チェルシー移籍も噂されたセルティックGKゴードン、2020年まで契約延長2017.03.09 00:48 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルティックは8日、スコットランド代表GKクレイグ・ゴードン(34)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽2014年夏にサンダーランドからセルティックに移籍したゴードンは、正GKとして2014-15、2015-16シーズンのスコットランドリーグ優勝に貢献。今季も27試合を終えた段階で2位に27ポイント差を付けて首位に立つセルティックの守護神として活躍している。

▽この冬にはチェルシーの第2GKを務めるボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表GKアスミル・ベゴビッチの移籍に備え、チェルシー入りの噂もあったゴードンだったが、ベゴビッチが残留したことでセルティックに留まっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

2戦連続フル出場のFW本田圭佑、2ゴールに絡む活躍もパチューカは3試合未勝利《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間19日、リーガMX前期第10節延期分のトルーカ戦に臨み、2-2のドローに終わった。本田は1トップで2試合連続で先発。フル出場を果たし、2得点に絡む活躍を見せた。 ▽大規模地震の影響で延期されていた13位のパチューカと4位のトルーカの一戦。2試合白星がないパチューカは25分、トルーカのバリエントスにドリブルでボックス内への侵攻を許し、シュートのこぼれ球にいち早く反応したウリベに押し込まれる。 ▽先制を許したパチューカは1点ビハインドで迎えた49分、J・マルティネスのパスをボックス手前やや右で受けた本田が左足を振り抜く。強烈なシュートがGKのファンブルを誘い、走り込んでいたJ・マルティネスがプッシュした。 ▽本田の一振りから同点ゴールを奪ったパチューカはさらに58分、敵陣中央で本田がキープから左サイドに展開。これを受けたウレタビスカヤのクロスをビクトル・グズマンがワントラップから冷静にゴール左へと流し込み、逆転に成功する。 ▽しかし、パチューカはその後、75分にトルーカのロドリゴ・サリナスにゴールネットを揺らされ、2-2で試合終了。本田が2得点に絡む活躍を見せるもチームは3試合未勝利で終わっている。 パチューカ 2-2 トルーカ 【パチューカ】 ホアキン・マルティネス(後4) ビクトル・グズマン(後13) 【トルーカ】 ウリベ(前25) ロドリゴ・サリナス(後30) 2017.10.19 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「望むのであれば…」サンパウロ会長、オーランド・シティ退団発表のカカ復帰を歓迎

▽サンパウロの会長を務めるカルロス・アウグスト・バロス氏は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表FWカカ(35)の復帰を歓迎している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽サンパウロでプロキャリアをスタートさせたカカは、ミランやレアル・マドリーでプレーした。その後、2013年9月にミランへの復帰を経て、2014年7月の時点で2015シーズンからオーランド・シティへ加入することが発表された。シーズンが開幕する2015年3月までの半年間は古巣であるサンパウロに復帰している。 ▽オーランド・シティ加入後、これまで公式戦78試合で28ゴール19アシストを記録していたカカ。そんな中、11日には契約満了となる今季限りでのクラブ退団が発表されていた。また同選手は、退団を発表する前に現役引退を示唆するコメントを残したものの、のちに「次に何が起きるかは僕にもわからない」と今後の去就に含みを持たせている。 ▽これに対して、サンパウロの会長を務めるバロス氏は、カカ本人が望むのであれば「なんでもする」とコメントしている。 「まだ何もないが、可能性はある。彼はサンパウロの歴史に関係の深い選手だ。復帰を望むのであれば、我々は実現に向けてなんでもするだろうね」 2017.10.17 11:23 Tue
twitterfacebook
thumb

主将カカ、泣く…現役引退か

▽MLS(メジャーリーグサッカー)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカ(35)が16日、同クラブでのリーグ戦ホーム最終節のコロンバス・クルー戦(0-1でオーランド・シティが敗戦)の試合前に涙を流すシーンがあった。 ▽2015年からMLSに新規参入したオーランド・シティに初年度から所属し、主将としてチームをけん引してきたフットボール界のレジェンド・カカ。今月11日には契約満了となる今季限りでのクラブ退団が発表されており、今回の一戦がホームでのラストマッチとなった。 ▽そのカカは、試合前に感極まり涙。オーランド・シティは、「#ThankYouKaka」のハッシュタグと共に、「我々のキャプテン、本物の愛」と、その状況を動画で伝えた。カカは試合後、自身のSNS上で「今日のことは永遠に心に残る。ありがとう、オーランド」とクラブへの感謝の意を示している。 ▽これまでミランやレアル・マドリーなどのビッグクラブで活躍し、2007年にはバロンドールも獲得したカカ。先日には、ブラジル『Globoesporte』で「フットボールをしていても楽しくない。毎試合、身体が痛むんだ。35歳の年齢だと回復は難しい」と現役引退を示唆したものの、のちに「次に何が起きるかは僕にもわからない」と付け加えており、現役引退か新たなチームでのプレーか、今後の去就が注目される。 2017.10.17 10:14 Tue
twitterfacebook
thumb

ベロン氏が古巣・エストゥディアンテスの新会長に再選

▽元アルゼンチン代表MFで「ブルヒータ」(小さな魔法使い)の愛称で親しまれたフアン・セバスティアン・ベロン氏(42)が、古巣でもある母国のエストゥディアンテスの新会長に選ばれた。クラブが発表している。 ▽ベロン氏は、エストゥディアンテスの下部組織出身で、1996年2月にボカ・ジュニアーズに移籍。同年7月にサンプドリアへと完全移籍し、欧州サッカーに身を投じた。 ▽1998年7月にはパルマへと移籍すると、1999年7月にラツィオへと移籍。2001年7月にはマンチェスター・ユナイテッドへと移籍した。2003年7月にはチェルシーへと移籍するも、思うような結果を残せず、2004年7月にインテルへとレンタル移籍。2006年7月にエストゥディアンテスへと復帰していた。 ▽エストゥディアンテス復帰後は、再び輝きを取り戻し、アルゼンチン代表にも復帰。2011年10月に引退を宣言したが、チームメイトの慰留を受けて現役続行。2014年5月に引退した。 ▽その後、2014年10月にエストゥディアンテスの会長に就任。しかし、2016年12月に再び現役に復帰。今年もコパ・リベルタドーレスでは5試合に出場したが、チームはグループリーグで敗れていた。 ▽なお、会長としての任期は2020年まで。「アルゼンチン最高のクラブになる」と意気込みも語っている。現在エストゥディアンテスは、アルゼンチン・スーペルリーガで6試合を終えて2勝2分け2敗の15位に位置している。 2017.10.16 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

“時すでに遅し”のナスリ「僕にプロ意識があれば…」

▽アンタルヤシュポルに所属する元フランス代表MFサミル・ナスリが自身のキャリアを悔いた。スペイン『アス』が伝えている。 ▽マルセイユ育成機関で育ち、若くして“ネクスト・ジダン”と評されるなど将来を嘱望されたナスリ。これまでアーセナルやマンチェスター・シティ、セビージャといった欧州の名クラブを渡り歩いてきたが、フランス代表から追放されるなど、プレー面よりも素行の悪さが先行している。 ▽今年6月に30歳の誕生日を迎えたナスリは、スペイン『Canal+』で自身のキャリアについて次のように振り返った。 「キャリアのある段階でプロ意識を欠いていなければ、もっと良い選手になっていただろうね。ピッチ上でいつも仕事に集中してきたけど、私生活のスタイルが良くなかった。それが僕のステップアップを妨げていたのかもしれない。タレント性は確かだったのにね」 2017.10.16 11:15 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース