ヴォルフスブルクのベテランDFシェーファーがアメリカへ移籍…ジョー・コールと同僚に2017.03.02 10:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴォルフスブルクは1日、元ドイツ代表DFマルセル・シェーファー(32)がアメリカのユナイテッドサッカーリーグ(USL)に所属するタンパベイ・ローディーズに完全移籍することを発表した。

▽シェーファーは、2007年7月に1860ミュンヘンからヴォルフスブルクに移籍加入。これまで公式戦312試合に出場し16得点51アシストを記録していた。2008-09シーズンには日本代表MF長谷部誠らとともにブンデスリーガ制覇に貢献。ブンデスリーガでは、256試合に出場しており、GKディエゴ・ベナーリオの259試合に続く2番目の出場記録となっている。

▽なお、2019年にはヴォルフスブルクに戻り、スポーツ分野で幹部の役職を与えられることを前提とした契約を結んだとも発表されている。

▽USLは米を中心とした北中米のサッカーリーグであり、MLS参入を目指すクラブが所属。タンパベイ・ローディーズには現在チェルシーなどで活躍した元イングランド代表MFジョー・コールが所属しており、かつては元日本代表MF山田卓也が所属していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ビジャレアルのメキシコ代表MFジョナタン・ドス・サントスが兄が所属するLAギャラクシーへ完全移籍

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは27日、ビジャレアルのメキシコ代表MFジョナタン・ドス・サントス(27)を完全移籍で獲得した。国際移籍証明書とP-1ビザ(スポーツ選手や芸能活動に必要なビザ)が取得でき次第、選手登録される。 ▽ジョナタン・ドス・サントスは、バルセロナのカンテラ出身で、2012年7月にトップチームへ昇格。2014年7月にビジャレアルへと完全移籍していた。ビジャレアルでは、公式戦通算126試合に出場し7ゴール8アシストを記録。2016-17シーズンはリーガエスパニョーラで34試合に出場し2ゴール3アシスト、ヨーロッパリーグで8シアに出場し1ゴール1アシストを記録していた。 ▽LAギャラクシーには、兄であり、同じバルセロナのカンテラ出身のメキシコ代表FWジョバンニ・ドス・サントス(28)が所属しており、バルセロナ、ビジャレアルに通じて自身3クラブ目でも兄とのタッグを組むことになった。 ▽なお、LAギャラクシーは今シーズンのMLSのウェスタン・カンファレンスで現在9位と低迷。ファイナルシリーズのプレーオフ進出権が得られる6位のバンクーバー・ホワイトキャップスとは消化試合が1試合多い中、勝ち点差5となっている。 2017.07.28 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセイユのニュージーランド代表MFトゥイロマがMLSのポートランド・ティンバーズへ完全移籍

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のポートランド・ティンバーズは26日、マルセイユのニュージーランド代表MFビル・トゥイロマ(22)の獲得を発表した。国際移籍証明書とP-1ビザ(スポーツ選手や芸能活動に必要なビザ)が取得でき次第、選手登録されるとのことだ。 ▽トゥイロマはビルケンヘッド・ユナイテッドやワイタケレ・ユナイテッドなど母国ニュージーランドのクラブでプレー。2013年7月にマルセイユBへと入団。2015年7月にトップチームへと昇格するも、2015年8月にストラスブールへとレンタル移籍していた。2016-17シーズンはマルセイユに残っていたものの、ベンチ入り1試合に留まり、公式戦の出場機会はなかった。 ▽世代別のニュージーランド代表を経験してきたトゥイロマは、2013年10月16日にA代表デビュー。今年6月に行われていたコンフェデレーションズカップにも出場するなど、これまで20キャップを記録している。 2017.07.27 13:22 Thu
twitterfacebook
thumb

英2部バーミンガムがアシュリー・コール獲得に関心! ビラDFテリーとダービーで激突も

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するバーミンガムが、メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元イングランド代表DFアシュリー・コール(36)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『バーミンガム・メール』が伝えている。 ▽これまでアーセナルやチェルシーで活躍した、かつての世界最高の左サイドバックは、ローマ退団後の2016年からLAギャラクシーでプレーしており、今年12月に同クラブとの契約が終了する。 ▽バーミンガムを率いるハリー・レドナップ監督は、そのコールに関して獲得に関心を持っていることを認めている。 「アシュリー・コールは未だに偉大なプレーヤーだ。私にとって、チェルシー時代の彼は世界最高の左サイドバックだった。彼のことはよく知っているし、未だにこのレベルでプレーできると考えている」 「個人的に私はチームに2、3人の偉大なベテランプレーヤーを抱えたいと思っている。経験豊富なプレーヤーの存在は若手の成長を促すという部分で非常に有効だ」 「しかし、クラブが公式に獲得を目指しているとか、そういうことではない。私は今回のことに関して言及し、そのときだけのものになることを望んでいる」 ▽バーミンガムでは先日、LAギャラクシーを退団した元アイルランド代表FWロビー・キーン(37)獲得報道も出ており、仮にイングランド国内で豊富な経験を持つ百戦錬磨のベテラン2選手が加入すれば、プレミア昇格に向けた大きな補強となるはずだ。 ▽なお、バーミンガムのローカルライバルのアストン・ビラではコールのチェルシー時代の同僚である元イングランド代表DFジョン・テリー(36)が在籍しており、仮にコールの加入が決定すれば、ブルーズのレジェンド同士による白熱のバーミンガム・ダービーが期待できそうだ。 2017.07.16 15:17 Sun
twitterfacebook
thumb

MLSのサンノゼ・アースクウェイクスのブラジル人MFマテウス・シウバが水難事故で重体

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のサンノゼ・アースクウェイクスは4日、ブラジル人MFマテウス・シウバ(20)が水難事故に遭い、重体であることを発表した。 ▽クラブの発表によると、マテウス・シウバはカリフォルニア州とネバダ州の間にあるタホ湖で水難事故に遭ったとのこと。人命救助措置を受け、タホ湖近くの病院に運ばれたとのことだ。その後、リノにあるリナウン・リージョナル・メディカル・センターに移送。重篤な状態とのことだ。 ▽マテウス・シウバは、2017年3月からUSL(ユナイテッド・サッカーリーグ)のレノFCへとレンタル移籍。ここまでリーグ戦2試合に出場していた。 2017.07.05 13:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ラスベガスで奮闘するMF田島翔、MLS参入に向け「夢ではなく実現できるよう必死に頑張る」

▽MLS(メジャーリーグ・サッカー)への参入を目指し2016年に設立されたラスベガスシティFCに所属する日本人MF田島翔(34)から近況が届いた。 ▽ラスベガスのプロスポーツとして初めて日本企業がスポンサーになったラスベガスシティFC。スポンサーには、昨年会社設立20周年を迎えた観光ツアー会社・ネバダ観光サービス(代表 依田和恵)がつき、それを記念してチームから背番号「20」の新ユニフォームがプレゼントされたとのことだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/taji20170627_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:left;font-size:x-small;">設立20周年を迎えたネバダ観光サービスの依田和恵社長(前列右)らと記念撮影<hr></div>▽ネバダ観光サービスの依田社長は、田島について「ラスベガスで頑張る日本人を応援したいですし、ラスベガスを盛り上げてもらいたい」と激励。田島は「アメリカでまだ実績のない僕に、応援と期待でチームスポンサーになってくださり、ただただ感謝しかありません。ラスベガスのユニフォームに誇りと責任を持ってプレーしています」と感謝の気持ちを述べた。なお、田島は、今後ネバダ観光サービスとともに、日本・ラスベガスの子供たちのサッカー交流、様々な体験学習など企画していく予定とのことだ。 ▽FC琉球やロアッソ熊本などでプレーした田島が所属するラスベガスシティFCは、5月に監督が交代。これまでコーチを務め、現役時代はロサンゼルス・ギャラクシーでもプレーしたことがあるメキシコ人指揮官のチェオ氏が就任。田島はこれまでトップ下でプレーをしてきたが、左サイドでのプレーを直訴。そのパフォーマンスを見たチェオ監督も評価し、田島は左サイドでプレーすることとなり、鍵を握る選手として厚い信頼を寄せられ「次期リーグ戦では全試合90分出場してもらう」と期待を寄せている。 ▽田島はサイドでのプレーについて「気温45度の中、34歳の僕が何度もダッシュを繰り返すポジションになったのはキツさもありますが、やっぱりサイドは楽しい」と語り、チームのウィークポイントでもあったサイドでのプレーに自信をうかがわせた。 ▽また、チェオ監督は田島の俊敏性、判断力、テクニックを評価しているとのこと。田島は「毎年オフに地元・北海道のフットサルチームのエイトビートに所属し(2013年にはシュライカー大阪サテライト所属)、フットサルに取り組む事でそれらが養われ、ラスベガスで本当に生かされている」と語り、トレーニングとしてフットサルを取り込む重要性を感じているようだ。 ▽アメリカではインドアサッカーも盛んであり、「サッカーのトレーニングの一環として、フットサル同様、インドアサッカーも取り組むつもり」と田島はコメント。「34歳で技術的な向上は緩やかかもしれませんが、これまでと違うトレーニングの取り組みや食事改善などでまだまだ進化できると思いますし、現役へのこだわりはラスベガスでさらに強くなりました」と、新天地であるラスベガスで更なるサッカー人生を歩む決断をしたようだ。 ▽また、MLSを目指すラスベガスシティFCにとって朗報も。現在は5部に相当する独立リーグUPSL(ユナイテッド・プレミアサッカーリーグ)に所属するラスベガスシティFCだが、来シーズンから3部に相当するNPSL(ナショナル・プレミアサッカーリーグ)に昇格することが決定。100チーム以上が所属するリーグに所属し、MLSへの参入を目指すことになる。 ▽田島はクラブの目標でもあるMLS参入に向け「Jリーグなどとは違い、入れ替え戦のないアメリカサッカー。だからこそ、MLS参入を夢ではなく実現できるよう必死に頑張ります」とコメント。また、「日本人の僕はラスベガス在住の日本人の方々に注目や応援をしていただけるようにグランドでのプレーはもちろん、グランド外でもサッカー教室など活動の幅を広げていきたいと思います」と語り、ホームタウンであるラスベガスでのサッカーの発展に尽力することを誓った。 ▽UPSLは6月24日をもってリーグ戦が一時中断。9月から再び行われる。田島はここまでのリーグ戦で2ゴール1アシストを記録している。 2017.06.27 21:00 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース