オリンピアコス、パウロ・ベント監督を解任! リーグ首位も直近3連敗…2017.03.07 02:36 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オリンピアコスは6日、パウロ・ベント監督(47)を解任したことを発表した。後任人事が決定するまでは、ユースチームを率いているバシリス・ボウザス監督(50)が暫定指揮官を務めることになる。

▽これまでスポルティング・リズボンやポルトガル代表、クルゼイロなどを率いていたベント監督は、2016年夏にオリンピアコスの監督に就任。今シーズンは、リーグ戦23試合終了時点で2位パニオニオスと暫定7ポイント差の首位に位置し、ヨーロッパリーグ(EL)でもラウンド16進出を果たしていた。

▽だが、直近のリーグ戦で3連敗を喫するなど、チームのパフォーマンスに不満を持ったクラブ幹部が、ベント監督の更迭を決断した。

▽なお、オリンピアコスは9日に行われるEL決勝トーナメント1回戦1stレグでベシクタシュとのホームゲームを戦う予定だ。

コメント

関連ニュース

thumb

14試合連続得点が途切れたバルサ...ゴールから遠のくスアレスの決定力不足は深刻に

10月31日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)の試合で、今季公式戦のバルセロナの連続得点試合数が途切れている。<br><br>CLグループC第4節、敵地でオリンピアコスと対戦したバルセロナは、ギリシャの雄を相手にスコアレスドローを演じた。それまで公式戦14試合で連続得点していた同チームだが、その記録が途切れることになった。<br><br>懸念されるのは、FWルイス・スアレスの調子だ。スアレスはオリンピアコス戦で7本のシュートを放った。バルセロナ移籍以降、スアレスが1試合に7本以上のシュートを放ったのは、初めてだった。<br><br>だがウルグアイ代表FWはゴールに嫌われ続けた。今季、スアレスはここまで3得点。FWネイマール(現パリ・サンジェルマン)の退団で影響を受けたのは、FWリオネル・メッシではなくスアレスの方なのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.02 01:17 Thu
twitterfacebook
thumb

オリンピアコスにゴールレスドローで4連勝逃したバルセロナ、突破は次節にお預け《CL》

▽バルセロナは10月31日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第4節でオリンピアコスとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 ▽前節オリンピアコス戦をピケが退場しながらも3-1と快勝して3連勝とした首位バルセロナ(勝ち点9)は、2-0と勝利した直近のビルバオ戦のスタメンから3選手を変更。ラキティッチ、アンドレ・ゴメス、退場したピケらに代えてマスチェラーノ、デニス・スアレス、N・セメドを起用した。 ▽ここまで3連敗の最下位オリンピアコスに勝利すれば早くもグループステージ突破が決まるバルセロナは、2トップにメッシとスアレス、両サイドMFにセルジ・ロベルトとデニス・スアレスを配す[4-4-2]を採用 ▽そのバルセロナが立ち上がりからボールを保持すると、開始3分にN・セメドが枠内シュートを浴びせる。その後もハーフコートゲームを進めたバルセロナは、20分にCKのサインプレーからメッシが枠内シュートを浴びせたが、GKにセーブされた。 ▽続く22分にはデニス・スアレスのスルーパスをボックス左で引き出したスアレスがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。さらに28分、ボックス左に侵入したメッシがGKを強襲するシュートを浴びせると、35分にはメッシが直接FKでゴールに迫るも、GKにセーブされる。 ▽その後、37分にカウンターからボックス内に侵入したフォルトゥニスにシュートを打たれたバルセロナは、前半終了間際にセルジ・ロベルトが右足太ももを負傷するアクシデントに見舞われ、デウロフェウとの交代を強いられた中、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半もボールを持ったバルセロナだったが、思うようにシュートにつなげられない状況が続く。そこで62分にパウリーニョに代えてラキティッチを投入した。 ▽すると直後、ショートカウンターに転じてスアレスのラストパスにメッシが合わせるも枠を捉えきれなかった。 ▽さらに終盤にもチャンスを創出。まずは81分、メッシの浮き球スルーパスに抜け出したスアレスが飛び出したGKを外すループシュートを狙ったが、バーに当たって枠の外に外れた。 ▽そして追加タイムのメッシのミドルシュートはGKの好守に阻まれてゴールレスでタイムアップ。4連勝はならず、次節ユベントス戦に突破は持ち越しとなった。 2017.11.01 07:20 Wed
twitterfacebook
thumb

神の手ゴール狙ったピケ退場のバルサ、メッシの1G1Aなどでオリンピアコスに快勝! メッシは欧州カップ戦通算100G達成《CL》

▽バルセロナは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節でオリンピアコスをホームに迎え、3-1で快勝した。 ▽前節スポルティング・リスボン戦を1-0と辛勝して2連勝スタートとしたバルセロナは、直近の1-1と引き分けたアトレティコ・マドリー戦のスタメンから4選手を変更。ラキティッチやジョルディ・アルバらに代えてパウリーニョやセルジ・ロベルトらを起用した。 ▽2連敗スタートとなったオリンピアコスに対し、デウロフェウを右ウイングに配す[4-3-3]で臨んだバルセロナは、開始5分に決定機。右CKをユムティティがヘッドで逸らし、ファーサイドのスアレスがボレー。しかし、枠を捉えきれなかった。 ▽その後も敵陣でプレーし続けたバルセロナは、18分に先制する。ブスケッツの浮き球パスをボックス右のデウロフェウがダイレクトで折り返し、クリアにかかったDFのオウンゴールを誘発した。 ▽さらに24分、イニエスタの浮き球フィードに反応したボックス中央のパウリーニョがヘディングシュート。しかし、バーを直撃してしまう。さらに33分、メッシのスルーパスに抜け出したスアレスがGKと一対一となるも、止められてしまった。 ▽突き放せないバルセロナは、42分にアクシデント。デウロフェウのクロスに詰めたピケが思わず手でゴールに入れてしまう。すると、主審はこのプレーを見逃さずにピケにイエローカードを提示。2枚目のイエローカードを受けたピケは退場に追い込まれてしまった。 ▽後半からデウロフェウに代えてマスチェラーノをバックラインに投入したバルセロナは[4-3-2]で対応。10人でも悠然とポゼッションを高めるバルセロナは61分、ペナルティアーク左で得たFKをメッシがゴール左に決めて突き放した。 ▽メッシの欧州カップ戦通算100ゴール(CLで97G、UEFAスーパーカップで3G)でリードを広げたバルセロナは、続く64分にメッシのお膳立てから決定的な3点目を奪いきる。ボックス右深くで仕掛けたメッシがゴールライン際から折り返すと、ボックス左のディーニュが受けてゴール右へシュートを流し込んだ。 ▽終盤にかけても余裕のバルセロナは終了間際に1点を返されるも、3-1で快勝。3連勝で首位をキープしている。 2017.10.19 05:56 Thu
twitterfacebook
thumb

途中出場イグアインの活躍でユベントスがオリンピアコスを退け初勝利《CL》

▽ユベントスは27日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第2節でオリンピアコスをホームに迎え、2-0で勝利した。 ▽開幕節のバルセロナ戦を0-3と完敗したユベントスが、スポルティング・リスボンに2-3と敗れたオリンピアコスをホームに迎えた一戦。 ▽ユベントスは4日前に行われ、4-0と快勝したトリノとのダービーマッチからスタメンを3選手変更。ベナティアとリヒトシュタイナー、直前に負傷したピャニッチに代えてバルザーリとストゥラーロ、ベンタンクールを起用し、イグアインは引き続きベンチスタートとなった。 ▽引き続き人材難の右サイドバックにストゥラーロを配す[4-2-3-1]で臨んだユベントスが、立ち上がりからボールを保持して押し込んでいく。しかし、シュートに持ち込めずにいると、14分にショートカウンターを受けてセバにボックス左から決定的なシュートを浴びせられた。 ▽思うように攻撃を仕掛けられないユベントスは、34分にようやく決定機。クアドラードが右サイドゴールライン際から入れたクロスをファーサイドのマンジュキッチがヘディングシュート。しかし、GKにセーブされてしまう。さらに直後の左CKからストゥラーロの放ったヘディングシュートが枠の右を捉えるも、ここもGKプロトのファインセーブに阻まれた。 ▽終盤にかけてもユベントスがゴールに近づく。まずは40分、左サイドからのドグラス・コスタのアーリークロスをマンジュキッチがヘディングシュート。だが、三度GKの好守に阻まれた。さらに45分、ドグラス・コスタが入れた左クロスのルーズボールをボックス内のディバラがダイレクトで狙うも、この決定機もGKのファインセーブに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、55分にドグラス・コスタの直接FKでゴールに迫るも、スコアを動かせないユベントスは60分にクアドラードに代えてイグアインを投入する。 ▽すると69分、スタメン落ちの鬱憤を晴らす格好でイグアインが均衡を破った。マンジュキッチのダイレクトパスに抜け出したアレックス・サンドロの左サイドゴールライン際からのクロスをイグアインが左足ボレー。シュートはDFに直撃するも、ルーズボールを自ら蹴り込んだ。 ▽先制したユベントスはさらに80分、イグアインのスルーパスを受けたディバラのシュートはゴールライン前のDFに好カットされるも、ルーズボールをマンジュキッチが身体ごと押し込んで追加点を奪いきった。 ▽その後、ストゥラーロに代えてベナティアを投入したユベントスが試合を締めて2-0のまま勝利。途中出場イグアインの活躍で今季のCL初勝利を飾っている。 2017.09.28 05:56 Thu
twitterfacebook
thumb

“クチュ”カンビアッソが37歳で現役引退…マドリーやインテルでタイトル獲得に貢献

▽レアル・マドリーやインテルなどでプレーし、アルゼンチン代表としても活躍した“クチュ”ことエステバン・カンビアッソ(37)が現役引退を発表した。アルゼンチン『La nacion』が報じた。 ▽カンビアッソはアルヘンティノスから1996年にレアル・マドリー・カスティージャへと入団。母国のインデペンディエンテやリーベル・プレートへのレンタル移籍を経て、2002年にトップチームに昇格。銀河系軍団の一員としてチームを支えた。 ▽2004年7月にインテルへ完全移籍するとすぐさまレギュラーを獲得。ボランチの一角として10シーズンプレー。2009-10シーズンのチャンピオンズリーグ制覇や、2005-06シーズンからセリエA5連覇など多くのタイトルを獲得した。2014年8月にレスター・シティへと移籍。2015年8月からはオリンピアコスでプレーしていたが、今年7月に契約満了で退団していた。 ▽リーガエスパニョーラでは41試合に出場し1アシスト、セリエAでは315試合に出場し41ゴール19アシスト、プレミアリーグでは31試合に出場し5ゴール1アシストを記録。チャンピオンズリーグでは79試合に出場し6ゴール5アシストを記録していた。 ▽また、世代別のアルゼンチン代表を経験しているカンビアッソは、1997年のU-20ワールドカップ優勝を経験。2000年12月にA代表デビューすると、通算51試合に出場し5ゴールを記録。2006年のドイツ・ワールドカップに出場し5試合でプレーしていた。 ▽カンビアッソはイタリアでUEFAのプロコーチングライセンスを最近取得しており、ユースチームやセカンドチーム、2部チームを率いることが可能とのことだ。 2017.09.08 21:15 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース