シュミット解任のレバークーゼン、コルクト新監督を招へい! ハノーファー時代に清武&酒井宏を指導2017.03.07 02:58 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは6日、タイフン・コルクト氏(42)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。

▽今シーズンここまで苦戦が続き、23節終了時点で勝ち点30の9位に低迷するレバークーゼンは、4日に行われたドルトムント戦では、2-6と大敗を喫していた。この状況を受けてクラブは5日、ロジャー・シュミット前監督(49)の解任に踏み切っていた。

▽レバークーゼンのルディ・フェラーSD(スポーツ・ディレクター)は、コルクト氏を招へいした理由に関して、以下のように語っている。

「タイフン・コルクトは、レバークーゼンのスタイルや文化にマッチした非常に安定したモダンなタイプの監督だ。我々はクラブが彼と共に正しい軌道に戻っていくことを楽観視している」

▽現役時代にフェネルバフチェやソシエダで活躍したトルコ代表MFのコルクト氏は、その後シュツットガルトやホッフェンハイムのユースチームの監督を経て、ハノーファーたカイザースラウテルンでトップチームの監督を歴任。ハノーファー時代には日本代表のMF清武弘嗣(現セレッソ大阪)、DF酒井宏樹(現マルセイユ)を指導していた。

▽なお、コルクト新監督は6日からトップチームのトレーニングを指導しており、今週末に行われるブレーメン戦がレバークーゼンでの初陣となる。

コメント

関連ニュース

thumb

守護神の離脱が相次ぐも…バイエルンはドイツ代表GKの獲得報道を一蹴「何の根拠もない」

バイエルンはレバークーゼンのドイツ代表GKベルント・レノの獲得に動いていないようだ。クラブはドイツ紙『ビルト』の報道を「何の根拠もない」と一蹴した。<br><br>バイエルンはキーパー陣のやりくりに苦しんでいる。長期離脱を強いられる正守護神マヌエル・ノイアーのほか、控えGKのスヴェン・ウルライヒや若手のクリスティアン・フリュヒテルも離脱中。9日のフランクフルト戦はベテランのGKトム・シュタルケがゴールマウスを守っている。<br><br>『ビルト』は先日、バイエルンはそのため今冬にもレノの獲得に乗り出す模様だと伝えていた。しかし、バイエルン側はそれを強い口調で否定。声明で「この報道には何の根拠もない」と伝え、同紙に対して「法的処置を取る」とも強調した。<br><br>当初は今シーズン後半戦に復帰する見通しとなっていたノイアーだが、現時点ではその時期は具体的に伝えられておらず不透明となっている。本人も最近、「ワールドカップには出場できる」としか語っていないことも今回の噂話につながったのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 06:04 Wed
twitterfacebook
thumb

浅野途中出場のシュツットガルトが今季ホーム初黒星で3戦未勝利…リーグ10戦無敗のレバークーゼンが暫定4位浮上!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第15節、シュツットガルトvsレバークーゼンが8日に行われ、アウェイのレバークーゼンが2-0で勝利した。なお、シュツットガルトのFW浅野拓磨は85分から途中出場した。 ▽13位のシュツットガルト(勝ち点17)と、9位のレバークーゼン(勝ち点21)による中位対決。ハノーファー、ブレーメンとのアウェイ連戦を1勝1分けで終えたシュツットガルトは、今季5勝1分けと圧倒的な強さを誇るホームに戻り、レバークーゼン相手に3試合ぶりの勝利を目指した。直近のブレーメン戦からは3人のメンバー変更を行ったものの、浅野は3試合ぶりのベンチスタートとなった。 ▽互いに今季スロースタートの両チームは、なかなか決定的な場面を作り出せない。それでも、リーグ戦9戦無敗を継続する好調のアウェイチームがファーストチャンスをゴールに結びつける。20分、相手陣内の左サイド深くでスローインを得ると、ブラントとのパス交換でボックス左ライン際に抜け出したベイリーがマイナスの折り返し。ややボールウォッチャーとなったDFの前に走り込んできたハフェルツがこれをワンタッチで合わせ、今季のリーグ戦初ゴールを記録した。 ▽得意のホームでビハインドを負ったシュツットガルトは、すぐさま反撃を開始。30分には右サイドを突破したドニスがボックス付近まで持ち込んでシュートを狙うが、ここは相手DFのブロックに阻まれる。すると、その後は前線のテローデになかなかボールが収まらず、攻撃に厚みを加えられず、前半終了の笛を聞くまで思うようにチャンスを作り出せなかった。 ▽迎えた後半、1点リードのレバークーゼンはアクシデントか、最終ラインのレトソスに代わってハーフタイム明けにバウムガルトリンガーを投入。この交代でラース・ベンダーが最終ラインに下がり、双子の弟スヴェン・ベンダー、ターと共に3バックを形成する。 ▽一方、後半に入って攻勢を強めるホームチームは52分、CKの二次攻撃からボックス手前中央のインスーアが左足で抑えの利いたミドルシュートを放つ。密集をすり抜けたシュートがゴール左上隅を捉えるが、これをGKレノが圧巻のワンハンドセーブではじき出し、後半最初の絶好機を逃す。続く56分にはボックス左に抜け出したエズカンに決定機も、これもレノのビッグセーブに遭う。さらに60分には鋭いロングカウンターから中央を突破したドニスがミドルシュートを狙うが、三度レバークーゼンの守護神に防がれた。 ▽後半に入って防戦一方のレバークーゼンは61分、メーメディを下げてヘンリクスを投入。この交代でシステムを[3-4-2-1]から[4-2-3-1]に変更。この交代直後のセットプレーの流れからインスーアに決定機を許すが、頼れる守護神がチームを救う。逆に、65分には自分たちのセットプレーの二次攻撃から右に流れたターのクロスにラース・ベンダーが飛び込むが、このヘディングシュートはわずかに枠の左に外れる。 ▽相手守護神の再三に渡る好守によって早い時間帯に同点ゴールを奪えなかったシュツットガルトは、アコロ、マンガラと交代カードを切っていくが、守備の立て直しを図ったレバークーゼンを相手に攻め切れない状況が続く。さらに72分には相手のカウンターからヘンリクスに決定的なシュートを放たれるが、ここはこの試合でブンデスリーガ200試合出場を達成したGKツィーラーが何とか触りボールは右ポストの外側を叩く。 ▽後半半ばを過ぎてより緊迫感のある状況が続く中、判定を巡って激昂したレバークーゼンのヘルリッヒ監督がピッチ内にドリンクボトルを投げ捨てたことで、退席処分となる。だが、指揮官の退席で闘争心に火が付いたアウェイチームは80分、左CKの場面でベイリーの左足アウトスウィングのクロスをキャプテンのラース・ベンダーが頭で右隅に流し込み、試合を決定付ける2点目を奪った。 ▽何とか追いつきたいシュツットガルトは85分、最後の交代カードとして浅野をピッチに送り出す。だが、完全に逃げ切り態勢に入ったレバークーゼンを前に決定機を作り出せず、試合はこのままタイムアップ。今季7戦目にしてホーム初黒星を喫したシュツットガルトは3戦未勝利。一方、敵地で快勝のレバークーゼンはリーグ10戦負けなしで暫定4位に浮上した。 2017.12.09 06:31 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムント戦で一発退場のレバークーゼンDFヴェンデウが3試合の出場停止

▽ドイツサッカーリーグ(DFL)は5日、レバークーゼンのブラジル人DFヴェンデウに対して3試合の出場停止処分を科すことを発表した。 ▽ヴェンデウは2日に行われたブンデスリーガ第14節ドルトムント戦に先発。41分にMFゴンサロ・カストロに対する足首へのスパイク踏みつけで一発退場となっていた。 ▽左サイドバック兼ウイングバックで不動のレギュラーを務めていたヴェンデウは今季のブンデスリーガ13試合に先発し、1ゴール3アシストを記録していた。 ▽なお、ヴェンデウが欠場するのは年内のシュツットガルト戦、ブレーメン戦、ハノーファー戦の3試合で、年明けのバイエルン戦が復帰戦となる。 2017.12.06 02:35 Wed
twitterfacebook
thumb

香川途中出場のドルトムント、10人のレバークーゼンにドロー止まりで7戦勝利なし《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは2日、ブンデスリーガ第14節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ドルトムントのMF香川真司は44分から出場している。 ▽前節シャルケとのダービーを4点差を追いつかれる大失態でリーグ戦6試合勝利のない5位ドルトムント(勝ち点21)は、引き続きボス監督解任の危機が続いている中、シャルケ戦のスタメンから4選手を変更。退場して出場停止となったオーバメヤンや負傷したゲッツェらに代えてM・フィリップやカストロらがスタメンとなり、ダービーで出場機会のなかった香川は引き続きベンチスタートとなった。 ▽ここ8試合負けのない6位レバークーゼン(勝ち点20)に対し、[3-4-3]で臨んだドルトムントは、M・フィリップが最前線でプレーし、オーバメヤンの代役を務めた。しかし、そのM・フィリップが開始5分、右ヒザを負傷する悲劇に見舞われ、代わってシュールレが投入された。 ▽立ち上がりから攻勢に出るレバークーゼンは、12分にFKからS・ベンダーのヘディングシュートがゴールを襲うも、GKビュルキのファインセーブに阻まれた。さらに14分、FKの流れからブラントのボレーシュートが枠を捉えたが、ここもGKビュルキのファインセーブに阻止される。 ▽攻め立てるレバークーゼンは続く21分、ヴェンデウの左クロスをハフェルツがヘディングで合わせると、シュートはバーを直撃した。それでも30分、レバークーゼンが順当に先制する。ハフェルツの浮き球スルーパスに抜け出したフォラントがGKビュルキをかわして独走。無人のゴールにシュートを決めた。 ▽さらに38分、ショートカウンターに転じてブラントのヒールパスを受けたアランギスがゴール至近距離からシュートに持ち込んだが、ここもGKビュルキの好守に阻まれると、39分にアクシデント。ヴェンデウがカストロに対して足首をスパイクし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末に一発退場となった。 ▽このプレーで負傷したカストロに代えてドルトムントは香川を投入。直後に香川はシュートに持ち込むなど良い入りを見せると、迎えた後半の56分には香川のスルーパスを受けたボックス左のシュールレがシュートに持ち込むも、左ポストを直撃した。 ▽その後はボールを保持していたものの、自陣に引くレバークーゼンを崩しきれない状況が続いていたドルトムントは72分に大ピンチ。フォラントがロングボールに抜け出してGKと一対一に。しかし、この試合再三好セーブを見せていたビュルキが阻んだ。 ▽すると直後、ラファエウ・ゲレイロのスルーパスに抜け出したボックス左のシュールレの折り返しを最後はヤルモレンコが流し込んで、ドルトムントが同点に持ち込んだ。 ▽勢い付くドルトムントは追加タイム1分、混戦の中でラファエウ・ゲレイロがシュートに持ち込むもシュールレに当たって枠を外れ、1-1でタイムアップ。追いついたドルトムントだったが、7戦勝利なしと泥沼から依然として抜け出せずにいる。 2017.12.03 02:07 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第14節プレビュー】レバークーゼンvsドルトムントなど開催

▽前節行われたドルトムントvsシャルケのレヴィア・ダービーは壮絶な打ち合いの末に4-4で引き分け、首位バイエルンがボルシアMGに敗れてハインケス体制後初黒星を喫した。この結果、2位ライプツィヒとは3ポイント差に縮まっている。また、シュツットガルトの浅野がブンデス一部初ゴールを決めている。迎える第14節は、レバークーゼンvsドルトムントなどが開催される。 ▽前節シャルケとのダービーを4点差を追いつかれる大失態でリーグ戦6試合勝利のない5位ドルトムント(勝ち点21)は、ボス監督の解任が噂されながらも続投となった。とはいえ、解任の危機は続いており、ここで勝利を逃がせば首を切られる可能性が高い。ダービーで出場機会のなかった香川は引き続きベンチスタート予想となっている。 ▽一方、前節フランクフルト戦を1-0と競り勝った6位レバークーゼン(勝ち点20)は、8試合負けなしと、ヘルリッヒ体制が軌道に乗ってきた印象だ。[3-4-2-1]のシステムも機能しており、ここでドルトムントを叩いて順位を逆転したい。 ▽ブレーメンに2-0と快勝した2位ライプツィヒ(勝ち点26)は、7位ホッフェンハイム(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。水曜日にはグループステージ突破の可能性を残したチャンピオンズリーグ・ベシクタシュ戦を控える中、前節HSV戦を0-3と完敗したホッフェンハイムを撃破し、バイエルンを追走できるか。 ▽ボルシアMGの守備に苦戦してハインケス体制11戦目にして初黒星を喫したバイエルン(勝ち点29)は、10位ハノーファー(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。主力選手を複数ケガで欠くバイエルンは、火曜日に首位通過を懸けたパリ・サンジェルマン戦を控えるが、思うように勝ち点を積み上げられなくなってきたハノーファーを退けられるか。 ▽その他、日本人選手ではゴールを決めた浅野のシュツットガルトがブレーメンとのアウェイ戦を、ホッフェンハイム戦をボランチでフル出場してチームの勝利に貢献した酒井高のHSVは、金曜にフライブルクとのアウェイ戦を戦う。そして、長谷部が出場せず鎌田が途中出場を果たしたフランクフルトは、ベンチ入りすらできない状況が続くヘルタ・ベルリンの原口と対戦だ。そして、未勝利が続く大迫のケルンはシャルケとのアウェイ戦を、前節欠場した武藤のマインツはアウグスブルクとのホーム戦に臨む。 ◆ブンデスリーガ第14節 ▽12/1(金) 《28:30》 フライブルク vs ハンブルガーSV ▽12/2(土) 《23:30》 バイエルン vs ハノーファー ブレーメン vs シュツットガルト ホッフェンハイム vs ライプツィヒ マインツ vs アウグスブルク レバークーゼン vs ドルトムント 《26:30》 シャルケ vs ケルン ▽12/3(日) 《23:30》 ヘルタ・ベルリン vs フランクフルト 《26:00》 ヴォルフスブルク vs ボルシアMG 2017.12.01 18:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース