オリンピアコス、パウロ・ベント監督を解任! リーグ首位も直近3連敗…2017.03.07 02:36 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オリンピアコスは6日、パウロ・ベント監督(47)を解任したことを発表した。後任人事が決定するまでは、ユースチームを率いているバシリス・ボウザス監督(50)が暫定指揮官を務めることになる。

▽これまでスポルティング・リズボンやポルトガル代表、クルゼイロなどを率いていたベント監督は、2016年夏にオリンピアコスの監督に就任。今シーズンは、リーグ戦23試合終了時点で2位パニオニオスと暫定7ポイント差の首位に位置し、ヨーロッパリーグ(EL)でもラウンド16進出を果たしていた。

▽だが、直近のリーグ戦で3連敗を喫するなど、チームのパフォーマンスに不満を持ったクラブ幹部が、ベント監督の更迭を決断した。

▽なお、オリンピアコスは9日に行われるEL決勝トーナメント1回戦1stレグでベシクタシュとのホームゲームを戦う予定だ。

コメント

関連ニュース

thumb

“クチュ”カンビアッソが37歳で現役引退…マドリーやインテルでタイトル獲得に貢献

▽レアル・マドリーやインテルなどでプレーし、アルゼンチン代表としても活躍した“クチュ”ことエステバン・カンビアッソ(37)が現役引退を発表した。アルゼンチン『La nacion』が報じた。 ▽カンビアッソはアルヘンティノスから1996年にレアル・マドリー・カスティージャへと入団。母国のインデペンディエンテやリーベル・プレートへのレンタル移籍を経て、2002年にトップチームに昇格。銀河系軍団の一員としてチームを支えた。 ▽2004年7月にインテルへ完全移籍するとすぐさまレギュラーを獲得。ボランチの一角として10シーズンプレー。2009-10シーズンのチャンピオンズリーグ制覇や、2005-06シーズンからセリエA5連覇など多くのタイトルを獲得した。2014年8月にレスター・シティへと移籍。2015年8月からはオリンピアコスでプレーしていたが、今年7月に契約満了で退団していた。 ▽リーガエスパニョーラでは41試合に出場し1アシスト、セリエAでは315試合に出場し41ゴール19アシスト、プレミアリーグでは31試合に出場し5ゴール1アシストを記録。チャンピオンズリーグでは79試合に出場し6ゴール5アシストを記録していた。 ▽また、世代別のアルゼンチン代表を経験しているカンビアッソは、1997年のU-20ワールドカップ優勝を経験。2000年12月にA代表デビューすると、通算51試合に出場し5ゴールを記録。2006年のドイツ・ワールドカップに出場し5試合でプレーしていた。 ▽カンビアッソはイタリアでUEFAのプロコーチングライセンスを最近取得しており、ユースチームやセカンドチーム、2部チームを率いることが可能とのことだ。 2017.09.08 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表FWミララスが古巣・オリンピアコスへの復帰を希望していたことを告白「エバートンは耳を貸さなかった」

▽エバートンに所属するベルギー代表FWケビン・ミララス(29)が今夏の移籍市場でオリンピアコスへの復帰を希望していたことを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』がギリシャメディアでのインタビューを引用して報じている。 ▽ミララスは、2012年8月にオリンピアコスからエバートンに加入した。昨シーズンは、プレミアリーグで35試合に出場して、4ゴール6アシストを記録。2015-16シーズンでの11位という結果を越える7位への上昇に貢献した。しかし、今シーズンは元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(31)やU-21スペイン代表FWサンドロ・ラミレス(21)の加入が影響し、ここまで行われたプレミアリーグの3試合で出場時間がわずか13分にとどまっている。 ▽伝えられるところによると、今夏の移籍市場でウェストハムがミララスのローンでの獲得を画策していた模様。さらに、移籍期間の最終日には古巣であるオリンピアコスも獲得に動いていたとのこと。しかし、エバートン側は両チームのオファーに対して、拒否していたようだ。 ▽そんな中、3日に行われたロシア・ワールドカップ欧州予選グループH第8節のギリシャ代表戦(2-1でベルギーが勝利)後、ミララスはオリンピアコスへ復帰したかったことを告白。また、近い将来同クラブへ復帰することを、イギリスメディアを通して誓っている。 「本当にオリンピアコスに戻りたかったんだ。僕らは、オリンピアコスのエバンゲロス・マリナキス会長も含めて、お互いに納得のいく取引を行うために最善を尽くしたんだ。ただ、エバートンはそれに耳を貸さなかった」 「ホームに帰れなかったことを悲しく思う。近い将来、実現すれば良いんだけどね。エバートンに移籍する時に、多くのメッセージをくれて送り出してくれたオリンピアコスのサポーター全員に感謝したい。僕がオリンピアコスを愛していることを彼らには知っていてほしいんだ。そして、僕がかつて言ったように、いつかはオリンピアコスに戻るよ」 2017.09.05 11:21 Tue
twitterfacebook
thumb

大苦戦も逃げ切ったセビージャが本戦行き! セルティックやオリンピアコスも本戦へ《CLプレーオフ》

▽チャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ2ndレグの5試合が22日に行われた。 ▽リーグ上位ルートでの参戦となったセビージャ(スペイン)vsイスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)は、2-2のドローに終わった。この結果、2戦合計4-3としたセビージャの本戦出場が決定した。 ▽敵地で行われた1stレグを2-1で制したセビージャだが、先週末のリーガ開幕戦ではバネガの退場もあり、エスパニョールと1-1のドローに終わった。1stレグからはモントーヤに代えてヘスス・ナバスを起用した以外、同じスタメンとなった。一方、初戦を落としたイスタンブールBBは直近のリーグ戦も落とし公式戦2連敗中。この試合に向けてはアデバヨールやクリシ、エリアなど1stレグと同じメンバーを起用した。 ▽立ち上がりにコレア、イェデルと立て続けに際どいシュートを放ったセビージャが良い入りを見せると、14分にはメルカドが枠を捉えたミドルシュートを放つが、これも相手GKの好守に阻まれる。 ▽すると、守勢が続くイスタンブールBBは17分、前線のアデバヨールを起点に右サイド深くでカイサラが折り返した低いクロスをゴール前に飛び込んだエリアが左足ワンタッチで合わせ、アウェイチームが先制に成功した。 ▽エリアの2試合連続ゴールで2戦合計スコアを2-2とするも、アウェイゴール数の差で劣勢が続くイスタンブールBBに対して、ホームのセビージャが圧力を強めていく。前半終盤にかけてはヘスス・ナバスのクロスやバネガのプレースキックから、エンゾンジに決定機が訪れるも、前半はイスタンブールBBの1点リードで終了した。 ▽迎えた後半もペースを握るセビージャは52分、ボックス右に抜け出したヘスス・ナバスの正確なクロスをファーサイドに飛び込んだ左サイドバックのエスクデロがダイビングヘッドで流し込み、エリアに続いて2試合連続ゴールを達成した。 ▽この同点弾でより落ち着きの出てきたセビージャは、前掛かりな相手に対して鋭いカウンターを見せる。67分にはイェデルの中央突破からボックス左フリーのエンゾンジにラストパスが通るが、エンゾンジの右足のダイレクトシュートはわずかに枠の左に外れ、試合を決定付ける勝ち越し点とはならず。それでも、75分にはカウンターからボックス内まで持ち込んだ途中出場のノリートがGKとDFを引き付けてボックス右のイェデルにラストパス。これをイェデルが冷静に流し込み、本戦出場を大きく近づける。 ▽だが、初の本戦出場に向けて意地を見せるイスタンブールBBは83分、左サイドをえぐったエリアのクロスをゴール前のナポレオーニが身体を張って落とし、このボールをフリーのヴィスチャが右足で蹴り込んだ。逆転突破にあと1点と迫るイスタンブールBBは90分、ボックス手前で得たFKをキッカーのエムレが直接狙うが、ゴールネットを揺らすかに思われたボールは左ポストを叩きゴールとはならず。 ▽最後の最後まで緊迫感のある攻防を繰り広げた白熱の一戦を2戦合計4-3で制したセビージャが、苦しみながらもCL本戦行きを決めた。 ▽また、アスタナ(カザフスタン)vsセルティック(スコットランド)は、アスタナが4-3で勝利も、1stレグを5-0で勝利していたセルティックが2戦合計8-4で本戦出場を決めた。 ▽立ち上がりに先制点を許すも、30分過ぎに1stレグで2ゴールのシンクレアのゴールで貴重なアウェイゴールを奪ったセルティックは、その後1-4まで点差を広げられるも、エンチャムとグリフィスのゴールで追いすがり、連勝は逃したものの、1stレグの大量リードを守り切って本戦行きを決めた。 ▽そのほかでは、リエカ(クロアチア)vsオリンピアコス(ギリシャ)は、1stレグを2-1で勝利していたオリンピアコスが2ndレグでもマリンの挙げたゴールを守り切って1-0で競り勝ち、2連勝で本戦行きを決めた。マリボル(スロベニア)vsハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)は、2戦合計2-2の接戦となった中、1stレグでアウェイゴールを奪っていたマリボルが本戦行きを決めている。 ▽なお、CL本大会抽選会は24日に行われる。CLプレーオフ2ndレグの結果と日程は以下の通り。 ◆CLプレーオフ2ndレグ ▽8/22(火) アスタナ(カザフスタン) 4-3(AGG:4-8) セルティック(スコットランド) マリボル(スロベニア) 1-0(AGG:2-2) ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) ※アウェイゴールルールでマリボルが勝ち抜け ニース(フランス) 0-2(AGG:0-4) ナポリ(イタリア) リエカ(クロアチア) 0-1(AGG:1-3) オリンピアコス(ギリシャ) セビージャ(スペイン) 2-2(AGG:4-3) イスタンブールBB(トルコ) ▽8/23(水) CSKAモスクワ(ロシア) vs ヤング・ボーイズ(スイス) ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) vs スポルティング・リスボン(ポルトガル) コペンハーゲン(デンマーク) vs カラバフ(アゼルバイジャン) リバプール(イングランド) vs ホッフェンハイム(ドイツ) スラビア・プラハ(チェコ) vs アポエル(キプロス) 2017.08.23 06:05 Wed
twitterfacebook
thumb

オリンピアコス、ナントから元ベルギー代表DFジレを獲得!

▽オリンピアコスは7日、ナントから元ベルギー代表DFギヨーム・ジレ(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。 ▽これまで母国のヘントやアンデルレヒトで活躍してきたジレは、2016年冬にナントへ完全移籍で加入。昨シーズンはリーグ戦全試合に出場し、3ゴールを記録していた。 ▽また、優れた戦術眼と献身性を武器に守備的MFや右サイドバックなど、複数のポジションをカバーする玄人好みのユーティリティプレーヤーは、ベルギー代表として通算22試合に出場している。 2017.08.08 04:14 Tue
twitterfacebook
thumb

ラージョがベテランFWドミンゲスをフリーで獲得…2013年以来の復帰

▽ラージョ・バジェカーノは7日、オリンピアコスを退団していたアルゼンチン人FWアレハンドロ・ドミンゲス(36)の加入を発表した。 ▽ドミンゲスは、母国アルゼンチンのキルメスでキャリアをスタート。2001年からはリーベル・プレートでプレーすると、2004年1月にルビン・カザンへ移籍。2007年1月にはゼニト、2009年1月にはルビン・カザンへと復帰していた。 ▽その後2010年1月にバレンシアへとフリートランスファーで加入。2012年8月にはラージョへとフリーで加入したが、2013年7月にオリンピアコスへと移籍していた。ロシア・プレミアリーグでは114試合に出場し42ゴール30アシストを記録。リーガエスパニョーラでは55試合に出場し5ゴール10アシストを記録していた。また、チャンピオンズリーグでは33試合に出場し7ゴール5アシストを記録している。2016-17シーズンはギリシャ・スーパーリーグで11試合に出場し3ゴール1アシストだった。 2017.08.07 20:44 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース