ヴォルフスブルクのベテランDFシェーファーがアメリカへ移籍…ジョー・コールと同僚に2017.03.02 10:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴォルフスブルクは1日、元ドイツ代表DFマルセル・シェーファー(32)がアメリカのユナイテッドサッカーリーグ(USL)に所属するタンパベイ・ローディーズに完全移籍することを発表した。

▽シェーファーは、2007年7月に1860ミュンヘンからヴォルフスブルクに移籍加入。これまで公式戦312試合に出場し16得点51アシストを記録していた。2008-09シーズンには日本代表MF長谷部誠らとともにブンデスリーガ制覇に貢献。ブンデスリーガでは、256試合に出場しており、GKディエゴ・ベナーリオの259試合に続く2番目の出場記録となっている。

▽なお、2019年にはヴォルフスブルクに戻り、スポーツ分野で幹部の役職を与えられることを前提とした契約を結んだとも発表されている。

▽USLは米を中心とした北中米のサッカーリーグであり、MLS参入を目指すクラブが所属。タンパベイ・ローディーズには現在チェルシーなどで活躍した元イングランド代表MFジョー・コールが所属しており、かつては元日本代表MF山田卓也が所属していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ベルギー代表DFシマンがLAギャラクシー加入! ドラフトで獲得2名とのトレード

▽MLS(メジャー・リーグ・サッカー)に所属するロサンゼルス・ギャラクシーは13日、モントリオール・インパクトからベルギー代表DFローラン・シマン(32)をトレードで獲得したことを発表した。なお、LAギャラクシーは2017ドラフトで獲得したフィンランド代表DFユッカ・ライタラ(29)と、カナダ代表MFラヒーム・エドワーズ(22)をモントリオールに差し出すことになる。 ▽これまで母国のシャルルロワやクラブ・ブルージュ、スタンダール・リエージュで活躍したシマンは、2015年に自閉症を患う娘の治療を優先するため大幅な減俸を受け入れて、自閉症の最新治療が受けられるカナダに本拠地を置くモントリオールに完全移籍。2015年にはMLSの最優秀DF賞を獲得するなど、リーグ屈指のDFとして活躍してきた。 ▽また、アメリカでプレーしているものの、最終ラインの複数ポジションをこなせるユーティリティー性を武器に、タレント揃いのベルギー代表で通算19キャップを記録。バックアッパーながらもロシア・ワールドカップ本大会のメンバー入りが濃厚とされている。 2017.12.14 00:40 Thu
twitterfacebook
thumb

リベンジ達成! トロントが昨季と同一カードとなったMLSカップ決勝を制し初優勝《MLSカップ》

▽現地時間9日、MLSカップ決勝のトロントFCvsシアトル・サウンダーズが行われ、2-0でトロントが勝利した。トロントは初優勝となる。 ▽イースタン・カンファレンス首位でプレーオフを勝ち上がってきたトロントと、ウェスタン・カンファレンス2位でプレーオフを勝ち上がったシアトルの一戦。昨年のMLSカップ決勝と同一カードとなった一戦。昨シーズンはシアトルがゴールレスで迎えたPK戦を制して優勝を達成していた。 ▽序盤からチャンスを作ったのはトロントだった。開始2分、右CKを得ると、クロスの流れからファーサイドで3がヘッド。しかし、これは枠を捉えられない。10分にはロングフィードをボックス手前中央でアルティドールが胸で落とすと、オソリオがシュート。しかし、これはGKフレイがなんとかセーブする。 ▽11分には左サイドからのロングスルーパスにジョビンコが反応。ボックス内右でGKと一対一となるも、シュートを再びGKフレイがセーブ。シアトルはなんとか失点を逃れる。 ▽23分にもボックス左でボールを受けたジョビンコが、相手DFをかわしてシュート。GKフライは逆を突かれるも、片手でセーブしゴールを死守。シアトルはなかなか攻め手がないまま、GKフライの活躍で前半をゴールレスで終える。 ▽後半に入っても、トロントが攻め手を緩めない。60分には右サイドを仕掛けると、最後はルーズボールをブラッドリーがミドルシュート。しかし、これもGKフライがセーブする。64分にも右サイドから崩すと、アルティドールの横パスをボックス中央でジョビンコがシュート。ブラインドになっていたが、GKフライがこれも防ぐ。 ▽シアトルは、ゴールに迫る機会はあるものの決定機を作るまでに至らず。すると、ついに均衡が破れる。66分、自陣ゴール前での守備から縦パスをつないだトロント。最後はジョビンコのパスに反応したアルティドールが中央を抜け出すと、GKフライの牙城を崩し、ついに先制する。 ▽先制を許したシアトルだったが、やはり攻撃がはまらず。対するトロントは後半アディショナルタイムにビクトル・バスケスがダメ押しゴール。そのままトロントが2-0で勝利し、初優勝を成し遂げた。 トロントFC 2-0 シアトル・サウンダーズ 【トロントFC】 アルティドール(後21) ビクトル・バスケス(後45+3) 2017.12.10 11:18 Sun
twitterfacebook
thumb

イヴァノビッチさんが妊娠を発表…シュバイニーがパパに

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーに所属する元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーがパパになるようだ。妻である元プロテニスプレーヤーのアナ・イヴァノビッチさんが妊娠したことを報告した。 ▽バイエルン一筋でキャリアを過ごしていたシュバインシュタイガーは、2015年にマンチェスター・ユナイテッドへと移籍。今シーズンからはアメリカに活躍の場を移し、シカゴ・ファイアーでプレーしていた。 ▽アメリカに渡ってからは、妻であるイヴァノビッチさんとの仲睦まじい姿が互いのSNSでも見られ、NHLやMLBを観戦するなど公私ともに充実していた様子が伺えたシュバインシュタイガー。そして、ついに子供が誕生することになる。 ▽イヴァノビッチさんが自身のインスタグラム(anaivanovic)で報告すると、シュバインシュタイガーもツイッター(@BSchweinsteiger)で報告。投稿された写真からは、幸せな様子が伺える。 2017.11.25 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

サン・シーロ帰還のカカ「プレーしないと決めたら、ミランのドアは開くだろう」

▽オーランド・シティを今シーズン限りで退団する元ブラジル代表MFカカが、ミランの本拠地であるサン・シーロを訪れた。自身の去就についても語っている。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽かつてミランやレアル・マドリーなどでプレーしたカカは、今シーズン限りでメジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティを退団することが決定している。 ▽現役引退は発表しておらず、まだプレーを続ける可能性はあるものの、一部報道ではミランに帰還するとのこと。その場合は、フロント入りの可能性が報じられており、選手としての復帰ではないとされている。 ▽かねてから予定されていた通り、23日にミラノを訪れたカカ。クラブ幹部との話し合いの後、本拠地のサン・シーロで行われたヨーロッパリーグのオーストリア・ウィーン戦を観戦。チームは先制を許すものの、その後は5得点を奪い逆転勝利を収めていた。 ▽カカは、オーストリア・ウィーン戦についてコメント。また、自身の去就についても触れ、ミランのフロント入りの可能性もあることを明かした。 「ミランは本当に良いプレーをしたし、先制ゴールを許しても勝つことができた。このような夜にサン・シーロにいることは喜ばしいね」 「ミランでここにいて、僕の人生でとても多くの思い出と経験があるミラノの街を歩くのは、なんとも言い表せない感情がある。それは素晴らしいことだよ。このユニフォームとこのクラブとの関係を説明することはできないけどね」 「僕は自分のプロとしての立場を整理し、もう1年プレーするのか、しないのかを決めなければいけない。シーズン中に自分の意思決定をしたくはなかったんだ。少し、調整もしたい。今は、ヨーロッパでいくつかの場所を訪れる旅をして、自分の時間を持っているんだ」 「プレーしないと決めたら、ミランのドアは開くだろう。僕はクラブとの素晴らしい関係があるからね。ミランのファンには、信じてくれるように言うよ。新しいオーナーの下での最初のシーズンだし、疑問に思うことはたくさんあるかもしれない。でも、このクラブを愛する人々は、誰もが信じなければならないんだ」 2017.11.24 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

元アメリカ代表GKフリーデルがMLSでクラブ監督初挑戦! 元日本代表MF小林大悟のボスに!

▽メジャーリーグサッカー(MLS)のニューイングランド・レボリューションは9日、かつてトッテナムやブラックバーンで活躍した元アメリカ代表GKブラッド・フリーデル氏(46)の新監督就任を発表した。 ▽今シーズン、MLSの東カンファレンスを7位で終えたNE・レボリューションは、ジェイ・ヒープス監督を解任。その後任にクラブチームでは監督初挑戦となるフリーデル氏を指名した。 ▽フリーデル氏は、NE・レボリューションの新監督就任に際して以下のようなコメントを残している。 「私のスタッフを含め、ニューイングランド・レボリューションに雇ってもらったことを光栄に思っている」 「今回のチャレンジを心から楽しみにしている。同時に、我々のスタッフとプレーヤーがクラブ、我々のファンのために100パーセントを捧げることを保証したい。2018シーズンに向けて、このクラブを正しい形で構築していくことがいまから待ち切れないよ」 ▽現役時代にブラックバーンやアストン・ビラ、トッテナムでプレーしたフリーデル氏は、プレミアリーグ連続出場記録(310試合)を樹立するなど、長きにわたってリーグ屈指のGKとして活躍。また、アメリカ代表では2002年の日韓ワールドカップでベスト8進出の原動力になるなど、通算82キャップを誇るレジェンドだ。 ▽2015年にトッテナムで現役引退を発表して以降は、同クラブの北米アンバサダーを務める一方、解説者としても活動。2016年1月からはU-19アメリカ代表監督を務めていた。 ▽なお、フリーデル氏を新指揮官に迎えたNE・レボリューションは、かつて東京ヴェルディや大宮アルディージャで活躍した元日本代表MF小林大悟やMLS屈指の点取り屋、シエラレオネ代表FWケイ・カマラなどが在籍している。 2017.11.10 02:24 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース