を続けるインテルは9分にペリシッチがGKを強襲するシュートを浴びせると、13分には追加点のチャンス。ディフェンスライン裏を取って左サイドのスペースを突いたイカルディのクロスにカラモーがダイレクトシュート。しかし、枠の左に外してしまった。 ▽14分にも左CKからガリアルディーニのヘディングシュートでゴールに迫ったインテルは、続く21分にダンブロージオのクロスからカラモーがボレーシュート。だが、バーを直撃したボールは枠を外れていった。 ▽さらに1分後、ペリシッチのアシストからラフィーニャがシュートに持ち込んだが、GKのファインセーブに阻まれ、追加点を奪えない。チャンスを生かせないインテルは36分、ガリアルディーニが負傷し、ボルハ・バレロとの交代を強いられる。 ▽ハーフタイムにかけて、ややトーンダウンしたインテルは前半終了間際、カラモーがネットを揺らすもオフサイドに阻まれ、前半を1-0で終えた。 ▽それでも後半開始4分、カラモーのクサビのパスを受けたラフィーニャがヒールで落としたパスをボックス中央で受けたイカルディがシュートを流し込み、リードを広げる。 ▽余裕のインテルは60分、ルーズボールを拾ったブロゾビッチがボックス左に侵入。コントロールシュートをゴール右に蹴り込み、3-0とした。 ▽そして試合終了間際の90分にはFKからペリシッチがミドルシュートを叩き込んで4-0で快勝。4試合ぶりの勝利を飾って暫定3位に浮上し、ローマ勢にプレッシャーをかけている。 2018.04.18 06:06 Wed
twitterfacebook
thumb

降格危機のカリアリ、大一番落として合宿へ

▽セリエAの残留争いが盛り上がっている。カリアリは緊急合宿に入ることを決めた。ディエゴ・ロペス監督がイタリア『スカイ』で語っている。 ▽8日に行われたセリエA第31節でカリアリはヴェローナと対戦し、敵地で0-1と敗れた。この結果、19位ヴェローナは勝ち点を25に伸ばして残留に望みをつないでいる。一方で15位のカリアリは3連敗で降格ラインとの勝ち点差が2となった。 ▽ディエゴ・ロペス監督は試合後、「物事がうまくいかないときはメンタル的に厳しいものだ。だが、団結し続けなければいけない」とコメント。「だから、合宿に入る。クラブと一緒に決めたことだ」と述べている。 ▽イタリアでは、チームが不振に陥ったときなど、シーズン中に短期間の合宿に入ることがある。3連敗と厳しい状況のカリアリは、ここが正念場と捉えているようだ。 2018.04.09 03:22 Mon
twitterfacebook
thumb

カリアリが下部組織出身の若手DFデイオラと2022年まで契約延長

▽カリアリは23日、イタリア人MFアレッサンドロ・デイオラ(22)との契約延長を発表した。新契約は2022年6月30日までとなる。 ▽カリアリの下部組織出身のデイオラは、2014年にトップチームに昇格。昇格後はカブリーグのトゥットクオイオにレンタルされると、2015年にセリエBに降格したカリアリに復帰するとリーグ戦21試合に出場し2ゴール2アシストをマークし、1年でのセリエA昇格に貢献。 ▽翌シーズンはスペツィアにレンタル移籍したが、カリアリに復帰した今シーズンはここまで公式戦8試合に出場している。 2018.03.24 14:52 Sat
twitterfacebook
thumb

カリアリ、北朝鮮代表FWハン・グァンソンと2023年までの新契約締結!

▽カリアリは18日、北朝鮮代表FWハン・グァンソン(19)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽19歳のハン・グァンソンは、昨年2月にカリアリのトライアルに参加。実力を認められて契約を交わすと、セリエAデビューも果たし、北朝鮮人選手として初めてイタリア1部リーグでプレーした選手となった。 ▽昨年夏、カリアリからセリエBのペルージャへレンタル移籍すると、今シーズン途中まで2部で活躍。リーグ戦19試合に出場して7ゴールと結果を残し、今冬に早期レンタルバックという形でカリアリに復帰。復帰後はリーグ戦4試合に出場している。 ▽ハン・グァンソンに関しては以前からユベントスが強い関心を示しており、今回の新契約は契約解除金の設定や今後の契約交渉で移籍金を吊り上げるための策とみられている。 2018.03.19 05:00 Mon
twitterfacebook
thumb

「なぜVARを使わない!」 ラツィオが不満爆発

▽ラツィオのシモーネ・インザーギ監督が、判定に対する苛立ちを口にした。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えている。 ▽ラツィオは11日、セリエA第28節のカリアリ戦に臨み、2-2の引き分けで試合を終えている。終了間際にFWチーロ・インモービレが同点弾を決めて勝ち点1をもぎ取った形だ。 ▽ラツィオはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によるジャッジが良い方向に働いていないチームと言えるかもしれない。インザーギ監督は「我々に対してVARの使われ方が悪い。前半のインモービレのシーンでVARが使われていたら、こちらが主導権を握れただろう」と話している。 ▽「前半、こちらにPKがあったのは明らかだ。だが、誰もVARを使おうとしない。一方でカリアリのPKは議論の余地があるものだった」と指揮官は続け、VARを用いる基準の不透明さを嘆いた。 ▽また、MFマルコ・パローロも「彼らは僕たちとVARをチェックしたくないんだ。PKは明らかだよ。明白だった」と不満を吐露している。 ▽来季のチャンピオンズリーグ出場権を目指す上で勝っておきたかったカリアリ戦。勝ち点2を失ったダメージは、どれほど影響するだろうか。 2018.03.12 04:35 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース