チェルシー移籍も噂されたセルティックGKゴードン、2020年まで契約延長2017.03.09 00:48 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルティックは8日、スコットランド代表GKクレイグ・ゴードン(34)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽2014年夏にサンダーランドからセルティックに移籍したゴードンは、正GKとして2014-15、2015-16シーズンのスコットランドリーグ優勝に貢献。今季も27試合を終えた段階で2位に27ポイント差を付けて首位に立つセルティックの守護神として活躍している。

▽この冬にはチェルシーの第2GKを務めるボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表GKアスミル・ベゴビッチの移籍に備え、チェルシー入りの噂もあったゴードンだったが、ベゴビッチが残留したことでセルティックに留まっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

豪代表ケーヒル、チャンス求めて英2部の古巣復帰も…出場時間はわずか6分で“言い分け”?

先月、古巣であるイングランド2部ミルウォールに移籍したオーストラリア代表FWティム・ケーヒルが移籍の理由は出場時間の確保ではないと語った。『FOXスポーツ』が報じている。<br><br>38歳のオーストラリア代表ストライカーは、昨年までメルボルン・シティに在籍。しかし、ウォーレン・ジョイス新監督就任後は9試合のうち先発出場は1試合に留まり、古巣である英2部のミルウォールに復帰した。しかし、移籍後は途中出場の2試合で出場時間わずか6分となっている。<br><br>昨年11月に行われたワールドカップ大陸間プレーオフのホンジュラス代表戦の後には、「プレー時間が必要だ。もしそれが得られないなら、他のクラブを探す」と話し、出場機会を理由に復帰を決断したケーヒルだが、今回のインタビューでは実戦経験を求めての移籍ではなかったと説明する。<br><br>「出場時間の問題ではないんだ。100%違うよ。みんなは『ワールドカップでプレーするためには出場機会を増やさないといけない』と言うけれど、一旦ワールドカップのことは置いておこう。自分自身に毎日テストを課してくれているようなプロフェッショナルな環境を求めていたんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.23 18:53 Fri
twitterfacebook
thumb

“日本資本”のSTVV、今冬の森岡亮太獲得試みを否定「我々から出た話ではない」

アンデルレヒトのMF森岡亮太は、今冬他のクラブへ行く可能性はどれほどあったのだろうか。<br><br>森岡は昨夏、ワースランド・ベベレンへ加入すると、ベルギー初年度からセンセーショナルな活躍を披露。その働きが認められ、アンデルレヒトへとステップアップを果たした。フランスのトップクラブも獲得を考えていたとも報じられるが、ベルギーのシント・トロイデン(STVV)も興味を示していたと伝えられる。<br><br>STVVは日本のDMMグループが経営している&ldquo;日本資本&rdquo;のクラブ。STVVでディレクターを務めるダビド・メーケルス氏は、ベルギー『HLN』で今冬の動きについてこう明かす。<br><br>「我々は考えていなかったし、クラブ側から出たうわさではない。DMMの従業員の一人が森岡の友人で、私もベベレンでの試合を見に行ったんだ。彼らはその後挨拶を交わしていたが、我々から獲得を試みようとはしていない」<br><br>日本資本のクラブということで、日本化が騒がれていたが、森岡獲得はただのうわさに過ぎなかったという。しかし結果として、ベルギートップクラブであるアンデルレヒトへの移籍が成立したため、森岡にとって悪くない移籍市場となったと言えるのではないだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.22 20:31 Thu
twitterfacebook
thumb

「メッシを超えたいなら…」アンリ氏がネイマールに過激な助言?

▽元フランス代表のティエリ・アンリ氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールにアドバイスを送っている。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽昨夏バルセロナからPSGに移籍したネイマール。『カルチョメルカート』はこの移籍を「メッシの影から出たかったから」と推測し、バロンドールを獲得するための移籍だったとしている。 ▽現役時代にはバルセロナでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシともプレーしたアンリ氏。この推測について問われると、ネイマールにあるアドバイスを送った。 「私は、ネイマールがメッシの影から抜け出したくてバルセロナを出ていったのかどうかはわからない」 「ただ、全ての選手がメッシの影に隠れてしまっていることは事実だ。ネイマールがそうありたくないのであれば、彼はスポーツを変えるべきだね」 2018.02.21 23:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ガラタサライ長友佑都、フィギュア界貴公子の66年ぶり五輪連覇に“あっぱれ”

▽ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が17日、自身のツイッター(@YutoNagatomo5)で日本が誇るフィギュアスケーターの偉業にコメントした。 ▽平昌オリンピック(五輪)に出場するフィギュアスケート男子の羽生結弦は、同日に行われたフリープログラムで206.17を記録。前日のショートプログラムと総合で317.85を叩き出し、前回大会に続き男子として66年ぶりの五輪連覇の快挙を成し遂げた。 ▽羽生にとっては、大会前に負ったケガで長期離脱してから復帰後一発目の実践。長友は次のようにつぶやき、フィギュア界における日本人貴公子の偉業に舌を巻いた。 「羽生結弦選手凄まじいな。どうやったら怪我で長期離脱から復帰してすぐ最高のパフォーマンス発揮できるん? まだ完治してないよね? しかもオリンピックの大舞台。才能だけでは片付けられない。異次元の精神力。あっぱれやな。。」 2018.02.19 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

長友フル出場のガラタサライが格下相手に痛恨の敗戦で首位陥落…《トルコ・スーパーリーグ》

▽日本代表DF長友佑都の所属するガラタサライは18日、トルコ・スーパーリーグ第22節でカスムパシャと対戦し、1-2で敗戦した。長友は移籍後公式戦4試合連続フル出場を果たしている。 ▽前節、首位に浮上したガラタサライ(勝ち点44)が、12位カスムパシャ(勝ち点26)のホームに乗り込んだ一戦。試合が動いたのは37分、自陣右サイドからドリブルで持ち上がったライアン・ドンクのサイドチェンジをバイタルエリア左で受けたガリー・ロドリゲスがボックス左からコントロールシュートをゴール右隅に突き刺した。 ▽先制したガラタサライだったが、前半終了間際の48分にセルダル・アジズがボックス内でベルナルド・メンサーを倒してPKを献上。このPKをムバイエ・ディアニェに決められ、前半は1-1で終了した。 ▽迎えた後半、ガラタサライは失点につながるミスを犯したアジズを下げてデルディヨクを投入。さらに59分にはフェグリを下げてシナン・ギュムシュを投入した。 ▽しかし、先にスコアを動かしたのはカスムパシャ。80分、左サイドからのFKをボックス中央のシアム・ベン・ユーセフが頭で落とすと、ダビド・パベルカが胸トラップからバイシクルシュートを狙うがキックミス。しかし、ボックス右に流れたこぼれ球に反応したコイタが豪快なジャンピングボレーでゴールに叩き込んだ。 ▽結局、試合は1-2で終了。格下相手に痛恨の黒星を喫したガラタサライが、首位陥落となった。 2018.02.19 03:25 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース