シュミット解任のレバークーゼン、コルクト新監督を招へい! ハノーファー時代に清武&酒井宏を指導2017.03.07 02:58 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは6日、タイフン・コルクト氏(42)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。

▽今シーズンここまで苦戦が続き、23節終了時点で勝ち点30の9位に低迷するレバークーゼンは、4日に行われたドルトムント戦では、2-6と大敗を喫していた。この状況を受けてクラブは5日、ロジャー・シュミット前監督(49)の解任に踏み切っていた。

▽レバークーゼンのルディ・フェラーSD(スポーツ・ディレクター)は、コルクト氏を招へいした理由に関して、以下のように語っている。

「タイフン・コルクトは、レバークーゼンのスタイルや文化にマッチした非常に安定したモダンなタイプの監督だ。我々はクラブが彼と共に正しい軌道に戻っていくことを楽観視している」

▽現役時代にフェネルバフチェやソシエダで活躍したトルコ代表MFのコルクト氏は、その後シュツットガルトやホッフェンハイムのユースチームの監督を経て、ハノーファーたカイザースラウテルンでトップチームの監督を歴任。ハノーファー時代には日本代表のMF清武弘嗣(現セレッソ大阪)、DF酒井宏樹(現マルセイユ)を指導していた。

▽なお、コルクト新監督は6日からトップチームのトレーニングを指導しており、今週末に行われるブレーメン戦がレバークーゼンでの初陣となる。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:バイエルン 3-1 レバークーゼン《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ開幕戦バイエルンvsレバークーゼンが18日に行われ、3-1でバイエルンが快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バイエルン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 26 ウルライヒ 6.5 メーメディやブラントの決定的なシュートをストップ DF 32 キミッヒ 6.0 戦術眼の高さを示すプレーぶり 4 ジューレ 6.5 移籍後初ゴール。守備面でもミスがなかった 5 フンメルス 5.5 難しい対応を迫られることはなかった (→ラフィーニャ 5.5) リスクを冒さず守備重視 27 アラバ 6.0 攻守に集中していた MF 25 ミュラー 5.5 決定機に何度か顔を出す (→ロッベン 5.5) 1度カウンターからゴールに迫る 24 トリッソ 7.0 順応性の高さを示し、早くもチームにフィット 19 ルディ 6.0 中盤をコントロール 23 ビダル 6.0 トリッソと共によく攻撃に絡む 7 リベリ 5.5 さほど良い形で仕掛けられず FW 9 レヴァンドフスキ 6.0 前半は存在感がなかったが、後半にPKを獲得 監督 アンチェロッティ 6.0 さすがのチームマネージメントで開幕戦勝利スタート ▽レバークーゼン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>>GK 1 レノ 5.5 ミュラーとの一対一を止めるなど好守があったが3失点 DF 39 ヘンリクス 5.5 攻守にまずまず 4 ター 5.5 彼自身に大きなミスはなし 5 S・ベンダー 5.0 1失点目はマークに付ききれず。前半で交代 (→ドラゴビッチ 5.5) 失点に絡むようなプレーはなかった 18 ヴェンデウ 5.5 もう少し攻撃に絡みたい MF 38 ベララビ 6.0 トップ下と右サイドから好機演出 21 コール 5.0 攻撃面ではまずまずだったが、相手の中盤を自由にした 9 ベイリー 5.0 ベララビとポジションを入れ替えながら打開を図ったが効果は薄かった (→ブラント 6.0) 繊細なタッチで違いを生んだ 20 アランギス 4.5 守備を締められず。PK献上で試合が壊れた (→カンプル 5.5) 1本惜しいシュートを放つ 14 メーメディ 6.0 12分の決定機は決めたいが、一矢報いた FW 31 フォラント 5.5 まずまずボールに触って起点に 監督 ヘルリッヒ 5.5 中盤の攻防で劣勢だった。ブラントの投入は当たる ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! トリッソ(バイエルン) ▽タイミング良くゴール前に顔を出して多くのチャンスに絡む。移籍後初ゴールも決めた。 バイエルン 3-1 レバークーゼン 【バイエルン】 ジューレ(前9) トリッソ(前18) レヴァンドフスキ(後8[PK]) 【レバークーゼン】 メーメディ(後20) 2017.08.19 05:51 Sat
twitterfacebook
thumb

新戦力ゴールのバイエルンがレバークーゼンとの開幕戦を3発快勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ開幕戦バイエルンvsレバークーゼンが18日に行われ、3-1でバイエルンが快勝した。 ▽1週間前に行われたDFBポカール1回戦のケミニツェル戦をレヴァンドフスキの2ゴールなどで5-0と圧勝したバイエルンは、その試合のスタメンから2選手を変更。コマンとラフィーニャに代えてビダルとアラバをスタメンに起用した。 ▽対するレバークーゼンは新指揮官にかつてレバークーゼンでプレーした経歴を持つヘルリッヒ監督を招へいし、チャルハノール、エルナンデス、トプラクとセンターラインが抜けた中、1週間前に行われたDFBポカール1回戦のカールスルーエ戦を3-0と快勝。その試合のスタメンから2選手を変更。ハフェルツとカンプルに代えてアランギスとベイリーを起用した。 ▽開幕セレモニーが行われて迎えたキックオフ。開始5分にトリッソが強烈なミドルシュートを浴びせたバイエルンは9分、元ホッフェンハイムのコンビで先制する。左サイド低い位置からのルディのFKをファーサイドのジューレが頭で押し込んだ。 ▽12分にベララビのスルーパスからメーメディに決定的なシュートを許したバイエルンだったが、GKウルライヒが好守で阻止すると、18分に突き放す。右CKの流れから、ビダルのボレーシュートに反応したゴールエリア右のトリッソが頭でコースを変えて押し込んだ。 ▽その後も圧倒するバイエルンは23分にトリッソが左ポスト直撃のシュートを浴びせれば、27分にはミュラーがボックス内から決定的なシュートを放ったが、GKレノのファインセーブに阻まれた。そのまま格の違いを見せ付けたバイエルンが2点をリードして前半を終えた。 ▽前半の半ばから強い雨が降っていた影響で10分程遅れて開始された後半。レバークーゼンはベイリーとS・ベンダーに代えてブラントとドラゴビッチを投入する。そのレバークーゼンが前がかっていったが、51分にアラバの左クロスに反応したレヴァンドフスキがボックス内でアランギスに倒されると、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKの判定が下された。これをレヴァンドフスキが決めてバイエルンが3-0と突き放した。 ▽余裕のバイエルンだったが、56、57分とブラントに決定的なシュートを立て続けに浴びせられてしまう。それでも、GKウルライヒが好守で凌いでリードを保つと、ミュラーとフンメルスに代えてロッベンとラフィーニャを投入する。 ▽しかし65分、ヴェンデウ、ブラントと繋いで最後はボックス右のメーメディがシュートを突き刺し、レバークーゼンが1点を返した。さらに72分、FKからコールが決定的なヘディングシュートを浴びせるも枠を外れてしまう。 ▽そして88分のカンプルのコントロールシュートをGKウルライヒが防いだバイエルンが3-1で快勝。新戦力のゴールでバイエルンが開幕戦を白星で飾っている。 2017.08.19 05:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがエルナンデスを獲得、移籍金は23億円

▽ウェストハムは24日、レバークーゼンのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年間で、移籍金は1600万ポンド(約23億1000万円)と明かしている。 ▽ウェストハム加入が決まったエルナンデスは公式サイトで次のようにコメントしている。 「プレミアリーグは世界最高のリーグだからウェストハム入りのチャンスが訪れた際に契約したいと切望していた。決断は難しくなかった。ウェストハムは歴史があり、野心のあるクラブだからね。シーズンが始まったらチームが目標を達成できるように手助けしたい」 ▽2010年から2015年までマンチェスター・ユナイテッドに在籍していたエルナンデスは、2015年にレバークーゼンに加入。加入1年目となった2015-16シーズンには、ヨーロッパ移籍後でキャリアハイとなるリーグ戦17ゴールを挙げる活躍を披露。だが、昨シーズンはリーグ戦11ゴールを決めたものの、度重なる負傷や独善的なプレーを批判されるなど、厳しいシーズンを送っていた。 ▽ウェストハムは先日、ストーク・シティのオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(28)をクラブレコードの移籍金2000万ポンド(約28億8000万円で獲得していた。 2017.07.25 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがチチャリート獲得でクラブ間合意! 数日以内にメディカル受診で正式契約へ!

▽ウェストハムは20日、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(29)の獲得に関して、レバークーゼンと合意に達したことを発表した。同選手は数日以内にロンドン入りしメディカルチェックを受診した後、正式にハマーズの一員となる。 ▽先日に1500万ユーロ(約19億5000万円)のバイアウト条項の存在が明らかにされたエルナンデスに関しては、ウェストハムやチェルシー、トッテナムなどロンドン勢が獲得に関心を示していると報じられていた。 ▽その中で最も獲得に熱心だったウェストハムは、高額なサラリーを掲示してエルナンデスの獲得にこぎ着けた。 ▽2010年から2015年までマンチェスター・ユナイテッドに在籍していたエルナンデスは、2015年にレバークーゼンに加入。加入1年目となった2015-16シーズンには、ヨーロッパ移籍後でキャリアハイとなるリーグ戦17ゴールを挙げる活躍を披露。だが、昨シーズンはリーグ戦11ゴールを決めたものの、度重なる負傷や独善的なプレーを批判されるなど、厳しいシーズンを送っていた。 2017.07.21 02:20 Fri
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、チチャリートの退団を容認か…フェラーSD「複数の打診がある」

レバークーゼンのルディ・フェラーSD(スポーツディレクター)は、チチャリートことFWハビエル・エルナンデスが今夏に退団する可能性を否定していない。同SDはドイツ紙『FAZ』に対し、メキシコ代表FWに関する打診が届いていることを認めながら「我々はリラックスしている」と話している。<br><br>現在29歳のエルナンデスがレバークーゼンと結んだ契約は2018年までとなっている。契約最終年に入る同選手に対し、イギリス紙『ミラー』はウェストハムやチェルシーが獲得に動き出し、プレミアリーグ復帰の可能性があると報じている。<br><br>フェラーSDはエルナンデスの現状について「彼が持つクオリティーにより、彼はたくさん(のクラブ)にとって興味深い存在だし、我々には複数の打診が届けられている」と言及。「我々はリラックスし、様子を見るつもりだ。遅い段階に何かが決まる可能性だってあるのだからね」と続け、レバークーゼンはエルナンデスを2015年夏の移籍市場の終盤に獲得したことを思い起こさせている。<br><br>元マンチェスター・ユナイテッドのエルナンデスはブンデスリーガでの初シーズンでリーグ戦における自己ベストの17ゴールを記録した。2シーズン目にあたる昨シーズンのリーグ戦では11ゴールをマークするも、負傷の影響もあって安定したプレーを見せることができなかった。レバークーゼン側はオファー次第で今夏の移籍を容認する構えを取るようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.18 23:59 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース