カンナバーロ監督率いる天津権健がディナモ・キエフのFWジュニオール・モラエスをレンタルで獲得2017.03.01 12:14 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ディナモ・キエフは2月28日、ブラジル人FWジュニオール・モラエス(29)が中国スーパーリーグの天津権健にレンタル移籍することを発表した。契約期間はシーズン終了までとなる。

▽サントスの下部組織出身のジュニオール・モラエスは、2010年1月にルーマニアのグロリア・ビストリツァに移籍し欧州に挑戦。その後はウクライナのメタルルフ・ドネツクやブルガリアのCSKAソフィアでプレー。2015年7月にディナモ・キエフにフリートランスファーで加入した。

▽ディナモ・キエフでは、ウクライナ・プレミアリーグで99試合に出場し52得点を記録。今シーズンはリーグ戦で16試合出場10得点、チャンピオンズリーグでもグループステージの6試合に出場し1得点を記録していた。

▽天津権健は元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ監督が指揮を執り、今冬は積極補強を敢行。ゼニトからベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル、ビジャレアルから元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトを獲得していた。

コメント

関連ニュース

thumb

今季リーガ8ゴール、セルタで躍動するマキシ・ゴメスの北京国安移籍はなし

▽中国スーパーリーグの北京国安への移籍が報じられたセルタのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(21)だったが、交渉が決裂し、セルタに残ることになったようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽マキシ・ゴメスは、2017年7月にウルグアイのデフェンソールからセルタに加入。今シーズンのリーガエスパニョーラでは14試合に出場し8ゴールを記録するなど、1年目からすでに結果を残している。 ▽そんなマキシ・ゴメスだったが、今冬に北京国安への移籍が浮上。2000万ユーロ(約26億6600万円)の移籍金に加え、500万ユーロ(約6億6700万円)の追加支払いで移籍する見込みだった。 ▽しかし、北京国安側が移籍金を抑えに動いたことで交渉が決裂。さらに、マキシ・ゴメスも移籍を望んでいなかったために、セルタに残る事となった。 2017.12.13 11:56 Wed
twitterfacebook
thumb

ビラス=ボアス退任の上海上港、ポルトガル人指揮官のヴィトール・ペレイラ氏を招へい

▽上海上港は12日、新シーズンからポルトガル人指揮官のヴィトール・ペレイラ氏(49)が新指揮官に就任することを発表した。 ▽今シーズン、中国スーパーリーグで2位に入ったほか、AFCチャンピオンズリーグでベスト4、国内カップ戦で準優勝とまずまずの成績を残していた上海上港だが、先月30日にアンドレ・ビラス=ボアス監督(40)と双方合意の下で契約を解消していた。 ▽その後任監督に任命されたのは、ポルト時代にビラス=ボアス監督のアシスタントコーチを務め、ポルトやフェネルバフチェ、オリンピアコスなど各国の名門クラブの指揮官を歴任してきたペレイラ氏となった。 ▽なお、ペレイラ氏は昨季終了までブンデスリーガ2部の1860ミュンヘンを指揮していた。また、過去にサウジアラビアのアル・アハリを率いており、アジアでの経験もある。 2017.12.13 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

貴州智誠が元クロアチア代表FWイェラビッチと3年契約を締結…北京人和から完全移籍

▽中国スーパーリーグの貴州智誠は、北京人和からレンタル移籍で加入していた元クロアチア代表FWニキツァ・イェラビッチ(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は3年間で、2020年までプレーすることとなる。 ▽イェラビッチは母国クロアチアのハイドゥク・スプリトでキャリアをスタートさせ、ズルテ・ワレヘム(ベルギー)、ラピド・ウィーン(オーストリア)、レンジャーズ(スコットランド)を経て、2012年にエバートンへ加入。その後、ハル・シティ、ウェストハムと在籍し、2016年2月に中国甲級リーグ(2部)の北京人和に加入。リーグ戦29試合に出場し15得点を記録。しかし、チームは中国スーパーリーグ昇格を逃しており、貴州智誠に加入した。 ▽貴州智誠では、中国スーパーリーグで25試合に出場し15ゴール4アシストを記録。チームは8位でシーズンを終えていた。 2017.12.06 22:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ビラス=ボアス監督が上海上港を退団! 2018年のダカール・ラリーに参戦へ

▽上海上港は30日、アンドレ・ビラス=ボアス監督(40)と双方合意の下で契約を解消したことを発表した。 ▽ビラス=ボアス監督はこれまでポルト、チェルシー、トッテナムの監督を歴任。昨シーズンまでは1シーズン半にわたり、ゼニトを率いていた。その後、昨年11月にスヴェン・ゴラン・エリクソン前監督の後任として、上海上港の新指揮官に就任した。 ▽今シーズンは中国スーパーリーグで2位に入ったほか、AFCチャンピオンズリーグでベスト4、国内カップ戦で準優勝とまずまずの成績を残していた。 ▽また、上海上港を退任したビラス=ボアス監督は、「世界一過酷なモータースポーツ競技」と評される、2018年のダカール・ラリーにドライバーとして参戦することを発表。今回の参戦を機にプロレーサーへの転向を画策しているようだ。 ▽以前から熱烈なモータースポーツファンとして知られるビラス=ボアス監督は、オフロードバイクの大会にも参戦した経験を持つ。今回もバイクでの参戦を希望していたものの、準備期間の問題で四輪での参戦となる模様だ。なお、同監督の叔父であるペドロ・アンドレ・ビラス=ボアス氏は、1982年にダカール・ラリーに参戦していた。 2017.12.01 00:35 Fri
twitterfacebook
thumb

中国2部の杭州緑城が元バルサのセルジ・バルフアン氏を監督に招へい

▽中国甲級リーグ(2部)の杭州緑城は、セルジ・バルフアン氏(45)の監督就任を発表した。契約期間は2年間となる。 ▽セルジ氏は、バルセロナのカンテラで育ち、トップチームに昇格。その後アトレティコ・マドリーへと移籍し、2005年に現役を引退した。 ▽引退後は指導者の道を進み、バルセロナユースやレクレアティボ・ウエルバ、アルメリア、マジョルカで監督を務めていた。 ▽杭州緑城は、かつて岡田武史氏(現FC今治オーナー)やフィリップ・トルシエ氏らが指揮を執ったことがあり、今シーズンは洪明甫氏が指揮を執っていた。チームは中国甲級リーグで、9位に終わっていた。 2017.11.29 12:07 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース