ローマ、サントスからレンタル中のDFエメルソン・パルミエリの買取OP行使2017.03.02 03:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマは1日、サントスからレンタル中のブラジル人DFエメルソン・パルミエリ(22)の買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得した。同クラブの財務報告によって明らかになった。

▽2015年にサントスから1年間のレンタル移籍で加入したエメルソンは、加入初年度は現在バルセロナでプレーするフランス代表DFリュカ・ディーニュのバックアッパーという位置付けだったが、今シーズンはレギュラー候補として獲得されたポルトガル人DFマリオ・ルイの長期離脱によって、左サイドバックのレギュラーに定着した。

▽シーズン序盤は課題の守備で味方の足を引っ張る場面が散見されたものの、ルチアーノ・スパレッティ監督の粘り強い指導の甲斐もあり、現在は左ウイングバックを主戦場に、左右のサイドバック、左右のウイングなど、複数のポジションをカバーするポリバレント性、優れた攻撃性能を評価され、先日にはブラジル代表を率いるチッチ監督の視察を受けるまでに成長している。

▽ローマは、今シーズンの公式戦26試合に出場し、1ゴール1アシストの記録を残しているエメルソンの買い取りのために、200万ユーロ(約2億4000万円)をサントス側に支払うようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

度重なるチェルシー移籍報道に憤るリュディガー、「ローマで満足している」

▽ローマに所属するドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(24)が、度重なるチェルシー移籍報道に憤りを見せている。同選手がイタリア『スカイ・スポルト』でコメントした。 ▽2015年にシュツットガルトからローマに加入したリュディガーは、優れた身体能力と戦術理解度を武器に、3バックと4バックを併用するローマの最終ラインの主軸として活躍。だが、シュツットガルト時代からプレミアリーグ向きと評価されていた同選手には、昨夏や今冬にアントニオ・コンテ監督率いるチェルシーやアーセナルへの移籍の可能性が報じられてきた。 ▽リュディガーは一連の移籍報道に関して憤りを見せた。 「イタリアでは全ての事柄に対して、あまりに大げさな報道が目立つ。僕が負傷したときも、多くのメディアは僕がチェルシーに移籍すると報じていた。僕はローマでのプレーに集中しているし、ローマで満足しているんだ」 「それに自分の将来に関して、僕に委ねられているわけではないから何も言うことはないよ。とにかく、ローマでのプレーに集中しているんだ」 ▽チェルシー移籍報道を非難し、ローマ残留を希望するコメントを残したリュディガーだが、ファイナンシャルフェアプレー(FFP)の問題を抱えるローマは、2017年6月30日までに主力選手を売却し、資金を捻出する必要があると見られており、リュディガーとギリシャ代表DFコスタス・マノラス(25)がその有力候補といわれている。 2017.04.23 14:46 Sun
twitterfacebook
thumb

PSG指揮官エメリ、来季に向けローマと3年契約に個人間で合意か…モンチが仲介?

来シーズンに向けて、ローマがパリ・サンジェルマンのウナイ・エメリ監督と個人間で合意に至っていると21日、イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が報じている。<br><br>現在2位と好成績を収めているローマだが、今シーズン限りでルチアーノ・スパレッティ監督の退任がうわさされている。この後任として、PSGの指揮官エメリの名前が挙がっており、すでに3年間の契約でローマと合意していると伝えられている。<br><br>この交渉を進めたのはセビージャのスポーツディレクターであるモンチ氏だとみられている。モンチ氏は1991年から1999年までGKとしてセビージャに在籍したのち、同クラブのスポーツディレクターに就任した。無名選手を発掘しては高値で取引するセビージャの敏腕SDとして知られたが、今シーズン限りで同クラブを去ることが発表されており、来シーズンからはローマと契約する可能性がこれまで報じられている。現在PSGで指揮を執るエメリだが2013年1月から昨季までセビージャを率いていた。このためエメリと親しい仲にあるモンチ氏が仲介役となったのではないかと指摘されている。<br><br>ただし、エメリはPSGとの契約を来シーズン終了後まで残しており、クラブ間の交渉は難航するとみられる。今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.21 23:15 Fri
twitterfacebook
thumb

センターFWを探すミラン、オーバメヤン獲得不可能ならばローマのゼコにターゲット変更へ

▽ミランが来季の目玉としてセンターFWの獲得に動いているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ミランは13日、同クラブを運営する『フィニンヴェスト』が保有する株式99.93%を『ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク』に売却した。これにより31年間続いたシルヴィオ・ベルルスコーニ体制は終焉を迎えた。 ▽チャイナ・ミランの誕生により早くも来シーズンへの投資が期待される中、『フットボール・イタリア』によるとヴィンツェンツォ・モンテッラ監督は新たなディレクターであるマッシミリアーノ・ミラベリ氏、マルコ・ファッソーネ氏との会談を行った模様。そこでは新たなセンターFWの獲得を強く要望したようだ。 ▽ミランは先日、ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(27)の獲得に興味を示していることがイタリア紙『レプブリカ』の報道で明らかとなった。『フットボール・イタリア』によると、オーバメヤンへの興味は持ちつつも獲得できない場合の備えて、ローマのボスニアヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(31)もターゲットにしているという。 ▽ゼコはセリエA挑戦2年目となる今シーズン、リーグ戦で32試合に出場し得点ランキングのトップタイとなる25ゴールをマークするなどゴールを量産している。チームゴール数で49ゴールと得点力不足を露呈しているミランにとってはのどから手が出るほど欲しい選手のようだ。 2017.04.21 15:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェルメーレン、ローマが買い取りOPを行使せず来季はバルセロナ復帰か

▽ローマは、ベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレン(31) の買い取りオプションを行使しない意向のようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が報じた。 ▽ヴェルメーレンは、昨夏にバルセロナからローマにレンタル移籍で加入した。しかし、ケガにより出遅れると、ギリシャ代表DFコスタス・マノラスやアルゼンチン代表DFフェデリコ・ファシオを前に定位置を確保することができず、ここまでリーグ戦の先発出場が4試合にとどまっている。 ▽イタリア『Tuttomercatoweb』によれば、出場機会が少なく、ケガの多いヴェルメーレンをローマは来季の戦力と見ておらず、買い取りオプションを行使しない見込みだという。 ▽なお、ヴェルメーレンの買い取り価格は、1000万ユーロ(約11億3000万円)とみられている。 2017.04.21 01:41 Fri
twitterfacebook
thumb

トッティがセリエA通算615試合出場でサネッティ氏と並び歴代3位に

▽ローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、15日に行われたセリエA第32節のアタランタ戦に途中出場。これによりセリエA通算615試合出場となり、歴代3位タイに並んだ。 ▽トッティは、15日に行われたアタランタ戦でベンチ入りすると、1-1で迎えた87分にディエゴ・ペロッティに代わり途中出場していた。チームは1-1のドローに終わっている。 ▽この出場でトッティは通算615試合出場を達成。キャリア25シーズン目出の達成となり、元インテルのハビエル・サネッティ氏と並び歴代3位タイに。1位はミラン一筋でプレーしたパオロ・マルディーニ氏で647試合、2位はユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの616試合となっている。セリエA通算出場数ランキングは以下の通り。 ◆セリエA通算出場数ランキング 1位:<span style="font-weight:700;">パオロ・マルディーニ</span>/647試合 [ミラン647試合] 2位:<span style="font-weight:700;">ジャンルイジ・ブッフォン</span>(ユベントス)/616試合 [パルマ:168試合、ユベントス:448試合] 3位タイ:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">フランチェスコ・トッティ</span>(ローマ)/615試合 [ローマ:615試合] 3位タイ:<span style="font-weight:700;">ハビエル・サネッティ</span>/615試合 [インテル:615試合] 5位:<span style="font-weight:700;">ジャンルカ・パリュウカ</span>/592試合 [サンプドリア:198試合、インテル;165試合、ボローニャ:206試合、アスコリ:23試合] 6位:<span style="font-weight:700;">ディノ・ゾフ</span>/570試合 [ウディネーゼ:4試合、マントヴァ:93試合、ナポリ:143試合、ユベントス:330試合] 7位:<span style="font-weight:700;">ピエトロ・ビエルコウッド</span>/562試合 [コモ:30試合、フィオレンティーナ:28試合、ローマ:30試合、サンプドリア:358試合、ユベントス:21試合、ミラン:16試合、ピアチェンツァ:79試合] 8位:<span style="font-weight:700;">ロベルト・マンチーニ</span>/541試合 [ボローニャ:30試合、サンプドリア:424試合、ラツィオ:87試合] 9位:<span style="font-weight:700;">シルヴィオ・ピオラ</span>/537試合 [プロ・ヴェルチェッリ:127試合、ラツィオ:227試合、ユベントス:28試合、ノヴァーラ:155試合] 10位:<span style="font-weight:700;">エンリコ・アルベルトージ</span>/532試合 [フィオレンティーナ:185試合、カリアリ:177試合、ミラン:170試合] 2017.04.17 19:28 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース