超ワールドサッカー

チェルシー、コンテ体制で躍動のモーゼスと2021年までの新契約締結2017.03.01 22:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは1日、ナイジェリア代表FWビクター・モーゼス(26)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽2012年にウィガンからチェルシーに加入したモーゼスだが、トップチームではなかなか出場機会を得ることができず、2013年からリバプール、ストーク・シティ、ウェストハムと3シーズン連続でレンタル移籍を繰り返していた。

▽だが、アントニオ・コンテ新監督が就任した今シーズンは、昨年10月に行われたハル・シティ戦から[3-4-3]の新布陣を採用したチームで、右ウイングバックの絶対的レギュラーに定着。ここまで公式戦28試合に出場し、4ゴール3アシストの記録を残している。

▽チェルシーとの現行契約を新たに2年延長したモーゼスは、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「最高の気分だよ。また、これからもチェルシーにいることができて嬉しいよ。これでチームのために一層集中してハードワークができるよ。もっと勝利を積み重ねて、まずはプレミアリーグ優勝だね」

「チームはここまで好調だ。ここでのフットボールを楽しんでいるし、監督からはいつも自信をもらっている。チームのためにこれからも頑張るよ」

コメント

関連ニュース

thumb

FAカップ決勝を控えるラムジー、チェルシーのエースを名指しで警戒

アーセナルのアーロン・ラムジーは、FAカップ決勝を前に、チェルシーのエース、エデン・アザールを自由にさせてはいけないと語っている。<br><br>27日にウェンブリー・スタジアムで行われるFAカップ決勝のチェルシー戦で、リーグ戦5位に終わったアーセナルは今シーズン唯一のタイトル獲得を目指して戦う。アーセン・ヴェンゲル監督率いるチームは、9月のホーム戦でチェルシーに3-0で勝利するも、2月にはスタンフォード・ブリッジでアザールにスーパーゴールを許すなど、1-3で完敗を喫している。<br><br>2014年FAカップのハル・シティ戦で決勝ゴールを挙げたラムジーは「ホームゲームでの前半の入り方は特に良かった」と、勝利に終わったエミレーツ・スタジアムでの一戦を振り返り、以下のように続けた。<br><br>「前半で試合は決着した。僕たちは俊敏で、カウンターを有効に使えていた。本当にすべてが上手くいっているようだった。ファイナルで勝つためには同じような戦い方が必要だと言い切れる。しかしアウェイ戦ではすべてが違ってしまった。相手にスペースを与えすぎた。アザールを自由にさせてしまい、ネットを揺らされた。同じようなことをしてはいけない。僕たちは彼に密着し、あのようなことをさせないようにしなければならない」<br><br>27日の決戦で、アーセナルは4年間で3度目の栄冠に挑戦する一方、チェルシーは2012年以来となる優勝を目指す。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.26 14:10 Fri
twitterfacebook
thumb

「楽な生き方は好きじゃない」…ダビド・ルイス、減給受容でのチェルシー復帰を告白

▽昨夏にチェルシー復帰を果たしたブラジル代表DFダビド・ルイスが当時の決断を振り返った。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽ダビド・ルイスは、2011年夏にベンフィカからチェルシーに移籍。2014年夏にパリ・サンジェルマン移籍を果たした後、2016年夏にチェルシー復帰を果たした。 ▽27日にプレミアリーグのタイトルに続く今シーズンの2冠目が懸かったアーセナルとのFAカップ決勝を控える中、ダビド・ルイスはチェルシー復帰に独特の世界観を用いて次のようにコメントした。 「楽な生き方は好きじゃない。リスクを冒して、幸せを手にしたんだ。リスクを冒さない人生だと、新しい何かを見つけることはできない。それは仕事だけじゃない。毎日がそうだと思う」 「ここに戻ってくるためにサラリーを下げたんだ。けれど、それで良かったよ。神様は僕に沢山のことを与えてくれた。だから、僕は幸せなんだよ」 ▽なお、今シーズンからチェルシーに復帰したダビド・ルイスはアントニオ・コンテ監督の下、3バックの一角として不動の地位を確立。公式戦41試合1ゴールの活躍を披露している。 2017.05.26 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

今季で退団のテリー「私の時間は終わった。次の世代に託す」...ケーヒルを次期主将に指名

今シーズン終了後のチェルシー退団を発表しているジョン・テリーは、ギャリー・ケイヒルが次期キャプテンに相応しいと会見で語っている。<br><br>ケイヒルは、テリーの代わりにキャプテンマークを巻き、レギュラーとして今シーズンのプレミアリーグ優勝に貢献。また、セサール・アスピリクエタも主将としてFAカップ準決勝のトッテナム戦に出場していた。長年チームキャプテンを務めたたテリーは、両選手が今後のチームを引っ張ると考えているようだ。<br><br>14歳で加入したクラブからの退団を表明した元イングランドDFは「私がいなくても問題ない。ギャス(ケイヒル)、セサール、セスク(・ファブレカス)はチームをまとめられるだけの能力がある」と話し、以下のように続けている。<br><br>「私の時間は終わった。もう忘れよう。今は次の世代がこのクラブのために勝利を重ね、タイトルを保持し続ける時だ。私はもういない。いつかここに帰れる時が来ることを願っている。次のキャプテンはケイヒルが務めるべきだ。監督が彼にキャプテンマークを渡しても、その役割を全うできると証明した。全試合にほぼフル出場した彼は腕章を巻くにふさわしい選手だ。パフォーマンスだけでなく、他の面でも素晴らしい人間だ」<br><br>また、引退か現役続行かいまだはっきりしないテリーは「少しだけフットボールから離れる。今後についてはまだ何も決めていない。プレーすることを愛していて、まだまだできると思っている。体力的にはまだまだやれるはずだ。38、39、40歳だったら、辞めるかもしれないが、まだトップレベルでプレーできるはず。トップでプレーすることが重要だと思っている。でもさまざまな選択肢が残されたままだ」と今後について述べている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.25 15:20 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーが安全面配慮で優勝パレードを中止「不適切だと判断」

チェルシーが28日に開催する予定となっていた優勝パレードを中止することを発表した。<br><br>チェルシーは2016-17シーズンのプレミアリーグを制覇。27日のFAカップ決勝戦で勝てば2冠達成となる。FAカップ決勝戦の翌日に優勝パレードを計画していたが、マンチェスターで22日にテロ事件が発生した。そのため安全面に配慮してパレードを行わない決断を下した。<br><br>クラブは公式サイト上に声明文を掲載。「月曜日に起こったマンチェスターでのテロ攻撃を受け、チェルシーフットボールクラブより心からのお悔やみを申し上げます」と哀悼の意を表明し、「優勝パレードの敢行は不適切だと判断」したことを伝えた。<br><br>続けて、「地元の警察や議会、また関係各所との協議の上、たとえ安全性に細心の注意を払ったとしても、不特定多数の集まる大規模なイベントをロンドン市街地で行うことは不用意と考えるのが自然かと思われます」と中止の理由を説明した。<br><br>また、FAカップ決勝戦において喪章の着用と犠牲者支援として募金活動を行うことも併せて発表した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.25 14:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、チェルシーからレンタル中のFWアツを完全移籍で獲得! チェルシーでは出場機会ゼロ

▽ニューカッスルは24日、チェルシーからレンタル移籍で加入していたガーナ代表FWクリスティアン・アツ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までとなっている。なお、移籍金に関しては明かされていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』は620万ポンド(約9億円)と推定している。 ▽今シーズン、チェルシーからのレンタル移籍でチャンピオンシップ(イングランド2部)のニューカッスルに加入したアツは、リーグ戦32試合に出場し、5ゴールを記録。チームのチャンピオンシップ優勝及び、1年でのプレミアリーグ復帰に貢献していた。 ▽ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテス監督は、アツの完全移籍での獲得に満足感を示している。 「我々は良いプレーヤーとサインすることができて満足している。彼は非常に勉強熱心で自らの成長に積極的で素晴らしいプロフェッショナルであることを我々に示してくれた」 「クリスティアンは我々の昇格を目指す戦いにおいて非常に重要な存在だった。そして、彼は我々が今後何かを成し遂げるために助けになりたいと言ってくれている」 ▽2013年にポルトからチェルシーに加入したアツだが、同クラブのトップチームでの出場機会はなく、フィテッセやエバートン、ボーンマス、マラガと毎年のようにレンタル先を渡り歩いてきたが、今回の完全移籍でようやく安住の地を見つけたようだ。 ▽なお現在、アツはイギリスの労働許可証取得を再志願しており、これが認められた後、正式にマグパイズの一員となる。 2017.05.25 00:25 Thu
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース