チェルシー移籍も噂されたセルティックGKゴードン、2020年まで契約延長2017.03.09 00:48 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルティックは8日、スコットランド代表GKクレイグ・ゴードン(34)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽2014年夏にサンダーランドからセルティックに移籍したゴードンは、正GKとして2014-15、2015-16シーズンのスコットランドリーグ優勝に貢献。今季も27試合を終えた段階で2位に27ポイント差を付けて首位に立つセルティックの守護神として活躍している。

▽この冬にはチェルシーの第2GKを務めるボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表GKアスミル・ベゴビッチの移籍に備え、チェルシー入りの噂もあったゴードンだったが、ベゴビッチが残留したことでセルティックに留まっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ポルティモネンセMF中島翔哉が積極果敢なプレーもノーゴール…チームは決定力に欠きAT弾を許して7試合ぶり黒星《プリメイラ・リーガ》

▽日本人MF中島翔哉の所属するポルティモネンセは10日、プリメイラ・リーガ第14節でチャベスと対戦し、0-1で敗れている。中島は10試合連続スタメンで75分までプレーした。 ▽前節のエストリル・プライア戦を0-0の引き分けに終えたものの、6戦無敗をキープしているポルティモネンセ。14分には中島が右サイドからのクロスに反応し、ボックス手前やや左から下がりながら右足を振り抜くも枠を捉えることができない。 ▽さらに中島は34分にもディフェンスラインの裏へのボールに抜け出して、巧みなトラップでボックス左に侵攻してシュート。しかし、これがGKの正面に飛んでしまう。 ▽前半から積極果敢にゴールを狙うポルティモネンセだがあと一歩のところでゴールを奪うことができない。すると後半アディショナルタイムに味方がボックス内でファウルを犯してしまい、PKを献上。これをペドロ・ティバにゴール右へと突き刺されて試合終了。決定力不足を露呈したポルティモネンセが7試合ぶりの黒星を喫した。 2017.12.11 09:32 Mon
twitterfacebook
thumb

リベンジ達成! トロントが昨季と同一カードとなったMLSカップ決勝を制し初優勝《MLSカップ》

▽現地時間9日、MLSカップ決勝のトロントFCvsシアトル・サウンダーズが行われ、2-0でトロントが勝利した。トロントは初優勝となる。 ▽イースタン・カンファレンス首位でプレーオフを勝ち上がってきたトロントと、ウェスタン・カンファレンス2位でプレーオフを勝ち上がったシアトルの一戦。昨年のMLSカップ決勝と同一カードとなった一戦。昨シーズンはシアトルがゴールレスで迎えたPK戦を制して優勝を達成していた。 ▽序盤からチャンスを作ったのはトロントだった。開始2分、右CKを得ると、クロスの流れからファーサイドで3がヘッド。しかし、これは枠を捉えられない。10分にはロングフィードをボックス手前中央でアルティドールが胸で落とすと、オソリオがシュート。しかし、これはGKフレイがなんとかセーブする。 ▽11分には左サイドからのロングスルーパスにジョビンコが反応。ボックス内右でGKと一対一となるも、シュートを再びGKフレイがセーブ。シアトルはなんとか失点を逃れる。 ▽23分にもボックス左でボールを受けたジョビンコが、相手DFをかわしてシュート。GKフライは逆を突かれるも、片手でセーブしゴールを死守。シアトルはなかなか攻め手がないまま、GKフライの活躍で前半をゴールレスで終える。 ▽後半に入っても、トロントが攻め手を緩めない。60分には右サイドを仕掛けると、最後はルーズボールをブラッドリーがミドルシュート。しかし、これもGKフライがセーブする。64分にも右サイドから崩すと、アルティドールの横パスをボックス中央でジョビンコがシュート。ブラインドになっていたが、GKフライがこれも防ぐ。 ▽シアトルは、ゴールに迫る機会はあるものの決定機を作るまでに至らず。すると、ついに均衡が破れる。66分、自陣ゴール前での守備から縦パスをつないだトロント。最後はジョビンコのパスに反応したアルティドールが中央を抜け出すと、GKフライの牙城を崩し、ついに先制する。 ▽先制を許したシアトルだったが、やはり攻撃がはまらず。対するトロントは後半アディショナルタイムにビクトル・バスケスがダメ押しゴール。そのままトロントが2-0で勝利し、初優勝を成し遂げた。 トロントFC 2-0 シアトル・サウンダーズ 【トロントFC】 アルティドール(後21) ビクトル・バスケス(後45+3) 2017.12.10 11:18 Sun
twitterfacebook
thumb

久保裕也が今季6ゴール目! 逆転勝利のヘント5連勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは9日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第18節でコルトライクと対戦し、2-1で勝利した。久保はフル出場。2試合ぶりのゴールをマークした。 ▽4連勝中のヘントは、開始7分に先制を許したが、そのわずか3分後にヤレムチュクがゴール。ヘントがすぐさま追いつく。 ▽27分には久保が味方の縦パスから裏を取り、ヤレムチュクとのワンツーでボックス右に侵攻。相手GKとの一対一を制し、勝ち越した。 ▽結局、久保のシーズン6ゴール目となる一発が決勝点となり、ヘントが逆転勝利で5連勝を飾っている。 ヘント 2-1 コルトライク 【ヘント】 ヤレムチュク(前10) 久保裕也(前27) 【コルトライク】 シュバリエ(前7) 2017.12.10 08:15 Sun
twitterfacebook
thumb

森岡亮太が値千金の同点弾アシスト! ベベレンがS・リエージュに逆転勝利《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表MF森岡亮太が所属するベベレンは8日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第18節のスタンダール・リエージュ戦に臨み、3-1で勝利した。森岡は4試合連続のフル出場を果たした。 ▽名門スタンダール・リエージュをホームに迎え撃った3連敗中のベベレンは、1点リードを許した中、36分に森岡がキッカーを務めた左CKから同点。試合を振り出しに戻してハーフタイムを迎える。 ▽すると、ベベレンは後半立ち上がりの49分に勝ち越し、72分にスタンダール・リエージュを引き離す3点目。森岡の7試合ぶりとなるアシストが逆転劇に繋がり、4試合ぶりの白星を手にしている。 ベベレン 3-1 スタンダール・リエージュ 【ベベレン】 セック(前36分) テリン(後4) アンポマー(後27) 【スタンダール・リエージュ】 マリン(前15) 2017.12.09 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

レオナルド、監督復帰わずか2カ月で会長とともに辞任…原因はアンタルヤスポル内紛か

アンタルヤスポルは7日、公式ツイッターを更新し、レオナルド監督と双方の合意の下で契約を解除したことを発表した。<br><br>J1鹿島アントラーズやミランなどでプレーしたことで知られるレオナルドは9月28日、トルコリーグのアンタルヤスポル指揮官に就任。2010-11シーズンにインテルを指揮して以来、約6年ぶりとなる監督復帰を果たした。しかしトルコでの冒険は長くは続かず、わずか2カ月ほどで幕を閉じることになった。<br><br>『Goal』の取材によれば、最近、アンタルヤスポルでは深刻な内部紛争が勃発。これにより会長が辞意を表明していた。レオナルドも今後のクラブの方向性に不安を感じ、会長に続く形でチームを去る意思を固めていた。<br><br>アンタルヤスポルでは現在、元カメルーン代表のFWサミュエル・エトーや元フランス代表MFサミル・ナスリ、ミランでMF本田圭佑の同僚だったFWジェレミー・メネズらスター選手がプレーしている。しかしレオナルドが着任して以降も成績は上向かず、これまでの10試合で4勝5敗1分と低迷。順位表でも勝ち点13ポイントで14位に沈み、降格圏のクラブとはわずか2ポイント差に迫っている。指揮官レオナルドが去った後も、チームは残留に向けて厳しい戦いを強いられることになる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.08 17:38 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース