チェルシー、コンテ体制で躍動のモーゼスと2021年までの新契約締結2017.03.01 22:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは1日、ナイジェリア代表FWビクター・モーゼス(26)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽2012年にウィガンからチェルシーに加入したモーゼスだが、トップチームではなかなか出場機会を得ることができず、2013年からリバプール、ストーク・シティ、ウェストハムと3シーズン連続でレンタル移籍を繰り返していた。

▽だが、アントニオ・コンテ新監督が就任した今シーズンは、昨年10月に行われたハル・シティ戦から[3-4-3]の新布陣を採用したチームで、右ウイングバックの絶対的レギュラーに定着。ここまで公式戦28試合に出場し、4ゴール3アシストの記録を残している。

▽チェルシーとの現行契約を新たに2年延長したモーゼスは、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「最高の気分だよ。また、これからもチェルシーにいることができて嬉しいよ。これでチームのために一層集中してハードワークができるよ。もっと勝利を積み重ねて、まずはプレミアリーグ優勝だね」

「チームはここまで好調だ。ここでのフットボールを楽しんでいるし、監督からはいつも自信をもらっている。チームのためにこれからも頑張るよ」

コメント

関連ニュース

thumb

マドリッド・ダービーやクラシコ、プレミア上位対決も「スポナビライブ」で無料で観られる!【PR】

▽白熱の首位争いが繰り広げられているリーガエスパニョーラ、上位争いが混沌としているプレミアリーグが「スポナビライブ」で5月まで無料で観られることとなった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/xD84og" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/sponavilive_bot_3.png" style="width: 50%;"></a></div> ▽2月には配信映像をフルHD対応し、料金を月額3000円から月額1480円に値下げした「スポナビライブ」。ソフトバンクやワイモバイルのユーザーであれば月額980円で、サッカーだけでなく野球やB.LEAGUE、テニス、大相撲などが楽しめるが、3月16日以降に加入したユーザー、またはすでに加入していながらフルHD対応に申し込んだユーザーは、5月利用分まで無料で利用することができる。 ▽レアル・マドリー、バルセロナ、セビージャが首位を争うリーガエスパニョーラ、チェルシーが独走態勢に入る中、チャンピオンズリーグ出場権争いが繰り広げられているプレミアリーグが、シーズン終盤まで無料。PCやスマートフォンだけでなく、Amazon Fire TVやAndroid TV などさまざまなデバイスでのテレビ視聴にも対応していく。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/aLiCcO" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/sponavilive_bot_3.png" style="width: 50%;"></a></div> ▽期間中には、レアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーの“マドリッド・ダービー"や、レアル・マドリーvsバルセロナの“クラシコ"、マンチェスター・シティvsリバプール(3月19日)、アーセナルvsマンチェスター・シティ(4月2日)、チェルシーvsマンチェスター・シティ(4月5日)、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシー(4月16日)などプレミアリーグのビッグカードも組まれている。 ▽なお、申込期間は3月16日(木)から4月30日(日)までとなり、3月16日(木)もしくは4月16日(日)に申し込んだ方は6月15日(木)まで、3月30日(木)もしくは4月30日(日)に申し込んだ方は6月29日(木)まで、4月1日(土)に申し込んだ方は5月31日(水)まで無料となる。シーズン終盤戦の大事な試合を「スポナビライブ」でライブ観戦してみてはいかがだろうか。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/81xAdP" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/sponavilive_bot_3.png" style="width: 50%;"></a></div> 2017.03.29 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アザールは今夏スペインへ? レアル元会長「史上最高額で成立する」

レアル・マドリーで会長を務めたラモン・カルデロン氏は、クラブがチェルシーのエデン・アザール獲得のために、1億ポンド(約140億円)の移籍金を支払う可能性があると『トークスポーツ』で語っている。<br><br>以前からレアル・マドリーはアザール獲得に興味を示しているが、クラブ間での交渉は行われておらず、同選手とチェルシーの契約は2020年夏まで残っている。スペイン『マルカ』は火曜日にロンドンのクラブはレアル・マドリーにベルギー代表FWを売却する意思があると報じられ、チェルシーサイドは否定するなどのコメントは発表されていなかった。<br><br>さらに、白い巨人の会長時代に多くのスーパースターをスペインに連れてきたカルデロン氏は、移籍が成立するかしないかはアザールの意思次第だと言及。続けて、レアル・マドリーは同選手獲得のために、スタンフォード・ブリッジのクラブに史上最高額の移籍金を支払う覚悟があると考えているようだ。<br><br>「チェルシーは育成クラブではない。だから移籍を成立させることは簡単ではない。しかし、選手の希望次第ですべてが起きる可能性がある。もし彼が移籍を望めば、移籍するだろう。すべては選手次第だ。選手が『レアル・マドリーに行きたい』と言えば、その瞬間から交渉は開始される」<br><br>「そしてチェルシーは多額の移籍金を求め、たぶんこの交渉は今季終了後には始まると思う。チェルシーは、(クリスティアーノ・)ロナウドや(ガレス・)ベイル、(ポール・)ポグバの移籍金はいくらだったか理解している。だから彼らは1億ポンドを要求するだろう。それにレアル・マドリーは健全な経済基盤を持っているから、その移籍金の支払いに問題があるとは思わない」<br><br>提供:goal.com 2017.03.29 13:55 Wed
twitterfacebook
thumb

コンテがモラタ獲得をオーナーに進言!? 今夏の最優先事項に設定か

▽レアル・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタが、かつての恩師の下へと移籍する可能性が高まっている。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽昨夏の移籍市場でユベントスからレアル・マドリーに復帰したモラタ。しかしリーガエスパニョーラで首位を走るチームの中で、チーム内2位となる8ゴールを奪いながらも19試合の出場に留まっている。 ▽この状況に目を付けたのが、ユベントス時代にモラタを指導していたチェルシーのアントニオ・コンテ監督だ。報道によれば、コンテ監督はオーナーのロマン・アブラモビッチ氏にモラタ獲得を最優先にすべきと進言。6500万ユーロ(約78億1900万円)と言われるモラタの移籍金を準備するようにお願いしたとのことだ。 ▽先日、イギリス『デイリー・メール』は、マドリーのモラタとコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス、チェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワ、同国代表MFエデン・アザールのトレードが行われる可能性を伝えた。チェルシーがモラタを望むように、マドリー側はアザールを高く評価していることから、今夏は両クラブ間の動きに注目だ。 2017.03.28 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

アザール、レアル・マドリー移籍は既定路線か…スペインでの新居や子供の学校をリサーチ

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(26)にレアル・マドリー移籍の可能性が高まった。イギリス『デイリー・スター』がスペイン『Diario Gol』の情報をもとに伝えている。 ▽卓越したドリブルスキルとクイックネスでチェルシーの攻撃陣をリードするアザール。本人が憧れを抱くジネディーヌ・ジダン監督の獲得希望もあり、レアル・マドリー移籍の噂が加熱している。 ▽報道によれば、ジダン監督はトップターゲットのアザール獲得をフロレンティーノ・ペレス会長に要望。会長も本格参戦の意を表しているようだ。 ▽そうした状況の中、渦中のアザールもレアル・マドリー移籍に向けた動きを見せている様子。すでに、スペインでの新たな住まいの他、3人の子供が通う学校も見つけているという。 ▽しかし、チェルシー側に売却の意思はない。売るとなればマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバが記録した史上最高額の移籍金8900万ポンド以上を見込んでいる模様だ。 2017.03.27 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

今の活躍はなかったか? カンテがレスター入り前にマルセイユ行きを考えていたと明かす

▽チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが、レスター・シティではなくマルセイユに行く可能性があったことを明かした。フランス『カナル・プリュス』が伝えた。 ▽2015年8月にリーグ・アンのカーンからレスターへと加入したカンテ。当時の評価は決して高いものではなかったが、レスターではボランチのポジションで大活躍。昨シーズンのレスター奇跡の優勝に大きく貢献し、一気にスターダムを駆け上がった。 ▽カンテは2016年7月にはプレミアリーグ挑戦わずか1年でチェルシーへと移籍。今シーズンもここまでリーグ戦27試合に出場し1得点を記録するなど、首位を独走するチームを支えている。 ▽フランス代表としてもポジションを掴んだカンテだが、レスター移籍の前にマルセイユ行きを迷っていたことを告白した。 「僕を獲得したいクラブにはマルセイユとレスターがあったんだ。最初は、自分のキャリアのためにもフランスのビッグクラブにを通らなければいけないと思っていた」 「僕はママドゥ・ニアン、フランク・リベリー、サミル・ナスリなどの世代を覚えているし、そのチームが好きだった。特にチャンピオンズリーグではね」 「でも、両クラブとも合意はしていなかったし、ギリギリのところには行きたくなかった。プレミアリーグのクラブに加入することは良いと考えていた。そして、プレミアリーグに最初の一歩を踏み入れた。後悔はしていないし、本当に素晴らしい1年を過ごしたよ」 2017.03.27 12:03 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース