神戸がポドルスキの完全移籍加入を発表! 移籍金は3億超2017.03.02 18:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴィッセル神戸は2日、ガラタサライの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(31)が完全移籍で加入することを発表した。

▽ケルンの下部組織で育ったポドルスキは、バイエルンやアーセナル、インテルでプレー。2015年7月にガラタサライへ移籍していた。

▽ガラタサライもポドルスキの神戸移籍を発表し、2016-17シーズン終了後に加入することを明かしている。移籍金は260万ユーロ(約3億1300万円)とのこと。ガラタサライが来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得した場合は、追加で20万ユーロ(約2400万円)を支払うことになるようだ。

▽神戸の三木谷浩史代表取締役会長は、ポドルスキ加入についてコメント。大きな期待を寄せていることを語った。

「このたび、世界的なストライカーがヴィッセル神戸に加わることを大変嬉しく思います。ポドルスキ選手は ケルン、バイエルン・ミュンヘン、アーセナル、インテル・ミラノ、ガラタサライと欧州各国の名門クラブの主力として活躍してきました。ドイツ代表では129試合に出場し48得点を挙げ、FIFAワールドカップでは、2006年大会で最優秀若手選手に選ばれ、2014年大会で優勝するなど数々のタイトルを獲得したワールドクラスの選手です。ヴィッセル神戸が優勝を勝ち取るために、ポドルスキ選手が大いに活躍してくれることを期待しています」

「先に発表した楽天とFCバルセロナとのパートナーシップも合わせ、Jリーグ、日本サッカー界がよりグローバルな視野を持って発展するきっかけとなることを目指します。今後もヴィッセル神戸へのご声援をよろしくお願いいたします」

▽なお、夏に加入となると第2登録ウインドーが開く7月21日(金)に登録が可能。そうなれば、7月29日(土)に行われる明治安田生命J1リーグ第19節の大宮アルディージャ戦が最短デビューとなりそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

香川真司がポドルスキに向けて地元・神戸について紹介「オススメは神戸の夜景」

▽ドルトムントの日本代表MF香川真司が、今夏にヴィッセル神戸へと移籍する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキに神戸の街を紹介した。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。 ▽神戸出身の香川は、幼少時代を神戸で過ごしており、地元として愛着がある街だ。初めて日本でプレーするポドルスキに向けて、地元の神戸を紹介。見どころなどを語った。 「神戸には海も山もあって、とても美しいです。住み心地はいいと思います。お気に入りの場所の1つは明石海峡です」 「六甲山からの夜景は素晴らしいですし、とてもオススメします。文化を知ってもらうためには姫路城や有馬温泉にドライブすることも良いと思います。三宮地区にはオシャレなカフェがあり、港町です。家族がリラックスした時間を過ごすことができると思います」 ▽また、ポドルスキが日本でプレーすることで与える影響についても語り、子供たちに良い影響があると考えているようだ。 「ルーカス(・ポドルスキ)のような元ドイツ代表選手であり、世界的に有名な選手がJリーグでプレーすると、多くの子供たちに夢と希望を与えることになると思います」 ▽また、問題点として香川は、日本の交通事情を挙げている。 「ドイツと比較するとより渋滞していると思います。車で移動する場合は多くの時間がかかりますね」 2017.03.23 14:11 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグでプレーした大先輩のリティがポドルスキの神戸移籍に太鼓判「間違いなく正しい移籍」

▽現在はヴォルフスブルクのチーフスカウトを務める元ドイツ代表MFピエール・リトバルスキー氏が、FWルーカス・ポドルスキのJリーグ挑戦を歓迎した。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽リトバルスキー氏は、かつてジェフユナイテッド市原、ブランメル仙台でプレー。監督としても横浜FC、アビスパ福岡で指揮を執った経験がある。 ▽選手としてだけでなく、監督としてもJリーグ、日本サッカーをよく知るリトバルスキー氏は、ポドルスキのヴィッセル神戸移籍を歓迎した。 「間違いなく正しい移籍だと思う。彼は近年フットボールを楽しんでいない。ここ数年、彼の笑顔を見ていないからね。日本に行くことで、フットボールの楽しみを再び見つけることができるだろう」 「彼は日本で別の世界を観るはずだ。試合後、アウェイチームのファンに声援を送られれば、彼はきっと驚くだろう。それはリスペクトであり、日本人が彼の到着を楽しみにしている。居心地は良いはずだ」 ▽また、日本語という言葉の壁についてリトバルスキー氏は、ポドルスキが自身のやり方で乗り越えるだろうと見解を示した。 「最初はコミュニケーションをとるのが難しいだろう。彼らに良い通訳がいればいいが、そうでなくても彼はオープンな性格で上手く乗り越えるだろう。1つか2つの日本語を学ぶことで、観客は無条件で愛してくれるだろう」 2017.03.22 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸FW小川慶治朗が入籍「より一層精進していきたい」

▽ヴィッセル神戸は22日、FW小川慶治朗 (24)が一般女性と入籍したことを発表した。 ▽小川は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「このたび、以前よりお付き合いさせていただいていた方と入籍しました。これからはヴィッセル神戸のため、新しい家族のため、より一層精進していきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」 ▽神戸下部組織出身の小川は2011年にU-18からトップチームに昇格。今シーズンはここまで、3試合に出場している。 2017.03.22 19:40 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸FW小川慶治朗が左鎖骨骨折で全治約2カ月

▽ヴィッセル神戸は19日、FW小川慶治朗が加古川市内の病院にて検査を受けた結果、「左鎖骨骨折」と診断され、13日に同病院にて手術を行ったことを発表した。なお、全治は約2カ月の見込みだ。 ▽11日に行われた明治安田生命J1リーグ第3節のベガルタ仙台戦(2-0で神戸が勝利)に先発した小川は、5分にDF永戸勝也との競り合いで負傷。9分に途中交代となった。小川はここまでリーグ戦3試合に出場していた。 2017.03.19 19:26 Sun
twitterfacebook
thumb

大森2戦連発の神戸が磐田を下して開幕4連勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第4節のヴィッセル神戸vsジュビロ磐田が18日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-0で神戸が勝利した。 ▽リーグ唯一の開幕3連勝で勢いに乗る神戸と、ここまで1勝1分け1敗の磐田が対戦。神戸はウエスクレイと渡邉を前線に、藤田、大森、ニウトン、松下が先発した。対する磐田は、川又をトップに、引き続き中村、アダイウトン、太田らがスタートからピッチに立つ。 ▽序盤、決定機を得たのはホームの神戸だった。5分、左サイド深くで藤田が入れたロングスローから、最後はゴール前の渡邉がヘディングシュート。しかし、このシュートはバーに直撃し、先制点とはならない。 ▽攻勢を強める神戸は、18分に立て続けにゴールチャンス。ゴール正面でボールを受けて決定機を迎えた渡邉のシュートは、GKカミンスキーのセーブに遭う。さらに、跳ね返りを再び渡邉がシュートに持ち込んだが、これもGKカミンスキーのファインセーブに阻まれる。 ▽ハーフタイムにかけては、試合が膠着状態となったこともあり、両者共に決定機をつくることができず、試合はゴールレスのまま前半が終了した。 ▽迎えた後半は、開始早々に神戸がゴールを陥れる。右サイドのウエスクレイが中央にパスを入れると、藤田がダイレクトでミドルシュート。ミートしきらなかったボールをゴール正面の渡邊が触ると、これを受ける形になった大森が右足を振る。このシュートが見事に決まり、大森の2試合連続弾で神戸がリードを手にした。 ▽ビハインドを背負った磐田は、61分に川又を下げて小川航基を投入する。65分には左サイドから中村がゴール前に入れたFKに大井が合わせるも、このヘディングシュートはわずかに枠の左にはずれる。 ▽さらに磐田は71分に決定的なシーン。ボックス左手前でボールを持った松浦がカットインしてコントロールシュート。これが右ポストに直撃すると、跳ね返りを太田が押し込んだが、オフサイドの判定でゴールとはならない。 ▽逆に80分には神戸が反撃。藤田のロングスローから、相手のクリアをバイタルエリアの松下がボレーで叩く。強烈なシュートが枠を捉えたが、GKカミンスキーのファインセーブに遭って2点目とはならない。 ▽その後、磐田はリスクを冒して攻め続けるも、最後までネットを揺らせず、試合終了。神戸が開幕4連勝で首位をキープした。 2017.03.18 17:54 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース