岡崎所属のレスターがラニエリ監督を解任! 昨季奇跡の優勝に導くも今季は残留争う大不振…2017.02.24 05:49 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティは23日、クラウディオ・ラニエリ監督(65)の解任を発表した。

▽2015年7月に前年残留争いに巻き込まれたレスターの新監督に就任したラニエリ監督は、卓越した手腕を発揮し、奇跡のプレミアリーグ初優勝に導いた。だが、今シーズンはクラブ史上初のチャンピオンズリーグでグループステージ首位通過を決めた一方、プレミアリーグでは開幕から極度の不振に陥った。現在、チームはリーグ戦6試合連続無得点の5連敗中で降格圏の18位ハル・シティと勝ち点1差の17位に位置しており、プレミアリーグ史上初の前年優勝チームの翌シーズン降格という不名誉が現実味を帯びてきている。

▽今月7日にはラニエリ監督を全面サポートするとの公式声明を発表したレスターだったが、リーグ戦のスウォンジー戦の敗戦、3部のミルウォール相手に敗れたFAカップの敗戦を受けて、同監督の更迭を決断。22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのセビージャ戦(1-2で敗戦)の翌日に、解任を公式発表した。

▽レスターで副会長を務めるアイヤワット・スリヴァッダナプラバ氏は、クラブ公式サイトでラニエリ監督の解任理由について語っている。

「今回の決定は、我々が7年前にクラブを所有することになってから、最も難しい決断だった。しかし、我々は個人的な感情よりも、クラブの長期的な利益を考えなければならない」

「クラウディオはこのクラブに際立ったクオリティを持ち込んでくれた。彼の巧みなマネジメント、モチベート能力、慎重なアプローチ、豊富な経験をクラブに反映させてくれた。また、彼の温かさやカリスマ性はクラブへの認識を大きく変えてくれ、世界規模で認知度を広げることに繫がった。我々は彼が成し遂げてきたことに対して、永遠に感謝の気持ちを持ち続けるだろう」

「我々としては、今シーズンに昨シーズンと同様の成功を収めることを期待していたわけではない。そして、プレミアリーグに残留することをトッププライオリティとしていた。その中で残りの13試合で目標を達成するため、変化が必要だと感じ、今回の決断に至った。そして、これから戦い続けなければならない」

▽なお、27日に行われるプレミアリーグ第26節のリバプール戦は、アシスタントマネージャーのクレイグ・シェイクスピア氏、トップチームコーチのマイク・ストーウェル氏が暫定指揮官を務める。また、レスターは新監督が決定するまで、後任人事に関していかなるコメントも発表しないと伝えている。

コメント

関連ニュース

thumb

岡崎慎司と日本人ゴール共演も4失点で敗れたサウサンプトンDF吉田麻也「今日は申し訳なく思う」

▽サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也が、レスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽13日に行われたプレミアリーグ第17節のサウサンプトンvsレスターの一戦。サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也、レスターの日本代表FW岡崎慎司は共に先発出場した。 ▽試合はマフレズ、岡崎、キングのゴールでレスターが前半に3ゴールを奪う。後半に入ると、61分に吉田がCKからヘディングでゴール。しかし、69分に岡崎がこの試合2点目を決め、1-4でレスターが勝利していた。 ▽試合前の両チームの勝ち点差は「5」であり、サウサンプトンにとってはホームでしっかりと勝利を収めたかった相手。吉田は試合を振り返り、大きな敗戦となったものの、週末へと気持ちを切り替えていると語った。 「前半に3ゴールを許してしまった。僕たちは後半取り戻そうとしたけど、十分ではなかった。僕たちのすぐ上にいたチームに対して、大きな敗戦となった」 「12月はまだ多くの試合が残っていて、チェルシーとの次の試合はビッグゲームとなる。難しい試合になるだろうけど、僕たちのスピリットを示す必要がある」 「僕たちは前に進まなければいけない。それは選手だけでなく、スタッフやファン、全ての人に必要だ」 ▽また、吉田はサポートを続けてくれるファンについてコメント。勝利を収められなかったことを謝罪しながらも、チェルシーとの一戦に向かっていると語った。 「アーセナル戦で良いパフォーマンスを見せていただけに、ファンのみんなは僕たちに多くの期待を寄せていたと思う。本当に残念だ」 「ファンはいつも僕たちをたくさんサポートしてくれている。今日は申し訳なく思う」 「サウサンプトンにとっては、本当に難しい時期だけど、僕たちはスピリットを示し、土曜日に100%を出す必要がある」 2017.12.14 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

2ゴールで勝利に貢献の岡崎慎司を指揮官が称賛「満足している」

▽レスター・シティのクロード・ピュエル監督が、古巣との対戦を振り返り、2ゴールと活躍した日本代表FW岡崎慎司についてコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽13日に行われたプレミアリーグ第17節のサウサンプトンvsレスターの一戦。サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也、レスターの日本代表FW岡崎慎司は共に先発出場した。 ▽試合はマフレズのゴールでレスターが先制すると、32分にはCKの流れから岡崎が追加点。さらに1点を加えて0-3で試合を折り返す。後半に入り61分には、CKから吉田がヘディングで決めて1-3となるが、69分に岡崎が吉田のお株を奪うゴール。1-4でレスターが勝利し、4連勝を飾っていた。 ▽試合後、古巣との対戦となったピュエル監督はこの試合2ゴールの岡崎のパフォーマンスについてコメント。チーム全体を称賛しつつ、岡崎のパフォーマンスにも満足感を示した。 「私はシンジに満足している。他の選手たちもシンジのことが好きな理由は、常にベストを尽くしているからだ」 「彼は今夜2ゴールを記録し、彼にとって素晴らしい結果だが、私は全ての選手に満足している」 「我々はいくつかの点で変更していた。ハードスケジュールのスタートで、選手をフレッシュな状態に保っていることが重要だ。良いパフォーマンスをしたことは素晴らしかったし、このレベルを継続していきたいと思っている」 2017.12.14 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

2ゴールのレスター岡崎慎司に英地元紙も興奮「まさに点取り屋。並外れていた」

レスター・シティのFW岡崎慎司が、自身初のプレミアリーグ1試合2ゴールをマークし、イギリスメディアが手放しで称賛している。<br><br>レスターは13日プレミアリーグ第17節でサウサンプトンと対戦。岡崎、吉田麻也ともに先発し、日本人対決が実現した。岡崎はリヤド・マフレズの先制点をアシストすると、32分にこぼれ球を押し込んで今季5ゴール目。後半に入って吉田のヘディングで1点を返されるが、直後の69分に吉田のマークを外してクロスに合わせる。これがダメ押し弾となり、レスターが4-1で快勝している。<br><br>今季最高とも言えるパフォーマンスで4連勝を飾ったレスター。その中心にいたのは間違いなく岡崎で、地元紙『レスター・マーキュリー』も賛辞を贈っている。先発した11人に「8」か「9」という高採点が与えられたが、岡崎はもちろん最高タイの「9」。寸評では「点取り屋らしい2ゴールを挙げ、(ジェイミー)バーディーの横で並外れた働きを見せた」と記されている。<br><br>また、『デイリー・メール』では単独最高となる「8.5」の採点を得ている。なお、吉田は「6」となっている。<br><br>レスターのクラブ公式ツイッターが行っている「マン・オブ・ザ・マッチは?」という投票でも現状でトップは岡崎。約3000票が投じられ、岡崎は45%の得票率を得ている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.14 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

岡崎2発に吉田もゴールで日本人ゴール競演! 岡崎躍動のレスターが4連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第17節、サウサンプトンvsレスター・シティが13日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのレスターが4-1で快勝した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場し、今季2点目を奪った。レスターのFW岡崎慎司は同じくフル出場し、2ゴールを記録し今季のゴール数を6点に伸ばした。 ▽吉田を擁する11位のサウサンプトン(勝ち点18)と、岡崎を擁する8位のレスター(勝ち点23)による中位対決。前節、アーセナルに1-1のドローと善戦したものの3試合勝利がないサウサンプトンは吉田やファン・ダイク、ブファル、オースティンなど主力を起用。一方、岡崎の身体を張ったプレーで勝ち越しオウンゴールを誘い、ニューカッスルに競り勝ったレスターは今季初の3連勝中。4連勝を目指すこの一戦に向けては、岡崎を3試合ぶりに先発させてヴァーディ、マフレズと共に前線で起用した。 ▽立ち上がりからホームのサウサンプトンがボールを保持して押し込む時間が続く。しかし、粘り強い守備で相手の攻撃を凌ぐレスターは得意のカウンターからファーストチャンスをゴールに結び付ける。11分、自陣からのロングカウンターで右サイドでパスを受けた岡崎とマフレズが絡んで前線にボールを運ぶ。そして、バイタルエリア中央から左に持ち出したマフレズが対面のDF吉田のタイミングを外して鋭く左足を振り抜くと、これがゴール右隅に突き刺さった。 ▽マフレズの2試合連続ゴールで先手を奪ったレスターは、20分に岡崎が強烈なミドルシュートを放つなど、その後も鋭いカウンターが機能。30分には相手FWオースティンに強烈なシュートを打たれるが、ここはGKシュマイケルの好守で凌ぐ。すると32分、直前に岡崎とマフレズとの連係からヴァーディが決定機を作ると、このプレーで得た右CKの流れからフックスがこぼれ球をダイレクトシュート。これがゴール前で混戦を生むと、足元にこぼれたボールに反応した岡崎が冷静に流し込み、8試合ぶりとなる今季5点目を記録した。 ▽さらに、畳みかけるアウェイチームは38分、相手陣内左サイドで得たFKの流れからボックス右でキープしたマグワイアが反転して右足のグラウンダーのクロス。これにニアで反応した岡崎は合わせ切れなかったが、ファーでドフリーのアンディ・キングが難なく流し込み、前半を3点リードで終えた。 ▽ホームでなすすべなく失点を重ねたサウサンプトンはハーフタイム明けにロメウを下げてアタッカーのガッビアディーニを投入。前がかりになって攻撃に出るが、後半も相手の反撃に遭う。58分にはマフレズの直接FK、セットプレーの二次攻撃からマグワイアに決定的なシュートを許すが、いずれもGKフォースターの好守で凌ぐ。 ▽なかなか決定機を作れないサウサンプトンだったが、吉田のゴールで1点を返す。61分、CKの場面でバートランドのクロスを中央で競り勝った吉田が頭で合わせる。やや勢いを欠いたボールに対して、味方のタディッチが反応も触ることができず。それでも、ボールはそのままゴールネットに吸い込まれた。 ▽吉田の一矢報いるゴールで息を吹き返したサウサンプトンは、66分にもゴール前に飛び出したオースティンがゴール至近距離からシュートもGKシュマイケルのビッグセーブに遭う。 ▽1点を奪われたものの、主導権を握るレスターは、この試合で抜群の存在感を放っていた岡崎が試合を決める4点目を奪う。69分、カウンターの場面でヴァーディと共にゴール前に攻め上がった岡崎は右に流れてパスを受けたヴァーディのグラウンダーの折り返しに反応。ややボールウォッチャー気味になっていたDF吉田の死角から絶妙なダイアゴナルランで前に入った岡崎は持ち味のスライディングシュートで合わせ、この試合2点目を奪った。 ▽その後、互いに交代カードを切って最後まで戦う姿勢を見せたものの、好調レスターがサウサンプトンの反撃を凌ぎ切って4-1の快勝。岡崎が文句なしのマン・オブ・ザ・マッチの働きを見せたレスターが吉田セインツとの日本人対決を制し、リーグ戦4連勝を達成した。 2017.12.14 07:19 Thu
twitterfacebook
thumb

途中出場の流血岡崎が決勝点に絡みレスター3連勝! 《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは9日、プレミアリーグ第16節でニューカッスルのホームに乗り込み、3-2で勝利した。日本代表FW岡崎慎司は74分から出場している。 ▽連勝中のレスターと、直近のプレミア6試合で勝ちがないニューカッスルの一戦。岡崎は、前節のバーンリー戦に続いてこの試合もベンチからスタートすることに。エースであるヴァーディの相方は、グレイが務めている。 ▽3連勝を目指して臨んだこの試合、レスターは最序盤に失点を喫する。4分、味方のフィードに抜け出したゲイルが、左サイド深くまで侵攻。相手DFを引き付けて中央に折り返すと、走りこんだホセルが足で合わせてネットを揺らした。 ▽早い時間にビハインドを背負うこととなったレスターだったが、前半のうちにスコアをイーブンに戻す。20分、敵陣中央やや右でボールを持ったマフレズが、中央へスライドするようにドリブルしていく。相手DFのチェックが甘くなったところで左足一閃。ゴール右上隅に豪快なシュートを突き刺した。 ▽しかし36分、自陣左サイドでボールを持ったDFチルウェルがボールを中央に戻すと、これが直接FWマーフィーに渡ってしまう。しかし、マーフィーが素早く放ったシュートをGKシュマイケルがファインセーブ。レスターは守護神の活躍で危機を脱出した。 ▽前半はこのまま終了。折り返して後半に入ると、レスターが逆転弾を奪い切る。60分にハーフウェイライン付近でボールを持ったマフレズが前線にロングパス。ボックス左のオルブライトンがワンタッチで丁寧に落とし、最後はグレイが右足アウトにかけたシュートをゴール左上に沈めた。 ▽それでも、ホームで負けたくないニューカッスルが、73分に試合を再び振り出しに戻す。左CKの混戦から、ボールがボックス右のゲイルの下へ。右足でシュートフェイントを入れて相手DFを外し、左足でネットを揺らした。 ▽1点が欲しい展開に戻ったレスターは、直後の74分にグレイに代えて岡崎を投入。前線の圧力を高めて、ゴールを目指していく。しかし、その岡崎は78分に相手との競り合いの中で目の上付近を切って流血。包帯を巻きながらのプレーを強いられることとなった。 ▽それでも、スコアが動かずに終わるかに思われた87分、レスターに幸運な展開が訪れる。カウンターの場面で、ボールは左サイドのヴァーディに。ボックス左から中央に折り返すと、フリー状態の岡崎がワントラップ挟む。シュートモーションに入ったところで、守備に戻ったFWアヨセ・ペレスが足で掻き出そうとする。しかし、アヨセ・ペレスの触れたボールは自陣ゴールに飛んでいき、痛恨のオウンゴールを献上することとなった。 ▽試合は直後に終了。この結果、レスターは3連勝を飾った。対するニューカッスルは連敗に突入し、7戦連続で勝利なしとなっている。 2017.12.10 05:39 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース