超ワールドサッカー

カンナバーロ監督率いる天津権健がディナモ・キエフのFWジュニオール・モラエスをレンタルで獲得2017.03.01 12:14 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ディナモ・キエフは2月28日、ブラジル人FWジュニオール・モラエス(29)が中国スーパーリーグの天津権健にレンタル移籍することを発表した。契約期間はシーズン終了までとなる。

▽サントスの下部組織出身のジュニオール・モラエスは、2010年1月にルーマニアのグロリア・ビストリツァに移籍し欧州に挑戦。その後はウクライナのメタルルフ・ドネツクやブルガリアのCSKAソフィアでプレー。2015年7月にディナモ・キエフにフリートランスファーで加入した。

▽ディナモ・キエフでは、ウクライナ・プレミアリーグで99試合に出場し52得点を記録。今シーズンはリーグ戦で16試合出場10得点、チャンピオンズリーグでもグループステージの6試合に出場し1得点を記録していた。

▽天津権健は元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ監督が指揮を執り、今冬は積極補強を敢行。ゼニトからベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル、ビジャレアルから元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトを獲得していた。

コメント

関連ニュース

thumb

大乱闘を引き起こした上海上港のブラジル代表MFオスカルに8試合の出場停止と罰金処分

▽中国サッカー協会(CFA)は22日、上海上港のブラジル代表MFオスカルに対し、8試合の出場停止と4万人民元(約65万円)の罰金処分を下したことを発表した。 ▽オスカルは、18日に行われた中国スーパーリーグ第18節の広州富力戦に先発出場。しかし、1-1で迎えた前半アディショナルタイムに、ボールを全力でクリアすると相手選手に当って跳ね返ると、別の選手に向かって全力でボールを蹴り当て、現場は騒然。両チームの選手が入り乱れる大乱闘へと発展していた。 ▽選手のみならずスタッフも入り乱れる大乱闘に対し、主審はイエローカードを3枚、レッドカードを2枚提示。オスカルにはカードが提示されず、フル出場を果たした。 ▽騒動の発端となったオスカル以外にも、レッドカードを提示されていた上海上港のDFフ・フアンは6試合の出場停止と3万人民元(約49万円)の罰金処分が下され、同じく退場していた広州富力のDFリー・ティシャンは5試合の出場停止と2万5000人民元(約41万円)の罰金処分が下されている。 ▽また、オスカルを突き倒した広州富力のMFチェン・ジージャオには7試合の出場停止処分と3万人民元(約49万円)の罰金処分が下り、両チームには5万人民元(約81万5000円)の罰金処分が下された。 ▽オスカルは今シーズンの中国スーパーリーグで13試合に出場し1得点を記録。上海上港は広州恒大に次ぐ2位につけている。 2017.06.23 12:58 Fri
twitterfacebook
thumb

中国サッカー協会、”爆買い”に終止符?移籍金約7億円以上の国外選手への投資額が2倍に

&rdquo;爆買い&rdquo;の時代が幕を閉じようとしているのかもしれない。中国サッカー協会(CFA)は20日、今夏の移籍マーケットにあたって新たな規定を制定し、導入したことを発表した。<br><br>ここ数年、数多くの国外のスター選手を破格の移籍金や年俸で獲得し、サッカー界に衝撃を与えた中国スーパーリーグ。特に冬の移籍市場では欧州主要リーグをも上回る勢いで補強に大金を注ぎ込み、周囲を驚かせた。<br><br>だが、ここに来てこの&rdquo;爆買い&rdquo;の勢いが削がれることになりそうだ。自国の選手たちが育たない環境を懸念するCFAは、移籍市場での動向における新ルール導入の決断に至ったとのこと。中国『Goal』によると、2017年夏の移籍市場にあたって、CFAは次のように発表した。<br><br>「国外からの選手の獲得に4500万元(約7億3000万円)以上、又は国内の選手の獲得に2000万元(約3億3000万円)以上の金額を支払ったクラブは、その同等の金額を若い選手たちの発展へのサポート、グラスルーツサッカーや慈善設備の奨励、そして国家によるサッカーの活性化計画の実施のために設立されるチャイニーズ・フットボール・ディベロップメント・ファンド(中国サッカー発展ファンド)に払い込むことが求められる」<br><br>この新たなルールによれば、中国のプロクラブが国外から高額で新戦力の獲得を図った場合、実質その2倍の金額を支払うことになる。これは、すでに今夏の中国移籍に向けて交渉が進められている取引にも影響を及ぼすことになるかもしれない。<br><br>提供:goal.com 2017.06.20 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

エリクソン監督が中国2部の深セン市足球倶楽部と双方合意の下で契約解除

▽中国甲級リーグ(2部)の深セン市足球倶楽部は14日、スベン・ゴラン・エリクソン監督(69)の契約解除を発表した。双方合意の下での契約解除となる。 ▽エリクソン監督は、2016年12月にクラレンス・セードルフ前監督の後任として指揮官に就任。深セン市足球倶楽部は、今シーズンのリーグ戦で勝ち点20で4位につけている。 ▽エリクソン監督は、ベンフィカやローマ、フィオレンティーナ、サンプドリア、ラツィオなどの監督を歴任し、2001年1月〜2006年7月までイングランド代表監督を務めていた。その後、マンチェスター・シティの監督に就任すると、2008年8月からメキシコ代表の監督に就任。2010年3月からはコートジボワールの監督を務めていた。 ▽2010年10月から2011年10月までレスター・シティの監督を務めると、活躍の舞台をアジアへと移行。タイのテロ・サーサナやUAEのアル・ナスルで監督を務め、2013年6月から広州富力を指揮。2014年11月からは上海上港の監督に就任すると、2016年12月からは深セン市足球倶楽部で監督を務めていた。 2017.06.14 19:17 Wed
twitterfacebook
thumb

中国スーパーリーグで降格圏に沈む江蘇蘇寧がカペッロ氏を新監督に招へい

▽中国スーパーリーグの江蘇蘇寧は11日、新指揮官にファビオ・カペッロ氏(70)を招へいしたことを発表した。 ▽現役引退後、ミランで監督としてのキャリアをスタートさせたカペッロ氏は、レアル・マドリーやローマ、ユベントスなどでも指揮。2007年12月から2012年2月まではイングランド代表、2012年7月から2015年7月まではロシア代表を指揮。その後はフリーとなっていた。 ▽江蘇蘇寧は、FWアレックス・テイシェイラやMFラミレスなど爆買いで昨シーズン注目を集め、今シーズンからチェ・ヨンス氏を監督に迎えAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でタイトル獲得も目指したものの、ACLはラウンド16で上海上港に敗れ敗退が決定。さらに、中国スーパーリーグでは降格圏の15位(全16チーム)と低迷し、チェ・ヨンス監督を解任していた。 ▽ヨーロッパで活躍する各国代表クラスの選手が集まることで注目を集めた中国スーパーリーグだが、指揮官もビッグネームが多数在籍。ルイス・フェリペ・スコラーリ監督(広州恒大)やアンドレ・ビラス=ボアス監督(上海上港)、マヌエル・ペジェグリーニ監督(河北華夏)、フェリックス・マガト監督(山東魯能)、ドラガン・ストイコビッチ監督(広州富力)、ファビオ・カンナバーロ監督(天津権健)などが指揮を執っており、10日には元レバークーゼン監督のロジャー・シュミット氏が北京国安の監督に就任していた。 2017.06.11 23:10 Sun
twitterfacebook
thumb

北京国安が元レバークーゼン指揮官のロジャー・シュミット氏を新監督に招へい

▽中国スーパーリーグの北京国安は10日、3月にレバークーゼンの監督を解任されていたロジャー・シュミット氏(50)を新監督に招へいすることを発表した。契約は2年半となる。 ▽シュミット監督はパーダーボルンやザルツブルクで指揮を執り、2014年7月にレバークーゼンの指揮官に就任。就任1年目はブンデスリーガで4位となると、昨シーズンは3位と躍進していた。ブンデスリーガでは通算43勝18分け26敗を記録。チャンピオンズリーグでは通算7勝8分け6敗を記録した。 ▽今シーズンは序盤から苦戦が続き、第23節終了時点で勝ち点30の9位に位置。3月4日に行われたドルトムント戦では、6-2と大敗を喫し、解任されていた。 ▽北京国安は、2016シーズンは元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が率いたものの、5月に解任。今シーズンはスペイン人指揮官のホセ・ゴンサレス氏が指揮を執っていたものの、リーグ戦12試合を終えて4勝3分け5敗と結果を残せず、7位に位置。6日にホセ監督を解任していた。 2017.06.10 14:07 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース