カリアリ、U-19北朝鮮代表FWを獲得! セリエA初の北朝鮮人選手に2017.03.11 14:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽カリアリは10日、U-19北朝鮮代表FWハン・クァンソン(18)が今シーズン終了までの契約で加入したことを発表した。同選手はカリアリU-19に登録され、シーズン終了後にトップチーム昇格を見極められることになる。

▽2016年に行われたAFC U-19選手権でU-19北朝鮮代表の10番を背負い、キャプテンとして活躍した北朝鮮屈指のエリートFWは、先日からイタリアのペルージャにあるサッカー選手養成機関『イタリア・サッカー・マネージメント』に在籍し、イタリア国内のクラブへの移籍の可能性を模索していた。

▽なお、ハン・クァンソンが今後の活躍でトップチーム契約を勝ち取った場合、北朝鮮人選手として初のセリエAの舞台を踏むことになる。

コメント

関連ニュース

thumb

シャフタール在籍15年…歴代トップのキャップ数を誇る元クロアチア代表DFスルナがカリアリに移籍

▽カリアリは22日、シャフタールのクロアチア代表DFダリヨ・スルナ(36)を獲得したことを発表した。契約は1年間の延長オプション付きの1年契約となる。 ▽1999年にクロアチアのハイデュク・スプリトでプロデビューを果たし、2003年以降はシャフタールでプレーしていたスルナ。在籍14シーズンで公式戦493試合に出場し45ゴール121アシストを記録し、その間10度のリーグ優勝や7度の国内カップ優勝、2008-09シーズンにはUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)制覇も果たしている。昨年5月に17-18シーズンまで契約延長したが、シーズン終了を以ってシャフタールを退団していた。 ▽また、代表では歴代トップの通算134キャップを誇り、22得点は4番目の数字だ。 2018.06.23 01:05 Sat
twitterfacebook
thumb

カリアリがキエーボの前監督マラン氏を招へい

▽カリアリは7日、ロランド・マラン監督(54)を招へいしたことを発表した。契約期間は2020年6月30日までとなっている。 ▽カリアリではチームをセリエA残留に導いていたディエゴ・ロペス監督との契約を更新せず、新監督を探していた。 ▽カターニャやキエーボなどでセリエA通算201試合を指揮した実績を持つマラン監督は、今年4月に成績不振を受けて2014年から指揮を執っていたキエーボの監督を解任されていた。 2018.06.07 23:45 Thu
twitterfacebook
thumb

元インテルFW、セリエBで監督業開始か…会長のラブコールで実現へ

▽イタリア2部セリエBのブレッシアが、新監督にかつてインテルやカリアリで活躍したダビド・スアソ氏を迎えることが決定的になった。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。 ▽元ホンジュラス代表のスアソ氏は、現在38歳。現役時代は主にカリアリでプレーした。カリアリでは特に街から愛される存在となり、当時の会長だったマッシモ・チェッリーノとも親交が深い。そこでブレッシア行きが決まったようだ。 ▽チェッリーノ氏は2017年からブレッシアで会長を務めている。そこにスアソ氏を招こうという決断だ。同氏は現役引退後、カリアリの下部組織などを率いた経験はあるが、トップチームを担当するのはこれが初めて。それでも、会長からの信頼は厚いという。 ▽ブレッシアは2017/18シーズンのセリエBを16位で終えていた。1シーズンで4人の指揮官がチームを率いる忙しい一年を過ごしている。スアソ氏は長期政権を築けるだろうか。 2018.06.06 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

カリアリがセリエA残留に導いたディエゴ・ロペス監督との契約を更新せず

▽カリアリは30日、ディエゴ・ロペス監督(43)が今季限りの契約をもって退団することを発表した。 ▽2017年10月に3年ぶりにカリアリの指揮官に復帰したディエゴ・ロペス監督は、14位に位置していたチームを引き継ぎ、16位でセリエA残留に導いていた。 ▽そのディエゴ・ロペス監督に対し、カリアリは次のように声明を発表している。 「ディエゴ・ロペスの仕事に対し、感謝を表明する。彼の献身とプロフェッショナリズムがチームに自信を与えた。彼の今後のキャリアが最高のものになることを願っている。ディエゴ・ロペスに大きな抱擁を与えたい」 2018.05.31 01:10 Thu
twitterfacebook
thumb

敗戦もアタランタが2年連続EL出場権獲得《セリエA》

▽アタランタは20日、セリエA最終節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽2年連続ヨーロッパリーグ出場を確実にしている6位アタランタが、残留を争っている16位カリアリのホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合は地力に勝るアタランタが主導権を握る展開となるも、15分にD・ファリアスのヘディングシュートでカリアリにゴールに迫られる。直後にもディオラのミドルシュートでゴールに近づかれたが、GKコンシーリのファインセーブもあって失点を許さない。 ▽その後はアタランタが敵陣でプレーする時間を増やし、イリチッチらがシュートを浴びせていくも決定機を演出するには至らず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もアタランタがボールを保持して時間を進めていく。すると65分にはフロイラーのコントロールシュートが枠を捉えたが、GKクラーニョのファインセーブに阻まれた。 ▽終盤の87分、左CKからチェッピデッリに豪快なヘディングシュートで失点したアタランタは、追加タイムにPKを獲得するも、キッカーのカルダーラが失敗して敗戦。しかし、フィオレンティーナがミランに敗れたため、7位を死守してEL予備予選出場権を獲得している。対するカリアリも残留を決めた。 2018.05.21 03:20 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース