超ワールドサッカー

現役引退表明のヴァンデン・ボーア、CWC3度出場のマゼンベ加入2017.03.03 01:32 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コンゴ民主共和国のマゼンベは2日、元ベルギー代表DFアントニー・ヴァンデン・ボーア(29)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。

▽今シーズン、アンデルレヒトからモンペリエに1年間のレンタル移籍で加入したヴァンデン・ボーアだったが、1月10日に突如現役引退の意向を表明していた。その後、所属元のアンデルレヒトと話し合いを持ち、去就が不透明となっていたが、クラブ・ワールドカップ3度出場のアフリカの雄マゼンベへの移籍が決まった形だ。

▽アンデルレヒトのアカデミー出身のヴァンデン・ボーアは、2004年3月に16歳の若さでトップチームデビュー。その後、盟友のベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(現マンチェスター・シティ)と共に、同クラブ期待の若手として台頭した同選手だが、フィオレンティーナやジェノア、ポーツマスといった国外でのクラブでは思うように活躍できず、2013年に古巣アンデルレヒトに復帰。加入後2シーズンはレギュラーとして活躍も、2015-16シーズンのリーグ戦の出場はわずか2試合にとどまっていた。

▽また、2004年に16歳でフル代表デビューを飾ったベルギー代表では、これまで通算29試合に出場し、1ゴールを記録。2014年ブラジル・ワールドカップでは、グループステージ最終節の韓国代表戦に先発出場を果たしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

元熊本MF田島翔がアメリカUPSLのラスベガスシティFC入団会見「ラスベガスと日本をサッカーで繋げ盛り上げていきたい」

<div style="font-size:x-small;text-align:right;">写真提供:Las Vegas City FC<hr></div>▽MLS(メジャーリーグ・サッカー)への参入を目指し2016年に設立されたラスベガスシティFCが、かつてロアッソ熊本に所属したMF田島翔(34)の入団会見を行った。 ▽田島は、函館工業高校を卒業後、シンガポールのクレメンティ・カルサFC(現バレスティア・カルサFC)と練習生契約。その後、2004年に沖縄県リーグ1部のFC琉球と契約すると、九州サッカーリーグ、JFLを経験。2009年に地元・北海道サッカーリーグのノルブリッツ北海道に入団した。 ▽その後は、当時スペイン5部のTSKロセスにテスト入団しプレー。2012年にはロアッソ熊本に加入し、日本では初のプロ契約を結ぶ。熊本は1年での退団となったが、翌年にフットサルに転向し、Fリーグのシュライカー大阪のサテライトチームと契約。半年で退団すると、2014年にはクラブ・ワールドカップの常連であるオークランド・シティ(ニュージーランド)に加入した。 ▽2015年に再び日本に復帰し、北海道サッカーリーグの十勝フェアスカイFCに加入すると、2016年にはアメリカに渡り、NPSL(ナショナル・プレミアサッカーリーグ)のマイアミ・ユナイテッドFCに入団。元ブラジル代表FWアドリアーノともチームメイトとなった。そして2017年にラスベガスシティFCに加入した。 ▽田島はこれまで5試合に出場し4試合はトップ下で先発。2ゴール1アシストを記録するなど、すでに結果を残している。田島は今回のラスベガスシティFC移籍について意気込みを語った。 「ラスベガスという魅力のある場所で、MLS参入を目指すために新設されたクラブでプレーするのは、自分の集大成であり大きなチャレンジだと思いました。プレーでの貢献はもちろん、ラスベガスと日本をサッカーで繋げ盛り上げていきたいです。今季はプレーオフ出場と個人的には二桁得点を目標としています」 ▽アメリカ5部に相当する独立リーグUPSL(ユナイテッド・プレミアサッカーリーグ)に所属するラスベガスシティFCは、かつてブラジル代表として活躍し、日本代表監督も務めたジーコ氏がアドバイザーを務めており、昨年5月には元ブラジル代表MFロナウジーニョがゲスト加入してエキシビジョンマッチに出場するなど話題のクラブ。5年以内でのMLS参入を目指し、UPSLを戦っている。 ▽オーナーのラファエル・モレノ氏は、田島の獲得について「近い将来、日本でラスベガスシティFCのサッカースクール開校プランもあり、日本と積極的に交流を進めていきたい。ショウのプレーを気に入ってるし、満足している」とコメント。田島の能力を認めるとともに、日本との交流を深めたい狙いも明かした。 ▽また、ラスベガスのプロスポーツとして初めて日本企業がスポンサーになることも決定。観光ツアー会社・ネバダ観光サービス(代表 依田和恵)がスポンサーとなり、ユニフォームの背中にロゴが入ることも決定した。 ▽ネバダ観光サービスがラスベガスシティFCのスポンサーとなった理由は、日本人である田島の活躍を願ってのこと。田島を応援する理由として、「ラスベガスで同じ日本人として新たなチャレンジを行っていることに共感した」とコメント。また、「ラスベガスに強いインパクトを与えて頂きたい」と期待を語った。 「ここラスベガスで同じ日本人として新たなチャレンジを行っている田島選手に強く共感を覚えたためです。弊社も日本を母国とするスタッフが殆どですが、ラスベガスにて日本人の美徳、誠実さ、正直さを一人でも多くの外国の方々に認知してもらえるよう意識をして日夜業務を行っています」 「田島選手にも、フィジカル部分はなかなかアメリカで優位に出ることは難しいと思いますが、テクニックは勿論、戦術の理解度やチームメイトとの調和、監督の描くチームイメージ実現への努力、といった日本人の力が大いに発揮できる分野でラスベガスに強いインパクトを与えて頂きたいと期待しています」 ▽また、ラスベガスシティFCについてもコメントし、ギャンブルのイメージが強い街の魅力の多様化へのチャレンジを期待していると語った。 「まだ発足間もないチームですし、ラスベガスのサッカー人気もまだまだこれからといったところですが、NHLやNFLの誘致が決定するなどようやくプロスポーツが芽生えてきたラスベガスで是非メジャーリーグサッカーへの参戦を実現して頂きたいです」 「まだまだギャンブルのみのイメージが強い(実際は全く異なりますが)街ですので、魅力の多様化にとっても大変大事なチャレンジだと思います」 ▽日本とラスベガスの架け橋になることも期待されている田島。世界を渡り歩いた男の集大成となる挑戦は始まったばかりだ。 2017.05.26 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

2部降格のハル・シティ、マルコ・シウバ監督が辞任! ポルト新指揮官に就任か

▽ハル・シティは25日、マルコ・シウバ監督(39)の退任を発表した。 ▽マイク・フィーラン前監督の後釜として、今年1月にハルの新指揮官に就任したシウバ監督は、プレミアリーグ20試合を終えて3勝4分け13敗の最下位に沈んでいたチームに、組織的な守備と鋭いカウンターアタックを植え付けた。就任以降の15試合で6勝3分け6敗と好成績を残し、一時は残留圏内の17位に浮上も、残り3試合を全敗で終えて、最終順位18位で1年での2部降格となった。 ▽それでも、シウバ監督の手腕を高く評価するクラブは、来季以降の契約延長に動いていたが、より高いレベルでの指揮を希望する同監督の意向、契約の際に結んでいた契約解除の条項を受け入れ、今回の退任に至った。 ▽なお、プレミアリーグでの指揮を希望していると言われていたシウバ監督だが、先日にヌーノ・エスピリト・サント監督(43)を解任した母国屈指の名門、ポルトの新監督就任が既定路線となっている。 2017.05.26 05:23 Fri
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、今季加入のDFアルベロアら3選手が退団…

▽ウェストハムは25日、元スペイン代表DFアルバロ・アルベロア(34)、アルゼンチン人FWホナタン・カジェリ(23)、トルコ代表MFギョクハン・トレ(25)の退団を発表した。 ▽昨夏、7年間を過ごしたレアル・マドリーを退団してウェストハムに1年契約で加入したアルベロアだが、足の負傷に悩まされてリーグ戦の出場はわずか3試合にとどまった。そして、構想外となった同選手は在籍1年で退団することになった。 ▽また、ウルグアイのデポルティボ・マルドナードから1年間のレンタル移籍で加入したカジェリは、リオ五輪のアルゼンチン代表として鳴り物入りでの加入となったものの、リーグ戦16試合出場でわずかに1ゴールと、周囲の期待を裏切り、レンタル元に戻ることになった。 ▽スラベン・ビリッチ監督のベシクタシュ時代の教え子として1年間のレンタル移籍で加入したギョクハン・トレは、アルベロアと同様にヒザの負傷に悩まされて、今季のリーグ戦出場は5試合にとどまり、レンタル元に復帰することになった。 2017.05.26 04:38 Fri
twitterfacebook
thumb

シティ、サーニャ退団を発表! 「忘れがたい3年間を与えてくれた全ての人に感謝」

▽マンチェスター・シティは25日、今季限りで契約が終了するフランス代表DFバカリ・サーニャ(35)の退団を発表した。 ▽2014年にアーセナルからシティに加入したサーニャは、以降の在籍3年間で公式戦86試合に出場。今夏、同じく退団が発表されたアルゼンチン代表DFパブロ・サバレタと共にシティの右サイドバックを担ってきたフランス代表DFは、2015-16シーズンのEFLカップ優勝にも貢献していた。 ▽シティを去ることになったサーニャは、クラブ公式サイトでこの3年間を振り返っている。 「このクラブでプレーすることは僕にとって特権のようなものだった。シティでのキャリアで経験した全ての瞬間を楽しんできたし、今後もここでの時間を懐かしむはずさ」 「忘れがたい3年間を与えてくれたスタッフ、プレーヤー、ファン全てにお礼を言いたいと思うよ」 ▽また、シティでフットボール・ディレクターを務めるチキ・ベギリスタイン氏は、サーニャ退団に際して以下のようなコメントを残している。 「バカリがこのクラブで過ごした間、示してくれた多くの努力に感謝を送りたい。彼は並外れたプロフェッショナルであり、その忠誠心と謙虚な姿勢は常に素晴らしい見本だった」 2017.05.26 03:46 Fri
twitterfacebook
thumb

プランデッリ、アル・ナスル・ドバイの新TDに就任! 監督兼任かは就任会見で明らかに

▽UAEのアル・ナスル・ドバイは25日、チェーザレ・プランデッリ氏(59)が新たなテクニカル・ディレクター(TD)に就任することを発表した。 ▽これまでフィオレンティーナやイタリア代表、ガラタサライの監督を歴任してきたプランデッリ氏は、2016年12月にバレンシアの指揮官を退任して以降、フリーの状況が続いていた。 ▽なお、現時点で新任のTD就任とだけ発表されているプランデッリ氏だが、指揮官を兼任するかなどの詳細は、26日に行われる就任会見の場で明かされることになるようだ。 2017.05.26 02:06 Fri
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース