ヴォルフスブルクのベテランDFシェーファーがアメリカへ移籍…ジョー・コールと同僚に2017.03.02 10:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴォルフスブルクは1日、元ドイツ代表DFマルセル・シェーファー(32)がアメリカのユナイテッドサッカーリーグ(USL)に所属するタンパベイ・ローディーズに完全移籍することを発表した。

▽シェーファーは、2007年7月に1860ミュンヘンからヴォルフスブルクに移籍加入。これまで公式戦312試合に出場し16得点51アシストを記録していた。2008-09シーズンには日本代表MF長谷部誠らとともにブンデスリーガ制覇に貢献。ブンデスリーガでは、256試合に出場しており、GKディエゴ・ベナーリオの259試合に続く2番目の出場記録となっている。

▽なお、2019年にはヴォルフスブルクに戻り、スポーツ分野で幹部の役職を与えられることを前提とした契約を結んだとも発表されている。

▽USLは米を中心とした北中米のサッカーリーグであり、MLS参入を目指すクラブが所属。タンパベイ・ローディーズには現在チェルシーなどで活躍した元イングランド代表MFジョー・コールが所属しており、かつては元日本代表MF山田卓也が所属していた。

コメント

関連ニュース

thumb

シカゴ・ファイアー移籍のシュバインシュタイガー「ユナイテッドを離れることは悲しい」

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーへの移籍が合意に達したマンチェスター・ユナイテッドの元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(32)が、クラブを通じて別れを告げている。 ▽2015年7月にバイエルンからマンチェスター・ユナイテッドへと移籍加入したシュバインシュタイガーは、ルイス・ファン・ハール監督の下でプレミアリーグ18試合に出場。しかし、今シーズンから指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下では構想外となり、ここまで公式戦4試合の出場に留まり、プレミアリーグでは出場機会がなかった。 ▽1シーズン半の在籍でユナイテッドを去ることとなったシュバインシュタイガーは、今回の移籍についてクラブを通じてコメント。ユナイテッドファンへの感謝の気持ちを述べている。 「多くの友人が居るマンチェスター・ユナイテッドを離れることは悲しい。しかし、シカゴ・ファイアーでチャレンジするチャンスを与えてくれたことに感謝する」 「監督や選手、スタッフと個々で仕事が出来たことを楽しんでいたし、将来の幸運を祈っている。そして、マンチェスターで僕のことを特別にサポートしてくれたユナイテッドのファンたちには、とても感謝している」 「昨シーズンのFAカップで優勝したチームの一員になれたことをとても嬉しく思っている。とてもエネルギッシュで、情熱的だったことを覚えているよ。今、僕にはシカゴで新たな章をスタートさせる適切な時が来た。とても楽しみだよ」 2017.03.21 18:52 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがシュバインシュタイガーのシカゴ・ファイアー移籍を発表

▽マンチェスター・ユナイテッドは21日、元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(32)がメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーに移籍することで合意したと発表した。 ▽シュバインシュタイガーはビザの取得とメディカルチェックを通過後、シカゴ・ファイアーに加入するとのこと。シカゴ側は早期の加入を望んでいるとのことだ。 ▽アメリカ『シカゴ・トリビューン』によると契約期間は1年間で、年俸450万ドル(約5億円)が支払われるとのこと。MLSで最高の給与を得るトップ10に入り、1年間の契約延長オプションも付いているとのことだ。 ▽シュバインシュタイガーは、バイエルンの下部組織で育ち、2002年7月にトップチームに昇格。2015年7月にマンチェスター・ユナイテッドへと移籍した。加入1年目はルイス・ファン・ハール監督の下でプレミアリーグ18試合に出場。しかし、今シーズンから指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下では構想外となり、ここまで公式戦4試合の出場に留まり、プレミアリーグでは出場機会がなかった。 2017.03.21 18:35 Tue
twitterfacebook
thumb

シュバインシュタイガーがMLSのシカゴ・ファイアー移籍合意と報道…1年契約でサイン

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属する元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(32)がメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアー加入で合意に達したようだ。アメリカ『シカゴ・トリビューン』が報じた。 ▽『シカゴ・トリビューン』によると、シカゴ・ファイアーは20日の夜にシュバインシュタイガー獲得でユナイテッドと合意に達したとのこと。MLSで低迷するチームの再建に向け、スター選手の獲得に動いたとしている。 ▽シュバインシュタイガーは、バイエルンの下部組織で育ち、2002年7月にトップチームに昇格。2015年7月にマンチェスター・ユナイテッドへと移籍した。加入1年目はルイス・ファン・ハール監督の下でプレミアリーグ18試合に出場。しかし、今シーズンから指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下では構想外となり、ここまで公式戦4試合の出場に留まり、プレミアリーグでは出場機会がなかった。 ▽『シカゴ・トリビューン』によると、シュバインシュタイガーはビザの取得とメディカルチェックを通過後、来週中頃にはシカゴ・ファイアーに加入するとのことだ。また、契約期間は1年間で、年俸450万ドル(約5億円)が支払われるとのこと。MLSで最高の給与を得るトップ10にはいるとのことだ。また、1年間の契約延長オプションも付いているとのことだ。 2017.03.21 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

トロントFWジョビンコが右大腿部を打撲…悶絶し支えられてピッチを後に

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のトロントFCに所属する元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが、右足大腿部を痛めたようだ。 ▽トロントFCは11日にフィラデルフィア・ユニオンとMLS第2節で対戦。2-2の引き分けに終わっていた。 ▽ジョビンコは43分、フィラデルフィアのDFオグチ・オニェウと接触。その際にオニェウのヒザがふくらはぎと太ももに入り、ジョビンコが悶絶。なかなか立ち上がることができず、最後はトレーナーに肩を借りてピッチを後にした。 ▽試合後、トロントFCのグレッグ・バーンニー監督がジョビンコの状態についてコメント。経過を見守ることを明かした。 「彼はOKだ。痛んでいるがね。ITバンド(腸脛靭帯)を打撲したようだ。腫れていて、張りがあるようだ。筋肉をほぐすのと、動かすのが難しいようだ。2、3日は彼がどのように回復するかを見守ることになる」 2017.03.12 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

MLS開幕戦でカカがハムストリングを負傷…6週間の離脱

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカが、開幕戦で左ハムストリングを負傷し6週間の離脱となるようだ。オーランド・シティが発表した。 ▽3日に開幕を迎えた新シーズンのMLS。オーランド・シティは5日にニューヨーク・シティとの開幕戦に臨み、1-0で勝利していた。 ▽カカは左サイドで開幕戦に先発出場。8分にドリブルでボックス内に侵入しシュートを放つも、ブロックに入ったアンドレア・ピルロ、アレクサンダー・カレンズと接触。この際に左ハムストリングを痛め、11分にジレス・バーンズと交代していた。 ▽オーランド・シティのジェイソン・クライス監督は、開幕戦でカカを失ったことについて「とても失望している」とコメント。チームは白星を挙げたが、大きな代償を負うこととなってしまったようだ。 2017.03.07 13:03 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース