チェルシー、コンテ体制で躍動のモーゼスと2021年までの新契約締結2017.03.01 22:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは1日、ナイジェリア代表FWビクター・モーゼス(26)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽2012年にウィガンからチェルシーに加入したモーゼスだが、トップチームではなかなか出場機会を得ることができず、2013年からリバプール、ストーク・シティ、ウェストハムと3シーズン連続でレンタル移籍を繰り返していた。

▽だが、アントニオ・コンテ新監督が就任した今シーズンは、昨年10月に行われたハル・シティ戦から[3-4-3]の新布陣を採用したチームで、右ウイングバックの絶対的レギュラーに定着。ここまで公式戦28試合に出場し、4ゴール3アシストの記録を残している。

▽チェルシーとの現行契約を新たに2年延長したモーゼスは、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「最高の気分だよ。また、これからもチェルシーにいることができて嬉しいよ。これでチームのために一層集中してハードワークができるよ。もっと勝利を積み重ねて、まずはプレミアリーグ優勝だね」

「チームはここまで好調だ。ここでのフットボールを楽しんでいるし、監督からはいつも自信をもらっている。チームのためにこれからも頑張るよ」

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシーがMFケネディの行いを中国に謝罪

▽チェルシーは、U-23ブラジル代表MFケネディ(21)が23日に自身SNS上で中国を侮辱したとして、謝罪した。一連の流れを『マルカ』が伝えた。 ▽チェルシーは22日、中国の北京国家体育場でアーセナルとフレンドリーマッチを行い、3-0で勝利した。チェルシーにとってはプレミアリーグのライバルを破る晴れやかな1日となったが、その試合の前にケネディが自身SNSを更新し、その内容が問題となったようだ。 ▽『マルカ』では、問題の投稿内容が2つ紹介されている。1つは、中国人警備員の寝ている画像が添付された投稿に「起きろ中国人。まぬけだぞ」という文が添えられたもの。もう1つは、ポルトガル語で“英字4文字に相当するような罵り言葉”だと伝えられている。ケネディが直後のアーセナル戦に出場した際には怒りのブーイングが響いたという。後に同選手は、それらの投稿を削除している。 ▽23日、チェルシーは公式サイト上で以下のような謝罪文を掲載した。 「ケネディの行いは間違いでした。彼は多くを学ばなければなりません。彼の態度はクラブの総意ではありませんし、若手選手達に説いている模範行動からはかけ離れたものです。彼は強く叱責され、処分を受けました」 「チェルシーフットボールクラブに所属する人間は誰もが、中国を最大限に尊重し、称賛しており、中国のファンの方々を愛しています。中国のファンの方々と、中国の人々全体に向けて謝罪します」 ▽なお、ケネディ本人もSNS上で謝罪を行った。 「ハロー、マイフレンズ。僕の投稿で誰かが悲しんだなら謝罪したい。人種差別をする意図はなかった」 ▽ケネディは2015年8月22日にブラジルの名門フルミネンセからチェルシーへ加入。移籍初年度の2015-2016シーズンには、公式戦20試合出場2得点1アシストを記録しており、期待の若手として今回のプレシーズンツアーに帯同している。 2017.07.24 14:27 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルとのPSMで脳しんとうのペドロが離脱

▽チェルシーに所属するスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスが負傷離脱したことかわかった。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽FWジエゴ・コスタ、MFエデン・アザールとの攻撃陣の一角として、昨シーズンのプレミアリーグ優勝に貢献したペドロ。しかし、22日に中国で行われたアーセナルとのプレシーズンマッチで相手GKダビド・オスピナとの交錯で途中交代を余儀なくされた。 ▽『BBC』が伝えたところによれば、ペドロはそのまま病院に搬送。チェルシーは、脳しんとうとの診断を下されたペドロが経過観察のため、ロンドンに帰国することを明かした。 ▽なお、ペドロは自身のツイッター(@_Pedro17_)を通じて、「怖かったよ! 幸いにも、僕は大丈夫。メッセージをありがとう」と大事に至らなかったことを報告している。 2017.07.24 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

コンテ「チェルシーから去ることを考えた」選択肢にあった1年での辞任

16-17シーズン、就任1年目でチェルシーにプレミアリーグのタイトルをもたらしたアントニオ・コンテ。現在、中国に遠征中の同監督が、イギリス『ミラー』の取材で、就任から1年でロンドンを去る可能性があったことを明かしている。<br><br>「昨シーズンは非常に厳しい1年だった。私にとっても、家族にとってもつらい状況となり、実はリーグ優勝が決まった後、ロンドンを去ることも考えた」<br><br>結果的にクラブと新契約を結んだことについてコンテは「クラブに留まることを選択したよ。チェルシーと今後の方針を話し合い、この後もここで仕事をすると決めたんだ。ロンドンに居続けることを決断したことは正しかったと思っているし、やるべきことはたくさんある」と述べている。<br><br>また「もし自分が一人だったら、この決断を下すことができなかった。それほど、家族の支えが重要だった」と語り、家族の存在がロンドン残留を決めた要因だったと明かした。<br><br>今夏、コンテ監督にはイタリアのインテルが関心を示していると報じられたが、契約はまとまらず。結果的にコンテは2019年までチェルシーとの新契約を締結している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.24 00:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ダニーロ争奪戦を制したのはシティ!! 移籍金38億円で5年契約を結ぶ!!

▽マンチェスター・シティは23日、レアル・マドリーからブラジル代表DFダニーロ(26)を獲得したことを発表した。契約期間は5年となる。移籍金については公表されていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると2650万ポンド(約38億2500万円)となるようだ。 ▽2010年にサントスでデビューを果たしたダニーロは、2011-12シーズンからポルトに加入。4シーズンで公式戦139試合13ゴールをマークすると、翌2015-16シーズンからはレアル・マドリーに移籍した。加入当時こそ公式戦31試合(2ゴール)に出場したが、昨シーズンは出場機会が激減し24試合(1ゴール)の出場に留まった。 ▽今夏の移籍市場ではダニーロ自身が出場機会を求めていると言われており、チェルシーやユベントスなどが獲得に興味を示していたが、シティが争奪戦を制する形となった。 ▽ダニーロはクラブ公式サイト上で次のようにコメントしている。 「シティに加入することができてとても満足しているよ。多くのクラブから強い関心があったけれど、ペップのためにプレーしたいと思っていた。シティからの関心を聞いた時に心は決まっていたよ。今はシーズンが待ち遠しい。早く新しいチームメートたちのことを理解したいね」 2017.07.23 17:14 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーがバチュアイの2得点などでアーセナルに完勝《フレンドリーマッチ》

▽22日、チェルシーvsアーセナルのフレンドリーマッチが中国の北京国家体育場でで行われ、3-0でチェルシーが勝利した。 ▽インターナショナル・チャンピオンズカップに出場している両チームによるフレンドリーマッチ。チェルシーはGKクルトワを起用し、アスピリクエタ、ダビド・ルイス、ケイヒルの3バック、モーゼスとマルコス・アロンソを両ウイングバックに置き、カンテ、セスクがボランチに、ウィリアン、ペドロがサイドに置かれ、バチュアイがトップに入った。 ▽一方のアーセナルはGKオスピナがゴールを守り、メイトランド=ナイルズ、メルテザッカー、モンレアルが3バックを形成。オックスレイド=チェンバレン、ブラマルがウイングバックに、ラムジーとジャカがボランチに入った。前線は、エジル、イウォビ、ラカゼットを並べた。 ▽試合は序盤からチェルシーが攻め立てる展開に。ウィリアンやバチュアイを中心にアーセナルゴールに迫る。 ▽アーセナルは22分、イウォビが相手のパスをカットすると右に展開。パスを受けたエジルのスルーパスを走りこんだラムジーが合わせるも、シュートは枠を外れる。 ▽その後は再びチェルシーが攻める展開に。すると29分にアクシデント。裏に抜け出したペドロがGKオスピナと接触。これによりプレー続行が不可能となり、ボガと交代した。 ▽その後もチェルシーが攻め立てると40分、ウィリアンがボックス手前でシュート。これが右ポストを叩きながらラインを越えて、チェルシーが先制する。 ▽先制したチェルシーは直後にも決定機。42分、縦パスを受けたバチュアイが、ボックス手前から左足を振り抜くとゴール左に決まり、チェルシーがリードを2点に広げる。 ▽後半開始と同時にアーセナルは6名を変更。モンレアル、メルテザッカー、メイトランド=ナイルズ、ラカゼット、ブラマル、ジャカに代えて、コラシナツ、エルネニー、コシエルニー、ジルー、ウェルベック、コクランを投入。チェルシーは、クルトワに代えてカバジェロを起用した。 ▽するとチェルシーが後半も早々に追加点を奪う。49分、マルコス・アロンソからのマイナスのボールを走り込んだバチュアイがボックス手前中央から左足でダイレクトシュート。これがネットを揺らし、チェルシーが3点目を奪った。 ▽試合は、その後もチェルシーがペースを握り続け、アーセナルは決定機をほとんど作れずにタイムアップ。チェルシーが中国の地でアーセナル相手に3-0で勝利を収めた。 チェルシー 3-0 アーセナル 【チェルシー】 ウィリアン(前40) バチュアイ(前42、後4) 2017.07.22 23:10 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース