ヴォルフスブルクのベテランDFシェーファーがアメリカへ移籍…ジョー・コールと同僚に2017.03.02 10:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴォルフスブルクは1日、元ドイツ代表DFマルセル・シェーファー(32)がアメリカのユナイテッドサッカーリーグ(USL)に所属するタンパベイ・ローディーズに完全移籍することを発表した。

▽シェーファーは、2007年7月に1860ミュンヘンからヴォルフスブルクに移籍加入。これまで公式戦312試合に出場し16得点51アシストを記録していた。2008-09シーズンには日本代表MF長谷部誠らとともにブンデスリーガ制覇に貢献。ブンデスリーガでは、256試合に出場しており、GKディエゴ・ベナーリオの259試合に続く2番目の出場記録となっている。

▽なお、2019年にはヴォルフスブルクに戻り、スポーツ分野で幹部の役職を与えられることを前提とした契約を結んだとも発表されている。

▽USLは米を中心とした北中米のサッカーリーグであり、MLS参入を目指すクラブが所属。タンパベイ・ローディーズには現在チェルシーなどで活躍した元イングランド代表MFジョー・コールが所属しており、かつては元日本代表MF山田卓也が所属していた。

コメント

関連ニュース

thumb

カカが今季限りでのオーランド・シティ退団を発表! 引退については明言せず

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカ(35)が11日、同クラブ主催の公式会見の場で今季限りでの退団を発表した。 ▽カカは、今回の会見にオーランドのオーナーを務めるファビオ・アウグスト・ダ・シウバ氏、アレックス・ライタオCEO(最高経営責任者)と共に出席し、今季限りでクラブを去ることを明かした。 「僕はこの場を借りて、オーランド・シティとの契約を更新しないことを発表したい」 「それは今日発表したいすべてのことだ。そして、今シーズン終了までこのユニフォームに敬意を払ってプレーし続けたいと思っているよ」 ▽また、カカは先日にブラジル『Globo esporte』で、「フットボールをしていても楽しくない。毎試合、身体が痛むんだ。35歳の年齢だと、回復は難しい」と、現役引退の可能性について言及したが、今回の会見ではその発言の一部を否定している。 「個人的に『Globo esporte』での発言に関して説明する機会を得たいと思っていたんだ。身体の痛みが今回の決断の背景にあるわけではないんだ。どんなプレーヤーに尋ねてみたとしても、痛みが全くないプレーヤーなんていないはずだからね」 「次に何が起きるかは僕にもわからない。ただ、現時点で僕自身が理解していることは次のシーズンはオーランド・シティのプレーヤーではないことだ。それだけが確かな事実だよ」 「僕には新たなチャレンジが必要だと感じているんだ」 ▽これまでサンパウロやミラン、レアル・マドリーで活躍するなど、数々の栄誉を手にしてきたカカは、2014年からオーランド・シティに在籍。これまで公式戦77試合に出場し、25ゴール19アシストを記録している。 ▽おそらく、MLSのシーズンが終了する12月頃に今後の去就に関して何らかの発表を行うと思われるが、母国や新たな国でキャリアを続けるのか、はたまた今季限りでスパイクを脱ぐことになるのか…。 2017.10.12 04:03 Thu
twitterfacebook
thumb

カカ、今季限りで現役引退か 「フットボールが楽しくない」

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカ(35)が現役引退をほのめかした。ブラジル『Globoesporte』が報じている。 ▽かつてサンパウロやACミラン、レアル・マドリーで活躍するなど、数々の栄誉を手にしてきたカカ。2014年からオーランド・シティで残りのキャリアを過ごしている。 ▽インタビューで今シーズン以降のプレー続行について問われた2007年のバロンドール受賞者は、「フットボールをしていても楽しくない。毎試合、身体が痛むんだ。35歳の年齢だと、回復は難しい」と苦悩を明かしたという。 ▽また、「ジズー(ジネディーヌ・ジダン)のようになりたいね。彼は引退後、少し時間をかけて、ユースチームの監督になった。僕も彼と同じような道を歩める」と、引退後の目標についても言及したとのことだ。 ▽先日、今シーズン限りでの現役引退を表明したニューヨーク・シティの元イタリア代表MFアンドレア・ピルロに続き、カカもフットボール選手としてのキャリアに終止符を打つことになるのだろうか。 2017.10.10 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

引退の原因はヘディングによる「頭痛」…アイルランド代表FWケビン・ドイルが34歳で決断

▽アイルランド代表のストライカーであるFWケビン・ドイル(34)が現役引退を発表した。原因は「頭痛」だった。所属のコロラド・ラピッズが公式サイトで報じた。 ▽ドイルは、レディングやウォルバーハンプトン、QPR、クリスタル・パレスなどでプレーし、現在はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のコロラド・ラピッズに所属。今シーズンもMLSで25試合に出場し5ゴール3アシストを記録するなど、ストライカーとして活躍している。 ▽2006年からはアイルランド代表としてプレーし、10月のロシア・ワールドカップ欧州予選に向けたメンバーにも選出されているが、「頭痛」を理由にスパイクを脱ぐことを決めたようだ。 「今年はヘディングをするたびに問題が起き、度重なる頭痛の原因になっていることは明らかだった」 「今シーズンも脳震とうが2度起こっているし、長年に渡って(ヘディングが)関与しているように思う」 「メディカルからのアドバイスを聞いた後、今シーズンはもうプレーすることがなくなり、引退に向かうことを発表するのは悲しいよ」 「この機会に僕のキャリアを支えてくれたみんな、特に家族やコーチ、チームメイト、そしてアイルランド、イギリス、アメリカに感謝する」 ▽ドイルはアイルランド代表として63試合に出場し14ゴールを記録。ユーロに2度出場しているが、ワールドカップの出場はなかった。 2017.09.29 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

フリーのジラルディーノがMLS入りか? モントリオール・インパクトのトレーニングに参加

▽パルマやミラン、フィオレンティーナなどで活躍した元イタリア代表FWアルベルト・ジラルディーノ(35)が、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトのトレーニングに参加しているようだ。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽ジラルディーノは、ピアチェンツァの下部組織で育ち、エラス・ヴェローナやパルマで台頭。2005年にミランへと完全移籍した。ミランではスクデットこそ獲得できなかったものの、2006-07シーズンのチャンピオンズリーグ制覇に貢献。また、2008年のFIFAクラブ・ワールドカップも制していた。 ▽その後、2008年にフィオレンティーナへと移籍。2012年1月にはジェノアへと移籍するも、ボローニャへのレンタル移籍を経験。2014年7月には中国スーパーリーグの広州恒大へと加入した。その後はフィオレンティーナへのレンタル移籍や、パレルモ、エンポリ、ペスカーラでプレー。昨シーズン限りでペスカーラを退団し、現在はフリーとなっている。セリエA通算514試合出場188ゴール、昨シーズンは17試合に出場もノーゴールに終わっていた。 ▽また、イタリア代表としても2004年からプレーし、57試合に出場して19ゴールを記録。2006年のドイツ・ワールドカップ優勝にも貢献していた。 ▽ジラルディーノは、モントリオール・インパクトへの加入を前提にトレーニングに参加しているとのこと。今週からトレーニングをスタートさせた。モントリオール・インパクトは、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバも過去に在籍していた。 2017.09.12 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

元フランス代表DFシアニがLAギャラクシーに加入!

▽メジャーリーグサッカー(MLS)に所属するロサンゼルス・ギャラクシーは2日、元フランス代表DFミカエル・シアニ(33)がフリートランスファーで加入したことを発表した。契約期間は1年半となり、さらに契約延長オプションが付随している。 ▽2007年に加入したロリアンで台頭した屈強なセンターバックのシアニは、その後ボルドーやラツィオ、スポルティング・リスボン、エスパニョールを渡り歩き、昨シーズンは古巣ロリアンでプレー。同クラブではリーグ戦24試合に出場し3ゴールを記録する活躍を見せたが、クラブの2部降格に伴い、昨季限りで退団していた。 ▽また、2010年にはフランス代表デビューも飾っていた。 2017.09.03 13:45 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース