岡崎所属のレスターがラニエリ監督を解任! 昨季奇跡の優勝に導くも今季は残留争う大不振…2017.02.24 05:49 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティは23日、クラウディオ・ラニエリ監督(65)の解任を発表した。

▽2015年7月に前年残留争いに巻き込まれたレスターの新監督に就任したラニエリ監督は、卓越した手腕を発揮し、奇跡のプレミアリーグ初優勝に導いた。だが、今シーズンはクラブ史上初のチャンピオンズリーグでグループステージ首位通過を決めた一方、プレミアリーグでは開幕から極度の不振に陥った。現在、チームはリーグ戦6試合連続無得点の5連敗中で降格圏の18位ハル・シティと勝ち点1差の17位に位置しており、プレミアリーグ史上初の前年優勝チームの翌シーズン降格という不名誉が現実味を帯びてきている。

▽今月7日にはラニエリ監督を全面サポートするとの公式声明を発表したレスターだったが、リーグ戦のスウォンジー戦の敗戦、3部のミルウォール相手に敗れたFAカップの敗戦を受けて、同監督の更迭を決断。22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのセビージャ戦(1-2で敗戦)の翌日に、解任を公式発表した。

▽レスターで副会長を務めるアイヤワット・スリヴァッダナプラバ氏は、クラブ公式サイトでラニエリ監督の解任理由について語っている。

「今回の決定は、我々が7年前にクラブを所有することになってから、最も難しい決断だった。しかし、我々は個人的な感情よりも、クラブの長期的な利益を考えなければならない」

「クラウディオはこのクラブに際立ったクオリティを持ち込んでくれた。彼の巧みなマネジメント、モチベート能力、慎重なアプローチ、豊富な経験をクラブに反映させてくれた。また、彼の温かさやカリスマ性はクラブへの認識を大きく変えてくれ、世界規模で認知度を広げることに繫がった。我々は彼が成し遂げてきたことに対して、永遠に感謝の気持ちを持ち続けるだろう」

「我々としては、今シーズンに昨シーズンと同様の成功を収めることを期待していたわけではない。そして、プレミアリーグに残留することをトッププライオリティとしていた。その中で残りの13試合で目標を達成するため、変化が必要だと感じ、今回の決断に至った。そして、これから戦い続けなければならない」

▽なお、27日に行われるプレミアリーグ第26節のリバプール戦は、アシスタントマネージャーのクレイグ・シェイクスピア氏、トップチームコーチのマイク・ストーウェル氏が暫定指揮官を務める。また、レスターは新監督が決定するまで、後任人事に関していかなるコメントも発表しないと伝えている。

コメント

関連ニュース

thumb

岡崎が“レスター不動のエース”へ? チェルシー、ヴァーディを急襲か

▽チェルシーが、レスター・シティに所属するイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(30)の獲得に乗り出すようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽これまでの報道によれば、チェルシーのアントニオ・コンテ監督が今オフシーズンにFWジエゴ・コスタに新シーズンの構想外であることを通達。しかし、チェルシーは1stターゲットのFWロメル・ルカクを取り逃した結果、FWアルバロ・モラタを獲得した。 ▽それでも、センターフォワードはプレミアリーグ未経験のモラタとFWミッチー・バチュアイでは心もとない状況。そのため、チェルシーはヴァーディ獲りに動くもようだ。 ▽仮にヴァーディがレスターを離れることになれば、残りの移籍市場期間を考えれば大物の後釜ストライカーを確保するのが難しい状況。そのため、開幕から2戦連続スタメンでいずれもゴールを挙げている日本代表FW岡崎慎司のチームでの存在価値がさらに増すことになることが予想される。 2017.08.23 12:11 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎ら主力温存レスターがスリマニ2発などで順当に3回戦進出! ワトフォードがジャイキリ許す…《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)2回戦の18試合が22日に行われた。FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは、アウェイでチャンピオンシップ(イングランド2部)のシェフィールド・ユナイテッドと対戦し、4-1で勝利した。なお、岡崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽今ラウンドからチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に出場する昨季上位チームを除き、プレミアリーグ勢が参戦するEFLカップ2回戦。直近のリーグ戦のブライトン&ホーブ・アルビオン戦を岡崎の2試合連続ゴールで勝利し、今季初白星を手にしたレスターは、その試合から大幅にメンバー変更。マグワイア、フックス、エンディディの3選手を除き控えや若手メンバーが並び、岡崎とヴァーディに代わって、ウジョアとスリマニが2トップを組んだ。 ▽前半からサイドハーフに入ったグレイとムサの個人技を軸に相手ゴールで迫るレスターだが、ウジョアとスリマニの長身2トップとの連係がいまひとつ機能せず。さらに、前半のうちに10本以上もシュートを放ったものの、枠内シュートはわずかに2本と決定力を欠いた。 ▽それでも、後半に入って前半の課題を修正してきたレスターは52分、左サイドで果敢に仕掛けたグレイがボックス付近で鋭い切り返しからDF2枚を振り切り、最後はGKの股間を抜くシュートで先制点を奪った。 ▽この先制点で勢いづくレスターは長身2トップが真価を発揮。63分、GKからのロングフィードをウジョアが冷静に落とすと、これを拾ったアンディ・キングがすかさず背後を狙うスリマニにスルーパスを通す。ゴール前に抜け出したスリマニは冷静にGKをドリブルでかわし、無人のゴールへ流し込む。 ▽さらに直後の67分には波状攻撃からボックス右角でグレイが入れたクロスをファーに飛び込んだスリマニが難しいバウンドのボールを冷静にボレーで流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、若手DFナイトをトップチームデビューさせるなど、週末のマンチェスター・ユナイテッド戦に向けて主力を下げたレスターは83分に、GKハマーの判断ミスから1点を返されるが、試合終了間際にはカウンターからムサが強引な仕掛けでゴールをこじ開け、最終的に4-1の大勝。主力温存も控え選手がきっちり期待に応えたレスターが、順当に3回戦進出を決めた。 ▽そのほかのプレミア勢では2部イプスウィッチ・タウンと対戦したクリスタル・パレスが、マッカーサーの2ゴールの活躍で2-1の勝利を収め、フランク・デ・ブール新体制で公式戦初勝利。また、WBAやボーンマス、スウォンジー、ブライトン&ホーブ・アルビオンも順当に勝ちぬけを決めた。 ▽その一方で、2部ブリストル・シティと対戦したワトフォードは、キャプーのゴールで先制に成功も、その後ホレバスの退場などの影響もあり、立て続けに3点を奪われて逆転を許す。試合終了間際にマリアッパのゴールで1点を返すも2-3の敗戦を喫し、屈辱の初戦敗退となった。 ▽なお、EFLカップ2回戦の結果と日程は以下の通り。 ◆EFLカップ2回戦 ▽8/22(火) シェフィールド・ユナイテッド 1-4 レスター・シティ カーライル・ユナイテッド 1-2 サンダーランド ボルトン 3-2 シェフィールド・ウェンズデイ アクリントン・スタンリー 1-3 WBA リーズ 5-1 ニューポート・カウンティ ミドルズブラ 3-0 スカンソープ・ユナイテッド ドンカスター 2-0 ハル・シティ アストン・ビラ 4-1 ウィガン QPR 1-4 ブレントフォード クリスタル・パレス 2-1 イプスウィッチ・タウン ワトフォード 2-3 ブリストル・シティ ノリッジ 4-1 チャールトン ブライトン&ホーブ・アルビオン 1-0 バーネット カーディフ 1-2 バートン フルアム 0-1 ブリストル・ローバーズ MKドンズ 1-4 スウォンジー バーミンガム 1-2 ボーンマス レディング 3-1 ミルウォール ▽8/23(水) サウサンプトン vs ウォルバーハンプトン(27:45) ブラックバーン vs バーンリー チェルトナム・タウン vs ウェストハム ハダースフィールド vs ロザラム・ユナイテッド ニューカッスル vs ノッティンガム・フォレスト ストーク・シティ vs ロッチデール 《未定》 バーンズリー vs ダービー/グリムズビー・タウン 2017.08.23 06:28 Wed
twitterfacebook
thumb

2戦連発のレスター岡崎慎司にイギリス紙も高評価「抜け目ないポーチャー」

レスター・シティを今シーズン初勝利に導くゴールを挙げた日本代表FW岡崎慎司に、イギリスメディアからは高評価が与えられている。<br><br>レスターは19日、プレミアリーグ第2節で昇格組のブライトンと対戦。2試合連続で先発出場した岡崎は、開始からわずか50秒で結果を残す。右サイドからFWリヤド・マフレズが切れ込んでシュート。するとGKが弾いたボールを岡崎が押し込んで、先制点をマークした。<br><br>54分にもレスターは追加点を挙げて2-0で勝利。今季初の白星を手にした。地元紙『レスター・マーキュリー』は岡崎にチーム2位タイとなる「8」の採点。「ポーチャーとしての働きで今季2点目を挙げた」と評価している。ポーチャーとは英語で&ldquo;密猟者&rdquo;という意味となるが、フットボールではエリア内で強さを発揮するルート・ファン・ニステルローイやフィリッポ・インザーギのような選手を指すことが多く、ゴール付近で仕事ができる選手を評価する単語だ。<br><br>また、イギリス紙『デイリー・メール』でも「7.5」と高採点を与えられた。なお、両紙ともに最高評価はマフレズとなっている。<br><br>開幕から2試合連続でゴールをマークし、好調をキープする岡崎。次節のシェフィールド戦でもゴールは生まれるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.08.20 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎の開幕2戦連発弾でレスターがホーム開幕戦で今季初白星!《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは19日、プレミアリーグ第2節でブライトンをホームに迎え、2-0で勝利した。日本代表FW岡崎慎司は76分までプレーし、1分に今季2ゴール目を記録した。 ▽11日に行われた開幕戦でアーセナルに3-4と敗れ、黒星スタートとなったレスターは、そのアーセナル戦と同様のスタメンを送り出した。アーセナル戦で今季初ゴールを記録した岡崎は、今節もスタメンに名を連ねた。 ▽試合は開始早々に動く。1分、右サイドを持ち上がったマフレズがボックス右からカットインしシュート。これはGKライアンに弾かれるも、こぼれ球に素早く反応した岡崎が右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽先制点で主導権を握ったレスターは16分、最終ラインのパスミスをカットした岡崎がボックス右深くまで持ち込みクロス。これを中央のヴァーディがダイレクトで合わせたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。 ▽レスターは、40分にも右サイドライン際まで持ち上がったヴァーディの折り返しからニアに走り込んだ岡崎がゴールを脅かしたが、これはゴール右に外れた。 ▽後半に入っても主導権を握るレスターは、54分にセットプレーから追加点を奪う。マフレズの右CKをファーサイドのマグワイアが頭で叩き込んだ。 ▽リードを広げたレスターは、76分に岡崎を下げてスリマニをピッチに送り出す。すると、直後のプレーでマフレズのミドルシュートが枠を捉えるも、これはGKライアンに防がれた。 ▽結局、その後も危なげない試合運びを見せたレスターが、岡崎の開幕2戦連発弾などでホーム開幕戦を勝利で飾っている。 2017.08.20 01:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマとマフレズは相思相愛も、レスターは移籍金の引き下げに応じず…最終期限は15日か

▽レスター・シティは、今夏の移籍市場で退団が噂されるアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(26)の移籍金を引き下げる考えはないようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2015-16シーズンにPFA年間最優秀選手賞を受賞するなど、レスターのプレミアリーグ初優勝に大きく貢献したマフレズ。しかし今夏にはレスター退団が噂されており、同選手に対してはローマが興味を示している。 ▽マフレズ自身もローマへの移籍に興味を持っているとされているが、クラブ間での交渉が難航しており、現時点で正式な発表はされていない。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、ローマ側はボーナス込みで3500万ユーロ(約45億4000万円)のオファーをレスターに提示した模様。しかしレスターは、マフレズの移籍金を4400万ユーロ(約57億円)に設定しており、この金額を引き下げる考えはないようだ。 ▽また、同メディアはマフレズの代理人がローマに出向いていると伝えた。同クラブのディレクターを務めるモンチ氏と会談し、オファーの金額を引き上げてもらえるように交渉を行っているという。なお、この移籍の最終期限は8月15日に設定されているようで、本日中に何かしらの動きがある可能性が高い。 2017.08.15 09:39 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース