チェルシー移籍も噂されたセルティックGKゴードン、2020年まで契約延長2017.03.09 00:48 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルティックは8日、スコットランド代表GKクレイグ・ゴードン(34)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽2014年夏にサンダーランドからセルティックに移籍したゴードンは、正GKとして2014-15、2015-16シーズンのスコットランドリーグ優勝に貢献。今季も27試合を終えた段階で2位に27ポイント差を付けて首位に立つセルティックの守護神として活躍している。

▽この冬にはチェルシーの第2GKを務めるボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表GKアスミル・ベゴビッチの移籍に備え、チェルシー入りの噂もあったゴードンだったが、ベゴビッチが残留したことでセルティックに留まっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ベシクタシュ監督が頭部を負傷…フェネルバフチェとの一戦は58分で中断

19日に行われたトルコカップでベシクタシュの監督が頭部を負傷する騒動が起きた。<br><br>トルコカップ準決勝セカンドレグでベシクタシュは敵地でフェネルバフチェと対戦。ところが0-0で迎えた後半早々、ベシクタシュのシェノル・ギュネシュ監督の頭部にフェネルバフチェサポーターから投げられた物が直撃する。同指揮官はそのまま病院へと搬送され、5針を縫う負傷であることが明らかになった。<br><br>イスタンブールに本拠地を置く両クラブの一戦は元レアル・マドリーのペペが一発退場を命じられるなど前半から荒れ模様。ベシクタシュの選手がタッチラインやコーナーフラッグ周囲に行く度に物が投げ込まれる場面も確認されていた。これらの騒動を受け、マッチオフィシャルは試合の続行は不可能と考え、58分に中断が決定している。<br><br>試合の扱いや両チームへの処分に関しては、後日連盟によって話し合われるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

現地メディアがパチューカ本田圭佑を称賛「今季加入選手で最大のハイライト」

今シーズン、ミランを去った本田圭佑はリーガMXのパチューカに新天地を求めた。後期リーグではここまで7ゴールを決めており、メキシコ挑戦1年目から結果を残した形となったが、現地メディアも本田の活躍に賛辞を贈っている。北米大手メディア『ESPN』は「今季最もインパクトを残した補強」として本田について次のように報じた。<br><br>「元ミランの選手は、リーガMXでも最高のアシスト役と言えるだろう。彼はここまで後期リーグで15ゴールに絡む仕事を披露している。ゴールだけでも彼はすでに前期と合わせ13ゴールを決めており、この移籍は成功と言える」<br><br>「31歳の日本人選手が残した数字は、今季メキシコリーグに加わったMFの中で最も好成績。その中でマテウス・ウリベ(クラブ・アメリカ)だけが本田に次ぐ内容」<br><br>2017年夏にリーガMXに加入した選手としては「マテウス・ウリベ、フェリペ・モラ、エネル・バレンシア、マウロ・フォルミカ、エドガー・メンデスなどが2017年、メキシコに到着した。その中でも本田はこの世代のハイライトの一つ」と紹介し、本田のパチューカ加入は&ldquo;成功例&rdquo;だったと強調している。<br><br>その一方、同じく『ESPN』では本田について「1年で契約満了となり、メキシコリーグを去るだろう」という展望も掲載している。ロシア・ワールドカップ終了後、18-19シーズンにどのユニフォームを身に着けているのか、本田の去就にも注目が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安の起点からPK獲得もフローニンヘンはリーグ戦連勝ならず…《エールディビジ》

▽MF堂安律の所属するフローニンヘンは19日、エールディビジ第17節延期分でユトレヒトとのアウェイ戦を戦い、1-1の引き分けに終わった。堂安はフル出場した。 ▽前節リーグ戦4試合ぶりの白星を飾った13位のフローニンヘン(勝ち点33)だが、この試合はホームチームが先に試合を動かす。8分、左FKをファーサイドのダリオ・ジュミッチが頭でつなぐと、ボックス中央左のヤシン・アユブが再び頭で折り返し、最後はヴィレム・ヤンセンが左足のボレーでゴール右に流し込んだ。 ▽先制を許したフローニンヘンは25分、右サイドからカットインした堂安が左足でミドルシュートを放つも、これは相手GKに阻まれた。その後も一進一退を続けた試合は、0-1で前半を終了した。 ▽後半もこう着状態が続く中、スコアを動かしたのはフローニンヘン。71分、堂安のパスをボックス右で受けたトム・ファン・ウィートが切り込むと、ファン・デル・マーレルに後ろから倒されてPKを獲得。これをファン・ウィートがゴール右隅に決め、試合を振り出しに戻した。 ▽その後も勝ち越しゴールを狙ったフローニンヘンだが、最後までスコアは動かず。試合は1-1の引き分けで終了した。 ユトレヒト 1-1 フローニンヘン 【ユトレヒト】 ヤンセン(前8) 【フローニンヘン】 ファン・ウィート(後27[PK]) 2018.04.20 03:28 Fri
twitterfacebook
thumb

悲劇…“ソフィア・ダービー”で装置が爆発し女性警官が重傷

▽またしても、スタジアムで悲しい出来事が起こってしまった。ブルガリアリーグのレフスキ・ソフィアvsCSKAソフィアの試合で警察官が重傷を負った。イギリス『BBC』が報じた。 ▽報道によると、CSKAとレフスキとの間で行われた“ソフィアダービー”で事件は起きたとのこと。ブルガリア代表が使用するヴァシル・レフスキ・スタジアムの入り口付近にあった装置が爆発。これにより、警察官にガラス片が飛び散ったとのことだ。 ▽警察当局のチーフコミッショナーであるアントン・ズラタノフ氏によると、これにより1名の女性警察官が重傷を負ったとのことだ。 「彼女は手術を受けた。ただ、彼女の顔や目には、まだたくさんのガラス片がある」 「花火ではない。爆弾だった」 ▽また、試合後、「20名以上のレフスキのファンを拘束した」とも語っている。 ▽“ソフィア・ダービー”では過去にもファンによる行動で多くの被害が出ており、昨シーズンはCSKAソフィアのコーチングスタッフ3名に、投げられた爆竹や石が当たる事件も起きていた。 2018.04.19 19:01 Thu
twitterfacebook
thumb

“バッドボーイ”ムトゥがルーマニア1部リーグの監督に就任!

▽ルーマニア1部に所属するFCヴォルンタリは、元ルーマニア代表FWアドリアン・ムトゥ氏(39)が同クラブの監督に就任したことを発表した。 ▽ムトゥは現役時代にインテル、パルマ、チェルシー、ユベントス、フィオレンティーナなどでプレーし、フランスやインドでプレーした後、2016年に現役引退。 ▽ルーマニア代表としては通算77試合に出場して、35ゴールを記録するなど、ルーマニアサッカー界をけん引してきたが、現役時代にはコカインを使用し、2度のドーピング検査に引っかかるなど“バッドボーイ”としても名を馳せ、飲酒問題でルーマニア代表を永久追放されたこともあった。 ▽FCヴォルンタリは2010年に創設されたクラブで、2014-15シーズンに2部リーグを優勝して、初の1部リーグ昇格を果たした。昨シーズンにはリーグ戦で14チーム中9位、国内カップではアストラを撃破して初優勝を飾っていた。しかし、今シーズンはレギュラーシーズンで10位、下位8チームで行われる残留プレーオフでは1勝1分け3敗と苦戦を強いられ、14日に監督解任を決断していた。 2018.04.19 09:40 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース