カンナバーロ監督率いる天津権健がディナモ・キエフのFWジュニオール・モラエスをレンタルで獲得2017.03.01 12:14 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ディナモ・キエフは2月28日、ブラジル人FWジュニオール・モラエス(29)が中国スーパーリーグの天津権健にレンタル移籍することを発表した。契約期間はシーズン終了までとなる。

▽サントスの下部組織出身のジュニオール・モラエスは、2010年1月にルーマニアのグロリア・ビストリツァに移籍し欧州に挑戦。その後はウクライナのメタルルフ・ドネツクやブルガリアのCSKAソフィアでプレー。2015年7月にディナモ・キエフにフリートランスファーで加入した。

▽ディナモ・キエフでは、ウクライナ・プレミアリーグで99試合に出場し52得点を記録。今シーズンはリーグ戦で16試合出場10得点、チャンピオンズリーグでもグループステージの6試合に出場し1得点を記録していた。

▽天津権健は元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ監督が指揮を執り、今冬は積極補強を敢行。ゼニトからベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル、ビジャレアルから元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトを獲得していた。

コメント

関連ニュース

thumb

元ドルト監督の“戦術家”トゥヘル、広州恒大監督に電撃就任か

▽昨シーズンまでドルトムントを率いたトーマス・トゥヘル氏(44)に中国行きの可能性が急浮上した。 ▽ドイツ『キッカー』が報じたトゥヘル氏の新天地候補は、中国スーパーリーグの広州恒大。中国のジャイアントクラブは、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督の後任として、バイエルン監督を解任されたカルロ・アンチェロッティ氏と共に、トゥヘル氏の招へいに関心を示しているという。 ▽稀代の戦術家として知られるトゥヘル氏を巡っては、これまでアンチェロッティ氏の後任としてバイエルン行きが取り沙汰されてきたが、ユップ・ハインケス氏の再就任決定に伴い、その可能性が完全消滅。どこのクラブを率いるのか暗礁に乗り上げているところだ。 ▽広州恒大は、2011年から中国スーパーリーグを6連覇中で、今シーズンもここまで首位。また、2013年と2015年にはAFCチャンピオンズリーグを優勝しており、アジアを代表するメガクラブとして地位を築いている。 2017.10.16 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

またしてもスペインで脱税…チェルシーやマドリーでプレーしたカルバーリョが7カ月の懲役刑と罰金処分

▽チェルシーやレアル・マドリーなどでプレーし、現在は中国スーパーリーグの上海上港に所属する元ポルトガル代表DFリカルド・カルバーリョが、脱税の容疑で7カ月の懲役刑を言い渡されたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽カルバーリョは、2011年から2012年にかけて肖像権による収入を隠していたとのこと。カルバーリョは2010年から2013年にかけて、54万5981ユーロ(約7210円)を税金として支払っていた。 ▽7カ月の懲役刑の判決を下されたカルバーリョは、同時に14万2882ユーロ(約1890万円)の罰金も科されているとのこと。当初は12カ月の懲役刑と30万ユーロ(約3960万円)の罰金処分が科される予定だったが、カルバーリョが税金を全額支払い、有罪を認めたために減刑となったようだ。 ▽スペインの法律では、暴力事件以外の場合、初犯であれば2年以内の懲役刑は有罪判決でも執行猶予がつき、収監は免れる事となる。 ▽これまでは、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも脱税容疑で訴えられている。 2017.10.07 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

世界を知るテベス「中国の選手は技術的に未熟。50年後も欧州に追いつけない」

▽中国スーパーリーグの上海申花に所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが中国サッカー界を酷評した。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽中国サッカー界は近年、莫大な資金力を有する各クラブが好条件を餌に欧州の第一線で活躍する選手を次々と獲得。テベスも史上最高額の年俸に惹かれ、中国でのプレーを決断した1人だ。 ▽だが、リーグ戦13試合でわずか3得点の出場にとどまっているテベスは、自身に集まる批判の腹いせなのか、フランス『SFR Sport』で中国サッカー界について問われると、次のようにこきおろした。 「中国の選手はテクニック的に未熟だ」 「欧州や南米の選手とは違って、中国だと小さい頃からサッカーを学ぶことがない」 「ここ(中国)のサッカーは異なるもの。50年経っても、中国は争えていないんじゃないかな」 2017.09.22 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

上海申花がポジェ監督の解任を発表…今季の中国スーパーリーグで11位と低迷

▽中国スーパーリーグの上海申花は11日、グスタボ・ポジェ監督(49)の解任を発表した。 ▽ポジェ監督は、ブライトン&ホーヴ・アルビオンやサンダーランド、AEKアテネ、レアル・ベティスなどで指揮。2016年11月に上海申花の監督に就任していた。 ▽上海申花では公式戦26試合を指揮し、7勝7分け12敗。元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスや元ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンス、元コロンビア代表MFフレディ・グアリンらを擁しながらも、中国スーパーリーグでは6勝6分け11敗の11位に低迷していた。 2017.09.11 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

中国スーパーリーグの天津泰達が元韓国代表指揮官のシュティーリケ氏を招へい

▽中国スーパーリーグの天津泰達は9日、新監督に韓国代表監督を退任していたウリ・シュティーリケ氏(62)を招へいすることを発表した。 ▽シュティーリケ氏は、現役時代にボルシアMGやレアル・マドリーでプレー。現役引退後は、スイス代表として監督のキャリアをスタート。その後は、ドイツ代表のアシスタントコーチや世代別ドイツ代表の監督、コートジボワール代表監督などを歴任。2009年からは活躍の場をカタールへと移し、アル・アラビやアル・シャイジャで監督を務め、2014年9月から韓国代表監督に就任していた。 ▽韓国代表としては就任後に行われた2015年のアジアカップで、決勝に導く成績を残したものの、ロシア・ワールドカップ アジア最終予選では苦戦。残り2試合を残して今年6月に解任されていた。 ▽天津泰達は、ジョン・オビ・ミケルやネマニャ・グデリを補強して今シーズンに臨んだが、中国スーパーリーグでここまで23試合を終えて勝ち点16の15位。降格圏に沈む不振に陥っていた。 2017.09.10 19:31 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース