チェルシー移籍も噂されたセルティックGKゴードン、2020年まで契約延長2017.03.09 00:48 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルティックは8日、スコットランド代表GKクレイグ・ゴードン(34)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽2014年夏にサンダーランドからセルティックに移籍したゴードンは、正GKとして2014-15、2015-16シーズンのスコットランドリーグ優勝に貢献。今季も27試合を終えた段階で2位に27ポイント差を付けて首位に立つセルティックの守護神として活躍している。

▽この冬にはチェルシーの第2GKを務めるボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表GKアスミル・ベゴビッチの移籍に備え、チェルシー入りの噂もあったゴードンだったが、ベゴビッチが残留したことでセルティックに留まっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ベベレン森岡亮太が2アシスト! 今季ここまで2得点4アシストの活躍《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽元日本代表MF森岡亮太が所属するベベレンは19日、ジュピラー・プロ・リーグ第4節のロケレン戦に臨み、2-3で敗れた。森岡は4戦連続フル出場。2アシストの活躍を見せた。 ▽この試合で連勝を狙ったベベレンだが、前半に3失点の苦しい展開を強いられてしまう。それでも、57分に左サイドの森岡が左足のクロスからMFナナ・オポク・アンポマーのゴールをアシスト。72分にも森岡の左CKからDFリュディ・カマーショのゴールを導いた。 ▽しかし、あと1点が遠く、ベベレンは開幕4戦目にして今シーズン初黒星。26日に行われる次節は、シント・トロイデンとのアウェイゲームに臨む。なお、森岡は今シーズンのここまで2得点4アシスト。チームの総得点「10」のうち「6」に絡む好パフォーマンスが続いている。 2017.08.20 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、メキシコリーグ第5節も欠場確定…初のメンバー入りは第6節ベラクルス戦か

メキシコリーグの17-18シーズン、アペルトゥーラ(開幕ステージ)第5節モナルカス・モレリアvsパチューカの試合が現地時間18日に行われる。<br><br>ここまでリーグ4戦を消化して1勝3敗と苦戦しているパチューカだが、日本代表MF本田圭佑が第5節の登録メンバーから外れたことがクラブ公式メディアで明らかになっている。<br><br>本田は筋肉系に問題を抱え、すでにチーム練習に加わっていると伝えられているが、開幕からリーグ5試合続けて欠場することが確定している。<br><br>パチューカは現地時間22日、第6節でベラクルスとホームで戦う予定になっている。この試合で本田がメキシコデビューとなる可能性が高いと現地メディアで報じられており、引き続きその動向に注目が集まるところだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2017.08.18 21:19 Fri
twitterfacebook
thumb

セルティック、昨季リーグ15発のアームストロングと新契約

▽セルティックは18日、スコットランド代表MFスチュアート・アームストロング(25)と新たに2年間の契約延長で合意に達したと発表した。新たな契約期間は2019年夏までとなる。 ▽アームストロングはダンディ・ユナイテッドでキャリアをスタート。2015年冬にセルティック入りを果たした。セルティック在籍4シーズンで公式戦通算111試合25得点。昨シーズンはキャリアハイのリーグ戦15得点を記録した。 2017.08.18 18:10 Fri
twitterfacebook
thumb

シャフタールのウクライナ代表DFクチェルがカイセリシュポルに移籍

▽トルコ・スーパーリーグのカイセリシュポルは16日、シャフタールのウクライナ代表DFオレクサンデル・クチェル(34)を獲得したことを発表した。契約期間は1年で、オプションで1年更新となるとのことだ。 ▽2006年にメタリストからシャフタールに加入したクチェルは、シャフタール不動のセンターバックとして公式戦176試合に出場して9ゴールを記録。2016-17シーズンもウクライナリ-グで22試合に出場していた。 ▽ウクライナ代表としては56試合に出場して2ゴールを決めている。 2017.08.17 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

久保先発も決定機逸… ヘントは開幕3戦勝利なし《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽ヘントは6日、ジュピラー・プロ・リーグ第3節でメヘレンとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。FW久保裕也は79分までプレーしている。 ▽リーグ戦連敗スタート、ヨーロッパリーグ予選敗退と開幕から躓いている公式戦3連敗中のヘントは、久保が前節に続き[3-4-3]の左ウイングで先発となった。 ▽2分けスタートのメヘレンに対し、立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、ヘントは29分に久保にチャンス。ロングフィードに抜け出してネットを揺らしたが、オフサイドに阻まれた。 ▽続く30分にカルーが鋭い枠内シュートを浴びせたヘントは、33分に先制ゴールを奪いきる。久保の頭でのパスを受けたボックス左のクリバリの左クロスをカルーが合わせた。 ▽さらに40分には久保に決定機。右サイドからのアーリークロスを受けたボックス左の久保は胸トラップから左足でシュート。しかし、わずかに枠の上を越えていった。そして43分には右クロスにアンドリアジェビッチがヘディングで合わせたシュートが枠を捉えたが、GKの好守に阻まれ、1点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半も互角の攻防で立ち上がった中、62分に久保に決定機。しかし、右クロスをフリーの状態で久保が頭で合わせたシュートは枠の左に外してしまった。逃げ切りを図りたいヘントは79分に久保を下げ、守備に重きを置いていく。 ▽しかし87分、意表を突いたFKからボックス中央のマティーズにミドルシュートを決められ、同点とされてしまう。終盤にかけて勝ち越しを目指したヘントだったが決定機を生み出すには至らず1-1で終了。開幕からリーグ戦3試合勝利なしと厳しいスタートとなっている。 2017.08.13 02:54 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース