超ワールドサッカー

チェルシー移籍も噂されたセルティックGKゴードン、2020年まで契約延長2017.03.09 00:48 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルティックは8日、スコットランド代表GKクレイグ・ゴードン(34)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽2014年夏にサンダーランドからセルティックに移籍したゴードンは、正GKとして2014-15、2015-16シーズンのスコットランドリーグ優勝に貢献。今季も27試合を終えた段階で2位に27ポイント差を付けて首位に立つセルティックの守護神として活躍している。

▽この冬にはチェルシーの第2GKを務めるボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表GKアスミル・ベゴビッチの移籍に備え、チェルシー入りの噂もあったゴードンだったが、ベゴビッチが残留したことでセルティックに留まっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

大乱闘を引き起こした上海上港のブラジル代表MFオスカルに8試合の出場停止と罰金処分

▽中国サッカー協会(CFA)は22日、上海上港のブラジル代表MFオスカルに対し、8試合の出場停止と4万人民元(約65万円)の罰金処分を下したことを発表した。 ▽オスカルは、18日に行われた中国スーパーリーグ第18節の広州富力戦に先発出場。しかし、1-1で迎えた前半アディショナルタイムに、ボールを全力でクリアすると相手選手に当って跳ね返ると、別の選手に向かって全力でボールを蹴り当て、現場は騒然。両チームの選手が入り乱れる大乱闘へと発展していた。 ▽選手のみならずスタッフも入り乱れる大乱闘に対し、主審はイエローカードを3枚、レッドカードを2枚提示。オスカルにはカードが提示されず、フル出場を果たした。 ▽騒動の発端となったオスカル以外にも、レッドカードを提示されていた上海上港のDFフ・フアンは6試合の出場停止と3万人民元(約49万円)の罰金処分が下され、同じく退場していた広州富力のDFリー・ティシャンは5試合の出場停止と2万5000人民元(約41万円)の罰金処分が下されている。 ▽また、オスカルを突き倒した広州富力のMFチェン・ジージャオには7試合の出場停止処分と3万人民元(約49万円)の罰金処分が下り、両チームには5万人民元(約81万5000円)の罰金処分が下された。 ▽オスカルは今シーズンの中国スーパーリーグで13試合に出場し1得点を記録。上海上港は広州恒大に次ぐ2位につけている。 2017.06.23 12:58 Fri
twitterfacebook
thumb

ゼニトがバルサのカンテラーノ・ムニル獲得へ

▽ゼニトがバルセロナの元スペイン代表FWムニル・エル・ハダディ(21)の獲得に近づいているようだ。カタルーニャメディア『Tot costa』の情報を基に、スペイン『CCMA』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、ゼニトはバルセロナが要求する2000万ユーロ(24億8000万円)の移籍金を支払うつもりのようだ。ゼニトを率いるロベルト・マンチーニ監督とフロント陣が補強について話を詰めたうえで、同じく興味を示しているとされるナポリが獲得に動かないようであれば、交渉は数日で終わるだろうと推測している。 ▽バルサの下部組織出身のムニルは2015-16シーズンにトップチームデビューを果たすも、15試合の出場に留まりインパクトを残せなかった。しかし、今シーズンはレンタル移籍でバレンシアに活躍の場を移すと、リーグ戦33試合に出場。チーム最多タイの6得点をマークするなど印象的なシーズンを送った。 ▽しかし同メディアによると、バルセロナのアーネスト・バルベルデ新監督は、ムニルを来季の構想には入れていないようだ。また、『フットボール・エスパーニャ』によるとバレンシアも同選手の獲得に向けて交渉を行っていたようだが、最終的にはゼニト移籍で決着がつきそうだ。 2017.06.22 17:49 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表指揮官、去就に関して沈黙を貫くC・ロナウドを擁護

レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが去就について沈黙を貫いている。フェルナンド・サントス監督はC・ロナウドの判断を支持した。<br><br>ポルトガルは21日、コンフェデレーションズカップ第2戦でロシア代表と対戦し、1-0の勝利を飾った。8分に決勝点を挙げたC・ロナウドはマン・オブ・ザ・マッチに選出され、会見に応じたが、去就に関する質問には回答をせず、会場を後にした。サントス監督は「彼がゲーム以外の話について質問に答えるべきだと思うか? 彼はゲームについて話すためにここにいる。それだけだ」とチームのエースを擁護し以下のように続けた。<br><br>「家族のことやレアル・マドリーのことやその他の何かについて話すわけではない。ゲームについて話すだけだ。関心を持つのは理解できるが、そのことを尊重しなければならない」<br><br>「意地悪で言うわけではない。選手の個人生活を尊重すべきだというだけのことだ。彼と話をして返事を得る機会はこれから十分にあるだろう。彼が質問への回答を避けたのは非常に賢明なことだったと思う」<br><br>ロナウドは試合については「すごく嬉しい。ロシアでポルトガルが勝利を挙げるのは初めてのこと。チームはとても良いプレーをした。相手はホームでの戦いということもあり、サポーターの応援を後押しに、プレッシャーをかけてきた。しかし、僕らのほうが優れていた」と、喜びのコメントを残している。<br><br>なお、ポルトガルは24日、ニュージーランド代表と対戦し、引き分け以上で準決勝へと駒を進めることになっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 16:03 Thu
twitterfacebook
thumb

アルゼンチンリーグでボカ・ジュニアーズが32度目のリーグ優勝を達成

現地時間20日、アルゼンチンリーグの第29節が行われ、サン・ロレンソがリーグ2位のバンフィエルドを1-0で下した。<br><br>この結果、首位に立っていたボカ・ジュニアーズとの勝ち点差が5のままで、2位バンフィエルドはリーグ戦残り1試合なのに対して、試合消化数の少ないボカのリーグ優勝が確定した。ボカは32度目のリーグ制覇を果たし、36回の優勝記録を持つリーベル・プレートに一歩近づいた形になる。<br><br>また、ボカはシーズン前半に5ゴールを決めていたカルロス・テベスを上海申花に売却。エースの穴を感じさせずに見事リーグ制覇を果たした。<br><br>監督のギジェルモ・バロス・スケロットにとっては指揮官として初めてのリーグタイトルとなるが、今シーズンここまでリーグ戦で3敗しかしておらず、その手腕は高く評価されている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.21 12:52 Wed
twitterfacebook
thumb

中国サッカー協会、”爆買い”に終止符?移籍金約7億円以上の国外選手への投資額が2倍に

&rdquo;爆買い&rdquo;の時代が幕を閉じようとしているのかもしれない。中国サッカー協会(CFA)は20日、今夏の移籍マーケットにあたって新たな規定を制定し、導入したことを発表した。<br><br>ここ数年、数多くの国外のスター選手を破格の移籍金や年俸で獲得し、サッカー界に衝撃を与えた中国スーパーリーグ。特に冬の移籍市場では欧州主要リーグをも上回る勢いで補強に大金を注ぎ込み、周囲を驚かせた。<br><br>だが、ここに来てこの&rdquo;爆買い&rdquo;の勢いが削がれることになりそうだ。自国の選手たちが育たない環境を懸念するCFAは、移籍市場での動向における新ルール導入の決断に至ったとのこと。中国『Goal』によると、2017年夏の移籍市場にあたって、CFAは次のように発表した。<br><br>「国外からの選手の獲得に4500万元(約7億3000万円)以上、又は国内の選手の獲得に2000万元(約3億3000万円)以上の金額を支払ったクラブは、その同等の金額を若い選手たちの発展へのサポート、グラスルーツサッカーや慈善設備の奨励、そして国家によるサッカーの活性化計画の実施のために設立されるチャイニーズ・フットボール・ディベロップメント・ファンド(中国サッカー発展ファンド)に払い込むことが求められる」<br><br>この新たなルールによれば、中国のプロクラブが国外から高額で新戦力の獲得を図った場合、実質その2倍の金額を支払うことになる。これは、すでに今夏の中国移籍に向けて交渉が進められている取引にも影響を及ぼすことになるかもしれない。<br><br>提供:goal.com 2017.06.20 21:45 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース