現役引退表明のヴァンデン・ボーア、CWC3度出場のマゼンベ加入2017.03.03 01:32 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コンゴ民主共和国のマゼンベは2日、元ベルギー代表DFアントニー・ヴァンデン・ボーア(29)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。

▽今シーズン、アンデルレヒトからモンペリエに1年間のレンタル移籍で加入したヴァンデン・ボーアだったが、1月10日に突如現役引退の意向を表明していた。その後、所属元のアンデルレヒトと話し合いを持ち、去就が不透明となっていたが、クラブ・ワールドカップ3度出場のアフリカの雄マゼンベへの移籍が決まった形だ。

▽アンデルレヒトのアカデミー出身のヴァンデン・ボーアは、2004年3月に16歳の若さでトップチームデビュー。その後、盟友のベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(現マンチェスター・シティ)と共に、同クラブ期待の若手として台頭した同選手だが、フィオレンティーナやジェノア、ポーツマスといった国外でのクラブでは思うように活躍できず、2013年に古巣アンデルレヒトに復帰。加入後2シーズンはレギュラーとして活躍も、2015-16シーズンのリーグ戦の出場はわずか2試合にとどまっていた。

▽また、2004年に16歳でフル代表デビューを飾ったベルギー代表では、これまで通算29試合に出場し、1ゴールを記録。2014年ブラジル・ワールドカップでは、グループステージ最終節の韓国代表戦に先発出場を果たしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、バルセロナからラフィーニャを買取OP付きレンタルで獲得! 買い取りには総額51億円が必要に

▽インテルは22日、バルセロナからブラジル代表MFラフィーニャ(24)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は8番に決定。なお、完全移籍での買い取りには3500万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額3800万ユーロ(約51億6000万円)が必要となる。 ▽自身2度目のレンタル移籍でインテルに加入したラフィーニャは、クラブ公式チャンネルの『Inter TV』で新天地での意気込みを語った。 「今は本当に幸せな気分だよ。今回の移籍は僕の人生において重要なステージとなった。自分のキャリアにおける新たな章でやるべきことがたくさんあると思っているよ」 「できるだけ多くの試合に出場し、自分たちの目標であるチャンピオンズリーグ出場権を得るために手助けをしたい」 「僕は右サイドや左サイドなど、多くの役割をカバーすることができる。ただ、8番のユニフォームを選んだよ」 「チームメート? 同じ言語を話せる仲間がいることは良いことだね。それにイカルディとは過去(バルセロナの下部組織)に一緒にプレーしたことがあるんだ」 ▽元ブラジル代表MFのマジーニョ氏を父親に持ち、バイエルンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラを兄に持つサッカー界屈指のエリート一家に生まれたラフィーニャは、兄と同様にバルセロナの下部組織からトップチームデビュー。だが、世界屈指のタレントを誇るトップチームでなかなか出場機会がなく、2013-14シーズンはセルタにレンタル移籍した。 ▽レンタルから復帰後は攻撃的なポジションに加え、サイドバックまでこなすユーティリティ性を武器にルイス・エンリケ前監督の下で重用されるも、2度の大ケガの影響で再びポジションを失った。今月17日のコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのエスパニョール戦では、2017年4月7日のグラナダ戦以来、290日ぶりに実戦に復帰したが、出場機会を求めて再び故郷を離れることになった。 2018.01.23 05:33 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ、絶対的司令塔デ・ブライネと2023年までの新契約締結!

▽マンチェスター・シティは22日、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2021年までの現行契約を新たに2年延長したデ・ブライネは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「今回、新契約にサインすることができて本当に嬉しいよ」 「以前から話していたように僕の希望は初めて来たときから自分の家のように感じていたこのクラブに留まることだったんだ」 「今の僕たちは勝ち続けているだけでなく、素晴らしいフットボールをプレーしている。その素晴らしいチームの一員であることを誇りに思うし、これから数年で自分たちがどんなことを成し遂げられるか考えると、とても興奮するんだ」 ▽また、デ・ブライネの契約延長に成功したチキ・ベギリスタインFD(フットボール・ディレクター)は満足感を示している。 「ケビンとの新契約はクラブにとって素晴らしいニュースだ。彼は今シーズン、自分がいかにこのクラブにとって重要なプレーヤーであることを、そのパフォーマンスで示しているよ」 「彼が今後長い間マンチェスター・シティへの忠誠を誓ったことに多くの人たちが興奮しているよ」 ▽デ・ブライネは2015年夏にヴォルフスブルクからシティに加入。非凡なパスセンスで異彩を放ち、同僚のMFダビド・シルバと並ぶ演出家として評価を高めている。今シーズンは、ここまでプレミアリーグ24試合に出場して6ゴール10アシスト。リーグ戦で首位独走のシティを攻撃面でリードしている。 ▽なお、イギリス『デイリー・メール』によれば、デ・ブライネは今回の新契約で週給20万ポンドと、肖像権料6万ポンドの総額26万ポンド(約4000万円)以上の高額サラリーを受け取ることになるようだ。 2018.01.23 04:52 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、サンチェスとのトレードでムヒタリアンを獲得! 「アーセナルでプレーは僕の長年の夢」

▽アーセナルは22日、マンチェスター・ユナイテッドからアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は長期とのみ記載されている。 ▽チリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)との等価トレードでアーセナルに加入したムヒタリアンは、クラブの公式サイトで移籍の喜びを語った。 「今回アーセナルとの契約を結ぶことができてとても嬉しいよ。アーセナルでプレーすることは僕の長年の夢だったんだ。僕はここでクラブの歴史に名を刻めるように最善を尽くすよ」 ▽また、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、ムヒタリアンについて以下のように語っている。 「ムヒタリアンは非常に完璧な選手だ。彼は多くのチャンスを演出するだけでなく、守備でも献身的なプレーでチームに貢献できる。私は彼がプレーヤーとして素質をすべて兼ね備えていると思っているよ」 ▽2013年にシャフタールからドルトムント入りしたムヒタリアンは、その後の3シーズンで公式戦140試合に出場。特に2015-16シーズンはハイパフォーマンスを披露し、出場52試合で23ゴール32アシストの記録した。この活躍が認められて2016年7月にユナイテッドに加入。しかし、ユナイテッドでは一貫性のあるパフォーマンスを発揮できず、ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得ることができていない状況だった。 2018.01.23 03:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、サンチェス獲得を公式発表! ムヒタリアンがアーセナル移籍で今世紀最大のトレード実現!

▽マンチェスター・ユナイテッドは22日、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)の加入を発表した。なお、サンチェス獲得の対価としてアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(29)のアーセナル移籍も併せて伝えている。 ▽なお、イギリス『デイリー・ミラー』など複数メディアが伝えるところによれば、サンチェスの背番号はユナイテッドのスーパースター伝統の「7番」となり、週給は40万ポンド(約6100万円)以上を受け取るようだ。 ▽ユナイテッドとの4年半契約にサインしたサンチェスはクラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「世界一のクラブに加入することができて本当に興奮しているよ。僕はアーセナルで素晴らしい3年半を過ごすことができた。そして、素晴らしいクラブとファンの存在によってポジティブな思い出を残しているよ」 「ただ、この歴史的なスタジアムとジョゼ・モウリーニョの下で働けるチャンスを逃すことはできなかった。同様にユナイテッドのトップチームでプレーする最初のチリ人プレーヤーになれることを誇りに思うよ」 「クラブが僕をこのクラブに連れて来たいと考えた理由を、全世界のファンに示せることを願っている」 ▽また、サンチェス獲得に成功したジョゼ・モウリーニョ監督は以下のようなコメントを残している。 「アレクシスは世界で最も優れたアタッカーの1人であり、彼の存在は我々の若く才能に溢れたアタッキングユニットを完璧なものにしてくれるはずだ」 「彼はマンチェスター・ユナイテッドのプレーヤーたちに、野心や勢い、強いパーソナリティ、クオリティをもたらしてくれるはずだ。さらにチームの強化やクラブに対するサポーターの誇りや特別感を強める存在になるだろう」 ▽また、モウリーニョ監督はサンチェスに代わってチームを去ったムヒタリアンに関して、「ヘンリクが成功と幸せを掴むことを願っている。きっと彼はうまくやるはずだ。同様に彼は我々のヨーロッパリーグ初制覇に貢献した忘れられないプレーヤーだ」 ▽2006年に加入したウディネーゼでヨーロッパでのキャリアをスタートしたサンチェスは、バルセロナでの成功を経て2014年にアーセナルに加入。同クラブでは公式戦166試合に出場し、80ゴール46アシストを記録するなど絶対的な主力として活躍。しかし、今季終了までとなっていた現行契約の延長を固辞した同選手は、プレミアリーグのライバル、ユナイテッドを新天地に選んだ。 2018.01.23 03:34 Tue
twitterfacebook
thumb

ロビーニョがトルコのスィヴァススポルに加入へ! クラブが加入内定を発表

▽トルコ・スーパーリーグに所属するスィヴァススポルは22日、元ブラジル代表FWロビーニョ(33)の加入が内定したことを発表した。同選手は23日に現地入りし、正式契約にサインする予定だ。 ▽2002年にサントスでプロデビューを飾ったロビーニョは、2005年にマドリーに移籍すると、その後もシティやミラン、広州恒大など各国のビッグクラブでプレー。2016年2月に加入したアトレチコ・ミネイロでは、これまで公式戦68試合に出場し、21ゴール11アシストを記録していた。なお、2017シーズン終了後にアトレチコ・ミネイロとの契約が満了した同選手は現在フリーの状態となっている。 ▽なお、ロビーニョはミラン在籍時代の2013年1月にミラノのナイトクラブで22歳の女性に対する強姦容疑で起訴された。これに対しミラノの裁判所は昨年11月、懲役9年の有罪判決を下している。しかし、イタリアの裁判制度ではロビーニョ側の控訴が終わるまで法の強制執行がされることはなく、事実上保留の状態となるため現時点でスィヴァススポル加入に向けた障害とはならない。 ▽ロビーニョの加入が内定したスィヴァススポルは、今季ここまでトルコ・スーパーリーグで8位に位置している。 2018.01.23 03:00 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース