超ワールドサッカー

ヴォルフスブルクのベテランDFシェーファーがアメリカへ移籍…ジョー・コールと同僚に2017.03.02 10:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴォルフスブルクは1日、元ドイツ代表DFマルセル・シェーファー(32)がアメリカのユナイテッドサッカーリーグ(USL)に所属するタンパベイ・ローディーズに完全移籍することを発表した。

▽シェーファーは、2007年7月に1860ミュンヘンからヴォルフスブルクに移籍加入。これまで公式戦312試合に出場し16得点51アシストを記録していた。2008-09シーズンには日本代表MF長谷部誠らとともにブンデスリーガ制覇に貢献。ブンデスリーガでは、256試合に出場しており、GKディエゴ・ベナーリオの259試合に続く2番目の出場記録となっている。

▽なお、2019年にはヴォルフスブルクに戻り、スポーツ分野で幹部の役職を与えられることを前提とした契約を結んだとも発表されている。

▽USLは米を中心とした北中米のサッカーリーグであり、MLS参入を目指すクラブが所属。タンパベイ・ローディーズには現在チェルシーなどで活躍した元イングランド代表MFジョー・コールが所属しており、かつては元日本代表MF山田卓也が所属していた。

コメント

関連ニュース

thumb

PSVのメキシコ代表MFグアルダード、来季MLS新規参入のロサンゼルスFC移籍へ

▽PSVのメキシコ代表MFアンドレス・グアルダード(30)が、2018年からメジャーリーグサッカー(MLS)に新規参入するロサンゼルスFCに加入するようだ。『ESPN』が伝えている。 ▽2018年6月にPSVとの契約が終了するグアルダードだが、現時点でクラブとの契約延長に応じる意思はなく、今夏の退団が有力視されている。 ▽そして、『ESPN』が伝えるところによれば、グアルダードは2018年からMLSに新規参入するロサンゼルスFCと4年契約で合意に至ったようだ。 ▽なお、グアルダードはMLSの新シーズン開幕に合わせて来年1月にアメリカへと旅立つ予定で、それまではPSVでプレーを続ける見込みだ。 ▽2015年にバレンシアからPSVに加入したグアルダードは、中盤のアンカーポジションで新境地を拓き、ここまで公式戦102試合に出場し、4ゴール22アシストの記録を残している。 2017.06.18 14:15 Sun
twitterfacebook
thumb

元熊本MF田島翔がアメリカUPSLのラスベガスシティFC入団会見「ラスベガスと日本をサッカーで繋げ盛り上げていきたい」

<div style="font-size:x-small;text-align:right;">写真提供:Las Vegas City FC<hr></div>▽MLS(メジャーリーグ・サッカー)への参入を目指し2016年に設立されたラスベガスシティFCが、かつてロアッソ熊本に所属したMF田島翔(34)の入団会見を行った。 ▽田島は、函館工業高校を卒業後、シンガポールのクレメンティ・カルサFC(現バレスティア・カルサFC)と練習生契約。その後、2004年に沖縄県リーグ1部のFC琉球と契約すると、九州サッカーリーグ、JFLを経験。2009年に地元・北海道サッカーリーグのノルブリッツ北海道に入団した。 ▽その後は、当時スペイン5部のTSKロセスにテスト入団しプレー。2012年にはロアッソ熊本に加入し、日本では初のプロ契約を結ぶ。熊本は1年での退団となったが、翌年にフットサルに転向し、Fリーグのシュライカー大阪のサテライトチームと契約。半年で退団すると、2014年にはクラブ・ワールドカップの常連であるオークランド・シティ(ニュージーランド)に加入した。 ▽2015年に再び日本に復帰し、北海道サッカーリーグの十勝フェアスカイFCに加入すると、2016年にはアメリカに渡り、NPSL(ナショナル・プレミアサッカーリーグ)のマイアミ・ユナイテッドFCに入団。元ブラジル代表FWアドリアーノともチームメイトとなった。そして2017年にラスベガスシティFCに加入した。 ▽田島はこれまで5試合に出場し4試合はトップ下で先発。2ゴール1アシストを記録するなど、すでに結果を残している。田島は今回のラスベガスシティFC移籍について意気込みを語った。 「ラスベガスという魅力のある場所で、MLS参入を目指すために新設されたクラブでプレーするのは、自分の集大成であり大きなチャレンジだと思いました。プレーでの貢献はもちろん、ラスベガスと日本をサッカーで繋げ盛り上げていきたいです。今季はプレーオフ出場と個人的には二桁得点を目標としています」 ▽アメリカ5部に相当する独立リーグUPSL(ユナイテッド・プレミアサッカーリーグ)に所属するラスベガスシティFCは、かつてブラジル代表として活躍し、日本代表監督も務めたジーコ氏がアドバイザーを務めており、昨年5月には元ブラジル代表MFロナウジーニョがゲスト加入してエキシビジョンマッチに出場するなど話題のクラブ。5年以内でのMLS参入を目指し、UPSLを戦っている。 ▽オーナーのラファエル・モレノ氏は、田島の獲得について「近い将来、日本でラスベガスシティFCのサッカースクール開校プランもあり、日本と積極的に交流を進めていきたい。ショウのプレーを気に入ってるし、満足している」とコメント。田島の能力を認めるとともに、日本との交流を深めたい狙いも明かした。 ▽また、ラスベガスのプロスポーツとして初めて日本企業がスポンサーになることも決定。観光ツアー会社・ネバダ観光サービス(代表 依田和恵)がスポンサーとなり、ユニフォームの背中にロゴが入ることも決定した。 ▽ネバダ観光サービスがラスベガスシティFCのスポンサーとなった理由は、日本人である田島の活躍を願ってのこと。田島を応援する理由として、「ラスベガスで同じ日本人として新たなチャレンジを行っていることに共感した」とコメント。また、「ラスベガスに強いインパクトを与えて頂きたい」と期待を語った。 「ここラスベガスで同じ日本人として新たなチャレンジを行っている田島選手に強く共感を覚えたためです。弊社も日本を母国とするスタッフが殆どですが、ラスベガスにて日本人の美徳、誠実さ、正直さを一人でも多くの外国の方々に認知してもらえるよう意識をして日夜業務を行っています」 「田島選手にも、フィジカル部分はなかなかアメリカで優位に出ることは難しいと思いますが、テクニックは勿論、戦術の理解度やチームメイトとの調和、監督の描くチームイメージ実現への努力、といった日本人の力が大いに発揮できる分野でラスベガスに強いインパクトを与えて頂きたいと期待しています」 ▽また、ラスベガスシティFCについてもコメントし、ギャンブルのイメージが強い街の魅力の多様化へのチャレンジを期待していると語った。 「まだ発足間もないチームですし、ラスベガスのサッカー人気もまだまだこれからといったところですが、NHLやNFLの誘致が決定するなどようやくプロスポーツが芽生えてきたラスベガスで是非メジャーリーグサッカーへの参戦を実現して頂きたいです」 「まだまだギャンブルのみのイメージが強い(実際は全く異なりますが)街ですので、魅力の多様化にとっても大変大事なチャレンジだと思います」 ▽日本とラスベガスの架け橋になることも期待されている田島。世界を渡り歩いた男の集大成となる挑戦は始まったばかりだ。 2017.05.26 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アメリカでの充実した生活を楽しむシュバイニーがカブス戦で初の始球式…ノーバン投球を披露

▽シカゴ・ファイアーに所属する元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが、上原浩治が所属するシカゴ・カブスの試合で始球式を務めた。 ▽シュバインシュタイガーは、2日にカブスの本拠地リグレー・フィールドで行われたシカゴ・カブスvsフィラデルフィア・フィリーズの試合で、自身初となる始球式を務めた。 ▽アメリカではMLS(メジャーリーグ・サッカー)の選手が始球式を行うことはよくあり、先日はシアトル・レインに所属する元なでしこジャパンFW川澄奈穂美がシアトル・マリナーズvsマイアミ・マーリンズの試合で始球式を務め、マリナーズの岩隈久志をキャッチャーに置きノーバン投球を見せていた。 ▽サッカーでは2014年のブラジル・ワールドカップを制するなど、名声を残したシュバインシュタイガー。ピッチングはというと、ストライクはとれなかったものの、ノーバン投球を披露していた。なお、試合は8-3でカブスが勝利していた。 ▽先日はNHLの試合を観戦するなど、妻で元プロテニスプレーヤーのアナ・イバノビッチさんと充実したアメリカ生活を送っているシュバインシュタイガー。本業でもMLSで5試合に出場し2得点を記録しており、ここまでは移籍の選択は間違っていなかったようだ。 ◆シュバイニーの投球が気になる方は… https://twitter.com/MLS/status/859570503241084928 2017.05.03 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

クリンスマンはMLSと衝突していた…元アメリカ代表コーチのヘルツォークが明かす

2011年からアメリカ代表の監督を務めたユルゲン・クリンスマンは、ロシア・ワールドカップの北中米カリブ海地区予選で苦戦したことにより、2016年11月に代表の指揮官を解任された。<br><br>オーストリア出身で現役時代には&ldquo;アルプスのマラドーナ&rdquo;の異名を取ったことでも知られ、クリンスマンの右腕としてアメリカ代表のアシスタントコーチを経験したアンドレアス・ヘルツォークが、クリンスマンとMLSの関係が良好ではなかったとアメリカ大手メディア『ESPN』に対して語っている。<br><br>「アメリカのリーグであるMLSは、近年目に見えてレベルが上がっているし、盛況していると思う。ただ、ユルゲンがMLSをサポートしようと発言したところ、リーグ側から反発された。クリンスマンは(MLSコミッショナーの)ドン・ガーバーとうまくいってなかったんだ」<br><br>ヘルツォークによると、クリンスマンは代表とMLSの相乗効果を狙ってMLS発展のための進言をしていた。しかし、MLSの幹部からの反対もあり、事態は好転しなかったようだ。<br><br>その一方で、アメリカ代表のアシスタントコーチを務めたことについてヘルツォークは「率直に言って楽しかったよ。5年にわたってアメリカで素晴らしい経験ができた。彼らは僕たちを更迭したけど、僕らは誰に対しても怒っていないよ。新しい挑戦と素晴らしい経験ができたんだ。感謝の気持ちしかない」と語り、アメリカ代表での指導経験がポジティブなものだったと回顧した。<br><br>また、ヘルツォークは「ユルゲンはアメリカでも実績を残した。今後はプレミアリーグのクラブか、他の代表チームを率いるんじゃないかな」とクリンスマンの今後の道について予想している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.18 10:21 Tue
twitterfacebook
thumb

MLSオールスターズがレアル・マドリーと対戦!! 8月3日に開催!!

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)オールスターズが、アメリカツアーを実施するレアル・マドリーと対戦することが決定した。MLS公式サイトが伝えている。 ▽発表によると、MLSは2017年のオールスター選手を選出し、マドリーとのフレンドリーマッチを実施。シカゴのソルジャー・フィールドで現地時間8月2日21時(日本時間で8月3日11時)に行われるようだ。 ▽今回の対戦を受けて、オールスターチームの指揮官を務めることが決定しているシカゴ・ファイアーのヴェリコ・パウノヴィッチ監督は次のようにコメントしている。 「MLSを代表して、非常に名誉なことだと思っている。マドリーという偉大なチームと対戦する機会を与えてもらえてうれしく思っているよ。誰にとっても特別な試合で、選手やファンも楽しみに待っている」 ▽なお、同時期にマドリーはアメリカツアーを実施。現地時間7月23日(日本時間7月24日)にロサンゼルスでマンチェスター・シティ、同26日(同37日)にサンタクララでマンチェスター・ユナイテッドと対戦。さらに同29日(同30日)にはマイアミでバルセロナとのクラシコが予定されている。 2017.04.16 09:15 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース