パルチザンを退団した元ブルガリア代表FWボジノフが中国2部の梅州客家に加入2017.02.23 20:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽中国甲級リーグ(2部)の梅州客家は23日、元ブルガリア代表FWバレリ・ボジノフ(31)の獲得を発表した。契約期間は1年間で、1年間の延長オプションが付いているとのことだ。

▽レッチェやフィオレンティーナ、ユベントス、マンチェスター・シティ、パルマ、スポルティング・リスボンなど多くのクラブを渡り歩いたボジノフは、2015年7月にテルナーナからパルチザンへと移籍。パルチザンでは公式戦87試合に出場し34得点を記録していたものの、今月17日に退団が発表されていた。

▽梅州客家は2013年に誕生した新興クラブで、今シーズンは中国2部に所属。中国スーパーリーグ昇格を目指している。

コメント

関連ニュース

thumb

ACL制覇の立役者、浦和FWラファエル・シルバが中国2部移籍のためチームを離脱

▽浦和レッズは17日、ブラジル人FWラファエル・シルバ(25)が中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部からオファーを受け、メディカルチェックのためチームを離脱することを発表した。 ▽浦和は、現在沖縄県にて一次トレーニングキャンプを実施。ラファエル・シルバも参加していたが、チームを離れ、中国へ渡り、移籍のためにメディカルチェックを受けるとのことだ。 ▽ラファエル・シルバの移籍について浦和は、クラブ公式サイトを通じて声明を発表。「先方クラブからのオファーが、設定されている移籍補償金を支払う条件となっていることや選手がオファーを受け入れる意思を強く示していることなどから、チーム、クラブはこれを受け入れることといたしました。正式に移籍が決まり次第、あらためて、みなさまにお知らせいたします」としている。 ▽ラファエル・シルバは、2014年8月にアルビレックス新潟へと加入。2017年から浦和に移籍すると、明治安田生命J1リーグで25試合に出場し12得点、YBCルヴァンカップで2試合に出場、天皇杯で1試合に出場。AFCチャンピオンズリーグでは11試合に出場し9得点を記録し、チームの10年ぶりのアジア制覇に貢献していた。 ▽武漢卓爾は、2016年からユベントスやイタリア代表としても活躍したチーロ・フェラーラ監督が指揮を執っており、2017年はエバートンや中国代表で活躍した李鉄監督が指揮を執っていた。昨シーズンの中国2部では、5位に終わっていた。かつては、浦和や湘南ベルマーレでプレーしたMFアジエルや大宮アルディージャに所属していた元韓国代表MFチョ・ウォニらも在籍していた。 2018.01.17 18:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、北京国安噂のバカンブ後釜に江蘇蘇寧のコロンビア代表若手FWロヘル・マルティネス獲得か

▽ビジャレアルが、中国スーパーリーグの江蘇蘇寧に所属するコロンビア代表FWロヘル・マルティネス(23)の獲得に迫っている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽2013年にラシンでプロデビューを飾ったマルティネスは、コロンビア国内で将来を嘱望される若手ストライカー。2016夏のコパ・アメリカ・センテナリオでもプレーした同選手は、2015-16シーズン当時に所属していたラシンで、公式戦15試合7ゴールを記録して注目が集まっていた折の2016年夏に、江蘇蘇寧に完全移籍となっていた。 ▽ビジャレアルは、DRコンゴ代表FWセドリック・バカンブに北京国安移籍の可能性が取り沙汰されており、後釜としてマルティネスの獲得に動いている模様。獲得する際には、1500万ユーロ(約20億4000万円)の費用を費やしてのローン移籍となるだろう、ということも伝えられている。 2018.01.07 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルFWバカンブを狙う北京国安、契約解除金54億円、シーズン給8億円超を準備か

▽ビジャレアルのDRコンゴ代表FWセドリック・バカンブ(26)に、中国スーパーリーグの北京国安へ移籍する可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽伝えられるところでは、バカンブには4000万ユーロ(約54億1000万円)の契約解除条項が設定されており、北京国安がこれを支払う用意をしている模様だ。さらに、年俸が600万ユーロ(約8億1200万円)超にもなることを予測。「ビジャレアルは家のようだ」と語るバカンブだが、この魅力的な金額が去就の決定に影響を与えることになるだろう、と記事は結んでいる。 ▽バカンブは、2015年夏にトルコのブルサスポルからビジャレアルに移籍した。加入後すぐに主力として定着すると、キレのあるドリブルや抜群の決定力で活躍。今シーズンは、リーガエスパニョーラ第17節終了時点で公式戦21試合14ゴールと、破壊力を示している。 2018.01.03 14:31 Wed
twitterfacebook
thumb

テベスのボカ復帰が間近に迫る…年俸50億での中国リーグ挑戦は1年で終了へ

2017年1月、中国リーグの上海申花に入団した元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスは、古巣ボカ・ジュニアーズへの復帰が間近に迫っているようだ。<br><br>ボカの幹部オラシオ・パオリーニ氏は『Tyco Sports』に対して「もうすぐテベスの復帰が決まるだろう」と言及。<br><br>「テベスは我々と相思相愛にあり、実際に仲良くさせてもらっている。住居も近くに住んでいて、先日は一緒にバーベキューもしたよ。移籍の問題は楽観視していて、もうすぐ解決する」<br><br>テベスは中国リーグに新天地を求めたものの、リーグ戦では16試合4ゴールと本領を発揮できず。クラブ関係者からは「明らかにウェイトオーバーだ」と、コンディションが万全から程遠いため、批判の対象となっていた。<br><br>テベスは上海申花で年間約50億円もの巨額のサラリーを受け取っていると報じられている。契約は2018年12月まで残しているが、2017年限りの退団が有力となっており、ボカへの復帰は時間の問題のようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.16 23:48 Sat
twitterfacebook
thumb

今季リーガ8ゴール、セルタで躍動するマキシ・ゴメスの北京国安移籍はなし

▽中国スーパーリーグの北京国安への移籍が報じられたセルタのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(21)だったが、交渉が決裂し、セルタに残ることになったようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽マキシ・ゴメスは、2017年7月にウルグアイのデフェンソールからセルタに加入。今シーズンのリーガエスパニョーラでは14試合に出場し8ゴールを記録するなど、1年目からすでに結果を残している。 ▽そんなマキシ・ゴメスだったが、今冬に北京国安への移籍が浮上。2000万ユーロ(約26億6600万円)の移籍金に加え、500万ユーロ(約6億6700万円)の追加支払いで移籍する見込みだった。 ▽しかし、北京国安側が移籍金を抑えに動いたことで交渉が決裂。さらに、マキシ・ゴメスも移籍を望んでいなかったために、セルタに残る事となった。 2017.12.13 11:56 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース